FC2ブログ

うすくち龍野醤油資料館

奥播磨の有る安富町から南に

たつの市に入りました

せっかくだから観光しましょうか

たつのと言えば 揖保乃糸と 赤とんぼ荘 
そして薄口しょうゆですから

CIMG7980.jpg

うすくち龍野醤油資料館です
ヒガシマル醤油 元本社ビルです

入館料 10円 おごりますよ

CIMG7969.jpg

醤油の製造工程
この竹人形好きなんです

CIMG7970.jpg

細かいですね

CIMG7971.jpg

帳場
この暖簾をくぐって入ります

『邪魔するで…。』
『邪魔するんやったら、帰って。』
これは吉本のギャグですが

この風情好きです



CIMG7973.jpg

館内案内図

CIMG7974.jpg

昔のポスター
暗くて手振れが…
アルコールのせいではありません

CIMG7975.jpg

少し明るければちゃんと写りますから
この説明は

CIMG7976.jpg

ここの説明です

CIMG7977.jpg

発酵させるため 微生物を扱っていたので
化学実験室も

色々なカビの研究していたのですね

CIMG7979.jpg

社長室の金庫

CIMG7978.jpg

交換手が要る電話機も

懐かしいですねなんて言っても

こんなの使ったことないわい!





スポンサーサイト

奥播磨の蔵と 加茂神社

日本酒好きが兵庫県に来たら
連れていきたい蔵がある


CIMG7950.jpg

昔は宍粟郡 今は姫路市北部になった この蔵

下村酒蔵 奥播磨の蔵です

CIMG7951.jpg

蔵見学ではなく 
勝手知ったる 試飲コーナー

ここの オーナー杜氏さんとは友人ですから

CIMG7952.jpg

そして ここに来たら
立ち寄りたい神社がある

CIMG7954.jpg

正確に言うと 年の初めに
わら細工の干支が見たくて

今年はイノシシ
車よりでかいイノシシです


CIMG7957.jpg

池の中央の祠

CIMG7958.jpg

こちらは 安志稲荷

CIMG7959.jpg

加茂神社の境内には
ウリ坊の人形がありました

牙のないのが可愛いですね

CIMG7960.jpg

では本殿で

CIMG7963.jpg

お参りして

CIMG7964.jpg

面白いものを見つけました

自分の干支の臼で
自分の歳だけ杵を振る

CIMG7965.jpg

干支のところに行ったんだから
年もわかる
ごまかしちゃ ご利益無くなるよ…笑





山田錦の郷

日本酒好きが過ぎて 
酒を勉強したいと

ならば蔵に弟子入りすれば
いいえ
造るのではなく飲む勉強がしたいんだと

CIMG7940.jpg

吉川のよかたん
天然の炭酸泉の スーパー銭湯

でも オープンは 10時から

CIMG7941.jpg

足湯は この時期寒いから

CIMG7943.jpg

山田錦の郷 は 9時半から

行列ができてましたが
それは産直の野菜を買い求める人の列でした

CIMG7944.jpg

酒蔵好適米 山田錦ですが
「山田穂」と「短稈渡船」を交配させてできた品種
米の芯の太白が大きく 酒造好適米として一番と言われる
穂が高く台風に弱く また害虫にも弱い
特にこの辺りは
吉川特A地区と呼ばれ 契約栽培されている

ここに並んでいるのは
吉川特A地区の山田錦を使った蔵の酒

ここに置いている酒が 
特Aの山田錦を使った酒と言う訳ではありませんが…

CIMG7945.jpg

一杯 100円から300円で 有料試飲できます

まずはフルーティな奴をと
無濾過生原酒 
心持ちアルコール度数が高いんだね

CIMG7946.jpg

と思えば 純米大吟醸だったんだ
普通は純米吟醸より香りを控えるのに…

旨いだろうなぁ
日本酒好きなんだね…

CIMG7947.jpg

もう一杯 石川県の喜久姫で〆て…

私は運転があるので呑めませんが

今度運転手連れて来よう


CIMG7948.jpg

一合瓶にもいろいろありますね

CIMG7949.jpg

大関のワンカップにも大吟醸があるんですね

桜正宗の大吟醸も並んでました



これで日本酒の
勉強できたか?……笑







前夜祭はきらくで


壁ぎわの牡蠣ツアーに行きたいと言っていた友人が
友達連れて行ってもいい?
そう言ってきた 全然OKですよ
と言ってたのですが

友達の日程が合わない
連休なら何とかなるけどと

ならフライングしますか


CIMG7923.jpg

朝早く出るでしょう
前の晩から行くので 前夜祭するところ
きらくに行きたいと

皆に声かけようかと言うと
友人が人見知りだから…

わかりました

CIMG7924.jpg

まず焼き物から

CIMG7926.jpg

発泡濁り

CIMG7927.jpg

刺身盛り合わせ 特上

CIMG7928.jpg

さわらと 鯛 右に太刀魚

CIMG7929.jpg

天然はまちと 明石のタコ
壁ぎわさんの好きな赤貝と 
マグロとホタテの炙り

CIMG7930.jpg

牡蠣ツアー行く前に 牡蠣酢も

CIMG7931.jpg

酒もどんどん進みます

CIMG7932.jpg

関西名物 あなご
きらくでは 伝介アナゴがあるんのでいいですね

CIMG7933.jpg

寒くなってきたのでこれももらいましょう

CIMG7935.jpg

ひれ酒 ちんちんの継ぎ酒もして

CIMG7934.jpg

最後は鍋も

こうして前夜祭の日の夜は更けていきました





朝ラ~もいい物 一蘭

朝からと言うか
夕べから ラーメンが食べたかった

CIMG7904.jpg

朝早く目覚めたので
行ってこようかと
宝塚の24時間営業の 一蘭です
現在 6時10分

CIMG7905.jpg

夜明け前のラーメンや
自動券売機で チケットを買います

CIMG7906.jpg

席に着いたら これを全部記入です
秘伝のたれ 1/2でも私には辛かった

CIMG7907.jpg

席でも追加が可能です


CIMG7908.jpg

秘伝のたれって この赤いやつ
本当にこれで1/2か?

CIMG7909.jpg

ではいただきます
しっかり混ぜなきゃ 辛いから

CIMG7910.jpg

麺がなくなりかけたら これを

CIMG7911.jpg

ここにあげるだけ

CIMG7912.jpg

替え玉が出てきました
油がかかっていて ひっつかないように

ただ この麺熱くないよ…

CIMG7913.jpg

出汁が熱いので良いけれど
それでも 汁が冷たくなったよ

最初の麺茹でた時に 一緒に茹でてた?
さぼったんじゃないか…?


CIMG7914.jpg

出汁も飲み干して
水がぶ飲みして ごちそうさまでした

これで一蘭 今年は来ないかな。

ケーキも


新年早々 ケーキがまいこみました

CIMG7915.jpg

ケーキと……

……… たこやき

CIMG7916.jpg

遊び心のあるものと

CIMG7919.jpg

チーズケーキも

CIMG7918.jpg

これがケーキなら

CIMG7917.jpg

これは……

ケーキ?

CIMG7920.jpg

ソースと マヨネーズ
これはチョコだった

CIMG7921.jpg

でも
つまようじは本物だった
ちゃんと日本浸かっているところが良いが

刺さるところだった

CIMG7922.jpg

だから これは

シュークリームでした。

こういうのも面白いですね。




ある日の朝食

正月明け
ある日の朝食です

正月明け 色々と残り物で幸せです
この日は仕事の日

呑めないのが残念です

ごはん 味噌汁 目玉焼き以外です


CIMG7897.jpg

芦屋軒の牛肉の佃煮

CIMG7898.jpg

青森県の特選ねぶた漬け
このカズノコが良いんだよなぁ


CIMG7899.jpg

九州の高菜漬け

CIMG7900.jpg

水菜のサラダ

CIMG7902.jpg

生ハムと アボガドのサラダ

やっぱり
呑みたいなぁ…



続きを読む

初 ごん

あけましておめでとうございますと 
言いに行かなけりゃ

この気持ちが 常連の店を持つコツ

たまに行って金を払うからと言って
それだけじゃ常連とは言えませんからね

CIMG7891.jpg

と言うことで 立ち寄りました

伊丹北のごんです

CIMG7893.jpg

いわし、かつおのたたき、かんぱち、まぐろ


CIMG7892.jpg

まずビールを 麒麟のラガーね

付きだしです

CIMG7894.jpg


あとマグロもらおうか

厚みがあって 角の立った造り
こうでないとね


CIMG7896.jpg

この時期 旬というか

食える魚が 無いよねと 女将さんと話し込んでました

フグも タラの白子も値上がりしちゃってね
カニは最初から高いし
寒ブリも高いしね

貧乏人は 
この時期旬の刺身は
何を食べればいいんだろう……?

…………

次来た時は 鍋でもつつくわ
一人鍋って少し侘しいんだけどね

今日は少しだけ 初ごんでした


まだまだ正月じゃ~

いつまで正月なんだ
門松 しめ飾りは 一般的に 12月28日~1月7日まで
七草で 正月気分は閉めです。
所によっては 小正月 15日まで
20日正月までのところもありますが…


CIMG7885.jpg

ついでに 干支の置物
花みくじと 土鈴のイノシシ
どちらも しばらく置いてますね

CIMG7886.jpg

レゴの ミッキーの獅子舞
これもこの時期だけ

CIMG7884.jpg

そして鏡餅  これは鏡開き 11日までですね

鏡開きの日は、一般的に1月11日とされていますが、地域によって違いがあります。
京都では1月4日、主に関西地方では1月15日もしくは20日とする地域もあります。


鏡餅は神様へのお供えですから 神棚 床の間、玄関だけでなく
竈神(かまどがみ)へは台所へ
納戸神(なんどがみ)へは寝室へ
水神(すいじん)へは 洗面所
厠神(かわやがみ)へは トイレに飾るのもありなんですよ

ただ鏡開きの日
包丁で切らないというのが注意です

武家社会で嫌われたことです
手で割るか 木槌で叩いて割るそうです



CIMG7890.jpg

で壁ぎわは…
またまたランチ難民になってます

どんぶりのチェーン店に
どれにしようかと悩んだのだが

CIMG7887.jpg

店に入って 季節限定品に目を奪われてしまう
店のトリックに騙されてしまう

CIMG7888.jpg

玉子のしっかり固まった カキフライ丼
さすが バイトで回しているチェーン店
あきらめましょう

CIMG7889.jpg

これが欲しかったのだが
どのぐらい この展示品と差があるのか 見たくもあったが
ビールのジョッキが アサヒなので やめました

値段もびみょ~ ですね。



勝男 十三

十三の炉端で でそろそろ帰ろうかと
山の神の頼んだ 鶏のから揚げが 来てなかった

CIMG7880.jpg

なら 味の薄いビールは嫌だから
ビール呑み直しだと

やってきたのが 勝男十三店

梅田の勝男に行った時の記事

CIMG7881.jpg

生中 180円  何倍飲んでも 180円×杯数です
ノンアルコールビール 280円と言うのが許せないけれど

車で行く場所じゃないので許せます

だって
180円は魅力だよね
唐揚げ頼んで 来るまでに 三杯飲んだけれど
だって アサヒビールしかない店で 飢えていたから…

CIMG7882.jpg

山の神の頼んだ
豆腐とアボガドのサラダ

CIMG7883.jpg

そして 唐揚げ 8個盛り

中津名物  大分風ですね
ニンニクが効いてます

では もう一杯ビールね

払いも安心 勝男でした



880円で唐揚げ食べ放題のランチも
夜のコースに食べ放題もついて2500円からありますと。

若手連れていくにはいいかもね




プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR