FC2ブログ

再び坂越

東横イン 赤穂駅前に泊まった翌日は

観光客が来る前の 坂越の海の駅に行って見ようかと


CIMG8025.jpg



休日の昼間は停めるところに往生しますから

CIMG8018.jpg

海の駅 しおさい市場

中のレストランでは 5分前に 6人待ってました


CIMG8019.jpg

私は外のこの店で

CIMG8020.jpg

外の牡蠣食べ放題は少し安いけど
食べ放題って もとを取る自信がない
2000円でも高いぐらいです

CIMG8021.jpg

牡蠣味噌ラーメン 550円を

CIMG8022.jpg

麺はこんな感じの中華麺です

CIMG8023.jpg

ひとくし 350円の牡蠣フライも

CIMG8024.jpg

コチラが 焼牡蠣食べ放題のテーブルです



CIMG8026.jpg

続いて下記の作業場に

養殖の牡蠣は ロープにつるされています
それを外して 外の汚れを取ります

そんな作業場で 直売しています


CIMG8027.jpg

これはばらして 洗った後の牡蠣

再び 今度は生簀(水槽に入れとく為の籠)

CIMG8028.jpg


裏手の 水産会社が並ぶところでは
牡蠣の選別をしていました

大 中 小で値が違います
又傷物はもっと安かった

このマークは 昨日行った かましまの店のマークでした



スポンサーサイト

赤穂でもう一軒 主税(ちから)

旅のプロ 壁ぎわが
今回大間違いをしてしまった
連休とは言え 播州赤穂のビジネスに
日曜日宿泊したことだった

土地の名物を食べながら
地酒で楽しんで、そして場末のスナックへ

これが楽しみなのだが…
播州赤穂の店の閉店時間は早い
それだけなら良いのだが

日曜日は ほとんど定休日だ
美鶴、よしとよ、近くの寿司屋も

何とか開いていたのが この居酒屋だった

CIMG8008.jpg

牡蠣のシーズンですと書いてあっても
生は無い

当然 この日の仕入れじゃ無いんだろうなぁ…

CIMG8009.jpg

メニューが 揚げ物焼き物ばかり
涙で曇ってしまう

CIMG8010.jpg

付き出し 向付?
黒豆の枝豆(冷凍) 鰺の南蛮漬け、ゴボウサラダ

CIMG8011.jpg

ビールも寒くって

あつあつなら ヒレ酒ある?

CIMG8012.jpg

造り盛り合わせ

CIMG8013.jpg

牡蠣の酒蒸し

CIMG8014.jpg

地酒 忠臣蔵は旨いが…

CIMG8015.jpg

どうもこの店の押しは

海鮮ではなく これらしい

大きな手羽先が出て来ました

これはこれで旨いね
ならビール貰おうか




CIMG8016.jpg


愛想の良い マスターに
今日は帰ると 宿に戻りました




牡蠣を食べに 播州赤穂 かましま

普段赤穂に来たら 赤穂御崎を回り
銀波荘か そこらの   温泉に入り
灯台と 桃井ミュージアムで コーヒーと言うのが定番ですが

CIMG7995.jpg

今回は まだ3時すぎに
播州赤穂の駅までやってきました

隣の東横インに チェックインしたら

CIMG7997.jpg

城跡の方に向かって歩きます

からくり時計  調整中って
壊れたのかよ 
新年早々調子が悪いって ツキが無いぞ

CIMG7998.jpg

その奥の 息継ぎ井戸
浅野の殿様の切腹を知らせに
篭で駆け付けた 
家臣が登城の前に水を飲んだところ

城は目と鼻の先なのに
何故ここで休憩したか

そう思うと 赤穂の街が見えてくるのですが
話が長くなるので 言わずに置いときます

CIMG7999.jpg

今回の目的はここ
人気店かましま

この日は 日曜日 16時閉店の店です

行列のできる店

CIMG8000.jpg

結局 1時間半かかりました

CIMG8001.jpg

こんなのや

CIMG8002.jpg

こんなのたべるのに 
1時間も2時間も並んでいるんです

木金土だけ 夜もやってますが
席の空いているのを見たことが無い

初めての入店です

CIMG8004.jpg

牡蠣のバジルソース

CIMG8005.jpg

生ガキ食べ比べ

CIMG8006.jpg


蒸し牡蠣もりあわせ

もちろん ビールもハートランドがありました
ただ 瓶でと言っても グラスで持ってくるし
生ガキ人数分と言っても 一つしか持ってこない

そんなバイトの子に いらいらしながらも
喰った牡蠣は旨かったが…

16時までの店に 17時に入って落ち着けるわけない
そのうえ周囲の人間が 
呑みもせずセットの定食だけ食べている…

今度夜に入ってみたいものです




かましま 赤穂店
ジャンル:牡蠣料理
アクセス:JR赤穂線播州赤穂駅南出口 徒歩9分
住所:〒678-0239 兵庫県赤穂市加里屋2103-14(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 赤穂×牡蠣料理(かき料理)
情報掲載日:2019年2月16日



揖保乃糸の最高級そうめんが食べたくて すくね茶屋

たつの市に来たのだから
次は揖保乃糸だね

揖保乃糸資料館に行くと思わせて
向かうのは すくね茶屋でした

揖保乃糸資料館は 金取るくせに
機械は長く故障したまま
観光バスの客の安いランチ場所になっているだけですから


CIMG7982.jpg

たつの城址の西
赤とんぼ荘のある丘のすくね茶屋です


CIMG7990.jpg

古民家のたたずまいです


CIMG7989.jpg

地元料理の料亭風です



CIMG7984.jpg

私はそうめんを食べに来ただけですから

三年物 大ひね素麺  揖保乃糸の中でも高級品ですが

私は ここでしか食べられない 三神を

CIMG7983.jpg

三神って こういうもの

揖保乃糸

これだけの種類の 最高峰

 50gに 550本  普通の素麺は 400本です


CIMG7986.jpg

三神の冷やしそうめん


CIMG7988.jpg


この細さが 40秒から一分で茹で上がります

この素麺の歯ざわり 特別な感覚です



CIMG7991.jpg

そして これが 赤とんぼ荘
童謡 赤とんぼが作られたところです

CIMG7992.jpg


向いが童謡の森

これでたつの見学を終え 相生に向かいます





赤穂の街  牡蠣ツアー③

播州赤穂の街に入ってきました



CIMG0076.jpg


赤穂城址の石垣です


CIMG0077.jpg


からくり時計の所までやってきました

今閉まったばかり 車停めるまでは 動いていたのですが…



さて ここに来たのは 『赤穂の塩せんべい買ってきてほしい』

奥さんにそう頼まれたんだと

日ごろ無理をかけているんだから 買って帰ってやれよ

そう言いながらも これだけ何度も来ている私が見たことない

塩味饅頭 塩味羊羹 塩味最中 塩味大福 までは知っているのですが

塩せんべいだけは聞いたことがない


CIMG0078.jpg


そんなときはここが 役にたつと思ったのですが

パートのおばさんも知らないと


こんな時はあきらめが早い


CIMG0079.jpg


向かいの こだわりの10割そば喰いに行くか


CIMG0080.jpg


ソバせんべい


CIMG0081.jpg


こだわりの10割そば


CIMG0082.jpg


一寸で23回切り込みを入れた細さ

色々とそばについて語ってくれます

P1240098.jpg


去年来た時より この親父 パワーアップしてました



CIMG0083.jpg


蕎麦湯を寒天で固めたものに

黒蜜ときな粉がかかってます

このあと 主婦の店に立ち寄って


田舎のおかき


ここの 塩せんべいと言うのもあったので買って帰ることに

新潟で作っていた…


ところが 帰って 調べると


姫路塩せんべい


こういうのがあったようだ

赤穂でなく姫路で作っているのだけれど

それでもこれが良かったんだよね



P1240101.jpg


この櫓の前の店にあるらしいよ

次回2月行ったときに 買って帰ろうね






続きを読む

相生で牡蠣を  牡蠣ツアー①

待ちに待った牡蠣ツアー

最近雪の降る日が多いのですが

日ごろの行いが良かったのか 
(壁ぎわのではありません、あくまでも同行者の)


雪の合間のツアーとなりました


CIMG0049.jpg


海沿いの道の駅です

ここは御津




CIMG0050.jpg


ここもバーべQ やってます


CIMG0052.jpg


野菜直売もやってます

少し安いんです


CIMG0054.jpg


この値段を毎年調べてます

単純に 牡蠣一個 100円で計算して

牡蠣ごはんにゃ汁などが付くから 500円割引して

カキフライやデザートが付くともう500円見積もっても

30個は食べないと 元を取った気にならないんだよね


と言う事でスルーして


2011 071

相生の 魚稚に


CIMG0056.jpg


バーべQ用牡蠣 1キロ1000円

これで2000円盛りです


CIMG0055.jpg


バーベQ用の席がいくつか作ってあります

席はは早い者勝ち


CIMG0057.jpg


焼き立ては旨い

目安として 貝柱が白く縮んだらOK


CIMG0058.jpg


今回は特別に

活け車エビ 1尾 540円


CIMG0059.jpg


生きているのを焼くのはもったいないでと

皮をむいて踊り食い

頭だけ焼いたらいいかと


CIMG0060.jpg


カキフライも あげたて

冷凍ではありませんから念のために…笑


CIMG0061.jpg


何時も焼いているパックのエビは 持ち帰り用で焼いてくれるなと

その代わりに冷凍のスルメイカ

切ったら 一杯 450円だと 二杯で 900円也


CIMG0062.jpg


牡蠣ばかりだと飽きるから

これがうれしいんだよなぁ…


CIMG0063.jpg


プルプルでまだ生に見えるけれど
貝柱がシッカリ縮んでいるでしょう

熱いんです それだけが心して


CIMG0064.jpg


そして何より

今回運転してくれる人がいたので

アサヒなのが気に入りませんが  それでもこのぐらいで…


注、 みんなの分です


CIMG0065.jpg



さて 相生ペーロン城の横を素通りして 播州赤穂に向かいましょう


行きなれた 播州路 まだまだ楽しみますよ









年が明けたので 牡蠣はどうだ @相生

1月3日 時間が出来たので 

牡蠣を見に相生まで行ってきました

いつも行く 魚市場の魚稚さんは 正月休み 残念!


DSCN8340.jpg


しかたなく道の駅あいおいペーロン城に

この奥に セルフで牡蠣を焼いて食べられる店があるのです


DSCN8341.jpg


では焼きましょう


DSCN8342.jpg


焼けてきました


DSCN8343.jpg

年越して 牡蠣も大きくなってきましたね


一口で口に含むと 旨い!



DSCN8344.jpg


どんどん焼いていきましょう



1483491554426.jpg

アメリカ人も牡蠣が好き

デリシャスだと


DSCN8345.jpg


向うの山を越えて 赤穂市の坂越にも立ち寄ると


DSCN8346.jpg


くいどうらくの 魚稚のレストランだけやってましたが

焼き牡蠣 食べ放題が 4200円に


はるか昔 裕治伯爵と 40数個食べた所です

そのぐらい食べなければ元が取れない値段ですね



DSCN8347.jpg


赤穂岬の先端の神社に立ち寄って

珈琲を飲みにと 桃井ミュージアムも 正月休みでした


DSCN8348.jpg


神社の本殿と 灯台を見たら 赤穂の街なかに降りてみることに

やっぱり 3日までは休みのところが多くて


何処か寄れる所は無いかと 探し回ります

それは次の記事で…









いきなり牡蠣から始まった 牡蠣ツアーの日①

朝9時に中山寺で集合

一路中国道から山陽道を西に向かいます




DSCN0205.jpg


まずはトイレ休憩 三木サービスエリアです


DSCN0206.jpg


三木と言えば金物の町


DSCN0209.jpg


職人道楽と言う店の 豆金物シリーズ

実際に使用されているものと同じ製法で作られたもの

ただし この額の縦が25センチぐらいです


DSCN0210.jpg


同様に料理人向け

出刃、柳刃、右端のは蕎麦包丁ですね

造っているところを見てみたいものです


DSCN0211.jpg

そして このサービスエリアで 気になっているもの

ハンバーガー1000円

神戸ビーフですが…


後ろ髪を引かれる思いで立ち去りました



そして相生到着

今日は海の駅 海鮮市場の方です


DSCN0212.jpg


約10個入って バーベQのほうは 1000円

4人で 40個ぐらいで行って見るか

まず半分ぐらい焼き始めて

DSCN0213.jpg


するめいかも切ってもらい 海老はこのままで焼きましょう

ただ 海老が動いているので 飛び跳ねないか心配です


DSCN0215.jpg

その間にカキフライの係は こちらに


DSCN0216.jpg


カキフライの出来上がり

できたての熱々がたまらない

今年の牡蠣は大きくなったね カキフライも大きい




DSCN0218.jpg


牡蠣も焼けてきたよ


ジューシーで旨い

口いっぱいにほおばって…… 幸せ


DSCN0222.jpg

海老も焼くぞ

やっぱり飛び跳ねるぞ…

残酷な所がまた旨い



DSCN0219.jpg


イカも焼くぞ

イカがご馳走に見えないのがなぜ?

それにビールの無いのが ちょっとかわいそう…

DSCN0223.jpg

でも 牡蠣はどんどん食べるぞ…


DSCN0224.jpg

ここの牡蠣は持ち帰り用 だからキロ900円

バーベQには 1000円です

他の貝は焼いても良いけれど ちょっと高い



DSCN0225.jpg

クルマエビではない きれいなエビ

バーベQにって 踊りで食べる方がよさそう まだ生きているもんね


DSCN0226.jpg


こんなものもありますが

貧乏人には 20個2000円のほうが良い

出来れば隣のテーブルで焼いてくれないことを祈るばかりです



そんな感じの今回のツアーのスタートでした。













芳侖庵 (ホウリンアン )

赤穂で以前から気になっていたソバ屋芳侖庵 (ホウリンアン)です

気になっていたけれど 行ったことがなかった理由それは

営業時間が土・日び ランチタイムだけ 11:30~14:00
しかもソバが 50食限定の店

10割りソバこだわっている そんな店です


P1240088.jpg

6人なんだけれど いいですか?

『すぐあくから表で待って』

食べ終わったおやじたちが 話し込んでいたのに聞こえるように
こりゃ へんコツなオヤジさんだな

でもそのほうが旨いものだしてくれるんだよね

牡蠣ツアー5

表は寒いんだ早く開けてくれよ

へんコツそうなオヤジだったよ 旨いと思うが…

P1240089.jpg

おもてなしはソバせんべい


P1240090.jpg


定食についていた 佃煮


P1240092.jpg

まず蕎麦がき600円をもらいました

普段私が作るのより内部がちょっともちっとした感じ

作り方の秘密教えてもらいました


P1240093.jpg

ぜるそば800円  10割そばの細切り

これも技があるので 10割の細切りができるんだと

茹でて短くボロボロになる10割細切りの店はあかんと

やっぱり へんコツオヤジやん

でも旨いもの出すところ好きだなぁ…

P1240094.jpg

座あるソバの出てくる感じもこんな感じ

私は つゆを少しだけそばチョコに入れて食べます

最初にそばだけすすって、 そのあとつゆをつけて あとで 大根やワサビをそばに少し乗せてちょっとつゆをつけて

色々な食べ方を楽しめますね

P1240095.jpg

あまりに寒い日だったので

同僚は 昆布そば  とろろ昆布がたっぷりと

P1240096.jpg


一杯の掛けそばください

一杯は余分や いつの話や

それに一人で食べるんやろと


しかし暖かいソバでも細切りで腰を残すところがいいね


P1240097.jpg

でざーとの そば粉を使ったもの

P1240099.jpg

天ざるセットなどの定食に付くのはソバ雑炊

少し分けてもらいました

蕎麦米にキノコや野菜を小さく切ったものがあっさりとした味にしてありました



P1240098.jpg


へんこの親父に受けのいいうちのメンバー

牡蠣ツアー4

遊ばれてます…

そのかわりに ソバせんべいお土産にもらっていたなぁ…


子の親父のこんな笑顔 音連れた人の中で見たことある人少ないかも…笑


10割の細切りそば旨かったので
色々尋ねると 教えてくれるのがうれしいですね

そばを練るつなぎの話とか…

それはここで書くわけにはいかないので


P1240101.jpg

赤穂城は 車窓から見るだけ

だって ここで昼まで 車の車外温度計ではマイナス3度でした


さて 次はコーヒー飲みに行きますか

それは明日の記事で

芳侖庵
芳侖庵
ジャンル:手打ちそば
アクセス:JR西日本播州赤穂駅 徒歩7分
住所:〒678-0239 兵庫県赤穂市加里屋2288-44(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 赤穂×そば
情報掲載日:2016年2月2日






2016年牡蠣ツアー 1回目

兵庫県の南東に住む私が、兵庫県の南西まで牡蠣を食べに行く
片道が100キロを超える道のりですが 牡蠣の為ならと毎年数回行っているのですが

去年は雨が多く川からヘドロが流れて不作でしたが 今年は…

ところが 牡蠣養殖の稚貝を作る広島の会社が
去年の土砂崩れで 2割しか作れなかったと

播州地方の養殖業者は、稚貝の買い入れに苦労して
例年の6割しか養殖できなかったと

早目に食べに行きましょう

P1240030.jpg


1月の24日 なんとあの寒気団の来た日

大雪ならあきらめるが 雪が無かったら出発だとチェーンまで購入してました

雪には合いませんでしたが 日中も氷点下の日でした

P1240036.jpg

相生の港の 大豊さん

牡蠣食べ放題の店です

今回一番安い 45分コース 1800円です

P1240037.jpg

テントのなかでも寒かったけれど

雪じゃ無くてよかった

P1240032.jpg

では始めましょう

時間が制約されているから 食べるのも頑張らねば


P1240033.jpg

焼牡蠣の目安
貝柱が白くなるぐらいでOKです


海の塩気でOKですが

ポン酢をかけるのもまたいいですね


P1240034.jpg


旨い~

30以上食べました

買って帰ると 1キロ12個ぐらいで 900円だもんね…

十分に元取ったぞ…


ちなみに この店 60分2400円 90分3000円

牡蠣ご飯、みそ汁、飲み物は別途会計です

また 大あさりやホタテ貝も売ってます

でも 今回はひたすら牡蠣だけ頑張ったもんね

大寒波で客が少ないのもよかった



さて次はどこに向かいましょう
それは次の記事で

プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR