FC2ブログ

再び りんくうタウンへ

関空の展望ホールから プレミアムアウトレットまで
バスが走っていると。
プレミアムアウトレットって 車を停めたシークルのすぐそばですから。

関空橋の上のラインを走るから 見晴らしが良い

しかも 200円 電車は370円だから これは絶対バスだね


CIMG8893.jpg

一時間に 二本
もうすぐ来るぞ 並んでおこう

ところが……

来たバスは 関空第一ターミナルの12番バス乗り場から ここを経由するバス
関空橋は自動車専用道路 席について シートベルトが必要です

満員ですから乗れません

運転手はそれだけ言って通り過ぎる

増発便などない 乗れずに取り残される
そんなん有りかい!

CIMG8894.jpg

関空のターミナルへ行く 無料バスで 戻ることに

先までの 静かさが嘘のよう
喧噪の中に これがありました

人ごみの隙を見つけて 写真を

ここで写真を撮る 外国人のなんと多いことだろう
さすがポケモン ゲームが問題を巻き起こしたほどの人気がわかるね


CIMG8895.jpg

これもポケモンだね

CIMG8896.jpg

なんでこんなにと思ったら
ポケモンショップがあったんだ

CIMG8897.jpg

空港の 飲食店街の写真

高いね…

CIMG8901.jpg

しかたなく 再び電車で 関空橋を渡り シークルへ

CIMG8902.jpg

朝見た駅ビルのホールで コンサートやっていました


CIMG8903.jpg

わたしは この観覧車の向こう側

CIMG8909.jpg


りんくうの湯で入浴です

CIMG8910.jpg

中では 写真を撮れないので
パンフレットを紹介します

CIMG8919.jpg

これが最後のりんくうの湯の写真

そう思ったのですが

腹がへっては 戦が出来ぬ

レストランの中は良いよね

CIMG8904.jpg

ここの売りは贅沢アイス

CIMG8908.jpg

食べ物は赤鍋

CIMG8905.jpg

これは車だから
瓶も生も アサヒで良かった


CIMG8906.jpg

ただし カツ丼部部長 これはあるよ

CIMG8913.jpg

わたしは カツカレーに

CIMG8914.jpg

プラス海老フライのトッピングを

CIMG8915.jpg

しっかり太い海老
さすが一本400円

もっとも ジャンボ海老フライで 2000円近く取るところもあるもんね

CIMG8916.jpg

カツカレーも 子供が食べられる辛さ

だから 唐辛子を振りかけて混ぜるとうまいやん

満腹になってから 入浴 

ここは ピンクの岩塩を溶かし込んだ風呂

天然温泉だったら 入浴税を取られるので
風呂のオーナーが変えたんだと

その割に肌に優しい湯でした 満足です


しっかり りんくうを楽しみました






スポンサーサイト

関空内バスツアー  関空で遊ぼう⑥

展望ホールに行ったもう一つの目的は

関西空港内のバスツアー


CIMG8863.jpg

ここで申し込みます
所要時間 一時間ほど 料金500円のバスツアーです

11時からチケットを販売します


CIMG8864.jpg

予約は ネットからでも出来ます

裏側探検と言う文句が良いですね

CIMG8865.jpg

関空の普段は入れない所に
と言っても ほとんどバスの中からの見学ですが

だから歩かなくて済む…

CIMG8866.jpg

土日祝だけの 個人申し込みのガイド付きバスツアー
日に3便だけです

団体さんには別便があります

P1050500.jpg

ではよろしくお願いします

P1050501.jpg

関空見学バスツアーで渡されるマップ

P1050502.jpg

ここを出発して

途中航空管制地区のゲートをくぐり

P1050504.jpg

貨物機のターミナル近くへ
こっちって 第二ターミナルだよね

P1050506.jpg

滑走路近くの展望所へ

風が強くまだ寒い

P1050507.jpg

それでも飛行機好きにはたまらない

P1050508.jpg

着陸風景を
この様子だけなら 伊丹空港の横の公園でも見れるが
国内線のみになって
JALとANAだけだから

この飛行機は キャセイパシュフィック
中国だね

P1050512.jpg

この赤いツバメは
中国東方航空

コチラは東南アジアばかりか…

P1050515.jpg

こいつは アメリカだ…
FEDEX

貨物機だから 窓が無い
それに 最後のEとXが色が変わっていてよく見ると
右への矢印になってる

こんな所の解説が嬉しいよね

P1050522.jpg

続いてこの建物は 機内食工場
水曜日のみ 団体さんで ここの見学ができると言う
しかも機内食の食事付きで 一人4500円だと

われわれは 外側のみ
二階が機内食の搬出口
foodローダーと言うコンテナが上がり下がりする車で運びます
飛行機の扉の位置って結構高いですからね

帰って来たごみは 一階に取り入れるんだって


P1050524.jpg

これは 飛行機用の燃料タンク
灯油とほぼ同じだけれど 水分だけはほぼ取り切っているんだと

かなりの上空で 水分が凍ると 命とりだもんね


P1050532.jpg


空港の道は 交叉点をなるべく作らないようにしている
だから 出発ロビー前はこんなに高い所を

P1050537.jpg

そこから空港警察を見おろして

P1050526.jpg

ふたたび 飛行機を

尾翼のマークのみ読み方覚えたから



P1050533.jpg

一番向うのだけは 皆が知っていました


P1050534.jpg

ターミナル間は これで運んでくれます

そう言えばハワイに行った時乗ったなァ


P1050535.jpg

そして これが管制塔
空港島の中で一番高い所なんだって
 

P1050541.jpg

こんな感じで

P1050542.jpg


バスの中から

飛行機を堪能した 一時間でした





展望ホールのスカイミュージアム    関空で遊ぼう⑤

今回 展望ホールのメインは
スカイミュージアムでした


CIMG8868.jpg

この階です
ここが一番の見どころです

CIMG8871.jpg

空港の見える画面と パソコンで 
空港の仕事が体験できます

CIMG8873.jpg

そして特に人気は

CIMG8875.jpg

コックピットに入って

操縦体験です

家族も撮影に必死になってました


CIMG8879.jpg

映像の世界で

世界の航空機を見せるシアターも


CIMG8880.jpg

ちょっと気になることも

これレドームといって レーダーのカバーです

金属だと レーダー波が散乱して 困るし
弱いものだと 鳥が当たって破損するから
特殊な樹脂なのですと……なるほど


CIMG8876.jpg

関空の駐機場の模型

CIMG8885.jpg

やっぱりこちら側から
ガラスの無い方が良いよね

CIMG8886.jpg

でもこんなのみていると

プラレールみたいに

手に取って見たくなる

CIMG8881.jpg

手に取ってと言えば

この模型も手に取って見たかったなぁ



CIMG8887.jpg

音の体験室

飛行機の音を 同じレベルで…

CIMG8888.jpg

飛行機のクイズ


CIMG8882.jpg

プロペラからジェットへ

CIMG8883.jpg

そして これを見ていると 離着陸を見るのが結構楽しい

垂直尾翼のマークで 何処の飛行機化が判ります



CIMG8884.jpg

関空にはこんなに多くの航空会社が来てるんだ


このあと バスツアーで   

実際に 着陸するのが どこの飛行機か なんて楽しかった…


明日はそのバスツアーの記事です







展望ホールで 関空で遊ぼう④

バスが到着したのはここ
関西空港 展望ホール

CIMG8840.jpg

関空展望ホール スカイビューです

よく考えれば 観光バスも来るし
自家用車の駐車場もある観光施設です

その上入場無料と言うと 安い外国のツアーバスが来る様になるんだろうなぁ…

日本人の観光客は少なかった
わざわざ金を払って橋を渡って
飛行機に乗らずに 見るだけの客は
私を含めて 暇人だけなんですね

CIMG8842.jpg

ここは記念写真を撮るところ

観光地化されてないので 
専属のカメラマンはいませんでした
勝手に人の顔写して 高く売りつける奴の事です

CIMG8845.jpg

二階は環境ブース
ほぼ人は素通りです
ここだけの環境への取り組みの姿勢が書いてありました

ごみの焼却施設から 煙が出ない

関空は 閉鎖されたところで 下水処理もここでやっているとか


人口島なので 緑は全部植樹で しかも実のなる木は
鳥が集まるといけないので 植えられていないとか


CIMG8849.jpg

その上の階は レストランのあるところ

その名も コンコルド  
あの超音速旅客機の名がつけられていました

まだ閉まってましたが…

CIMG8847.jpg

メニューをチェックです

CIMG8848.jpg

これが人気の機内食セット
そうか 最近あたらないなぁ…そう思ってたのですが

ドリンク入れて 2000円か…

そこでもためらっていたのですが
こんな誘いが気が有りました
写真はありませんが


ビジネス・ファーストクラスの機内食をお召し上がりながら
贅沢な旅行気分を味わってみてはいかがでしょうか。

ビジネスクラスフルコース…6,200円
ビジネスクラストレイセット…3,900円
ファーストクラス機内食…10,300円
3日前までにご予約ください。


う~ん

まあ 閉まっているレストランの前で
長居しているのは変だ 上に行きましょう


CIMG8851.jpg

4階は 関連グッズ売り場です

CIMG8853.jpg

色々有りましたが
ショップで写真は撮れませんから

CIMG8854.jpg

こんなに駐車場有るのに
今日だけ人が少ないのかな?

それとも空港の施設の駐車場で
今日は日曜日だから??

向うに見えるのが
第二駐機場です

CIMG8856.jpg

連絡デッキを通って
ここが 展望デッキです

CIMG8858.jpg

お馴染みの 幸せの鐘もありました

CIMG8859.jpg

喫茶ルームで

CIMG8862.jpg

値段の確認も忘れずに


CIMG8889.jpg

まだ 10時過ぎですから

唐揚げも揚がってませんでした


CIMG8890.jpg


夏場には人気しそうなものも
でも この値段だと私には買えないかなぁ……


メインはこの下の階なのですが
それは明日の記事で

つづく















関空への電車 展望ホールへのバス  関空で遊ぼう③

南海電車で りんくうタウンから関空へ

JRより 本数が多かったので

じつは 来た方に乗ろうと思っていたのです
こんな時には やっぱりカードが便利ですね


CIMG8819.jpg

もう一つ眺めがよくない
右に見えるのは海
天気が良ければ 奥に六甲山が見えるだろうに

CIMG8821.jpg

左も海 これは 紀伊水道を見ているから 奥には何も見えないよね

と左手前方に 関空島が見えてきました

CIMG8822.jpg

電車の中は 大型のスーツケースを引いている人が多い

手ぶらは 壁ぎわだけかも…

CIMG8824.jpg

関空行きの路線バスが見えた
あれだと 上の段だからもう少し見晴らしが良いかも

帰りは電車でなく バスで 帰えろう
電車は 370円だけれど バスは りんくうアウトレットまで 200円だったはず
下調べは済んでますから

CIMG8825.jpg

南海電車
列車の 中づり広告も ラピートですか


CIMG8826.jpg

空港に着くと さっき満員で乗れなかったラピートが

南海は南海のホームと 改札口


JRはJRのホームと改札口
さっき通過したJRの特急の写真は撮れないですね

と言うことは JRの切符買って 南海で来たら 改札出られないんだね



外国からの観光者が この前で 記念写真撮ってました

南海に乗ったから撮れたんだよ


幼少期 鉄人28号を見ていた私は 隠れラピートファンなのです


CIMG8828.jpg

しかし……
いくら大阪だからって言っても

どこぞの国みたいに こんなバッタ物飾るなよ
ウルトラマンに似せたり ドラえもんに似せたり
これはなにレンジャ~かな??


と思ったら  なんと純正品

らぴーとるじゃーで 南海の開発とは
でも 小物売ってたかなァ……

この前で記念撮影する人もいなかった

そして私も 隠れラピートファン やめたくなっていた…


CIMG8829.jpg

気持ちを切り替え駅から関空に入ります

前回来た時には 左に行ったんだよなぁ
電車に乗って搭乗口まで行ったけれど 今回はチケットが無いもんで

CIMG8831.jpg

下に降りて

CIMG8832.jpg

一番乗り場へと

関空からの深夜便と
昼は展望ホール行きの無料送迎バスの出るところ

CIMG8833.jpg

20分ごとに 無料送迎バスが出ています
もちろん展望ホールも入場無料です

CIMG8834.jpg

このバス停のマークも良い

どこがって 無料とか いろいろと 日本語表記しかないのが良い
ただだからと群がりそうな 観光難民が居ないのが嬉しかった

とくに 所かまわず大きな声で話す民族や
独特の匂いをまき散らす 人たちが居ないのが嬉しい

CIMG8835.jpg

このバスの密封空間でそれは辛いからね


CIMG8838.jpg

信号を少なくするために 立体交差になった関空の道路


CIMG8839.jpg

目的地はここです
展望ホール内部は明日の記事で




りんくうタウン 関空で遊ぼう

泉大津パーキングエリアを出て 南に走ります

こうしてみると 大阪府も広いものだと

CIMG8788.jpg


周囲とは異なる 超高層ビルが見えてきました
スターゲイトホテル関西エアポート です
あの建物が見えてくると 右手に関空橋も見えてきます


CIMG8790.jpg


泉佐野南で降りて(ここから先は別料金)
下の道を走ります

近付くとやっぱり高いですね

いつかは この高層階で 食事をしたいなと思いますが
これも一人では…

CIMG8791.jpg

そのホテルの前のの道は…

道じゃないのです


CIMG8792.jpg

電車の線路でした
関空に向かう連絡協へ続く線路

その りんくうタウンの駅でした


CIMG8793.jpg

これを越すと 観覧車が見えてきます
りんくうアウトレットと 思い込んでいたのですが

じつはりんくう シークルという 商業施設でした

CIMG8795.jpg


海や関空橋 それに空港島まで見える観覧車
さすがに 一人で乗る勇気はありませんねぇ

CIMG8796.jpg


この シークルの駐車場に車を停めて 街歩きの開始です

敬意を表して 玄関口前の石の獅子に挨拶を

CIMG8797.jpg

そうなんだ…

CIMG8799.jpg

血っと建物の中を覗くと
まだオープン時間前

CIMG8800.jpg

子供の遊ぶ場所として 面白そうですね

CIMG8801.jpg

隣の 駅の建物に入ると
おっさんの遊ぶ場所もありました

記念に金鯱賞の馬券を購入
ダノンプレミアム よくやった

CIMG8802.jpg

何とステージもありました

そのまま りんくうタウンの駅に向かいましょう

実はこの駅気に入りました
面白いのです

全国の鉄ちゃん 面白いですよ


CIMG8804.jpg

南海の路線図と 値段表

大阪難波まで 760円でした
それにラピートに乗ると レギュラーで 500円かな


CIMG8805.jpg

こちらは JRの 路線図と料金表
天王寺まで820円

でも 関西空港までは 両方 370円です



CIMG8806.jpg

どちらにしようかと思いながらも イコカが有るから
切符は買わなくてもいいか

さて 改札口はと 探すと
一つしかない

南海にしようか JRにしようか迷っていながら聞いてみると

改札口も ホームも同じですよ!

エ~~ッ⁉ 


CIMG8809.jpg

エスカレーターでホームに上がると この通りでした


CIMG8807.jpg

一番線は 南海電車

何と、ラピートβも停まります

ここから 関西空港までは一駅 乗ってやろうかなとも思ったのですが
全席指定だからなぁ…

CIMG8808.jpg

二番線は JR 各駅停車が 関西空港に 

通過列車が通りますと言うのは…



CIMG8811.jpg

京都からの特急 はるかでした


南海のラピートと
特急はるか 並んだ写真撮れたら嬉しいのに

やっぱりそれは夢ですね

ここから先は 同じ線路を走ります
空港橋の線路上では すれ違う事あるのかなぁ?


CIMG8812.jpg

これは南海電車の 特急券自動販売機
ホームに有りました


CIMG8814.jpg

泉佐野 関西空港間は 特別料金 100円ですと

次に来るし 乗ってやろうか 100円なら惜しくない

CIMG8813.jpg

そう思ったら…

売り切れでした




CIMG8816.jpg

しぶしぶ ラピートを見送って

CIMG8817.jpg

次の南海電車で 空港に向かいます

本数が全然違いましたね



空港は次の記事で



泉大津パーキングエリア 関空で遊ぼう ①

阪神地区に春を告げる いかなご
淡路島より西側では まだ採っているが

大阪湾のいかなごは 資源不足で今年は三日間で終わったと
しかも 値段も高騰でした

去年の台風では 関空橋にタンカーがぶつかり
通行できなくなったりと 話題に事欠かない関空に
遊びに行って見ようかと思い立ちました


CIMG8749.jpg

池田から 阪神高速空港線を走り抜け

CIMG8751.jpg


大阪のビル街を抜けて

CIMG8752.jpg


淀屋橋周辺 中ノ島公会堂

そこから東に走り
本町から今度は西に 海岸近くまで
この遠回りは 何とかならないものかと
でも下道走るより早いんだよなぁ…


CIMG8754.jpg

大阪市の東部から 海遊館の近くまで西に走って
ようやく湾岸線に


CIMG8756.jpg

南港大橋あたりで 
ようやく湾岸線だなぁと思う走りができます


CIMG8758.jpg

15年使い続けたマッハゴー
それでもエンジンは調子がいいので



CIMG8760.jpg


白黒のツートンカラーの車と
ブルーの制服着た 二人連れの高級車に
気を付けながら飛ばします


CIMG8762.jpg

泉大津市に入ると
ビルとビルがつながった
この建物で休憩です

泉大津パーキングエリア
左の高い方が 陸側
右の低い方が海側の建物です


CIMG8763.jpg


泉大津パーキングエリアは
両方とも 3階までがパーキングエリアとして使用され
5階が連絡通路
海側の11階が 展望所として利用されています

でもほとんど人が使わない
超贅沢な所です


CIMG8764.jpg

三階のレストランメニュー
お手頃価格です

車も無料で停められるし
一日ゆっくりとするのに良い所なのになぁ…


CIMG8765.jpg

5階の連絡通路

下を高速道路が走っています
物を投げ落とされると危険なので
いくつも監視カメラがついてます


CIMG8766.jpg

ちなみに下を見るとこんな感じ


CIMG8771.jpg

ガラス張りのエレベーターで 11階の展望ホールに上がると

この素晴らしきガラス張りの空間
もちろん無料です

海を眺められる ふかふかのシート

ただ おっさんが一人で座るには
似合わないんだよね

きれいなトイレも 飲み物の自販機もあり


CIMG8779.jpg


子供を連れて行っても エレベーターに乗らなければ 心配のない所





CIMG8773.jpg

こんな設備もあり


CIMG8774.jpg

船や


CIMG8775.jpg

海を見るだけでなく


CIMG8776.jpg

こんな案内までついているという
至れり尽くせりの施設です



CIMG8772.jpg

疲れたおっさんには
こんな物まで用意してあるのですが

閑散とした施設もったいないですねぇ




CIMG8777.jpg


もっとも 大型車が2階
小型車が1階と 書いて有り
あちらこちらに 普通車は1階の駐車場を使ってくださいと
注意書きを張っていても この通り

そんな奴らにはこの場所を荒らしてほしくないと思いますが



夜、夜景を見に 来る人が多いかどうかは
その時間帯に立ち寄ってないのでわかりませんが

一緒に座ってくれる方 募集します…(笑)
でも 高速道路のパーキングですから 酒は飲めませんね



CIMG8780.jpg


今回取り上げたのは このお知らせを 載せたかったから

いつも南紀に向かうときに 書いたりしてお勧めしてましたが
もしこの期間に 期待されて来られたら辛いので…


では まだ南に向かうことにしましょう





西国22番霊場 総持寺

時々友人のブログからもネタをもらっています

へろんさんのブログで

茨木市の総持寺のネタが有りました



CIMG7310.jpg

暖かい日の昼間
なっちゃんで行って見ることに

CIMG7312.jpg

この亀に似た伝説上の生き物の
写真を撮りに行きたかったのです

CIMG7313.jpg

贔屓(ひいき)という名前です
人を背中に乗せて運ぶんだとか

ここの本尊様も乗って来たとか


P9231049.jpg

昔 500円払って見に行った 
島根県は松江市の 人食い亀とはえらい違いですね

CIMG7314.jpg

ここが客間かな?

CIMG7315.jpg

門には 仁王様が

CIMG7316.jpg

左と

CIMG7317.jpg

右に

CIMG7318.jpg

解説はこちらで

CIMG7323.jpg

本堂です

塗り替え中?

CIMG7325.jpg


台風と地震の被害がすごかったようです

ではありませんCIMG7324.jpg

特に大師堂などは 今こんな感じで
西国33観音霊場のお遍路さんには 辛いですね

CIMG7328.jpg

金堂

CIMG7329.jpg

地蔵堂は無事の様でした

南無大師遍照金剛







山崎蒸留所へ 夏の合宿③

続いて JR長岡京から 一駅戻って
山崎にやってきました

目指すは山崎蒸留所です
サントリーのホームページには
工場見学は飲酒過多になる恐れがありますので
ご遠慮くださいと言うようなことが書いてありますが

それは個人責任で
迷惑かけたなら 警察へどうぞと言うのが
われわれの思いですから


CIMG6625.jpg

山崎蒸留所へ それに
ウイスキー館の見学だけで 試飲は個人個人で有料ですから

CIMG6627.jpg

ここがウイスキー館

ここへの入場も今は予約が必要になりました

CIMG6628.jpg

懐かしい 世間をにぎわした
赤玉ポートワインのポスター


CIMG6629.jpg

懐かしい

そう思った方は間違いです


これはサントリーホワイトではありません

サントリー 白札 です

だからホワイトの文字はありません

CIMG6631.jpg

トリスウイスキー

この辺りも飲んだことないなぁ…

CIMG6632.jpg

この辺りでようやく最近の物が 
でも ビンテージがすごいので飲めない酒ですね

CIMG6633.jpg

そして楽しみの 有料試飲カウンター

去年は 台風で休館

一昨年は 古酒不足で 山崎25年が無かったところです

CIMG6635.jpg

まずこのペアをいただきましょう

原価で呑めるここでないと

我々貧乏人の口には入りません


山崎の25年 原価一本13万強です

CIMG6637.jpg

10年前 シェリー樽を使って 色が濃かった18年
そのもっと熟成すると美味しくなるだろう物が 
ようやく日の目を見たんですね

よくご存じで
あの頃の18年の物より なお香りが深くなっているんですよと


こんなウイスキー談義も良いですね

CIMG6638.jpg

チェイサーといただいて

ゆっくりと味見を


高価だから、 

鼻で味わって 唇で味わって 舌で味わって 喉で味わう

そう貧乏人ですから

CIMG6642.jpg

今回のツアー責任者として
ライオンさんの様子も見ながら…

酒が覚めるやんけ!

CIMG6643.jpg

このあたりなら 普段ちょっと背伸びしたら飲める酒も

CIMG6644.jpg
CIMG6645.jpg

そして ここでしか飲めない不味い酒
ニューポットと言って

樽詰めする前の ポットスチルから出て来たアルコールです

CIMG6647.jpg

これをいただいて…

ニューポット ビックリするほどまずかった

と言うか飲み干せないアルコールでした

CIMG6649.jpg

その後

ちょっと時間の余裕が有ったので

会社のビールは嫌いなのですが

CIMG6650.jpg

モネの睡蓮の見ることが出来る場所に

大きな油絵は その絵の具の厚みを見るのも面白い物
一番の所は幾重にも幾重にも塗り重ねられた厚みが出ています

モネの睡蓮 どの花に一番気分を引かれたか

それを確かめたくて 絵の具の厚さを見ようと
はすかいに見ていたら


係りのおばちゃんが来て

絵に触れないでください」と


少しムカッとして

どの睡蓮が一番書きたかったか 
その絵の具の厚さを見ているのです
触ったりするわけないでしょう

申し訳ありませんでしたと引いたが
あのおばさん 私を侮辱しましね

〇〇人にでも見えたのでしょうか
それとも彼と一緒に入って来たからかな?





能勢温泉 北摂ドライブ

国道173号線を北に上って行ったのだが

とうとう通行止めの場所まで来た

ちょうど右手に 能勢温泉の看板のあるところだ


CIMG6146.jpg

細い道を入っていくと 看板があった


CIMG6147.jpg

そして上ると  赤鬼が迎えてくれた


CIMG6148.jpg

ホテル 能勢温泉

昼間はランチバイキングと温泉で
バスの送迎もあり

マイカーでの来場者も多いようだ
(年齢層は高いが…)

CIMG6152.jpg


フロントの向かい側の 自動販売機で券を買い

温泉利用者は スリッパに履き替えて

土産物屋のおばさんに券を渡す


フロントは相手してくれない…


CIMG6153.jpg

バイキング以外でもこんな食事もある

でも ここは きっと1800円からなんだ
と思い 食事をあきらめる

一人でバイキングは 湯快リゾートに泊まった時だけで十分だから


CIMG6149.jpg

さすが温泉  温泉饅頭やなぁ…
そう思ったら 薯蕷饅頭と書いてあった
高級品なんや

CIMG6150.jpg

売店のおばちゃんに 入浴券を渡して


CIMG6151.jpg

その奥の 浴場に向かいます

……………

……………

思ったよりも狭い浴場

室内には 畳にして 4畳半と8畳ぐらいの浴槽と

6畳ぐらいの露天風呂

洗い場は10ほど

普段行くスーパー銭湯の 三分の一ぐらいの広さだ


そして

日本語を話す 親子連れ二組と 爺さんと三世代の組

狭い浴槽でバタ足して 湯がかかる
親が止めても言う事を聞かないガキたち

そして…
露天のほうでは 四人のおっさんが
湯がぬるいので 長時間浸かって
わからない会話をしている
その家族であろう 数人の
ミャーミャー語の 子供達はもっと放し飼いだ


あかん

怒鳴りつけてやろうとも思ったが

対象相手が多すぎる

ここの温泉がその流儀なら 黙って引きましょうか

15分 800円はもったいなかった…


CIMG6154.jpg

ここの 案内を眺めていると
奥にはテント村があり

キャンプファイアー場もあるみたいだ


CIMG6155.jpg

そして金のある人は

露天風呂付きの離れがありますと…



こんな所が良いですね

金があって、相手がいれば……

妄想に入っていく壁ぎわでした






続きを読む

プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR