FC2ブログ

東尋坊へ 壁ぎわツアー

壁ぎわツアー 

今回は福井県です

CIMG6696.jpg

小浜~三方周辺で 三方五湖を見たら

そのまま 高速で北に上がります

CIMG6698.jpg

敦賀を超えて 北陸自動車道へ

福井県も南北に長い

杉津パーキングエリアで一休み

CIMG6699.jpg

凝んな所にも芭蕉の句碑が

芭蕉も 北陸道走ったんや…  そんなわけないやろ!

CIMG6701.jpg

焼き鯖寿司が二切れついて
越前おろしそば 960円

あの800円の葛蕎麦はなんやったんや
また思い出しては口惜しい

CIMG6702.jpg

今回この日に帰らなくてはいけない女性もいたので
壁ぎわおすすめのスイーツを食べに

永平寺温泉 道の駅 禅の里まで

ピクニックコーンを食べた時の記事

でも ほかのおっさんには受けなかった…


CIMG6705.jpg

そして 裕治伯爵憧れの 東尋坊に

冬の寒い日 雪の中を 夏の白いスーツでこの地を訪れたいのだって

CIMG6706.jpg

下見に良いでしょう

でも 私は 白浜の三段壁のほうが好きだよ

CIMG6707.jpg

せっかくだからみんな 見学してこい
私は 写真班するからと

ライオンさんも歩いてます

CIMG6708.jpg

し~かし 皆さん素敵な歩きかたで

いつ躓いてもおかしくないようなところが素敵

CIMG6711.jpg


躓いたふりして 押すんじゃ!



CIMG6718.jpg

押すんじゃ~!

CIMG6719.jpg

ライオンを突き落としても

世の為になっても 罪にはならないぞ…

CIMG6703.jpg

そして昔飛び込んだ人の死体が流れ着いたという 雄島

鎮魂の地になってます

詳しいことは
初めて書くときは丁寧に書いていた時の記事で






スポンサーサイト

常神半島 源で とれたての海鮮を 壁ぎわツアー

ランチは常神半島の先まで
それでも行きたい店があるから

イカ (アオリイカ)  タイときじばた  ヒラメ

今回は これが良かった
クリックして 
私のフェイスブックのページの 動画が見られたらラッキー


P1050142.jpg

動画を見た人は あまり写真何て…
そんな感じになるのですが

もずくから始まって

P1050144.jpg

煮物

P1050147.jpg

焼き物

P1050145.jpg

この地の地酒も冷えてますよ

私は運転ですから

P1050148.jpg

大振りのアオリイカが二杯も
これは旨かった

動くんです

P1050150.jpg

タイと キジバタ

これも動くんです

P1050153.jpg

そして最後は平目
これも動くんです

5人で 一人 3500円のコースでした

P1050158.jpg

あとは ご飯と汁と

即席の漬けでお茶づけも よかった

P1050159.jpg

アオリイカの耳の部分も焼いてもらって

満足でした

P1050161.jpg


また来ますね

人が増えすぎても困るので

余り宣伝しないでねと…


嬉しい店でした





三方五湖とレインボーライン 壁ぎわ 夏の合宿③

熊川宿より 福井県に入っていますが
なかなか参加者の興味が今一つですね

ならば 三方五湖
レインボーラインでも走ってみましょうか



P1050108.jpg

いつもは 上の駐車場で 景色を見るだけなのですが
今回は 思い切って

リフトに乗って
一人800円払い 山上遊園地まで行くことに

たまたま義理の息子が
JAFに入っていたので 700円でした  デカシタ!

P1050111.jpg

ケーブルカーもあるのですが
これは子供づれ用

もちろん大人だけでも乗れますが

P1050112.jpg

雨の日はあれが良いですね
そう言われても
雨の日は景色が見えないから乗らないほうがいいよ

P1050116.jpg

いつもグリーン車でそっくり返っている 裕治伯爵も
リフトでは おとなしく乗っています

P1050123.jpg

上から見る 三方五湖は また見え方が違いますね

料金を払う価値ありですね




P1050124.jpg

これには 少し惹かれました
だって 300円ですから

壁ぎわは ソフトクリームは300円までと思っているのに ぴったりですから


P1050127.jpg

和合神社

P1050128.jpg

あちら側と こちら側から一緒にお参りできるみたい

P1050129.jpg

三方五湖の 地図と

P1050130.jpg

写真を撮りながら

P1050131.jpg

こちらでも山崩れがあったんだね

今年の台風怖いねぇ…

P1050132.jpg

よく見るとあの家
本当に 幸運だったんだよね

朝外に出て驚いたことでしょうね

P1050139.jpg


リフトで降りて次のところに

皆、写真撮ったりするのだけれど

スマホの落し物きっと多くなっているんだろうなぁ…







ハズレの蕎麦  熊川宿 壁ぎわ 夏の合宿②

熊川宿で けっこう有名な蕎麦屋があったので
寄ってみたかった

CIMG6681.jpg

葛をつなぎに使った
葛蕎麦とか 葛うどんとか有名なようだ

CIMG6684.jpg

ほぼ 800円

そばでもうどんでも 立ち食いじゃないから
このぐらいはするだろうなぁ…

まだ朝で デザートやコーヒーはすぐにできます
そばは 鍋に火を入れますのでお待ちくださいと

20分ほどうろうろしてくるわ


CIMG6682.jpg

道の駅から入ったところに 陣屋の模型があったが

本物の陣屋は 街の真ん中だったんですね


CIMG6685.jpg

こんな観光案内所のようなところが

CIMG6688.jpg

学校のあとかと思ったら

役場のあとでした

CIMG6690.jpg

地酒を並べた店
風情はあるが 酒が可哀そう

CIMG6691.jpg

川沿いまで来たら そろそろ戻りましょう



CIMG6692.jpg

もう 鍋の湯沸いたかなぁ?
帰ってきた先ほどのソバ屋です

CIMG6693.jpg

葛蕎麦6枚

出てきました

具の多いこと…

CIMG6695.jpg

自家製麺 そりゃそうだ 葛蕎麦だもん

工場で作った 土産物のそばを

鍋の湯に急いで入れたね
一気に鍋の湯の温度が下がった感じの茹で上がり

思い切り 
観光客向けの蕎麦食わされた…

そんな気分で出てきました


この店は 熊川宿散歩して
デザートとコーヒー楽しむ店だったんですね


だから… 
色々調べていたけれど
この蕎麦を旨いとほめる人がいるんだから
ネットの世界って怖いね






鯖街道 道の駅巡り 壁ぎわ 夏の合宿①

京都でのお座敷体験も終わり
壁ぎわ 夏の合宿は ツアーに移ります

今回は福井の旅です

CIMG6670.jpg

琵琶湖の湖岸を北に上り
琵琶湖大橋から 鯖街道に

道の駅朽木本陣で 地元のおばさんがやっている
一杯500円の蕎麦 が楽しみだったのですが

今はしてないのでしょうか?
 残念です

CIMG6671.jpg

ここはバイキングの店
二階は温泉 どちらもそそられますが

時間的に
まだ開いてない

地元の直産品店はあるが 帰るのが明日ですから

朽木をあきらめて 次に向かいますか



そう思ったら ライオンさん 
しっかり鯖寿司 試食していた

何処の店も試食なんて出してないのに、そのうえ鯖寿司高いんだよ

それでも試食してたもんなぁ…

さすがライオンさん



CIMG6672.jpg


続いて熊川宿

小浜から 最初の休憩地です


CIMG6673.jpg

鯖街道ミュージアムで 鯖街道の勉強も

CIMG6675.jpg

鯖街道の旧道の山道を
塩サバを担いだり 馬の背に乗せたりして
山越えしていたんですね

CIMG6676.jpg

盗難もあったらしい

せっかく60キロ山道を歩いて
大変だったのに

血も涙もない 山賊たちめ…


ひょっとして 山賊は岡山人かも
ねぇ ライオンさん


CIMG6677.jpg

こんなものもあるのだが
一人だけ朽木で 鯖寿司食べたと
高いんだよ

CIMG6679.jpg

番屋あと

CIMG6680.jpg

時間も早いし

少し熊川宿 歩いてみましょうか



熊川宿と三方五湖レインボーライン  12月壁ぎわツアー④

朽木から 北に抜けて福井県嶺南地方です

鯖街道は 福井の小浜のサバを塩して 京の都に運んだ道ですから

CIMG2259.jpg

その街道の宿場町も兼ねていた 熊川宿

中国地方から 湖北を抜けて東に向かう街道でもありました

CIMG2260.jpg

道の駅の鯖街道ミュージアム

展示が変わってました

熊野古道の様な山道を
背負子を担いで 歩く姿がなくなってました

CIMG2261.jpg

旧宿場町
この古い建物を残した町並みで

蕎麦屋があるんです

CIMG2262.jpg

向かいかけていたら 

私、おなか一杯。
蕎麦はもうしんどい と言い出す奴が


なんだと!?

私も もうそばを食べたら
ウナギが食べられそうもない
ウナギに行こうよ

 賛同かい!


前もって 余裕があればウナギに行こうかと 言っておくんじゃなかった

ならば 蕎麦ツアー二軒で終わりかよ

でも壁ぎわツアーの原則で 
一人が言い出して
他の一人が賛成したら 
時間的に不可能なことを除いては
それに従うこと


になっていますから…


CIMG2263.jpg

と言う事で三方五湖に

湖畔を走っても 皆就寝中

レインボーラインの上まで行きますか

CIMG2265.jpg

山上から見下ろす 三方五湖

CIMG2266.jpg

この寒い中 〇国人だけが昇って行ったリフト

私は ここまでは年に数度来ているが
この10年ここから上に上がったことが無い

CIMG2267.jpg

ウナギ屋さん 午後三時ごろ 開いてる店を確かめて

CIMG2268.jpg

では向かいましょう

CIMG2269.jpg

これがレインボーライン

有料の観光道路だから 景色楽しんでね

ウナギ屋も麓だから……


皆、起きろ~!!





005Tree Picnic Adventure IKEDA  福井へ

もう一か所行けるかなぁ

右上の出発点が 六呂師高原 目的地が ツリーピクニックアドベンチャー池田

後からパソコンで見ると 近道があったんだ

DSCN2279.jpg

左上が日本海 ちょうど東尋坊のあたりです

大野市を通れば近かったのに

勝山に戻り、西に向かい 永平寺から南下しました

なっちゃんにナビの付いてないのが辛いですね

DSCN1907_20170624073540a2e.jpg

途中で見た大きな寺


DSCN1908.jpg


勝山左義長の櫓を入れている会館

立ち寄る時間が無いのが辛い

DSCN1909_20170624073543363.jpg

祭りの為 道路が通行止めになっていた
回り道をして ちょっとだけ写真を

今から見どころのようで 見物客が集まってきていた

須波阿須疑神社

池田に 5時までに行かなくては
そして 伊丹まで帰らなくては…

DSCN1910.jpg

ようやく池田に来た
福井県今立郡池田町志津原です
なんだこれ
かずら橋??


DSCN1911.jpg

これですね かずら橋と書いてある


DSCN1912.jpg

かずら橋の案内


DSCN1913.jpg

よくよく見ると
この橋渡るのに 300円??


DSCN1914_2017062407424060c.jpg

で ようやくやってきました
Tree Picnic Adventure IKEDA です


DSCN1915.jpg

これが管理棟


DSCN1916_20170624074243314.jpg

入り口には 木彫りのクマが


DSCN1918_201706240742469f6.jpg

すぐ近くにある 渓流温泉

立ち寄り入浴500円なんだけれどなぁ

これが宿泊棟かな


DSCN1919_20170624074322154.jpg

この部分が 温泉のようです
入りたいのだけれど

今からまだ200キロ走って帰らなくてはいけないから…

疲れるし湯冷めしそうで


DSCN1920_2017062407432483f.jpg

明るいうちから 山越えして帰ろう

車がほとんどないから

なっちゃん絶好調です


DSCN1921_20170624074324d4e.jpg

でも……
滋賀高島から 鯖街道
大原から 亀岡を抜けて

家に着いたら 606.5キロ  お疲れ様


DSCN2012_201706240743262d5.jpg

これが5枚目のカード

DSCN1923_20170624074405dc5.jpg


今回の旅の 収穫です

いやぁ~ 疲れました 以上福井の旅でした




004 六呂師高原  福井へ⑦  

次のラリーポイントは 六呂師高原

高原なんて言う所は私が普段いかないところ

地図を見ると 裏道が近そう…


DSCN1895_20170624073407e4e.jpg

なっちゃんですから

大回りしないで行きましょう


DSCN1896.jpg

一つ峠を越えたら 見えてきました


DSCN1897.jpg

福井県奥越高原牧場 そう書いてます

ではカードを置いているところじゃないんだ

DSCN1898_20170624073411554.jpg

大きな牧場です


DSCN1899_20170624073412f41.jpg

乳牛の撮影


DSCN1900_20170624073446a26.jpg

観音様もありました


DSCN1901.jpg

温泉もある

こちらは 六呂師温泉ピクニックセンターの方の温泉

カードはここでもない  あまりに広くて 

なっちゃん走り回ってます


DSCN1903_20170624073450b41.jpg

広い高原を あちらへこちらへと


DSCN1904_20170624073451531.jpg

こっちではバーベキューですね

DSCN1902.jpg

この建物は?


DSCN1905_20170624073538719.jpg

ミルク工房 奥越前

ここだここだ


DSCN1906.jpg

体験工房 安いけれど 4日前までに予約ですか

あともう一か所寄りたいので

温泉もソフトクリームも我慢して 次に向かいましょう



DSCN2011_20170624074409601.jpg


カードゲットです






003 白山平泉寺  福井へ⑥


福井県の北部 永平寺を越え 勝山を越え

やって来たのが 白山平泉寺です

一月にもこの前走ったよなぁ


DSCN1877_20170624065845b03.jpg

白平泉寺歴史探遊館 まほろば

詳しくはホームページで

こちらに立ち寄って カードゲットです


DSCN1878_2017062406584603a.jpg

では 参詣しましょうか

平泉寺白山神社 境内案内図

って あんな高い所まで上るの?


DSCN1879_20170624065847a64.jpg

こちらの古びた寺は?


DSCN1880_20170624065849685.jpg

越前国六千坊旧跡
平泉寺塔頭
天台宗顕海寺


DSCN1881_20170624065850005.jpg

鳥居をくぐり


DSCN1882.jpg

苔むした参道を上ります

スクーターで200キロ超えると 
エコノミー症候群のような感じで太ももが変な吊り方しているんだけど


DSCN1883_20170624065928429.jpg

頑張って登らねば
この鳥居を過ぎるともう少しだ


DSCN1884_2017062406593063a.jpg

本社、拝殿の方に

三ノ宮は まだまだ上ですから


DSCN1885_20170624065932398.jpg

見えてきました


DSCN1886_2017062406593338b.jpg


でも 開帳は 何十年に一度かだと

DSCN1887_2017062407002055a.jpg

ここでお参りするだけです


DSCN1889_20170624070021d4f.jpg


またこの石段を降りて行かねば…

DSCN1890_20170624070023d8c.jpg

途中社務所があります 

DSCN1891.jpg

庭園がありますが

見学料が要ります

DSCN1892.jpg

芭蕉の句碑


DSCN1893.jpg

平泉寺は、霊峰白山(標高2702m)の越前側登拝口に開かれた白山信仰の拠点寺院で、
今から1300年近く前、泰澄によって開かれたと伝えられます。

中世には北陸でも有数の勢力を有するようになり、
現在の白山神社よりもはるかに広大な境内に、
数十の堂や社、数千におよぶ坊院が建ち並んでいたといわれます。

ところが、天正2年(1574)、
一向一揆との戦いで全山が焼失し、
往時の姿を伝えるものはほとんど失われてしまいました。


DSCN1894.jpg

つまり 今の高野山のように

この辺り一帯が 平泉寺敷地で
六千坊と言うほどの 寺や庵があったのです

ところが一揆で全山焼き討ちにあい
主要な所だけ復元された

それも 明治4年の 神仏分離で
寺籍を放棄して 現在の白山神社となっているのですね

DSCN2010_2017062407440779c.jpg


下調べするか 案内のガイドを聞くか

ゆっくりまほろばで勉強しないと 判らずにすぎるところでした

とりあえず カードゲットです

NEXCO西日本の お国自慢カードラリーはこちらから






永平寺周辺と勝山城    福井へ⑤

福井県の観光地と言えば 

東尋坊と 永平寺が有名ですが

どちらも 98パーセントは観光バスか乗用車ですが

DSCN1857_20170624064837303.jpg

福井から この電車で行くのも風情がありますね


DSCN1858.jpg

一両の電車です


DSCN1859.jpg

ライバル視して 競争は

いいえ今回は方向が違いますので


DSCN1861.jpg

永平寺口から永平寺まで

昼前後に 1時間に二本ほどのバスがあるだけ

バスで15分かかる道を歩く人もいました

商売のように

車はこっちに行け そこに停めろ
そこで停まるなと

写真を撮っていても うだうだ言われた

駐車場や入場料の指示をするおじさんが数人います


DSCN1862.jpg


永平寺山門です

入場料500円です

人の多い時間でした
ここはこれまでにして


DSCN1863.jpg


私の好きな 道の駅禅の里

前回入浴した永平寺温泉



DSCN1865.jpg

こちらは道の駅 禅の里


DSCN1866.jpg

こちらの食堂で


DSCN1867.jpg

福井名物ソースカツ丼セットを
しかし ここのおすすめは から揚げ定食でした

一つ一つの鳥のから揚げが 驚くほど大きかった

人の食べてるのを見て羨ましかった


DSCN1870_20170624065258a3a.jpg

それでも ソースカツ丼セットも

DSCN1868.jpg


揚げたてなのがうれしくて

飯はまずかった

DSCN1869.jpg

おろし蕎麦も ちゃんと大根おろしがたっぷりで

前回 一筆啓上茶屋では 出汁の中に入ってましたからね


DSCN1871.jpg

工場作製の (半)生めんかな

とりあえず腹を膨らませたら
もっと勝山方向に


DSCN1872_20170624065403da6.jpg

きれいな 城がありました


DSCN1873.jpg

龍の彫刻が


DSCN1874_201706240654062c8.jpg

全景はこんな感じ


DSCN1875_20170624065407f0d.jpg


勝山城 博物館でした

DSCN1876_20170624065409164.jpg


勝山城 博物館詳しくはこちらで










プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR