FC2ブログ

十津川温泉

十津川の湯泉地温泉を満喫して大満足

この後はどこに行こうか

せっかくここまで来ているんだから 十津川温泉にも行っておこうか


DSCN2946.jpg

道の駅と役場の向かいにある

十津川村 歴史郷土資料館 
⇐クリックするとホームページへ
 この時期どこでもコロナのせいで

閉館中だろうなと思って 立ち寄らなかったが

後で調べると面白そうじゃないですか

明治維新の魁となった「天誅組(てんちゅうぐみ)」にも多くの十津川郷士が参加しました。 十津川郷士の勤皇精神は古くは神武天皇御東征の際、山深い吉野の山中を先導した 「やたがらす」が祖先であるといわれています。


ここまで書かれたら そりゃ寄ってみなくては…
次回が楽しみです


DSCN2951_2020032806525573e.jpg

では 十津川温泉に向かって進むと


去年版のナビに替えたのに もう道路の無い所を走っている

DSCN2952.jpg


新しいトンネルが出来ていた

これでまた近くなりましたね

DSCN2957_202003280652580e3.jpg

と言うことで十津川温泉です

バス停や バスセンターもあります

DSCN2955_202003280654496fa.jpg

道は狭いので 迷惑にならないように 駐車場に入れましょう


DSCN2954_20200328065448b22.jpg

バイクを知れるところもありました

これでなっちゃんで来ても 安心です

DSCN2958_20200328065450724.jpg

ここが庵の湯の入り口

看板にまで 下りの階段が現れてます


DSCN2959_20200328065452247.jpg

源泉かけ流し 庵の湯です

飲泉、手湯、足湯、四阿、公衆浴場

四阿(あずまや、しあ)とは庭園などに眺望、休憩などの目的で設置される簡素な建屋です。



DSCN2960.jpg

値段が変わりました

JAF割引も無くなりました

DSCN2961.jpg

階段の上の飲泉の出来る温泉

減ってますから 嬉しいですね


DSCN2963.jpg

入浴者は 駐車場無料です


DSCN2966.jpg

階段を下りていきましょう

DSCN2967.jpg

中二階に足湯があります

堰止湖を見られるようになっている足湯です



DSCN2968.jpg

下まで降りると ココにも飲泉が

その後ろが 風呂です


DSCN2969.jpg


十津川温泉はこの三か所の源泉があります

それぞれに いくつもの温泉がありますが 上湯だけは 宿泊しないと入れません

DSCN2971.jpg

ここから先は 人が居ましたので

貸し切り状態だった時の記事
(お目にかけづらい写真がありましたことお詫びいたします)

DSCN2976_2020032806550515a.jpg

駐車場の横には 奈良交通 十津川営業所の事務所と路線バスの待合室があり


DSCN2977.jpg

そこにも 足湯がありました


DSCN2979_2020032806550862a.jpg

ははは これはパクリですが

面白いですね

DSCN2987_202003291359598af.jpg

そして もう少し南に

十津川村の南の端です

七色休憩所  でも締め切ってありました

DSCN2995_20200329140000629.jpg

この地の地図


DSCN2998_202003291400023a6.jpg


十津川の南の端 十二滝です

ここを越えたら 和歌山県  ドライブは続きます

でも そろそろ腹減ったなぁ…




スポンサーサイト



湯泉地温泉 滝の湯

もう少しで目的地

十津川らしいところにやってきました



DSCN2911_20200328064358a78.jpg

笹の滝に行く分岐

笹の滝に行った時の記事

DSCN2913_20200328064358e5b.jpg

発電用の水路橋も越えて


DSCN2919_20200328064401e5b.jpg

十津川村役場の手前を左折
湯泉地温泉です


DSCN2920_20200328064402c93.jpg

ははは 裕治伯爵の 休業病に感染したようだ

コロナとは読みませんので念のために

DSCN2925_20200328064403e5a.jpg

泉湯
安くて 土地の人の多い湯

でも オープンが遅いから

DSCN2926_202003280644058ce.jpg

知らなかった 駐車場二台だけと思っていたら
反対側 ここに停めてもよかったんだ

DSCN2928_20200328064408886.jpg

道の駅 十津川郷


DSCN2927_202003280644066e5.jpg

ここには 足湯もあります

この湯泉地温泉は 硫黄泉ですから嬉しいですね


DSCN2930_202003280644094aa.jpg

隣でこんにゃくの屋台が出てました

これ①が隠れています  150円です

DSCN2932_202003280644117ad.jpg

役場との間の 橋を渡り

ちょうど滝が見える、少し上流に温泉施設がある

だから滝の湯と付けたとか

DSCN2935_202003280644132fc.jpg

10時から開いてます

滝の湯です

DSCN2937_20200328064414aa9.jpg

アルカリ性単純硫黄泉

良いですねぇ

村民 200円 村民外 800円です

DSCN2941_2020032806441842f.jpg


でも私は 湯巡りキーホルダー 1000円です

三回入れます 他の十津川の湯も入れます

有効期間は 半年ですから


DSCN2939_202003280644152ec.jpg

では 今回はユックリと浸かりましょうか

他に目的は別にありませんから

DSCN2940_2020032806441709d.jpg


しかし 先客が三人ほどいまして
写真は前回の記事に任しましょう

貸し切り状態だった 滝の湯の記事


シッカリ温泉を楽しんだ 壁ぎわでした





十津川村

十津川村 この10年で 20度以上は来ていますね
温泉も 湯泉地(とうせんじ)温泉、十津川温泉、上湯温泉とクリア

勿論 つり橋から 野猿も  笹の滝までも行っているのですが

ここは知らなかった



DSCN2888_202003280633402f5.jpg

谷瀬のつり橋から バイパスに戻り

しばらくして 右手十津川沿いの旧道に入っていきます


DSCN2890.jpg

南帝陵 の説明
第98代天皇、南朝第3代天皇・長慶天皇(大覚寺統) のことですが その真実は不明


こうして考えると 日本の歴史の歪曲が

そうだここに歴史のはざまがあるんだ

鎌倉幕府が壊れ
室町幕府が開始されるときの56年間

金閣寺をつくっらせた 三大足利義満の時代まで
室町幕府は 揺れていたんですね



足利尊氏が京都で光明天皇(北朝)を擁立したのに対し、
吉野で後醍醐天皇(南朝)が新たな朝廷を開いた延元元年(1336)から、
北朝第6代・後小松天皇に対し南朝第4代・後亀山天皇が譲位し両朝が合一した
元中9年(1392)までの56年間を南北朝時代と呼びます。



DSCN2889_202003280633412ad.jpg


川の中に 光る物が有り
それをここに祀ったんだと

DSCN2891_202003280633443e9.jpg

この鳥居から下ると 神社がありましたが
裏口でした


DSCN2896.jpg

下っていくと 国王神社がありました

DSCN2897_20200328063347f20.jpg

それだけでなく 江戸の歴史もあったんですあね
天誅組に歯向かった者も


DSCN2903_20200328063353f9d.jpg

では正面から 

再び国王神社を訪ねましょう


DSCN2902.jpg

これが社殿です



DSCN2898_2020032806334800b.jpg

脇社から

DSCN2899.jpg

本殿まで



DSCN2905_20200328063354a44.jpg

その裏手に

高台に続く石段があり

DSCN2895.jpg

鳥居まであって

DSCN2906_202003280635185d4.jpg

南帝陵  御首塚



DSCN2907_202003280635195fb.jpg


普通の人は首塚ですが

天皇ですから 御首塚と呼ばれるのですね


DSCN2908_20200328063521fd9.jpg


それがここに眠るのでしょうか

歴史のはざまの 話でした





谷瀬のつり橋まで

大峰山から始まる天の川は 天川村を抜け
この地で 中原川 黒河川 等数々の支流をまとめ 大きな川になっていきます

いくつもの治水や水力発電のダムを持ち

十津川村に入ると ようやく十津川と名を変えます


DSCN2859_20200322203554eac.jpg

川幅も大きくなり

車の通る橋や

DSCN2860_20200322203555e2a.jpg

人の渡るつり橋など



DSCN2861.jpg

いろいろな光景を見せてくれま


DSCN2863.jpg

切り立った V字型の渓谷

大雨になると たいへんな所ですから

でも対岸に渡れず 渡ったところで 何ができるか


DSCN2864_2020032220355911a.jpg

最近こんな店も出来ているが

季節が関係するだろうなぁ
まだ9時前では 開いてもないけどね

DSCN2868_20200322203601219.jpg

広くなった道は快適
でも何も見るものもないけれど

DSCN2872_2020032220360280a.jpg

もう 長い間 工事が続いています


DSCN2875_20200322203604cc3.jpg

ところどころ

昔の道が残ってます

せまいですね

前から車が来ると たいへん

まして大型なら…

DSCN2876_20200322203605921.jpg

ところどころに 川原に盛り土が

大きな重機も止まっています

いつまで続くんだろう


DSCN2880_20200322203607ea6.jpg

間もなく 谷瀬のつり橋が見えてきました

綺麗な道が出来て 谷瀬のつり橋に行くには 
側道から 旧道に入らなければなりません

DSCN2881_2020032220360899c.jpg

観光者に向けての看板

上湯温泉の宿ですね


DSCN2883_20200322203610007.jpg

側道に逸れると

コロナで観光客は皆無

まだ9時ですから

DSCN2886_202003222036117ed.jpg

人影もありません

DSCN2887_20200322203613f50.jpg


谷瀬のつり橋

外国人の観光客の 多い所でしたが


逆に行くなら今が良いかもしれませんね





今度は南に 旅立ち 大塔まで

今回の旅は南に

体が温泉を望んでいるから

しかも 疲れた時には やっぱり硫黄泉をと


DSCN2838_2020032220283872a.jpg

阪神高速道路で 南に走ります

1300円かかっても 空港線の北の端から大阪南部へ

距離がすごいですから

DSCN2840_20200322202839dae.jpg

中之島公会堂 大阪を突き抜けるのは

信号待ちの時間が もったいないから


DSCN2842_20200322202840d56.jpg

松原で降りて 外環状を

あとは した道です 貧乏ですから

まだ 7時前 それでもドライブスルーは開いてます

休日なのに朝早くから大変ですね 買いに来ている人もいました

マクドかと思ったら 吉野家なの!

DSCN2844_20200322202842fbc.jpg

富田林のこの塔を右手に見て

あれ?  遠回りしているじゃないか

ナビを一般道優先に替えたら 遠回りさせられてしまった


DSCN2845.jpg


河内長野から 山越えで五條への道

なっちゃんで走ったよなぁ

DSCN2846_20200322202845ad6.jpg

あの時はカーブを攻めていたから気が付かなかった

あんな高い所の建物が

漬物学園??

いいえ 清教学園ですね

私学だから 送迎が有っても良いから作れるんだね

あんなところまで通えないよ


DSCN2848_202003222028464ea.jpg

奈良の五條の町からは 168号線を南下します



DSCN2849_2020032220284893b.jpg

山を抜ける道

地元の軽と軽トラが 速度を決めてくれます

DSCN2851.jpg

道の駅 吉野路大塔の 星の国です

建物が UFOの形です

大塔温泉星乃湯 · プラネタリウムなどを持つ 
 星の国と言う施設がありますが


DSCN2852_20200322202851577.jpg

ホームページでは

ひとあしのばせば
大塔温泉 夢乃湯(車で15分)
道の駅から十津川方面に15分ほど車で走ると出てくる日帰り温泉。
40人が利用できる大浴場をはじめ 、開放的な露天風呂、ジャグジー風呂、サウナ風呂とたっぷり楽しんで頂けます。大自然に囲まれたリラクゼーションスポット「ふれあい交流館」にぜひお越し下さいませ。


そっちを宣伝するか


DSCN2853_202003222028520e1.jpg

まだ朝8時を過ぎたばかり

道の駅の店も開いていません

こんな時に 動かなくなったの

お気の毒ですね


DSCN2854_20200322202854e0a.jpg

この舌のトイレを借りたら 先に進みましょう

ここが五條市大塔町 まもなく十津川村です

湯泉地(とうせんじ)温泉 滝の湯

十津川温泉の 温泉宿に泊り
一晩に何度も入浴して 満足していたのだが…

源泉に近く ほんのり硫黄の香りもするのだが

やっぱり硫黄泉に入りたい

十津川に全部かけ流しで 3か所の温泉はあるが
硫黄泉はこの湯泉地温泉だけです

泊れる旅館は 一人じゃ入れないですね… 値段的にも……
民宿が取れればいいのだが…

CIMG7892_20190703083219f93.jpg

と言うことで 日帰り入浴施設の 滝の湯に
利用料金:大人800円/小人400円
営業時間:AM8:00~PM9:00
休業日: 木曜日
です

泉湯と言うのもあるのですが
利用料金:大人500円/小人250円
営業時間:AM10:00~PM9:00
休業日: 火曜日

10時からなので 8時からのところで



CIMG7895.jpg

滝の湯の玄関

CIMG7896_20190703083221cfb.jpg

暖簾が8時に出ます

CIMG7897_201907030832227da.jpg

案内図

CIMG7899_2019070308322487e.jpg

廊下の窓からの風景

CIMG7900_2019070308322587a.jpg

ここからが風呂場

予子には憧れの赤暖簾もあったのですが
誰もいない所を覗いて 警察沙汰も嫌ですから…

CIMG7901.jpg

温泉分析表

CIMG7902_201907030832280d8.jpg

風呂場の脱衣場は籠だけ

財布やカギはフロント横の 貴重品入れに入れてます


CIMG7903_20190703083230cc8.jpg

改装された 室内風呂


CIMG7905_201907030832314e8.jpg

この扉はサウナではありません
露天風呂への 入り口です

CIMG7906_20190703083233484.jpg

これは辛いね

素っ裸にタオルだけで 階段70段

滑ってこけたら 怪談だね

CIMG7907_20190703083235c1b.jpg

噛まれたら もっと怪談になりそう

CIMG7908_20190703083236f0a.jpg

案外、急な階段です

CIMG7910_20190703083237b01.jpg

ここで半分ぐらい

CIMG7911_20190703083239a5c.jpg

屋根のある踊り場

休憩用のいすもあります

CIMG7912_201907030832405e9.jpg

ここが露天風呂

CIMG7913_20190703083242f33.jpg

直ぐ川の横です

CIMG7915_201907030832434c9.jpg

湯の中からも 一枚

CIMG7917_20190703083322270.jpg

源泉かけ流し宣言 15周年

フェイスタオル一枚もらいました

CIMG7918_201907030833238b9.jpg

この橋の 先にあるのですが

これは帰りしな

手前が 道の駅

向こう側が 十津川荘

CIMG7919_20190703083325c1f.jpg

道の駅には 足湯もあります

この道 国道168号線で一番混む道の駅です


硫黄泉満喫したぞ~



十津川温泉 静響の宿 山水 後編

 飯も食ったし あとは温泉だ

これを楽しみに来たのだから 

楽しまねば… 
 
ひとりだし…


CIMG7875_20190703074528929.jpg

大浴場

CIMG7877_20190703074529028.jpg

露天風呂は ちょっと怖いですね
虫は来るし 足元は滑るし

CIMG7874_201907030745275d1.jpg

入れ替えの時間少し転寝して

CIMG7878_201907030745317a2.jpg

今度はこちらへ

CIMG7881_201907030745320aa.jpg

日のk時の湯再び

しかし 夜中だからもあるが

誰も入りに来ません

変なおっさん一人だけ 風呂を満喫してました


変なおっさんがうろうろしているから

女性は入りに来れなかったかも…

CIMG7883_201907030745340bb.jpg

朝五時過ぎて明るくなってきたから

露天風呂に

CIMG7885_2019070307453522e.jpg

こちらは寝湯

雲が無かったら 星を見るのによかっただろうなぁ

P1050748.jpg

では朝飯だ

P1050749.jpg

品数の多い 和のおかず

でも ビールは飲めそうもない…

P1050751.jpg

温泉卵 とシラスおろし

P1050752.jpg

煮物

P1050750.jpg

これ もう少し焼いてから

熱々の酒に入れると旨いんだけれどなぁ…

P1050753.jpg

きょうはおかずにしますか

P1050754.jpg

温泉卵が 冷蔵庫から出したところ
冷たくて…

P1050756.jpg

だし巻き卵と

P1050755.jpg

焼いた上げの入った味噌汁

田舎料理を美味しくいただきました


もう一度風呂に入ったら 出かけますか





今日お宿は山水  前編


十津川温泉 静響の宿 山水に到着しました

ホームページは 期限切れで 楽天トラベルです

P1050746.jpg

昔の旅館 そう思わせるフロント

P1050747.jpg

廊下もこんな感じ
なんせ 9室の宿ですから

CIMG7861_201907030736596f9.jpg

部屋に通されると 布団が敷いてありました

一人は寂しいねぇ…

CIMG7862_20190703073700666.jpg

歓迎の お茶を一つ
お茶菓子は手作り

CIMG7863_201907030737010c2.jpg

ゼリー寄せのぜんざいですね

CIMG7866_20190703073703c24.jpg

ルームサービスもあるようですが…

このビールならいらないや

冷蔵庫も部屋にあったし…

CIMG7867_20190703073704901.jpg

一品料理も出してくれるんだ

二食にせずに素泊まりで 部屋で呑むのもいいかなぁ…



楽しみは風呂

部屋数が少ない分だけ

貸切風呂も 空いてたらどうぞお入りくださいと

9時半に 男風呂と女風呂が入れ替わります

あとは夜中も良いですよと

CIMG7868_2019070307370620b.jpg

少し早く着いたので

貸切風呂も開いていた

CIMG7870_201907030737077d3.jpg

うめは 梅干し漬けの樽を使ってました

ここが一番熱かったかな

CIMG7871.jpg

ひのきは
ヒノキぶろ

この古びた度合いがいいねぇ…

部屋に戻って

wifì を繋いでみると

着信があったようだ

CIMG7873_201907030737108ba.jpg

親戚が入院した病院の 保証人になったから確認の電話だな
これはかけ直ししておかなければ……

と……

困った

何が困ったかと言うと

アンテナが 一本も立ってない

Wi-Fiで ネットは見られるが
普通に電話はかけられない

親戚の入院した病院に ネットの電話はかからない…

来週まで待ってもらおうか


P1050726.jpg

では夕食の時間です

P1050729.jpg

前菜

P1050732.jpg

ビールがアサヒだから
地ビールだけもらいましょう

P1050733.jpg

梅鳥の豆乳鍋

P1050734.jpg

前菜を ちびりちびりと

P1050735.jpg

ゴマ豆腐

作りたてに限るね

P1050737.jpg

川ますの造り

P1050739.jpg

梅鳥の燻製 梅ソース

P1050741.jpg

トマトのチーズ焼き

P1050742.jpg

小鮎の焼き物

綺麗に波付けてるのに
なんでこう並べる
海腹川背でしょう
アユは腹を下にして出してほしかった

P1050743.jpg

野菜の天ぷら

P1050744.jpg

吸い物と白飯

P1050745.jpg

デザート



誰とも話さずに食べる食事は寂しいねぇ
一人暮らしならテレビが点いてるが
それもないので 黙々と黙って食べるだけでした

また風呂に入りに行こうっと……  つづく




旅立ちは十津川まで

大阪でG20の日
別段仕事とは関係ないのだけれど

南紀に向かいにくい 交通情勢になっていたからか
土曜日 湯快リゾートプレミアム 
彩長楽白浜の個室シングルルームが空いていた

湯快リゾート好きなんです
温泉が良いのと バイキングで プレモルの飲み放題がある

好きな物だけとれば あとは飲み放題
つまみが優れた
ビアガーデン気分で呑めるのが好きなんです



ついでに 金曜日昼からさぼって
十津川の宿も取り

二泊三日の一人旅に出ることにしました。

しょっちゅう行っているところなので
一人旅だし 別に観光の目的もなく
宿と風呂が楽しみの旅にしました

CIMG7821_20190701083418c17.jpg

阪神高速道路は 走れません

でも大阪市を回りこむような高速は走れますから

CIMG7822_20190701083419fa6.jpg

千里の観覧車を右手に見て

近畿自動車道に入ります

CIMG7823_201907010834212bf.jpg

南阪奈道路から 葛城バイパス

CIMG7826.jpg

ほとんど高架の上 最後は京名和道路

なっちゃんの走れない道で 五条まで行けるのがすごいですね

CIMG7827_20190701083423f9b.jpg

あとは国道168号線 
信号も少なく どんどん広げられて
走りやすくなっている道です

CIMG7830.jpg

ネックはただ一つだけ

時速30キロ走行の 軽トラ
これだけは渋滞の元となりますが…


CIMG7833_20190701083427a01.jpg

道の駅 大塔



CIMG7834_2019070108342832e.jpg

空を見るのに適したところ
大きな望遠鏡のある施設もありますね

CIMG7836_201907010834301cd.jpg

ここがわかれ道

左は天川村 右は十津川村に続きます

CIMG7840_20190701083431479.jpg

これは 大塔町の日帰り温泉施設
何度か寄りましたが

十津川村が 全施設かけ流しにしたのが大きかった
ついつい 立ち寄らなくなりました


CIMG7844_201907010834338d6.jpg

十津川村役場
この周囲が 湯泉地温泉(とうせんじおんせん)
十津川でも ここだけが 単純硫黄泉なんだよねぇ
温泉好きになっていくにつれて 
硫黄泉にあこがれるんだよね

CIMG7846_201907010834343b2.jpg

道の駅と 足湯
混みあう所です



CIMG7850_2019070108343510a.jpg

そしてこちらが 十津川温泉
川のすぐ横には 庵の湯と言う公衆浴場もあるんだけど
今日の宿と同じ
ナトリウム炭酸水素塩泉ですから


CIMG7851_20190701083437a68.jpg


今日の宿はこちら

CIMG7852_201907010834396a8.jpg

竜神温泉へ向かう道に

CIMG7854_20190701083440e14.jpg

こんな橋好きだなぁ

風もないのにぶらぶら~


CIMG7855_201907010834423b0.jpg

そしてこいつもありました

野猿です


CIMG7856_201907010834438b3.jpg

これですが…


CIMG7857_2019070108344524c.jpg

でも 雨降りで 濡れてしまいそうだったので
泣く泣くあきらめました

次回は乗って見ようかな…

では間もなく 宿です





帰り道のご褒美 南紀の旅 最終話

新宮駅に友人を降ろして
紀伊半島の真ん中 168号線を北上します


P1040461.jpg

雨が大粒になってきました

P1040464.jpg

そして山には霧がたってきました

これは困った…

P1040465.jpg

でも うすい靄状態
これなら走れます

奈良県十津川村に入りました 十二滝です

P1040466.jpg

あの橋の向こうが十津川温泉

P1040477.jpg

折角だから立ち寄りましょう
昨日は 駅伝で一部通行止めだったのだって
今日はラッキーです

P1040476.jpg

憩いの湯入り口です

P1040475.jpg

急告 行かれる方は参考に

P1040467.jpg

では入りましょう
突き当りの階段を下に

P1040468.jpg

ここが男湯の入り口

P1040469.jpg

私が入ると 入れ違いに地元の方が出て行きました
良かったなぁ 前に人が入ってないと熱くて入れない風呂だよと

入ると源泉は 熱い!

それでも前の人に感謝です


P1040478.jpg

再び道に戻ると

前をこんな車が

P1040479.jpg

それでもしっばらく行った広い道で 譲ってくれました

P1040483.jpg

五條から北に

バイパスを通ったので
霧の中を走らずにすみました

P1040484.jpg

トイレ休憩も兼ねて 道の駅かつらぎ

P1040485.jpg

野菜を買って帰りました

今高いですから 助かりますね

色々食べて 温泉三昧 南紀の旅でした






プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR