FC2ブログ

山崎蒸留所へ 夏の合宿③

続いて JR長岡京から 一駅戻って
山崎にやってきました

目指すは山崎蒸留所です
サントリーのホームページには
工場見学は飲酒過多になる恐れがありますので
ご遠慮くださいと言うようなことが書いてありますが

それは個人責任で
迷惑かけたなら 警察へどうぞと言うのが
われわれの思いですから


CIMG6625.jpg

山崎蒸留所へ それに
ウイスキー館の見学だけで 試飲は個人個人で有料ですから

CIMG6627.jpg

ここがウイスキー館

ここへの入場も今は予約が必要になりました

CIMG6628.jpg

懐かしい 世間をにぎわした
赤玉ポートワインのポスター


CIMG6629.jpg

懐かしい

そう思った方は間違いです


これはサントリーホワイトではありません

サントリー 白札 です

だからホワイトの文字はありません

CIMG6631.jpg

トリスウイスキー

この辺りも飲んだことないなぁ…

CIMG6632.jpg

この辺りでようやく最近の物が 
でも ビンテージがすごいので飲めない酒ですね

CIMG6633.jpg

そして楽しみの 有料試飲カウンター

去年は 台風で休館

一昨年は 古酒不足で 山崎25年が無かったところです

CIMG6635.jpg

まずこのペアをいただきましょう

原価で呑めるここでないと

我々貧乏人の口には入りません


山崎の25年 原価一本13万強です

CIMG6637.jpg

10年前 シェリー樽を使って 色が濃かった18年
そのもっと熟成すると美味しくなるだろう物が 
ようやく日の目を見たんですね

よくご存じで
あの頃の18年の物より なお香りが深くなっているんですよと


こんなウイスキー談義も良いですね

CIMG6638.jpg

チェイサーといただいて

ゆっくりと味見を


高価だから、 

鼻で味わって 唇で味わって 舌で味わって 喉で味わう

そう貧乏人ですから

CIMG6642.jpg

今回のツアー責任者として
ライオンさんの様子も見ながら…

酒が覚めるやんけ!

CIMG6643.jpg

このあたりなら 普段ちょっと背伸びしたら飲める酒も

CIMG6644.jpg
CIMG6645.jpg

そして ここでしか飲めない不味い酒
ニューポットと言って

樽詰めする前の ポットスチルから出て来たアルコールです

CIMG6647.jpg

これをいただいて…

ニューポット ビックリするほどまずかった

と言うか飲み干せないアルコールでした

CIMG6649.jpg

その後

ちょっと時間の余裕が有ったので

会社のビールは嫌いなのですが

CIMG6650.jpg

モネの睡蓮の見ることが出来る場所に

大きな油絵は その絵の具の厚みを見るのも面白い物
一番の所は幾重にも幾重にも塗り重ねられた厚みが出ています

モネの睡蓮 どの花に一番気分を引かれたか

それを確かめたくて 絵の具の厚さを見ようと
はすかいに見ていたら


係りのおばちゃんが来て

絵に触れないでください」と


少しムカッとして

どの睡蓮が一番書きたかったか 
その絵の具の厚さを見ているのです
触ったりするわけないでしょう

申し訳ありませんでしたと引いたが
あのおばさん 私を侮辱しましね

〇〇人にでも見えたのでしょうか
それとも彼と一緒に入って来たからかな?





スポンサーサイト

能勢温泉 北摂ドライブ

国道173号線を北に上って行ったのだが

とうとう通行止めの場所まで来た

ちょうど右手に 能勢温泉の看板のあるところだ


CIMG6146.jpg

細い道を入っていくと 看板があった


CIMG6147.jpg

そして上ると  赤鬼が迎えてくれた


CIMG6148.jpg

ホテル 能勢温泉

昼間はランチバイキングと温泉で
バスの送迎もあり

マイカーでの来場者も多いようだ
(年齢層は高いが…)

CIMG6152.jpg


フロントの向かい側の 自動販売機で券を買い

温泉利用者は スリッパに履き替えて

土産物屋のおばさんに券を渡す


フロントは相手してくれない…


CIMG6153.jpg

バイキング以外でもこんな食事もある

でも ここは きっと1800円からなんだ
と思い 食事をあきらめる

一人でバイキングは 湯快リゾートに泊まった時だけで十分だから


CIMG6149.jpg

さすが温泉  温泉饅頭やなぁ…
そう思ったら 薯蕷饅頭と書いてあった
高級品なんや

CIMG6150.jpg

売店のおばちゃんに 入浴券を渡して


CIMG6151.jpg

その奥の 浴場に向かいます

……………

……………

思ったよりも狭い浴場

室内には 畳にして 4畳半と8畳ぐらいの浴槽と

6畳ぐらいの露天風呂

洗い場は10ほど

普段行くスーパー銭湯の 三分の一ぐらいの広さだ


そして

日本語を話す 親子連れ二組と 爺さんと三世代の組

狭い浴槽でバタ足して 湯がかかる
親が止めても言う事を聞かないガキたち

そして…
露天のほうでは 四人のおっさんが
湯がぬるいので 長時間浸かって
わからない会話をしている
その家族であろう 数人の
ミャーミャー語の 子供達はもっと放し飼いだ


あかん

怒鳴りつけてやろうとも思ったが

対象相手が多すぎる

ここの温泉がその流儀なら 黙って引きましょうか

15分 800円はもったいなかった…


CIMG6154.jpg

ここの 案内を眺めていると
奥にはテント村があり

キャンプファイアー場もあるみたいだ


CIMG6155.jpg

そして金のある人は

露天風呂付きの離れがありますと…



こんな所が良いですね

金があって、相手がいれば……

妄想に入っていく壁ぎわでした






続きを読む

一庫ダムと 道の駅 能勢栗の郷

大阪府と兵庫県の境を

北に上がっています。


CIMG6127.jpg

この辺りから大阪府に入ったかな?


CIMG6128.jpg

一庫ダムが見えてきました


CIMG6129.jpg

どうせ行くあてのないドライブ


CIMG6130.jpg


ダムまで行って見ましょう

でも 結局誰も居ませんでした

CIMG6131.jpg

周囲の観光マップ


CIMG6132.jpg

それより この長い滑り台が
子供受けしたことも有るんだろうなぁ…


CIMG6134.jpg

しかしここらの道の
交差する高低差がすごい


CIMG6135.jpg


合流するのに この坂を上がらなければならない

CIMG6136.jpg

その途中になっちゃん禁止の看板が有ったり

今日はマッハゴーだからいいけれどね


CIMG6137.jpg


ではまだ北に

ダム湖の 一庫湖を右手に見ながら
行き止まりになっていると言う
国道173号線を北に向かいます

CIMG6138.jpg

途中道の駅でトイレ休憩


CIMG6139.jpg


ここが道の駅 能勢 栗の郷です

CIMG6140.jpg

これがシンボルマーク

でも 大きいだけで 手も足も出ませんね

CIMG6142.jpg

道の駅の食堂

大きな栗の左側のガラスの中

入りたいが一杯でした

CIMG6141.jpg

とりあえずメニューだけでも

気に入ったのが有れば待ってでも食べたかったのですが…


ちょっと高すぎでないかい❓


CIMG6144.jpg


さすが栗の郷だけあって 
栗を使った製品が色々と


中にはこの道の駅限定の物も有ったが
この時期にクリはねぇ… と却下


では次に向かいますか







練り天仕入れて 八尾南へ  酒の会の日①

なんとなく 久しぶりに大阪に出た

いや 大阪に出ることはよくあるのだが
目的地が大阪と言うのが久しぶりだ

CIMG5563.jpg

ひさしぶりに 天ぷら買いに行こう

宝塚線から東西線に
海老江(野田阪神)で降りて
新橋筋商店街です

CIMG5564.jpg

その中央あたりにあるこの店
湯浅野田蒲鉾店

CIMG5565.jpg

ただ来るのが少し早かったか

奥ではおやっさんが 練天を揚げてました

CIMG5617.jpg

買って帰ったのは
豆天、コーン天、ネギ天

これだけでも満足です

CIMG5566.jpg

しかしこのあたり
昔のプレイランドのビル

昔は大きなビルだったんだろうなぁ…

CIMG5568.jpg

でも今は

葬祭会館のほうが大きいぞ

これも需要なのか??


では地下鉄で 目的地へ向かいましょう


CIMG5569.jpg

谷町九丁目で乗り換えて
八尾南まで 約40分

CIMG5570.jpg

谷町線の終点 八尾南です

地下鉄の終点は陸上だった

突き当りの駅って好きなんです

時間もあるし 
ほかの人とは反対方向に歩き

写真を撮っていると
駅員にチェックされていたようだ

CIMG5571.jpg

それに横には こんなに地下鉄が並んでいます
操作場もすぐそばにありました


CIMG5572.jpg


50分ほど待ち合わせより早く着いたので
駅前の居酒屋で フライングの一杯飲みしようとしたら

辺りにほとんど何もない

唯一の居酒屋は 5時からだ

仕方がないから 駅の売店で 水分補給を
ビールでは水分補給にはならないけれど
これからの酒の会 誘い水です

さて 酒の会楽しみです
つづく



続きを読む

神津神社  大阪 ②

十三の隣駅 南方
ここも安い店の多いところ

十三の商店街を抜けて 歩いてみますか

CIMG3465.jpg

十三の東の商店街を抜けたところに神社がありました

神津神社です

CIMG3466.jpg

手水場

CIMG3467.jpg

街なかですね

しかし風情が…
せめて 人が近づくと水が出るとか…

手を伸ばすと水が出るとか…

CIMG3468.jpg

十三戎神社も中にあり
十三の戎さんとして地域の人には慕われているそうです
なんたって飲み屋の多い街ですから

また 十三にちなんで13日には 市が出るそうです

CIMG3469.jpg

赤ん坊を抱いた宮参りの人が

CIMG3470.jpg

こちらは 脇社の 稲荷さんと六所さん

CIMG3471.jpg

旧名の村の 忠魂碑だって


CIMG3472_LI (2)

南方に向かう途中に見つけた
都会人の哀愁

マンションの自転車置き場や
バイク置き場が
有料ぐらいはよく聞くが

月ぎめ駐車場に
バイクのスペースがあるなんて…

ひと月いくらなんだろう…


CIMG3473.jpg

南方に着いたのはいいのだが

店は多くとも昼酒sできそうなところが見当たらず

地下鉄で移動することに
日曜日なので

エンジョイエコカードを
600円で(平日は800円)
地下鉄や市バス 3回乗ればお得ですからね
ではミナミに向かいましょう




なぜか南に泉大津パーキングエリア  牡蠣を食べに行くはずが①

毎年 一月二月限定の牡蠣ツアー
私は1月2日にも行ってきたけれど
それでも皆で行くのは楽しいものです

ところが 7人になっていたメンバーが
用事やインフルエンザで直前キャンセルで
三人になってしまった

なら気分を変えて 雪の心配のない 南に走ることに
ただ 春節という しなしなのメンツの影響で
観光地の物価高に

西成のドヤのホテル
普段3,000円弱のところが 12000円だって

なら 神戸から離れた所だといいよね


CIMG3119.jpg

阪神高速を南に
これは海遊館の横の観覧車

CIMG3120.jpg

ここから先は南港だ

CIMG3121.jpg

たまたま今回初参加の人が
泉大津パーキングエリアを知らないと

CIMG3122.jpg

それは見せなければ申し訳が立たない
岡山の友人は ここで夜を過ごす=宿泊施設に使う
そこまで言わせた施設です

CIMG3126.jpg


夜中にいたら追い出されます
このそふぁー 安眠できそうですが

CIMG3123.jpg


この日は 隼を愛する会の人が
隼がいるんだって

ファルコン~


CIMG3124.jpg

いつ来てもいい眺めと

CIMG3125.jpg

デートに素晴らしいソファーが
でも変なことするなよ

きっとカメラが回っているぞ




CIMG3129.jpg


泉佐野で降りて
アウトレットを通り過ぎ

岬町から 和歌山に

こんなところまで来ました

ここから先は和歌山県です

旅が続きます




梅田でレゴ見学

旅の前 今回はいろいろと買い物も増えてます

5月に初めて会った時に 色々とお土産貰ったので

今回二度目に会うから、お土産買っておかねば

長女のムコの親 フロリダ在住のアメリカ人

扇子と風呂敷ぐらいでどうかなと

ひさしぶりに梅田でウインドショッピングです

CIMG1685.jpg

その途中 三番街の北館一階

レゴの模型が飾ってました

CIMG1686.jpg

解説

CIMG1691.jpg

これは すごい 京阪神です

CIMG1687.jpg

京都は清水周辺

CIMG1688.jpg

大阪は梅田

CIMG1689.jpg


ミナト神戸

CIMG1690.jpg

上手く作ってますね

CIMG1692.jpg

阪急梅田駅

CIMG1693.jpg

人と電車が…


CIMG1694.jpg

声援が聞こえてくる?


CIMG1697.jpg

そうこれは


CIMG1696.jpg

甲子園でした


CIMG1698.jpg

たことイセエビ


CIMG1699.jpg

かめも


CIMG1700.jpg

これは色的に 膨れて無いハリセンボンかな?

たまに街に出ると面白い物に出くわしますね








続きを読む

マッハGO 暗峠に……壁ぎわツアー⑦

今回友人がどうしても走ってみたいと言っていた

酷道308号線 暗峠 行ってきました


P1030137.jpg

麓は普通の道にみえるのですが


P1030138.jpg

どちらかというと ハイキングコース
しかも中級以上の…


P1030139.jpg

道は狭いし 急カーブと勾配がきつい

上から降りてくる車をよけると

車輪が空回りで 登れなくなるところもありました

さすが日本一と言われる酷道


P1030141.jpg

なんとかかんとか 峠の茶屋に

P1030140.jpg

色々ありますが疲労困憊です



P1030142.jpg

奈良側の道は少し広い


P1030143.jpg

整備されているなと思ったら


P1030144.jpg

バス停もあった


P1030145.jpg

こんな景色を眺めながらと思ったら

ど真ん中の標識が…

また狭くなるぞと


P1030146.jpg


休んでいきたかったが

時間もなく先を急ぐ 壁ぎわでした





石切神社  壁ぎわツアー⑤

大阪東部 生駒山のふもとにある石切神社です

子供のころ 
よくここから生駒山山上への
ハイキングコースを歩いてました

でんぼの神様と 地元では言われています


P1030121.jpg

大門


P1030122.jpg

参道

P1030123.jpg

鳥居には


P1030124.jpg

社号の「石切劔箭(いしきりつるぎや)」と書いています

御祭神の御神威が強固な岩をも切り裂き、貫き通すほど偉大な様をあらわしています。


P1030125.jpg

本殿


P1030126.jpg

小さな池の中の社
昔は石亀だらけだったのに


P1030127.jpg

神馬の像

昔ここの白い神馬にエサをあげたことを思い出します


P1030128.jpg

お詣りを済ませ


P1030129.jpg

となりの 授与所でお守りを購入して


P1030130.jpg

脇社をお詣り


P1030131.jpg

こちらも

P1030132.jpg

そして この商店街


P1030133.jpg

幟はちょっと多過ぎますが


P1030134.jpg

昔ながらの 参道の商店街


P1030135.jpg

これも日本の原風景なんですね


P1030136.jpg


昔は欲しかったせんべいたち
今は懐かしさばかりです








目覚め マッハGOは南に 秋の合宿⑧

嵐の中 大阪のホテルに帰り

嵐を子守唄に 眠りました


CIMG1329.jpg

目覚めたのが 4時

家までマッハGOを取りに帰って

戻ってきました  

JRは6時からだが 
阪急は5時前から動いているのがすごいですね


CIMG1331.jpg

家に一度戻ったのに

東横インの無料朝食食べてます


CIMG1332.jpg

わざわざ タイムズ有料駐車場に車を止めてまで

朝食を食べてます


CIMG1333.jpg

チェックアウトを済ませて


CIMG1334.jpg

嵐の夜を過ごしたところに礼を言って

南に向かいましょう


CIMG1335.jpg

阪神高速湾岸線をを南に

嵐の翌日の為に 空気がきれい

だから 泉大津パーキングエリアに上ってみましょう

海側のこのタワーの最上階の展望室に


CIMG1336.jpg

泉大津港


CIMG1337.jpg

六甲山もきれいに見える


CIMG1339.jpg


こちらは関空方向

CIMG1340.jpg

恒例?の レストランのメニューチェックを


CIMG1341.jpg

これ朝から喰えたらいいのになぁ

でも 無料朝食食べてきたところ


CIMG1342.jpg

それに朝はこっちですね


CIMG1343_20170921081341dfb.jpg

お土産物屋で見つけた 山陰銘菓によく似た

京小餅

東海にある 信玄餅にも似ているとか


CIMG1344.jpg


まだまだ南に向かいます
今日のランチは宮殿です

まだ向こうに 関空橋と関空島が見えてます

今日は快晴 マッハGO ドライブ日和です








プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR