FC2ブログ

今度は南に 旅立ち 大塔まで

今回の旅は南に

体が温泉を望んでいるから

しかも 疲れた時には やっぱり硫黄泉をと


DSCN2838_2020032220283872a.jpg

阪神高速道路で 南に走ります

1300円かかっても 空港線の北の端から大阪南部へ

距離がすごいですから

DSCN2840_20200322202839dae.jpg

中之島公会堂 大阪を突き抜けるのは

信号待ちの時間が もったいないから


DSCN2842_20200322202840d56.jpg

松原で降りて 外環状を

あとは した道です 貧乏ですから

まだ 7時前 それでもドライブスルーは開いてます

休日なのに朝早くから大変ですね 買いに来ている人もいました

マクドかと思ったら 吉野家なの!

DSCN2844_20200322202842fbc.jpg

富田林のこの塔を右手に見て

あれ?  遠回りしているじゃないか

ナビを一般道優先に替えたら 遠回りさせられてしまった


DSCN2845.jpg


河内長野から 山越えで五條への道

なっちゃんで走ったよなぁ

DSCN2846_20200322202845ad6.jpg

あの時はカーブを攻めていたから気が付かなかった

あんな高い所の建物が

漬物学園??

いいえ 清教学園ですね

私学だから 送迎が有っても良いから作れるんだね

あんなところまで通えないよ


DSCN2848_202003222028464ea.jpg

奈良の五條の町からは 168号線を南下します



DSCN2849_2020032220284893b.jpg

山を抜ける道

地元の軽と軽トラが 速度を決めてくれます

DSCN2851.jpg

道の駅 吉野路大塔の 星の国です

建物が UFOの形です

大塔温泉星乃湯 · プラネタリウムなどを持つ 
 星の国と言う施設がありますが


DSCN2852_20200322202851577.jpg

ホームページでは

ひとあしのばせば
大塔温泉 夢乃湯(車で15分)
道の駅から十津川方面に15分ほど車で走ると出てくる日帰り温泉。
40人が利用できる大浴場をはじめ 、開放的な露天風呂、ジャグジー風呂、サウナ風呂とたっぷり楽しんで頂けます。大自然に囲まれたリラクゼーションスポット「ふれあい交流館」にぜひお越し下さいませ。


そっちを宣伝するか


DSCN2853_202003222028520e1.jpg

まだ朝8時を過ぎたばかり

道の駅の店も開いていません

こんな時に 動かなくなったの

お気の毒ですね


DSCN2854_20200322202854e0a.jpg

この舌のトイレを借りたら 先に進みましょう

ここが五條市大塔町 まもなく十津川村です

スポンサーサイト



休日 我が家での釜玉

休日 久しぶりに家にいた

昼時 昼ごはん食べるの?
と聞かれ

自分でするからいいわと

壁ぎわインザキッチンです

DSCN3360.jpg

そうそう これが冷凍庫にあったんだ
香川県の 讃岐の冷凍うどん

讃岐の夢 2009(香川県産うどん専用小麦粉) を使った 冷凍うどんです

腰だけでなく 歯触りが良いのが特徴です

DSCN3361.jpg

冷凍うどんでもいい

茹でておいて

DSCN3363_20200329133606a0b.jpg

丼を温めて 卵一個ともう一つ卵黄を追加して (白身なしでも可)

安いスーパーの卵で十分です 良い玉子なら 一個で十分です

そして バター少し これが壁ぎわ流です

DSCN3364.jpg

シッカリ茹でましょう
腰がなくなったりしませんから

DSCN3365.jpg

そのまま丼に投入

DSCN3366.jpg

出汁醤油をかけて

まず一本 醤油うどんを楽しんだら

DSCN3367.jpg

これを混ぜ合わせて

DSCN3368.jpg

少しずつ固まってきます
和製カルボナーラや そういう人が居ますが

釜玉の方が旨いワイ

芯の残った 生茹で(アルデンテ)なんか喰えるか

そんなこと考えながら 満足して食べていたんです……

御馳走様でした 満足や~  と言った時に

これどうするの だしっぱなしにしてと文句を言われる




しまった!

からし明太子入れるの忘れた!!




岐阜の旅 ラストは 夜叉ヶ池の里さかうち

岐阜の山手から 滋賀県北部木ノ本に抜ける道

西岐阜夢限回廊とと 粋な名前が付いてます

実は何も無いのですが…


DSCN2753_20200318082455e6e.jpg

何やら大きな体育館が

いいえ 坂内 ヤナ 清流荘と

こんな所なら 鮎食って 泊って 良い所ですよね


といいながら帰って調べたのだが

宿泊施設としての値段が判りません

やめたの? それとも季節限定??


DSCN2756_20200318082456143.jpg

この先の道の駅

夜叉ヶ池の里さかうち

夜叉が池 この言葉だけで 惹き付けられてしまいました

夜叉が池とは
大正2年に 泉鏡花が書いた 戯曲です

岐阜と福井にまたがるこの地を舞台にした怪奇な物語です

学者であり僧侶であった 山沢が 萩原という自分の友人の学者が、
各地に伝わる不思議な物語の収集に出たまま行方知れずになり、
その足跡を追って旅していた。

この地で 知り合った 美女百合の夫が その萩原だった

この地を訪れた萩原は、村で鐘守を務める老人と出会った。
彼によると、昔、よく暴れ回り大水を起こしていた龍神を行力によって、
三国岳の山中にある夜叉ヶ池に封じ込め大水を終息させた時、人間との誓いを龍神に思い出させるために、

村では昼夜に三度鐘を鳴らさなければならない決まりになっているという。
この決まりを現在も一人厳格に守っていたその老人が死んだため、
その意志を継ぐべく百合と結婚して村に留まり、鐘を撞いていたのだった。

夜叉ヶ池の龍神・白雪は、剣ヶ峰の恋人のところに行きたくて仕方がないのだが、
彼女が動くと大洪水となってしまうためなかなか行く事が出来ず、
眷属たちが止めるのと、萩原と百合が鐘を撞くのを疎ましく思っていた。
(この辺りが日本の昔からの物語の面白い所)

代議士・穴隈鉱蔵や神官・鹿見宅膳が年頃の若い娘を
雨乞いのため夜叉ヶ池の龍神への生贄にしようという、
恐ろしい提案を行なっていた。そして生贄に選ばれたのは、なんと百合だった。

そして 萩原と山沢の留守中に、村人たちが百合を強引に連れ出してしまう。

百合は悲嘆のあまり自害してしまう。
これに怒った萩原は撞木の縄を切り鐘を撞けないようにして、百合の後を追った。

こうして、鐘を撞く誓いがついに破られ、
竜神白雪は剣ヶ峰の恋人のもとへ飛び立たんと、天翔けていった。

その時、夜叉ヶ池の水があふれ出し、大洪水となって村を押し流してしまった。







DSCN2757.jpg

そんな話を思い出しながら

道の駅に 4時過ぎ もう他のお客さんはいませんね

DSCN2758_202003180824587fc.jpg

ははは レストランも 閉店の時間でした



DSCN2759.jpg

観光案内所をうろうろと

DSCN2760.jpg

今回走り回ったところの地図が

DSCN2761_20200318082503f38.jpg

そうそう三月に入ったので
夜叉が池のそばまで車で登れるのですが

さすがに怖くて…

ダチョウ牧場と言うのもあったのですね
それも閉園とは

DSCN2762_202003180825041f3.jpg

こんな舞台もあるんですね

夜叉が池の物語  百合と 竜神白雪 二役 
坂東玉三郎が演じた舞台はすごかったですから

DSCN2763_20200318082506b37.jpg

そこから峠を越えると

見たことのある柄のバスが


DSCN2766_20200318082507cab.jpg

そして 標識に木ノ本の文字が

では帰りましょう


コロナで騒がれていますが

こんなドライブの旅ならいいですよね





藤橋庵でそばを

道の駅 藤橋

温泉も楽しんだら 当然腹も減りました


DSCN2708_20200318081940743.jpg

田舎のこんな 昭和の喜びそうなおしゃれなレストランで
おっさん一人で 窓ぎわで 食事ができるか

だいたい 名前からして 壁ぎわですから

DSCN2711.jpg

そう言いながらも メニューチェックは
ブロガーの悲しいサガです

DSCN2722_20200318081942d57.jpg

実は狙い目はこちら

田舎の蕎麦屋です

自家製粉と書いてあるのは 手打じゃないと言うことだけれど

冷凍や乾麺でもないと言うことですから


DSCN2724_20200318081943396.jpg

メニューは

なんと 一番人気の定食は売り切れかよ
大きく切った筍の入った たけのこご飯も売り切れか

ならば 冷たいそばを

ざる蕎麦 750円 大盛り200円増しか

DSCN2726_202003180819454ca.jpg

ならば海老おろし蕎麦 の 冷たいの

1300円です

これ……

メニューの写真に比べて
かぼちゃの天ぷらが小さいよ??

ふつう小さくなるなら,
メインが小さくなるのが普通でしょう

この大きなエビに満足です
ここの箸と変わらない長さでした

DSCN2727_20200318081946b4a.jpg

麺はこんな感じ 機械打ちでもこれならOK

写真を撮るのに
大きなエビが二匹ですから けっこう邪魔で……


DSCN2728_20200318081948257.jpg

気に入ったので紹介を

DSCN2729_20200318081949524.jpg

もちろん いつもの様に

衣を剥いだら 騙されたなどと
言うことが無かったので これは嬉しい

田舎だから仕方がないだろうが
天ぷらの揚げ方覚えてくれたらもっと嬉しいのだけれど…


せめて 
尻尾まで衣を付けないとか
尻尾の水抜きをするとか
衣を軽くして立てるとか…



でも これはこれで 満足な一品でした


道の駅  藤橋 揖斐川温泉 藤橋の湯

岐阜は山国



DSCN2705_20200318075432d64.jpg


ダムが有り こんな水力発電のパイプが見られるところ


DSCN2708_202003180754332de.jpg

道の駅  藤橋

レストラン 星のふる里

工場が無く 街の灯りも無いから
星がきれいに見えるだけという話も

奈良の南部十津川手前の 大塔もそうだよね


DSCN2709.jpg

雪の重みにも へこたれない立派な建物が

この地の名前だろうか それとも 学者の名か?

そこに住む人の過酷な(単に想像しているだけですが)
生活の様子が判る資料館が(これも想像ですが)
ありました

DSCN2710_2020031807543611c.jpg

資料館ではありません
民俗資料収集庫ですね

資料館でないと言うのは 学芸員がいないからでしょうか?
民族ではなく 民俗

民俗学は土地土地のありのままの姿を記録する学問
民族になると 歴史人類学や考古学など想定と 
予想が付くのでまゆつば的なものが入って来るから


この地の昔からの 
そのままの姿が見たいんだ




DSCN2715_20200318075439fff.jpg

横山ダムの成り立ち?  
ダムは徳山じゃ無いんだ

でも今見てるのは徳山ダムだよね

まぁいいか 中に入ればわかるんだから

それより中空重力ダム?

中に空洞が空いていて
まさに 〇国式仮設ダム??

大雨で水害が起き
上流から丸太でも 流れて来たら……

DSCN2717_2020031807544020b.jpg

それも 合わせて 330円払って

確認してやろうと思ったのだが

DSCN2718_2020031807544241d.jpg

貸し切りになるかもしれない 城跡のプラネタリウムが
休館と書かれているのを気にしていたら

DSCN2713_20200318075437ab0.jpg

そんな事までは思ってはいなかったが

この時期 こうなんだよね

でも この地の資料館関係

どれだけの人が来るんだよ 何処で濃厚接触になるんだ…



DSCN2719_2020031807544349f.jpg

いかんいかん ちょと頭を冷やそう

ちょうど良い所に 水が張ってある


いいえ……

水ではなかった


頭を冷やすのではなく 足を温めよう

そう足湯が有りました

DSCN2720_20200318075445f73.jpg

硫化水素泉なんだ

じつは 岐阜に入ったところで貰った 
観光地図に書いてあったのです

DSCN2721_20200318075447177.jpg

これが御目当てで

谷汲温泉はついでだったのです…

だから 怒ってないのです

DSCN2731.jpg

540円は安い

そして泉質が良い

その上人が少ない

これだから嬉しいのです

DSCN2736_20200318075449c9b.jpg

そのうえ 2の付く日は
アヒルがたくさん泳いでる!

子供じゃないって


DSCN2734_20200327121739aee.jpg

風呂にも食堂はある

メニューが有れば ついつい

DSCN2735_202003271217402c3.jpg

定食 三桁は コロッケ定食だけか…

DSCN2834_2020031807545112d.jpg


風呂に入って 満足しました

そして 日ごろの行いが良いと

もう一つ良い事が有ったのです

それは明日の記事で





谷汲みのお土産は

旅に出たら 何か気になるものが食べてみたい

壁ぎわにとっては 食は文化ですから

その土地土地のものを食べてみたいのです
(虫類と爬虫類を除く)

本巣の 富有柿の冷凍と
この地のあられが美味しかった


DSCN2685.jpg

谷汲山華厳寺から 少し山手の方に走ると

谷汲あられの里と言うのが有りました

DSCN2686_2020031807474775f.jpg

観光バスも入れるようにして

DSCN2687.jpg

ホームページも作り
催し物もお知らせする 気持ちはあったようですが
去年の10月で 更新は終わっています
コロナなんて全然関係ないころから…

DSCN2688_2020031807475061a.jpg

でも気に行ったのがこれ 270円です
外税だとしても 300円越しませんから
その上 イロイロ味を選べる 
きっと カップの搾り出しでしょうけど
この値段は嬉しいですね

DSCN2689_20200318074751b78.jpg

試食あるかなと 

海鮮せんべいの里の様に覗いて居たら

DSCN2690_202003180747535b8.jpg

奥の買い物している人の肩越しに

お徳用 210円の文字が見えてしまった

これは確認しなくては

DSCN2691_20200318074754e8f.jpg

中では撮りにくそうな状態だったので
写真はありませんが

たっぷり買ってしまいました
チーズを挟んだ 昆布味のおかきなんて なかなかでした

フランソワーズのおかきも
フランソワーズじゃない フランボアーズだって


DSCN2693_20200318074756a34.jpg

まだまだ山手に入っていくと

DSCN2695_20200318074757e91.jpg

集落が有りました

DSCN2699_20200318074759f8d.jpg

駐車場の付いたこんな直産売り場が

フードコートもあるみたいなので寄ってみましたが


DSCN2700_2020031807480097e.jpg

買いたくなるようなものもなく

地の人と 店の人が世間話に花を咲かしているだけでした

ここは要らないな

DSCN2701_20200318074802206.jpg

この奥に 今回楽しみにしているところが残ってます

ではそちらに向かいましょう


今回訪ねた 谷汲あられの里 ダルマ堂
おかきは旨かったです

但し通販は してないので 保証はできませんが
きっといいと思いますよ




西国33観音霊場 結願の寺 谷汲山華厳寺

西国33観音霊場 結願の寺 谷汲山華厳寺です

那智の滝の上 那智熊野大社の隣

第一番 青岸渡寺 を振り出しにする 
西国観音三十三観音霊場の結願の寺

観音霊場でも 全国的に有名なのが『西国』『坂東』『秩父』の霊場で、併せて百観音霊場と称されています。


DSCN2649_202003180736216ed.jpg

この山門の仁王さんに しかられた気持ちになったので
心を改めて 参拝しましょう

DSCN2652.jpg

谷汲山華厳寺 境内案内図
こりゃまだまだですね



DSCN2683_20200318074247dc2.jpg

山門をくぐると 右手に池があります

その中に小さなお堂が

これが 地蔵堂ですね

DSCN2684_20200318074248d1d.jpg

池は放生池と呼ぶですが

放生と言ってっも ブラックバスは入れるなよ

DSCN2681.jpg


そして そこで見つけたのが これ

三十三度石

神社や仏閣で 百度石と言うのはよく見るけれど
これは 三十三度で良いのですね
でもあまりにも遠いですよ

時代劇の願掛けのように

この横で草履を脱いで 願掛けに 熱心にお参りする娘さん
そんな人あれば きっと帰れないでしょうね


DSCN2657_202003180742509d8.jpg

だって ズームしてしてようやくこんな感じ

石段まで待ってます

DSCN2658_20200318074251ec0.jpg

橋の前まで来ると 百度石がありました

でも 石段の手前ですよ


DSCN2659_202003180742530c1.jpg

石橋を渡り


DSCN2661_20200318074254f43.jpg

手水場で手を清めます

この作法を知らない人も多いですね


DSCN2662_20200318074256ee3.jpg

では 本堂までの石段を


DSCN2665_20200318074257420.jpg

途中この石灯籠のコケをほめたり


DSCN2666_202003180742591d7.jpg


古びたお堂に 手を合わせたり

DSCN2667_20200318074300405.jpg

こちらの観音像に手を合わせたり

疲れてないふりをしながら 歩いてます

だって 車を停めたところから遠かったから…

DSCN2668_202003180743020f5.jpg

もう少しだ 鐘楼を見て


DSCN2669_20200318074303370.jpg

本堂です


DSCN2670_20200318074305bc6.jpg

真言を唱え お参りしてきました


DSCN2673_2020031807430631c.jpg


こちら側に出て

DSCN2675_2020031807430862f.jpg

大師堂へと続きます



DSCN2676_20200318074309de4.jpg

こうして お参りを済ませましたが

人の少なさに 驚きました

ただ 日本人だけの お参りの姿って良いですね




谷汲山華厳寺 山門まで 煩悩だらけの参道

参道に入ってすぐ
こんなキャラクターに会いました

DSCN2634_202003180736063d7.jpg

いのりちゃんです

そうそう 谷汲とかいて たにぐみ と濁るんですね

DSCN2631_20200323114729d14.jpg

しばらく 参道の入り口門の駐車場に車を停めて
参道入り口の辺りの閉まった店の前を歩くと

左手の奥に 村営駐車場が見えてきました

ムカつくなぁ… 
さっきの警備員のかっこうした爺さんに
蹴りを入れてやろうか

お参りに上がるのに そんな事ばかり考えてました


このこと書いている今でも その気持ちは残ってます

調べてみたのですが
ネットでさえ 駐車場のことは、どこにも書いてないもんなぁ…

DSCN2635_20200323114730077.jpg

悔しいので 駐車場に行ってみたが

だだっ広くて 140台可能ですか…

再びネットをしらべたら
ようやく市の観光案内で 見つけたところには
平日無料 日祝 400円とありましたが

この日は
料金を集めている人は見かけませんでした
コロナの影響かな??


DSCN2636_2020032311473261f.jpg

駐車場の地図を見てました

この11番の前に 警備員姿の爺さんが居て
11番の上の駐車場 400円と書いたところに誘導してました


手前を左に入ると バスの駐車場
その奥を上に上がると 一般の駐車場

揖斐川町観光プラザまで行くと
1/4 歩く距離も 縮まります

くそっ またあの爺さんに蹴りを入れたい

でも実は20番
あさの の駐車場に 300円で入れたので

直接爺さんに 金を払ったわけでもないのですが
その爺さんの後ろの参道には

柵をして 車両進入禁止と 書いてあったのです


DSCN2626_20200318073007f98.jpg

この山門を越えたところで
突き当りの車止めと 
白い看板のところに 警備員姿の爺さんが居た

DSCN2627_20200324083212ab9.jpg


右手の看板は 
多分そこの家が作ったのだろう

⇐ 400
300 

あかは 休日の意味?



そのうえ よく見ると
左側手前に
⇐駐車場の看板があるが

標識の裏に隠れている  
なんだか気分の悪い所ですね

ここに限って言えば岡山以下やな 
そうぼやいてました

べつに 1000円でも払いますが
こんな騙されたようなのは気分が悪いですね

普通の人はバスで来るので 感じる事は無いと思いますが…


DSCN2637.jpg

では ボヤキはこのぐらいにして

西国三十三観音霊場 結願の寺

それそれの観音さんに手を合わせて お参りしましょう

DSCN2638_20200318073609120.jpg

ぽつぽつの店は開いてますが

人の姿はほとんどありませんでした



DSCN2639_20200318073611f7b.jpg

それより 参道途中 左手の 神社も…

DSCN2640_202003231147331a4.jpg

穂積なの?

どうしたんだこの土地は

DSCN2641_20200318073612735.jpg

途中の店のメニューチェックを

DSCN2642_2020031807361478f.jpg

しながら歩いているのだが

立ち寄る気も起きずに

DSCN2643.jpg

きっと この祭りも コロナでどうなるか?

DSCN2644_20200318073617ea6.jpg

ようやく 大門

ここまでの参道 こんな気持ちで歩いたのは初めてです

DSCN2645_202003180736187ee.jpg

門前直ぐの店には

炭火焼 うなぎの暖簾が

DSCN2646.jpg

炭火焼ウナギ定食 2400円
炭火焼 うな丼 2000円

この値段が ほんまもの
ほんま物? 
どこ産?
どこで焼いてるの?

そんな疑いまで出てきました

DSCN2649_202003180736216ed.jpg

そんな事ばかり考えてきたので

DSCN2650_202003180736234b6.jpg

左も

DSCN2651_20200318073624d43.jpg

右も

シッカリ仁王様に 睨まれてしまいました

もう縮み上がりますね

心を入れ替えて 山門をくぐりましょう

満願の寺ですが

煩悩の参道でした


参加者募集中 壁ぎわツアー ゴールデンウィークの旅

こんな旅してみよう
今回の旅は 2020年5月のゴールデンウィークの旅です

参加者募集中です >


大まかな予定
5月2日 13時中山寺発
5月2日 徳山 東横イン泊
5月3日 萩  萩インテリジェントホテル泊
5月4日 出雲市 東横イン泊
5月5日 米子   東横イン泊
5月6日 夕 大阪又は宝塚あたりで解散

宿泊はビジネスホテルのシングルです

全額実費 参加したものだけの割り勘です
お土産なしで7~8万ぐらいじゃないかなと思ってます

途中からの参加も受け付けます



2020年
5月2日
 13時すぎ 中山寺 ココから旅は始ります

 この日の宿は 山口県周南市 東横イン徳山駅前 
距離 400キロ でも ほとんど高速だから

17時ごろ 岩国IC 錦帯橋
18時半 東横イン 徳山駅前チェックイン

19時半に 鮮味食彩 宇佐川水産 予約済です




5月3日
 

翌日は 朝から 大津島へ

徳山港 7:40 - (苅尾 8:10)- 馬島 8:24  フェリー

徒歩10分で 回天記念館へ回天 悲しい歴史に涙しに行きましょう

馬島 11:07 - 11:25 徳山港  鼓海Ⅱ


昼頃 徳山発
この日は 萩泊です  約100キロ  一時間半

防府の 毛利氏邸宅 

あともう一か所どこにしよう



萩で 木戸孝允生家のの街を見るか

松下村塾で 学ぶもののふの 姿を思うか


hagi1.png

この日の泊りはここ

萩ロイヤルインテリジェントホテルです


hagi4.png

夕食は こんな生簀のある店で

hagi5.png


4000円ぐらいですか 夕食の膳です

追加で イカの活け造りも 頼もうか





5月4日は

朝一から 90キロ西に



P9210507.jpg



日本海側の最初の名所はここでしょう

角島大橋(つのじまおおはし)

今回はもう少し高い所から写真を撮りたいな


P9210520.jpg

これは島の中 又こんなに混んでたらいやだけれど

それでも 期待は膨らみます



昼前に戻って

萩の蒲鉾買って 東に向かいます

P9220803.jpg

前回見る事が出来た ヤマタノオロチ
これは無理だろうが…




P9220814.jpg

これは 温泉津の 薬師湯
泉質だけで言えば 日本一 整った天然温泉だと言われていますが

こことは限らず
益田、浜田、 温泉津 で温泉も良いですね


銀山


希望が有れば 石見銀山も



出雲市のホテル 東横インに 車を停めて

shimane.png

島根ワイナリーで夕食と行きましょう

ゴールデンウィークにも呑み放題のコースが有ればいいが



忘新年会プラン(11月~2月)※12/29~1/3を除く
料金(税込)大人 4,600円 中高生 3,600円 小学生 3,100円
料理内容バーベキューセット
・島根和牛バラ肉50g
・島根和牛厚切りロース肉60g
・国産豚肩ロース50g
食べ放題
・国産鶏モモ肉
・エビ、ウィンナー、枝豆、キムチ 他
オードブル
・おでん、揚げ餃子、野菜サラダ、アイスクリーム 他
ドリンク(2時間飲み放題)ワイン(白・赤)、生ビール、焼酎、ソフトドリンク各種etc

サービス自社バス送迎サービスあり(出雲市内のみ)
※ただし、台数に限りがあるので対応できない場合がございます



これは 冬場の予定だけれど
五月の連休もあればいいな

5月5日

P9220869.jpg

出雲大社はすぐそこ

P9230934.jpg

宍道湖自然館ゴビウスを見て
宍道湖ドライブ 何かいいところあれば立ち寄って
東側まで行けば松江です
行きたい人が二人いれば 国宝松江城も
ラフカディオハーン 小泉八雲の足跡を訪ねるのも

P9231048.jpg

裕治伯爵の好きな 人食い亀の石像

P9231070.jpg


これが有名な べた踏み坂

鳥取にはいり 皆生温泉で温泉を楽しみ


 東横イン米子駅前で泊まります


5000円ぐらいで呑み放題のある店探すか
個室 肉炉端 弁慶 米子店か 旬門か 太平記 あたりか

5月6日

境港へ

DSCN1173_20200101081831fb2.jpg

この橋の見える所か

DSCN1206_20200101081832c38.jpg

ゲゲゲの鬼太郎

DSCN1236.jpg

 水木ロードです

DSCN1241.jpg

昼食は 

DSCN1243_20200101081837ee8.jpg

境港の開店寿司もいいし



DSCN1125_20200101082210251.jpg

道の駅 大栄で 幻のどんぶりもいい

DSCN1116_20200101082208ca9.jpg

そして写真撮るのでなく

DSCN1118_2020010108220922c.jpg

ハワイ温泉に入るのもよし

近くの「燕趙園」の中華庭園も 捨てられませんね

DSCN1091_202001010822050b8.jpg

因幡の白兎  

DSCN1092_202001010822060c3.jpg

兎好きの 裕治伯爵に合わせるか
神話の神社

DSCN1254_20200101081838951.jpg

青山剛昌ふるさと館にも

DSCN1256_20200101081840ad7.jpg

希望があれば コナン君の里まで

二人以上の 行きたいという声があれば

それが壁ぎわツアーですから

5月6日 午後7時ごろ 大阪辺りで解散予定です


同行者 募集中です
老若男女 成人で 友達になろうとするなら誰でもOK
その気になったら気楽に書き込んでください



ホテルはすべてビジネスのシングルです
夕食後の二次会は参加自由です 行かないとホテルに帰るのもあり
ホテル代は6000円程度 あとはすべて割り勘です

一人が寄りたいと言い 他の誰かが賛同したら 
時間に制約が無い限り優先されるのが壁ぎわツアーのルールです


だからこれもあくまでも予定です。
ホテルなど予約が必要でキャンセル料のかかるところは変えられませんが 
行程が大きく変わることもOKですよ。







谷汲温泉へ

岐阜の山間 揖斐川を上って行きます

このあたりも鮎のやなのあるところですね

まだ早いけれど ちょっと見るだけ見てみようかなと


DSCN2613.jpg

ついつい看板につられて 谷汲温泉に向かう途中

やなのアユ料理

鮎ひとすじ 創業100余年  そんな看板にそそられて

揖斐川にそそぐ 根尾川ぞいに この店はありました



DSCN2615_2020031807295649e.jpg


住所: 〒501-1303 岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲長瀬2028-1
TEL: 0585-55-2747  FAX: 0585-55-2747

営業時間: 4月29日~10月末日 10:30~18:00 15時以降要予約 
定休日: シーズン中無休

鮎料理(塩焼き・魚田・活き造り・フライ・甘露煮・    鮎の酢の物・鮎雑炊)7品   
料金・価格:3 5 0 0 円 より 4 5 0 0 円 まで。(外税)

設備:座敷・川沿い桟敷有り・140名様収容・駐車場有り



DSCN2616.jpg

やなの時期にはこちらの店ですね

これはアユ料理 是非に食べに来たいものです

ただ 今は…… そりゃまだだよね


DSCN2619_20200318073001ae3.jpg

ナビの指す位置に戻って

DSCN2623_2020031807300264c.jpg

やってきました 谷汲温泉
満願の湯とあるのは

谷汲山華厳寺 西国33観音霊場の33番 オオトリ
結願の寺が有る為です

DSCN2624_20200318073004356.jpg

でも 何かまるで…

ただのスーパー銭湯やん

DSCN2625_20200318073005e1d.jpg

そうです 満願の湯と言うスーパー銭湯でした

そう言えばもう少し手前に 右手谷汲温泉と言う
標識出てたもんなぁ…

騙された!…

DSCN2626_20200318073007f98.jpg

そう思いつつも この華厳寺の山門を抜けて
右手の駐車場 奥に係員がいて 400円と書いている

その右手の駐車場に入れて 300円払ったのだが

DSCN2628_2020031807300876b.jpg

谷汲山華厳寺の参道

歩いたわけですが

DSCN2629_20200318073010580.jpg

係り員らしきおっさんのいるその手前の道を左折すると

あの左奥の 緑の屋根の建物の前に行けたのです

駐車場が有り 平日は無料

日曜日も今は………


だったのです


歩くのも近いし

制服着た 道路の案内みたいな 爺さんたちに騙されました

いいえ 遠い所にある 有料駐車場に 誘導されただけなのですが…



この地は 岡山と いい勝負なんやな

観音霊場 満願の地で

こんな目に合うとは……


この地では注意が必要ですね



プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR