FC2ブログ

最後の温泉は ラポーゼ河和田



福井の旅、蕎麦を喰って帰ろうとしたら

まだ 1時間半ぐらい 余裕が有りそう

ならば温泉でも 行きますかと

私が一番好きな福井の湯は
温泉だけなら かわだ温泉ですねと


ならそこに行こうよと

土地勘のないやつは気軽に言うけれど

今いるのが 武生 温泉は鯖江市の東の端
何とかしましょう  マッハGO ですから



最後の福井の温泉は ラポーゼ河和田
鯖江市の東の端の温泉です

「かわだ温泉」は肌がすべすべになる重曹泉と
動脈硬化防止に効能のある芒硝泉が
同時に含まれる日本でも数例しかないという珍しい温泉です。


DSCN2378_20181018064646606.jpg

公営の宿泊もできる施設


DSCN2379_2018101806464780a.jpg

二年前の新しいころの写真です


最近 盗撮などがうるさくて
温泉施設は 撮影しにくくって

温泉はこちらをホームページです



CIMG6740.jpg

二つの温泉の混合泉

宣伝が下手だね…

CIMG6741.jpg

レストランもありました
宿泊施設だからね

CIMG6742.jpg

お手頃価格です


CIMG6743.jpg

それより気になったのがこれ
仮面サイダー


仮面ライダーのパクリ?

ライオンさん 『バッタもん』じゃがと 最高潮

なぜ仮面かと言うと
メガネの街鯖江市だからと

国内メガネの 90パーセントとも 
96パーセントともいわれていますから



CIMG6739.jpg

しかし
このピンク過ぎるピンク
これがマイナスかも…

250円と言うのもなぁ…



CIMG6744.jpg

それより 裕治伯爵

仮面女子ミニライブに 反応しだした

メガネ女子好きなんですと

仮面女子って

地元 福井の娘? それとも 鯖江市の娘?
そう聞くと

東京の アイドルグループです

アンダーグラウンドのやね…

ああぁ 引いてしまった


CIMG6746.jpg

では入浴しましょう

宿泊棟を抜けて

CIMG6745.jpg

途中の自動販売機
ここも 良心的な値段でした

高いのは サイダーだけか…


と言うことで 混合泉に 入って

美人になったかな?



帰りの道を確かめると

ここで 恐ろしいことが判明



名神高速道路

米原から京都東まで 渋滞中



岡山に帰るライオンさん

もうあきらめて 大阪で泊まろうよ

そう皆で説得するのだが

頑として聞く耳を持たない


帰るんだと 男ばかりになると 里心を起こすんだから…


仕方なく

マッハGOの本領発揮で

敦賀から 舞鶴経由で  福知山を抜けて帰ることに

120キロの遠回りコース 爆走でした

何とか駅に ライオンさん送り届けました


では 伯爵 打ち上げ行きますか

それは明日の記事で





スポンサーサイト

越前ソバの里で

福井に来たなら ヤッパリそばが喰いたい

北陸の質素な土地に根付く作物
そして地元民の味
越前のおろし蕎麦がたべたい

でも 行く所々で 有るのだが
予想以上の味が無い


P1050270.jpg


ならば 越前そばの里と言う所に寄ってみようか

詳しくはホームページから




P1050271.jpg

こんな馬鹿な事 やっているんだなぁ…

貧乏で 畑で育つ作物が無かったから
蕎麦を植えたんじゃなかったのか

しかも この量はなんなんだ

P1050272.jpg

見ぬふりをして そばの作り方などが展示してあるところに

ここでは手打ち体験もできると


P1050274.jpg

横には工場もあり

半生麺が出来上がっていきます

つまり
ここの食堂で食べられるのは 手打ちそばじゃ無いんだ

自家製面は間違いないけれどね

P1050276.jpg


はみ出して 直売所の前にも席はあるが


P1050285.jpg

奥でゆっくり座りましょう


P1050275.jpg


メニューです

先に食券を買うのですが

極上蕎麦と ご飯が品切れだったかな
入ったのが閉店寸前でしたから


P1050277.jpg


しかし 北陸の観光地は ビールが高いね

居酒屋でもこのぐらい取るもんね


P1050278.jpg


いろんなコースで楽しめますと

ほとんど土産物を買いに立ち寄る
観光バスじゃないのかな?


P1050279.jpg

越前おろしそば

でも 今回の旅でここのが 一番
蕎麦として旨かったかな

P1050280.jpg


大海老天蕎麦 790円

P1050282.jpg

大海老天は 中に空洞は無く

赤い模様も出て車海老だとわかりますね 


P1050281.jpg

ただ この太い田舎ネギは

匂いがきつすぎて そばが可愛そう


P1050284.jpg

蕎麦は工場で作ったもの
箸がきれいに四角いから

でも ここで茹でて〆てあるのが嬉しいね



P1050286.jpg


土産物コーナーの向こうは

手打経験コーナーですね


P1050287.jpg


蕎麦打ち体験の 道具も売ってました

私は蕎麦とうどんは 家では禁止されてます

台所を粉だらけにしたから……




P1050288.jpg

家で食べる為の お土産ならこちらがお得

こんなの見るの好きだなぁ


P1050273.jpg

福井の水ようかんだって

ここの蕎麦だけ
お土産に買って帰りました

茹で加減だけ 考えると

けっこうまともな 
越前そばが食べられそうだから…


私の好きな 手打ちの細切りとはまた別物ですが

握りずしと 回転寿司のように

別物と考えれば これもまた旨しですね






大本山 永平寺

大本山永平寺

門前の土産物屋の駐車場に車を停めると

帰りに 2000円のお土産で 駐車料金タダ

遠い所
に停めると 坂を上がるのが大変です



そして 参道の坂だけでなく

中も広くて 参拝も大変です

約一時間歩き回ってました

P1050210.jpg


永平寺全系図

お堂がいくつも立ち並び

それが繋げてあるのがすごいですね

P1050211.jpg

お参りの皆様へって
日本語だけでいいのかな?


P1050215.jpg


入ったところの部屋のこの天井

P1050216.jpg


これも名物の一つ

P1050219.jpg


そしてあとは

P1050222.jpg

歩く 歩く

P1050223.jpg

何て広いんだ

P1050224.jpg

広いし でかい


P1050228.jpg

しかも山に沿って
次のお堂には階段が続く

P1050230.jpg


それぞれの部屋があり

P1050231.jpg

それぞれで参拝すると

どれだけ時間がかかるやら

P1050232.jpg

ここにも鐘がある
何時鳴らすんだろう

P1050234.jpg


他の建物も 石段の上だったり

P1050239.jpg


これだけ上がっても 中庭があり
その先には上りの階段が…


P1050245.jpg


庭の反対側には買うダリの階段が見えている

P1050246.jpg

ようやく参拝帰路の表示が

P1050249.jpg


このお堂を過ぎたら

P1050254.jpg

こちらは厨房

どれだけ大きいのか?

P1050259.jpg


ようやくこの仏さんに 挨拶して

駆け抜けても 一時間弱 

大きな寺でした




禅の里でランチと 白山神社

福井県の北は東尋坊と 坂井市 (丸岡城あたり)

それより北に行くと 石川県になってしまう

ならばと東に 山に向かって走ります

CIMG6702.jpg

再び 永平寺町の道の駅に

禅の里です ついでに 温泉に立ち寄りますか

永平寺温泉です

ついでに かけそば 190円 と かきあげ
食べて 満足
いいえ安かったから食べてみたかっただけ

フードコートの おばちゃんに

道の駅の 唐揚げ大きいんだよね
ここも一緒か

と聞くと
入っている会社が違うから
向うの方が大きいよと

ならば温泉を済ませて 道の駅でランチすることに


道の駅のフードコートでランチすることに


道の駅のフードコートなのに
ここの名物 ソースカツ丼と おろし蕎麦
でもたべるなら それじゃないほうが良いよ
鶏のから揚げがおすすめ
それは前回の記事が物語るから ⇐クリック

P1050189.jpg

と言うことで

連れのラーメンと 唐揚げのセット

P1050190.jpg

綿日は唐揚げのセット ゴマ豆腐付き

P1050191.jpg

おろしそばにトライするのは ライオンさん
人の言うこと聞いてないもんなぁ…


腹が膨れたら 散歩しに行きますか

P1050192.jpg

白山信仰の里へ

P1050193.jpg

まずこちらで 白山信仰の事を勉強してもらいましょう

白平泉寺歴史探遊館 まほろば

白山神社と平泉寺については 前回の記事で

P1050194.jpg

そして白山神社まで 参詣してもらいましょう


P1050195.jpg

6000もの坊が有り
一山全部信仰の対象だったのですね

P1050196.jpg

今は…
それより 前回の台風で 手水場の建物が…

P1050197.jpg


では 突き当りの 神社まで 行ってもらいましょう

P1050198.jpg

私は、苔を眺めて

P1050199.jpg

待つことに

P1050200.jpg

ちょっと疲れました

P1050201.jpg


笑顔で帰ってきましたね

では最後の寺に向かいますか

福井県巡りも ラストに近づいていました





丸岡城と一筆啓上の館

福井の朝
いつものごとく、朝食難民です

P1050162.jpg

地元の店  喫茶でもなんでも
牛丼チェーンじゃないところ
それがない

たまたま見つけた所

弁当はあっても
中では食べられる時間じゃない…


P1050163.jpg

たまたまあった喫茶店
ひょっとしたら蕎麦も食えるの?

さすがに残念でしたが
モーニングはやっていると

P1050164.jpg

具だくさんのサラダと

P1050165.jpg

シュガートースト
ちょっと違うんだけれどなぁ…

P1050166.jpg

一筆啓上茶屋は 朝早いので土産物の売店だけ

P1050167.jpg

丸岡城は 早くから開いてます

日本一古い天守閣のある城です

P1050168.jpg

その前に
お静の供養碑を

P1050169.jpg

こんなの有りかい
許せないことですよ

もう一度手を合わせて


P1050175.jpg

ではお城に上りましょう

上がるというより 登りに

一階から二階への 階段

P1050178.jpg

二階から三階への階段
こんなの普段使えるかい!

P1050179.jpg

確かに景色はいいけれど


P1050184.jpg


裕治伯爵は 井戸があれば
お菊さん来てませんかと 探して歩いていました


P1050187.jpg


あとはこちら
一筆啓上の館

P1050188.jpg

私は去年から 3度目です

という感じで 福井を回る一行でした


つづく






東尋坊で 最後の晩餐 と 武生の夜

東尋坊で 雪の日の映像を組み立てたら

どうしてもこの日に帰らなければならないと言う

彼女の送別会を

東尋坊の最後の晩餐です


CIMG6721.jpg

でもこの観光地

17時を過ぎると 
片っ端から観光客相手の
店のシャッターが閉まっていく

あと30分だけですよ

そう言われると 食事物は取れない


CIMG6722.jpg

カニは 時期の前で良かった

CIMG6720.jpg

ならば 居酒屋ネタですね

でもそこは観光地

高いぞ~


CIMG6723.jpg

皆でつまめる物の中で 一番大きい物
鯖の串焼き

福井の名物ですね

CIMG6724.jpg

へしこ

辛いんだよね

CIMG6725.jpg

イカの姿焼き

CIMG6726.jpg


げそ焼き

安い物ばかり取ってると こんな感じになってしまった

運転は若いのに任せて ここでビールだけは進んでました



越前海岸を南に 夕陽を見ながら走ろうとしたら
途中で 台風のために 道が通行止め

山越えで 帰る人の帰りの時間ギリギリでした

CIMG6727.jpg


何とか押さえられた 武生のビジネスホテル
プリンスホテルタケフ

壁ぎわツアーでは 皆シングルですから

CIMG6728.jpg

シャワールームも 田舎は大きめです

CIMG6729.jpg

では ホテルの敷地の居酒屋で 呑みなおしです


CIMG6730.jpg

これはホテル宿泊者へのサービス

CIMG6731.jpg

色々選べます

CIMG6733.jpg

飲み放題なのが素敵

ビールだけでなく
酒もワインも

CIMG6734.jpg


ポテサラ

CIMG6735.jpg

はたはたのから揚げ

CIMG6737.jpg

おつくりの盛り合わせ

魚も欲しくて

CIMG6738.jpg

そして天ぷらも

ビールかなり飲んで 満足でした


安かったんで なお満足でした



東尋坊へ 壁ぎわツアー

壁ぎわツアー 

今回は福井県です

CIMG6696.jpg

小浜~三方周辺で 三方五湖を見たら

そのまま 高速で北に上がります

CIMG6698.jpg

敦賀を超えて 北陸自動車道へ

福井県も南北に長い

杉津パーキングエリアで一休み

CIMG6699.jpg

凝んな所にも芭蕉の句碑が

芭蕉も 北陸道走ったんや…  そんなわけないやろ!

CIMG6701.jpg

焼き鯖寿司が二切れついて
越前おろしそば 960円

あの800円の葛蕎麦はなんやったんや
また思い出しては口惜しい

CIMG6702.jpg

今回この日に帰らなくてはいけない女性もいたので
壁ぎわおすすめのスイーツを食べに

永平寺温泉 道の駅 禅の里まで

ピクニックコーンを食べた時の記事

でも ほかのおっさんには受けなかった…


CIMG6705.jpg

そして 裕治伯爵憧れの 東尋坊に

冬の寒い日 雪の中を 夏の白いスーツでこの地を訪れたいのだって

CIMG6706.jpg

下見に良いでしょう

でも 私は 白浜の三段壁のほうが好きだよ

CIMG6707.jpg

せっかくだからみんな 見学してこい
私は 写真班するからと

ライオンさんも歩いてます

CIMG6708.jpg

し~かし 皆さん素敵な歩きかたで

いつ躓いてもおかしくないようなところが素敵

CIMG6711.jpg


躓いたふりして 押すんじゃ!



CIMG6718.jpg

押すんじゃ~!

CIMG6719.jpg

ライオンを突き落としても

世の為になっても 罪にはならないぞ…

CIMG6703.jpg

そして昔飛び込んだ人の死体が流れ着いたという 雄島

鎮魂の地になってます

詳しいことは
初めて書くときは丁寧に書いていた時の記事で






常神半島 源で とれたての海鮮を 壁ぎわツアー

ランチは常神半島の先まで
それでも行きたい店があるから

イカ (アオリイカ)  タイときじばた  ヒラメ

今回は これが良かった
クリックして 
私のフェイスブックのページの 動画が見られたらラッキー


P1050142.jpg

動画を見た人は あまり写真何て…
そんな感じになるのですが

もずくから始まって

P1050144.jpg

煮物

P1050147.jpg

焼き物

P1050145.jpg

この地の地酒も冷えてますよ

私は運転ですから

P1050148.jpg

大振りのアオリイカが二杯も
これは旨かった

動くんです

P1050150.jpg

タイと キジバタ

これも動くんです

P1050153.jpg

そして最後は平目
これも動くんです

5人で 一人 3500円のコースでした

P1050158.jpg

あとは ご飯と汁と

即席の漬けでお茶づけも よかった

P1050159.jpg

アオリイカの耳の部分も焼いてもらって

満足でした

P1050161.jpg


また来ますね

人が増えすぎても困るので

余り宣伝しないでねと…


嬉しい店でした





三方五湖とレインボーライン 壁ぎわ 夏の合宿③

熊川宿より 福井県に入っていますが
なかなか参加者の興味が今一つですね

ならば 三方五湖
レインボーラインでも走ってみましょうか



P1050108.jpg

いつもは 上の駐車場で 景色を見るだけなのですが
今回は 思い切って

リフトに乗って
一人800円払い 山上遊園地まで行くことに

たまたま義理の息子が
JAFに入っていたので 700円でした  デカシタ!

P1050111.jpg

ケーブルカーもあるのですが
これは子供づれ用

もちろん大人だけでも乗れますが

P1050112.jpg

雨の日はあれが良いですね
そう言われても
雨の日は景色が見えないから乗らないほうがいいよ

P1050116.jpg

いつもグリーン車でそっくり返っている 裕治伯爵も
リフトでは おとなしく乗っています

P1050123.jpg

上から見る 三方五湖は また見え方が違いますね

料金を払う価値ありですね




P1050124.jpg

これには 少し惹かれました
だって 300円ですから

壁ぎわは ソフトクリームは300円までと思っているのに ぴったりですから


P1050127.jpg

和合神社

P1050128.jpg

あちら側と こちら側から一緒にお参りできるみたい

P1050129.jpg

三方五湖の 地図と

P1050130.jpg

写真を撮りながら

P1050131.jpg

こちらでも山崩れがあったんだね

今年の台風怖いねぇ…

P1050132.jpg

よく見るとあの家
本当に 幸運だったんだよね

朝外に出て驚いたことでしょうね

P1050139.jpg


リフトで降りて次のところに

皆、写真撮ったりするのだけれど

スマホの落し物きっと多くなっているんだろうなぁ…







ハズレの蕎麦  熊川宿 壁ぎわ 夏の合宿②

熊川宿で けっこう有名な蕎麦屋があったので
寄ってみたかった

CIMG6681.jpg

葛をつなぎに使った
葛蕎麦とか 葛うどんとか有名なようだ

CIMG6684.jpg

ほぼ 800円

そばでもうどんでも 立ち食いじゃないから
このぐらいはするだろうなぁ…

まだ朝で デザートやコーヒーはすぐにできます
そばは 鍋に火を入れますのでお待ちくださいと

20分ほどうろうろしてくるわ


CIMG6682.jpg

道の駅から入ったところに 陣屋の模型があったが

本物の陣屋は 街の真ん中だったんですね


CIMG6685.jpg

こんな観光案内所のようなところが

CIMG6688.jpg

学校のあとかと思ったら

役場のあとでした

CIMG6690.jpg

地酒を並べた店
風情はあるが 酒が可哀そう

CIMG6691.jpg

川沿いまで来たら そろそろ戻りましょう



CIMG6692.jpg

もう 鍋の湯沸いたかなぁ?
帰ってきた先ほどのソバ屋です

CIMG6693.jpg

葛蕎麦6枚

出てきました

具の多いこと…

CIMG6695.jpg

自家製麺 そりゃそうだ 葛蕎麦だもん

工場で作った 土産物のそばを

鍋の湯に急いで入れたね
一気に鍋の湯の温度が下がった感じの茹で上がり

思い切り 
観光客向けの蕎麦食わされた…

そんな気分で出てきました


この店は 熊川宿散歩して
デザートとコーヒー楽しむ店だったんですね


だから… 
色々調べていたけれど
この蕎麦を旨いとほめる人がいるんだから
ネットの世界って怖いね






プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR