石道温泉

割引クーポンサイト ポンパレで時々出ている石道

新名神建設用地 インターチェンジすぐそばの旅館です

DSCN6574.jpg

そこの風呂が好きでもう10年以上前から通っています

手前の湯は普通ですが


DSCN6576.jpg

露天風呂は天然温泉
しかも鉄分を含んで こんな色になるのだけれど

有馬のような強塩泉では無く 炭酸泉なのです


DSCN6575.jpg

加熱するので 炭酸はかなり飛んでいきますが

DSCN0197_201704021008455e5.jpg

エレベーターホール横の休憩所には
飲泉場があります

ここで呑むと 本当にかなり濃い炭酸泉ですね


DSCN0198_20170402100846be2.jpg

分析書


DSCN0199_20170402100848b52.jpg

そのあとは ちょっとご飯を


DSCN0200_20170402100850730.jpg

ハンバーグと焼鳥定食


DSCN0201.jpg

これだけでもビール飲めるのですが…
車なので…


DSCN0202_20170402100911324.jpg


だから私はこちら 煮魚定食で
骨がないのが驚きでした







スポンサーサイト

つかしん 湯の華廊で一風呂

尼崎北部のつかしんと言う 大型ショッピングセンター

その一角にスーパー銭湯 湯の華廊があります

時々通っているのですが


DSCN8930.jpg


この日はあまりにも車が混んでいたので

裏口から入ることに

と この一角に 神社が作ってありました


DSCN8931.jpg


グンゼスポーツの前を通り



DSCN8932.jpg


こちらだと バイクが置きやすい



DSCN8933.jpg


この小川の端は 桜並木で

花はまだまだなのですが



DSCN8934.jpg


中山寺の梅林ではまだまだだった梅が

ここでは ちらちらと咲き始めていました



DSCN8935.jpg



梅の花を見ながら 右の後ろの車の列は

駐車場待ちの車たちです


DSCN8936.jpg


車の列にイライラしている人を見ながら

のんびりと梅の写真を撮っている私

都会ってこんな対比がよくあるんですよね



DSCN8996.jpg


バイクには 駐車時間制限が無いので

野暮用を済ませて

今度は 入浴に



DSCN8995.jpg


無料の足湯も夜もやってまっす 但し寒いですよ



DSCN8997.jpg


そうそう ご近所さんに 連絡を

尼崎のつかしん

2月21日 全館休業です

電気もついてないそうです


買い物の予定している人は 注意ですよ





ちょっとほっこり戎の湯 尼崎

風呂に入りたい

そう言っていると、うちの山の神が

『いつもシャワーだけなん?』と


違うって 大きな風呂に入りたいんや

出来れば温泉に



DSCN8749.jpg

産業道路を下って 43号線を越えて

尼崎 戎の湯までやってきました


DSCN8746.jpg

温泉分析書


DSCN8747.jpg


弱アルカリの単純温泉です


DSCN8748.jpg


下足箱に靴を入れて

自動販売機で 券を買います


DSCN8750.jpg


なんと 400円

源泉が 42でなので 沸かさず 加えず(水を) 循環せず

かけ流しそのままですね


銭湯なのに なんて贅沢な

DSCN8751.jpg




DSCN8752.jpg


中の写真は撮れないので パンフレットから拝借


ただ 6時前ぐらいが一番混むようで

男風呂には 25人ほど入ってました


それでも露天の温泉満喫で

帰るまでの30分の道 少し窓を空かせて走ってました



尼崎の銭湯 色々いいところありますね

ただ銭湯なので やっぱりはだに色付きの人も

なかなか慣れない壁ぎわでした



片岡温泉  三重県温泉旅①

温泉大好き きょろさんに誘われて

三重県温泉の旅に行ってきました


DSCN7467.jpg


行いの悪い?男二人旅

いきなり霧に会ってしまい 山越えの西名阪でなく

広くて快適な 新名神でGO

早くもう少し伸びてくれると 混まないんだけれどなぁ



DSCN7468.jpg


湯の山温泉のふもとまでやってきました

菰野(こもの)と言う地名は、なかなか広まりませんけどね


その街なかに 面白そうな吞み屋が


DSCN7470.jpg


値段設定に惹かれます


DSCN7471.jpg


田舎なのに チェーン店の進出も

丸亀製麺には驚きです



DSCN7476.jpg


まず旅先で助かるのが 道の駅へ


DSCN7474.jpg


用こそ真菰(まこも)の里へ

菰野の名前の元にもなった真菰

イネ科の水辺に入る植物で

種子(ワイルドライス)、肥大した新芽(マコモダケ)が食用とされる


それより 産地直売の安い野菜と


DSCN7477.jpg


近くの観光地の パンフレットと


DSCN7479.jpg


割引券探しに来ています

御在所のロープウェイの割引券発見


DSCN7478.jpg


日帰りの旅先の
朝市で冷蔵物を買うのはちょっと辛いので見るだけ


DSCN7480.jpg


まず第一の目的地はここ

なんだこの広さは アリーナ??


DSCN7481.jpg


温室と 造成中の研究施設???


DSCN7482.jpg


右が温泉で 真ん中はレストラン

奥のクレーンは 新名神の工事現場でした

アクアイグニス 片岡温泉 リゾート施設です


DSCN7483.jpg

それでは温泉に

吹き出し口近くは ぬるぬるの温泉で

朝6時から入れます

人のいないときに満喫したいところです

昼すぎると 満員になるとか


温泉の様子見たい人はキョロさんに任せて



DSCN7484.jpg


9時過ぎでももう和室はごろ寝の人が一杯でした


まず一軒クリアです

今回温泉はしごの旅頑張るぞ~



  吉野温泉旅 最終話

ではそろそろ帰りますか

4時に出ても 4時間かかれば8時ですからね

腹も減るだろうし…

帰り道ここが楽しみで



DSCN7230.jpg


高低差がありすぎるために ループの道

ループ橋はよく見るのですが

ここは ほとんどがトンネル内 
トンネルを一部出たところは川の上です


DSCN7231.jpg


これがそのトンネルの入り口
後はほとんどカーブです


DSCN7232.jpg


帰りにもう一軒

津風呂湖温泉に行こうと思っていたのだけれど

この幟が目に入ってしまいました


DSCN7233.jpg


町立老人福祉センター中荘温泉 入湯料 700円

5×3mぐらいの浴槽一つ

少し緑色に見えるお湯でした ぬめりは感じられませんでした

何しか狭い

そのうえ老人福祉センター 地域の年寄りは安いんでしょうね


一番心配していた状態になりました


隣の気の弱そうな爺さんに

わしは毎年一か月 東北の温泉に行くんやお前も良く言うとったけれどどこ行くんや

やっぱり酸ヶ湯からずっと 十和田湖温泉 大沼 多摩川 乳頭も 色々湯が違うから…

まだまだ続く自慢話

年寄りだけあって 耳が遠く声がでかい

私の嫌いな ●●人 以上の迷惑だ


露天に逃げるわけにも小さな風呂しかない

まして よそより割高の 700円


DSCN7234.jpg


もう こんな看板目に入らない

今回は ランクDの思いです

もしここに来るなら 12時前後
うるさい連中が昼めし食っている時がいいですね


DSCN7235.jpg

ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・塩化物泉

一応です どうも循環しているみたい 色だけは薄い緑がかった色に見えましたが



DSCN7236.jpg


帰りに寄った大宇陀

ここでもうひと風呂と思いましたが

先の風呂で疲れていたので


DSCN7237.jpg


この足湯で ひと休みして帰路につきました


吉野温泉の旅 これにて終了です



小処温泉  吉野温泉旅⑥


奥吉野の温泉情報を集めていたら

奥吉野にも 硫黄泉があった

体の内部が滞っている壁ぎわにはいい温泉です


DSCN7189.jpg


上北山から 側道を山手に入っていきます


DSCN7187.jpg

途中こんな神社も


DSCN7188.jpg


何かにぎやかになりそう

村の祭りの日でした

DSCN7190.jpg

色づきかけた 木々を見ながら


DSCN7191.jpg


ここらの山の主の木は 吉野杉ですから

DSCN7196.jpg

瀧川寺ですか


DSCN7197.jpg


川の向こうにありました

こうして途中の神社や寺の写真を入れておくのって

かなり立って見返したとき 地図から探し安くなるからです

地図に乗っていて 10年先20年先でも変わらないですからね


DSCN7198.jpg

ところどころ写真を撮りながら


DSCN7199.jpg


小処温泉まで あと6キロ

遠いですね


DSCN7200.jpg


渓流沿いの道

だんだん狭くなっていきますが

舗装されているのが日本ですね


DSCN7211.jpg


小処温泉を抜けて 1キロほど先には

ふれあいパーク小処があり、車の道はそこで突き当たりです

DSCN7210.jpg


休憩所でバーべQしているカップルがいました


DSCN7212.jpg


ここからは遊歩道があり


DSCN7213.jpg

暗がり 又谷の瀧というのがありました






DSCN7219.jpg


小処温泉まで戻りましょう

上北山村のページ一番下で

DSCN7220.jpg


Facebookにアップしてやろうと思ったら

4Gでも3Gでもなく アンテナが全く立ってませんでした


DSCN7221.jpg

料金を払って 奥ですと


階段をどんどん下っていきます


DSCN7222.jpg


成分表 暗くて…



DSCN7223.jpg


男湯 渓谷風呂です


DSCN7224.jpg

内湯はお客さんがいたので

誰もいない露天を


DSCN7225.jpg


目の前には渓谷が

DSCN7226.jpg


露天に入った時の景色

DSCN7227.jpg


もう一枚

DSCN7228.jpg


少しだけ内湯も

気持ちのいい温泉に入った時には

少しでもお伝えしたい 壁ぎわです


遠い道のりだったけれど ここ満足でした










道の駅吉野路上北山  奈良温泉の旅

奥吉野 どんどん南に入っていきます



DSCN7169.jpg


山の中に入ってもきれいな道

さすが日本ですね


DSCN7171.jpg

たどり着いたのが 奥吉野上北山

名前から見ても山の中ですね


DSCN7172.jpg

やまとの水だって

そのうち商品化??


DSCN7173.jpg


温泉が今日は営業日ですと


DSCN7174.jpg


道の駅から川を渡って反対側

でも ここ単純温泉だから…硫黄泉に向かっている途中ですから


DSCN7175.jpg


なんかそそる店がありました

カレーうどん専門店だって


DSCN7176.jpg


店は二階ですが 一階の道の駅の売店にメニューがべたべたと

一度閉めた後の再起だそうで


DSCN7177.jpg


では協力しましょうか

自動販売機で券を買って

水もセルフ

鹿カレーは品切れ


DSCN7179.jpg

セルフのカウンター

右は返却口

飯も自分で入れるんだ


DSCN7178.jpg


雰囲気はベストですね


DSCN7180.jpg


1000円以下に抑えます


DSCN7181.jpg


カレーうどんにエビフライ

これはうれしいですね このエビフライ100円だし


DSCN7182.jpg


ご飯と漬物自分で注いで

DSCN7183.jpg

お盆に乗せて出来上がり

これで900円なら悪くないね



DSCN7184.jpg


と思ったら 出汁の味が効いていて カレーがほんのり

毎日でも食べられる 上品なカレーうどん

誰がそんなン嬉しいねん

たまにしか来ない人ばかりなのだから インパクトのあるものにしろよ

お色直ししなければ 旅先のご飯じゃなかった  残念!


DSCN7185.jpg


川の対岸にあるホテルも

人の流れのない土地ですから

DSCN7186.jpg


人を引き付けるものがなかったんですね。


でも 人を引き付けるものがこの奥に

それは明日の記事で。






入之波温泉  奈良 温泉の旅④

入之波温泉これを しおのはおんせん
そう読める人はかなりの温泉通ですね

その湯に入りたくて行って来ました

DSCN7148.jpg

国道169号線をひたすら走り

吉野を抜け 川上村を通り 奥吉野です



DSCN7149.jpg


大迫ダムから 反対側の道に


DSCN7150.jpg


堰き止められた 人口湖の上流にある温泉です


DSCN7151.jpg


ダムの下流側はこんな感じ


DSCN7152.jpg


大迫ダムの標識を見て再び走り出します


DSCN7153.jpg


ダムから4キロ しばらく走ってあと3キロの標識です


DSCN7155.jpg

到着しました

施設の名は 山鳩湯です



DSCN7157.jpg


日帰り入浴時間 朝10時から午後5時まで


DSCN7158.jpg


この階段を下っていきます


DSCN7159.jpg

料金を払って さらに階段を下っていきます



DSCN7160.jpg


途中の窓から見える景色

よく見ると 温泉水の流れた後が 黄色い道になっていますね


DSCN7161.jpg


丸太の風呂には 温泉成分が幾重にも石のようにへばりついています


DSCN7163.jpg


もう少し様子を見たい方は

パンフレットの写真です



DSCN7162.jpg


有料貴重品用コインロッカー

硬貨は返却されません

なお
鍵付きのロッカーはありません





DSCN7165.jpg


対岸の橋から見ると

かけ流しの 湯が

黄色の道を作っていました






続きを読む

道の駅まほろばと 高杉高原温泉    蕎麦ツアー下見編④


今日はどうしても 中国道の山崎の北の奥

道の駅はがに行きたかったので 北近畿豊岡自動車道を走ります

一部トンネルを除き無料なのがいいですね


DSCN6995.jpg


途中 道の駅まほろばに立ち寄って


DSCN6996.jpg


まもなく岩津ネギ解禁です

大きさ、太さなどに 規定を持っている ブランドネギ

私はこのネギが一番好きです

天ぷらに塩で食べるのが好きなんです 待ち遠しい


DSCN6997.jpg


道の駅の奥にある 市立歴史資料館

入場無料です


DSCN6998.jpg


フラッシュたかなければ 写真撮影可です


DSCN6999.jpg


銅鐸って鐘だったんですね


DSCN7000.jpg


でこい?


DSCN7001.jpg


鎧兜もありました

ひもが黒なら ダースベーダー??


再び車で 和田山を通り過ぎ 終点から山道に


DSCN7002.jpg


若杉高原スキー場の所に

温泉がりました

この日もサンドスキーを楽しむ人の姿も


DSCN7003.jpg


若杉高原温泉

大人600円


DSCN7004.jpg





DSCN7005.jpg


温泉分析書


DSCN7006.jpg


貸し切り状態だったので


DSCN7007.jpg



露天に近い風呂

雪深い所なので 露天は雪の壁が落ちて来るから

DSCN7008.jpg


室内風呂


DSCN7009.jpg


洗い場も


安心してください!

今回はおっさんのヌードはありません ので……笑












灘温泉

家に風呂が無いわけじゃないけれど

ついつい銭湯に行きたくなる



DSCN6929.jpg


最近は 近場でと 川西能勢口のここに行くことが多いのだが




DSCN6908.jpg

たまに早く目が覚めた日

ここを覗きに行くことにした

灘温泉 六甲道店


DSCN6910.jpg


場所はここ



DSCN6912.jpg

車のナビの方が判りやすいか
六甲道から南にすぐ

神戸から近い所で 早朝からやっている銭湯なんです


DSCN6909.jpg

少し緑に見える浴槽は 加温

源泉そのままかけ流しの浴槽もありました



DSCN6911.jpg

なんと水道筋の灘温泉は 5時からですか…

これもそのうち行って見なくては…


DSCN6913.jpg

ただ 早朝風呂は気持ちもよく

人も少なくていいのだが

帰り道 寄れる店が無い

腹が減ってもコンビニで買うのはちょっとなぁ…

ここなんか浅賀湯やっててもいいのに…


DSCN6914.jpg


いいや 朝が茹でなくこの値段なら 朝から寄るのに…


早朝風呂で 気持ちよかったが

空腹に耐えながらの帰り道でした








プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR