湖北 海津大崎の桜

長浜の街並みを一周したらそろそろ戻る時間です

P4120093.jpg


長浜城を後に

P4120095.jpg

道が混んでいると思えば

生垣に車が…

P4120096.jpg

そこを過ぎれば湖岸道路を快調に走れました

P4120099.jpg


竹生島に行く連絡船乗り場の横から

P4120097.jpg


これに乗り込みます

P4120102.jpg


出港です

P4120103.jpg

凪っていいですね
中でのんびりと

P4120105.jpg

もう彦根の街があんなに遠くに

P4120111.jpg

竹生島が見えてきました

P4120113.jpg

前回は上がったのですが

P4120114.jpg


近寄ってみることに

P4120115.jpg

連絡船とヨットで込み合ってました

今回は竹生島上陸はあきらめて 海津大崎に向いましょう

P4120128.jpg
見えてきました
白いのが全部桜です

海津大崎には4キロの桜並木があるといわれているのですが
もっとありそうです

P4120129.jpg

P4120138.jpg

P4120130.jpg


P4120137.jpg

あの突き当り

P4120141.jpg

上陸です

P4120142.jpg

P4120143.jpg

P4120144.jpg

P4120145.jpg

コーヒーブレイクです

P4120147.jpg

花いかだ

P4120161.jpg


車は大渋滞 気の毒です

P4120163.jpg

P4120164.jpg

十数キロにわたる桜並木 圧巻でした

P4120183.jpg

琵琶湖のお土産はこの佃煮
ブラックバスのせいで だんだん収穫量が減っているんだと

P4120191.jpg

運転席

P4120189.jpg

フルスロットルで飛ばします

P4120196.jpg

彦根城が見えてきたら もうすぐ港です

そんな最後の桜見物でした






スポンサーサイト

長浜にて 琵琶湖舟遊び 前編


4月の12日 琵琶湖に花見に行きました
京阪神の平地の桜は4月の初めで散っていましたが
奥琵琶湖の桜は一週間遅れです

それを求めての旅でした

001_20150417074759494.jpg

名神高速を走って 多賀サービスエリアです

002_20150417074800e56.jpg

駅弁 空弁 そして速弁の時代です

早弁は授業中ですが 速弁は高速道路の弁当です

売りはやっぱり近江牛ですね

004_2015041707480110b.jpg

紐を引くと 蒸気が出て暖められますと

車の中でやったらどうなるでしょうね

ちょっとやってみたい気が、特に走行中の助手席で…

005_20150417074803a7d.jpg

彦根で降りて レンタルボートの事務所に行ったのですが
午前中は他の人が乗ってますと

時間が空いたので 湖岸道路を北に走ってます

ウエディングドレスと 高島田姿の新婦が 写真撮影している姿も見かけました

007_20150417074805636.jpg

菜の花と湖と船 絵になる景色ですが
運転中だと撮りにくい

009_20150417074925daf.jpg

長浜城が見えてきました

長浜で少し早いランチにしようと

ならば行ってみたい店があったんです

011_20150417074926b0a.jpg

駅前通りの親子丼のこのお店

間もなく開店ですね

いつも並んでいるのにこれはラッキー
そう思ったら 警備のおじさんこの店にやとわれてたんです

そのおじさんの言うのには………

012_20150417074927298.jpg

向かいの銀行の前の列に並んでください
今朝も早くからお待ちですよと

なんだ!開店前からこんなに並んでいるんかい‼‼

仕方なくあきらめることに

016_20150417074928fbd.jpg

御狸の親分が先日テレビで見た店に
ホワイト餃子って有名だそうで

017_20150417074930b7a.jpg

それよりも この懐かしいウインドー好きなんですよ

021_20150417075029cd0.jpg

由来が書いてありました
30種類以上の具材で、川まで手作り
満州で白(パイ)さんに習ったのでホワイトだって

018_20150417075025a3c.jpg

10個450円 小ぶりの稲荷ずしのような大きさです

019_20150417075028384.jpg

中はさっぱりとして川はちょっと硬い
多めの油で焼いているようです

ジューシーさや肉の旨みを感じるのではなく
 昔の田舎の手作り餃子ですね

二人で10個にすればよかった

022_201504170750303dd.jpg

連れは餃子に長浜ラーメンを注文

長浜ラーメンと言っても 福岡の豚骨じゃなく
ここが長浜だから長浜ラーメン

しょうゆベースの中華そば 

023_20150417075032c35.jpg

キャベツの入ったラーメンと言えば 
家で作るインスタント以来やと……

024_201504170751503ed.jpg

私の頼んだカツどん
かつどん部と頑張っている友人もいるので

ここのとんかつは 銀座で習ったとんかつだと書いてありました

025_201504170751511e6.jpg

間違いだらけでも昔評判になった訳の判らないグルメ漫画にも出てきた 
かつ丼のかつは薄いぐらいが合う、
肉は手切りで絶好の厚さに、

そうやっているかもしれないが、私は厚いとんかつのほうが好きです。

まして厚さがこれだけ違えば端がぱさぱさで固くなるのに。


027_2015041707515298d.jpg

そして最後に出てきたのが

イタリアン焼きそば

ソースだけで仕上げた焼きそばにミートソースがかかっている
その上にはチーズと青のりが……

ただでさえ あの皮の固い餃子を10個も食べた後、拷問だったでしょうね


でも 出てくるのが遅いせいもあり
店の外には 12時になると行列ができてました

きっと雨続きの季節の、久々に雨が上がった日曜だったからだと思うのですが


015_201504170751478d4.jpg

店を出た我々の前にあったのがこの彫刻
雰囲気が今の我々と同じだなぁと。

030_201504170751538f9.jpg

その前にあったスナックの看板

ロマンスグレーの紳士と言うのは聞いたことがあるのですが

後で検索すると浜田省吾の歌で 沢田研二も歌ってたんだ

039_2015041707534192b.jpg

そして腹ごなしに 長浜散策を

ここはオタクの聖地

052_201504170753448cb.jpg

黒壁だからと言って、黒いオムライス

054_2015041707534586f.jpg

ここは好きです
昔からの魚屋さん 前で小鮎の天ぷら売ってました
ただ 100円で3匹だったような……

063_201504170753471a3.jpg

グルリとまわって 再びあの銀行の前に

12時半を過ぎていました あの列は健在でした……

ではそろそろ彦根に戻りましょう
それは明日の記事で




三方五湖 最終話

舟から上がった一行はこの後ドライブとしゃれこみます


201409 388

11月まで若狭舞鶴道の開通に伴い半額セール中のレインボーラインを通りましょう
1000円を越すと躊躇する壁ぎわですが 500円だとついつい走りたくなります


201409 389

右手にはさっき見た若狭の海



201409 391

屋上の駐車場には さらに山の上に続くものが

201409 397

御狸さんに相談しなければ

201409 396

大枚800円です

201409 399

ケーブルカーの最後尾で上って
リフトで降りてくるのがベストです

201409 401

ここで見つけた お土産ナンバーワン??

そんな訳無いか

でも食べてみようとは思いませんけど 誰かに食べてもらいたいですね

201409 404

平地におりて 水月湖半から 三方湖畔を走って帰路に着きます

途中もう一軒立ち寄ったのがここ 梅の里会館です

この辺り一帯 梅の産地でもあるんです


201409 403

この看板につられたら

201409 408

これを思い出してください
梅ソフトクリーム 250円

梅の香りがしておいしい

201409 409

もちろんお土産も多数ありますよ

201409 410

最近人気の梅ジャムや梅ドレッシング

201409 411

隅には ここの名物 鯖のへしこもありました

しょっ辛いのですが 薄く一切れ切って炙ると
日本酒の酒のあてにも 又お茶漬け一杯くらい食べられます

201409 405


空いている時間はこちら

わたしは 梅酢を使った漬物と
一夜漬けの元 購入しました

そして大阪に着いたのが8時過ぎ

ここで集まって13時間の旅でした  


常神から日向湖まで  三方五湖クルーズ


お腹も膨れたし それでは次に向いましょう

137_20141006082703a2b.jpg

常神半島の先端のこの漁村から岬を回り
半島の東海岸を下って 日向(ひるが)湖に向かいます

140_201410060827064e1.jpg

御神島を見ながら

141_20141006082707145.jpg

常神岬を回ります

144_201410060827088d0.jpg

半島に沿っても 小さな出っ張りは 多くあります

その海と岩肌とのコントラストを楽しんでいます

138_20141006082704dc7.jpg

操舵は 笑顔のTさんにまかせて

147_201410060828427e7.jpg

日向湖に入るには この橋をくぐります

三方五湖の中でも 日向湖だけが単独で若狭湾と繋がっています。

後の四つの湖は繋がっていて 久々子(くぐし)湖から若狭湾につながっています

151_20141006082844430.jpg

そして これが若狭湾と日向湖を繋ぐ水路

この広い水路のおかげで 日向湖は海水湖です


152_20141006082845a0b.jpg

日向湖は 漁船の港や 海のレジャーの基地にもなっています

また海上釣堀が有るのも この日向湖なのです。

158_20141006082847b0b.jpg

旅館や民宿などの多い所をくるりと回って

160_2014100608284806e.jpg

再び若狭湾に出ましょう

162_20141006083014927.jpg

一番最初の地図でも判るように 日向湖から久々子湖に行くには
一つ岬を回らなければなりません

165_20141006083015070.jpg

こんな岬の海中には さざえやアワビが居るんでしょうね

174_20141006083017a88.jpg

ぐるりと回ったら町が見えてきました

175_20141006083018ea3.jpg

此の写真の右手が 出港したマリンピア美浜です

177_2014100608302075d.jpg


今度はこちらから後の4湖をまわることに

写真が多くなるので 次の記事で




常神半島先端の源さんで 

若狭湾で舟遊びをして 嬉しいのがこの常神半島です
車で来ると 途中すれ違えないような細い道を延々と走らなければならない所に、10分もかからずに行けるのです。

そして楽しみなのがここなのです。

201409 199

常神半島の先 御神島の向いにある漁村です

201409 202

そして目的地はこの源さん

ただ この日も数組のお客さんが来て 定食を食べてましたが
折角だから予約すればメニューが選べていいのに…
と言うか 人里離れたところで良い物喰おうと思ったら予約は必須ですからね

201409 203

鉄砲さわらと野菜の煮付け椀 なんか 一昨年の6月と 料理が変わってるやん

201409 204

生わかめの酢のもの

201409 218

茎わかめの佃煮と さわらの潮汁

そしてこれからが圧倒されます



201409 206

あおりいかの活け造り
えんぺらの部分なぜ皮付きかと言うと
まだ生きているので 色が変るんです

あおりいか 活け造り

↑ フェイスブックの私のページです
あおりイカの活け造りの動画です



201409 210


活け造りならではの パキパキとした歯ごたえです
もうたまりません

これが8人で3杯出ました

201409 211

鯛の活け造りが 2皿

201409 214

そして大きなひらめの活け造りが一皿

皆動くのが 嬉しくて

201409 215

この縁側のぷりぷるかんが別物でした

201409 219

そして 生きてたあおりかのえんぺらの部分
焼いてくれたらこれが又旨い

201409 221

ちなみに これがこの店のメニューです

201409 223

そして 表を見学に

201409 225

201409 226

こんなものがあるんですね

201409 228

港町の見学も

201409 229

干物を作っていました

このカワハギのひものが旨いんです

201409 230

こちらには さばくまえの魚たちが

201409 231

こぶりの あおりイカは一夜干しになってました

これもう少しだから 売れないと…天 残念でした

201409 232

今度はここまで行くからねと

ちなみに 今居るのは  左上の端 常神半島の先です
車だと一時間かかるところです

では 今度は三方五湖クルーズに行きましょう


出港 蘇洞門へ 若狭湾と三方五湖


久々子湖の北側、若狭湾に面したマリンポート美浜から出港です

201409 145

ボートを水上に下す巨大なクレーンが目安になりますね

201409 146

この辺りは入り江の内側なので 波は穏やかです

201409 147

入江の先をぐるりと回って

最近 あちこち定置網でしょうか 網の張っている所が多くて

ブイを気にしながらの航行です

201409 148

運転席  ほぼ右手のレバーと ハンドルだけです


201409 183

ほぼ使いませんが

運転席の横の部屋には トイレも完備されています

201409 149

御神島
この島にはいつも神がいて、外敵を防いだり、土地を守って人民の利益を図ったことが天皇の耳に達し、舒明(じょめい)天皇2年(629)に勅使が来て社頭をつくり、「常神(つねかみ)大明神」といって、崇拝したと伝えられている。

201409 156

島の裏側 夏場には海水浴でにぎわうらしい
無人島なので 常神半島の民宿に泊まる人たちを舟で送ってくれるのだとか

201409 157

御狸大明神の操舵で 軽快に(フルスロットル)で舟は飛ばします

201409 162

この辺りの海岸は 絶壁の断崖です

201409 165


これが日本海の海岸の特徴なんですね


201409 179

しばらく行くと 屏風の様な岩に穴が開いている所があります

201409 169

若狭湾の荒波による浸食で創られた奇岩景勝である蘇洞門(そとも)は、遊覧コースとして人気のスポット。

内側の入り江から波の無い日には上陸出来ます

201409 170

奥にはこんな滝もありました

201409 167

内側から見たこの窓

これも自然が造ったっものなんですね

201409 172

記念撮影を

201409 196

ぐるりと回るとこんな所にも定置網が

201409 181

そして これが 若狭高浜の原発

何をするか判らない某共産国の方にあるこ施設

事故だけじゃなく攻撃されたら、そのまま放射能は琵琶湖を遅い 京阪神の呑み水は終わってしまいます


201409 184

そんな思いを残したまま戻りましょう

201409 195

常神半島の岬と 御神島が見えてきました

腹が減ったので 町に待った食事です

それはまた続きの記事で






旅立ちはここから 若狭湾と三方五湖

大阪は新町の御狸大明神に誘われてのボート遊びです

今回は 若狭湾と三方五湖です

201409 124

たびだちはここから 名神高速道路の吹田SAです

201409 126

買いもしないのに中を覗きたいブロガー根性

この大阪土産の陳列を見て やっぱり大阪やなぁ…

201409 128

しかし 驚きと言うより怖かったのがこの人形

軍師 官兵衛のつもりでしょうか

201409 130

名神高速道をひた走り 琵琶湖の東 多賀SAで一休みです

201409 131

入って見ましょう

201409 133

そう言えば 前回来た時 この太閤天丼
朝から喰ったんだよなぁ

海老が5匹立ってたんだ

201409 135

朝食メニューの右上に 近江牛カレーと有るのもよさそう

でも この日はそんなに時間が無かったので

201409 137

御狸大明神の弟さんがこんな所に

201409 138

それより この缶詰は初めて見ました

鮎の缶詰発見です

201409 139

米原から北陸自動車道に入り

敦賀からは今度つながった 舞鶴若狭自動車道に入りました

201409 140

海が見えてきました って ここは三方五湖の日向湖か

201409 141

美浜マリーナに到着

201409 142

海の男のたまり場です

201409 143

今日借りている船は

201409 144

こちらの舟でした

それでは出港です



タヌキの兄貴からお誘いが

大阪は新町に住むタヌキの兄貴から お誘いがかかりました

一昨年も楽しんだ 三方五湖の遊びです

201306 076

福井県は若狭湾のマリーナで舟を借りて 若狭湾を走ります

201306 097

奇岩が織りなす景色を見て 

201306 107

ちょっと観光地見学も

201306 142

この水路をとおって 水月湖や

201306 148

三方湖にも 若狭湾と三方五湖のボート遊びです


お昼は 常神半島の突端にある集落の 料理屋さんで

前回は6人で ご飯とみそ汁 焼き魚、煮魚と

その日の活け造りが出ます


ちなみに前回は

201306 043

あおりいか

201306 056

このイカも

201306 059



201306 066

スズキ

201306 069

前回は6月だったので 平目も


その後ボートで遊んで

三方五湖に入って

〆は レストラン湖畔で

三方五湖で採れたウナギの


201306 181

うな丼で〆でした

こんなツアー 早い者勝ちで行います

時は 9月の23日  但し大阪梅田に 朝7時ごろ集合になりそう

経費は割り勘で 前回 交通費船代に料理など全部合わせて 1万円強でした


もし参加したい方 居られたら 壁ぎわに声かけてくださいね

満員になったら打ち切りです

ラストはびんびや 瀬戸内の旅 最終話


陸に上がり ボート代も清算しました

時刻は4時前
ゆっくりと帰路につきましょう

201405 597

讃岐の土産買うならここが最後
津田の松原サービスエリアです

201405 598

道路地図かと思えば 津田の松原ってこんな所と観光マップが
でも降りる人はほとんどないですね

201405 599

津田の松原サービスエリアと言えばこの店 あなぶき家
上下線とも 讃岐うどんが食べられます

最近は ここに寄っても食べなくなってしまいました

201405 600

こっちなら食べてみようかなと思うのですが

201405 601

なんと讃岐うどんバーガーにカツが仲間入りです

という情報だけでここを後にして

鳴門まで高速を そして国道を高松方向に引き返します

引田でおりて海沿い走っても良かったんですが


201405 606

やって来たのがここでした  なると『びんび家』です

201405 607

夜でも定食が食べられます
漁師町のファミレスといった所ですね

201405 610

刺盛定食1800円の刺身です

すべての切り身が大きい

201405 616

わかめの味噌汁

お椀が大きいのですが、中のわかめもたっぷりです

201405 615

それにご飯と漬物が付いてます



201405 617

私はこちら おまかせ定食を

刺身が 鯛かハマチから選べますよと言われたので鯛を

201405 611

一切れの大きな鯛の刺身

201405 613

今日の一品は 鯛の姿やきです

コレを見てピンとひらめきました
なにおって それはまたあとで

201405 612

天ぷらも付いてました 

豪勢ですね  これで2000円は嬉しくて

201405 618

大きな海老天オンザライスで 

海老天丼にしようかとも思ったのですが

201405 619

さっきの鯛を醤油に浸しておいたものと

焼いた鯛の身も乗せて  鯛どんぶり

なんて贅沢なんでしょう……

鯛の身が大きいとこうしても嬉しいですね

201405 620

お茶をお代わりしたら 熱々のがやかんで来たので

ならば鯛茶漬けも良いですね

掻き込む喜びでした

201405 621

鯛に満足したら 大鳴門橋を渡ればもう兵庫県です

楽しい休日でした

こんな旅いかがですか?
朝早くてもかまわなければ 
空席が出た時このブログで参加呼びかけます

行ってみたい方は連絡くださいね。

ちなみにこの日の会費は 食事込みで15000円でした。
プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR