再び 御座敷体験@とりよね

ようやく 秋の合宿を書き上げて

この贅沢ものがと 言われている最中ですが


CIMG1473.jpg

再び とりよねに


CIMG1475.jpg

庭を楽しんでます

CIMG1541.jpg

しかし さすがは老舗の板長

一週間後で 今回は3度しかやらない会でも

ちゃんと、内容を変えてます


CIMG1478.jpg

だから二度目もうれしくて


CIMG1479.jpg


お刺身も

CIMG1480.jpg

さて綺麗処登場です

この子は 富美夏さん はじめて見ます


CIMG1485.jpg

可愛らしい舞妓ちゃん


CIMG1487.jpg

この子も初めて

ふく香奈ちゃんです


CIMG1489.jpg

成れているのでいい調子

ビールの後は 純米吟醸酒で


CIMG1494.jpg

イチジクの鳥みそ田楽

これ旨いねぇ…


CIMG1496.jpg

水菜、菊花和え焼きさばきずし  
うにと丹波しめじを添えて


CIMG1498.jpg

ではお座敷遊びの時間です


CIMG1499.jpg

今回は知らん子ばかりだから

そう思っていたら 三味線に美恵雛ちゃんが


CIMG1502.jpg

では遊びましょう


CIMG1503.jpg

この楽しそうな顔が


CIMG1504.jpg

よろしゅおすなぁ


CIMG1505.jpg

お座しきに呼ばれたら 白ぬりで


CIMG1520.jpg

お客さんを 喜ばせてますが


CIMG1525.jpg

なれん子たちは こんなに偏ったり


CIMG1531.jpg

そして前回は 白塗りだった 小梅ちゃん

今日は食べに連れてきてもらってました


CIMG1535.jpg

ハマグリの変わり揚げ


CIMG1537.jpg

ご飯物


CIMG1538.jpg

水菓子と


CIMG1539.jpg


このあと 意気投合した先生と こんなところまで

CIMG1540.jpg


高速を走るタクシー


秋の遊びの 真髄を教えてもらいました




スポンサーサイト

特別列車で京都へ  秋の合宿④


神奈川県の小田原や
岡山の倉敷から
この日の為に友人が集まって来た


なのに日ごろの行いが悪いからか 台風直撃の日

それでも飲んでたら 夜遅くにしか 雨には合わなかった

だけど…

サントリーの京都ビール工場も

やまざきの蒸留所も 臨時休業

案内係の壁ぎわは 旅人ですから楽しみ方を知ってます


DSCN2567_201709201402106e3.jpg

と言うことで ひと先ず京都に向かいましょう

昔彼女と乗りたかった この電車で

1505972585251.jpg

京とれいん


1505972567406.jpg

友人のスマホならこんなにきれいなのに

DSCN2569_20170920140212e6f.jpg


私のニコンは 何故きれいに写らない

高級品にしか 力を入れないニコンですから

デジカメクラスはすぐに写りが悪くなる

DSCN2570.jpg

カメラは別にして

畳張りにクッション付き

すごい車両が 乗車券だけで乗れるのです

(土日のみ4往復)


DSCN2571_20170920140214ea3.jpg

前の二両は 桑の葉色
後の二両は 蘭の花をモチーフに

真中の二両が 和の心です


DSCN2574_20170920140313383.jpg

外国人観光地になった 錦市場の通り抜け


DSCN2575_20170920140315156.jpg

京都の地ビール 700円

普通のビールもコップ一杯500円

立ち飲みするのは 
安く呑めるところを知らない人 
だから外国人なんや


DSCN2576_201709201403168be.jpg

魚屋の端っこに 今食べられますと 岩ガキが

でも 冬場の牡蠣の大きさが 500円

一回り大きいと 700円


DSCN2577.jpg

突き刺さった鳥居を抜けて


DSCN2578_20170920140319a98.jpg




DSCN2579_20170920140321e08.jpg

錦天満宮

夏の間だけでも 3回は来てるね


DSCN2580.jpg


牛さんにも挨拶たら

安い店に飲みに行きましょう

時間つぶしの一杯呑みは 18番ですから…






錦天神と裏の小路 壁ぎわのある日曜日⑩


錦市場の東の端

そこには錦天神があります


CIMG1232.jpg

名物のこの鳥居



CIMG1233.jpg

鳥居の端っこが こちらも


CIMG1234.jpg


こちらも ビルにめり込んでいます

鳥居を食らいこんで 罰が当たらないんですかね


CIMG1235.jpg

鳥居前には 今はやりの 御朱印集め

色々な朱印帖が売られていました

ここで買う人は錦天神が最初のページですね

CIMG1236.jpg

では天満宮に


CIMG1237.jpg

錦天満宮

天神さんですから 祭神は菅原道真

知恵の神様です

CIMG1238.jpg


本殿


CIMG1239.jpg


天神さんには 牛がいます

皆になぜられて 色が変わってます


CIMG1240.jpg

お詣りして



CIMG1241.jpg

裏手に何があるのかな?

何もありませんでした

CIMG1242.jpg


しかし浴衣姿の 女の子が

ほぼ 外国人でした

CIMG1243.jpg

賑やかな商店街をそれて

裏手の路地へ

何度か止まったことのあるホテル
最近は高くなり 素泊まりで 1万円超
もう京都では泊まりにくくて

CIMG1244.jpg


柳小路


CIMG1245.jpg

こんな路地の隠れ家が好きで

外国人の少ない所に

CIMG1246.jpg

洋食屋でも 派手な暖簾は似合わないよ



CIMG1247.jpg


路地の社


CIMG1248.jpg

良いなぁと思ったら

満員でした

CIMG1249.jpg


焼き板塀の色が似合う所


CIMG1250.jpg


昔ながらの 餃子の店も


CIMG1251.jpg


四条河原町の交差点まで来ました

タンデム羨ましい


CIMG1252.jpg

そんな目で見ていたら

こんな白黒カーと目が合った

飲酒はしてますが、車じゃないから

でも奴らには 職務質問と言う隠し技があるんだよなぁ

目をそらして 離れましょう



天神さんでお参りした後だから

くわばら くわばら……









外国人だらけの商店街 錦通り抜け 壁ぎわのある日曜日⑨

折角四条に行ったのだから

ここでも 観光地を見てみたい

昔は京都の人の台所と言われた

今は外国人のフードスポット 錦市場を通りましょう

店の冷気で涼しいから

CIMG1204.jpg

四条通りから 大丸の裏側に


CIMG1205.jpg

大丸の裏手には こんなお稲荷さんもあります


CIMG1206.jpg

大丸の横にある この寿司屋さん

入って見たい気持ちはあるけれど

懐具合が許してくれそうもなくて…

CIMG1207.jpg


大丸の裏側 いいえ 北側ですね

東側に向かいます


CIMG1209.jpg

錦市場です

人、人、人 です

CIMG1210.jpg

貝焼きの 大安
安くて立ち寄りやすい店だったのに
最近普通の値段になってしまった

CIMG1211.jpg


人が多くて写真を撮るのが大変です


CIMG1212.jpg

お茶の店も スイーツがメインに



CIMG1213.jpg


角で何か食べてる


CIMG1214.jpg


生麩の店 麩嘉ですね

ここだと 麩饅頭ですね


CIMG1215.jpg

魚を使った惣菜店も 食べ歩きバージョンが主流に


CIMG1216.jpg


さすがに ここはラッパ飲みで 呑みながらはないですね


CIMG1218.jpg


しばらく写真撮りながら歩いてます


CIMG1219.jpg


CIMG1220.jpg


CIMG1221.jpg


CIMG1222.jpg


CIMG1223.jpg


CIMG1224.jpg


CIMG1225.jpg


CIMG1227.jpg


CIMG1229.jpg


CIMG1230.jpg


CIMG1231.jpg



結局何も買わずに 写真だけ撮りながら

錦市場15分で通り抜けました。

あ~ くたびれた







撮り鉄3 嵐電で曝写 後編 ある日曜日の壁ぎわ⑦

撮り鉄で 萌~

そんな感じではありませんが

久しぶりに 電車の一番前占有して楽しんでます


CIMG1149.jpg

帷子ノ辻から 四条大宮方面へ

ここからがメインイベントです


CIMG1151.jpg

まず 太秦駅の手前

大きな道路を横切ると言うか
路面電車状態

そこの右折車さっさとのきなさい

スピードを緩めません

CIMG1152.jpg

消防車です

もしサイレン鳴らしていたら

やっぱり止まるでしょうか?



CIMG1153.jpg

何事もなく通り過ぎて

太秦の駅に近づいてきました

CIMG1154.jpg

京都太秦撮影所のあるところ

昔の芸人さんが 下っ端は こうして電車で通ったんですね

CIMG1155.jpg

しばらく電車の線路を走ったら


なんかおかしな日本語になって来た…

CIMG1156.jpg

再び路面に

どこかに電車優先の信号でもあるのか

 路面に走り込みます


CIMG1158.jpg

電車優先道路??

気持ちいいですね

CIMG1159.jpg

この微妙なうねりが

揺れます…



CIMG1160.jpg

駅に停まり

人が乗り降りしては

CIMG1161.jpg

出発

信号は赤だけれど 電車に注意の文字が

別に電車用の信号があったんですね



CIMG1162.jpg

車も自転車も 皆さん停まってます

ここからは電車の線路


CIMG1163.jpg

すぐにまた路面電車



CIMG1164.jpg


しばらく路面電車の道が続きます

駐車禁止でも駐車中の車

車に乗っていてこの車の横を抜けるの
 電車が来ると怖いよね


CIMG1165.jpg

信号は青

その向こうも青

でも あの黄色い部分は 駅 それとも停留所と言うのかな



CIMG1166.jpg

近付きました


CIMG1167.jpg

青信号でも止まります

信号で止まっているのではありません 駅だからです

CIMG1168.jpg

向うから対抗電車が来ました

なんか嬉しい

CIMG1169.jpg

でんしゃですから 坂道には弱い

頑張れ!

CIMG1170.jpg

のぼりを越えたら 又こんなカーブ

このうねりの揺れ方が堪りません

CIMG1171.jpg

勿論、交差点でのストップシーンも

信号が変わるまで停まってます

CIMG1172.jpg

ここから再び 電車の線路に



CIMG1173.jpg

開けてきました

この右側は 車庫のようですね

間もなく西院到着です

阪急に乗り換えるには 四条大宮でも良いのですが

この駅も便利です

ここで降りて この辺り探訪することに

そろそろおなかも減ってきましたから


CIMG1174.jpg

西院の駅で 今回の 撮り鉄 萌え~は終了です


CIMG1175.jpg

どこかの元アイドルが 線路内に入って 
写真を撮って問題になってましたが

ここは線路でも 路面のあるところ

セーフですよ


それでは普通の旅に戻りましょう

それは次の記事で





撮り鉄2 嵐電で曝写 前編 ある日曜日の壁ぎわ⑥

嵐電で嵐山から 京都の繁華街へ

この道を選んだのは 訳がありました


CIMG1136.jpg


私の好きな突き当りの駅

京都らしく いくつもの柱に着物の柄が飾ってあります


CIMG1137.jpg


これは 留置車  写真を撮ったりするために置いてあります

中に入るのも自由ですが



CIMG1141.jpg


この柄の方が インパクトがありますね

銀魂の銀ちゃんです


CIMG1138.jpg


駅の先には 足湯もあります


CIMG1139.jpg


運転席から前を見たらこんな感じ

和服の柄の柱が何本も並んでいます


CIMG1140.jpg


ホームの横の売店

観光地価格で無ければ

今購入して飲みたい


CIMG1142.jpg


なになに 宝塚クーポン

500円で 三か所 回れるんだと

おっさん一人では似合わないか…


CIMG1143.jpg


では 一番前で撮り鉄じゃ


CIMG1144.jpg


ホームはあるが 改札がありません

ワンマンカーで 切符か料金は降りる時 220円です


CIMG1145.jpg

有栖川

高貴な名がついてます

実はこの地を流れる 小川の名前だったのです



CIMG1146.jpg





CIMG1147.jpg


複線ですから

阪急の嵐山線でも単線なのに


CIMG1148.jpg

帷子ノ辻(かたびらのつじ)

難読地名です

CIMG1149.jpg

左の電車に乗り換える人も

北野白梅町(北野天満宮)

妙心寺などに行かれる方は乗り換えます

何度も乗り降りする人は 500円の乗り放題チケットがお得です



CIMG1150.jpg


私はそのまま 嵐山本線で 四条大宮方面に

車の並んでいるところを すり抜けるように進みます

この後が好きで この道を選びました

写真が多くなるので 次に続きます



京都、嵐山にて ある日曜日の壁ぎわ⑤

嵐山の散策です

散策と言っても 大覚寺や天竜寺 化野念仏寺  
オルゴール館 トロッコ列車

何度も案内した所

一人で行っても つまらないから


CIMG1106.jpg

風風の湯 ここ前回来て入ったところ

最近の若者もだけれど 外国人は 銭湯の入り方を知らないから困る

掛け湯などもだが 一番困るのは 手ぬぐい(タオル)を 浴室に持って入らない奴ら

ぼとぼとのままで出て行く

教えてやりたいが 言葉が通じない

日本の若者もそうである

「そんなん法律で決まってんのか!」

モラルも何もあったものんじゃない

バスタオルを巻いて 入ってくる奴まで居るのが恐ろしい

って ボヤキの場じゃなかった



CIMG1107.jpg

嵐山の駅から 渡月橋に向かって散歩です

この橋を渡って 川原に出て

CIMG1108.jpg

昔ながらの団子屋

CIMG1109.jpg

茶屋の看板もあるけれど

西岸の 松の木の外の店は空いてます

CIMG1110.jpg

渡月橋からの この河原の砂利道

魔よけの効果があるのかな

CIMG1111.jpg

渡月橋の写真を撮るのに ありがたい

みゃーみゃー民族排除の効果があるようです

CIMG1112.jpg

橋の東岸には 観光バスも多く

CIMG1113.jpg

魔よけが効いてないので

この人だかり

五月蠅いのと 

写真を撮ると必ず写り込みます

CIMG1114.jpg

西側には ベンチと少しだけの人

日本人が多い所

あの橋のたもとで 何かの力が働いで 押し返します

CIMG1115.jpg

渡月橋の上には 人影は少なくないけれど

CIMG1116.jpg

渡月橋の写真が撮りやすい



CIMG1117.jpg

渡月橋 西のたもとの人力車

私と目が合いそうになると、そらすのはなぜ?

CIMG1118.jpg

渡月橋の上手

CIMG1120.jpg

鵜飼があり 屋形船も出るところ

お金がある人の遊び場ですね

舟でしか行けない宿もあるんですよ

CIMG1121.jpg

車折神社嵐山頓宮

嵐山で外国人が 一番不思議がり
日本人が目もくれない所

芸能の社 車折神社の頓宮 頓宮とは、仮に造った宮のこと
借り宮をいつまでそのままにしておくんだろう

お参りもできなく 入口が閉ざされて 
中の様子もわかりません

いわば固定資産税の要らない別荘状態です


CIMG1122.jpg

さて混みあう商店街へ

外国人比率が 50パーセントを越すところです

CIMG1123.jpg

車折茶屋のここだけの桜餅

桜の葉に包まれた 白いお餅です

CIMG1124.jpg

わらび餅もありました

CIMG1125.jpg

生八つ橋の店 バス降り場で試食品食べたから
こちらに寄る人は少ないのです


CIMG1126.jpg

練り天のような揚げ物を売る店

外国人にはこちらの方が人気のようです


CIMG1127.jpg

浴衣姿のおねぇさんが 試食品の生八つ橋持って寂しそう

看板娘なのに

別嬪さんでも 最近生八つ橋は バス降り場の勝ち

外国の人は 清水辺りで散々食べてるから…

CIMG1128.jpg

まだ朝だし

CIMG1129.jpg

暑気も和らいできたので

抹茶ソフトの売れ行きも そろそろ落ちて来たか


CIMG1130.jpg

今回したかったこと

嵐電嵐山の駅で

CIMG1131.jpg

生ビール…じゃない

損な観光地価格で 立ち飲みしてどこが嬉しい

だいたい 一杯 600円とか700円ですから


CIMG1132.jpg


この店で プレミアムソフトクリームの 看板の写真を撮りたかったのですが

一個千円 金箔ソフト  無くなっていました


私が一番日本で高いソフトクリームと思っていたのに…

もっとも買う気などさらさら無かったけれどね


CIMG1133.jpg

嵐山駅限定ビール

さらりとした呑みやすさなんて書いてありましたが

缶ビール 右が400円 左が600円

これはお土産値段ですよ……


そうか

観光地の土産物屋だったのですね

CIMG1134.jpg

嵐電の嵐山駅の 切符売り場で

CIMG1135.jpg

220円の切符を買いました

べつに 路線バスみたいに 現金で良いのですけれどね

金閣寺方面や 北野白梅町あたりへ向かうには
500円の乗り放題切符を買うと面白いですよ


では 
 またまた 鉄ちゃんになるぞ

それは次の記事で



続きを読む

阪急嵐山線で鉄ちゃん   ある日曜日の壁ぎわ④

梅田から阪急京都線でゆられて京都です

本当は祝日だけ走っている 京トレインに乗りたかったけど
時間が合わずに諦めました


CIMG1091.jpg

桂で乗り換えです

久しぶりに 嵐山線に乗りましょう


CIMG1092.jpg

と 梅田に向かうホームに 京トレインが

今日は乗り放題のカードもっているから 乗れるんだけれど
でも間に合いそうもない 残念!


CIMG1093.jpg

その代わり 阪急の嵐山線は かなり古い車両です


CIMG1094.jpg

何処かの子供みたいに 一番前を陣取ってます

今日は撮り鉄じゃ~


CIMG1095.jpg

撮り鉄だから 運転士さんも

決して女性だからじゃありません


CIMG1096.jpg

かつら駅を出ると 右の二本は河原町方面

嵐山へは 単線です


CIMG1097.jpg

すぐに単線になりました

単線の線路は 2本です


カーブを曲がってすぐ



その線路に はるか向こうから 
こちらに向かって走ってくる電車が見えたのです


CIMG1098.jpg

安心してください

上桂の駅に停まって待ってくれてました


CIMG1099.jpg

この左のレールの 継ぎ目を見て安心です

今日は鉄ちゃんですから こんなところまで見ています


CIMG1100.jpg


上桂の次は 松尾大社

17日には ここで降りる予定です

おなじみ 京料理『とりよね』さんのあるところです


CIMG1101.jpg

松尾大社を出て

両手でレバー引っ張るところが可愛いですよ


CIMG1102.jpg

この先は 左側に入りますね

レールを見ているのも楽しいですね


CIMG1103.jpg

私の好きな突き当りの駅

ここでブレーキが利かなくなったらどうしようかと思わせる駅です

だから

電車の終点でも 先に線路のあるところは好きじゃないのです。


CIMG1104.jpg

停まるな…  

止まるな~!!


でも ちゃんと 停止位置に止まりました

CIMG1105.jpg


あ~楽しかった

さて 阪急嵐山の駅に到着
では観光に移りましょうか

それは明日の記事で







ここらで温泉でも 夜久野高原温泉 丹波の旅番外編

うろうろしていると 温泉に入りたくなった

たしか 県境辺りに 道の駅と温泉があったなぁ



CIMG0718.jpg

無料の自動車専用道でただ一か所有料のトンネルのある場所を過ぎて

山東で降りて 北へ

9号線を京都に向かうとすぐ

県境を越えた所に

CIMG0719.jpg

道の駅があります

道の駅 農匠の郷やくの です

CIMG0720.jpg

レストラン

CIMG0721.jpg

高原温泉

CIMG0722.jpg

地元の農産物売り場

CIMG0723.jpg

色々楽しめる 広大な施設

暑い時には ほとんど人の居ない所

CIMG0724.jpg

化石とやくの 資料館

入場料100円  けちってしまった



CIMG0726.jpg

いろんな建物があるので

歩いて回ると ちょっと大変でした

こちらは 木と漆の館

CIMG0727.jpg

工芸教室と 漆器の販売もやってました

どちらも似合いそうもないおっさんに

どうぞお入りくださいと言った スタッフが戸惑ってました

CIMG0728.jpg

裏手には ベゴニア園

でも この時期 ビニールハウスには入りたく無いですよね

CIMG0729.jpg


創作もできる 和菓子の体験所

ここも無人状態


CIMG0725.jpg


では 高原温泉で ゆっくりと

CIMG0730.jpg

室内風呂はほぼ貸切り状態

他の人は 階下の露天風呂に入った模様

私も後で行くのですが

バンガロー風の高い天井が良いですね



源泉が34度の単純温泉(低張性中性温泉)でした


詳しくはこちらで

ちょっとだけ京都府により道でした


でもこの辺り 温泉は結構あるのですが 
単純泉ばかりで ちょっと物足りない壁ぎわでした



続きを読む

小浜旭座と二王の湯

ちょっと足を延ばしたついでに
最近はまっている カードラリー

どうせなら この辺りクリアしておこう


DSCN2244_201707110844226b4.jpg

福井県の嶺南地方

一番西側が高浜で 原発のあるところ
隣は京都だし、南側には琵琶湖滋賀県です

そして前アメリカ大統領と福井市までは
名前が同じだっただけで取り上げられた小浜市

そこまで足を延ばそうとしたら 25キロ 
そのぐらいなら行って見ますか

ちなみに高浜原発から 
福井の県庁所在地福井市まで100キロ
京都の県庁所在地京都市 
滋賀県の県庁所在地大津 ともに80キロぐらいです


DSCN2245_20170711084423cd7.jpg

この若狭湾岸の道
走っていると違和感を覚えます

ちょうどバブルのはじける前の 観光地

田舎なのに 公共の建物がやけに西洋化されていたり


DSCN2246.jpg

街道筋に 訳の判らない飾りが有ったり


DSCN2247_20170711084504bb4.jpg


情報交差点 ぽーたる

この建物は何を模しているの?

DSCN2249_20170711084505cef.jpg

陸橋のガードレールにまで この色使い




DSCN2250_20170711084506e9f.jpg

ようやく小浜市です


DSCN2251.jpg

新しくできた 情報発信基地


DSCN2252_20170711084544b37.jpg

昔ながらの趣を残して…

ならここまでの道は何だったんだ

それは隣町 バブルの香りを残した町ですから


原発が安全と言うなら 補償費なんか無くせばいい
ならば 文句も言いませんよ
その分我々の負担になっているのだから
逆差別、●落問題と変わりが無いように思うのですが…

DSCN2263_2017071108441937f.jpg

カードをゲットしたら
高速を通って帰りましょうか


DSCN2253_20170711084546998.jpg


折角 高速に乗ったと思えば

付けられていたか……

見覚えのある車が 後ろをついてきます

DSCN2254_20170711084547cd2.jpg

制限が70キロ
それなら 降りましょう
下の道の方が距離が短いですから


DSCN2256_201707110846246bb.jpg

綾部に向かう道の途中にある 二王館

雨の中立ち寄って 日帰り入浴


DSCN2257_20170711084626cf9.jpg

なぜ 今回の旅は私をいじめようとする


間もなく終了です
20周年サービス

ビール半額です

この風呂上がりの生ビールを
半額になっている生ビールを

あきらめろと言うのか…


DSCN2258.jpg

後ろ髪を引かれる思いで後にする 二王館

まだ周囲も明るいのに…(これは関係ないか)


DSCN2262_201707110846284a1.jpg

結局カードを手に 

帰路についた今回の旅でした







プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR