稲村の火の館と 帰り道 和歌山の旅 最終話

湯浅の隣町 広川まで戻ってきました

ここに今回の旅の目的の一つが有るのです

CIMG4117.jpg


それがここ


CIMG4118.jpg

稲村の火の館です

500円でも価値あり

CIMG4119.jpg

入口は濱ロ梧陵の 記念館  


濱ロ梧陵 稲村の火とは

1854年(安政元年)11月4日、5日の2回にわたって襲った南海の大地震に際し、梧陵は、海水の干き方、井戸水の急退などにより、大津波が来ることを予期しました。
梧陵は地震の都度 高台の神社に村民を避難させました。
5日の地震で夜中に津波に村は飲み込まれました。

真っ暗な中 村民に場所を知らせるために
高台近くの田に積んであった収穫された藁の積んだもの(稲むら)に火を投じて急を知らせ、村民の命を救いました。
そのむらぜんたい中井常蔵氏が著した物語「稲むらの火」は、昭和12年から昭和22年まで国定の小学国語読本に採用されました。

また住民の生活を案じ、自費で稲村の堤防を造り 村民の生活を支えました
また出稼ぎに ヤマサに人を派遣もしました。

一人で 自腹で その村全体を救ったのです
今の東北 余分な税金まで取って 国は大臣まで決めて何をやっているのやら
無能な人間との差が歴然ですね



話を戻しましょう

CIMG4120.jpg

何メートルの津波が来たら
ここまで水が来る

でもこんな機械より

CIMG4121.jpg

簡単に作れる行燈

缶ビールの缶の横に穴をあけることで針金を通し 持ち手にもなります

ろうそくではなく 油と芯をつけているので長持ちです

CIMG4122.jpg

ビール缶でご飯も炊けます

大きな火じゃないのが 二次災害を防ぐコツです

CIMG4123.jpg

明り取りの火の応用で 複数遣えばコンロにもなります

そして中で上映されている映画も


それぞれ勝手に逃げること

地震があり 津波の恐れがあれば
それぞれ勝手に逃げること

より高台へ そして家族で高台の集合場所をきめておくこと

いくら心配でも家族を信じて 決して探しに行かないこと


東北の地震のずっと前から ここはありました

この教え せめて現地の 学校の校長全部が知って居れば
かなりの命が防げただろうに…


こうして帰路に

CIMG4124.jpg

その前に湯浅に立ち寄ってお土産の醤油を



CIMG4125.jpg

ここは昨日来たから



CIMG4126.jpg

今日はこちらの店にしましょう

CIMG4127.jpg

ここです 醤油と金山寺味噌の店

CIMG4128.jpg

最高の材料で作りました
数量限定魯山人醤油

200cc 1512円

CIMG4129.jpg

こちらには 白醤油が

醤油さしは 味見してみてくださいと

CIMG4130.jpg

もちろんこちらもありました

だからって

醤油だけ舐めてもあまり変わり映えが…

何かにつけるとはっきりするだろうが…



CIMG4131.jpg

梅と カレーは香りでわかりますが
特にカレー この醤油 何に使うんや

お土産物買ったら
帰路につきましょう

CIMG4133.jpg

紀ノ川サービスエリアで 休憩して


CIMG4135.jpg

食べ逃した 和歌山ラーメンか

CIMG4137.jpg

カレーが食べたい

さっきシラス丼食べたやん 
山の神に却下されて

CIMG4138.jpg


あべのハルカスが見えてきました
これにて和歌山の旅 終了です





スポンサーサイト

昼飯は再び湯浅で  和歌山の旅 ⑧

南部から 白浜に行くのではなく
再び湯浅に戻ることに

醤油買って帰ろうと

旅に興味を持たない 山の神ですから

CIMG4098.jpg

でもこんなところは好きらしい
そう思ったら お土産を買っていた

わたしは
ここの試食のプチトマトが旨かった

高速を利用して戻ります

CIMG4099.jpg


途中 何か食べれそうなものがあれば
立ち寄った パーキング


CIMG4100.jpg

うどん、ラーメン、カレー
和歌山名物は サンマ寿司と めはり寿司

CIMG4101.jpg

どれもこれも……

仕事しているときの昼飯並みだもんなぁ 
値は高いけれど

湯浅まで我慢だ

CIMG4070.jpg

今朝宿のパンフレット置き場で 見たこれ



CIMG4102.jpg

駅前の観光案内所にありました。
あまり興味ないのでスルーして

CIMG4116.jpg

ようやく昼飯じゃ~
かどや食堂

この地方 シラス漁は5月になって解禁ですが
特殊な冷凍法ができたので 
年中生シラスが食べられるようになったんだと

CIMG4103.jpg

数年前 ここで生シラス丼食べたんだよなぁ


CIMG4104.jpg

えっ!?

生シラス無いんだ



CIMG4105.jpg

どれにしようかなぁ…

前回来た時に 
小田原の裕治伯爵連れてきてやればよかったなぁ


CIMG4115.jpg

そう思ったのだけれど
カツ丼があった

私は 刺身定食を ご飯はシラス丼で
980円プラス250円か

ついでに一杯飲みたいなぁ

CIMG4112.jpg

こんなカウンターの店ですから


CIMG4106.jpg

我慢できずにこれを

CIMG4107.jpg

う~~
旨くない…

仕方ないけれど

CIMG4108.jpg

定食出来ました

CIMG4109.jpg

釜揚げシラス丼

CIMG4110.jpg

煮物

CIMG4111.jpg

980円ですから

大根のケンが無いと さみしいね



CIMG4113.jpg


ひじきの煮物

家庭料理でした










梅ぼしを求めて 南部まで  和歌山の旅 ⑦

山の神が 何かお土産を買って帰ると

和歌山の名物の値段チェックをしおておこうか


CIMG4080.jpg

そんな時にはこんな店に

地元の人でにぎわうところです


CIMG4081.jpg

私の興味はこちら
地元で上がった魚です

CIMG4082.jpg

この太刀魚が 1000円
一番大きいのを買ってしまいました

三つか四つに切ってくださいな
ついでにビニールの袋に氷入れてね


あと店を回ると
お土産用の梅干し 2割ぐらい安かった

CIMG4083.jpg

しかしうちの山の神は
色々味見がしたいと

梅干しの里に行きたいと
何処までもまいりますよ

CIMG4084.jpg

海がきれいです とは言えませんねぇ…

でも厳しい海も好きです

CIMG4085.jpg

南高梅の産地 南部(みなべ)までやってきました

CIMG4086.jpg

これが梅干館

工場見学のできる 施設です



CIMG4087.jpg

マスコットは 梅太郎

CIMG4088.jpg

それよりこんな人形のほうが可愛い

CIMG4089.jpg

アップです

梅干しのタネ人形

CIMG4092.jpg

ほぼ全商品 味見できます
一つ500円とかいうのは無理でしたが

ただ朝早くから観光バスが来ていて 
多分大阪のおばさんばかり
押し合いへし合いで 写真が撮りにくい

安い梅のところに 押しやられた若い人の後ろで…


CIMG4091.jpg

なんと
試食は 梅干しだけでなく こんなものまで

CIMG4093.jpg

これは試食はないんか

CIMG4094.jpg

でも250円なら
300円以下ですから

う~ん

少しすっぱくて しょっぱい



CIMG4095.jpg

向かいの海側

CIMG4096.jpg

こちらの店も覗いてみましょう

CIMG4097.jpg

観光バスが来ないから
ゆっくり落ち着いて味見できます

でも…  店の人がついてくれると
やっぱり買わなきゃならない羽目に…笑


もうそこは白浜

でも 山の神は興味がないと

再び醤油を買いに戻ることになりました










湯浅城の朝  和歌山の旅⑥

湯浅城の朝です

一晩中 建付けの悪いサッシの 

ガタガタと言う音で眠れませんでした

CIMG4073.jpg

せめて 風呂ですっきりして帰ろうと

風呂はこの先です



CIMG4066.jpg

温泉ですから



CIMG4074.jpg


そして朝食 右上は温泉卵 右は練り天

もう一つインパクトが無いなぁ

開いているメインの皿は


CIMG4075.jpg

さんまのみりん干し 半分



CIMG4076.jpg

そして味噌汁

日本一納豆の消費の少ない和歌山県

納豆の付いて無いのは良いが


これだけでは ちょっとさみしいいねぇ

そのうえ 蓋の付いた入れ物だからいいけれど
ご飯を コマを回す時の投げるように置いていく 朝の仲居

これはいただけませんね

寝不足じゃ無ければ 怒鳴りつけてやるところだった



CIMG4071.jpg


フロント前の お土産類をチェックして


CIMG4072.jpg



ここはこれで終了

夕べのスナックが恋しくならない限り

二度目は無いなぁ



ふるさと納税の お返しにと ここの宿泊券は

この国民宿舎の 救済の意味が有ったのかも

アンケートにも実名を入れて残してきたけれど
たまたま近くに来た時に
500円で入浴した時に サッシが治っていたら考えようかな


風の強い日には 眠れない宿舎でした













湯浅城の食事    和歌山の旅⑤

旅の楽しみと言えば 食事

しかも普段なら 泊まらない所

山手の 近くに居酒屋もないようなところ



CIMG4006.jpg


ましてこんなお城のような建物ですから


CIMG4007.jpg

ガ~ン!!

ビールがアサヒのスーパードライしかない

ならば日本酒をと思ったら  1800円??

この写真のビンは どう見ても 350㏄ぐらいだよね

CIMG4008.jpg


あきらめて スーパードライ 一本だけ瓶で貰うと

テーブルの上に プラスチックの城が有った

周囲のテーブルには無いのに
安く泊まっているんだな

CIMG4009.jpg

金山寺味噌、梅干し、しらすおろし

これは品数を増やすだけの物かな

グラスは桃の食前酒


CIMG4012.jpg

おつくりの皿

こんなもの見ると 呑まずにはいられない

アワビと 太刀魚 カンパチ  タイとイカ

CIMG4030.jpg

冷酒 貰います

これだと 700円ですから

CIMG4031.jpg

和歌山市の酒ですね

世界統一をひっくり返したの

世界一統



CIMG4013.jpg

この肉厚の鯖寿司も旨いね



CIMG4014.jpg

では 城の解体と行きましょう



CIMG4015.jpg


これはなんだ セリ?

次の段には わかめと筍


CIMG4016.jpg

次の段が



CIMG4017.jpg

歯触りの良い 野菜三種


CIMG4018.jpg

一番下が煮物

CIMG4022.jpg

鍋に火を付けるのは少し待ってもらって

だって 食べなきゃいけないものがたくさんあるから


CIMG4029.jpg

さきに 鯛のかぶと蒸しを
熱いうちに食べなくては


CIMG4030_20180421081045a7e.jpg

一本じゃ足りなくて二本目


CIMG4033.jpg

まだまだでるぞ

天ぷらと



CIMG4035.jpg

釜揚げしらすの 玉子巻き

この白いのは 米粒ではありません
すべてシラスです

CIMG4010.jpg

そろそろ鍋も

CIMG4037.jpg

昆布と 鳥型のニンジンが

こんなところ良いですね


CIMG4044.jpg


紀伊牛だとか


CIMG4049.jpg

こんな鍋になりました

CIMG4039.jpg

みそ汁とごはん


CIMG4050.jpg

デザートのシャーベット

CIMG4051.jpg

懐かしのいちごスプーン


CIMG4055.jpg

焼き鯖寿司の熱々なんて良いなとこんなことまでしてました。


CIMG4057.jpg


ご馳走様でした

翌朝とは違って 愛想の良い 仲居さん


この後 暴風雨のがたつく部屋をぬけ

ひとり 地元のスナックに向かった壁ぎわでした







湯浅城   和歌山の旅④

醤油発祥の土地 湯浅

何度か訪れているのだけれど


CIMG3981.jpg

田舎のローカル駅
でもその周囲にしか店が無いんだよね


CIMG3982.jpg

だいたい 交叉点の名が 昭和 だったりするから


CIMG3984.jpg

国道42号線の 山側少し入ったところに
こんな建物が有る


CIMG3985.jpg

堀もなく 手前が畑のお城


CIMG3987.jpg

そう入口は
車の横付けできる



CIMG3988.jpg

ちゃんと標識も??


500円出せば 中に入れます
お城の中じゃないけれど
立ち寄り温泉なんです


ええ ここ 国民宿舎ですから


CIMG3997.jpg


真中のおんぼろエレベーター

4階は閉鎖中だと

CIMG3993.jpg


外の景色

何もない

CIMG3998.jpg

五階の展望台

こちらが湯浅の街


CIMG3999.jpg

視線をずらすと何もない


CIMG4000.jpg

双眼鏡が有ったが
見るものは何もない

ただ こちらに面した 住宅は注意が必要ですよ

この三階が今夜の宿

窓のサッシの立て付けが悪く

ロックしても ガタガタする

この日は暴風警報が出て

一晩中 
窓のサッシのガタガタする音に苦しめられました…





続きを読む

湯浅 甚風呂  和歌山の旅③

湯浅地域の 古い町並み散策です



CIMG3954.jpg

ここは角長の資料館


CIMG3955.jpg

入場無料ですから
前回は少し暗いので 写りが悪かったところ


CIMG3956.jpg

蔵の中の資料館です


CIMG3957.jpg

その先には 酒屋
かどうち それはないか

酒屋というより 万屋ですね


CIMG3960.jpg

この看板に誘われて



CIMG3961.jpg

この路地を入っていきます


CIMG3962.jpg

ここが甚風呂

昭和の終わりごろまで使われていた銭湯

今は資料館です

入場無料なのが 良いですね


CIMG3963.jpg

湯のないふろ場には


CIMG3964.jpg

懐かしいポスターが

いいえ 

本当はこのころは知りません


CIMG3965.jpg

奥には お祭りの用意?


CIMG3966.jpg

もうすぐ節句だから?


CIMG3971.jpg


おみこしの上の鳳凰

CIMG3972.jpg

畳の部屋は資料館
これは舟箪笥

大事なものの金庫だけでなく
浮くから沈没時の浮き輪にもなるんだと


CIMG3973.jpg

足踏みミシン? 

いいえ

手回しミシンです


CIMG3974.jpg

色々見ても無料


CIMG3975.jpg


そして 休憩も終わり

CIMG3976.jpg


角長の新しい資料館も少し覗いたら

そろそろ宿泊地に向かいますか







醤油は発祥の地 湯浅 和歌山の旅 ②

昼に伊丹を出て 湯浅までやってきました

白浜まで行くのではなく 
湯浅で泊まるのでゆっくりです

夕方から天気が崩れると言うので

先に 醤油蔵周辺を回ってみました



CIMG3946.jpg

ここ 来客用の駐車場ですから

CIMG3949.jpg

この黒板塀の街並みを

角長さんの売店まで


CIMG3950.jpg

高級醤油 濁り醤(ひしお) 匠

三年熟成 300cc 税込み 1550円

CIMG3951.jpg

こんな陶器の 醤油徳利の付いたものも
なかなか面白いんだけれど
使おうとすると この容器だと 垂れるからなぁ…


CIMG3953.jpg

こんな容器に入って売っているのもありますね


CIMG3952.jpg


そしてこれ

服を汚さない醤油


CIMG4059.jpg

味見したくて買いました

ただ これどちらも、
そう変わらない値段なんだよなぁ



CIMG4061.jpg

醤油塩の内容

CIMG4062.jpg


詳しい説明はこちらから

今度 寿司につけて食べたいものです

ただ……

回らない寿司を
食べる機会が少ないので

廻る寿司にはもったいないし…







紀ノ川サービスエリア  和歌山の旅①

ふるさと納税のお返しで 
国民宿舎湯浅城宿泊と言うのがありました

一度話のタネに 行ってみようかと 予約していました
その旅の様子です

CIMG3919.jpg

この日は 昼から出発です
阪神高速で南に


CIMG3922.jpg

南港では赤い橋を渡ります


CIMG3925.jpg

関空橋が見えてきました

CIMG3927.jpg

プレミアムアウトレットの観覧車
ここを過ぎると和歌山県はすぐですね

CIMG3928.jpg

阪和道に入り 県境を越え
紀ノ川サービスエリアです

CIMG3929.jpg

クレミアソフト プレーン500円
抹茶とココアは 550円です
これがだんだん流行ってきている
ラングドシャカップですね

CIMG3930.jpg

普通のソフトは 350円でした

でも300円まででないと買いたくないなぁ

CIMG3931.jpg

たまにはフードコートではなく
レストランに入って見ましょう

CIMG3932.jpg

どれにしようかな?

CIMG3933.jpg

さすが和歌山 醤油発祥の地だから

レストランの醤油は 手作り醤油です

CIMG3934.jpg

サービスエリアのレストランおすすめの一品

よもぎそばと太刀魚天丼

CIMG3935.jpg

この緑色鮮やかなよもぎそば

なんと 香りが ほとんどしませんでした

CIMG3936.jpg

太刀魚天丼は 小ぶりな太刀魚でした

CIMG3940.jpg

山の神は ヒレカツランチ

そのほうがみそ汁ついていていいねぇ

CIMG3941.jpg

nexcoのホームページから 割引券印刷していくと

コーヒーが無料に

CIMG3942.jpg

ほら、この通り無料の文字が


CIMG3944.jpg


春のおすすめ食べたら こんなカードがもらえますって

でも ちょっと興味わか無いなぁ……













白浜御苑でカニ食べ放題  牡蠣を食べに行くはずが

今回の旅の目的地は、湯快リゾートの白浜御苑でした。

二月いっぱいは カニの食べ放題をやっているから

じつは 温泉だけ500円

宿泊せずに温泉と夕食バイキングは 2700円~ 
時によっては4000円ぐらいになるのですが

この日も 4000円ちょっとでした

CIMG3163_201802281449195cc.jpg

七月にも 悪いおっさんどもで予約している 白浜御苑

CIMG3164_20180228144921762.jpg

今回の目的はこれ
この値段なら 居酒屋より絶対安いから

私は運転手、酒も飲めないが
運転手がいれば 1500円の飲み放題絶対つけるだろうなぁ…

CIMG3165_20180228144921115.jpg

長い距離運転してきたので
まずは水分補給から

だって温泉に入るから

CIMG3166_20180228144923156.jpg

温泉じゃ~
南紀の温泉好きなんですよね

一時間時間を取りました
だって部屋には入れないから…

CIMG3169.jpg

では戦場へ


CIMG3170.jpg

北海道フェアしていて アンコウのから揚げ美味しかった

左は北海道味噌ラーメンの麺無し

CIMG3168.jpg

裕治伯爵!
そんな事して大丈夫か?


CIMG3167.jpg

私は素直に こう言う感じで

DSC_1433.jpg

前がこうなったら
食器を置くところに置いて

DSC_1434.jpg

もう一杯と 大きなカニ足を

でも 一応90分て言ってたなぁ
注意されることは無いけれど もう90分ですから


CIMG3171.jpg

デザートの時間にしましょう

CIMG3172.jpg

プチケーキと パイン、メロン、ライチ

CIMG3173.jpg

白玉ぜんざいも

DSC_1432.jpg

そして カニ臭い体を もう一度温泉で清めなければ…

さて 高速を飛ばして帰りましょう

こんな楽しみアリですよね…







プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR