002「えい坊館」  福井へ④


つぎは永平寺町魅力発信交流施設「えい坊館」

「禅文化」体験ゾーン、
食と酒の魅力味わいゾーン、
九頭竜川の恵みゾーン
などを設け、永平寺町の魅力を丸ごと発信する施設です。


DSCN1836.jpg

この焼き板塀の建物は


DSCN1838.jpg

舟木酒造 

この地には昔8軒の酒造会社があったんだと

DSCN1839.jpg

ドライブイン

なぜこんなところに?

実は迷っているのです 

なっちゃんにはナビが無い



何処にあるんや?


たしか えちぜん鉄道勝山永平寺線の
松岡と言う駅から出たところだったはず


DSCN1840_20170622082756ac8.jpg

この辺りだったはず

線路があったから 
あとは線路沿いに駅を探そう

DSCN1841_20170622082834f04.jpg

エッ‼ 観音町駅

ここで鉄道路線図を見て

DSCN1842_20170622082836f14.jpg

ようやく松岡駅に来た

この駅から西側のはず

DSCN1843_201706220828369ac.jpg

大きな寺は目立つけど

DSCN1844_20170622082838ee9.jpg

駐車場の奥に 学校の分校みたいな建物が
この前は何度か通ったけれど

えい坊館と書いてあるけど
開いているのだろうか??

DSCN1845_20170622082839e2a.jpg

この看板を見て 開館の文字を見てほっとした

DSCN1846.jpg

レストラン?
喫茶店?

DSCN1847.jpg

それより 酒を買いに行く徳利が珍しい


DSCN1848.jpg

昔あったこの地の蔵らしい
ただこの大きさのコルクが今は無いんだと

DSCN1851.jpg

こちらの 水槽の魚は

DSCN1852.jpg

九頭竜川の自然の展示もあった

DSCN1849.jpg

では食の方も
お粥?  しかも11時から?

良いですよ 少々待っていただけたら

DSCN1853.jpg

うめ 500円也

漬物がうまかった

DSCN1854_20170622083030e29.jpg

味付けにこんなものもありました

永平寺がすぐそこ
禅の心なんでしょうね

「禅文化」体験ゾーン、
食と酒の魅力味わいゾーン、
九頭竜川の恵みゾーン

あとは禅文化体験ゾーンは?

DSCN1855_20170622083032fe7.jpg

奥に瞑想ルームがありました

DSCN1856_20170622083033af8.jpg

チームラボ社作
デジタルアートでの禅文化の表現

確かにこれは落ち着くようです
体験するのも面白いですよ





DSCN2009_201706220819464a0.jpg

二枚目ゲットです


NEXCO西日本の お国自慢カードラリーはこちらから






続きを読む

スポンサーサイト

001丸岡城と一筆啓上の館  福井へ③

福井県も広い 広いというか細長い

敦賀に入って 福井県に来たなと思ったが
しばらく走ってようやく福井市です

DSCN1819.jpg

まちなかで 信号につかまり
カメラを出して撮影

裁判所前で もんじゅのトラックを見た
積み荷は何なんだろう?


DSCN1820.jpg

丸岡までやってきました

福井の丸岡 そう聞いてもご存知の方は少ないでしょうが

日本一短い手紙の 一筆啓上の館のある丸岡です

日本一短い手紙とは
『 火の用心、おせん泣かすな 馬肥やせ 』

 徳川家康の功臣で鬼作左の勇名をとどろかせた本多作左衛門重次が陣中から 妻にあてた手紙文は用件を簡潔明瞭に伝えた手紙の手本と言われています。

この建物は 
一筆啓上茶屋 丸岡城の横にある、お土産屋と食堂です


DSCN1821.jpg

横にあるのが 歴史民俗資料館

丸岡城は中に展示が無く
こちらで展示しています

入場料は丸岡城と共有です


DSCN1822.jpg

丸岡城の登り口には 一筆啓上説明が


DSCN1823.jpg

残存する 日本一古い天守閣をもつ 丸岡城です

今年の一月にも来てるんですよね
お城の様子はその時の記事で



DSCN1824.jpg

手水鉢かと思ったら


DSCN1825.jpg

古墳から出てきた 石棺だったんです


DSCN1826.jpg

では 一筆啓上の館に


DSCN1827.jpg


お城との共通券 450円
ここだけだと200円です

DSCN1829_201706211833464a6.jpg

投稿されたものが 展示してあります


DSCN1830_20170621183416318.jpg

絵手紙も 風景として撮影です


DSCN1831_2017062118341789a.jpg

ほっとする風景ですね


DSCN1832_20170621183419a2c.jpg

こんな場所や


DSCN1833.jpg

展望台もあります


DSCN1835.jpg

ぐるりと回ったら フロントに戻り


DSCN2008.jpg


まず一枚目ゲットです

NEXCO西日本の お国自慢カードラリーはこちらから




滋賀県を走り抜けて 福井へ②

琵琶湖の西岸を走っています

6月11日の早朝  梅雨の前で まだ肌寒い時間です

DSCN1800_201706211825508ed.jpg

比良山登山口 比良の暮雪
近江八景の一つです

近江八景とは琵琶湖岸の八つのすぐれた景観。
三井(みい)の晩鐘,石山の秋月,堅田(かたた)の落雁,粟津(あわづ)の晴嵐,
唐崎(からさき)の夜雨,瀬田の夕照,矢橋(やばせ)の帰帆,比良(ひら)の暮雪。
中国の洞庭湖の瀟湘(しようしよう)八景を模して選ばれたものです。


DSCN1802_20170621182551960.jpg

この道 左は自動車専用道路だって


DSCN1804_20170621182552af5.jpg

琵琶湖の中に鳥居が

白鬚神社の鳥居です琵琶湖で遊んだ時の記事で写真を撮ってます


DSCN1805.jpg

今回は立ち寄ってみましょう


DSCN1806.jpg

先客がお祈りしていました

早朝 誰もいない神社で 
隣に並んでお祈りするのもためらわれて
遠くから旅の無事を祈りましょう


DSCN1807.jpg

古びた建物と


DSCN1808_2017062118264719e.jpg

この石段の上の社
ここもためらって…


DSCN1809.jpg

近江路で最古の神社なんですね


DSCN1810.jpg

先を急ぎましょう

気比は福井県 そんな宣伝が出てきました


DSCN1811_20170621182653ac9.jpg

山越えを 上りが続くと だんだんスピードが落ちる悲しさ

排気量の差を思い知らされます

あの上の道(高速道路)が走れたらなぁ…


DSCN1812_20170621182747126.jpg

山を越えたら敦賀です

日本海が見えてきました

DSCN1813.jpg

陽が差すと きれいな青になる海
まだこの時間は蒼色ですね


DSCN1816_20170621182750dc8.jpg

海の見える道の駅で休憩


DSCN1817_2017062118275139d.jpg

道の駅 河野です
この時間に開いているフードコーナーがあればなぁ


DSCN1818_20170621182753b54.jpg

割引券などないかなと 観光情報を確認して

ついでの福井県のロードマップをもらって先に

まだまだ旅は続きます





まず琵琶湖まで  福井へ①

NEXCO西日本で 
今年もお国じまんカードラリーが始まった

お国じまんのホームぺージ

九州、四国は無理だろうが

近場のカードは集めてみてやろうかと

思い立ったら なっちゃんで出かけることに


DSCN1776.jpg

給油は昨日済ませてある

メーターをリセットして

4時38分 スタートです


DSCN1777_201706211516213ae.jpg

私の住む 兵庫県から 大阪府の能勢を突っ切って
湯の花温泉は 京都府です


DSCN1779.jpg

京都縦貫道の側道を走ると
出雲大社があります

なっちゃんはかわいそうに 
自動車専用道路には乗れません。


DSCN1780_20170621151623898.jpg

そう言えば裕治伯爵を連れて来てなかったなぁ


DSCN1781_20170621151734bd1.jpg

彼にも良い事があればと お祈りしようとしたら

朝早いので まだ門も開いて無かった

やっぱり縁のないやつなんだとあきらめて先へ


DSCN1783_20170621151736c9b.jpg

スーパー銭湯 仁左衛門の湯

京都市では早朝からやっている銭湯は知りません


DSCN1784_20170621151737be6.jpg

ラーメン横綱

ネギ入れ放題の 関西の豚骨ラーメンの老舗

寄ろうとしたら

午前11:00~翌朝5:00 (ラストオーダー 5:00)

店が終わって片づけをしていた……残念!


DSCN1785_20170621151739b94.jpg

五条通りを 西から東に

京都市を真横に通り抜けて


DSCN1786.jpg

鴨川にかかる 五條大橋で 
写真を撮ろうと停めようとしたら

飛ばし屋のタクシーにクラクションを鳴らされ

写真が東山五条になってしまった


DSCN1787_20170621152228890.jpg

東山を越えて山科に

もう一山超えて 滋賀県に入りました 浜大津です


DSCN1788_20170621152230c19.jpg

今回はなっちゃんのライバルと会えなかったので


DSCN1789.jpg

こちらの港で


DSCN1790_201706211522333e1.jpg

ミシガンでも撮っておきましょう

そう思ったら まだまだミシガンは港で眠ってました

もっと近づこうか 
でも誰もいない港
動いているのは 防犯カメラだけだからなぁ…


DSCN1791.jpg

湖に沿って北に上がります

山手に きれいな無料の 自動車専用道路があるのですが

こう大きく書かれると 間違えてはいる訳にも行きません


DSCN1792.jpg

湖西線の駅で一服


DSCN1793_20170621152338eb7.jpg

朝から釣り人が出ていました


DSCN1794_20170621152339eaa.jpg

のどかな朝ですね


DSCN1795_20170621152341940.jpg


なっちゃんの記念撮影も しておいてあげよう

最近 ジェットバイクが増えて 
プレジャーボートの規制がきつくなりましたね…

DSCN1796.jpg

命令違反には 罰金30万だって


では先を急ぎましょう 
記事はしばらく続きます


福井アカデミアホテルの朝食  北陸の旅⑩

私が昨日泊まったのは福井アカデミアホテル

会員制で プールやジムもあり

大きな入浴施設もあります


DSCN8605.jpg



4階から6階がホテルの部屋

キーカードが無いと エレベーターが上にはいきません

CIMG0035.jpg

朝部屋から見た景色

白山のふもとには 霧が立ち込めて 雲海ですね


CIMG0036.jpg

3階で ゆっくりと風呂に浸かります

さすがに大きな風呂 大浴場とはこのこと

十分に泳げる広さですって、泳ぎませんけどね

福井アカデミアホテルのホームページ


CIMG0032.jpg


この日は連休だったので

新年プライス 食事なし 4500円


朝食は ビュッフェ形式で 1300円ですと


ほとんどの宿泊者は頼んでいませんでした

小さな子持ちの家族だけが頼んでいました
子供分が ファミレス行くより安いからね


でも 壁ぎわは ビュッフェ大好きですから




CIMG0007.jpg


スクランブルエッグ、ベーコン、ウインナー



CIMG0008.jpg


サラダ いろいろ

ドレッシングも三種ありました



CIMG0009.jpg


色々と和の総菜

カメラの調子が悪い

ニコンのサービスセンターに持って行って 
デジカメなんか持ってくるなと言うような
気分悪い思いをしてきました

今月末からはきれいな写真に戻る予定


CIMG0010.jpg


パインとオレンジと ヨーグルト


CIMG0011.jpg


和の煮物  マスの焼いたもの 生卵  らっきょと漬物達


CIMG0012.jpg



色々入れてくると こんな和定食の出来上がり


火をつけてくれた鍋

湯豆腐かと思っていたのですが…



CIMG0013.jpg



煮物 なかなか美味しゅうございました


CIMG0014.jpg


焼いたマスと ひじきの煮物

あとはいろいろな佃煮と漬物



CIMG0018.jpg


海苔と ふりかけ 

旅行の友はのりたまとライバルだったなつかしいふりかけです



CIMG0016.jpg



鍋のふたを開けると 豚肉ともやしの陶板焼きでした


これはうれしい ポン酢に漬けて



CIMG0017.jpg



オンザライスです

行儀が悪いって


いいえ 鍋を開けることが必要ですから


CIMG0021.jpg


すかさず鍋に 生卵を

パラフィン紙が敷いてあるので焦げません


火が残っているうちに 蓋をして置くとこんな感じになります





CIMG0020.jpg



ではそろそろ ブレックファストに移りましょう

一部屋 一テーブルだったので

このテーブルは私の独占状態

 席を移って


CIMG0019.jpg


第二ラウンド

洋定食の朝食です

生野菜も食べなければ


CIMG0022.jpg


しかしう よく見なければわかりませんが

ここのホテル サラダにもこだわりがありました。

ポテトサラダ


CIMG0023.jpg


トマトのサラダ


CIMG0024.jpg


鶏肉を使ったサラダ


CIMG0025.jpg


そしてよく見なけらばわかりませんでした

生ハムのサラダです


CIMG0027.jpg



ここで活躍するのが さっき作った目玉焼き

こんな風にすると ごちそうです

野菜たっぷりハンバ-ガー


CIMG0028.jpg


せっかくベーコンもあるので

トマトも入れて 大満足です




私がうまそうに食べているのを見て


隣のテーブルの 子連れの旦那が

目玉焼きを探してました  

そんなのテーブルには無いよ。


CIMG0029.jpg


満足、満腹、大満足です


今日はこのぐらいで勘弁しておこうか…


ただ全部が全部 取ってきたのではありません

鍋とこれは最初から置いてあったもの…


取って来た物は残したら失礼ですからね



CIMG0030.jpg

一つだけ

関西人の私には

パンドラの箱が残されました……笑


CIMG0031.jpg


食後のコーヒーは エスプレッソで

さっきまでは 普通のコーヒーを二杯いただきましたから



これで 1300円の モーニング

大好き満足な朝ビュッフェでした。












熊川宿 天橋立へ②

鯖街道を走ったら熊川宿です

前回ゆっくり立ち寄っているので

今回はさらっと

前回の様子


DSCN7271.jpg


宿場町の保存地区です


DSCN7272.jpg



若狭から鯖や昆布を運んだ鯖街道

その関所地でもありました

DSCN7273.jpg


今の国道沿いに 道の駅があり

その裏手に一キロほど続いています


DSCN7274.jpg


ところどころにショップもあり


DSCN7275.jpg


名物鯖寿司の店も


DSCN7276.jpg


鯖街道を走りたくて かなり遠回りしたので


DSCN7277.jpg


ここからは高速道を使いましょう

トイレ休憩もありますから


DSCN7278.jpg





DSCN7279.jpg


天橋立に向かう壁ぎわでした










熊川宿まで   スクーターで琵琶湖の北に②

蕎麦で満足した壁ぎわは 

再び北に走りだしました



DSCN6546.jpg


朽木



DSCN6547.jpg


道の駅 くつき新本陣

今回は素通りです  

昼前に家を出たので 時間が問題ですから


DSCN6548.jpg



到着 若桜熊川宿です

ここは道の駅 この先にある 昔の面影のあるところは

熊川宿の過去の記事


DSCN6549.jpg


この裏から 宿場町に行けるのですが

右手の建物に カードをもらいに


DSCN6550.jpg


なぜか引き付けられた 食堂のメニュー

福井だからソースカツ丼かな


DSCN6551.jpg


ここで受け取る セルフの店

まるでスーパーの フードコート形式


DSCN6552.jpg


実はどこかに座りたかっただけ

道の駅の表を見ながら 食事です

外からも丸見えだから 

疲れたおじさんの食事風景が見えるんでしょうね


DSCN6553.jpg


四季彩丼  750円

安いから頼んでみたけれど

ただの 木の葉丼じゃない


DSCN6554.jpg


わさびが春、ショウガが夏、梅干しが秋


DSCN6555.jpg


あんかけが 冬を表わしています

この地の名物 鯖のほぐしたものも入ってますよと


かまぼこの間の 茶色いのがそうですね


はっきり言って 

金のない一人暮らしの食事

そんな感じでした


侘しさを覚えた 壁ぎわでした


次に向かいましょう  






続きを読む

道の駅越前と敦賀赤れんが  スクーターで越前に④

福井県の日本海側を走っています

大きな道の駅がありました 道の駅越前です




DSCN5884.jpg


場所はこのあたりです


DSCN5885.jpg



大きなビルが二つ並び

中には温泉もあるんですね

でもさっき入ったしなぁ
DSCN5886.jpg



向かいにもお土産物を売る売店の建物が2つも

DSCN5889.jpg


中には 福井でとれる魚の水槽が

旨そうやん…


二階にっもレストランがあったのですが

人が多い

近くの人も行くところがないと来るんでしょうね


DSCN5890.jpg


越前海岸を走り抜け 敦賀まで戻ってきました


DSCN5891.jpg


自然の海岸美の越前海岸から 

急に灰色や白い船の多い港になりました


DSCN5893.jpg


赤レンガ倉庫
舞鶴ばかり目について

敦賀にもあったのです


DSCN5894.jpg


しかも中は ジオラマ館と おしゃれなレストラン

疲れたおっさんには似合わないところ


DSCN5896.jpg


入場料 大人400円です


DSCN5897.jpg


中はこんな感じ

赤レンガ

↑をクリックして見てください


DSCN5905.jpg


西に走って 気比の松原


DSCN5906.jpg



その前にある 与三郎寿司

場所はここ



DSCN5898.jpg


こんな店


DSCN5899.jpg


メニューです


DSCN5900.jpg


海鮮ちらし

敦賀の町で 旬の海鮮丼と言うのを 

何店舗も連携してやっているのだけれど

やっぱり、すし飯が旨い

海鮮丼より 海鮮チラシを 応援しろよ



DSCN5901.jpg


さすが寿司屋

切った魚 乗せてるだけじゃない


DSCN5904.jpg


みそ汁もついて満足です






DSCN5907.jpg





DSCN5908.jpg



若狭町を走り抜けて まだまだ西に走りましょう








越前海岸を走る スクーターで越前に③


何も食べるものが無い福井市から西へ山を越えた

途中越前そばの店と言うのがあった

立ち寄ると 優しいお母さんが あと40分ぐらいしたら出来るで

すわっとったらいいからと 席を勧めてくれたが…

40分も待てるか!



DSCN5855.jpg

なっちゃんに鞭打って

カーブをクリアしていく

なっちゃんには さっき朝飯食わせたから…



でも福井の飯は旨かったか?

三月に富山に行きしな立ち寄った時の事を思い出した

喰わなくてよかったかも…




DSCN5856.jpg

少し走ると 温泉があった

これは温泉だよな

銭湯じゃないよな


ネットで調べると もう開いて居る時間で

あと10分ほどで軽食コーナーも開きそうだ


DSCN5857.jpg

さっき銭湯に入ったけれど

今度は温泉だ  波の華温泉
ぬる湯と ふつう湯と 露天と
単純泉だがアルカリ性なので湯が柔らかい



DSCN5858.jpg

おばちゃん入れてね

そう言いながら


DSCN5861.jpg


前の自動販売機に有った

ビール様飲料で のどを潤すことに

DSCN5859.jpg

ソースカツ丼セット と頼んだのだが

メニューを見て しょうゆカツ丼と言ううのもできている

大根おろしなのかな?


DSCN5862.jpg


ソースカツ丼で我慢しよう


DSCN5863.jpg

ご飯の上にはさっとソースをくぐらせたカツだけ


DSCN5864.jpg

越前そばは ネギと大根おろしと 鰹節が乗っています

お腹が減っていたから すごいご馳走に見えてきた


DSCN5865.jpg

半生麺を茹でただけなのに…


DSCN5868.jpg

腹を満たしたら 旅を続けよう

日本海の荒海が創り上げた この越前の海岸を見ながら


DSCN5869.jpg

水仙の郷だけあって


DSCN5870.jpg

こんな物もありました


DSCN5871.jpg

このあたりは こしのと言うんですね


DSCN5872.jpg

越前水仙の里公園の説明


DSCN5877.jpg

それより海がきれいで


DSCN5879.jpg

行きかうバイクは ほとんどがハーレー

私のなっちゃんの様なスクーターはいませんでした


DSCN5880.jpg

自然の作った 
石のわっか あれをくぐれるのは なっちゃんだけなのに

DSCN5881.jpg

こちらの鳥居は何を示す


DSCN5882.jpg


この先に神社があり

そこに海の水の造った洞窟があると


私は先を急ぎたいから 今回はパスです

またきっと訪ねてくるからね

そんな越前の海でした


つづく




何もできなかった福井の朝 スクーターで越前に②

東尋坊から福井の町に戻ってきました

ただ時間はまだ九時前

モーニングやっている喫茶店が

大きな道沿いに見当たらない




DSCN5794.jpg

大きな寺はあるのですが


DSCN5792.jpg

なになに


DSCN5793.jpg

福井大仏ですか


DSCN5838.jpg


変わった景色があった

愛宕坂です、石段なのに

引っ越しや 大型電化製品などどうやって運ぶのだろう…??

この上には 福井市愛宕坂茶道美術館なっるものがあるらしいが…



DSCN5841.jpg


それにしてもえらく寺の多い所だ

DSCN5840.jpg

由緒に 偉く変わったものはないのだが


DSCN5842.jpg

こちらにも


DSCN5844.jpg

こちらにも


DSCN5845.jpg

こちらにも


DSCN5846.jpg


何かの店の様だ


DSCN5847.jpg



蕎麦の店?

でも明らかに二時間半早い

DSCN5848.jpg

涙と書いてある

私も涙だ…

はらへった……


DSCN5849.jpg

明治時代福井藩の教師として活躍した
ウィリアム・E・グリフィスの邸宅をよみがえらせた
「福井市グリフィス記念館」

もしここがカフェで
モーニングサービスなどあれば

私はこの土地を愛しただろうに…


DSCN5851.jpg

結局市内で私を迎えてくれたのは ここだけ


DSCN5852.jpg

中には軽食もと思ったのだが

銭湯でした

東尋坊の お祓いで身を清めて

腰に手を当てて 牛乳を飲んだだけでした


DSCN5853.jpg


未練を後にここを出て


DSCN5854.jpg


空腹に耐えきれず

この橋から飛び込んでやろうかとも

どうも福井県は 飛び込みやすい所が多そうですね


仕方がありません なっちゃんと旅に出ることにしましょう

福井市よさらばじゃぁ~  

つづく







プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR