勝浦の朝 南紀の旅⑤

勝浦の朝です

朝食前に港の散歩です

DSCN9996.jpg

まぐろと温泉の町 那智勝浦です

JRの駅は 紀伊勝浦 400mです

DSCN9995.jpg

ここから船に乗って温泉旅館へ
それはお金持ちの泊るところ

それに観光船 島めぐりの船も出ています


DSCN9997.jpg

島めぐりの クジラ号

DSCN9998.jpg

こちらも オルカ豪

島めぐり 1620円 乗りたければ割引券はこちらで

DSCN9999.jpg

私はホテルに戻り トーストとコーヒーだけの朝食を
無料サービスですから

でもまだ30分あるから… 
昨日の温泉 今朝もお願いします

さすがにそこまで根性を持ち合わせていないのでもう少し散歩を

DSCN0006.jpg

桟橋にある 海の湯

DSCN0003.jpg

足湯です

ちゃんと 手や足以外付けないでと 注意書きがありました

夏場なんかこの中で子供を遊ばせそうだから…

DSCN0007.jpg

こちらは マグロの湯

足湯がいくつもありました

DSCN0013.jpg

漁協の建物の方が賑やかになってきました

売店も仕込みを始めました

DSCN0009.jpg

このでかい釜

潮汁はまだのようですね

DSCN0011.jpg

本宮の守り神 ヤタガラスのダルマ

真っ黒のダルマは珍しい でも売りものじゃないって

DSCN0012.jpg

こちらも暖簾をかけただけ

冷蔵庫の 持ち帰りだったら 売ってもいいよって

DSCN0016.jpg

この船からもさっきマグロあげてたなぁ


DSCN0017.jpg


市場の方に行くと 所狭しと マグロが並べてありました

手前はビンナガばかリですね


DSCN0019.jpg

胸鰭が長いのが特徴です


DSCN0024.jpg

こちらには本マグロ

ところどころに向きの違うのがあるぞ

DSCN0026.jpg

船からは長い滑り台で降りてきます

DSCN0029.jpg

しかし ここの港では
左向き 左の身が上ものなんて言わないんですかね

さてそろそろ朝飯に帰ろうか

DSCN0033.jpg

昨日気付かなかった

二階の店がある 石橋探検隊なら…



DSCN0034.jpg

でも この路地の店は入ったぞ


DSCN0035.jpg

海産物を売る店

お土産物も なっちゃんじゃ持ちませんから



DSCN0036.jpg


最後に店先につってある ウツボの干物

食べたいなぁ…

ではホテルの朝食食べて 走り出しましょう









続きを読む

スポンサーサイト

勝浦の夜 南紀の旅④

ホテルにチェックインも済ませたし

温泉も満喫したし

後は夕餉ですね


DSCN9971.jpg

ホテルから近いこちらの店に

紀伊勝浦 桂城です



DSCN9981.jpg

中はこんな居酒屋風

DSCN9972.jpg

1600円のマグロ定食

これを注文している観光客が多いみたい


DSCN9973.jpg


でも 奮発して こちらの熊野御膳 2600円を注文

DSCN9974.jpg


しまった

いきなりみそ汁と 漬け丼と カジキの鉄板焼きかよ!

今ビール飲み始めたところだよ

あかん! まだ 火付けんとって


DSCN9975.jpg

漬け丼の マグロでビール飲んでましょう


DSCN9977.jpg

これの方が 先に出て欲しかったな

これで呑めるぞ

DSCN9978.jpg


箸と比べてもわかるように

マグロの切り方が厚い うれしいねぇ

DSCN9982.jpg


こうならば 地酒じゃないと


DSCN9980.jpg

特別純米 勝浦浪漫

このあたりならどっしりとした酒が楽しめそう

DSCN9976.jpg

ノドグロもあるんや

せっかくやからそれも貰おうか


DSCN9983.jpg

カジキのバター焼き

再びキリンビールに戻して

DSCN9984.jpg


のどぐろ 姿造りで出てきたけれど

あら なんとかならへん?

そう言ったら
揚げてくれました

DSCN9987.jpg

二次会は一人でも 以前行ったこの店に


DSCN9988.jpg

ママさんが覚えてくれていた
リップサービスかもね

この店の常連さんのおっさんと意気投合

割り勘で付き合わへんかと

喜んで

DSCN9989.jpg

この店に

地の常連さんと行くと 値が安い

歌い放題呑み放題で 3000円


DSCN9990.jpg

焼酎だけでなく

本当はもっと安く言ってくれたのだが ビールも飲んだので

DSCN9992.jpg

もう一軒行くで

屋台??


DSCN9993.jpg


つまみはこれだけ 呑むのはいくらでも

2000円でいいでと

マグロの骨からそいだ身が旨い


DSCN9969.jpg

12時過ぎてようやくベッドに

楽しい勝浦の夜でした

3軒回ったママの歳 
全部足すと220ぐらいかな?






温泉を楽しみ さごんの湯まで 南紀の旅

白浜に近づくに連れ 道路は混雑してきました

白浜方面の道路は渋滞 迂回して南に向かいましょう


DSCN9948.jpg


田辺で 一本山手の道に入りました

と こんな温泉の宣伝が

ひなびたところだと思い 
村の中を探したのですが わかりませんでした

後で調べたら 
大きなスーパー銭湯だったみたいです


DSCN9951.jpg

白浜の先 椿温泉で国道に合流
ここからは道も空いています
ほとんどの人が白浜に向かっていたんですね


DSCN9952.jpg

椿温泉の由来です


DSCN9949.jpg

こちらの建物には

DSCN9950.jpg


足湯もありますが

中の温泉に 500円払って入りました
ヌルツルの温泉で 気持ちよかった
やっぱりアルカリ泉が肌にも優しいですね

DSCN9953.jpg

海沿いになっちゃんと走ります


DSCN9955.jpg


途中こんなところに立ち寄ったり

派手な建物ですが ラブホではありません

道の駅志原海岸です



DSCN9956.jpg

海岸となっちゃん

DSCN5126.jpg


今回はここも素通り

DSCN5231.jpg


橋杭岩も写真だけ



DSCN9957.jpg

ようやく勝浦に明るいうちに着きました

湯川温泉です


DSCN9958.jpg

きよもん温泉 これはここの名前

湯川温泉の日帰り施設です


DSCN9961.jpg


今回、きょろさんの一押しの温泉がここ
ここに入りたくてやってきました


あるビジネスホテルが持っているもので
そこに泊まって 開いていると キーを貸してもらえます

DSCN9962.jpg


DSCN9963.jpg


DSCN9966.jpg


ザバザバと豊富なかけ流しの温泉

ヌルツキばっちり、硫黄の香りもして
温泉好きにはたまらない所でした。

時間が予定より大きく狂いましたが
第一の目的かないました

風呂から上がれば 夜の街へ
それは次の記事で…







南紀ロイヤルホテルで 南紀の旅②

白浜まで先に足をのばして 朝風呂三昧して

それから南部(みなべ)のホテルで贅沢ランチと 
予約までしていたのです

それが 大変なことになり 
13時までに南部のホテルにに入らねばならない

なっちゃんもフルスロットルで頑張ってくれました


DSCN9910.jpg


梅の町南部

日本一の梅の産地です


梅干し屋さんが こんな観音像まで建ててました


DSCN9911.jpg

この会社ですね

DSCN9913.jpg

今から向かうホテルは

向うに見えてます


DSCN9914.jpg

ダイワロイヤルホテルズ-紀州南部ロイヤルホテル

梅の町南部にある リゾートホテルです



DSCN9915.jpg

海の見える足湯場

DSCN9919.jpg

二階のフロアからも 吹き抜けをとおして海が見えます

DSCN9920.jpg

食事はここで

中国料理レストラン蘇州

実は じゃらんネットで ふかひれ姿煮付きのコースが 
温泉入浴付きで4000円で出てたのです。
【3月限定】フカヒレ姿煮込みも楽しむ♪中国料理『西太后ランチ』★温泉入浴券付★のプラン
ちょうどクーポンが 1,000円分あったので
入浴込みで3000円ならと 予約しました

一人でも体験できるコースだったのです


DSCN9922.jpg

前菜 海老といか 下には筍でした

DSCN9924.jpg

鯛のナッツ和え パクチーも入ってます

ここの中国料理 優しい味です

ドレッシングの酢がツンときつく無く 食べやすい

DSCN9926.jpg

そしてこれがふかひれの姿煮

繊維の歯触りだけをのこして トロトロです

このソースも しっかり食べてしまいました

酒が呑めないのが辛い


DSCN9927.jpg

セルフの巻き物です

DSCN9930.jpg

まず 蒸された皮を広げて

具材を上に載せ

DSCN9932.jpg

ソースが垂れないように 
巻き付けて齧ります

DSCN9935.jpg

カニ入り レタスチャーハン

おいひい

DSCN9936.jpg

アクセントに スッパ辛いスープ

チャーハンに合いますね


DSCN9938.jpg


杏仁豆腐 ベリーベリーソース

杏仁豆腐に生クリームが入っているようです
なめらかさとこくが違います

DSCN9939.jpg


では楽しみの温泉に
今朝ハプニングがきつすぎて

温泉を待ってたんです


DSCN9941.jpg

貸し切り状態でした

男風呂には一人だけの 幸せです


DSCN9943.jpg

露天も独り

DSCN9944.jpg

備長炭風呂も 独り
この湯 少し黒いのが特徴です


ここの湯 ちょっと 肌にきついですね

ぬるぬる、つるつると言うより
脂分がとられて行くと言う感じ

こんだけ贅沢しても 

ちょっと好きな湯じゃなかったのが残念でした


いきなりピンチ!! ナッちゃんが… 南紀の旅

3月19日未明 ナッちゃんと旅だちました

上はジャンバーの上にダウン着て

ズボンの上に カッパのズボンはいて 防寒準備もOKです


DSCN9878.jpg


ナッちゃんのメーターをゼロにして

2時9分です

DSCN9879.jpg


尼崎から43号線 津守から南へ 

堺で何か食べようかと 堺魚市場に

何時も夏の合宿の時に 朝天に向かう大吉です

と、行列が…

DSCN9880.jpg


朝の3時 昔流に言うと 草木も眠る丑三つ時

なのにこの行列は何やねん

他の店に入る気も起らず 先を急ぎましょう

DSCN9881.jpg


有田ミカンの有田(ありだ)

湯浅醤油の湯浅

このあたりで空が白じんで来ました


DSCN9882.jpg

御坊駅の一つ手前 紀伊内原駅

駅舎の横にトイレがあったので飛び込んだ


ただ……… スキーの手袋の中でも手がかじかんでいて


DSCN9954.jpg


なっちゃんの 座席の下のトランクに 手袋放りこんだら
なっちゃんのキーも入れてしまった

そして 腕が当たって トランクが閉まった



事件です!!


鍵がなければ トランクが開かない
そのカギはトランクの中
こじ開けることもできない

時間は 午前6時前 トイレを済ませて冷静に考えよう


近くのバイク屋は 開いてない
JAFは バイクのエンジンならいいが 
バイクのトランクまでは、鍵を壊さないと…


どうすればいい?

どうすればいい??

どうすればいい???


DSCN9883.jpg


今いるところが ここだから……

予備のキー取りに帰ろう! それしかない

うちの山の神を電話で起こして 
天王寺まで予備のカギを持ってきてくださいと頼む



DSCN9887.jpg

じいちゃんの駅員さんに バイクここに置いといてくださいと 訳を話す

すると

横の駐輪場に持って行っといて。

ハンドルロックがかかってないから心配です
ヘルメットも 手袋も 預けるところがないですかと聞くと

駅員さんは バイクにかけといたら
田舎だから多分大丈夫やで……

多分って… でも嚙みつく気持ちの余裕がない


DSCN9884.jpg


早朝のローカル線 貸し切り気分で最高!

な訳ない



DSCN9885.jpg


思えば遠くへきたもんだ……


DSCN9886.jpg

海岸線を臨む瞳にも

この時は生気は無かったろう


DSCN9888.jpg

電車の車窓から見る 海とマリーナシティ

普段なら良い景色なんだろうが 気持ちの余裕がない

6時17分の電車に乗り 和歌山までようやく1時間で来た


DSCN9892.jpg


和歌山から 各駅停車を見送って 紀州路快速に乗る
あと1時間

特急くろしおとすれ違う
戻りはあれに乗ろうか
少しでも早く戻りたいもんなぁ


DSCN9895.jpg

予備のカギを受け取り

切符を購入

あわててトイレに入ろうとしただけで…

約5000円の出費と 5時間半のロス
そして 
お土産楽しみやわ
と 微笑んだ山の神への土産
旅の予算が~


DSCN9894.jpg


このくろしおに飛び乗った

指定席は一杯で自由席 2車両も混雑しそう

DSCN9896.jpg


たまたま空いて居た 席に
隣には ちょっとボーイッシュな可愛い女性が

電車旅には似合わない格好したおっさんが 隣に座ってきた
その上 生気がない

迷惑だったろうなぁ… 

それでも時々 笑顔を見せてくれていた
しかしその時の私には 会話する気力もなかった



DSCN9898.jpg

御坊の一つ手前の駅なので
湯浅で各停に乗り換え

ところが 連絡なんてない
和歌山で乗り換えても同じ電車だった

DSCN9906.jpg

乗ってきたくろしおを見送って


DSCN9904.jpg


湯浅の駅で 20分待ち


DSCN9907.jpg


ようやく来た各停に乗り込んで



DSCN9908.jpg

ようやく到着

そして再会

なっちゃんは 無傷のまま、
5時間半待っていてくれました


ようやく旅の再開です、 頑張って旅を続けましょう







最後は、やおき  石橋探検隊 最終話

色々喰って いっぱい呑んで

満足したはずだったのに


DSCN9817.jpg


私を誘惑するこの提灯



DSCN9808.jpg


内部調査をしたみたいですね


DSCN9809.jpg


お客さんもいないので 写真を撮っているようです


DSCN9812.jpg


探検隊ですから 内部調査は念入りに


片付けしているときに 表の提灯消し忘れたんでしょうか

DSCN9811.jpg


しばらくして出てきた付きだしは大盛り?


これでビール一本飲んだら 酔っぱらいは帰れ 

そう思っているんだろうなぁ…


なのに


嫌がらせのようなオッサンの攻撃



DSCN9810.jpg


肝 塩焼き

DSCN9813.jpg




DSCN9814.jpg


ネック

DSCN9815.jpg


玉ひも

DSCN9816.jpg

背きも


このぐらいで 勘弁しといたろうか


DSCN9818.jpg



電車に乗ろうか

時計を見ると まだ宵の口やったやん

一人
課外事業まで行って 

終了した 石橋探検隊でした





最後はサブストーリーだったはず  石橋探検隊⑦


だいぶ回ったし

そろそろ 締めの店に行きますか


DSCN9803.jpg

ピンクの看板と

急な階段

DSCN9804.jpg

このドアの先には

秘密のバラ園がある



DSCN9805.jpg


若くてぴちぴちの女の子を4人ぐらい集めた
年齢のママと

手伝いの少し若いおばさんが…


DSCN9806.jpg

持ち込み酒 これをキープしてもらうことに

ぼったくられた

………


普段より  1000円余計に取られた

その代わり 帰りまでほぼ貸し切り



最近暇やねん…と
それは自己責任でどうぞ


この日は声も出たし 久しぶりに歌えた

ではそろそろ帰りますか


DSCN9807.jpg



きょろさんと別れて

石橋の駅で この提灯が私を招くのです


そんなぁ……





いきおい  石橋探検隊⑥

もうここらで だいぶ酔っぱらってますね

だから店に入るのがいきおいで…



DSCN9794.jpg

いいえ 店の名がいきおいです


DSCN9795.jpg


魚、刺身が食べたくて…


DSCN9796.jpg

カウンター席に座って

付きだしです


DSCN9799.jpg

ただ……

ドリンクメニューが…

ビールがアサヒしかない


DSCN9797.jpg

仕方なくハイボールを
この銀色のグラス

スマートであまり入らないんだよなぁ…


DSCN9798.jpg


カウンターに冷蔵庫
すし屋のような感じの店


DSCN9801.jpg


お造り盛り合わせ

いいねぇ…

でも お酒には全然こだわってない店
だから日本酒飲まずに済んだ

ここはこのぐらいで 出ましょう

次行くぞ~









カミナリ酒店  石橋探検隊⑤


さっきのお店で 元気を充電させてもらった壁ぎわ

一気に絶好調です


DSCN9783.jpg


向こうのビルの 呑み屋のネオンに負けない

元気な看板がありました


DSCN9784.jpg

通り過ぎたけれど

でもちょっと気になって


DSCN9785.jpg

超明瞭会計の店?

ぼったくりなしと言う意味ですか

いいえ キャッシュオンやん


DSCN9786.jpg


まぁ良い  入って見ようや
立ち飲みで一杯もいいで

DSCN9787.jpg

アサヒやった

つまみを頼んでしまったので…


DSCN9789.jpg


これも頼んで割ってやる

DSCN9790.jpg

自家製?  スモークチーズ食べながらマスターと話していると

雷門や浅草辺りで 昼呑みできる所の酒の話で盛り上がり

デンキブランの話になって


DSCN9791.jpg


マスターが有るよと


DSCN9792.jpg


実はこんな瓶
私は見たことがなかったんです

一升瓶に入った アルコール30パーセントのカラメル色素、香料の入った
スペシャル カクテル カクテールだったんですね

DSCN9793.jpg


ロックでもらおうかと思ったら

このぐい飲みで試飲させてくれました

注文するものでもなかったね…


ご馳走様 

石橋探検隊まだまだ続きますよ







読み方を知りたくて  石橋探検隊④

石橋で途方にくれるおっさん二人

にぎわっているほうに戻りますか


DSCN9774.jpg


きょろさん待って



DSCN9782.jpg


階段上って下りてきたからと違うで…

この店が何か気になるねん

この暖簾の 粋なこと

そして名前が……
読まれへん

壁ぎわのレーダーに 響いた店でした


DSCN9777.jpg

ビール一杯いいですか

はいよ

歳いった 女将さん一人でやっている店でした



DSCN9775.jpg


なのに凛として

そのくせ 温かい


気に入った人だけ相手してんねんと

大昔の紳士が三人呑んでました


DSCN9776.jpg

安い!

平目ある?

今この人に出したんで終わりや

ならホタテは 
あるよ



DSCN9779.jpg

出てきたのがこれ

丁寧に紐までしごいてあるやん
これ好きなんよ

こんなん食べたら 地酒が欲しくなる

DSCN9780.jpg

地酒が 5種類ほど置いたあった
淡麗辛口じゃないお酒ある?

そうね

この 石川の酒 淡麗って書いてあるけれど
案がいこくが有って美味しいわよ

くどき上手の蔵の ばくれんも 超からでもこくがるもんね


そう言いながら口をつけると……

女将さん試したね 淡麗の辛辛やん

ちゃんと味の判る人やね


それから話が色々と盛り上がり
店の名前も教えてもらって

魚というじは オトトのとや……

好きな人だけ相手に、気楽に店したいと言うので

これ以上は書きませんが



DSCN9781.jpg


この鯖の煮つけも旨かった…








プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR