食い物にあたらない萩 最終話  中国地方の旅⑬

朝食で食べるものがほとんどなかった

656.jpg


これでドライバーでなければ朝ビールしてるはず。

あの朝食では呑めもしませんからね

でも平静でいられたのは

村田蒲鉾←去年の4月にも来てるんですその記事

試食が豊富だったかまぼこ屋さんを知ってますから



685.jpg

そうここなんです

686.jpg

あれ?
もうかってますね

団体専用の工場見学コースと個人の店と入口を分けてますね


そして去年のように豊富だった試食がまだ出てない……


萩てんぷら

仕方がないから 買ったものを車で食べよう

ナイフは持参しているので…

試食は無いけれど 人当たりの良い責任者だろうか?

『すぐに食べるなら温めますか』と言われて

お願いしますと言ったのだけれど 気が利いてて良いねと喜んでいたのだけれど


食べると冷たい  冷凍を解凍しただけか??

昨日 泊まった民宿も


萩の人間が嫌いになってきました……  

それほど食欲の恨みは厳しいんじゃ

687.jpg

萩のバスの赤い色まで にくくなってしまいます

690.jpg


道の駅萩シーマート


689.jpg

1800円の定食?

1800円の朝食になっても良い
1800円払っても食べるから…


でもまだ8時半過ぎ  店は開いてない



692.jpg

祝 世界遺産登録だと!?

こんなに食べるものにひもじい所で

それより 近くのコンビニで何か買うことにする


694.jpg

一服ついて なんだたっけ

萩反射炉だって

干物が焼けるんか、それとも芋でも焼けるんか

696.jpg

こりゃ無理だわ

699.jpg

鉄を溶かすぐらいしかできない釜では旨いものは作れないなぁ…

701.jpg

しばらく走ると  温水プール?

これだけきれいな海があるのに  冬は無理か…


ここは 道の駅阿武町です 

702.jpg

ほとんど閉まっているやないか やっぱり九時前では

703.jpg

これなんだ?

705.jpg

功やってみれば幸せになれるのか??

707.jpg

確かにここなら幸せになれるかも

でも 10時過ぎないと 幸せにはしてくれないらしい…



708.jpg

あきらめて青い海を見ながら走る

もうすぐ山口県ともお別れだよ

711.jpg

ラストに立ち寄ったのが 道の駅ゆとりパークたまがわ   8:30~19:00 までやってます



712.jpg

でもレストランは準備中  だよなあ…

713.jpg

これも来たところ


716.jpg

マップ見てると

717.jpg

澄川酒造所  東洋美人の里なんだ

718.jpg

呑みたい

720.jpg

呑みたい

722.jpg

フグのひれ酒も呑みたい…

723.jpg

本当に飲んでみたくなるので 先を急ぎましょう

とりあえず山口県脱出でした。
スポンサーサイト

萩の民宿と 松蔭神社 中国地方の旅⑫

萩での宿はホテルでは無く民宿です

るるぶトラベルから予約した

民宿 女台場 【注目!◎◎】プラン 新鮮な旬の海の幸が満載♪2食付き 

ただ 1泊2食付き6500円と言う値段が 飛びついたものの心配でした
そこで電話して、本当に魚がたっぷり食べられるか聞くと
大食いなら刺身追加しとこうか、ならば一人千円値上げになるでと

二人で5000円ぐらいの船盛でも用意してもらってもと言うと

そんなんせんでも大丈夫やと

それでも心配は やっぱり的中しました


女台場

ここが民宿女台場さん

ツーリング中のハーレーの一行と 他にも車が

予定より多くなってしもうてなぁ…
母屋の方に行ってもらえるかなと

女台場3

異例な広い部屋に通されてここまでは よかったのですが

食堂が一杯じゃから、携帯に空いたら電話するから書いといてくれと


しかし風呂の湯を張り
ゆっくりと交代で風呂に入りあがってぼ~としているときにようやく電話が

民宿まで歩いていき 奥の部屋に通されました

649.jpg

夕食 これで全部です


650.jpg

乾き始めた刺身

せめてしっかりラップがして有れば
それでも無理かな…

651.jpg

朝食に乗るようなカレイの干物

もちろん冷たい

652.jpg

冷めた天ぷらは いかげそと、はまちと、いわし? そして さつまいも

さすがに冷えたてんぷら 外で食べるなんて久しぶりですね

653.jpg

二千円の 追加の刺身

種類に鯛が増えているのがうれしい

全く同じものだとどうしようかと思った

654.jpg

ビールはアサヒのスーパードライだったので酒が欲しいと言うと

これ開けて勝手に飲んで、お題は明日自己申告してよと



そして1時間後……

あんたらまだ飲んでんの?


ここお客さんが泊まるところやあら開けてほしいんやけど


私らもお客なんですが……



片づけて部屋まで戻り呑み直し

やっぱり民宿はそろそろきついかなぁ

三陸の宮古の民宿はよかったのになぁ…


656.jpg

朝食

これで全部 
あとは漬物のたくあんがセルフで撮り放題

部屋が近くなら 土産物でも開けて食べるのに…


白い箱は 腐れ豆 

関西人の私はは食べる気にはなりません



かまぼこ二切れと冷奴の朝食終わり出発です

658.jpg

松陰神社

660.jpg


667.jpg

松下村塾

663.jpg

人形を写し込んでいるブロガーさんだろうか

こんな光景、チョット恥ずかしいだろうと


昨夜から悪いやつになってます……今までもいい奴ではないけれどね

666.jpg

次から次にと 人の写らない写真が無い


668.jpg


ようやく中をのぞき込んで

ここで勉学を共にした勤皇の志士に

夕べの悪口を言ってやるんだから 萩の民宿は食べるものが無いと

669.jpg

至誠館 博物館ですが ここが開いて居る時間に来たことが無い

670.jpg

休館のお知らせだって 

休館日までにブログアップ間に合ってよかった

674.jpg

松陰神社 傘みくじ




676.jpg

本殿で御祈りを済ませば

677.jpg

わき道からこそっと

伊藤さん宅に

680.jpg

正確には 伊藤さんが元住んでいたとこ


明治元年に 兵庫県知事になるまでここを本拠としたと

そう書いてあるが 毛利の殿様が萩から山口に藩庁を写したときについていかなかったのか

それと 兵庫県民の私が 伊藤博文が知事だったことを知らないのはなぜ??

681.jpg



683.jpg



684.jpg




二度目三度目 いやもっと来ているところなので
何となく書くことが無い壁ぎわでした

左京も忙しい日になるぞ

では今日はこのあたりで

もうこの時間から 空腹にすこしいらだつ壁ぎわでした

萩の城と城下町 中国地方の旅⑪

萩に入りました 


604.jpg

高速の無料区間の 道の駅です

605.jpg

萩さんさん三見

606.jpg

萩と言えば まず萩焼が目につきます

この白というか灰色の釉薬が何とも言えませんね

607.jpg

萩資料館

鎧兜などが展示してあるのですが 入場料が高い
入りたかったら 一人でどうぞと 友人だけ入らせて

608.jpg

夏みかんソフト食べてました

萩と言えば夏みかんも有名ですから

609.jpg

さすがにまだまだ運転があるからこれは飲めませんけれどね

610.jpg

萩に現存する武家屋敷のなかで最大の大きさを誇る

旧厚狭毛利家萩屋敷長屋

料金100円(小学生未満は無料) 萩城跡指月公園との共通券は210円(小中学生は100円)

お城にも行くので 210円の共通券を買いました

朝から回る人なら こちらがお得ですね

萩市内の有料文化財9施設(100円/1施設)共通の1日券を、310円で販売しています。
【城下町地区】 
  ①木戸孝允旧宅 ②青木周弼旧宅 ③旧久保田家住宅
【堀内地区】  
  ④口羽家住宅  ⑤旧厚狭毛利家萩屋敷長屋 
【川島地区】  
  ⑥旧湯川家屋敷 ⑦桂太郎旧宅
【旧松本村地区】    
  ⑧伊藤博文別邸
【平安古地区】
  ⑨旧田中別邸      ※いずれも開館時間は9:00~17:00 

611.jpg



613.jpg

花燃ゆ のポスターはじめて見ました
ドラマも見てないですからね

614.jpg

向かいには 萩八景遊覧船乗り場が

615.jpg

これでゆっくりと そんなのも良いですね


617.jpg

殿さんの像が

616.jpg

詳しくはこちらで


618.jpg

一時間でも借りたかった

619.jpg

萩城址公園 案外広いので 歩くのが嫌になってきています

620.jpg

季節ごとにサクラやツツジ、花々に囲まれた毛利36万石の主城跡

萩城跡指月公園

623.jpg

城内には鬼門の方角に必ず神社がありますね

でもこれはのちに整備されたもの

旧本丸跡に歴代藩主を祀る志都岐山神社が創建された際、総面積約20万㎡の境内が指月公園として整備されました。
城跡の構造をよく残していることが特徴で、園内には天守閣跡、梨羽家茶室、旧福原家書院、万歳橋、東園などの旧跡があります

629.jpg

こちらは茶室

630.jpg

詳しくはこちらで

631.jpg

天守閣跡

萩城は慶長9年(1604)に毛利輝元が指月山麓に築城したことから、別名指月城とも呼ばれています。
山麓の平城と山頂の山城とを合わせた平山城で、本丸、二の丸、三の丸、詰丸からなっていました。
明治7年(1874)、天守閣、矢倉などの建物は全て解体され、現在は石垣と堀の一部が昔の姿をとどめ、ここ一帯は国の史跡に指定されています。

今度は城下町に

636.jpg

高杉晋作の像

高杉家は名家だったので 殿にお目どうりがかなう位置でした
だからこれほどまでに名前が出てくるんですね

638.jpg

こんなところもありますが もう4時を回っています 急がなければ

641.jpg

我が家を自慢したいばあさん(私が勝手につけたあだ名)の居るこの屋敷跡

当時の面影を色濃く残す萩藩御用達・菊屋家の住宅

菊屋家住宅です

大人・大学生 600円、中・高生 300円、小学生200円

奥庭工事で入れないのに 料金同額でした

643.jpg

おなり門から入った殿様は
庭の一枚岩が御籠を置くところ

644.jpg

目を合わさずにほかの観光客の陰で回っていたのだが

商人ながら名字帯刀を許されていたからと、
自慢したいばあさんに槍自慢をされてしまった。


仕方がないから  

奥の庭が好きで あれをみたくて訪ねてきたのに

今日は奥の庭は見られないんやね……
と言いながら出ることに


647.jpg

城下町の家並みを見ながら

648.jpg

ここも有名やでと言った時刻は

五時三分前

もう入口は締まってました


それでは楽しみの今夜の宿に戻りましょうか

続きは明日



千畳敷と青海島 中国地方の旅⑩

続いてやってきたのが 千畳敷です
山手の小高い山の上にある広場です

547.jpg

標高333mと書いてますね。

548.jpg

山の上の草原です

554.jpg

この展望台から

551.jpg

草原より 見渡せる海がきれいで

555.jpg

しばらく行くと ラーメン屋がありました

560.jpg
559.jpg

注文したのはつけ麺

どころが麺を食べた後、

このつけダレ飲みたいんだけれどと言うと
『どうぞ』っと言うだけ

もっと見ていると  お水で薄めて飲む人も居ますねと

注ぎスープの文化がなかった いや知らなかったの?

説明して スープを注いでもらいました 別料金は払いませんからねと



それより この日  カメラマンが大勢出ているのは何故?

その答えがこれでした

562.jpg

ディーゼル機関車が牽いているのは…

565.jpg

566.jpg

トワイライトエクスプエスでした

ネットで調べると JTBが走らせているらしく
二泊三日 7両ですが 定員40名 一人約30万円でした。


570.jpg

我々は 青海島に

572.jpg

海の青さを見ながらです

574.jpg

昼飯にと思っていた 沖千鳥

ただ 10人待っていました 残念

575.jpg

活イカの活け造り食べたかったなぁ…

578.jpg

青海島の先 くじら資料館に

584.jpg

昔鯨を取った道具

585.jpg

くじら墓にも行っときましょう

587.jpg

ここですね

590.jpg

詳しくはこちらで

593.jpg

でっかい鯨の像が

597.jpg

本土に戻りましょう

599.jpg

仙崎の港に

600.jpg

金子みすずを横目で見ながら

そちらには まったく興味が無い同行者なので 私は前回見ているし

603.jpg

やはりこちらにに走ってしまいました

ちゃんとしたかまぼこは旨いけれど、焼きたてのちくわ
温かいときだけですね、ざんんんでした。

折角海のきれいなところを走っているのに
なんとなく旨い物に あたらずに
少々欲求不満になってきる壁ぎわでした

角島へ 中国地方の旅⑨

ようやく 行きたかった角島大橋に向っています

一般道で一番長い島へと架かる無料の橋です

501.jpg

下関から日本海側を北に上がります

海の色がだんだん青くなってきます

502.jpg

看板には角島大橋の文字が



503.jpg

萩は判りますが 特牛と書いて(こっとい)と読みます

活イカの特産地でもあるんです

504.jpg

特牛の港です

イカ釣り船が有りますね

506.jpg

これが角島大橋

508.jpg

きれいな海にかかる橋です

512_20151004203735dee.jpg

今は観光地化されていました

517.jpg

市まで住み人は米も作ってます
ただ はざかけはここと違うだろう

520_20151004203738eaf.jpg

しおかぜの里角島に入る車で渋滞してました

橋を渡るために来る人ばかりで 渡った後は目的の無い人ばかりでした

524.jpg

先端の灯台と展望台

駐車場街の車で一杯でした

528.jpg

絶景のユウヒの見えるところ 角島テラス

でも夕方までいるか、このあたりで泊まらないと…

532.jpg

島の港には 海産物売り場もありました

533.jpg

島をぐるりと周って 橋がきれいに見える場所探し

534.jpg

小島の灯台もありました

535.jpg

島側のこんなところを見つけました

536.jpg

帰りの橋

538.jpg

あれ!? なんか 混み合ってる

539.jpg

ナンだこいつら!

540.jpg

非常用の避難帯で 休憩するところでも

見学するための駐車場でもありません

こいつらのおかげで ブレーキを踏まされて混み合ってます

541.jpg

自分さえよければ おかげで周りが迷惑する羽目に
警察も取り締まれよなぁ
駐車料金として反則金と点数しっかり取ってしまえば 走行しやすくなるのに


これで落書きや ゴミが増えてここが台無しになるのが心配な壁ぎわでした
プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR