中国地方の旅 最終話


青山剛昌ふるさと館でタイムアップ

カード集めも 17時ぐらいで閉るところばかりだから




DSCN6241.jpg


9号線バイパス

信号がないので 合流するのが大変でした


DSCN6242.jpg


海岸線 砂丘の土手の上の道

そんな感じだからトラックが早い



DSCN6243.jpg



晩飯 食って帰ろう

立ち寄ったのが 道の駅ハワイ

DSCN6244.jpg


はわいだから キャラもこんな感じで



DSCN6252.jpg


ちなみに場所はここ

鳥取市より西です


DSCN6245.jpg


ぎりぎりに飛びこんだので 客は無し

まだいいですかと言うと いいですよと


DSCN6246.jpg


券売機で食券を

海鮮ヒラメうまか丼


DSCN6247.jpg


こんな感じでした


DSCN6249.jpg



たれをかけて こんな感じで

DSCN6250.jpg


角度を変えて もう一枚


DSCN6251.jpg


こんな裏の景色を見ながらひとり寂しく

スマホで スタンプラリーのページを見ていたのが悪かった


何が悪かったかと言うと

まだ行けるところがあった

営業時間 23時7分まで よし行ってみようか


若桜鉄道 若桜駅



DSCN6254.jpg


このままかえれば 3時間ぐらいで帰れたのに

もう一枚とカードを欲張ったから

後で気が付いた 氷ノ山のすぐ横だった





DSCN6257.jpg


二時間ぐらいかかって到着

田舎のくねくね道 街灯のほとんどない所もあり 大変でした


DSCN6258.jpg


駅舎の人形に送られて

ナビ通りに帰るのだが

ナビは遠回りを示さない

山を突っ切る道を、ほかの車とすれ違うこともなく走りました

鳥取から帰り 6時間近くかかってしまいました


DSCN6530.jpg


へとへとで集めた二日分

これが一日目


DSCN6531.jpg



これが二日目の カード


来年の年明けまで

後は 行く機会があるときだけ集めてみようかな










スポンサーサイト

コナン君にも会いに  中国地方の旅⑧

金持神社をあとに 次に向かいます

雨の中、高速を使いましょう



DSCN6219.jpg


次の目的地には 蒜山インターで降りるのですが

蒜山サービスエリアにもカードがある

このサービスエリアが インターの手前にあれば良かったのに


DSCN6220.jpg


でもここまで来たのだから

一つ乗り越してしまえ

蒜山高原サービスエリアです


DSCN6221.jpg


カードはどこだ どこだ

えっ! 品切れ??

ガ~ン!!


でも申し込めば送ってくれるって よかった

DSCN6222.jpg


せっかくだから 土産香って


DSCN6223.jpg


次の目的地です


DSCN6225.jpg


この河原の景色は


DSCN6226.jpg


三朝温泉でした


DSCN6227.jpg


ここで カードもらったものの

温泉に入ろうと思っても 駐車場が開いてない

あきらめて次じゃ~





DSCN6230.jpg


青山剛昌ふるさと館

鳥取県東伯郡北栄町由良宿1414にある 

道の駅北栄の後ろにあります


DSCN6231.jpg


700円払って入りました

大人一人です 

おじさん一人では入りにくかったですね


DSCN6232.jpg





DSCN6233.jpg





DSCN6234.jpg




DSCN6235.jpg



DSCN6236.jpg



こんな感じでした



DSCN6237.jpg



道の駅にも顔を出し

DSCN6238.jpg





DSCN6239.jpg



そろそろ帰路につきましょうか


最終話に続きます





広瀬絣センター から 金持神社まで  中国地方の旅⑦

旧大社駅から 出雲大社辺りで考えた

ここからだと カードのあるのは 石見銀山

そちらに足を延ばすと 大変だ

少しでも家に近い方向に走りますか


DSCN6196.jpg


高速を走りました

道は空いているのですが 信号につかまってばかりで

宍道湖のパーキングエリアです  ここの蕎麦屋混んでました


DSCN6198.jpg

島根県の東の端 カードのおいてあるところは

広瀬絣センターです

江戸時代後期に始まった正藍・手織の広瀬絣は、明治時代に地域を代表する産業として発展し、島根県無形文化財に指定されています。


DSCN6199.jpg

カードは こちらの建物ですね

絣や民具などは売られていました



DSCN6201.jpg


安来市から東に 県境を越えて走ります

なんだこの景色はと思えるところも


DSCN6203.jpg


さらに走ると

お腹が減ってきました

大社で食べたそばは 朝食だったんだ


DSCN6204.jpg


と言うことで飛び込んだこの店


DSCN6205.jpg


カツ丼を

おうどんの付いたセットも有りますが

いいえ単品でと


DSCN6206.jpg


卵と汁がたっぷり


DSCN6207.jpg

みそ汁がすごい

豆腐に麩に揚げに菜っぱ 底には子芋が沈んでました


では行くぞ



DSCN6208.jpg


鳥取県の西の端の山手

日野町にあるこの神社

ここがカードラリーのポイントです


DSCN6209.jpg


金持と書いて「かもち」と読む、
全国にひとつしかない縁起のよい名前を持ち、
金運祈願のパワースポットとして注目を集めています。


DSCN6210.jpg


国道沿いの駐車場に車を停めて

この橋を渡って歩いていきます


DSCN6211.jpg


鳥居があり


DSCN6212.jpg


燦然と輝く 金持の文字


DSCN6213.jpg


この竜の水で清めたら


DSCN6214.jpg


最後の難関が

でもあやかりたいならこのぐらいは


DSCN6215.jpg


霊験あらたかな 神社にお参りしたぞ

そう気分を良くしていると

中で祈祷してもらっている人が居るじゃないですか


やっぱり貧乏人はここまでなんだなぁ…


DSCN6216.jpg


由緒と 竜の絵があるらしい


DSCN6217.jpg


みえないかなぁ…

DSCN6218.jpg


一段下の 社務所では お札を求める人がいました


このせいかどうかは知りませんが


最近 時々馬券が当たり出しました
でも 買っているのは 100円券だけですけれどね




もし行かれる方が有れば

金持(かもち)神社

住所/鳥取県日野郡日野町金持
TEL/0859-72-0481(札所〈売店〉)
営業時間/参拝自由、10:00~16:00(札所〈売店〉)
休日/無休
料金(大人)/無料
駐車場/あり(約50台)、無料




鳥取 砂の美術館

鳥取砂丘に砂の美術館があります

砂と水だけで像を作っているのですが
その大きさには驚かされる所です

冬場のこの時期 3Dマッピングが催されているというので立ち寄りました。

201412 143

こんな感じの砂の像
これは屋外にあるものですが

201412 144

この内部入場料は3Dマッピングをしているので1000円に上がり

屋内は3階建ての体育館のような建物になってました

201412 145
201412 147

3階から見た内部の様子

私が入った時にはまだ空いていて 3階で見た人が後の入場者よりも先に2階の展示室へ入れてもらえたのを見て、3階に上がったのです。
私の時間には3階からに2階に入るには、一度外に出て列の後ろで再入場してくださいと…。


201412 149

3Dマッピング 45秒前

ここで嫌な予感が
手前のマンモス像が邪魔で見にくい?

201412 151

下半分が 真ん中しか見えないぞ

文字が読めないぞ……

201412 152
201412 153

なんとなく 解説の放送で オーロラのなんとかを 何とかするのがメインの話で
結局わかりませんでした

3Dマッピング見るなら ン階席の前にいることをお勧めします

警備員に聞いて3階の正面に居たのですが
大ウソつきでしたね

3Dマッピングが終わり 階段を下りて2階展示室に行こうとすると
表に出され

再入場してようやく撮影タイムです


でも 3Dマッピングが始まると出られなくなるから急いで回らなくては

201412 155

201412 156

201412 157

こいつのせいで3Dマッピングが見えなかった マンモス像

201412 158

201412 161


201412 162


201412 163


201412 171


201412 172


201412 173


201412 174


201412 176

こういう表示いるんですね やっぱり

201412 177


そして 憎きマンモス像で 一回り

ちょっと疲れた 砂の美術館でした

鳥取砂丘

鳥取に来たらやっぱりここに来なくては

鳥取砂丘 日本で一番大きな観光砂漠です
砂丘で一番大きいのは青森にあってここの4倍
自衛隊の演習場ですから入れませんけれどね


と言うことで 鳥取砂丘です

201412 132

前日の雨で 雪が解けてよかった

木曜日ここの観光の様子がテレビででていたのですが
一面の雪で 砂丘が見えなかったもんなぁ…

201412 133

さすがに寒くて人は少ない

そのうえ 疲れからか 砂場に水たまりが見える

あれがオアシスというものか?

きっと近くまで行くと消えてしまうんだろうなぁ…と そんなことを話しつつ

201412 134

はるか右手の海を見て満足していたら

201412 135

あの砂山のぼるでと…

201412 136

ゆっくり歩いていると

砂漠に一人取り残されているよう

でも寒くてよかった

201412 137

足跡と海と砂



201412 138

ようやく登ったら 寒いから帰ろうと

後ろから転がって行って倒してやろうか……

などと 狂気が芽生えかけたのですが

201412 140

海岸線まで降りて 写真を撮ってるつわものも

この小山 海岸線から上るのは大変だよ


いろいろ 自然に驚かされることも多かったけれど

この日一番インパクトを受けたのはやっぱりこれ


なんと行っても

これは 珍百景に乗せてもいいと笑い転げた作品です

201412 131


どんなうどんか食べてみたかったが

近くに店自他が 見当たらなかったもんなぁ…

鳥取の旅は続きます

プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR