FC2ブログ

道の駅 多可と 杉原紙の里

続いては 多可町の道の駅です

P1060017.jpg

まずここは 道の駅ではなかったけれど

屏風絵のような 石碑があり 何度か立ち寄った事があるところ


P1060018.jpg

店も増え

P1060019.jpg

たこ焼き屋も出来ている

だいたい古いナビでは出てこなくて
住所を入れてようやく着いたところ


P1060020.jpg

道の駅 山田錦発祥のまち多可

長い名前やなぁ…

それに ここの畑と言う訳でもあるまいに


P1060022.jpg

店内に入ればなおさら 

だれが書いたんだろう

P1060021.jpg

よく見ると

ここ 多可町の米を使っているだけで
兵庫県以外の蔵が多くありました

P1060023.jpg

それよりこの辺りで見かけるこれ
高野豆腐の小さい版と

高野豆腐の粉末

鵜の花みたいになるのだろうが
揚げ物の 衣としても使えるのだと

どうなるんだろう?


P1060024.jpg

食堂では 多可の米で作ったおむすび

山田錦で作ったうどん それは無駄遣いやろう そう思ったのは私だけかな?




P1060025.jpg

多可町にもう一つある 道の駅


P1060026.jpg

道の駅 杉原紙の里 たか

昔は R427 たかと言う名前だったのです

P1060027.jpg

ここの朝市と

P1060028.jpg

レストランシャルマンは 人気の店です

ワンコインランチもあります

P1060029.jpg

みせには 多可の山田錦を使った酒が並びます

満寿泉(ますいずみ)って 富山の蔵ですね

P1060031.jpg

まだ水の恋しい時期でしたが

P1060030.jpg

むかいの 杉原紙の館では

P1060032.jpg

紙漉き体験も出来るんです

一度挑戦して 色をつけすぎてしまったので
再びトライしてみたいのですが 時間が無い

P1060033.jpg

また こちらは和紙の博物館も ゆっくり来たいですね

P1060034.jpg


とりあえずこれだけ齧りながら
先に向かいましょう


スポンサーサイト



道の駅淡河と 神戸フルーツフラワーパーク大沢

道の駅 実は神戸市にもあった

道の駅って 田舎にあるものと思っていたけれど…

CIMG8866_20190824130858d3a.jpg


道の駅淡河  ここらは…

田舎です  神戸市と言っても 大きすぎるんだよね

今はトイレになっている 
この倍の広さの 道の駅だったような覚えが

CIMG8867.jpg

それが こんな近代的な道の駅に

デモ物産品販売のスーパーと

フードコートでした




DSC_0755 (2)

そしてもう一つが

道の駅「神戸フルーツ・フラワーパーク 大沢(おおぞう)」

DSC_0752 (2)

フルーツフラワーパーク

こんな感じのショップだけでなく

遊園地も

DSC_0753 (2)

大沢温泉の足湯もあります

DSC_0754 (2)

わたしは スタンプ集めだけですから こちらに

ずっと裏手には ホテルもあります

DSC_0756 (2)

詳しくはこの地図で

神戸市の道の駅もこれでクリアです





道の駅 東浦と あわじ

淡路島の 中央部を越えできました

ようやく東浦です 

淡路島には 道の駅が4つあり

南部に2か所

北部に二か所あります

CIMG8850.jpg

道の駅「東浦ターミナルパーク」が道の駅の名前

物産館はこの建物の名前です

昔はフェリー港もあったのですが
いまは 高速バスのターミナルになっています

CIMG8851_20190823083740c52.jpg

淡路市立 中浜稔 猫美術館

猫墨絵の第一人者・中浜稔画伯の美術館です

猫好き女子の多い今 何故大々的に取り上げられないかが不思議

墨絵だからでしょうか

土曜日 午後 安価で お弟子さんの墨絵教室が体験できます

CIMG8852.jpg

その横のあの建物が
淡路市立陶芸館

電動ろくろでの 陶芸体験もできます

優しい女性の先生に 癒されたことが……



でも今回なそんな暇はありません

CIMG8853_2019082308374394c.jpg

折角 淡路島に来たから

本当の名物だけは 買って帰りましょう


糖度の高いフルーツタマネギは高いのです


CIMG8869.jpg

ということで 普通の淡路島のタマネギと
ジャンボフルーツタマネギとを購入

ジャンボフルーツタマネギ一個と
袋入り淡路島のタマネギ ほぼ同じ金額でした



CIMG8854_201908230837449fa.jpg

もう一つの淡路島名物

吹き戻し

これで遊んでくれるにはまだ間があるから 却下です

CIMG8855.jpg

元花博をした 有名な花壇のあるところは走り抜けて


CIMG8859_20190823083926307.jpg

海岸線も無視して

CIMG8861.jpg

明石海峡大橋の淡路島側の たもとへ

ここが道の駅あわじです

ここだけはいつも混んでいるんですよねぇ

CIMG8862_20190823083928dd2.jpg

私の好きな この方言まだ 張ってありました

こいつはわしの ちんちんじゃぁ~

他所の土地では 危ない言葉になりますから 
特に最近では

セクハラとか
パワハラとか
壁ハラとか……

CIMG8863_2019082308393074f.jpg

こんな店もありました

ソフトクリームも 300円です

でも並んでたので…

CIMG8864_201908230839318a7.jpg

二階にある レストランも

階段の下まで 人が並んでました

CIMG8865_20190823083933837.jpg

ちょうど昼飯時

淡路島でのランチはあきらめて

本土に戻りましょう 
地元の人は 本土とは言いません 
神戸ですね


明石海峡だから 明石海峡大橋

反対側の付け根は 神戸市ですから


タコせんべいの里

淡路島に来たら 寄りたいところがある

和田山の 海鮮せんべい但馬と同じ タコせんべいの里です


CIMG8841.jpg

観光バスの来るココ

朝食の 生シラス丼が物足りなかったから…

CIMG8842_201908230834111aa.jpg

こんな種類のあるせんべいを

一つ一つ 食べ歩きます

いいえ試食です

CIMG8843.jpg

チリ味はピリ辛
ゴマ小花が好き

CIMG8844.jpg

かりんとう味の分厚い奴も

CIMG8845_20190823083415b39.jpg

無料のコーヒーサービスはあるけれど

格安ソフトクリームのサービスはない

160円のソフトクリームは 
海鮮せんべい但馬だけだったんだ…残念

CIMG8846.jpg

いつもおみやげに買うのはこれ
一杯入っている奴

ビールのあてに良いんだよね


CIMG8848_2019082308341865a.jpg

東海岸を上がると

迷物の 観音さんが見えてくる

CIMG8849_20190823083420329.jpg

海を見つめる 持ち主のいなくなった 観音さん

あちこちに 痛みが出てきたが 直す人もいない

やがて倒れたらどうするんだろう…

詳しくはこちらで




福良港 兵庫県道の駅スタンプラリー

道の駅うずしおともうひとつ

淡路島南部には 福良の港にも道の駅があります


CIMG8826_2019082211362959d.jpg

うずしお観潮船 日本丸と 咸臨丸

CIMG8827.jpg

乗船料 大人2000円です

第一便が 11時半

まだ 9時32分ですから 乗船待ちの人もいませんでした

CIMG8828_20190822113645346.jpg

表には うずの湯と言う 足湯もあるのですが

そこも10時から

CIMG8831_201908221136473ac.jpg

向いにある建物が

淡路人形座

人形浄瑠璃をやってます

CIMG8833_20190822113655876.jpg

でもここも 10時から
今入場料金が 1500円
10月からは 1800円です

CIMG8832_20190822113657128.jpg

港の前の駐車場に面した店が並んでいます

はしっこのこの店に入ろうとしたら一杯で

CIMG8839_2019082211365868e.jpg

真中にある食堂には 誰もいなかった

すいているがこの店に入って見ようか

CIMG8835_20190822113655e0b.jpg

メニュー見ながら何を食べようか

旅に出た 朝食です


CIMG8836.jpg

ご飯が欲しいし
丼にしようかな

ならば 生シラス丼 800円を

CIMG8838_20190822113657fcc.jpg

釜揚げシラスばっかりやん

CIMG8837.jpg

真中のが 漬けにした シラスでした

もう大きくなっていて 今年の生シラスは終わりなんですね



海鮮丼の上 2000円か
由良のうに丼  2500円喰ってみたいけれど

盛りが悪いと落ち込みそうなので…

今度誰かが食べているの 見に来ようかな…。


スタンプゲットしたし 北に向かいましょう

高速代ケチって 
淡路島一周 地道の旅です

とうとう淡路島に 兵庫県道の駅巡り 4回目

ふとした思いから始めた 
地元兵庫県の 道の駅スタンプラリーですが
35か所回るのには骨が折れます
今回で 三回目の散策
今回は淡路島から始めましょう

CIMG8802_201908221057206d5.jpg

明石海峡大橋を渡ります

最近この橋を渡るのは、うどんツアーばかりなので

なんか 新しい気持ちが


CIMG8803.jpg


昔はデートにも来たのになぁ…

CIMG8804_20190822105725c94.jpg

今日は少しもやがかかってます

CIMG8805_20190822105726c22.jpg

こちら側の 一番左に見えるのが 松帆の湯

見えるところが 露天風呂

超高級カメラで見たら 人影が見えるかも

でも まだ開店時間になってませんけれどね

CIMG8806_20190822105728f00.jpg

淡路サービスエリアの 観覧車が見えてきました

今日は一人だし

ここで 降りて 地道を走りましょう

CIMG8809_20190822105820573.jpg

この山を越えると

キティちゃんの 博物館?

そんなのが出来ているらしい

詳しくはここをクリック ハローキティースマイル

CIMG8810.jpg

淡路島の 西側に出たが

ミナミに来過ぎていた

わざわざ戻っても 開館時間にはまだまだ時間があるし

あきらめましょう


CIMG8811_20190822105824ef0.jpg

ゆっくりと 左右を眺めながら 島の西側の道を南下しています


CIMG8812_201908221058260b5.jpg

たまに 地元民の軽がのんびり走ると

写真タイムに早変わりです

CIMG8813_201908221058275f0.jpg

何だこの天守閣は?

CIMG8817_2019082210591704b.jpg

ようやく南の端にやってきました

島だけで80キロぐらい走ったかな

向こうに 大鳴門橋が見えてきました


CIMG8818.jpg

この先が駐車場


CIMG8819_20190822105921992.jpg

道の駅うずしおです



CIMG8821_20190822110000feb.jpg


ここの一押しメニュー

赤い牛カツ丼と 白い海鮮丼

白い魚魚カツ膳  赤い炙り肉丼 と言うのもありましたが

CIMG8822_2019082211000209a.jpg

まだレストラン自体開いていませんでした

窓の外は 大鳴門橋が迫っています


CIMG8823.jpg

ぐるっと回ると 土台まで行けたのですが

今はテロ対策の方が 必要なのかな?

CIMG8824_20190822110006731.jpg

鳴門の渦潮

この時間はまだ巻いていませんでした






京都へ

毎年この時期 京都松尾大社の『とりよね』で行われる

お座敷体験

今年も一回目行って来ました

P1060119.jpg

松尾大社の鳥居の見える 庭の有るとjころ

P1060120.jpg

時間になると二階の 宴会場へ


P1060121.jpg

この日の先づけ

琵琶湖のホンモロコは久しぶり

この鯖寿司が 高いんだよね

P1060122.jpg

この日のお品書き
毎回変わるので 次が楽しみです

P1060124.jpg

土瓶蒸し

出汁をすすったら


P1060125.jpg

こんなに入ってました


P1060126.jpg

鱧とカツオ


P1060127.jpg

この鱧の骨切り これが味を作ります

やっぱりきれいな鱧は味が違うね


P1060128.jpg

京野菜の煮物


P1060191.jpg

そろそろ キレイどころの登場です


P1060131.jpg


小扇ちゃん

宮川町の若手の世代のトップですね


P1060142.jpg

舞妓の 小晶ちゃん

私の事 覚えてました  

P1060145.jpg

目元の色っぽい美人さんですが…

たしかまだ 16だったよね

P1060148.jpg

さてそろそろゲームの開始です


P1060150.jpg

ゲームに負けたら 一気の時間

あら 兄さんねぇさんは お強い♪


P1060161.jpg

トラトラの 解説中

こうして遊ぶんですよって
その後皆出てきて頑張ってました


P1060178.jpg

今回少なかったので

席をまわってます

お兄さんや うち覚えてはります

君みたいな美人忘れるわけないやろう
でも最近痴呆が入ってきてなぁ…


P1060184.jpg

小晶ちゃんや 忘れる訳ないやろう

お兄さんお注ぎしますと


P1060152.jpg

まだ料理も続きます


P1060187.jpg

松茸ご飯と 鶏スープ


P1060188.jpg

辻利の抹茶アイスと

ぜんざい



そんな感じで帰ってきました

次回は 21日(土) 壁ぎわツアーで向かいます

まだ 枠有りますよ その気になった方 いかがですか?

京都 松尾大社前 料亭とりよね お座敷体験


ホテルのフレンチ

 大阪駅直結のホテルの高い所で

バイト先のパーティーがあった

繁盛しているところは うらやましいですねぇ


P1060084.jpg

フレンチのレストランでも

フリードリンクなんてあるんだ

これは嬉しいかも…

P1060085.jpg

でも いきなり躓いた

他の種類のビールは? と聞くと

フリードリンクのメニューにはございませんと

P1060086.jpg

前菜 二人分

P1060087.jpg

皿のふちに料理が乗ってます


P1060088.jpg

真中は レンゲにタルタルソースが

これがおしゃれなんだ…  たぶん


P1060089.jpg

ビールが私の口に合わないから

ワインをもらいます

P1060090.jpg

どんなワイン 聞いたら 見せてくれました


P1060091.jpg

何か出てきました

ウェイターさん 年は食っているが

ここは手伝いに来ているのか 料理の名前も中身も知りません

聞いても答えてくれません

P1060092.jpg

皮を焼いたような でんぷん質の 上を外すと

ホタテ貝の グリルでした

P1060097.jpg

パンとバターが出てきて


P1060098.jpg

その後にスープが

なんで?  聞いても答えてもらえませんでした

P1060099.jpg

その後出てきた この料理

今回は向かいに座っていた

某病院の院長先生が これは何ですか?

ハイ魚料理です

誰が見てもわかるわい!

この先生、二度とここに来ないだろうなぁ…

P1060100.jpg

黒服の 一番上司のような人に告げ口したら

ヘダイでございますと 慌てて 説明しに来ていた


P1060102.jpg

肉料理でございます

それはわかったから

20人以上の パーティなのに なぜメニューが無いの??

P1060103.jpg

この豚肉 何か言われがあるの?

そうきくと またまた黒服が飛んできて

フランスの 何とかポークで 空輸しておりますと

いいえ そんなことじゃなくて…転

P1060104.jpg

グリンピースのご神体

崎陽軒のシュウマイでさえ グリンピースは隠してしまったのに…

P1060105.jpg

何か褒めようとして

このナイフよく切れますね…と

P1060106.jpg

そしてデザート

大きなお皿に 少し載せるのがおしゃれなんですね

ふちにだったり 真中にだったり

P1060107.jpg

こうすれば何かわかるよね


P1060108.jpg

そしてこれが出て

P1060109.jpg

コーヒーでおしまいです

久しぶりのフレンチ

………

 だったよね





流れ寿司で 夏の名残

石橋で時々食べに行く寿司屋があります

音羽チェーンの本部 もともとは 

料亭だったところが半分 寿司屋になりました



P1060068.jpg

廻るすしではなく コンベアで流れる寿司

人の前を 流れてくるのではなく

専用通路を流れてきます


P1060067.jpg

テーブル席では タッチパットで 注文します

カウンターでは職人さんに 直接注文できますが

P1060066.jpg


しかし今日はどうしたんや

ミナミマグロが品切れと


P1060071.jpg

お得メニューの

盛り合わせを

お寿司はこうして出てきます

P1060072.jpg

これが盛り合わせ


P1060073.jpg

これは握りのセット

もう少し欲しいので

P1060074.jpg

貝三昧

P1060075.jpg

アワビだけ注文するより罪悪感が無いから


P1060078.jpg

夏の名残

アユの握りがありました

P1060079.jpg

半身使って

骨と頭は 素揚げにしてありました

P1060069.jpg

山の神は イカ三昧と


P1060080.jpg


鉱物のこれを註文して満足そう



P1060070.jpg


こんなのまであるんだ

入っていきなり これ頼んだら……
一時間おしゃべりしてこれだけで出たら

悪い心がむずむずと 
わいてきそうな壁ぎわでした


シュガーバターサンドの木

壁ぎわは 酒呑みです

わざわざ 書くこともないのですが 

でもたまに甘いものを食べてることもあります


DSC_0761 (2)

東京土産をいただきました

DSC_0762 (2)

シュガーバターサンドの木

最初名前を見た時には なんだこれと思ったのですが…

そのうえカロリー高そうと

でも なかなか旨いやん

ラスク結構好きなんですが 似たような口当たり

DSC_0002_BURST20190821124427440 (2)

これは初めて見ました

ベリーズショコラ

ベリーがいろいろ入っているんです

ほう面白いね


DSC_0760 (2)


そして新製品

最近はやりの チーズケーキショコラ

いいえ ミルキーチーズショコラ



DSC_0759 (2)

チーズケーキの香りのする ホワイトチョコが挟んである

中々美味しいやん

ただ 4枚しか入ってないよ

DSC_0001_BURST20190820201450366.jpg


よく見ると

これは埼玉県横川で作っているんですね

久しぶりに話になるお土産のお菓子

ありがとう  美味しかったよ



プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR