fc2ブログ

前夜祭は とりよねさんで

去年の シルバーウィークに 
富山の旅の前夜祭をとお願いしていたのが中止になってしまい

ようやく訪れることが出来た とりよねさんです

ここの名物お座敷体験も コロナのせいで 3年お休みですから

P1260595.jpg

壁ぎわさんが 来はるから あわてて出しましたで

そう言って ひな人形を飾ってますが


さすが京都の老舗 代々伝わるものかと思いきや
三人上戸までそろえて これは 近年 昭和が終わってからの物ですね

P1260596.jpg

無理言いの 壁ぎわは この日も又 無理難題を

個室は嫌やから 割烹の方の カウンターで御願いしますと…


すると板さんは 調理だけでなく 話し相手まで務めることに なります
何人も板前さんはいますが
板長が待っていてくれました

入口に他のお客さんの名前も有ったのですが
嫌な顔せずに やってくれました


先付には

正月名残の 黒豆と数の子

中の鉢は ナマコの和え物
焼いた薄いのは

からすみを薄う切って炙ってますと


P1260597.jpg

今日は雪もぱらつきましたんで
順番を変えて出してます

まず

とりよね秘伝の とりスープです
暖まっていただきたいのでと


中に沈んでいるのは 豆腐です
嵯峨豆腐 森嘉の 豆腐です
この記事の最後のお店ですね

6440.jpg

一番大切な お造りの写真がない

日本料理の 刺身ではなく
今日はお造り盛です

脂の乗った かのこの 切り込みを入れた ブリと……

この日行った人に貰いました

壁ぎわたるものが なんでやねん
そして 明石のタイと 能登のブリ

ブリに入った
細かく入る かのこ切りがわかるだろうか

煮切りと 塩と 油に辛子を溶かし込んだものです

今日はお造り盛ですから
お好きな物をどうぞと

鯛は昆布締め 

その後 板長の口から衝撃な言葉を

それぞれ 高価な物ですが
その皿の中で一番高いのは わさびかも

特別なわさびで サメ皮で ゆっくりと下ろさせてもらいました

二年物のワサビを 香りを立つようにだね 
だからわさびの 香りが甘いんだ


P1260598.jpg

もう一つ 椀物を

春の野菜の 葛仕立てです

こんな感じで 生湯葉の入ったのが大好きなんだ


P1260599.jpg


何してはりますの?
そばについていてくれていた大女将に言われました

汁物の中で 特に葛の餡物の中で
ねじり梅が輝いているね

食べるのがもったいなくて
写真に撮りたかったんだ


P1260600.jpg


つぎは焼き物です
この杉の臼削りにした 素材
今の 生産者さんが 途絶えたら無くなりそうなんです…と


P1260601.jpg

その後 春の天ぷら

レンコンに挟んでいるのは とりよねの 特製の とりそぼろです


P1260602.jpg

この天ぷらを見ていたトットちゃんは
こうして 開いて揚げると 火が通りやすいし
外側も食べやすよネと


キリンの瓶ビールと 京都のお酒をもらってのんでいたのですが


P1260605.jpg

千枚漬けと 柴漬け
それに 昆布の佃煮 もう酔っていたので間違えてました
裕治伯爵の写真を見たら

IMG_7244.jpg

これです
鮃の龍飛巻きでした

そのままでも食べられますが
ちょっと 酸味が有るかも

龍飛昆布と言えば 箱に入って 1万円で売っている昆布
浜で軽く干した後 酢を塗って干しあげた昆布です

鮃の龍飛巻きと言えば 京のおせちの定番やん

酢に漬けたようなものなので
漬物として出すのも良いのですね


P1260604.jpg

しめは カニ雑炊でした

あすから カニを食べに行くのだけれど

上品な 今日の老舗の料理屋の 雑炊はきれいですねぇ


P1260609.jpg

カウンターに座り 散々飲んで戯言に付き合ってくれた

とりよねの社長兼板長
大女将と

久し振りですって 子供が寝たので出てきましたと 若女将

こうして迎えてくれるのが嬉しいですね


また カウンターで飲む会やりたいものです

一人 12000円位かな

舞妓ちゃん芸子さんを呼べば

それは個室で 一桁上がるかな??





スポンサーサイト



こんな店も

京都に行った日 一時間近く 余裕をもって
お座敷体験の 会場を探してました

P1240534.jpg


30分ほど 探して ようやく見つけたのですが
思っているような所じゃなかったので何度素通りしたか…


P1240533.jpg

途中 入りたかった 焼き肉屋

でも この匂いを服につけて
お座敷体験には行けませんからね


次の通りを入ったところに
面白い店を見つけました

古民家の前に バルと書いてました
30分だけ吞めますか?と 入りました

バルagiyao

入って驚いた
ワインバー しかもフランス白ワインの店

一休の お店紹介が一番わかりやすそうなので
クリックしたら飛びます

P1240536.jpg

初めての店に 迷い込んだオッサン
店の人も お互い初対面

相手の 度合いを測るのが京都ですから…


お飲み物 どうされますか?

ちょっと歩き疲れたので リースリングのをもらおうか
甘すぎないやつね

そう言うとこれが出てきました

香りを楽しみながら いろいろワインのことを思い出してます
そうだ リースリングを呑んだからって

甘かったら もっと辛いのがと言った方が良いよその後セミヨンのワインはとすすめられたら
甘すぎるのはと断ってくださいね 貴腐ワインだと高くつきますよ

大阪の南部で ワインの農場と工房をしている親父とかなり呑んで言われたことがあったなぁ


P1240537.jpg

付きだし  そうとは言わないのですが


P1240538.jpg

中は海鮮サラダです

そのまま手でどうぞって


P1240541.jpg

さっきの ボトルを見ていたら

よく見るとグラン クリュ だね すごいやん

シャブリもクランクりュあったら呑みたいね…
しまった 要らんこと言った

これはグラスでは 売っていません
ボトルでどうですかなんて言われたら

断りにくいし そうかと言って 値が怖い

偶々無くてよかった



P1240539.jpg

次は 今日のおすすめを飲んでみようか


P1240542.jpg

この中からか…

P1240540.jpg

その前に目の前の ハモンセラーノ削ってもらおうか

後この中では どれがいい?



P1240543.jpg

ワイン用ブドウの絶滅危惧種の サシ―なんかどうですか

今しか飲めないかもしれませんよ

ではそれをいただこうか


P1240544.jpg

そうこうしているうち位 30分は過ぎました

また寄せてもらいますね


こうして店を出たのです

お座敷体験のあと
気分が良ければ



P1240546.jpg


道の向かいの このホテルで


P1240545.jpg


日帰り入浴もあるんだ

そんなこと考えていたのですが

お座敷体験に落胆して 帰路についた 壁ぎわでした


なんと この日 ビールを呑んでないぞ……





海老フライを食べに

京都に遺恨の地を残している

しかも食べ物でだ

詳しくはこの時の記事で

トンカツ食べていたら 
ほかの人はでっかい海老フライも食べていただけのことだけど…

と言う事でリベンジしてきました

DSC_2489.jpg

ただ人気店だったようで
日曜日の昼行ってみると
10組待ちで 40分ほど名前を書いて待ちました

前回は 疲れて気付きませんでしたが

スジ切りではなく ハンマーで叩いて 
肉を延ばすやり方だったのですね

P1240273.jpg

それから 生ビールはアサヒだから
安心して立ち寄れると思っていたら

生ビールの横に 瓶ビール サッポロ キリン 550円と書いてありました


P1240274.jpg

ユーチューブではなく
これを見ているのは

京橋から 東への片町線 の
徳庵(とくあん)に本店があり
鴫野(しぎの)に店が有るんだ

あの近くに住んでいたんだけど といっても 40年前だから…


P1240276.jpg

単品とビールでも良いんだよなぁ
運転手がいればのことだけど


P1240275.jpg

今日も付いてきたうちの奴は

レディースセット 


P1240277.jpg

ハンバーグエビフライセットと 
どちらにしようか悩んでいたようですが




P1240279.jpg

私はこれが食べたくて

トンカツ&エビフライ(特大)セット


P1240280.jpg

確かにでっかいが 有頭海老フライでした


P1240281.jpg

衣が 黒っぽいなぁ

人気店だから 一番の油なら もっとうまいんだろうなぁ


P1240282.jpg

無理に伸ばした感じもないし


P1240287.jpg



足も 頭も殻の表面以外は 食べられるのが嬉しいねぇ


P1240283.jpg

家の奴の レディースセット

私の野菜はキャベツだけだったから
ちょっと 羨ましい


P1240284.jpg

ヒレカツは別にいいのだが


P1240285.jpg

自家製ローストビーフ


P1240286.jpg

ポテトサラダ



P1240288.jpg


そして 食後のシャーベット

良いですねぇ…


久し振りに 下町の 洋食屋の フライ喰ったぞ~



一人打上げ トンカツを ひろ来

とりよねさんで 少し話をしてから

帰路につきました

出てから気が付いた 昼は予約なしで お出しできるようになりましたと
ならば 昼ごはん食べればよかった


そう思うと なおさら腹が減ってきた 
ホテルの朝飯から何も喰ってないから

ただ 今日はマッハゴーだから 駐車場のある店でないと困るし
何だ今日の京都は 大風でガスでも止まったのか

安い店は どこでも長蛇の列が出来ているじゃないか



P1230627.jpg

1時40分ごろ  ようやく
亀岡から 池田に抜ける道で
手ごろな店を見つけた

とんかつ ひろ喜です

P1230629.jpg

メニューと一緒に置いてあった これ

『目を通していただけたらと思います』

これに騙されました

腹も減っているし トンカツ屋に来たらトンカツだろう
誰でもそう思いますよね

そんな目で見たら

ご飯小盛にしたら 50円引きで
単品にご飯と味噌汁漬けたら この値段ですと

そこしか気にしてなかった…


P1230628.jpg


ローストビーフもやっているんだ

海老クリームコロッケが ミンチカツより10円高いんだ

ポテトフライの方が ヒレカツ一枚より高いんだ

後は海老フライ まぁまぁの値段ですね


P1230630.jpg

元々算数の出来る子だから

ローストンカツ + 海老フライ(大)定食 1660円  
海老フライ(大)が760円だから とんかつ定食は 900円か


クリームコロッケが 350円だから  1250円
これにするか…


P1230631.jpg

クリームコロッケ
よく爆発させるんだよなぁ…

そのぐらいでと 思ってました


P1230632.jpg

こうしてみると なんかチープですね

トレイがないから  それとも 茶碗の色?



P1230633.jpg


こうしてみると タップリなんですけどね


P1230634.jpg

トロトロの クリームコロッケ


P1230635.jpg

ローストンカツは 手切りの味ですね


P1230636.jpg

コロッケに齧りついたら
熱い 熱、 熱 ちょっとビールで口を ゆすぎたい

運転だって

満足していたのだけど…

この日 凄いものを見た
他の人の頼んだ海老フライ

たしかに 最初の お読みいただきたいで

エビフライ特大 海老のサイズ 100gって

100g以上の海老ってこんな大きさなんだ


食べ終わって無ければ きっと追加したかも
これは 次回絶対だね

P1230638.jpg

この店


P1230639.jpg

名詞も貰ったし

名詞を入れようとしたら

あれ?

なんだこれ??




DSC_2443_202210070632228f9.jpg

ここまで来て 思い出した

しまった 使って無かった


これは近いうちに 再滋賀の旅決定ですね 





裕治伯爵病退散祈願 執念深い壁ぎわですから

裕治伯爵病退散祈願 

執念深い壁ぎわですから


DSCN5109.jpg

京都大原から

DSCN5113.jpg

比叡山の西側の入り口 八瀬

DSCN5114.jpg

こちらから ケーブルカーが有ります

DSCN5116.jpg

京都らしい店でも良いのですが

執念深い 壁ぎわは

朝5時までで 朝 5時15分に入り損ねた店

DSCN5117_20200708080113f21.jpg

ラーメン 横綱です

いつもは このラーメン 680円なのですが

DSCN5118.jpg

裕治伯爵病 にかかると  

金銭感覚がマヒすると言ってましたが

DSCN5119.jpg

今日は あの道の駅の食事しかしてないから

チャーシュー麺も良いなぁと

そのぐらいで済むはずだったのに

恐ろしき 裕治伯爵病

特大 煮込みばら肉ラーメンに目が行ってしまった


それでも 920円やん

1000円超すラーメンが あちこちで有るから

気が大きくなるのが 裕治伯爵病か…


DSCN5120.jpg

それだけじゃ 無いんだ…

セットメニューがある

鉄板焼きチャーハンか

DSCN5121.jpg

頼んでしまった

卵をを溶いて 鉄板で焼くんだと
ならば少し醤油も入れて

DSCN5122_20200708080121d99.jpg

こんな感じでいいんじゃない

DSCN5124.jpg

卵に火が通りすぎるのも嫌だから

こんな時でも そこは気になる



DSCN5123.jpg


特大豚バラ 煮込みラーメン


DSCN5125_202007080801250c3.jpg

この煮込み豚バラの厚さに惚れて…

ところが なんだこれ

どこが煮込みや

冷たく固いぞ 噛み切るのにも一苦労
何を考えてるんや…

DSCN5126_20200708080127612.jpg

裕治伯爵病 感染のしるし

DSCN5131_202007080801344d6.jpg

何をしているんだ

恐ろしき裕治伯爵病


DSCN5127.jpg

豚バラを ラーメンスープにつけ込んても

柔らかくはならなかった

DSCN5128.jpg

こうなったら 怒りのねぎまみれじゃ


DSCN5129.jpg

この位でどうじゃ

でも 冷蔵庫に入ったネギだから

スープの冷えるのは辛いね

DSCN5130.jpg


ならばこちらを ネギまみれに

DSCN5132_202007080801365db.jpg


まぁ このぐらいなら払えるが

豚バラ半分 
皿にの上に見えるように残してきたから

ちょっとぐらい気付けよな


裕治伯爵病 退散の食事でしたが

効き目は 無いかも知れません


後残されたみちは 
誰かにうつしてしまうことかな??


ぴち鮮 京おどりの日

去年も来た 西院のぴち鮮

午前中から呑めるのが嬉しい店です


CIMG9455.jpg

そう この店

入った時 今日ご飯が無くなりましたと言われたが

呑むだけやから…

CIMG9456.jpg


このメニューがすべて 昼でも

そう思ったらできないものもあるんですと

CIMG9457.jpg

ライオンさんが うに刺しみつけて

これは出来るか?
この値段なら バッタ物ちゃうか?と

バッタ物食わすところに連れてけぇへんよと

CIMG9458.jpg

赤えび、たこ、まぐろ


CIMG9459.jpg

そして うに刺し

喧嘩になるから 一人一つ貰おうねと

これが 500円ぐらいか 嬉しすぎるやないかと


CIMG9460.jpg


天ぷらもいろいろと

地酒飲んで ビールも呑んで


そろそろ始まる時間も近付いてきたで

では宮川町に向かいましょう


CIMG9461.jpg

もう 店の女の子に

ライオンさんここでもかい!!






京都そばの実で 同窓会

九州は熊本から 同級生が出てきた
ならば 一杯飲みますか
昔の友人が 40年ぶりに 家族連れで 集まりました

退院したとこで 大丈夫か?

わしは 不死身やぞ~


CIMG6756.jpg

コースを頼んだと言うので
アルコールの点検

やっぱり このぐらいするんだね


CIMG6757.jpg

酒もあるけれど
これだと高くなるから…

CIMG6758.jpg

一品も 量が少ないから…

CIMG6759.jpg

蕎麦の揚げたものです

お口汚しに… そうは言わなかったが

これで9人分ですと…


CIMG6760.jpg

58歳のおっさんども

私は高専卒で入ったので 
年下の同級生です

CIMG6762.jpg

先付6種

コンパクトに


CIMG6763.jpg

そばがき

良いのだが 木の芽は要らんやろう…

CIMG6764.jpg

お造り
上品に 少しづつ

私に言わせれば
わずかづつ…

CIMG6766.jpg

日本酒を頼みたく
ならない量なのが良かった


CIMG6767.jpg

揚げ茄子の浸しの乗った蕎麦

半生麺のような 太い麺ですねぇ

CIMG6768.jpg

天ぷら

松茸かと 期待したのだが
エリンギでした

CIMG6769.jpg

皆は 生ビールを 
一回り小さいようなジョッキで呑んでいるが

絶対 瓶の方が たっぷり飲めるんだって

酒飲みの 鉄則だぞ

CIMG6770.jpg

焼きものです

セルフで焙る 火鉢と

名残の鱧と 松茸が

CIMG6776.jpg

一人これだけでも 嬉しいねぇ…


CIMG6778.jpg

最後にもう一度

細切りのざるが出て

蕎麦湯


ヤッパリそば湯は 追い粉して 

ドロドロが好きなので 嬉しくて

CIMG6779.jpg

そば粉かキナ粉か わからんようなアイス

CIMG6780.jpg

ではそろそろお開きに


CIMG6783.jpg

皆で記念撮影して
再会を誓いました






最後はこの店 冨美祐  京おどりの日

京都に来て 京おどりと飲み歩き

酒飲みのN氏となので

とことんまで行きますかと


CIMG3796_20180411100914b34.jpg

昼間 京おどりに訪れた道

CIMG3797_20180411100916289.jpg

宮川町

CIMG3798_20180411100917559.jpg

歌舞練場のあるこの通り

CIMG3799_20180411100919435.jpg

ちょっとごめんねと
勝手に入っていったこの店に
普段いけないだろうからN氏は 行ってみたいと

CIMG3835.jpg

西院から 再び河原町に阪急で

CIMG3837.jpg

雪洞に灯りがともっています

CIMG3838.jpg

そう 姉さんの このお店

CIMG3839.jpg

今日は京おどりの初日
おなじみさんが

お疲れさんと 今日踊った芸妓、舞妓さん連れてくるだろうから
席が空いていればいいけれど

CIMG3840.jpg

中はこんなバーです

この日キレイどころを二人ともなったお客さんも来ました
指をくわえて見とれている 壁ぎわでした。


これにて 終了
おっさん二人京都呑み会の様子でした








とりよねさんへ  京おどりの日⑤

京おどり見て京都呑み歩きの日

ついでにじゃ~と 

松尾大社の鳥よねまで やってきました

CIMG3821.jpg

桂まで戻り嵐山線に乗り換えて
松尾大社で降りて駅前 この鳥居の右側です

CIMG3823.jpg

この店が松尾大社の老舗 とりよね

CIMG3824.jpg

今日はこちらの入り口から

『邪魔するで。』

CIMG3825.jpg

古いカウンター席

いつもはこの中に 社長がいるのですが
今日は 友人の結婚式だとか

脇板が 厨房の中で料理を作ってました

CIMG3826.jpg

老舗の料亭
やっぱり値段はちょっとお高い

夏の合宿では 飲み放題とがぶ飲みしているんですから

CIMG3827.jpg

私には ちゃんとキリンを出してもらえます

CIMG3828.jpg

先付け

カウンターでちょっと飲み
2700円のコースです

CIMG3829.jpg

板長に連絡したら

壁ぎわさん来たんやったら
たけのこの刺身サービスしといてと言われたと

うれしいですね

CIMG3830.jpg

鰆の幽庵焼

器に薄板と水引が

さすが 京都の老舗ですね

CIMG3831.jpg

春色の滝合わせ
いつもよりも 白いのは
白醤油を使っているからでしょうね


CIMG3832.jpg

春のてんぷら

フキノトウが 可愛いですね

CIMG3833.jpg

天つゆと塩

塩には 香りづけにまぜてあるものがあり
塩を盛るのにも 渦巻にしてありました


CIMG3834.jpg

〆は 鳥雑炊と香の物

ごちそうさまでした

板長不在で申し訳ありません

そんなことないですよ

大女将と


DSC_1286.jpg


若女将の顔見に来たんですから…
(去年のお座敷体験の時の写真です)

違うって

夏の合宿の日がわからないので
お座敷体験
9月16日には必ずしてねと お願いに行ったのでした
置き屋の花傳さんさえその日にOKくれたらと言うことでした

後は 確定が決まれば うれしいのですが…


これで帰ろうか

いいえもう一軒行きますか
これだから 壁ぎわはたちが悪い?

いいえこれが 京都の飲み方ですから……(笑)



天ぷら海鮮 米福  京おどりの日④

京都の夜にいつも寄る店がありました

先斗町 アステリアコートの3階


CIMG3815.jpg

この店だったのですが

CIMG3814.jpg

改装してました
ビルの三階なのに 京風の路地も無くなってました

やっぱり閉店したのか…


CIMG3805.jpg

早くから飲める店と目を付けておいたのがこの店

4時からと ネットで見たのだが
4時半からでした

CIMG3806.jpg

あと 五分じゃ~

早く開けてくれよ

CIMG3807.jpg

仕方がないから 天ぷらの値段でも確認しておこうか

串カツ屋じゃないから
赤ウインナーは無いからね

CIMG3808.jpg

クラフトビールの京都ビール
でもこれで843円は ちょと高いのでは
仕方ないからね
ほかにはって アサヒスーパードライしかないから

CIMG3810.jpg

天ぷらはどれにしようか

CIMG3811.jpg

真いか(関西ではスルメイカ)の姿造りがあるんだ

CIMG3812.jpg

天ぷらも盛りのほうがお得かな?

CIMG3813.jpg

アサヒ以外のビール置いてほしいなぁ…

CIMG3816.jpg
 
付き出しの若竹煮 324円


CIMG3817.jpg

カキフライ 638円

CIMG3818.jpg

イカ姿造り  1070円

CIMG3819.jpg

てんぷら5品盛  962円

腹も膨れたし そろそろ帰りますか…

何てことになるわけない まだ5時過ぎたばかりですから

ここでいろいろ話をしていて 思い出の場所に顔を出そうかと

N氏の 乗ってくれるのがうれしくて
では電車で向かいましょう

何処に行ったかは 明日の記事で






プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR