温泉 友遠方より来るアリ⑫



祖谷から 渓谷沿いに 北の道を走ると

DSCN5684.jpg


あぶないよ そんなところで

でも 男だねぇ…

私なんかだと縮み上がってしまって……それはいいって!


DSCN5683.jpg


しばし撮影タイム

しかし ここに建てるのも怖かっただろうね



DSCN5686.jpg


渓流を上っていきます


DSCN5687.jpg


こんなところまで来ました


松尾川温泉1
松尾川温泉2


松尾川温泉です


DSCN5690.jpg


ここは おすすめ 源泉かけ流しでした

ここは再来確定です


DSCN5691.jpg


ソフトクリームをいただきました


DSCN5692.jpg


冷蔵庫のビールは スーパードライ

これなら欲しくならなくていいや

でも ここで泊まろうとしたら 買ってこなくては


DSCN5693.jpg


足を延ばして 徳島市街地に


DSCN5694.jpg


あるでよ徳島に立ち寄って


DSCN5695.jpg



その後は 小松島まで足を延ばして

ケチャップみたいな温泉があると聞いたので

あはっ!!  嘘でした

有馬の金泉クラスの 含鉄分強塩泉でした


さて帰りましょう







スポンサーサイト

祖谷蕎麦と…  友遠方より来るアリ⑩

道の駅大歩危から 


DSCN5633.jpg


大歩危橋を渡り祖谷に向かいます


DSCN5634.jpg


いきなりこんなお迎えが

いいですねぇ


DSCN5635.jpg


では 約束どうりに 祖谷そばを食べましょう

仙吉さんです


ところが ソバが切れたと

朝打ちのが切れたらその日は終いなんですね

なら 朝一が打ち立てなのか……


DSCN5636.jpg


その先にある 祖谷美人さんへ


DSCN5637.jpg


アユにアマゴの炭火焼 そそりますね


DSCN5638.jpg


なんだこれは でこまわし


DSCN5639.jpg





DSCN5640.jpg


いれがでこまわし

蕎麦団子、とうふ こんにゃくの田楽です


DSCN5643.jpg

大きなアユなので 550円 もらうことに


旨いぞ



DSCN5644.jpg


そして ざるそば


DSCN5646.jpg


細打ち平麺、それにこの点々は弾きぐるみですね

のど越しを考えても 二八か 三七ですね


DSCN5647.jpg


蕎麦湯もいただいて


DSCN5648.jpg


タヌキの立ちしょん


DSCN5650.jpg


祖谷渓の風景も漫喫でした


さて かずら橋と風呂が待ってるぞ


まだ昼過ぎの旅の途中でした







徳島祖谷へ  友の遠方より来るアリ⑨


もう一軒 うどん屋にと 日の出製麺所まで来たのですが

久しぶりに 大行列であっさりあきらめて

次の旅に行きましょう


DSCN5622.jpg


高知への道をひた走ります

トイレ休憩 立川パーキングエリアです


DSCN5623.jpg


名物チェックは忘れずに


DSCN5624.jpg


牛串焼き 1本 400円

ほかのサービスエリアでは 500円はするもんね

年間 43000本ですか


DSCN5625.jpg


大豊ICで降りて 北に戻ります

大歩危小歩危です


DSCN5626.jpg


道の駅大歩危のなか

妖怪屋敷と石の博物館です


DSCN5627.jpg


祖谷のかずら橋の模型


DSCN5628.jpg


妖怪もあちこちに居ました

これは伸びあがり


DSCN5629.jpg


子供には空きが来ないようにしてありますね


DSCN5630.jpg


祖谷蕎麦がここでも食べられましたが

満員でした

では祖谷口から祖谷に向かいましょう


DSCN5631.jpg


かっぱさんまたね…  つづく








ドイツ館と鳴門うどん

讃岐うどんの旅が、徳島も初めてと言うメンバーが多く
大鳴門橋から下を見て渦巻いてると喜ぶのを見ると 鳴門当たりの散策もと走っています


027_201506170820493e1.jpg

ちょっとここにも寄ってみましょうか

道の駅 第九の里です


029_20150617082051409.jpg

そしてこれがドイツ館

懐かしい土地です

030_2015061708205246b.jpg

庭に立つ ベートーベン像を見て

032_20150617082053c5c.jpg

中に入りましょうか

二階は 第一次大戦後のドイツ人俘虜の収容所の資料館です
400円払って入りましょう

二階は撮影禁止です
でも その当時の様子なら バルトの庭で撮影された跡地のほうが気持ちが入りやすかった

ここにもお役所仕事でしょうね

035_20150617082055fba.jpg

記念スタンプ  中の様子はドイツ館

033_20150617082148989.jpg

二階から見た 表の公園

037_20150617082150956.jpg

一階の売店

昔は 卵の殻の調度品や ワインが50種類ぐらいならんでいたんです

ドイツの赤ワインも二十種類ぐらいあり楽しみにしていたのですが……

同じ400円出していくなら行くなら 
バルトの庭に行くほうがよかった

038_20150617082152e41.jpg

気を取り直して 道の駅に

040_20150617082154ed4.jpg

うん

039_20150617082154e4a.jpg

うんうん こちらは商売されてますね

042_20150617082244bdf.jpg

店内も見ているだけで楽しい

043_20150617082245a42.jpg

これもいい

044_20150617082246f6d.jpg

うん ほしいなぁ…

って 全部酒ばかりやん

045_201506170822480f6.jpg

そんなん言われても
好きなんですから

046_20150617082249cb3.jpg

空腹に耐えきれず

鳴門うどんの舩本さんに

047_20150617082324fbe.jpg

鳴門うどん 350円を

048_20150617082326c14.jpg

きました

049_20150617082327e02.jpg

手打ち 手切りの跡がよく出てますね

でも 茹でて時間がたっているようです 


バルトの庭や藍住の郷に行こうかと思ったのですが

気を取り直して 讃岐に向かうことにしましょう

それは次の記事で


四国へ 四国ドライブ①

久しぶりに職場の友人たちと讃岐うどんを食べに
 
もともと言いだしっぺは、2ヶ月前に言っていたのだが 勤務表作る寸前に言うのを忘れていたと
その日曜日勤務になってしまい参加できないと 気の毒 いいえ自業自得や~笑

004_20150615082855ae8.jpg

明石海峡大橋を渡り

005_20150615082857b95.jpg

淡路サービスエリアを見ながら 淡路島を縦断
鳴門海峡手前のサービスエリアでトイレタイムです

006_201506150828580d3.jpg

淡路島南パーキングエリア
たまねぎスープの試飲はしておかなければ…

010_201506150828594ff.jpg

地獄のうどんツアーではないのだから 食べてもいいんだけどなぁ

011_20150615082901d06.jpg

売店をいつものごとく物色していると

『淡路島までは時々来るけれど 20年以上四国に来たことないねんとか 金比羅山とかずら橋と大歩危小歩危しか行った事がない』

そうなの?

どうせうどん屋もそんなに廻れないだろうから、観光をメインにしようか
ならまずは徳島県だよなぁ



013_20150615082942d25.jpg

大鳴門橋を渡り

015_201506150829431c1.jpg

鳴門の町

017_20150615082945e1c.jpg

鳴門で一番全国的に有名なところは

やっぱりここかなぁ

四国88霊場 第一番札所 霊山寺です

019_2015061508294625f.jpg

水子大師

023_20150615082948d4a.jpg

本堂

021_20150615083030951.jpg

大師堂


022_201506150830329dd.jpg



024_20150615083033a44.jpg



026_201506150830359d8.jpg


お遍路さんやろうか と言うことで 職場に遍路クラブができるかも

今回は遍路の真似事で お寺はここだけで次はどこに向おうかなぁ  つづく



プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR