最後は榊原館 三重県温泉旅⑥

今回の旅の最後は榊原温泉

そこを代表するのがこの榊原館です。




DSCN7576.jpg


この地を代表する どっしりとした建物

ただ 宿泊費もそこそこです こんな田舎なのに…



DSCN7577.jpg


こちらの旅館は 清少納言

昼の入浴客の数が違うのか 車の量が違いますね



DSCN7578.jpg


あの上は…

宿泊客で無いと上がれません



DSCN7579.jpg


では 1000円払って入りましょう

日帰り湯 湯の庄です

受付の横のロッカールームで 室内着に着替えて


DSCN7583.jpg



DSCN7580.jpg


長い廊下と階段を下りていきます



DSCN7581.jpg


そして ここが入り口 

温泉自体はわずかにぬめりのある美人の湯

中は大きなあたたかい風呂と

源泉かけ流しの水風呂のような浴槽

露天はまた違う感じでした



DSCN7582.jpg


そしてここが飲泉場

一杯呑んで帰りました


最後は名湯榊原とは さすが温泉マニアきょろさん

案内ありがとうございました

湯の泉質や 味香りなど かなわないので

知りたい方はキョロさんのブログで










続きを読む

スポンサーサイト

津市交流会館あのう温泉  三重県温泉旅⑤

次に向かう温泉は津



DSCN7552.jpg

再び遊園地を見ながら

時間短縮のため 伊勢湾岸道を走ります

東名阪から



DSCN7554.jpg

伊勢自動車道へ

トイレ休憩と 水分補給に 安濃サービスエリアに

10年ぐらい前までは 榊原の友人の別荘を訪ねる時に

よく利用していた道です


DSCN7553.jpg


そのころから気になっていた この看板


田舎なのにその系統の人が多いの??


DSCN7555.jpg


ちらりと中を覗くと

パン屋かな



DSCN7558.jpg


すごく気になるものが

ラングドシャがコーンの ソフトクリーム

しかし 値段が 550円


ソフトクリームマニアなら食べるだろうが

300円越したソフトは贅沢品だと思っているから… 断念


今日は見栄を張って買ってあげる人もいないし…



DSCN7559.jpg


役場に到着

さて風呂じゃ~



DSCN7560.jpg


いいえ風呂は向かいの建物



DSCN7561.jpg


津市安濃交流会館

その下に あのう温泉と書いてありますね



DSCN7562.jpg


交流会館に温泉があるんですね

でもこんなところを見ると 奈良吉野の老人福祉会館の温泉の思い出が…


空いていればいいけれど




DSCN7564.jpg



入ろうとしたら 資料館がありました

入場料が無料 弱いんですよその言葉に


DSCN7567.jpg


史料館だから 写真撮っちゃダメですよね

と、 良いですよと



DSCN7568.jpg



こんな土器よりも


DSCN7569.jpg



昭和の本が 気に入りました

この人は今!? なんてね


DSCN7570.jpg


こんなお膳も



DSCN7571.jpg


なんとなく 子供の時に田舎で見たような懐かしさが


では 風呂に入りましょう



DSCN7565.jpg


温泉分析表

35個の源泉は そのままの風呂はやっぱり冷たかった



DSCN7566.jpg


風呂の暖簾

長谷川じゃないよ 長谷山だよ



DSCN7573.jpg


最後の 目的地榊原温泉に向かう道

車を止めてと



DSCN7574.jpg


そこじゃなく、この荒れ地

昔温泉旅館があったんですよと



DSCN7575.jpg


温泉だけは 今もパイプを通して送られているんだとか

さすがは温泉通ですね


では 最後の目的地に向かいましょう

それは明日の記事で








木曽岬温泉   三重県温泉旅④

キョロさん曰く

この近くに昭和の温泉があるのですよと

昭和の温泉って 銭湯のほとんど昭和の温泉ですよ


訪れて意味が分かりました

昭和中期 30年40年代の事だったのですね


温泉天守閣


銭湯に富士山の絵がかいてあるのは当たり前

なんと スパーガーデンで 

男湯と女湯を仕切る壁の上に天守閣が

キョロさんの画像をお借りしました


温泉の詳しいことはキョロさんのブログで



DSCN7539.jpg


オートレストランから東に川を渡り

次の信号を南下したら 見えてきました

木曽岬温泉

看板だけはまだ新しい



DSCN7540.jpg


隣には 木曽岬山聖観音寺





DSCN7541.jpg

なんだかありがたいような、ありがたくないような

同じ経営者?と疑いたくなる


DSCN7549.jpg


真言の寺

南無大師返上金剛

真言密教ですから 一応手を合わせて

では突撃です


DSCN7542.jpg


なんとも 入口だけのこの 看板

オリンピックの中国方式



DSCN7543.jpg


横から見ると懐かしの…

なんか書いてあるぞ



DSCN7548.jpg


じゃりサウナ?

ゴールデンランド??

500名収容 ???

天然温泉 62度 ?????




DSCN7544.jpg


歌謡ショー真っ最中

ピントが合わないほど暗いんです

元気な、私の親の年代の美女が歌ってます



DSCN7545.jpg


こちらは 健康スポットだったところ



DSCN7547.jpg


中は広くて、かけ流し

浴槽から流れ出る湯に寝転がっている爺さん

温泉に入ると 熱い 62°そのままやん

その湯が、じゃりのところにも 流れていて

じゃりの中に体をうずめて温まるのだろうか


体の上にじゃりを載せると

熱くて重い


長湯するとやけどするぞ~~

浴槽だけでなく

表の歌謡ショーでもやけどしそうな雰囲気でした


そうかこれも昭和中期の香りやなぁ…


納得満足の 壁ぎわでした

ただ…  入場してから 帰るまで 30分が限度かなぁ………

湯の中には 3分持ちませんから


まだまだ温泉ひよっこの私らには…












続きを読む

オートレストラン長島と温泉  三重県温泉旅③

三重県温泉旅もここまでやってきました

多分一番有名な 長島温泉です



DSCN7514.jpg


長島温泉スパーガーデンや なばなの里

そう言えば過去に何度か行ったけれど

おっさん二人連れには似合わない



DSCN7515.jpg


こんな看板のところの方が似合いますよね

ただ 反対車線で入れない



DSCN7517.jpg


ぐるりと回って こんなところ通るんかい?

ドライブインって聞いたけれど??



DSCN7519.jpg


あった あった クアハウス

えっ!?


こっちじゃ無いって??



DSCN7521.jpg


我々は 同じ敷地でもこっちですか

オートレストラン 天然温泉付き

長距離トラックの運転手がよく利用するところ

ガラ付きの人もOKだと



DSCN7523.jpg


実はこれを見た時から 気持ちは決まっていたんです

当店自慢の 手作りかつ丼

手作りで無いカツ丼って食べてみたいけれど…

  どんなんかなぁ?



DSCN7524.jpg


もう一つの目的は これ

長島の湯 そのままですね

550円なのもうれしい



DSCN7525.jpg


これは後の楽しみにして



DSCN7526.jpg


これで券買って

入りましょう



DSCN7527.jpg

ここから奥は

温泉の様子はキョロさんのブログで



DSCN7529.jpg


そして飯だ~

これにも惹かれたのですが

あくまでも初志貫徹

カツ丼探検隊ですから

関東には 最近部長のサボり気味のカツ丼部、

なんて言うのもあるようですが…



DSCN7530.jpg

きょろさんの とんかつ定食

ドラックのドライバーが 大勢寄るところと聞いたけれど

750円で 関東圏と比べると安いけれど

なんか普通

関西の店なら これにポテトサラダぐらい 

皿の隅にあるだろうなぁ…




DSCN7531.jpg


私のカツ丼

みそ汁と漬物はキョロさんと同じ

カツが同じ量なら キョロさんは冷奴で私は卵とじの差ぐらいだな



DSCN7532.jpg


上の刻み海苔は要らないけれど

手作りの卵の具合が良いねぇ

たまねぎと卵たっぷりで…

そう思ったのもつかの間



DSCN7533.jpg

卵をめくったら

下から ご飯の蒸気で蒸されたカツが出てきた


だいたい卵をめくれるってどんなんや!?




DSCN7534.jpg



飯に汁がしみるでもなく 卵が絡む訳でもない

これなら 別盛りにして貰った方がありがたいよ

揚げたてのとんかつと、 タマネギの卵とじと

白飯で みそ汁と漬物がついているんだから



だしや汁が絡んでこそ 一杯のどんぶり 

これは皿の数を減らしただけの盛り合わせ


残念なレストランでした



続きを読む

三重県勤労者センター希望荘の湯  三重県温泉旅②

 湯の山でもう一軒

三重県の勤労福祉の健康増進センター 希望荘です



DSCN7487.jpg


鈴鹿スカイライン入口から少し上ったところ

行き過ぎても大丈夫です 鈴鹿スカイラインは無料ですから


DSCN7488.jpg


レトロ??

半分 『公』が入ると へんなところに金を使うんだから


DSCN7489.jpg


希望荘 山上館の建物


DSCN7490.jpg


山上館には 軽食レストランと フロントがあります

ちなみに その配置図



DSCN7491.jpg

本館との移動はケーブルカーです


こういうの 宝塚のマンションでは斜行エレベーターと呼ぶんだけれどなぁ


DSCN7492.jpg


これがそう


DSCN7494.jpg


まだ15分ほどあるけれど

先に乗って降りておきましょう

山上館の展望ベランダには

昔のお兄さん、おねぇさん方が鈴なりでした


DSCN7495.jpg


麓を見るとこんな形


DSCN7497.jpg


これが無人ケーブルカー


DSCN7498.jpg


中はこんな感じ


DSCN7499.jpg


特別展望台?


DSCN7509.jpg


途中こんな庵がいくつも

食道であったり浴場であったり


DSCN7505.jpg


宿泊者か 岩盤浴の作務衣を着たものでなければ入れません


DSCN7507.jpg



では本館です

DSCN7508.jpg


10分前から 一番前で陣取って

温泉を……


と 塩素のにおいが充満です

温泉を楽しんで……


SNSでは 周囲の温泉の 4~5倍と聞いてましたが
さっきのヌルヌルの気持ちよさが取れてしまいました

残念でした

昔のプール上がりの塩素で起こした 
目の痛さをお土産にここを出た二人でした


ここの 一番風呂は体に悪いぞ~


お風呂の様子はキョロさんのページで


プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR