FC2ブログ

旅立ち 南彦根で焼肉から

オリンピック連休の日

政府は GOTOキャンペーンなどをやりだした

また増えるよとか 東京は除外とか

勝手なことをやる割に本質の見えないのは

以前も小泉の後を継いだ時もそうだったが
指導力と責任感の無い アベだから仕方がないことだが…


P1060409.jpg

前日に このホテルで待ち合わせ

ホテルで待ち合わせなんて言うと 文春砲がっ……
て 有名人でもないし
安い ビジネスホテルですから 色気のある話ではありませんが…

P1060386.jpg

色気はありませんが 食い気の方は

夕食は豪勢に ネギタンからはじまります

近江牛と呑み放題込みで 5000円のコースを すだくです

P1060387.jpg

豪華な サイドメニュー

全部 呑み放題込みの5000円の中ですから

でも 呑み放題の 呑みの部分が
お店には気の毒な二人です…


P1060388.jpg

近江牛 一頭買いだから安いんだと

P1060390.jpg

炭焼きなのも嬉しいね

P1060391.jpg

62度まで 熱を通したと言う 肉の刺身

旨いじゃないか


P1060392.jpg

三杯目だったか 4杯目だったか

ビールがすすむじゃないか


P1060393.jpg

焼くための肉も有るが

P1060396.jpg

握りずしの肉も有る

まだ飲むのかと言われても

ウイスキーのハイボールにしようか

梅酒のロックにしようか

迷ったら どちらもだよね

P1060397.jpg

ホルモンは ミノとてっちゃんと センマイ

P1060398.jpg

さっと炙って うまいね

P1060399.jpg

しめは冷麺 ご馳走様でした

満足してしまったから
次も行かなきゃ いけないでしょう

P1060400.jpg

地元の常連さん達が 優しい スナックでした

P1060407.jpg

彦根の朝



P1060408.jpg

ビュッフェスタイルの 無料モーニングが

コロナの影響で 弁当スタイルに変わってました

P1060410.jpg

私が彦根らしいと思う所に 

P1060411.jpg

わざわざあいさつに来て

本当は この横の店で ボートを借りて 
琵琶湖を走りたいねと話をしていたのですが
それはまたそのうちに

P1060412.jpg

竹生島に行くこの船でも良いんだけれどね

でも 今回は 滋賀県は単なる 集合場所
目的地は はるか海の向こうですから

では旅立ちです

大作になりそうな予感が…


スポンサーサイト



湖北菅浦の 須賀神社

湖北 菅浦集落は昭和46年に至るまで陸路がなく、
交通手段は舟にしかなかったため、
「陸の孤島」と言われ
隠れ里の雰囲気が強く感じられるところです。


DSCN5219_20200710074748ebf.jpg

だから集落の道路は 整備されていません

それに向こうに抜ける道もありません

DSCN5220_202007100747492ee.jpg

国選定重要御文化的景観

平成30年2月13日現在,重要文化的景観として61件が選定されています。

何してくれるんだろう

DSCN5221_20200710074750999.jpg

道はあるのだけれど

DSCN5222.jpg


道の真ん中には お地蔵さんの祠が
夜中に入ると怖いぞ




菅浦の地は淳仁天皇が住んでいたと言われています。
奈良時代に勃発した恵美押勝の乱で
廃位になった淳仁天皇は
その後死亡し須賀神社の裏山に御陵塚が残っています。

古くは菅浦の村に入るには監視状態にあり
厳しく管理されていた門が残っていました


DSCN5215_20200708200755f5f.jpg

琵琶湖を望むこんな休憩所もあるのですが


DSCN5217_202007082007573ce.jpg

道をふさぐと言えば

石の鳥居から ずっと続く参道を

走り抜けようとすると 賽銭箱が邪魔をします

じゃあ払えばいいのかと言うと

進入禁止でした 入ると 停めるところもターンするところもありませんでした

そのうえ 部落の人が 総出で芝刈りをして降りて来たところで

八墓村のように叩きに合う所でした……⇐嘘です

DSCN5218.jpg


でも こいつのかけらか 鳥居から 石が落ちてきて
また フロントガラス替えなきゃならなくかも


DSCN5223.jpg

途中右手に資料館が有りました

菅浦文章の有る所

この集落に残されていた文書「菅浦文書」は「国宝」です。

菅浦文書とは、室町時代の村の規則を定めたもの、
隣村の大浦との田地争いの様子がわかる合戦記などが含まれます。

これまで、国宝に指定された文書は、武家や寺社が記したものしかありませんでしたが、今回初めて、庶民が記した文書が指定されました。

DSCN5224.jpg

こうなのですが
ここはコロナ休館でした
けssfひて 裕治伯爵病ではありません

そんな病気を持ち込んだら

8代後まで 祟られそうなところですから

DSCN5226_20200708200804925.jpg

緩やかな登りの参道を歩き

DSCN5227_20200708200806837.jpg

こんな場所が有れば

これは身を清めなければ


DSCN5228_20200717081146082.jpg

マッハゴーで入ってこなくてよかった

この道には入れない

DSCN5230.jpg

でも 石段の手前には

手水舎が有りました

ただ… 
淡水のこんな大きな巻貝は知りませんよ


いいえ そんな話ではなくもっと驚くことが



DSCN5231_2020070820080958f.jpg


土足厳禁

参拝される方は スリッパをご利用ください

DSCN5232_20200708200810024.jpg

こんな 石の標識にも書いてありました

DSCN5233.jpg

建物ならわかるのですが

今から石段 そのうえは砂利の境内です

DSCN5235_202007082008133d1.jpg

どれだけ神聖な場所なんだ

DSCN5237_202007082008157ef.jpg

それとも 

DSCN5238_20200708200816019.jpg

何か隠されているのか…

お参りを済ませて

DSCN5239.jpg

参道も入り口まで降りてきました

あれっ

空気が変わった?

DSCN5240.jpg

西の四足門 神輿堂

村の出入の検察が行われたと伝えられています。

DSCN5241.jpg


お地蔵さんに手を合わせ


DSCN5242.jpg


ここを通らなければ村に入れない

この門が

関所よりきつかったんだろうと

やはりこの地に何があったんでしょうか?

奥琵琶湖パークウェイ

琵琶湖の北に

小さな山が有り 観光道路が有ります

DSCN5197.jpg

そこには つづら尾崎 展望台があります

桜の時期以外は そんなに混まないところです


DSCN5199.jpg

この先を回ったところが


DSCN5207_20200708200417445.jpg

つづら折り展望台

地図で言うとここです


琵琶湖の北には 女性的な桜の名所 海津大崎と

男性的な 葛籠尾崎(つづらおざき)があります

そして知られていないのが


この先の湖底に 日本一深い所にある 水中遺跡が有ります

その資料館は 対岸 
道の駅 湖北水鳥ステーションのすぐ北側にあるのですが

↑クリックするとこの記事の終わりに

DSCN5200.jpg

今日は山の上の方に

DSCN5201.jpg

到着 つづら尾崎展望台です

なお 俗に悩まされる滋賀県は

ここも夜間通行禁止で
朝8時に ココへの道の バリケードが開きます

DSCN5202_20200708200409407.jpg

売店とレストランの建物
この時はコロナの為か それとも 朝一だったからか

バスの来る時間にならないとわかりませんね

DSCN5203.jpg

動物の森は 動物園ではなく

作られた動物ばかりです


DSCN5209.jpg


その真ん中のハートは

DSCN5208.jpg

最近はやりの恋人の聖地です

オッサンには用が無いってか

この日は 朝一でもあり人がほとんどいなかったが

若いカップルが 多かったら

写真に写りこむオッサンに冷たい目を向けられるんだよね


DSCN5204.jpg

この遊園の

DSCN5205_20200708200414ed0.jpg

この場所から見える景色は


DSCN5206_202007082004154cb.jpg


絶景です

この水面下に 遺跡があるのです

DSCN5211_20200708200421cfb.jpg

ふもとの集落はこんな感じ

DSCN5212_20200708200423cb4.jpg

したには 国民宿舎 つづらお荘と

展望風呂 ランタの館がある

良し行ってみようか


DSCN5243_20200708201616dd2.jpg

どうしたんだコロナか?

ホームページは残っていたが

2020/01/16 お知らせ2020年1月16日施設老朽化の為休館とさせて頂きます。

だって

DSCN5244_2020070820161778d.jpg


それで入り口の看板も こうしてあったのか

ならば上の道路標識も 目隠ししておけよ


しかし 展望風呂 日帰りは 15時から17時受付だったんだ
それで入ってたら…

帰る時間が遅くても良いか 近い人しか入れないね





海津大崎

 湖北に来ました

海津大崎 桜の名所です


海津大崎さくらの記事



DSCN5166.jpg

いまは桜の時期でもなく

道はガラガラ

そりゃそうだ まだ 8時前ですから

DSCN5168.jpg

桜並木の道を 走ります

DSCN5170_20200708195913c6c.jpg

海津大崎港は 門が閉まったまま

遊覧船は まだ休航中です

DSCN5171.jpg

向こうに見えるのが竹生島
琵琶湖で一番大きな島ですね

DSCN5172_202007081959162c2.jpg

この辺りは別荘地でもあります

いいですねぇ… 生活に余裕のある人は


DSCN5173.jpg

湖岸に こんな石碑が

八幡神社御旅所


御旅所(おたびしょ)とは、神社の祭礼(神幸祭)において神(一般には神体を乗せた神輿)が巡行の途中で休憩または宿泊する場所、或いは神幸の目的地をさす。

ここから 神輿は 湖に入るのですね

DSCN5174_202007081959197d7.jpg

狛犬と 神輿の乗る台

DSCN5175.jpg

立派な常夜灯も


DSCN5178_20200708195925cca.jpg

この石段を下ると

DSCN5176.jpg

湖に続く道が

DSCN5177.jpg

半島に囲まれた入江です



DSCN5179.jpg

また新しい言葉が
丸子船の郷?

丸子船とは
近世の琵琶湖水運で用いられた、独特の造りの三十石から五百石積みの輸送船です。

DSCN5247_20200715062332986.jpg

後で丸子船の館でみた

DSCN5249_2020071506233382c.jpg

この船の事ですね

DSCN5251_20200715062334a67.jpg

運搬船ですが 大きいですね

DSCN5180_20200708195928449.jpg

それは置いといて

DSCN5182.jpg

まだまだ 降りだしたり

DSCN5190_202007081959313b7.jpg

暗くなったりもするのですが

DSCN5191.jpg

それでも

DSCN5195.jpg

少し高い所に上がってみましょうか

DSCN5196.jpg


高い所に上がっていきました

↑の様子は 明日の記事で



旅立ちは雨

梅雨時に コロナは解除

余り気にしない一人旅です


DSCN5140.jpg

相も変わらず 未明から旅立ち

雨だから マッハGOです

DSCN5142_20200708195220877.jpg

亀岡から 京都を抜けて

裕治伯爵病 祈願で使った ラーメン横綱は 閉まっている時間でした


DSCN5143_20200708195222b04.jpg

五條大橋を渡り


DSCN5146_202007081952235f8.jpg

京都東から 湖西バイパスを走ります
自動車専用道路だけれど
なっちゃんでどこまで行けるか、確認しときたかったから

かなり走れることがわかりました

原付 小型特殊はダメでも
小型自動二輪派は走れます


DSCN5148_20200708195225b37.jpg

今回はマッハGOです


DSCN5150_20200708195226c7a.jpg

遠慮なしに

無料バイパス終点まで行きましょう


DSCN5155_202007081952293bd.jpg


琵琶湖西岸の チェック点

白髭神社です

ただ この鳥居が撮りたくて

横断歩道の無い 車の通りの多い道を
無理に渡る人が問題になってます


DSCN5156.jpg

道の駅 藤樹の郷 あどかわで小休止

道の空きは開いてないけれど

ここには 24時間営業の ローソンがあるから

コーヒーブレイクです


DSCN5157.jpg


でも ここでも 琵琶湖大橋と 湖北の端とのまだ半分か

DSCN5158_2020070819523407b.jpg


ローソンで売っているから
朽木牧場ソフトクリームが 24時間食べる事が出来ますが

DSCN5159.jpg

なんと 360円
おやつとソフトクリームは 300円まで
私の気持ちですあkら

食べることはできなかった


DSCN5162.jpg

すき家の看板も見えるのですが

私が旅に出た時には

緊急避難以外は チェン店の牛丼と 
ハンバーガーチェーン店は禁止ですから…


まだ 7時半
もう少し湖北の旅してみようかな

鯖街道へ

琵琶湖の湖畔を 走っていたのですが

バイクと 自転車が多すぎる

特に湖北のトンネルでは
自転車のか影を見落としそうで…

高島から 西へ 
若桜街道から 鯖街道を走る事に




鯖街道なら 高低差が強く 
自転車部隊の使いにくい所

エンジンの力が生きる道ですから

DSCN5088.jpg


若桜街道の 番所跡は 熊川宿
鯖街道の陣屋跡は朽木です

DSCN5087.jpg

この神社の裏手なのですが

DSCN5086_20200708075455531.jpg

関ヶ原の戦い以後、徳川幕府の譜代大名格の待遇を受けた朽木氏が領地内に設けた館舎で、当時は9万3000平方メートルの敷地に本丸・二の丸・三の丸をはじめ、御殿・侍所・剣術道場・馬場・倉庫など戦陣拠点としての諸施設が建っていたといわれています。
 残念ながら、明治維新とともにすべての建物が取り壊され、現在は、堀・土居・石垣の一部と2ヵ所の井戸がわずかに残っているだけです。しかし、近年になって、植物・樹木が植えられ、わら葺きの民家が移築されて史跡公園となっています。また、公園内には、郷土資料館もあります。
資料館の見学は、予約が必要です。


ということで 入り口から 公園にも入れませんでした

DSCN5089_20200708075459e0c.jpg

この川をのぼったところ

DSCN5091_2020070807550292c.jpg

道の駅 くつき新本陣

くちきと読まれるので わざわざひらがなにしてあります


DSCN5090_20200708075501687.jpg

こちらは バイキングレストランと 温泉のあるところ


DSCN5092.jpg

この道には 鯖寿司の店は いくつもあるのですが
値段がバラバラです

DSCN5093.jpg

開いているんだけどなぁ

DSCN5094.jpg

ここも開いている
裕治伯爵病は消えたのか…

DSCN5095.jpg

しかし 値段がこういう感じですから…
それなら


DSCN5096.jpg

大津市に入った直ぐ

和美庵

時々訪ねる 手打ちそばの店

寄って行こう

DSCN5097.jpg

そう思うと 裕治伯爵病なんだよなぁ

コロナよりたちが悪いぞ…

DSCN5099.jpg

鯖街道は 大津市の山の裏手を通り抜けて


DSCN5101.jpg

京都大原の郷に抜けます

DSCN5102.jpg


京都大原 三千院や寂光院のあるところですが

寺巡りより 何か食べたくなってきました


そうだあそこに行こう

裕治伯爵病の 完治を目指して
あるところに向かいましょう
明日の記事で




琵琶湖の湖北から西岸へ

琵琶湖の湖北 長浜から 木ノ本 浅井 と走っていきます



DSCN5068_20200708074951896.jpg

湖北野鳥センターの看板が

 湖北町水鳥公園内にあり、
展望窓からフィールドスコープや双眼鏡を使って
珍しいコハクチョウやオオヒシクイなど琵琶湖の水鳥の観察ができます。

また、パネル、標本や水槽の中に飼育されたびわ湖の魚や水草を使って、
公園一帯の自然について説明されているので、目で見て自然を学ぶことができ、大人から子供まで楽しめます。

大人(高校生以上):200円(20名以上の団体は150円)中学生以下:無料
※水鳥・湿地センターと共通

DSCN5070_20200708074952553.jpg

大音 賤ケ岳の合戦の有ったところまで リフトのある町
ここで作られた絹糸が お琴の糸にもなり 大音の座繰りと有名な所
その近くの余呉湖に 水上勉が 湖の琴でラストシーンを 求めた所


DSCN5071_202007080749539e6.jpg

それから西岸に マキノを越えたら

琵琶湖でボートを借りた時に 来たところ

DSCN5072.jpg

壁塗り替えた?
きれいになりましたね

DSCN5073_20200708074956613.jpg

このホテル


DSCN5074_20200708074958d3c.jpg

グランドパークホテル

今回も一人ならパス

DSCN5076.jpg

知内浜オートキャンプ場

しかし西岸は スクーター一人旅では寄るところが無い


DSCN5077.jpg

仕方が無いから

DSCN5079_20200708075002a12.jpg

神社に

そんなこと言っている奴には
車止めが邪魔をします

下馬 ですね

DSCN5080.jpg

帰りの安全を祈って
お参りして帰ろう

DSCN5081.jpg

淡水湖だから
岸辺まで 草ぼうぼう

DSCN5082_2020070807500721c.jpg

これからのレジャーシーズンを迎えるから
村人総出で 草刈りしていました




湖北 長浜と 水鳥の郷

海の無い県で 道の駅のおすすめランチ

鯖味噌と アジフライで 1050円で 腹を膨らせて

後味悪く 湖岸道に出ました

と 数百メートルで 長浜市

洋食屋や ラーメン屋が 並んでました ナンデヤネン!

前回の親子丼と長浜の記事
あの時はよかった…

DSCN5045.jpg

長浜城と

DSCN5047.jpg

長浜の街並み

前回の記事

DSCN5048.jpg

商店街の先には

DSCN5049.jpg

大通寺 

DSCN5052_2020062907542491c.jpg

境内と

DSCN5054_20200629075426289.jpg

再び町へ  

空腹に耐えかねて

道の駅の おすすめランチ  後悔がまだ続いていた…

おとこらしくないぞ壁ぎわ

これも 裕治伯爵病が悪いんだ

また来ればいいじゃないか…


DSCN5055_202006290754273a6.jpg

再び 琵琶湖湖畔を走り
のんびりと見ています

そうか!

見慣れない風景がわかりますか?


向こうが竹生島

手前は小島に木が密集


DSCN5057.jpg

満潮で 木の幹まで水が来たのではありません

天で少しは増える事は有っても 湖ですから

DSCN5058_20200629075430e9f.jpg

そう淡水湖ですから こんな景色があるのです

海水なら マングローブぐらいしかこんな生え方は出来ませんが

湖ですから 水際まで緑がいっぱいなのです

DSCN5059.jpg

道の駅 湖北水鳥ステーション


DSCN5060_20200629075433b37.jpg

嫌な思いしたのに また道の駅に寄るの?

DSCN5061.jpg


浅井(あざい)三姉妹が待ってますから…


DSCN5063.jpg

これは苦手です 鮒ずし

骨まで食べるんだよね
私がどうしてもと言われたら
お茶漬けで流し込んでますが…

DSCN5064_202006290754393cf.jpg

これは好き

佃煮や 飴煮

DSCN5065_20200629075441f9b.jpg

焼き鯖そうめん

これだけでも さっきのおすすめランチより良いよ

………

………

DSCN5062_20200629075436014.jpg

フードコーナーには

私の好きな小鮎の天ブラが

琵琶湖の小鮎を食べて大きくなる琵琶鱒

そして うなぎのじゅんじゅん

DSCN5066.jpg


何で ここまで我慢できなかったんだ

そうです わるいのは すべて 裕治伯爵病

誰か裕治伯爵病の特効薬を 発明してください

でなければ 病気の元のを 

抹殺するしか無いですかね……





道の駅 近江母の郷

あきらめて米原を出て 長浜方面へ

長浜は 商店の多い街ですから

それにシティホテルもある レストランもあり そこでもいいから…


DSCN5026_20200629074317e44.jpg



米原のはずれに 観光マップが有った

左の青いのが琵琶湖 右の 青いのは琵琶湖の内湖

琵琶湖に流れ込む川の下手に 結構あるのです

埋め立てて干拓しているところも多いのですが

そして


道の駅が あった


DSCN5025.jpg

道の駅 近江母の郷です

↑クリックするとホームページ


DSCN5024_20200629074314546.jpg


近江町は 古代から現代まで 
優れた女性を輩出し…… なんたらかんたら

少し 危ない気はしたのですが…

空腹に耐えかねて 訪れた 道の駅ですから

DSCN5028_2020062907432078f.jpg

そして この看板に騙された

暮らしの工芸館の下

お食事処 母の郷

DSCN5029.jpg

建物の入り口を入ると
工芸館の作品でしょうか

それとも 後で気が付いたのですが
心に余裕をもって 
怒るにあらずと説いているようでした

DSCN5030.jpg

でもその時は

光明を見た思い

朝4時から走り始めて もう12時半ですから

DSCN5032_20200629074325077.jpg

田舎のかっぽう着を着た
60代の 店員さんが一番若いみたい

母の郷か 婆の郷か?
でも 兵庫県の春日にある 
おばあちゃんの里の モーニングは好きですが…


ろくに見もせず  それじゃあ おすすめランチを

1050円ならいいか…

頼んでから ゆっくりとメニューを見ると


DSCN5035.jpg

おすすめランチ お味噌汁、煮物 他 付き??

この意味が解らん 
メインを言わずに 味噌汁と煮物と もう一品は 付属なの?


DSCN5034.jpg


このおすすめをよく見て 驚いた

アジフライと 鯖味噌煮

漁師町ならうれしくても
海の無い県滋賀県だぞ

いくら琵琶湖が有っても 鯵も鯖も 居ないんだぞ

量が出るから 当然冷凍もんかよ
しかも それで 1050円かよ!



DSCN5033.jpg

そばセット 唐揚げ ご飯付き 1050円



DSCN5036_20200629074331b5e.jpg

うどんも 蕎麦も 単品で 600円

これはもう高級店の 値段じゃないか


DSCN5037.jpg

きました

腹ペコの 壁ぎわの前に置かれても

いつものような 幸せ感が無いのはなぜ?

DSCN5038_20200629074334344.jpg

鯖味噌
食べやすいように 尻尾の部分

DSCN5039_2020062907433530f.jpg

あげたてのアジフライと
コロッケでした

手作りのタルタルソースをかけ………

婆の郷ですから そんなソースある訳ない

DSCN5040_202006290743379ea.jpg

ひじきの煮物 ひじきも海のものですね
まさか 袋入りでもいいけれど
中●産ではないだろうね

DSCN5041_2020062907433805f.jpg

味噌の薄いみそ汁は
根菜だけたっぷりでした

ご飯だけ 掻き込んで


注文したから 食べなくては

これなら カレーにしとけばよかった…

とにかく腹に物を入れた喜びだけ 受けて

DSCN5042.jpg

癒してくれたのはこの花だけでした

それともう一つ

DSCN5044_20200629074931675.jpg

この日焼け止めでしたね


このあと 200mほど走ったら 長浜市に突入

洋食屋さんとか ラーメン屋さんが並び

ちゃんと 店が開いていたのが悔しかった……


これも 裕治伯爵病なんですね


米原市が 嫌いになった壁ぎわでした



米原の悲劇 裕治伯爵病の大発作か!?

それは すでに彦根から始まっていた

途中朝食を食べるところがあれば立ち寄っていたけれど

そろそろ限界です でも 彦根まで来たから

行ってみたいところがあったのです


もうすぐ昼なので近江牛でもよかったのですが

一度覗いて見たくて空腹でも、我慢をしていたのですが


DSCN5008_2020062907225223d.jpg

それが隠れた名店

安い、早い、、量が多い 数少ない貧乏人の味方です

入浴も 宿泊だってできます
外食チェーンじゃないですよ

DSCN5009_20200629072254a2a.jpg

ここはトラック ステーションなのです

DSCN5013_202006290722565d2.jpg

トラック協会の 会員の運転手は安いのですが

空きが有れば一般人も使えます

昼も食堂が有り

うどんや 安い弁当などを食べることもできるのです

…… が


DSCN5014_202006290722589b8.jpg

こんなの知らなかった  トラックは年中無休だろう…

これは やっぱり裕治伯爵病の発症ですね

DSCN5015.jpg

あきらめて 米原の街へ

常宿 東横インがある

滋賀県で唯一の 新幹線の停車駅です


そのわりに……

国道から 駅まで何もない はらっぱ⇐ 死後になっている?

ちょっと心配ですが 玄関口は 反対側ですから


DSCN5016_20200629072301fde.jpg


回り込んで 駅前ロータリー

駅舎と 東横イン以外何もない

DSCN5017.jpg

そんな事は有りません

駐車場はたっぷりと

DSCN5018.jpg

民家と 何かわからないビル

DSCN5019_20200629072305dfa.jpg

お店らしいのは……  駅弁やのビル?

DSCN5020_20200629072307914.jpg

もう昼過ぎですから

ようやくありました

田舎なのに ちょっとモダンな……

でも閉まってました


DSCN5021.jpg

こちらの喫茶店も お休み


DSCN5022.jpg

大津でも会った和風レストランの名前と同じ 三松

でも下を見て無かった

DSCN5023.jpg


あ~

裕治伯爵病の 大発作です

こうしてやせ細っていくのでしょうか……


つづく


プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR