いよいよ酒の会  三次の酒造 花巴の会



11時過ぎに集まったのに

ようやくこの時間が来ました

なんと 12時半です


DSCN7655_20161125081543ea2.jpg

このグラス達が 出番を待っています

ガラスのコップは 酒つくりの水を飲むコップ

いいえ私は 旨い方の酒を入れるコップです


DSCN7657.jpg

頭を取った 瓜坊(イノシシの子)の半身


DSCN7659.jpg

大吟醸も熱燗すると

それに負けない酒作っているからと


DSCN7667.jpg

いきなりイナバウアー


DSCN7668.jpg

これどうするんですか?

一人半身ありますからと


DSCN7679.jpg

烏賊の丸干し

厚揚げに特別なソース

奈良漬けも


DSCN7681.jpg

赤くなってきました


DSCN7682.jpg

爪は爪で焼き加減を見て

シェフご苦労様です


DSCN7684.jpg

うらやましいほどよく切れますね


DSCN7686.jpg

もう一焼きして


DSCN7689.jpg

焼きチーズも旨い

干物も

それに負けない酒だからできるバーベキュー

上品な酒では合いませんね


DSCN7690.jpg

山の幸を焼いて

チーズをつけるのもあり


DSCN7692.jpg


カニ爪と酒

カニじゃない オマールエビだって!

DSCN7694.jpg

俺の身が少ないぞ

だからカニじゃないって


DSCN7652.jpg

こんなうまそうな酒が


DSCN7651_20161125081904623.jpg


帰りにはほとんどなかったのが 印象的でした

女性の多かった会なんですが

みな結構呑んでいたなぁ…

私は……

………… 記憶が薄いのですが たぶん一升ぐらいは…


前沢先生、 佐々木シェフ、 蔵元さん

ありがとう、お世話になりました






スポンサーサイト

蔵見学 花巴酒の会③

奈良県吉野郡

近鉄吉野線 六田駅にある 美吉野酒造 『花巴』の蔵です


DSCN7640.jpg


紀ノ川の源流 奈良に入ると吉野川になるのだが

その川の向こうに見えています


DSCN7643.jpg


北六田から このバス停の所まで

美吉野橋のバス停がありました。この橋を渡ります

DSCN7644.jpg


吉野街道の渡し場

吉野山、大峯山、金峯山寺(きんぷせんじ)に参詣の人は多かったのです



金峯山寺(きんぷせんじ)は、奈良県吉野郡吉野町にある金峰山修験本宗(修験道)の本山である。本尊は蔵王権現、開基(創立者)は役小角と伝える。
金峯山寺の所在する吉野山は、古来桜の名所として知られ、南北朝時代には南朝の中心地でもあった。「金峯山」とは、単独の峰の呼称ではなく、吉野山(奈良県吉野郡吉野町)と、その南方二十数キロの大峯山系に位置する山上ヶ岳(奈良県吉野郡天川村)を含む山岳霊場を包括した名称であった。
吉野・大峯は古代から山岳信仰の聖地であり、平安時代以降は霊場として多くの参詣人を集めてきた。吉野・大峯の霊場は、和歌山県の高野山と熊野三山、及びこれら霊場同士を結ぶ巡礼路とともに世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成要素となっている。


参詣に行くのに 渡し場があったところです

DSCN7645.jpg

河原にこんな仏像も


DSCN7647.jpg


橋を渡ると 昔の街道に戻ったようです

DSCN7648.jpg


ここが酒造の入り口

DSCN7649.jpg

ここが蔵


DSCN7651.jpg


河原側でバーベキューの用意がされてました

人数が増えて 40数名

でも 21本並んでました


DSCN7655.jpg

お土産になる ぐい飲みとグラス


DSCN7663.jpg


社長と専務

今回の案内係です

DSCN7669.jpg


蔵見学です  女性の蔵人も

DSCN7670.jpg


ただ 丁寧に見学の案内をしてくれるのは良いのですが

頭に帽子をかぶり コロコロで埃も取りましたが

DSCN7672.jpg

麹室(こうじむろ)
麹菌糸の生育のために使われる保温室です。

昔ながらのつくりで 吉野杉を使った 酒造りの命の部屋

それを見せてもらえてうれしいのですが 後大丈夫?


今回特別に入れていただいたのですが心臓部ですから



DSCN7674.jpg

ぼこぼこと醗酵するタンクの中も


DSCN7675.jpg

こちらも 造りによって香りが違う


DSCN7676.jpg

これは自動で温度を管理するタンク

ほとんど大量に造る蔵はこれですよね


DSCN7677.jpg

こちらは わざわざ酸味を出すのに

米を水状にして作る製法


もともと ここの蔵は 日本酒は海鮮 特に刺し身に合うものだ

と言うだけでなく

山で海の食べものに合うものだけ こだわって作ってどうすると


肉や乳製品 チーズなどにも負けない 旨みの強い酒を造ってきた藏です

だからバーベキューにもピッタリ


この後のバーベキューが楽しみです









天王寺から吉野へ 花巴酒の会②


天王寺まで戻ってきました




DSCN7603.jpg

しかし時間を読み違えて

と言うか 朝風呂を狙っていたのです
でも寒いし 吉野はもっと寒い

風邪ひくと大変と断念しました

ならもう一杯飲む時間はあったなぁ


DSCN7602.jpg

しかたが無いから この辺りの写真でも撮っておこうか


DSCN7601.jpg

天王寺と言えば今はここ


DSCN7607.jpg


阿倍野ですね あべのハルカス

でも このてのビルは 近くだと写すのにつらいですね



DSCN7609.jpg

隙間に残された チンチン電車

正式には阪堺電車ですね


DSCN7604.jpg

そしてもう一つの風景


DSCN7605.jpg

通天閣と


DSCN7606.jpg

変わったお城やお屋敷の町

見学したい人があれば 案内しますよ 

要面談ですが…

DSCN7610.jpg

このキャラの前を通って

阿倍野の駅に


DSCN7611.jpg


秋のお出かけパスで この券ももらえます

特急にも乗れるぞ~

DSCN7612.jpg

ところが運悪く

この車両か…… 残念です

何故って一番近鉄で揺れる特急列車ですから


DSCN7614.jpg

近鉄ならではの車両 喫煙ルームはありますが


DSCN7615.jpg

実は近鉄電車と言うのは ちょっとややこしいのです


DSCN7621.jpg

近鉄特急と言うのは 一番有名なのがこの色

二階建て電車もあり 名古屋や伊勢まで走ったりしていますね

でも これは標準軌 新幹線幅のレールなんです


DSCN7625.jpg

ところが 吉野線だけ 狭軌

JRの幅の線路なんです


これはその昔 吉野杉が高く売れていた頃
杉タンスなどが重宝されていた頃は

吉野杉を貨車に乗せたまま 
国鉄の線にそのままつなげて全国に送っていた名残です


DSCN7626.jpg


だから今はただの ローカル線


DSCN7617.jpg

だからこんな景色がよく似合う

そうプレモルが旨い

でも この車両ならクラシックラガーの方がよかったか


DSCN7627.jpg

単線でも 駅ではすれ違いがある

あのピンクは…


DSCN7628.jpg


桜ライナー この吉野線では 一番乗り心地の良い特急

シンフォニーと言う観光列車もあるけれど
あれは改造型だから

DSCN7630.jpg

ようやく到着 六田の駅

しかし 『ろくた』でも『むた』でもなく

『むだ』 と読むのが悲しい駅ですね


DSCN7632.jpg

30分早く着いたので

辺りの見学しながら


DSCN7635.jpg

遺跡と合ったけれどそれはどこかわからず

花巴の 美吉野酒造の蔵だけよく見える


DSCN7637.jpg


近鉄のガード



DSCN7638.jpg

この上のを あの電車がしかも横揺れしながら走ってるんだ

大地震がなくても崩壊しそう


DSCN7639.jpg


では目指すは川向うのあの蔵へ


そろそろ酔いも冷めてきたし 頑張って飲むぞ~





花巴の酒蔵と 道の駅杉の湯まで



のんびり走っていたら

近鉄の急行に抜かれた

あいつをライバルにしようか?


DSCN7113.jpg


しばらく追いかけたら


DSCN7114.jpg


この駅に停まった

六田駅、そういえば 月末に

花巴醸造元、美吉野醸造見学に来る予定

この駅なんだ

さすがに呑むのに車では来れませんからね




DSCN7116.jpg


川の向こう岸に 花巴の看板が見えた

ちょっと覗いてみましょうか


橋を渡って 村の中に

DSCN7117.jpg


造り酒屋 中はやっていても 表には人がいませんでした


DSCN7118.jpg


ここにも渡しがあり  栄えたこともあるんですね


DSCN7119.jpg


今は静かな 川の流れる町でした



DSCN7125.jpg



津風呂湖に行く分岐点を過ぎたあたりから

169号線は山の中に入っていきます


DSCN7130.jpg


大きなダムがあって

DSCN7131.jpg



その川上は 人造湖になっている

そんな景色が続きます


DSCN7133.jpg


道の駅です


DSCN7135.jpg


杉の湯ホテル



DSCN7142.jpg


立ち寄り湯も出来ます


DSCN7136.jpg

うどん屋です


DSCN7140.jpg


カレーやソフトクリーム

ここの名物 柿の葉寿司もあります


DSCN7139.jpg


食券はこちらで

ここは関東風ですね きつねそばと書いてあります


DSCN7137.jpg


こちらでは土産物の売店が


DSCN7138.jpg



珈琲と ヨモギ餅購入



DSCN7143.jpg


なんだか河原まで下りられそう


DSCN7144.jpg


車の運転で 縮んだ筋肉伸ばしましょうか


車窓からではなく 歩いて行くところかの景色

やっぱり違いますね


一休みしたら先に向かいましょう












道の駅 大淀 吉野温泉旅②

壷阪寺を後に 吉野に近づいてきました

よく立ち寄る道の駅がココ

DSCN7104.jpg

道の駅・吉野路大淀センターです




DSCN7105.jpg



入口では 地の野菜を売ってます


DSC_0976.jpg


ならの名産品柿




DSC_0975.jpg




最近 なんで? と思うほど高い白菜も

ここでは何で??という価格

後のドレッシング入れと比べても大きいのが判るでしょう


最も、早い時間でないと売り切れますけれどね



DSCN7106.jpg


観光案内所の方は 閑古鳥が


DSCN7107.jpg

そして山小屋と言う名の

道の駅の中の カフェ&フードコーナー



DSCN7108.jpg


天ざる蕎麦

何より右下の塗り絵が うれしいですね

運んでくれたのも 30前のお姉ちゃんでしたから

おばちゃんばかりだと 逆効果ですけれどね


DSCN7109.jpg


いつも思うのですが

上の海苔って邪魔



DSCN7111.jpg


うずらの卵も バブルの味

誰が始めたんでしょうね


DSCN7110.jpg


それより奈良の田舎の味なのかな

奈良でしか食べたことのない天ぷらがここでも



DSCN7112.jpg


やっぱりこの三角の

薄切りのこんにゃくだった













プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR