FC2ブログ

十津川 民俗資料館と道の駅

今回 十津川 湯泉地温泉を訪ねたのは

もう二か所 訪ねてみたいところがあったのです

年に 3回も4回もここに来ていて
まだ行った事の無い 私の興味を引くところ

もちろん 昨日の記事の 千慶も行きたいところですが
それは懐の具合が許さないので
そう 今も 今後も……(涙)


と言うことで
私の行ける範囲での所です



P1080181.jpg

その一つがここ

この川を渡った突き当り

P1080186.jpg

この一段高い所にある白い建物

P1080187.jpg

十津川歴史民俗資料館です


P1080188.jpg

今まではこの長い石段が嫌で避けてました

でも前回来た時に 
次回は上がってみようと思い立ったのです

国王神社の 南帝塚や
天誅組の事が調べたくて…

P1080190.jpg

風呂上がりなのに…
(そんな事  資料館にとっては関係ないのですが )
ぶつぶつ文句を言いながら
ようやく長い石段を上り終えて
建物に 入ろうとしたら

まだ階段が有った…
喧嘩売ってんのか

P1080191.jpg

入口でも 
昔のものしか置いてませんが
どうぞ”十津川らしさ”を
見つけて行ってください

普通の観光客なら ちょっと粋な言葉をを思うだろうが

歴史民俗資料館なんですから 昔の物だけでしょう
その上 完成した 模型や 新たな構想なんて無いんだよな
それに こんな事書く資料館は 無料の所が多いのに 
金取るんだったら
言い訳にしかならないぞ

だいたい長い石段上るところは
神社だって 寺だって 境内は無料なんだから…


ぼやきながら 300円払って 入りました

有料の所は お茶の接待ぐらいあるぞ ⇐まだ言ってる

十津川歴史民俗資料館ホームページ

P1080192.jpg

入って 写真撮影はと聞くと
一階は自由 二階は禁止ですと

もともと 役行者からの
山伏の住む地だったようです

P1080193.jpg

ここのマスコット 郷士君

 この地の人は 郷土のもののふ
その気になってたんでしょうね

南北朝の時代から
尊王攘夷の時代
天誅組から 坂本龍馬の暗殺と 天満屋事件まで

名わき役として登場したのを誇りにしているようです


たとえぼ 
天誅組に応援の手土産に血祭りにされた玉堀為之進

坂本龍馬暗殺に来た族が 十津川郷士を名乗った

そして
坂本龍馬の敵討ちに 良馬と親交のあったと言われる 居合いの達人であったといわれる中井庄五郎は敵討ちとして
、海援隊の陸奥陽之助(のちに宗光)らと共に、
当時暗殺の黒幕であると噂された紀州藩士 三浦休太郎が天満屋にいるところを襲撃。(天満屋事件)
一番に乗り込んだであろうとされる庄五郎は、新撰組に斬りつけられ討ち死に
 龍馬のために命を賭けた男は享年21。若き命を散らした庄五郎は、
今でも京都霊山の龍馬のお墓のそばで幕末の志士たちと共に眠っています。


P1080194.jpg

田舎の様子が忠実に

P1080195.jpg

でも こんなに広かったのか


P1080196.jpg

そして十津川出身の 歴史(自慢?)

こうしてみると 何とか事件ばかりやん

P1080197.jpg

違うのも あったけど


P1080198.jpg

山籠

だれを乗せるんだろう

P1080199.jpg


階段で二階に上がると

撮影禁止の文字が


img011.jpg

代わりにこれで

天誅組に 応援する 血判書
この地の 大切な歴史遺産でも
名前もわからず 別に見たからと言って……

もっと 南北朝の戦のあと落ち延びた民とか
天誅組とのかかわりとか

そのあたりの事を 判りやすくパネルで 展示してあっても良いのに…

それとも学芸員はいないの?



P1080201.jpg


隣の建物は 綺麗なスロープまでつけて

隣の石段と大違いやん

そう思ってみてたら

出動のパトカーが出て来ました

此処には喧嘩売るのやめとこう…


P1080202.jpg

向かいにある 道の駅 十津川郷には  足湯も有り



P1080203.jpg

二階には 行仙という蕎麦屋も有ります

一時は手打ちの蕎麦を
出していたことも有った店です…


P1080204.jpg

一階の土産物やでは 

干し鮎と こんなのが好きで…

でも このよもぎもち 餡入りではなかったので…

P1080205.jpg

刺身こんにゃく きくらげ

山の幸ですね

ここに来たら フグ酒ではなく
鮎酒 楽しみたいので
鮎の焼き干し求めて帰ります


ではそろそろ時間も良い事ですし
食事処へ向かいましょう




スポンサーサイト



十津川 湯泉地温泉 滝の湯

奈良の五條から 国道168号線を南に

五條市 大塔町を過ぎて

奈良県最南端の村 十津川村に入ります


P1080152.jpg

十津川村は 日本の実効支配地域において、
面積が最も大きい村 です:(十津川村(奈良県)672.35km2)

なぜこんな書き方するかと言うと

日本一面積の大きな村 :留別村(北海道) 1,450.24km2 とも書いてあるのですが
択捉島にあるので、日本の自由には出来ない所ですから。


P1080154.jpg

そして 十津川村が 宣言したのです 
十津川の温泉は 全て かけ流しにすると

温泉好きにはたまりませんね

そして十津川の温泉の中でも
私の好きなのが この 湯泉地温泉(とうせんじおんせん)
実はここだけが 単純硫黄泉なのです

ここが公衆浴場の 泉湯
でも 開くのが少し遅くって 10時から

P1080155.jpg

その奥には 湯泉地温泉の 温泉宿があります



P1080156.jpg

こちらの奥には ここに住んでいた武士の墓や
 古民家も有り 改造した 宿泊施設も有ります
こんな所 ⇐ クリックで ホームページ

P1080157.jpg

またこの先には

超高級な隠れ家 も有ります



ちなみに お昼のセット 一人 6500円、9500円~
お泊りは
和プレミアム 一人 42000から
和スイート  一人 62000から  もちろん一人では泊まれません

大阪から片道30分のヘリコプター往復 現地 3時間で
三人までなら ヘリコプター代が 23万

お二人の泊りなら 片道その位
家族の料金は ヘリコプター代が
往復で60万強ぐらいです

と言う事で
無縁の私はここらで引き返して

P1080159.jpg

役所の横のこの橋を渡り

P1080160.jpg

公衆浴場 滝の湯へ

P1080161.jpg

こちらの 階段の通路は
露天風呂への道です

P1080162.jpg

玄関から入りましょう


P1080163.jpg

中の案内板

P1080165.jpg

温泉の分析書

P1080166.jpg

こちらの方が見やすいですよね

かけ流しなので 100パーセントと 書いてますが…

泉温 52.7度  そのままだと熱くて入れません

P1080167.jpg

では 入りましょう

この時間からやってますから

朝、暗いうちから家を出たのが判るでしょう

P1080168.jpg

此処にも分析書が

P1080169.jpg

ところが…
温泉は そのままかけ流しですが
水は水道料が掛かります

熱い時には水を出しても良いのですが
普段水道のバルブは閉まっています
(冷却用に 温泉水を 外気で冷やすタンク作って置けば薄まらないのに…)

ということで 熱い

P1080170.jpg

我慢して 入っていたら

他のお客さんが来た
地元の人では無いようで

熱いと言いつつも
誰も水道の蛇口をひねらない


その後 これも他所から来たんだろうが

背中一面に 彫り物をした二人組が入って来た
その年長の方が 我慢して入っている

さっきの客達が来た所なのに すぐに出て行った


P1080171.jpg

私は勝手知ったる何とかで

奥の通路を通り
階段下の露天風呂に移る

外から見え隠れするところには
さすがに彫り物がある人が来ることは少ないので…

P1080172.jpg

寒くなって来た外気のせいで

少しぬるいぐらいになっていた

温泉の蛇口をひねっれば熱くなるんだろうが…

そして 誰も来ないので 10分ほど ここで遊んでいた

ふたたび内湯まで上がると

そこには誰も居なかった


DSCN6512_20201026083226f84.jpg

湯を満喫した後は

食堂が あるんだよね

メニューがまだ暗い所に置いてある
写真がきれいに撮れない

なんでと聞くと

11時からですと  まだ30分以上あるのか…

DSCN6513_202010260832276a2.jpg

ではあきらめて先に進みますか

これは裕治伯爵病ではありません

食べる所は別に予定していますから

温泉娘に別れを告げて行こうとしたら

DSCN6514_2020102608322900e.jpg

お土産用も有りますよと

いや~

別に欲しい訳でもないから、と 

ココを後にした壁ぎわでした



国王神社と南帝陵

南北朝の時代
源平の合戦が終わって 
源氏が鎌倉幕府を作ったのも長続きせず

今度は 南北朝の時代を迎える
京都と奈良吉野に 都を構え 争った時代の話です


P1080125.jpg

南朝は押され押されて 南下したと

その時の言い伝えの土地で
歴史を調べても こちらに来とは書かれている物は無いのですが

それでも 言い伝えか

この地に陵があります

P1080126.jpg

そして 南帝陵 御首塚と言うものが

南帝陵前回の記事

P1080127.jpg

はたしてここに眠っているのだろうか

P1080128.jpg

この塚 苔むした石段の上にあります

P1080129.jpg

しかもこんなに高い所

P1080130.jpg

その下にあるのは この石積み

P1080131.jpg

この神社の石積みです

名は国王神社

前回は この前まで車で来れたのですが
今は生コンの会社を通らねば来れない
しかも生コンの会社が閉まっていたので 車では来れ無くなってました

この十津川系の道路工事のためにできたような
利権バリバリの生コン会社です

P1080132.jpg

舞台

P1080133.jpg

本殿

雪深い所なので 本殿脇社が

大きな屋根の下にあります

P1080134.jpg

狛犬に守られた本殿

P1080135.jpg

鳥取を反省して 神社にはしっかり手を合わせましょう
国王神社と言う名も 南陵帝と言う名も
裕治伯爵病には 効き目がありそうですから


P1080137.jpg

鈴を鳴らして

お参りしたのですが

P1080138.jpg

この金色のカギが不似合いだなぁ

お祭りしてあると言うより 閉じ込められてないかな

P1080139.jpg

そして 脇社にも

P1080140.jpg

シッカリとお参りしていくと

P1080141.jpg

一番端っこにあるこれは?

ストーンヘンジでもないだろうが
何か意味があるのかな


P1080142.jpg

そして境内の端にあるこの石碑

文化7年(1810)林に生まれる。幕末文久3年(1863)8月
、天誅組の変起こり、十津川はこの挙兵に参加を求められ、即刻これに応じた。
 
しかしこの時為之進は、
河内の上田主殿と共に、天誅組主将中山忠光に会い半日議論したが、
遂に意見合わず 別れた、穏健派だったのである

と、反逆者の名をもって天ノ川本陣、鶴屋治兵衛邸で
先陣の血祭りとして斬殺された。



P1080143.jpg

 辞世
  “国の為仇なす心なきものを
     仇となりしは恨みなりける”

天誅組の変により、十津川は幾人かのかけがえのない人材を失ったが、為之進もまたその1人である。


こんな天誅組

大政奉還の 少し前に

尊王攘夷と称して
やりだしたものが 歴史に名を残せると
立ちあがった 今で言う詐欺集団

華やかな口車に乗せられ
それに付き従った 昔の民

先走って血走って 散って行ったものたちの歴史 
再び読み返さなくては

そう思いますね

P1080144.jpg

そんな事を思わせてくれた 国王神社に別れを告げて

先に進みましょう


P1080146.jpg


だからこの下の道は通れず

この歩道の坂道を上りました


P1080150.jpg


所処にあるこのダム

治水と発電目的ですが
その下には どれだけ利権が埋まっているのでしょう

此処と十津川はまだ奈良県

ほぼ工事が終わりかけている 
ほんぐうから先は 紀州路 和歌山県です

そこは…
ドン 二階の お膝元ですけど… 

それが何か??



谷瀬のつり橋

国道168号線を南下中

五條市大塔町を越えて


P1080108.jpg

十津川村に入りました


P1080111.jpg

十津川村と言えば 十津川温泉と
谷瀬のつり橋で有名ですが

それは昭和の事
いくつものつり橋に長さを抜かれてしまいました

影が薄くなったの?
いいえ

ちょうど山に陽が射して
つり橋が影だから見えにくいだけ
前回の記事と比べてもらえればわかるのですが



P1080114.jpg

ここもバイパスが出来たので

側道に入らなければ

この橋まで行けません



P1080116.jpg

ここが 谷瀬のつり橋



P1080117.jpg

そんな所でとらずに

橋の中ほどで撮れば

表情も自然になるのに…


P1080118.jpg

しかし コロナから 人が来なくなりましたね

特につり橋って 東南アジアの人が好きだったのか

それとも無料だから 外人の観光アドバイザーが勧めたのか

何十人と渡っていたころが懐かしい

P1080119.jpg

観光バスで来ては 一斉に向こうに渡り 戻ってきていたのですから




P1080120.jpg



バス二台 三台の時でも
この日本語の読めない人ばかりが

逆に日本人は それが怖くて渡れないと言う人も居たのに

P1080121.jpg


でも今では……

そう思うだけで よく考えると

朝の早い時間しか此処を最近通ってなかった

ひょっとしたら人が増えてるかも


P1080122.jpg

隣のレストランで めはり寿司喰ったことも有りますが

最近は閉まっている時しかなかったのは
たしかに時間も有るよなぁ


P1080123.jpg


とりあえず 私は先を急ぐことにします






十津川へ

道の駅大塔
大塔コスミックパークを越えたあたりから工事中

この 186号線の工事 もう何十年続いているんだろう

P1080090.jpg

日本一長い路線バスの通る道
工事が全線完成すると 
所要時間が半分以下になるんでしょうね

P1080091.jpg

天川村から この先までは 天の川

これも十津川となり 
和歌山県に入ると熊野川と名が変わっていく川です

P1080092.jpg

そしてここが阪本地区

このひなびた宿

何十回も前を通っていますが
いまだに立ち寄った事の無い 旅館昭和館

ネットで調べると 〒637-0417
五條市大塔町阪本542-11 という住所が出るだけ
やってないのかな

P1080093.jpg

この街並みと郵便局は


P1080094.jpg

このバイパスの完成と共に 

忘れ去られてしまうのでしょうか


P1080096.jpg

たしかに狭くて

山に外って周りこむ道

バスもトラックも大変ですから

P1080097.jpg

普通車なら何とか 離合できても

バスの運転手は大変ですね

P1080099.jpg

この橋を越えてももうしばらく
細い道が続きます

P1080100.jpg

いくつか 空いているのかもわからない食堂を越えて

P1080107.jpg

この建物が 五條市立温泉浴場大塔 ふれあい交流館 夢の湯です

P1080108.jpg


この峠を越えて
奈良県最南端の村 十津川村に突入です




大塔まで 十津川温泉へ旅立ち

朝目覚めてふと感じる
本当に日が短くなったものだ

最近起きた時間帯って真っ暗だもんなぁ

休日でも 朝早く目が覚める
歳のせいと思いたくないのだが…

P1080053.jpg

なら出かけますか

どうせなら血流が良くなる 硫黄泉へ

関西では 白浜以遠か 十津川の 湯泉地温泉なんだよなぁ


P1080055.jpg

十津川に向かって走りますか

朝も早いし 中央環状線から 外環状に

少しでも高速を避けるのは貧乏人だから

P1080057.jpg

羽曳野から 南阪奈道路です

P1080059.jpg

時々ここで降りて 野菜を見たことも有るが
この時間ではまだ開いて無いから

このまま橿原方面に

そして京奈和自動車道で五條へ

この道は無料ですから

P1080060.jpg

五條の街を抜け

P1080062.jpg

紀ノ川を渡り

違いますね 和歌山県に入って紀ノ川になるので
奈良県のうちは 吉野川ですね

P1080063.jpg

この川を渡ると 国道168号線は 


P1080065.jpg

山へと入っていきます

P1080067.jpg


この辺りのんびり走っていると
この地で農業をする若者の
普通車サイズのトラックに抜かれました

じいちゃんの軽は遅いけど
若者のトラック早いねぇ

100キロ超えてたようです

P1080069.jpg

五條市の南の端 大塔村の道の駅で一休みです

だって この道トイレは少ないから…

P1080070.jpg

この円盤型の建物 道の駅ですが
もちろんまだやってません

それでも 駐車場は一杯でした

P1080071.jpg

もちろんうどん屋もまだ

P1080072.jpg

昼間は プラネタリウムもやってます

P1080073.jpg

宿泊施設も 星を観測するところもあり

その上 温泉も有りますが

私は立ち寄った事がありません

この建物とトイレだけです 一度立ち寄って見なくては

P1080075.jpg

むかいに こんな物が出来ていました


P1080076.jpg

維新 胎動の地だと

その由来は南北朝からはじまって……略

P1080077.jpg

大塔郷土館 その前には 喫茶軽食のメニューが

カレー700円は 観光地値段ではないのかい

P1080078.jpg

って??

郷土館に食堂が出来たの?

どうせ開いている時間にここを走ることはほとんどないから

P1080079.jpg

もう一度 見て理解しておこう

これも最近の物 昔は無かったから

P1080080.jpg

こんな像まで作りましたね
これは 五條市の財政 それとも奈良県かな

P1080082.jpg

そんな事は置いといて

朝霧が出てました

これが雲のようになれば 雲海と言ってやるのに…

P1080083.jpg

でも と言う事はこの下走りにくいんだろうなぁ


P1080085.jpg

それ絵でも先に進みますか

大塔村の天文台にお別れして

奈良県最南端 十津川村に入ります




十津川温泉

十津川の湯泉地温泉を満喫して大満足

この後はどこに行こうか

せっかくここまで来ているんだから 十津川温泉にも行っておこうか


DSCN2946.jpg

道の駅と役場の向かいにある

十津川村 歴史郷土資料館 
⇐クリックするとホームページへ
 この時期どこでもコロナのせいで

閉館中だろうなと思って 立ち寄らなかったが

後で調べると面白そうじゃないですか

明治維新の魁となった「天誅組(てんちゅうぐみ)」にも多くの十津川郷士が参加しました。 十津川郷士の勤皇精神は古くは神武天皇御東征の際、山深い吉野の山中を先導した 「やたがらす」が祖先であるといわれています。


ここまで書かれたら そりゃ寄ってみなくては…
次回が楽しみです


DSCN2951_2020032806525573e.jpg

では 十津川温泉に向かって進むと


去年版のナビに替えたのに もう道路の無い所を走っている

DSCN2952.jpg


新しいトンネルが出来ていた

これでまた近くなりましたね

DSCN2957_202003280652580e3.jpg

と言うことで十津川温泉です

バス停や バスセンターもあります

DSCN2955_202003280654496fa.jpg

道は狭いので 迷惑にならないように 駐車場に入れましょう


DSCN2954_20200328065448b22.jpg

バイクを知れるところもありました

これでなっちゃんで来ても 安心です

DSCN2958_20200328065450724.jpg

ここが庵の湯の入り口

看板にまで 下りの階段が現れてます


DSCN2959_20200328065452247.jpg

源泉かけ流し 庵の湯です

飲泉、手湯、足湯、四阿、公衆浴場

四阿(あずまや、しあ)とは庭園などに眺望、休憩などの目的で設置される簡素な建屋です。



DSCN2960.jpg

値段が変わりました

JAF割引も無くなりました

DSCN2961.jpg

階段の上の飲泉の出来る温泉

減ってますから 嬉しいですね


DSCN2963.jpg

入浴者は 駐車場無料です


DSCN2966.jpg

階段を下りていきましょう

DSCN2967.jpg

中二階に足湯があります

堰止湖を見られるようになっている足湯です



DSCN2968.jpg

下まで降りると ココにも飲泉が

その後ろが 風呂です


DSCN2969.jpg


十津川温泉はこの三か所の源泉があります

それぞれに いくつもの温泉がありますが 上湯だけは 宿泊しないと入れません

DSCN2971.jpg

ここから先は 人が居ましたので

貸し切り状態だった時の記事
(お目にかけづらい写真がありましたことお詫びいたします)

DSCN2976_2020032806550515a.jpg

駐車場の横には 奈良交通 十津川営業所の事務所と路線バスの待合室があり


DSCN2977.jpg

そこにも 足湯がありました


DSCN2979_2020032806550862a.jpg

ははは これはパクリですが

面白いですね

DSCN2987_202003291359598af.jpg

そして もう少し南に

十津川村の南の端です

七色休憩所  でも締め切ってありました

DSCN2995_20200329140000629.jpg

この地の地図


DSCN2998_202003291400023a6.jpg


十津川の南の端 十二滝です

ここを越えたら 和歌山県  ドライブは続きます

でも そろそろ腹減ったなぁ…




湯泉地温泉 滝の湯

もう少しで目的地

十津川らしいところにやってきました



DSCN2911_20200328064358a78.jpg

笹の滝に行く分岐

笹の滝に行った時の記事

DSCN2913_20200328064358e5b.jpg

発電用の水路橋も越えて


DSCN2919_20200328064401e5b.jpg

十津川村役場の手前を左折
湯泉地温泉です


DSCN2920_20200328064402c93.jpg

ははは 裕治伯爵の 休業病に感染したようだ

コロナとは読みませんので念のために

DSCN2925_20200328064403e5a.jpg

泉湯
安くて 土地の人の多い湯

でも オープンが遅いから

DSCN2926_202003280644058ce.jpg

知らなかった 駐車場二台だけと思っていたら
反対側 ここに停めてもよかったんだ

DSCN2928_20200328064408886.jpg

道の駅 十津川郷


DSCN2927_202003280644066e5.jpg

ここには 足湯もあります

この湯泉地温泉は 硫黄泉ですから嬉しいですね


DSCN2930_202003280644094aa.jpg

隣でこんにゃくの屋台が出てました

これ①が隠れています  150円です

DSCN2932_202003280644117ad.jpg

役場との間の 橋を渡り

ちょうど滝が見える、少し上流に温泉施設がある

だから滝の湯と付けたとか

DSCN2935_202003280644132fc.jpg

10時から開いてます

滝の湯です

DSCN2937_20200328064414aa9.jpg

アルカリ性単純硫黄泉

良いですねぇ

村民 200円 村民外 800円です

DSCN2941_2020032806441842f.jpg


でも私は 湯巡りキーホルダー 1000円です

三回入れます 他の十津川の湯も入れます

有効期間は 半年ですから


DSCN2939_202003280644152ec.jpg

では 今回はユックリと浸かりましょうか

他に目的は別にありませんから

DSCN2940_2020032806441709d.jpg


しかし 先客が三人ほどいまして
写真は前回の記事に任しましょう

貸し切り状態だった 滝の湯の記事


シッカリ温泉を楽しんだ 壁ぎわでした





十津川村

十津川村 この10年で 20度以上は来ていますね
温泉も 湯泉地(とうせんじ)温泉、十津川温泉、上湯温泉とクリア

勿論 つり橋から 野猿も  笹の滝までも行っているのですが

ここは知らなかった



DSCN2888_202003280633402f5.jpg

谷瀬のつり橋から バイパスに戻り

しばらくして 右手十津川沿いの旧道に入っていきます


DSCN2890.jpg

南帝陵 の説明
第98代天皇、南朝第3代天皇・長慶天皇(大覚寺統) のことですが その真実は不明


こうして考えると 日本の歴史の歪曲が

そうだここに歴史のはざまがあるんだ

鎌倉幕府が壊れ
室町幕府が開始されるときの56年間

金閣寺をつくっらせた 三大足利義満の時代まで
室町幕府は 揺れていたんですね



足利尊氏が京都で光明天皇(北朝)を擁立したのに対し、
吉野で後醍醐天皇(南朝)が新たな朝廷を開いた延元元年(1336)から、
北朝第6代・後小松天皇に対し南朝第4代・後亀山天皇が譲位し両朝が合一した
元中9年(1392)までの56年間を南北朝時代と呼びます。



DSCN2889_202003280633412ad.jpg


川の中に 光る物が有り
それをここに祀ったんだと

DSCN2891_202003280633443e9.jpg

この鳥居から下ると 神社がありましたが
裏口でした


DSCN2896.jpg

下っていくと 国王神社がありました

DSCN2897_20200328063347f20.jpg

それだけでなく 江戸の歴史もあったんですあね
天誅組に歯向かった者も


DSCN2903_20200328063353f9d.jpg

では正面から 

再び国王神社を訪ねましょう


DSCN2902.jpg

これが社殿です



DSCN2898_2020032806334800b.jpg

脇社から

DSCN2899.jpg

本殿まで



DSCN2905_20200328063354a44.jpg

その裏手に

高台に続く石段があり

DSCN2895.jpg

鳥居まであって

DSCN2906_202003280635185d4.jpg

南帝陵  御首塚



DSCN2907_202003280635195fb.jpg


普通の人は首塚ですが

天皇ですから 御首塚と呼ばれるのですね


DSCN2908_20200328063521fd9.jpg


それがここに眠るのでしょうか

歴史のはざまの 話でした





谷瀬のつり橋まで

大峰山から始まる天の川は 天川村を抜け
この地で 中原川 黒河川 等数々の支流をまとめ 大きな川になっていきます

いくつもの治水や水力発電のダムを持ち

十津川村に入ると ようやく十津川と名を変えます


DSCN2859_20200322203554eac.jpg

川幅も大きくなり

車の通る橋や

DSCN2860_20200322203555e2a.jpg

人の渡るつり橋など



DSCN2861.jpg

いろいろな光景を見せてくれま


DSCN2863.jpg

切り立った V字型の渓谷

大雨になると たいへんな所ですから

でも対岸に渡れず 渡ったところで 何ができるか


DSCN2864_2020032220355911a.jpg

最近こんな店も出来ているが

季節が関係するだろうなぁ
まだ9時前では 開いてもないけどね

DSCN2868_20200322203601219.jpg

広くなった道は快適
でも何も見るものもないけれど

DSCN2872_2020032220360280a.jpg

もう 長い間 工事が続いています


DSCN2875_20200322203604cc3.jpg

ところどころ

昔の道が残ってます

せまいですね

前から車が来ると たいへん

まして大型なら…

DSCN2876_20200322203605921.jpg

ところどころに 川原に盛り土が

大きな重機も止まっています

いつまで続くんだろう


DSCN2880_20200322203607ea6.jpg

間もなく 谷瀬のつり橋が見えてきました

綺麗な道が出来て 谷瀬のつり橋に行くには 
側道から 旧道に入らなければなりません

DSCN2881_2020032220360899c.jpg

観光者に向けての看板

上湯温泉の宿ですね


DSCN2883_20200322203610007.jpg

側道に逸れると

コロナで観光客は皆無

まだ9時ですから

DSCN2886_202003222036117ed.jpg

人影もありません

DSCN2887_20200322203613f50.jpg


谷瀬のつり橋

外国人の観光客の 多い所でしたが


逆に行くなら今が良いかもしれませんね





プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR