FC2ブログ

赤穂到着 一杯目は鳥きで……なんでやねん!

播州赤穂の駅到着

駅の隣 定宿 東横イン 播州赤穂 到着です


201311 282

車を置いて チェックイン

201311 288

まだ明るいけれど呑みに行くぞ…

ちょうど五時  二次会の探索と

宴会予約した店まで 散歩しますか

でも時間もありすぎるし…

DSCN1499.jpg

それなら 喉を先に潤しましょう

その時 裕治伯爵の意外な言葉が

ここにも鳥貴族がある

じつは とりき 行ったことが無いんですよ


ならばちょうどいい

ビールは安いし  鳥は焼き過ぎだけれど

焼き鳥で満足する気でなければ 
先にビールを飲んどこう

DSCN1500.jpg

甘くないかどうか  だし巻き頼んでも良いですかと

長野で食べたのと同じで レンチンだよ

でも大根おろしが付いてますから…

DSCN1501.jpg

一皿二本だから
一本ずつね

DSCN1502_20200117064851408.jpg

名物も

DSCN1503_20200117064853232.jpg

皮も焼き過ぎ

DSCN1504.jpg

せせりも見事に油が落ちてる

DSCN1505_20200117064856850.jpg


鳥きで一回やってみたかった

やっぱりこのジョッキグラス

プレモルを 金麦のグラスに移すと



DSCN1506_20200117064857ea1.jpg

泡が消えたらやっぱり半分の量になるんだよね


そろそろいい時間になってきたし

目的の店に向かいますか



スポンサーサイト



相生へ

相生へ

兵庫県の西部は 姫路市があり
その西が 金持ちの太子町
そして たつの市、相生市、赤穂市と続きます

DSCN1490_20200116083721c3e.jpg

やってきたのが 道の駅 相生ペーロン城


DSCN1491_20200116083722a35.jpg

もう閉店ギリギリでしたが


DSCN0217_20200117063643f88.jpg

今年初の焼き牡蠣

残り物の焼き過ぎ 安くしろよ

DSCN1493.jpg

お土産用の牡蠣の佃煮

値段は500円のままでした

消費税上がったのに 気の毒です


DSCN1494.jpg

道の駅の 牡蠣BBQは

今日の営業終わりましたと

DSCN1495_20200116083728052.jpg

お土産店も少し覗いたら

DSCN1496_20200116083729aa8.jpg

昔は通り抜けられたのですが
今は外を回って

DSCN1497_20200116083731ede.jpg

風呂に入りに来ました

赤穂温泉もいいけれど

連休は人が多いのと 銀波荘は1800円だもんなぁ

だから今日はここの温泉で

ホームページの割引券で 750円が650円になるから

DSCN1498_20200116083732d47.jpg

しかも単純温泉ではありません

ここで十分に温まって

赤穂での晩餐に向かわなくては

では向かいましょう  つづく



龍野民俗資料館

捏造家の 裕治伯爵は

こちらでいろいろ聞きたかったようですが…


DSCN1470_20200116082108bb2.jpg

この白い建物

DSCN1471.jpg

たつの市立龍野歴史文化資料館です

ここで きれいな学芸員の方が相手してくれるならば

DSCN1472_20200116082111e17.jpg

こんな料金なんて安いものだと…

何も無くても安いですけれどね

DSCN1473.jpg

干支のネズミの置物たち

DSCN1474.jpg

これが三年後は ウサギのウータンになるか

いいえそんなことではありません


忠臣蔵 浅野内匠頭が 刃傷事件に及ぶ前に
態度の悪い 吉良上野介を殴った大名が居る

刀を出してないので 刃傷事件にはならなかったが
幕府から謹慎処分を喰らったと

それが たつのの殿様で 
それを確かめたいと ここまでやって来たのです



DSCN1478_20200116082120321.jpg

何処から聞いたか知らないが
それが本当なら

赤穂事件が起きたのは 1701年
その直前であるから 龍野藩の主君は 脇坂安照
淡路守とまで言われた 名君です

先々代が 信州からこちらにうつされて
外様大名でした

お取りつぶしになった 赤穂藩 その拠点 赤穂城の
無血開城を 大石内蔵助と 済ませた 大人物です

(主君は即日切腹、相手の吉良はおとがめなし、
職を失い不満に思う赤穂藩士は、籠城して最後まで幕府に歯向かうと思われていた)

そのうえ 外様大名から 願い出により 準譜代大名と なった城主です

暴行などしたわけがない
おとがめを受けたことが有れば 準譜代などありえない

いろいろ私なりに調べてくと

この事件を面白おかしく 世間に広めたのは
関西の舞台をにぎやかしていた

『仮名手本忠臣蔵』(かなでほんちゅうしんぐら)
1748年8月、大坂竹本座にて初演。

これが忠臣蔵として 歌舞伎や文楽
昭和になっては 映画にまでなり人気を博したのだが

映画の 忠臣蔵 松の廊下では

刃傷を受けた吉良義央が脇坂淡路守(安照)と接触し、
その血で脇坂淡路守の大紋を穢されたので、
浅野内匠頭に同情し日頃の吉良の振る舞いを苦々しく思っていたこともあり、
持っていた扇で吉良を打ちすえ、
動顛していた吉良は「お許し下され」と無礼を詫びる・・・


という場面は、映画や時代劇ドラマでは 取り上げられていますが、

格から見ても 考えられない話です


それを さも現実のごとく 赤穂事件の前に有った事のように捏造させようとした
人が居たんでしょうね





DSCN1477.jpg

参考資料を探そうとすると


DSCN1476.jpg

ちょうどいい これに載っているかもしれないよ

DSCN1479_20200116082121b9f.jpg


そう言うものが 載っている訳が無いと 

今回の歴史捏造をあきらめたのは

こう言う いきさつでした

DSCN1480_20200116082123339.jpg

では正確な 歴史検証にたって

DSCN1481_202001160821246b8.jpg

赤穂城 開城の 書類の写し


DSCN1483.jpg

この地に残された多種の物

食品の入れ物から

DSCN1484_20200116082129810.jpg

監察

DSCN1485_202001160821307bb.jpg

食器類まで

DSCN1486.jpg

そしてこんな物も

展示されていました


DSCN1487.jpg

そのとき 裕治伯爵の目に留まったもの

お守り刀の 展覧会

これって 女性が自決する時に使ったんだよね

使用した刀って展示しているかなぁ……

DSCN1488_20200116082135890.jpg

赤穂事件みたければ

今日とまる赤穂の 歴史博物館でやっているよ

その言葉は耳に届かず

DSCN1489_20200116082136c45.jpg


夕焼け小焼けの赤とんぼ

その童謡を作った人の生家に別れを告げて
西へ向かうのでした




たつの城址 

では 歴史を感じるところ

たつののお城に行きましょうか


DSCN1451_202001160813431b2.jpg

細い道を くねくねと

途中 裁判所や 検察庁たつの支部の前を通ると
裕治伯爵がおとなしくなるような

やっぱり 捏造家ですから



DSCN1452_2020011608134559d.jpg


龍野城は、鶏籠山山頂の山城と現在の地の平山城との2期に分けられます。
山城は約500年前、赤松村秀によって築かれ4代続きましたが、天正5年豊臣秀吉に城を開け渡しました。

その後、山麓の平山城となり数回の城主交代があり、寛文12年に信州飯田から脇坂安政が入部しました。
脇坂藩は明治初年まで続き、城主では赤穂城請取りの安照
寺社奉行の時、延明院事件を裁いて老中になった安董、井伊直弼が殺された桜田門外の変当時の老中安宅などが有名です。



DSCN1453_20200116081346a53.jpg

8時半から 5時まで

入場無料です

DSCN1454_20200116081347bb2.jpg

玄関には 無造作に鎧

これは等身大の飾りでしょうね

DSCN1455_202001160813492e7.jpg

こちらには 槍と弓が

写真んの撮影用でしょうか?

DSCN1456.jpg

なんだこの牛は

DSCN1457_202001160813522c5.jpg

襦袢だけの女性のマネキン

これは何のため?

DSCN1458_20200116081353f99.jpg

脇差か それとも 小刀 ?
これは タダの飾り??


DSCN1459_20200116081355b3c.jpg

隣の部屋に入ると

着物美人??


DSCN1461.jpg

多くの着物がつってありました


DSCN1462.jpg

こちらにも

DSCN1460_202001160813564a0.jpg

これだったのですね

でも 京都みたいに 町を探索でなく

城内にいる間だけ?

DSCN1463_202001160814017fb.jpg

では 普通に見学を

こちらは タダですから

DSCN1464_202001160814027e8.jpg

入れるところと

DSCN1465_202001160814040ac.jpg

一段高い所は

大事なものが置いてあるから?


DSCN1466_202001160814050da.jpg

写真は OK

DSCN1467_2020011608140779f.jpg

これ持ってみたいものです

DSCN1468.jpg

中庭の 砂も流れるように

DSCN1469_20200116081410385.jpg


そしてふすまの龍も

無料でもなかなかの見学でした




たつの薄口醤油資料館 兵庫県西部の旅

年に数度 旅立つ 壁ぎわツアー

小田原の裕治伯爵が 岡山のライオンさんに案内を買って
恐ろしい旅をしたいと……。

その前に 龍野藩の歴史関係施設
知らないですか?

歴史捏造家の裕治伯爵が言い出した

なんでも 彼の言い分では

忠臣蔵の浅野内匠頭は
吉良上野介に刀を抜いて切りかかったのが悪いんだと

その前にも吉良上野介のやり方を見て 
腹を立て殴ったやつが居ると
それが 龍野藩の殿様で……


何処からでっち上げたのか



龍野は壁ぎわツアーで何度も行っているのだが
彼はたまたま外れてばかりだったらしい

それなら龍野から回りますか
そんな旅の始まりです



DSCN1432_20200116080709e12.jpg


龍野と言えば うすくち醤油の資料館から

DSCN1433_20200116080710841.jpg

うすくちたつの醤油記念館

ヒガシマルの薄口しょうゆ記念館です

入館料 10円と言うのが良いですね


DSCN1434_20200116080712f6c.jpg

入ったところに福祉の竹とんぼ 100円だと

DSCN1435_202001160807130c1.jpg

では昔のしょうゆ工場を見て廻りましょう


DSCN1437_202001160807166d2.jpg

私はここに何度も来ているのですが

この巨大フライパンを見ていつも思うんです
これで焼けば お好み焼きでもホットケーキでも パンケーキでも

ギネスに載ることが出来るんじゃないかと…

何をするものかって?

DSCN1436_202001160807152b6.jpg

説明はこちらで


DSCN1438_20200116080718b97.jpg

こんな感じでやってたんですね



DSCN1440.jpg

船まで飾って有るのは?


DSCN1439_2020011608071984f.jpg

こう言う訳ですね


DSCN1441_2020011608072202d.jpg

使用されていた道具や

DSCN1442_20200116080724ae5.jpg

使ったことは無いけれど

懐かしさを感じる醤油壷

DSCN1443_20200116080725b90.jpg

なんと昔のポスターには

宝塚歌劇の入場券と 往復の乗車券が付いた 
招待券を景品に着けたことも

DSCN1444_20200116080727aae.jpg

味が変わらないように

化学の実験室の様な所も

DSCN1445_20200116080728476.jpg

醤油文化は 日本だけではありません

そんな地図です

DSCN1446.jpg

この樽で 一年以上の時間をかけて醤油を仕込みます

日本酒だと 数か月で出来るのに大変ですね

DSCN1447_202001160807315d8.jpg

半纏と

DSCN1448_20200116080733ba2.jpg

昔の店構え

DSCN1449.jpg

手間のかかるのは値段も高い


DSCN1450.jpg


これは最近売れ筋ですと

関西で和歌山の湯浅だけでなく

兵庫県でも醤油造っています


では歴史に目をやりに行きますか




パティーナでランチ

初詣のランチ記事をもう一軒


DSCN1359_20200108101202f1b.jpg

中山寺の参道です

DSCN1421.jpg

そう言えば 最近こんな喫茶店 行ってないですね

DSCN1415_20200108105212506.jpg

オムライスも カレーも ほぼ1000円

しかも コーヒー付きじゃないのかよ

DSCN1416_20200108105214cbb.jpg

サイフォンで入れる珈琲

550円とか 600円だもんなぁ

喫茶店って 長居できるところだから?

この値段も仕方が無いと言うのは 
おしゃべりな人の言葉

我々は 最近 20分以上居たこと無いよ

DSCN1417_2020010810521588b.jpg

うちのの オムライス

フワトロって言うやつですね

DSCN1418_20200108105217f23.jpg

中が気になってます

DSCN1419_20200108105218cab.jpg

わたしは カツカレー

でもなんかこう 置いてくれると食べにくい

はしっこまでカツがあるせいかな

ご飯とカレーの接しているところが無いからか

DSCN1420.jpg

新年のランチは 1100円

なんとなく 貧乏サラリーマンは 
ランチ800円までのような雰囲気が有るので

新年の贅沢2連発

そんな初詣のランチでした


梅田 豚晴

正月の外食 なかなか店が開いてない

そんな時は梅田でしょう

DSCN1279_20200108101155ff7.jpg

何にしようか

ランチのお店

DSCN1280_20200108101157f26.jpg

これにしようかと思ったのだけれど

DSCN1281_2020010810115817d.jpg

うちの奥さんが 1080円の トリオにしたから

DSCN1282_202001081011593c5.jpg

ならば私も そのクラスで

とか考えながらももっと高い物
1340円の海老フライ3本セットを

DSCN1283_20200108101201762.jpg

揚げ過ぎの 海老フライに

冷蔵庫から出したばかりの 

タルタルソースをたっぷりかけて冷やすなよ


しっかり 揚げ過ぎたフライ…

同じもの三本は頼むんじゃなかった…


いつのも和風ステーキ1190円にすればよかった

正月早々 悔みの外食でした





道の駅かわはら

鳥取まで帰ってきたら どの道を帰ろうか

同じ道ばかりじゃ芸もないから


DSCN1262_2020010116450121b.jpg


中国道の佐用ジャンクションまで無料区間だから
久しぶりに鳥取道で帰るか


DSCN1263_20200101164501e23.jpg

しばらく走ると 右手に城が見えてきます

かわはら城です

道の駅の名がかわはら だから ひらがなで書きますが…



DSCN1265_202001011645034ce.jpg

もともとここに有った城の名の正式名称は「丸山城」ですが、

鳥取市内には丸山城という名の城跡がこの城を含めて3つありました

と言う訳で 昭和に天守風展望台が建てられて以後 河原城と呼ばれています


DSCN1267_2020010116450644f.jpg

展望台の話は置いといて

道の駅ですから

何かないかな

DSCN1266_2020010116おっさんにとって45044c7.jpg

腹も減って来たし

大山がいなバーガーか…  600円??


どうも昭和生まれの おっさんにとって

モスが出来た頃 それまではほぼ食べなかったハンバーガー

100円か200円 ビッグマック崖来た頃は 290円だったか

500円になると そんなのハンバーガーじゃないと考えてしまう

だから これは無理だわ…

DSCN1268_20200101164507e12.jpg

さすが鳥取 ナシの全国発送うけますと…

しかしすごいね

ナシって こんなに種類が有ったんだ


DSCN1269_20200101164509e23.jpg

300円超えているから これも食べたことないのに…


DSCN1270_20200101164510637.jpg

それより…

ウサギの像がやけに目に付くんだけど

DSCN1271_20200101164512e3a.jpg

木の置物にも

DSCN1272_202001011645134ce.jpg

人形にも…

そうか ここは因幡の国まで戻ってきているんだ

因幡の白うさぎですね

DSCN1273_20200101164515de2.jpg

でも この癒し蒲の穂 よく見るとなんだこれ

悪縁を断ち切ってくれると

別れた男や嫌な上司の名を書いて
これにつるせばいいんだと…


思わず自分の名を探してしまうじゃないか!

DSCN1274_202001011645161dd.jpg

とりあえず 中のレストランで 飯食おうか

これというものが無かったので カツ丼を

先払いのセルフだと

しかも 店員のあいそが悪くて 858円

DSCN1275_20200101164518342.jpg

カツ丼注文の方

他に客は居なかったのだが

よばれて取りに行きました

DSCN1276_202001011645195b2.jpg

みそ汁にだけ蓋が有って

DSCN1277_2020010116452163f.jpg

それより 揚げたてのカツ 切ってくれるのはありがたいが

横にも切り込みが入れてある

DSCN1278_20200101164522e9b.jpg

縦に切ってあるだけなら 衣がリング状なのでいいのだが

横に切ると 卵でとじているうちに 脱げるんだよ

言ってやろうかと思ったけれど

愛想の悪いBBA達だから

聞く耳もたないだろうなとあきらめる

ここのカツ丼は喰わないだけでなく勧めませんからね


最後にけちの付いた 山陰の旅でした




温泉とコナン 

最近歳のせいか 良い睡眠がとれない
友人は そりゃ酒のせいだよと言うのだが
確かに呑み過ぎたら……

出る前日も 忘年会
皆生でもかなり飲んだからなぁ…

と言うことで 明るいうちに帰ろうと 早々に帰路につきました

DSCN1248_202001011641191ef.jpg

と言っても 最短距離で帰る訳無いじゃないですか

DSCN1249_2020010116412002e.jpg

大阪方面は 米子道から中国道
左方向と 看板もナビも言ってますが

鳥取方面 山陰道は無料区間ですから

DSCN1250_20200101164121bfd.jpg

マッハゴーは 右の車線に…

DSCN1252.jpg

米子東インターを過ぎたところで
左に 大きな温泉施設があった

沸くワク 天然温泉ラビスパ

ついつい淀江で降りてしまった

天然温泉と言っても単純泉

これという変化もない 淀江ゆめ温泉と言うのも近くにあるが
あとで調べたら…

普通の湯でした

DSCN1253_20200101164124490.jpg

ふたたび 続くところまで 無料区間を

DSCN1261_20200101164136855.jpg

そして 道の駅大栄

ここは道の駅と言うより


DSCN1254_20200101164126025.jpg

裏てにあるここが有名で

DSCN1255.jpg

顔を出せば コミックの裏表紙完成ですが
シャッターを押してくれる人が居ない

DSCN1256_20200101164129105.jpg

おっさんなので 少年団の中で写真もとれない

DSCN1258_20200101164132246.jpg

あがさ博士の 横に乗り込んでやろうと思ったが
ロックがされている
もっとも開いたところで アガサ博士が太いから
コナン体形でないと乗れそうもない


DSCN1259_20200101164133a98.jpg

じつはここ 数年前に来ているんだよなあ…

一人では 入場料がもったいなくて

DSCN1257_20200101164130543.jpg

こおまで来ても入る気になれなかった…


DSCN1260_20200101164135bed.jpg

では帰りますか

コナン君 バイバイ





境港駅前で 回転ずし

腹減った 腹減った

と言うことで 境港の駅にやってきました


DSCN1228_20200101163558680.jpg

港の前を通り

DSCN1233_202001011635597d0.jpg

境港駅舎です

私の好きな突き当りの駅

DSCN1235.jpg

郵便ポストに鬼太郎が乗り

DSCN1236_202001011636020bb.jpg

駅前広場では 原稿を書く水木しげるが…

DSCN1237.jpg

売店も 鬼太郎ですから


ではそろそろ開きますね

DSCN1239.jpg

ここの回転ずし

この地の魚が乗っているのが良い

皮目に金色の筋が イトヨリダイ

DSCN1240.jpg

ここまで来たら 宍道湖のしじみも


DSCN1241_20200101163608800.jpg

鳥取はズワイガニ水揚げ日本一ですから

カニづくし

旅館じゃ言えないから 回転ずしやで…

DSCN1242.jpg

つぶ貝

DSCN1243_20200101163611ef3.jpg

山盛りウニと言うんがあったので

DSCN1244.jpg

アオリイカ

DSCN1245.jpg

つぶ貝 分厚かったのでもう一度

DSCN1246.jpg

何と言ってもこの値段がありがたくて…

地の魚のある回転ずしは良いですね




プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR