最後は  讃岐うどんツアー 打ち上げ

讃岐うどんツアー最後は鳴門から 淡路島を突き抜けて 舞子に帰ってきました

明石で打ち上げです


CIMG4233.jpg

奇麗になった 淡路島みなみサービスエリア

大鳴門峡を渡ると ライオンもあきらめたようです

ふうこと一緒に姫路まで行って そこから新幹線に乗ると
ご苦労様ですね

朝帰りのほうが楽だしライオン金があるんだから
神戸か明石に マンション買えよと

残す相手もいないんだから

心配なら管理は皆がカギもって 交代でするからさ
それいいなぁ…
皆で集まる時は呼んでやるからさぁ…

ここまで皆に言われて断るようじゃ 男じゃないぞ



CIMG4234.jpg

ライオンの話は置いといて
サービスエリアの話を

ソフトクリームが ラングドシャカップになってました

エクスペンシブです


CIMG4235.jpg

リフレッシュルームと 展望デッキはそのままですね

一人で来た時には 無料のマッサージ器で転寝してましたが…


CIMG4236.jpg

土産物売り場の売店も きれいになって

こんな感じでした

では淡路島突き抜けて

明石へ


廻らない寿司屋に行こうか

すし名人に顔出したのですが いっぱいでした

CIMG4249.jpg

大箱の飲み屋なら

駅前交差点の角の
大庄水産にしますか

CIMG4237.jpg

明石に来たからは タコ食べようか
明石だこ…… 売り切れました
なんだと!?
そこに 魚の棚あるんだから 買って来いよ


CIMG4238.jpg

浜焼や


CIMG4239.jpg

海鮮のお店


CIMG4240.jpg

揚げ物もありますよ
何にしようか

でも焼き物は 焼いている暇がないよ

CIMG4241.jpg

こんな店で


CIMG4242.jpg

こんな風に飲んでました


CIMG4243.jpg

タコポン酢ならあるよと

そでれ出してよ


CIMG4244.jpg

海鮮焼き飯
なかなか面白い

飯を食べなきゃ落ち着かない女性のために


CIMG4245.jpg

私はもちろんこれ
二本目で期限が悪くなり
結局コーラのほうがいいなと


CIMG4246.jpg

明石焼きもあるなと注文すると
冷凍を電子レンジにかけたものや
ココ 明石駅前やぞ
これだから チェーン店の 安い居酒屋は困るんだよ

向こうも思っているよ
おっさんおばはんで飲みに来るところじゃないぞ!って…

CIMG4247.jpg


つくり盛り合わせ食べて お開きにしましょうか
可愛いおねぃさんが居たので

写真撮らせてと頼んだら
断られてしまった

もてない男はつらいなぁと 皆に言われたのは内緒ですよ

そんな 讃岐うどんツアーでした

お開きです







スポンサーサイト

すし名人  明石散歩②

明石の駅前 です

CIMG3268.jpg

駅前ロータリーから東側にある
地元の人の行くスーパーに 
生のいかなごないか探しに行って見た

品薄で 高くてもすぐに売り切れるんだと

CIMG3269.jpg

気になったのがこの店
回転寿司?


CIMG3270.jpg

少し高価な回転寿司かな

盛り込みもあるんだ


CIMG3271.jpg

そう思って中に入ると
ちゃんとした寿司屋だた

カウンターに座ることに

注文しやすいように メニューが置いてあった


CIMG3272.jpg

お昼の天ぷらセット これも良いなぁ


CIMG3273.jpg

じゃあビールも


CIMG3274.jpg

天ぷらセット300円です

海老二本と たこ それに大葉 之とビールだけでは頼めません

寿司の盛りをもらわないと


CIMG3275.jpg

大トロ入り10貫盛り1580円 と 

茶碗蒸しセット 100円
右上の茶碗蒸しと わらび餅のようなデザートです。


CIMG3277.jpg

これが 大トロ入り十貫盛り

吸盤付きのタコが嬉しい

白みも関西人に合わせて 厚みをつけて切ってある


CIMG3276.jpg

茶碗蒸しもうれしくて


CIMG3278.jpg


最後にサービスドリンク

ホットを

この店 ちょっと気に入りました

また来ますね






魚の棚とたなか屋  明石散歩①

ある日曜日 ぽっかりと予定が空いてしまった

そんな時 家の掃除をして……




そんな気がさらさらない

こうやって出かけられるのも あと10年あるかないか

なら好きなようにと…


CIMG3254.jpg

久しぶりに 明石まで行ってみました

ここが魚の棚商店街

ここだけは日本人の方が多い町ですね
でも四分六ぐらいなって来たかな



CIMG3255.jpg

明石焼の店にはどこも行列が出来てました

リュックを担いだ人が多いですね


CIMG3256.jpg

時々覗いていた ゴ
ここにも リュック人の行列が


CIMG3257.jpg

ここにも行列が
明石焼き大繁盛だね


CIMG3267.jpg

私の目当てはこちら
そう言っても 酒を買いに来たんじゃないよ


CIMG3258.jpg

開いていることを確認して
今日は16時半ラストオーダー
17時閉店だって


CIMG3266.jpg

通路の奥のドア
このドアを開けて


CIMG3265.jpg

そこは別世界


CIMG3259.jpg

喉が渇いたから まずビールから

ハートランドの生


CIMG3260.jpg

明石だから
たこの柔らか煮

こう一口サイズに切って
少し温めてくれると 嬉しい限り
柔らかくて旨いねえ


CIMG3262.jpg

こうなったら酒だね
何種か今日のおすすめ書いてあったのの 一番上
山梨の ぐ って言ってた様な??


CIMG3263.jpg

この時期 いかなごの釘煮も貰いましょうか

山椒の香りが また嬉しくて


CIMG3264.jpg

いかなごの釘煮 
今年も生のいかなごが手に入らなくて
作れなかったなぁ……

生のいかなご 1キロ3500円
それでも品薄

釘煮も
魚の棚で 100g 800円~1000円で売ってました






1月2日 家族でドライブ 御津で焼き牡蠣

娘が 去年の正月に食べた牡蠣が旨かった
またあそこまで行こうと言い出した

兵庫県の南西ぶ カキの養殖の盛んな所です



CIMG2378.jpg

山陽自動車道を西に

龍野西サービスエリア

トイレ休憩とコーヒー買って そこから地道



CIMG2379.jpg


そのまま海岸に走ると 道の駅御津です


CIMG2380.jpg

レストランではこんなことやっているのですが
正月は休みです

でも 牡蠣を焼いて食べることは出来ます


CIMG2383.jpg


テーブル代に 2200円のバーベQセット買って
炭代払うと こんなテントもあります


CIMG2384.jpg

これが二人前 4400円のセット



CIMG2382.jpg

この大アナゴもついてます

CIMG2381.jpg

牡蠣もたっぷり買い足して

道の駅の魚屋の大将に 断っておいたのですが

このテントの従業員は 愛想が悪すぎる
特別に6人席を7人で使わせているとか
人数分海鮮を買ってないとか

文句を言うぐらいなら利用させるな!
入った限り客だぞ!!

正月気分で 利用客も少なかったので笑い飛ばしてやりました



CIMG2386.jpg

そろそろふっくらとした大きな身も入り出して

牡蠣の季節になりました

来月も楽しみです 今年はここにしようかな?

こんど愛想が悪かったら 
店長呼びだして 散々謝らすからね…




まるまさ家 姫路で打ち上げ  牡蠣ツアー最終話

今日は運転してくれる人もいるので

打ち上げの宴会です

焼き牡蠣でも呑めたし 忠臣蔵の試飲もできたし

最後は宴会じゃ~


PC050021.jpg


山陽電鉄 姫路駅の裏手の酒店街にある

PC050012.jpg

思いだのこんな店

一年ぶりに来てみました

ビニールシートで囲われた 屋台風の店です

屋号は『まるまさ家』です。

CIMG0102.jpg


アサヒじゃない瓶ビールと


CIMG0103.jpg


ふうこはアサヒの瓶ビール


好みは合わないけれど乾杯


CIMG0104.jpg


キリンがあるならそれももらおうか


CIMG0105.jpg


ニンニク風味のポテトサラダ

小田原の裕治伯爵に食べさせてやりたい


CIMG0106.jpg

皮カラ


鶏の皮のから揚げです



CIMG0107.jpg


マグロの刺し身


CIMG0109.jpg


これが食べたくて来たんですよ

肝の網焼き

ごま油を入れた皿に 軽く塩で焼いた肝を入れて青ネギを散らすだけ


レア焼きの肝と合わない訳がないやん


CIMG0112.jpg


皮焼き


CIMG0113.jpg


ここでもカキフライを


CIMG0115.jpg


カキフライだけでなく

カキフライの卵とじ


どれだけ牡蠣喰えば気が済むねん


CIMG0114.jpg

寒いので 最後は肉豆腐

こうして夜は更けていったのでした




これにて 一回目の牡蠣ツアー終了です

次回は2月末の予定です





黒川温泉と 奥丹波蕎麦ツアー最終話

大名草庵を後に

休憩しに行きましょう


国道 429号を西に


DSCN7414.jpg


酷道です



DSCN7415.jpg


山を越える 酷道 マニアにはたまりません



DSCN7416.jpg



ちゃんと離合するとこがあるので安心です


DSCN7417.jpg



黒川温泉到着


DSCN7418.jpg


少しぬるりとした 美人の湯です



DSCN7419.jpg


もう少ししたら活躍するんでしょうか

ブルドーザー式 消防車 



DSCN7421.jpg


黒川ダムを後に

〆のもう一軒に行きましょう





DSCN7423.jpg


西脇 えびす



DSCN7424.jpg


こだわりの蕎麦屋



DSCN7425.jpg






DSCN7426.jpg






DSCN7427.jpg



メニューです

夫婦でやっているのだろうが


客の前には 奥さんの陰と笑顔がない

損しているよなぁ…


DSCN7428.jpg


ざるそば


DSCN7429.jpg


どちらかというと 更科系

中の良い所を使ったそば



DSCN7430.jpg


一杯のかけそば

ねぎだけの潔さ



DSCN7431.jpg



私は 天ざるを


DSCN7432.jpg



天ぷらを立たせています

でもなんで海老が一番下なんや


DSCN7433.jpg


そして ざるそば



DSCN7435.jpg



蕎麦湯をいただいて 今回の蕎麦ツアー 終了でした







宍粟牛まつり  奥丹波 蕎麦ツアー①

奥丹波蕎麦ツアー 下見もしたツアーだったのです。

ただ 直前に宍粟市はがで 宍粟牛祭りがあるよと行きたいとLINEに書き込みが

すると 牛、牛  食べたいと ほかの参加者からも書き込みが

壁ぎわツアークラブの会則で 

『参加者の二人以上の希望があれば、できる限り対応する。』

その一文の為に 


奥丹波と 宍粟市のはがは 直線距離だと数十キロだが

山越えの為 片道 80分のロスになりました


DSCN7331.jpg


だから 集合が朝7時半

6時過ぎのバスにとって家を出た人も…


DSCN7333.jpg


朝の山道気持ちがいい


DSCN7334.jpg


朝10時から だから 9時半には着いてないと車も置けないだろう

道の駅はが到着です


DSCN7337.jpg


宍粟牛祭り

ワンコイン500円で 色々楽しめます


DSCN7338.jpg


寒いのでここで温まろうか?

だめですよ ここを出たら蕎麦が待ってますから



DSCN7336.jpg


10時スタートなので お店は用意を始めました


DSCN7339.jpg


こういう看板があると言う事は 並ぶんだね


DSCN7340.jpg


私の狙いもこれです


DSCN7341.jpg


道の駅の中で野菜の販売している



DSCN7335.jpg


なんと白菜 大きなのが 350円や400円

大根 120円 お先に買い込み車に



DSCN7342.jpg


まだ早いけれど

肉を焼きだしました



DSCN7343.jpg


一番前に並んでます


しかし寒い 凍えながら待っていると

店の人の話が聞こえます

うちら一宮生まれの一宮育ちやから、はがの冷え込みは堪えるわ=


私等から見たら どっちもどっちと思うのですけどね

これを私等は 差別用語ですので ●に ( こ )を入れてください


なにを びっ●の蹴り合いしてるんやと




DSCN7345.jpg


この行列の 一番前に並んでいたんです

言いたかった

何本ですか?に

200本と


でも財布に10万円入ってるはずもなく

あきらめて 4本と


DSCN7344.jpg


隙間なく しっかりとさしてあるのが良心的ですね


DSCN7346.jpg


しし汁


DSCN7347.jpg


串焼き


DSCN7349.jpg


ローストビーフ


DSCN7350.jpg


豚バラの角煮


DSCN7352.jpg


宍粟牛巻き これだけ900円

これだけは 宍粟うしまきと書いてありました




ふうこは缶ビール飲んでる!


宴会はしないよ 牛串と 巻きずし しし汁飲んだら行くよ

ここから 一時間以上かかるんだから


それでは 蕎麦ツアーを始めましょう

ここから1時間半の山越えです  つづく








再び明石で  明石散歩④


淡路島で上機嫌になった一行

そろそろ明石に戻りましょう


DSCN3105_20160606082800398.jpg

またこの船で本土へです

DSCN3159.jpg

そしてはしご酒

鉄板焼きの店 楽です

DSCN3160.jpg

明石のタコまだ食べたりない

たこぶつ

DSCN3161.jpg


鉄板焼きの店ですから

とんぺい焼

DSCN3162.jpg

たこもやし


DSCN3163.jpg

そうそう タコ飯食べたいって言ってたよね

DSCN3164.jpg

そして 本日のノルマ

玉子焼き3軒目

それぞれに味が違って面白いですね

DSCN3165.jpg

豚の角煮


あ~だ こうだと言いながら 明石の夜は更けていきました


DSCN3168.jpg


この店良い酒有りそうやん


DSCN3169.jpg

明石なのに 鳴門だって

しかしみなは知らんふり

DSCN3171.jpg

夜の魚の棚商店街を 我が物顔に…


今日も楽しかったなぁ…

DSCN3172.jpg

最後は地元で 飲み直し


DSCN3173.jpg


お造りで軽く一杯のつもりだったが


DSCN3174.jpg



ちょっとビールのあても

でも これ硬くて食べられなかった  最後に外れた一日でした















玉子焼き  明石散歩 ②


事故があったかなんだか

なかなか動かない山陽本線

それでもなんとか 明石につきました

おかげで 明石城址の散策は取りやめて


DSCN3093.jpg

魚の棚商店街です


JRが 動きが悪かったからか

普段より人が少ないかも…

DSCN2231_20160603035827976.jpg

とい事で、前回来た時こんなに並んでいた

『たこ磯』さんに、8人が待たずに入れた

DSCN3095.jpg

15個700円の玉子焼きに

ビールが旨い

DSCN3097.jpg

おだしお代り 三つ葉ももう少し

びーるもおかわり…

DSCN3094.jpg

やっぱりキリンは良いねえ…



DSCN2257_20160603040916d2d.jpg

店を出たとたん この列に加わり

コロッケをを買って食べようとするやつが現れる

何と言うことをと すぐに制止する

そんな事すると 玉子焼きが 1~2軒で終わってしまうだろう


勝手な買い食いは許しませんよ!!



DSCN2232_20160603035829abd.jpg

だって間もなくこの店のオープンですから

五分だけ待つんだぞ…


と 呑めないからと 3人が 1時間の別行動を希望する


決して食べ過ぎるんじゃないよと くぎを刺して許すことに

DSCN3098.jpg

我々は時間だけだぞと

たなかやの立ち飲みのカウンターで 良い調子に

DSCN3099.jpg

良い酒に 最初は 福井は鯖江 

加藤吉平商店の梵(ぼん)の純米吟醸

私の好きな 五百万石の香りを生かしている


DSCN3100.jpg

ポテトサラダ好きの 友人にはこれ

DSCN3102.jpg

手造りがんもどきの含め煮

大きく切ったレンコンんの歯触りが良かった

DSCN3103.jpg

たこの柔らか煮と


DSCN3104.jpg


アナゴの白焼

それに色々ともう一杯ずつ

やっぱりここは安くて旨い

でも三人待っているはずだから そろそろ行きますか






DSCN2254_20160603040914ff2.jpg


明石の裏路地の穴場で

これを使ってどんな写真を撮ったのでしょうか



そうこうしているうちに  

海に足が向かう一行でした













アフタヌーンティー 長井珈琲小野店

このドライブに付き合ってくれた連れが 行きたいところがあると

もうどこでも付き合いますよと 行ったところがここでした。


P1100202.jpg

自家焙煎のコーヒーショップ

いいえ豆を買いに来たのではありません

P1100204.jpg

明るいこの建物

なんか 有閑マダムのたまり場??

P1100205.jpg

のんびりと 奥様方の憩いの場所

そんな感じのするところ

長井珈琲倶楽部でした

P1100207.jpg

ドリアもパスタもあるんだ

のんびりするにはいいかもね

P1100208.jpg

と これは何だ!?

これ頼んで見たかってん

でも 二人前やから…

ええよ

そんな名物やったら写真も撮りたいし…


P1100209.jpg

セットメニューだとコーヒーのお代り 280円


P1100210.jpg

こんな感じで まったりと落ち着きますね


P1100211.jpg

来ました


P1100212.jpg

上の段

ワッフルと フルーツのセット


P1100213.jpg


下の段

ケーキとコーヒーゼリー


すごいね これどうやって食べたらいいの?

P1100214.jpg

コーヒーゼリーとガトーショコラ

皿に取ったらいやん


P1100216.jpg

珈琲ゼリーにも生クリームがたっぷりと


P1100218.jpg


フルーツたっぷりのところに フルーツソースがかかっている

すごいね…

でも この時期のフルーツ ちょっと酸っぱい

P1100219.jpg


私はこれが良いや

P1100221.jpg

なんと嬉しいことに

このセットの場合は コーヒーのオお代りが無料ですよと

税別で 980円 二人分で 2000円ちょいだけれど

珈琲のお代りが無料なら 二杯ずつ飲めばそれでこの金額やん

なんだかとても得した気分

ただ 一人では頼めないよね


しかし こんなおっさんの前に この籠がある姿

思い出しても ちょっと恥ずかしいかもね



こんな感じの小野ドライブでした





プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR