FC2ブログ

湯ノ花温泉 烟河 (けぶりかわ)

今回のドライブの締めは
やっぱり温泉でしょう

湯ノ花温泉 烟河 (けぶりかわ)に向かいましょう

こんな感じのリゾート施設です

CIMG8547.jpg

京都市の西側
トロッコ列車と 保津峡の舟下りがこの亀岡ですから

そこにあるのが京都の奥座敷 湯ノ花温泉です

CIMG8548.jpg

ここもいいのですが 
渓山閣

ここは 日帰りのみの入浴可能です
上をクリックすると 日帰り不可の日もわかります

ただ… 観光バスが多く止まっていたので今日はパス

CIMG8549.jpg

「松園荘保津川亭」を トップとして
ほとんどの旅館は 料理付きでないと 日帰り入浴は出来ないから…



CIMG8550.jpg

ならば穴場の リゾート施設のような
温泉街から国道を越えた丘の上

CIMG8551.jpg

湯ノ花温泉 烟河 (けぶりかわ)です

CIMG8552.jpg

フロント前の 自販機で チケットを購入して
奥の奥の 温泉上の番台に 渡して入ります

セット券は ランチバイキングと入浴券

入浴だけだと 700円です

CIMG8553.jpg

この日は団体さんが バイキングに来てました
バイキング会場満席です
日曜日だもんなぁ…

ただ 団体さんは 入浴してから食事だから
温泉はすいているはず

CIMG8554.jpg

通路を通り抜けて

CIMG8556.jpg

元亀の湯に到着
この奥に番台のおばちゃんが
チケットいただきますと


CIMG8555.jpg

そしてここからはカメラ禁止ですから…

日曜日なのに ちょうど時間が良かったか
手足伸ばして ゆったりと入れました

ちょっとおすすめの 温泉でした


スポンサーサイト

亀岡の酒蔵

いつもドライブだと 川西から亀岡を経由して 北に上ることが多いのですが

CIMG8521.jpg

湯の花温泉あたりで 気になる景色が有ります

酒の館ですから

ただ…  翁鶴って 聞いたことないなぁ…

ちょとだけ味見をしに寄りたいのだけれど…

CIMG8522.jpg


ただ すぐ前に こんな施設が有るんだよね

まして一人で入った 人相の悪いおっさん
そりゃ チェックするよねぇ

CIMG8523.jpg

初めて入った建物ですが

ここに入っても
味見はしませんでした

CIMG8524.jpg

しぼりたてと

CIMG8525.jpg


チョロギ酒と言うのが気になりますが

思いのほか 高いですね

CIMG8526.jpg

二階に 酒造り資料館なる物があると

テレビにも取材されたんだと

CIMG8527.jpg

酒蔵好適米の稲穂
でもここの酒ほとんど 五百万国なんだって

CIMG8528.jpg

昔の酒つくりの樽

CIMG8529.jpg

酒の作り方の解説

CIMG8530.jpg

酒樽と

CIMG8531.jpg



CIMG8532.jpg

精米歩合の違う米

CIMG8533.jpg

直販の蔵から奥に行くと
茶店風のお店が

CIMG8534.jpg

甘酒ありますと
それはいいのだが

のれんに 地酒って
ここの酒だけでしょうが

CIMG8535.jpg

この店にも こんなものが並べてありました

CIMG8536.jpg

そして 蔵見学のための 本蔵

でもここに 暖簾は要らんやろうに

CIMG8557.jpg

購入して帰った 搾りたての酒を

CIMG8558.jpg

五百万国のさらりとした中に 香りの旨味が…

特に強いコクとかは無いんだな

値段の割に 普通かな。






稗田野神社


亀岡の稗田野神社です

薭田野神社(京都府亀岡市薭田野町佐伯)は和銅二年(709)の創建でその後平安時代 には延喜式(927)に記された古社。
御祭神は保食命 (うけもちのみこと) 大山祇命(おおやまずみのみこと) 野椎命(のづちのみこと)の三柱で五穀豊穣の守護神。

CIMG8537.jpg

鳥居をくぐると 観光客も居ました
観光タクシーが二台停まり 運転手が案内していました

CIMG8538.jpg


病気封じ 特に女性病や
ガン封じにご利益があるんだと

CIMG8539.jpg

稲荷神社

CIMG8540.jpg

鎌倉時代の正元二年(1260)、神宮寺が建てられたが
この寺は八幡の橋本坊の末寺であったことから
八幡の別宮と考えられ、当社は稗田野八幡宮とも称されていた。

なお神宮寺は、明治の廃仏毀釈によって廃止された。

CIMG8541.jpg

石の環くぐり

「石の環くぐり」では願い事を一心に念じながらくぐると、願い事を達成するまで頑張れる気力を授かることが出来るとありました。
気力ですか
気力だけですか?

CIMG8542.jpg

手水場の近くにも

CIMG8544.jpg


こんな石が有り

CIMG8543.jpg

案内には必勝祈願石とかいて

説明には 必勝気力石と書いてありました

ようは 気力ですね

元プロレスラーのなんとか言う人は…  あれは気合じゃ~ですね

CIMG8545.jpg


石は 無くならないから

最近 日本の仏像が取られては 朝鮮半島で見つかることが多いか

そのうち ここらの石も危ないかも

CIMG8546.jpg

石の説明を 石に彫り込んでました

やっぱりこの時期
無税の場に行くと ストレスになる 壁ぎわでした




出雲庵の蕎麦

お城の周囲にできる街を 城下町

お寺や神社の周囲の町を門前町と言いますが
調べてみると
門前町(もんぜんまち)とは、有力な寺院・神社の周辺に形成された町のこと。
特に神社の場合は、鳥居前町(とりいまえまち)という。
大規模で多くの参詣者を集める神社や寺院の前に、社寺関係者および参拝客を相手にする商工業者が集まることによって形成される。

ただ、大きい有名な神社仏閣でなくても
参拝者を狙って うどん屋や蕎麦屋がある

そのソバ屋で 手打ちと書いてあると ぜひとも寄りたくなってしまう

前書きが長くなってしまったが


CIMG8511.jpg

出雲大神宮の前に有るから

出雲庵 

名水手打 石臼引き十割そばの店です

古民家?
いいえこのあたりの家はみんなこんな感じです

CIMG8513.jpg

内部も 落ち着いた感じ
囲炉裏で一匹の魚が焼けてました


CIMG8514.jpg

定食にするか

CIMG8515.jpg

単品にするか

十割の手打ちは やはり値が張りますね

昔はそばは貧乏人の(米の出来ない貧しい土地と言う意味)の食い物だったのに



CIMG8516.jpg

定食を 選びました

麺にご飯と言うのは 邪道と思うのですが
アユの甘露煮が 天然と書いてあったので
でもこの時期なら冷凍に決まっているんだけれどね


CIMG8517.jpg

じいちゃんと ばあちゃんと 娘さんと 孫娘と そんな感じで
商売してました

いそがずに のんびりと…

手打ちの まばらさが好きですね

でも誰が打つんだろう?

CIMG8518.jpg

アユの甘露煮は きっとばあちゃんだと思うけれど


CIMG8519.jpg

この蕎麦は誰が打って
誰が茹でるんだろう

何故そんなに気にするのかって?

だって 何のために??

CIMG8520.jpg


麺の下に隠れていた
これはどういう意味??……(笑)








出雲大神宮  亀岡で遊ぼう

帰ってから 色々調べてみた
神社の格と言えば 伊勢神宮 出雲大社を上位に置き
神宮そして 神社と 言っていることは知っているが
大神宮とは??


第二次世界大戦終戦までは、新たに「神宮」の社号を名乗るためには勅許(国の許可)が必要であった。
戦後は神社の国家管理は廃止されたため、「神宮」号を名乗る際に勅許は不要となった。
 しかし現在でもなお神社本庁傘下において、「神宮」を公式な社号として名乗る神社は特別の由緒を持つものに限られている。

戦後、神社本庁に属する神社で「神宮」号を公式に称したのは、いずれも神社本庁の特別な承認を受けて改称した北海道神宮(旧札幌神社・北海道)、伊弉諾神宮(旧伊弉諾神社・兵庫県)、英彦山神宮(旧英彦山神社・福岡県)の3社のみである。


出雲大神宮で調べてみると

出雲大神宮(いずもだいじんぐう)は、京都府亀岡市千歳町千歳字出雲にある神社。
式内社(名神大社)、丹波国一宮。
旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁に属さない単立神社。
旧称は「出雲神社」。別称として「元出雲」や「千年宮」とも。



出雲大神宮は「出雲」を社名としているが、
島根県の出雲大社や同じ亀岡市内にある出雲大社京都分院(亀岡市下矢田町)とは別法人の神社である。

祭神の大国主神については、一般には出雲国の出雲大社(杵築大社)から勧請したとされている。
ただし社伝では逆に、出雲大社の方が出雲大神宮より勧請を受けたとし、
「元出雲」の通称がある。社伝では、『丹波国風土記』逸文として「元明天皇和銅年中、大国主神御一柱のみを島根の杵築の地に遷す」の記述があるとする
(ただし、社伝で主張するのみでその逸文も不詳)





CIMG8483.jpg


つまり 岡山のライオンさんに言わせると
バッ〇もんと言われそう

それでも 田舎に根付いているのなら……


CIMG8487.jpg

これは どう言ういわれだろう

説明はなく 賽銭箱だけ置いてあった

CIMG8488.jpg

とりあえず 撫でておいてやろう

CIMG8489.jpg

広い境内だ

CIMG8491.jpg

手水場の横には


CIMG8490.jpg

水汲み場もあった 汲みに来ている人が


CIMG8493.jpg

真名井のいずみ

でも こうして立札を見ると

大きな文字ほど 訴えたい言葉
そのうえ赤い文字だと…

CIMG8494.jpg

説明文を もう一度

CIMG8495.jpg

この水を汲みに 大きなペットボトル 20本ほど持ってきていた
兄ちゃんと おばさん 二つあるこんなところでそれぞれ汲んで帰って行った

CIMG8498.jpg

もちろんさい銭なんか出しもしなかっただけでなく
本殿に 手もあわせてなかったもんなぁ…

CIMG8497.jpg

ただその泉の隣には
夫婦岩だって
今度は伊勢か!?

CIMG8500.jpg

こちらは 大国 恵比寿 舎
金持ちになりたい人はこちらに
たっぷりの浄財を

CIMG8501.jpg

ちゃんと鳥居も賽銭箱もありますから

CIMG8502.jpg

高祖より一万年前

もうそこまで言うか

CIMG8503.jpg

建物は荘厳

CIMG8504.jpg

あちこちに標識が

CIMG8505.jpg

地図はありがたいのだが
古墳まで神社なんや

CIMG8506.jpg

私は本殿までで

CIMG8507.jpg

なにかの お祭りか
宮司にお祓いを受けている人を見ました

氏子さんかな?

今は確定申告の時期
税金が何故こんなにとられるんやと 政府を嘆いている時期

そんな時期に ここは 無税と言うのがうらやましくて

ついつい重箱の隅をつついてしまう
壁ぎわでした




ウサギ像を訪ねて 亀岡で遊ぼう

今季最後の牡蠣ツアー 
そう思っていたのだが、
みんな都合が悪いようで

行くはずだった人も 体調不良です
今の体で牡蠣を食べるのが怖い
そう言われると仕方が有りませんからね

一人では 20回も30回も行って居る土地ですから
わざわざ行かなくてもいいよね

近場だけれど なかなか人の行かない所を攻めてみようか

別にあてもなしに家を飛び出しました


CIMG8472.jpg

川西能勢口を北に
多田神社に向かう 赤い欄干の有る橋を渡り

CIMG8473.jpg

妙見山はどうかな
妙見口のケーブル乗り場

CIMG8474.jpg

3月の15日まで 運休だと

CIMG8475.jpg

車両は駅でなく 少し上に置いてありました

CIMG8476.jpg

大阪府の北端 能勢を走り抜け

CIMG8478.jpg

京都の奥座敷 湯ノ花温泉

近くには保津峡の川下りの乗り口の有る 亀岡です

CIMG8480.jpg

保津川を横切り

CIMG8481.jpg

北丹と言う標識を信じて北に


CIMG8482.jpg

人も車も居ないところに

途中面白そうな矢印が目に付いたので

寄り道するか

CIMG8483.jpg

出雲大社ではなく  出雲大神宮

出雲大社の分詞は 亀岡~京都市に入ったところにあるのだけれど
これは別物ですね

何か言われがあるのか それとも…

CIMG8487.jpg

境内に入ると

いきなりウサギが迎えてくれました

つづく





ライオン暴れる サントリービール工場 夏の合宿②

梅田から 阪急京都線で西山天王山まで
高槻で準急に乗り換えるはずが
長岡天神まで行ってしまった

一駅戻りますか
こんな時 一日パスは強いですね
駅員から文句を言われる筋合いはありませんから

CIMG6601.jpg

西山天王山駅前から このバスで向かいます

ライオンさん(岡山の連れ)が このバスいくらなんやと聞くので
200円やからみんなの分払っておいてと言うと

お金を入れるところが無いぞと探し出す

無料送迎バスだと言うと

無料と言う言葉に反応して
きっと阪急西山天王山から 
JR長岡京まで無料で乗っている奴いるぞと

本人が長岡京で降りたので
皆で手を振ってやると あわてて乗りなおしてきた

運転手さん迷惑かけました

今から我々はどこに行くんや
これビール工場の送迎バスやで

ただ乗りしている奴を確かめようとしてたんや


でも
西山天王山で乗って
JR長岡京で降りたん ライオンさんだけやで

昔も今も…

ただ 彼だけは素面です

串カツ屋には来てませんから


CIMG6604.jpg

なんやかんやと珍道中 
サントリーのビール工場に着きました

このモニュメント 
1970年の大阪万博でサントリー館の前に有ったものです

CIMG6602.jpg

この注意書きを わざわざ撮影して
ライオンさんに見せました



CIMG6605.jpg

でも説明が始まると

CIMG6606.jpg

ライオンさんの目が

CIMG6607.jpg

虎視眈々 いいえ ライオン視眈々

CIMG6614.jpg

工場見学をしながらも

CIMG6616.jpg

説明を受けてても

CIMG6619.jpg

そして試飲タイム

わしゃ~ このつまみが好きなんじゃ
わしにだけもう一袋呉れんかなぁ…

CIMG6620.jpg

こうして呑むと いつも飲んどるプレモルが薄う感じるんじゃ
(注 普段プレモルは飲んでない)

こりゃどちらかが バッタモンなんじゃで
(工場の試飲が バッタモン(偽物)の訳が無いのに)

最初から ライオンさん全開です


CIMG6621.jpg


そして最後に何か聞いています
風貌と その声の大きさに

サントリーの男子職員と 警備員が駆け付けました

彼女が世間話しているだけですと
止めてくれたので 事件にはなりませんでしたが

やっぱり 並の人とは違いますね 

さすが岡山の人ですね




京おどり   京おどりの日③

西院から 河原町へ再び阪急電車で


CIMG3795.jpg


この日は日曜日だから この車両にも乗っていいのです

CIMG3796.jpg

桜満開の桂川
アベックの並ぶ河原です

CIMG3797.jpg

こんなところを歩いて

CIMG3798.jpg

まもなくです
宮川町の通り

CIMG3799.jpg

私のなじみの 冨美祐さんのお店

CIMG3800.jpg

ここが宮川町歌舞練場

CIMG3801.jpg

踊りは撮影禁止と書いてありましたが

其れだけでなく お茶席も撮影禁止ですと

CIMG3802.jpg

これが舞台の緞帳

写真はここまでなのですが
それじゃ何を見たかわからない
10年以上前の写真を引っ張り出してみました

この頃の舞妓ちゃん
芸妓になっているか それとも引退しているかですが…

ぐるめ 481



2009 046



2009 122



2009 095


著作権もなしに 変な風に使われるので (特に外国で)撮影禁止になったそうです

惜しいですねぇ…



金閣寺へ  MGの会 ⑧

せっかく北山に来ているのだから
金閣寺に行ってみいひん(みないか)

そう言えば最近行ったことないとか
学生時代以来やなんて声も
アンタの学生時代ってなん十年前や?

バスの乗り放題買っているのだから 
行こうと尻が軽いのです

がにちゃ~ん

悪いやつ連れて行くけどごめんね…


CIMG2772.jpg

左大文字

CIMG2773.jpg

鐘楼
一回200円でならせます

CIMG2774.jpg

これが金閣

室町時代、
三代将軍足利義満が建立させたものです
鹿苑寺の金閣です

金閣寺と言うのは通称です

銀閣は 八代将軍義政の造ったもの
慈照寺銀閣です


CIMG2776.jpg

堂々とした風格
○○人の好きな色
ほぼ半数? それ以上が 外国人でした

CIMG2777.jpg

この日は風はなく 水面にも写っていました

CIMG2778.jpg

横から

CIMG2779.jpg

裏手から

P1040502.jpg

カメラを変えて

P1040504.jpg

金閣

P1040507.jpg

屋根の鳳凰

P1040509.jpg

中の仏像も

P1040511.jpg

この池に面した所が
撮影ポイント

でも集合写真などはお断りしています
大変混みあいますから

P1040513.jpg

でも 息の合ったメンバー

「みんなこっち向いて!」
ぴったり!

これって集合写真じゃないよね

P1040515.jpg

ズームでこんな写真撮っても
罰当たりませんよね

P1040516.jpg

角度を変えての鳳凰

昔こんな怖い顔じゃ無かったぞ

やっぱり怒ってるの
それとも岡山の人間連れてきたから??

P1040530.jpg

裏手には小山が有り

P1040532.jpg

それぞれの水が有ったようです

P1040533.jpg

これが新たな 賽銭場??


CIMG2783.jpg

何かやろうというの?

CIMG2784.jpg

それよりこれ

8代将軍義政の哀調品なら 銀閣に置けよ

CIMG2785.jpg

旧茶室

CIMG2786.jpg

今の営業茶室?
500円です

CIMG2787.jpg

そして最後は不動堂

今日は最初から最後まで お不動さんでした


のーまくさんまんだーばーざらだーせんだーまーかろしゃーだーそはたやうんたらたかんまん


CIMG2788.jpg

金閣寺をでたところの ソフトクリームやで

まだ残っていた 金箔アイス

CIMG2791.jpg

そして帰りのバスで

ダウンの下が 着物姿の 韓国の女の子にちょっかいかけるライオン
言葉も通じないのに よく話しかけるね
触っていたら現行犯なのに…笑



続きを読む

炙り餅の一和  MGの会 ⑦

今宮神社から横の門を出ると


CIMG2758.jpg

参道の茶店が
今宮炙り餅と書いてます

CIMG2759.jpg

ここに入るでと
いち和って これは茶店

そりゃサギやで
お茶屋と茶店は全然違うやないか


CIMG2761.jpg

炙り餅って こうして炙るから炙り餅なんや


CIMG2762.jpg

昔からの 炙り方なんだろうけれど


CIMG2763.jpg

引っ付かない 金網をプレゼントしたい…


CIMG2764.jpg

一人前 13本

割り切れない数字がいいんだと
でもそれでも合わせて小餅一個分ぐらいですから


CIMG2765.jpg

二回の座敷に通されて
ほっこりです


CIMG2766.jpg

歩き疲れて ようやく畳に座り
茶飲んで よみがえった おっさんたち


CIMG2768.jpg

お土産は 3人前からです


CIMG2769.jpg

これが一人前


CIMG2770.jpg

しっかり焦げたところも愛嬌です


CIMG2771.jpg


それよりこの 割れ楊枝
餅が回って落ちないようにと いいもの使ってますね


P1040499.jpg



P1040500.jpg


記念撮影でした




プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR