FC2ブログ

いろは草庵  山代温泉1

山代温泉にやってきました

山代温泉に来たら いつも立ち寄るところがあります

P1060451.jpg

それがここ いろは草庵です

昭和58年から始まった  作:雁屋哲 の コミックで
美食ブームを作ったともいえる 『美味しんぼ』

話に出てくる 天才
北大路魯山人の 住んでいたところです

まだ 篆刻看板づくりを仕事にしていたころ
書画の賞を取ったことで
この地の宿の看板を作る 仕事を受けて 
半年をめどに逗留していたころの住処です

九谷焼で焼き物を覚え
食客として 地域の名士と 友情を持ち 
会員制の料理屋をこしらえたりして
頭角を現すのですが


晩年は 美味しんぼ同様 虚栄に惑わされ 
欺瞞と捏造を重ねて行った人です

有名な話は 渡仏の際に訪れた鴨料理店「トゥール・ダルジャン」で、
「ソースが合わない」と味そのものを評価し、
自ら持参した粉ワサビを醤油に溶かし 
わさび醤油で食べたこともあったと言うような
礼節やマナーの無い人でした

62年前
昭和 33年に亡くなった人ですが
 勝手に
美味しんぼに書かれた 欺瞞だけを信じて
『自称魯山人の弟子』とか『師と仰ぐ』と
言う人が いまだに後の絶えない人です

DSC_1270.jpg

後に友人と 東京永田町にも 星丘茶寮と言う
会員制の高級料亭を友人と借り受けるのですが
昭和11年には横暴さや出費の多さから解雇をされます
その時の女給募集の広告です

晩年の横暴が これを見てもわかりそうですね


P1060452.jpg

ただ ここでは 
まだ芸術を吸収しているとき

P1060450.jpg

虚栄を外し

P1060453.jpg

粋と言う言葉の合う所です

P1060454.jpg

そんな雰囲気の残ったところで
すこし 時の流れを忘れるのもいいものです

P1060455.jpg

こんな中庭を眺めるところで

P1060456.jpg

こんなお茶の接待も良いものです

P1060457.jpg

せっかくの 茶器と だされたものの説明も

P1060458.jpg

ちいさな茶室と

P1060459.jpg

中庭を縁側沿いに見て

P1060460.jpg

二階の 仕事部屋と

P1060461.jpg

居間を眺めたら

P1060462.jpg

衣裳部屋と書いてありました

食客としての 貸し出された 家屋ですから


そんなところを途中に旅したので

佐渡の常宿 この景色が嬉しかったですね



2日泊まった 佐渡の常宿

DSC_1279.jpg

古民家の こんな所で 飯を食い

DSC_1276.jpg

こんな場所で酒を愛していた旅だったのです




スポンサーサイト



山中温泉

♪忘れしゃんすな 山中道を 東ゃ松山 西ゃ薬師…♪

『山中節(やまなかぶし)』は、
石川県加賀市の山中温泉に伝わる古い民謡。
『江差追分』や『磯節(いそぶし)』などと並ぶ「日本三大民謡」の一つとして紹介されることがあると
何かに書いてあったのですが、ほぼ知らない人ばかりですね。


石川県です 
北陸道で山中温泉にやってきました

最初の予定では 飛騨高山から 奥飛騨温泉をまわり 
新穂高ロープウェイに乗って 
そのまま富山にと狙っていたのですが

数日前の 豪雨で 国道41号線が崩落したので
危ないとこは避けての旅です

P1060432.jpg

山中温泉に来たら まずはこの山中座から

いつもは賑やかな所ですが これもコロナ自粛でしょうか


P1060433.jpg

時間が合って このからくり時計が動けば

山中節が流れ出すのですが それは又の機会にして

P1060434.jpg

赤い暖簾のあるこの建物へ

そうここは 山中温泉の総湯 菊乃湯なのです

赤い暖簾はもちろん 女湯なのです…

P1060435.jpg

山中座では名誉座長の森光子さんに手を合わせた後は


P1060436.jpg

これ… じゃなくて

P1060437.jpg

これを買いに来たのです

加賀温泉郷パスポート
↑ 詳しくはクリックして

800えんで 三か所の 入場が出来ると言う優れものです

山代温泉には 加賀温泉湯札クーポン帖と言うのがあります 
同様に 3枚券が付いて 900円

どちらも三枚の券がついているで 休日なら 800円の方がお得です

ただ 平日ならば加賀温泉湯札クーポン帖 の券二枚で
普段日帰り入浴を受けてない所や高い宿の日帰り入浴もできるので 100円高くても お得です


私の計画では 今回休日と言うことも有り


山中温泉 総湯菊乃湯

山代温泉 古総湯

魯山人の住んでいた いろは草庵 と三か所行く予定で買いました
すご~くお得でした

P1060438.jpg

まだ20分 これは動き出すまで待つのは無理ですね


P1060439.jpg


まずはこちらに入りましょう

山中温泉 総湯です

40分ぐらいかけてと 思ったのですが

裕治伯爵は 猫舌の猫肌(そんな言葉あったっけ?)

すぐに熱いとギブアップでした

P1060441.jpg

入り口の前には お湯を お湯神様と祀っています

P1060442.jpg

その横のこれは


P1060444.jpg

温泉卵の 作り場です

源泉が 60度ぐらいなので

時間もかかりますが トロトロの温泉卵になります


ちゃんと袋に入った卵を買うように
卵を持ち込むなと書いてありました

P1060446.jpg<


芭蕉の 別れの地です
そしてこの地でもう一つ

P1060447.jpg

その前には 松尾芭蕉と でし そらとの別れのシーンが

P1060448.jpg

詳しくはこちらで


では 次に 山代温泉に向かいましょう





旅の安全を祈念して 気比神宮

先月も来たけれど 琵琶湖のある滋賀県から
北に抜け 北陸路に入ったら

北陸第一位の神社で お参りしておかなくては

まして今回は 裕治伯爵病の本家本元と 同行ですから


P1060427.jpg

艶やかな鳥居をくぐります

P1060428.jpg

北陸道第一位の神社ですから

P1060429.jpg


橋を渡り 鳥居をくぐり抜けて 手水舎へ

P1060424.jpg

はぁ~

ひしゃくから 直接口をつけて 

口を漱ぐ人が多いからか…


学校教育の 受験に関係ないけれど

道徳ではなく 常識という項目を作れよ
そして 常識が 8割無ければ 進級できないようにしてやれば
日本も少しはまともな国になるだろうに…

P1060425.jpg

しかし柄杓が無いと言うことは

直接 手を突っ込まれるぞ
そのほうが怖い気もするのだが…

P1060426.jpg

なぁ亀さんよ そう思うだろう

P1060415.jpg

ねぇ そうですよね……

P1060416.jpg

社務所のおねぇさんより

P1060417.jpg

今回、治伯爵病に効くのは

きっとこの菊の御門だから


P1060420.jpg

そしてお参りを済ませれば
これにて 御代清めて 旅に出ることにしましょう

気持ちも 又新たにですから

P1060423.jpg


カメの好きな

いいえ 松江の人食い亀の好きな彼と

このお守りの 効力を 相談したが…




P1060431.jpg

カメに眉を書くのはいかがなものかと言うことで 

終わってしまいました


P1060430.jpg

こちらの普通のお守りの方が 良いですよと

もちろん 買いはしませんでしたが…


 それでは 北陸路の旅に参りましょう





旅立ち 南彦根で焼肉から

オリンピック連休の日

政府は GOTOキャンペーンなどをやりだした

また増えるよとか 東京は除外とか

勝手なことをやる割に本質の見えないのは

以前も小泉の後を継いだ時もそうだったが
指導力と責任感の無い アベだから仕方がないことだが…


P1060409.jpg

前日に このホテルで待ち合わせ

ホテルで待ち合わせなんて言うと 文春砲がっ……
て 有名人でもないし
安い ビジネスホテルですから 色気のある話ではありませんが…

P1060386.jpg

色気はありませんが 食い気の方は

夕食は豪勢に ネギタンからはじまります

近江牛と呑み放題込みで 5000円のコースを すだくです

P1060387.jpg

豪華な サイドメニュー

全部 呑み放題込みの5000円の中ですから

でも 呑み放題の 呑みの部分が
お店には気の毒な二人です…


P1060388.jpg

近江牛 一頭買いだから安いんだと

P1060390.jpg

炭焼きなのも嬉しいね

P1060391.jpg

62度まで 熱を通したと言う 肉の刺身

旨いじゃないか


P1060392.jpg

三杯目だったか 4杯目だったか

ビールがすすむじゃないか


P1060393.jpg

焼くための肉も有るが

P1060396.jpg

握りずしの肉も有る

まだ飲むのかと言われても

ウイスキーのハイボールにしようか

梅酒のロックにしようか

迷ったら どちらもだよね

P1060397.jpg

ホルモンは ミノとてっちゃんと センマイ

P1060398.jpg

さっと炙って うまいね

P1060399.jpg

しめは冷麺 ご馳走様でした

満足してしまったから
次も行かなきゃ いけないでしょう

P1060400.jpg

地元の常連さん達が 優しい スナックでした

P1060407.jpg

彦根の朝



P1060408.jpg

ビュッフェスタイルの 無料モーニングが

コロナの影響で 弁当スタイルに変わってました

P1060410.jpg

私が彦根らしいと思う所に 

P1060411.jpg

わざわざあいさつに来て

本当は この横の店で ボートを借りて 
琵琶湖を走りたいねと話をしていたのですが
それはまたそのうちに

P1060412.jpg

竹生島に行くこの船でも良いんだけれどね

でも 今回は 滋賀県は単なる 集合場所
目的地は はるか海の向こうですから

では旅立ちです

大作になりそうな予感が…


多田銀山

まもなく 佐渡への旅です

金山への旅 そんなこと考えてたら

近くの銀山にも行っておこうかなと 思い立ちました


DSCN5546.jpg

昔 鉱山だったところ

今は日本中ほとんど廃坑ばかりですが…

自然に恵まれた場所に戻ってます


DSCN5550.jpg

どんどん山の中に入っていきます

ええ なっちゃんですから

でも この階段を上るわけではありませんが…


DSCN5552.jpg

こういう看板が気にならないのも なっちゃんならでは

どうしても行け無くなれば 押して返ればいいのですから


DSCN5553.jpg

しかし さすがは鉱山

一般道からはかなり山に入ります


途中珍しい景色が

これ歩道のらせん階段

DSCN5554.jpg

かなり 高低差がある所
石段でもらちが明かず こんな階段が作ってありました

でも こんなところがけ崩れが怖くないかい?

DSCN5555.jpg

悠久の館というのが 銀山の資料館

銀山口のバス停からほぼ2キロです

密にならないほどの 人しか来ない所です


DSCN5559_2020072808103937e.jpg

駐車場横の公園には
炉の復元モニュメントが


DSCN5560.jpg

炉の説明文と

DSCN5561.jpg

この辺りの銀山マップ


DSCN5562.jpg

こうすれば見やすいか…

DSCN5563.jpg

そしてこれが 悠久の館

内部の撮影は禁止されています

DSCN5565.jpg

この建物の対岸の畑のようなところが

代官所だったのですが 今は何もありません

DSCN5566.jpg

この橋を渡れば 鉱山区域

銀山橋と書かれてます

DSCN5567.jpg

鉱山と温泉には 必ず神社が有りますね
お守りの神社です

DSCN5568.jpg

しかし 雨上がりのこの階段は辛い

なにがつらいって なっちゃんでは上がれませんから…


DSCN5569.jpg

でも裏手からの 遊歩道の様な道

5年前には この道を上がりました
↑ クリックすると昔の記事 風穴なんかもちゃんと撮ってます


DSCN5570.jpg

今回は雨上がりで ぬかるんだ上に苔に轍を取られそうで

歩いて上がることに…

DSCN5572_202007280810569eb.jpg

由来と

DSCN5573.jpg

これが本殿

DSCN5575_20200728081202ddc.jpg

山神宮と 書いて有りました

山の神と 言うのは また違う意味もありますので

山神宮なら良いですね

DSCN5578.jpg

この奥が 鉱山跡
以前はもっと伐採してあったのに…

DSCN5579_20200728081207827.jpg

閉鎖中だからなおさらか

いぜんは ヘルメットかぶって少し入れたのに

DSCN5581.jpg

ここから奥に行くと

DSCN5582_20200728081210d33.jpg

事務所跡って ほとんど何もないけど

DSCN5584_202007280812115a0.jpg

そして 鉱山の入り口跡が


DSCN5585_20200728081213f92.jpg

でもこちらは 以前から 入れなくしてあります

DSCN5586_20200728081214946.jpg

危ないから…

DSCN5587.jpg

こちらには寺の跡が…
って 標識だけでないも無いのですが
きっと 鉱山んで命を落とした人の 弔いの場だったんでしょうね


DSCN5588.jpg

そのさきにも 間歩があり

DSCN5589.jpg

そこも立ち入り禁止


DSCN5590.jpg

草生してこんな感じでした



DSCN5592_20200728081222598.jpg

銀山から元の道に出るとことに

今風のこんな神社が有りました

DSCN5593_20200728081223af3.jpg

田舎の神社と

DSCN5594_20200728081225d88.jpg

田舎の寺とが 引っ付いてました


DSCN5595_202007280812262f3.jpg


ただ この 門だけは

ちょっとイイなと思った 思った散歩でした



肉とこんにゃくの…

壁ぎわ得意の お惣菜

肉と糸コンの炒め煮を 造りましょう

昔 駅弁のはしっこに入っていた

脂肪分の浮いたような 甘い糸コンが好きだったんです


DSCN5597_20200721081405ee6.jpg

最近は 糸コンよりも 突きこんと言って

細いうどんぐらいの物が この料理に合うんです

DSCN5600.jpg

灰汁とりと 臭い消し 
いい歯触りにするために

DSCN5601_20200721081407a53.jpg

一度茹で揚げて ざるにあげておきます


DSCN5602_2020072108140956c.jpg

肉は味付けの 出汁ですから

やすもので OKです

DSCN5603_202007210814103b2.jpg

あじは すき焼き方式で

牛脂を溶かし


DSCN5604_202007210814121de.jpg

肉を炒めて


DSCN5605_20200721081413185.jpg

たっぷりの砂糖と

DSCN5606_20200721081415fff.jpg

醤油を入れて

わたしは 出汁醤油を使ってますが


DSCN5607_20200721081416322.jpg

この位かな

DSCN5608_20200721081418400.jpg

ここに茹でたこんにゃくを戻して

DSCN5611_20200721081419cf3.jpg

炒め上げたら出来上がり

味見しながら微調整は忘れずに


一度さ増して 味をしませると 出来上がり

普通の糸コンでもOKですが
長すぎるので 短く切った方が良いですよ





肉が喰いたくて

肉が喰いたい

時々むしょうに 思うことが有ります

体が そう 欲っしているのでしょうか


そんな時に 焼き肉屋で 一人焼き肉……


そうもいきませんから 
買ってきてですが

DSCN5531_2020071906161399a.jpg

肉と 骨付きソーセージ買ってきました

DSCN5532_20200719061614eab.jpg

焼肉のたれも

ええ関西ですから 応援も兼ねて


DSCN5534_2020071906161674e.jpg

骨付きソーセージって あまり見かけないけど

大丈夫? と聞かれて

●国産 だったら どうしようか

シャウエッセンのウインナーは有名だけれど

フェストエッセン??

似ているところがあの国 のかも……


DSCN5535.jpg

ローマイヤー 栃木工場
栃木県那須塩原市 と記入してある

国産ですね  よかった



DSCN5538_20200719061622680.jpg

この縦じまユニホームは

DSCN5537.jpg

やっぱり大阪ですね

茨木市 (いばらきし)です


DSCN5530_20200719061611ca8.jpg

背伸びして

似合わない黒毛和牛を買いました

こんなに買ってと 文句を言われつつ…

この写真ではわかりにくいのですが

DSCN5540.jpg

500mlの缶ビールと並べると 結構ありますね

そうそう 新ジャンルのビール

10月から またアルコール税上げるんだって

本当に役に立たない ABEの野郎

そう言えば

首相公邸に 入るのが 夫人が嫌だと言うので 拒否したんだと
(遊びに出歩きにくくなるから)
自宅にいるものだから 周囲には 24時間 警官が警戒していて
本人が出勤するとき 周辺道路を 15分~30分 閉鎖するんだと

本当に役に立たないだけでなく 迷惑をかける人ですね



DSCN5541.jpg

肉がまずくなるから その話はやめて

肉に見とれて


DSCN5542_2020071906162674d.jpg

焼いて 食べましょう

焦がさないようにと


DSCN5543_20200719061628d25.jpg

肉が簡単に噛み切れる

DSCN5544_20200719061629518.jpg

久し振りの 柔らかい肉

ここまで簡単に噛み切れるので嬉しくて


最後はたれもつけず 

塩コショウで食べてました

久し振りに 満足じゃ~




伊丹空港にて


マルヤにランチに行ったのは

東京に住む次女の 家族と

仕事で先に帰る 婿さんを送っていきました


DSCN5508.jpg

やって来たのが 伊丹空港

国際線の無くなった 大阪国際空港です

そこで この飛行機が有りました

コロナでなくなった 今年のオリンピックキャラです

こんな飛行機も飛んでいるんだ…


DSCN5510_2020071619452681f.jpg

管制塔 ココの管制官は忙しいだろうなぁ

コロナで減便中だから今は楽だと喜んでいるかな?

DSCN5465_20200729073032ba0.jpg

迎えに行った日は
こんな状態だったから

DSCN5509_2020071619452564f.jpg

ここから飛ぶのは ANAと

DSCN5511_20200716194528b2a.jpg

JALだけ


DSCN5512.jpg

小さいのは J AIR

DSCN5513.jpg

青森に行った時も

DSCN5514.jpg

長崎に行った時もこれだった

観光バスと同じく 4列だもんなぁ 上の席は 3列ですから

DSCN5515.jpg

こちらは JAL

ここで面白い情報を

ジェット機は バックは出来ません

滑走路までバックは 車に押されて動きます

DSCN5516_2020071619453568b.jpg

パパを送り出した後も元気なガキども

どこの子も 地面に丸が書いてあれば そこが好きなようですが

DSCN5517.jpg

実はこうなんだけれど

噴水を止めてありました

DSCN5518.jpg

こちらは 有料の子供の遊び場

DSCN5520.jpg

ボール 粘土 子供の遊び場 と呼んで恥をかいた

ポーネルンドあそびのせかい でしたね

DSCN5521.jpg


値段が見たくて

えっ 大人もお金がいるんだ…

DSCN5519_20200716194540b10.jpg


レストランもあるのだが
行儀の出来てない子供は連れてくるなと

昔は だれが 叱ってもよかったのに

最近は
かばい立てする 口の廻る 奴が多くて…

自分とこの子は ほったらかしにしても良いのは 親だけだと


DSCN5522_2020071619454457d.jpg

こんなのもあって

食べてみたいのだが 値段もわからない

DSCN5523_20200716194546397.jpg

スワークルだって

きっと 300円以上するんだろうなぁ

私はソフトクリームなどは

300円までと決めているから…


昔言いませんでした?

おやつは300円まで バナナはおやつに入らない
昭和後半から こんなこと言ってもわからない人ばかりだから…

DSCN5524_20200716194547207.jpg


ウォーリーを探せ 空やん版

DSCN5526_20200716194549c90.jpg

飛び立つ飛行機見たら 帰りますか





マルヤでランチ

皆連れて ランチタイムです
こんな時に嬉しいところがあります
それがここ マルヤです

DSCN5473_20200716193625cca.jpg

昔からの洋食屋

DSCN5474.jpg

値段もこんなに安いから

DSCN5475_20200716193628af5.jpg


そしてよく見ると

下の方に少し中華が

DSCN5476_20200716193629b9d.jpg

グリルチキン


DSCN5477_20200716193631d15.jpg

卵に隠さなくてもいいのに

DSCN5478_20200716193632efb.jpg

こんな 盛り付けの方が良いのに…


DSCN5479_20200716193634d40.jpg

私のデラックスランチ 1080円

海老フライ ハンバーグ オムレツ
あれっ?

トンカツは??


DSCN5480.jpg

ここにありますよって

それは君の Wとんかつ定食


DSCN5481.jpg

私のトンカツは

卵の下に 隠れてました


DSCN5482_20200716193638f10.jpg

スープ代わりにワンタンを


DSCN5483_20200716193640d05.jpg

このワンタンが 330円

ラーメンも 330円ですから

DSCN5485_20200716193643c8a.jpg

ゆで卵の薄切りと

チャーシューが 沈んでいたじゃないか


DSCN5484.jpg

娘用の カタヤキソバ




DSCN5486_202007161936444a0.jpg


ソシテちびのための ヤキメシ
イイエ チェーハンかな


全部合わせても 4000円ぐらい

この位なら 払える 壁ぎわでした




鯖街道 熊川宿へ

せっかく福井県だから

ついでに鯖街道の方にも 立ち寄りましょう


DSCN5374.jpg

雪に弱いサンダーバードに 別れを告げて

DSCN5375.jpg

琵琶湖畔から 西の山越えで帰りますか

DSCN5376.jpg

小浜から京都に塩サバを運んだ 
鯖街道の熊川宿

少し寄り道してみました

DSCN5377_202007130959554f8.jpg

道の駅も コロナの影響か

DSCN5378_20200713095957803.jpg

閑散としています

DSCN5379_2020071309595826e.jpg

誰もいない資料館に


DSCN5380.jpg

何度も立ち寄っているここに

DSCN5381.jpg

緑の鞍馬街道より こちらの鯖街道が使われていました


DSCN5385_2020071310023443b.jpg

背負子一つで 生活が成り立つと言われていたのですが



DSCN5386.jpg



盗難も増えていたようです


DSCN5383_20200713100232d3e.jpg

写真映え?
こんなコーナーもできてました


DSCN5384_20200713100233363.jpg

この鯖がいいじゃないエスか


DSCN5387_20200713100237a5e.jpg

では 道の駅から 熊川塾へ

DSCN5391_20200713100239a85.jpg

番屋あと

DSCN5392_202007131002406d1.jpg

土産物屋も ひっそりと

DSCN5393_2020071310024235c.jpg

さすがにコロナでこんな感じ

DSCN5394_20200713100243c23.jpg


そんな今回の旅の最後でした

プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR