FC2ブログ

5軒目は 一屋の 肉うどん

坂出から丸亀で 五軒目

二時間ほどで 5杯目です

ちょっと休憩したいなと言う声が出てきました


DSCN2276_202002241546245eb.jpg

ここに来たくて そろそろいいかと訪れた 一屋

210円で 小鉢にセルフで 肉の盛れる店です

DSCN2277_202002241546255b7.jpg

それがこれ

210円のかけうどんに 210円の小鉢の肉で 420円

それで 麺が隠れるほどの肉うどんの食える店です

DSCN2278_20200224154626aef.jpg

ところが よく見ると 小鉢の肉の盛りが

いつもの山もりじゃない


DSCN2279_202002241546277d5.jpg

そう言う私も

CIMG5176_20200228072309bdb.jpg

二年前のこの盛り方が出来ないでいた

腹一杯の時の 牛の脂身がこたえるんです


DSCN2280_2020022415462986f.jpg

だから全く麺が見えないようには載せられなかった

だからどうなんだ??

旨いうどんが食べられうのがこのぐらいまでか

これ以上だと…

DSCN2281_20200224154631fad.jpg


山登りは嫌だけれど

ちょっと散歩でもするかと 親分が言い出した


どこかコーヒーでも飲みに行こうかと
話がまとまるのだが

香川県では 喫茶店でもうどんを出す店があるから

それは悔しいから うどんの無い喫茶店に行きますか

その前に散歩しましょう

観光はいかがですか とある所に行くことに

ここでまた 試練が待つのですが それは次の記事で




スポンサーサイト



4軒目は 麺通堂

次はまだ4軒目か…

腹が膨れてくると 次の店が

だんだんストレスになってきます

今美味しいうどん食べたところやのに

すぐに次の店に行くのは なんでや?

地獄のうどんツアーですから

DSCN2263_20200224154000d54.jpg

あそこか?

いいや あそこは うどんちゃうで ふとんやで



DSCN2264_202002241540004fe.jpg

4軒目はこちら


DSCN2266_20200224154002966.jpg

時は手打ち 麺通堂です

まだ余裕の顔しているな

DSCN2268_20200224154003c57.jpg

私は 抑えたが

セトボスは この鳥皮天食べてたもんなぁ

DSCN2269_2020022415400520a.jpg

かけうどん


DSCN2270_20200224154006118.jpg

ここも ひやかけやってなかったので

私はざるうどんを

DSCN2272_202002241540084ac.jpg

これは温玉

釜玉のようなものですね

DSCN2273_202002241540098bb.jpg

こちらは 自分で入れるトッピング


DSCN2274.jpg


毎月10日は ファン感謝デーで

50円割引券貰えるんだって

でも近くじゃないから…  

10日で無くてよかった。


気分ですぐにまた来ちゃうからね


3軒目は おおまえ

誰が始めたか?
地獄のうどんツアー

たっぷりのトッピングで 
好みのうどんを楽しめばいいのに


いつからか 軒数を重ねるのを楽しみにしてしまいました


DSCN2253_20200224153215f46.jpg

三軒目は おおまえ

一時間で 3軒ペースです

そうでないとすぐにおなかが一杯になるから…

DSCN2254_202002241532159c2.jpg

四国新聞社の 讃岐うどん遍路には(↑のおおまえ クリック)

6時半からの店と案内されているけれど
これがあるんだよね

DSCN2255_20200224153217136.jpg

めにゅーです

写真付きなのがありがたいですね


DSCN2256_20200224153218fff.jpg

冷かけ 頼もうとしたら

今の時期やって無いんだと

かけの小です 出汁ぬるい目にしてねと

DSCN2257_2020022415322030b.jpg

天かすと らっきょうと漬物が トッピング?できます


DSCN2258_202002241532212df.jpg

Tさんは ざるうどんを

私もうどんの腰を楽しむのが好きなので

こちらにすればよかった

DSCN2259_202002241532231ec.jpg

冷たい汁なら うどんのこしが楽しめるんだけれど

温かい汁だと やっぱり少し柔らかい…


DSCN2260_20200224153224fb7.jpg

そろそろおなかも膨れてきたし

すりごまと 一味で すこし変化を求めて


DSCN2261_202002241532262dd.jpg



一時間ほど前には 空腹でたまらなかったのに

もう満腹です ここからが地獄の始まりです



二軒目は 富永うどん

ニ軒目は珍しい所へ

壁ぎわのしゃれです

丸々民家 富永うどんです

土日祝だけの 民家うどんです

DSCN2243_202002240946547ad.jpg

桜が迎えてくれました

この扉は 勝手口

DSCN2244_20200224094655207.jpg

右側に 入り口があり  商い中と

DSCN2245_20200224094656c7a.jpg

ここが商品の渡し口

DSCN2246_20200224094658574.jpg

めにゅーは うどんは 熱々かひやひやか

何とインスタントコーヒー 無料です
セルフでどうぞと


DSCN2247_20200224094659846.jpg

民家ですから

この時期 立派なお雛様がありました


DSCN2249_20200224094701b83.jpg

シッカリした讃岐うどん



DSCN2251_20200224094704aa0.jpg

中庭の見える所で 一本も長い


DSCN2252_202002240947055f8.jpg


一品ものの皿と 漬物と ネギとショウガと

それがついて 190円

DSCN2250_2020022409470240b.jpg

セト親分は 温玉 釜玉うどんですね

週末だけ 趣味でやっているようなお店でした
ゆっくりお話ししに行きたいですね





一軒目はやなぎや

瀬戸大橋を渡った時点で 空腹の限界じゃ~

早くうどんが食べたい
でも 9時過ぎた所だから…

いいえ 讃岐うどんの店は 
朝6時半から開いている店もありますから


DSCN2234_20200224091425286.jpg

瀬戸大橋を渡って 一番近い讃岐うどんの店

坂出北ICからすぐ 讃岐うどん やなぎや

与島のパーキングの店は茹で置きで
 壁ぎわには 讃岐うどんの店じゃないから…

DSCN2235_20200224091426283.jpg

朝 6時からです

インターネットの情報は よく変わってますから

特に朝の開始時間は 確認が必要です

DSCN2236_20200224091427831.jpg

セルフのメニューと 値段です


DSCN2237_2020022409142906f.jpg

こんなメニュー食べたいんだけれど

軒数勝負の地獄のツアーでは 
頼む余裕ないからねぇ

DSCN2239.jpg

これが普通の きつねうどん用の揚げ
三角揚げで 90円

ジャンボイナリの 一枚揚げの 写真が欲しいよなぁ

DSCN2240_20200224091432a3c.jpg

フライやてんぷらもこの通り

普段なら  ココから幾つか取って

ビール呑んで 晩酌終っちゃうのになぁ…


DSCN2238.jpg


ぐっと我慢して

冷かけの小  かけうどんの 冷たい盤です

面の腰の強さが一番わかる一品です 220円

DSCN2241_20200224091501c4f.jpg

これはセトさんの ぶっかけ 330円

DSCN2242.jpg

Tくんは あのジャンボイナリ見たらどうしても入れたくて

きつねにしたと

そのうち ジャンボの四角い揚げ入れたいですよねぇ…と



6人のおっさんがみんな小を頼んでました

でも お間違え無く

讃岐うどんの小って
 一玉と言う意味

200g~ 多いところで300g近くあるところもあるのですよ






うどんツアー スタート

令和二年 初めての讃岐うどんツアーです

おっさんたちのうどんツアー出発です

朝5時半に起きて 伊丹から宝塚 尼崎、西宮と 
皆の家を回って出発です


DSCN2214_2020022408265499e.jpg

宝塚インターから 中国道 山陽道と走ります

DSCN2215_20200224082655bc1.jpg

龍野西SAで トイレ休憩

この時点で8時過ぎ おなかが減ってきました

DSCN2216_20200224082656bd5.jpg

入り口のパネルが 空腹に油を注ぎます

スープとコロッケのセット

でも 400円は…

出汁巻き卵の串カツ ビールも飲めないのに

しかもこの船ひとつで2本 500円か……

いまから 一杯 200円のうどん喰いに行くのに…

貧乏人の さいふは堅いのです

DSCN2217_2020022408265873a.jpg

朝食セット

玉子かけご飯でも 500円

ソフトクリームじゃないけれど 卵かけご飯は
私の中では350円までだよなぁ

DSCN2218.jpg

良いなと思ったら 1000円超えかよ

サラリーマンは ランチでも1000円越えはしんどいんだぞ

DSCN2219.jpg

そんな人のために  1000円未満の 物が…

良いのだけれどなぁ…



とにかく今回は地獄の讃岐うどんツアー

うどんの前に 食べるわけにはいかないんだよ

DSCN2220.jpg

そしてここはたつの市

揖保乃糸の生産地です

でも最高峰の 三神は有りませんでした


DSCN2221.jpg

値段はバラバラ

そう思ったら ほとんど変わらないね

でも黒帯は 細くって 隙間も多いよ


DSCN2222_20200224082705e14.jpg

こちらには ランチからのメニュー

1500円は普通なんだね


DSCN2223_20200224082707091.jpg

ここからは気を付けて運転しなければ

吉備 そう岡山ですから

日本一ウインカーを出さない県なんだよね

DSCN2226_2020022408270825f.jpg

倉敷から南へ


DSCN2228_20200224082710ced.jpg

瀬戸大橋を渡ります


DSCN2230_20200224082711207.jpg


今日は天気もいいし

DSCN2232_202002240827136b8.jpg

頑張らなければ…

空腹に 今日は何杯食べられるかな?

空腹に耐えながら現地に向かう一行でした





最後は骨付き鶏で

修行を終えた一行は 

さわやかな心で…

金比羅山の参道に


CIMG9729_20191018053117e38.jpg

でも なぜか

見えない結界があるのか

あるところからは 進もうとしない

CIMG9730_2019101805311750a.jpg

金陵の 資料館

前に行ったし

今回 うどんパスポート持ってきてないから 

CIMG9732.jpg

そして

こんな店見つけたら

やっぱり〆は骨付き鳥やろ

CIMG9733_20191018053120bea.jpg

でも この値段見て

ここ高くないか

やっぱりさぬきまで来たら

一鶴の骨付き鳥やろう


なんちゅう贅沢を

修行は何だったんだ



CIMG9736.jpg

金比羅山の鳥居をくぐって 丸亀へ

CIMG9738_20191018053125363.jpg

やっぱりここの方が安いよ


CIMG9737_20191018053123859.jpg

色々あるもんは要らんけれど

ビールは 頼まんと 
骨付き鳥に悪いから

CIMG9739_20191018053126dda.jpg

それなら 運転手のワシも呑んだるわい

それやったら ジャンジャン呑んでや


CIMG9740.jpg

親鳥  この固い身が何とも言えません


CIMG9741_20191018053129aa0.jpg

これは若鳥

噛み切れる固さです

CIMG9742.jpg

またパン持って来るの忘れてしまった

フランスパン薄切りにして
この油をつけて食べたい

CIMG9744_20191018053132cfd.jpg

満足したら 帰りまっせ

瀬戸大橋を 明るいうちに渡るの
帰りでは初めてかも

CIMG9747_20191018053134870.jpg

これが今回のお土産
讃岐うどんツアーでした



6軒目は 中野うどん学校

そろそろ ギブアップの顔色が見えてきた

いいえ最近のおっさん達

死ぬ気うどんツアーとして

命がけでうどんを食べて回ろうと
いう気持ちが無くなっている

CIMG9705.jpg

腹ごなしに温泉でも

今回は丸亀 ぽかぽか温泉です


そこで体を清めたら


一度根性をたたき直してやらねばならない

修行じゃぁ~
   

  



img_12.jpg

ここでしっかり勉強するんやぞ


CIMG9712.jpg

しっかり 覚えとけよ


CIMG9708_201910180526513e5.jpg

さて これと戦って もらおうか


CIMG9709.jpg

鬼の金棒

いいや
木の棒

違うって

麺棒や

CIMG9710.jpg

ここまで伸ばして

CIMG9711.jpg

勿論横にも


CIMG9713.jpg

後はたたんで

CIMG9714.jpg

カットする

この包丁が ちょっと気にいらんけど

CIMG9715.jpg

ほぐしたら

CIMG9716.jpg

出来上がりです

これは 序の口

本当の修行は 今からですよ


CIMG9717.jpg

ボールの中の小麦粉と

一杯の塩水

CIMG9719.jpg

まんべんなくこねたら


CIMG9721_20191018052708d36.jpg

袋に入れて踏んでもらいましょうか

かかとで 鍛えるんや

CIMG9724.jpg

ある程度踏んだら

折り返して

また踏んで 

折り返したら

ここからは ガッツで踏み込み

ダンシングです

CIMG9727.jpg

ようやくできた うどんだね

これを一晩寝かせて 切ったらうどんです


こうして修行を終えた一行でした






5軒目は 日の出製麺所

最近歳を取ってきたおっさん達





オッサンは年を取っているものですが

最近 というか10年前の 体力より
三割減を感じるこの頃です

食べられる量も限界が早い
そろそろ 先が見えてきました

CIMG9697_201910180523177a7.jpg

あの一時間だけの店行こうや

この列を見て こんだけか……


普段なら考えられない言葉が

腹ごなしも兼ねて 30分ぐらい並びたかったらしい…

CIMG9698_2019101805231868e.jpg

いつもの店の前のトロフィ

これは自慢だね
そう自慢しかないね
別にこんなん飾らんでも

しかも 外から見えるところに

待っている間に 口から出るのは 妬みだけ…


CIMG9699_20191018052319c38.jpg

あれっ

CIMG9700_201910180523202e8.jpg

値上げしたんだ

しかも一割以上……

もともと安過ぎるから

でも 円単位で上げたら 会計が大変だよ

CIMG9701.jpg

いつもこれを見て思う
100食までは 讃岐の夢
それ以降は ココの配合の小麦粉
それは良いのだが

お気軽にお問い合わせくださいって

聞いている人見たことないよ


CIMG9702_20191018052323c64.jpg

ここに来たら 釜玉の小が楽しみで

冷たい麺も捨てがたいけれど

ここなら両方食べられる値段ですが

両方食べると 

おっさん達の讃岐うどんツアーでは 
命取りになりますから…

CIMG9703_20191018052325ffa.jpg

残った卵たれは チータンタンに



CIMG9704.jpg


道路の向かいに こんな店が出来ているのが
気になるんだけれど

一度話の種に 寄ってみたいんだけれど

けれど………

けれど………

普通の讃岐の旅に来なくては

食べられないのかなぁ……




4軒目は 上戸

次に立ち寄ったのが…  西端 上戸

ネットでは 朝6時からとか 書いてあるところも

開店時間が 朝8時になりましたと 書いてあるところもある店



CIMG9691_20191018052032474.jpg

この日は最初に行ったら 並んでいる人が 

今日は11時からだって

大将が病気療養中で 11:00~14:00のことが多いようです

確認はツイッターで

そう言われて 他を回って戻ってきました

CIMG9692_201910180520336b4.jpg

上戸うどんの看板に

燧(ひうち)のイリコは日本一と書いてありました

この前の海が 燧灘(ひうちなだ)です

CIMG9694_20191018052036eaa.jpg

向いにある伊吹島

この島が イリコのメッカ

獲って来たところのイワシが そのまま工場に運ばれます

イリコ工場の並ぶ島です

CIMG9693_20191018052034fa1.jpg

裏の予讃線の駅とを眺めているうちに

順番が来ました

CIMG9695_201910180520377f3.jpg

西端上戸 でも 写真は

あとはうどんだけ

店内や 店員さんの写真は固くお断りと
大将が 病気療養中で
この日は女性3人でやってました
狭い店です

CIMG9696_20191018052039bc8.jpg

かけに 厚揚げ載せてみました

イリコがプンプン香る汁に

シッカリ腰のある太麺です
古い讃岐うどんの形ですね




プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR