裕治伯爵と行く九州の旅 最終話

裕治伯爵と長崎バスセンターで別れ

帰路につきました



DSCN9477.jpg

バスは高速道路で 大村湾にある 長崎空港に向かいます

しかし………

バスセンターに、

長崎空港に行かれる方は 

搭乗二時間前のバスをご利用ください。


そう書いてあった

40分ほどで着くのに

田舎の人は搭乗手続きに 戸惑うんだろうなぁ……

と気にも留めてなかったのだが


DSCN9478.jpg

大村湾ともお別れ


DSCN9480.jpg


長崎空港に着き

龍の絵にも送られて


DSCN9481.jpg

階段を上ると  人、人、人だった


カメラをしまい 行列の最後を探していた

保安検査の列 入口は3か所だけ




エメラルド会員と 何かの会員の方と 

放送しながら 人探しをしている

その人は優先的に入れるようだ


DSCN9482.jpg


待つこと20分

ようやく保安検査場の様子が見えるところに来た


東京行きが二便と 大阪伊丹行 

それに鹿児島行と………

 一番混む時間の様だ


DSCN9483.jpg

私が搭乗口にたどり着いたのが 搭乗時間の5分前

保安検査の列に 50分並んだ計算だ

ほっとしたら 放送が 

伊丹行 長崎到着の時間が遅れていて

出発が10分遅れますと


ようやくほっとして のどの渇きを潤してます

これで遅れても チケット代帰ってこなくて

新たに チケット買わなきゃならない所でした


DSCN9484.jpg


空港に着いてから

座席表見ながら 唯一開いて居た窓ぎわ

翼の上の席貰ったんだけれど

前の座席二人席 乗り込んでこなかったもんなぁ…


DSCN9487.jpg

これ書き直すか注釈入れとけよ

田舎の空港では混雑時
保安検査場待ちで 一時間かかることも有ると


特に人相の悪い人が多い時には……  

これは要らんか



そう言えば私も

ゲート通過する時に 一回鳴ったもんなぁ

ポケットの小銭 出したら通れたんですから

これだけでも後ろの人に迷惑かけたかなあ…


DSCN9488.jpg

伊丹空港に着きました


って こんなところ見たことないぞ


混みあいまして 専用のバスで到着ゲートに向かいますと


ピーチじゃないぞ  JALグループだぞ


DSCN9490.jpg

こちらのバスにお乗りください

間もなく出ますよ


DSCN9491.jpg


私はバスから撮っているが

珍しいと バスに乗らずにカメラを持つ人に

係員がやきもきしていました



DSCN9492.jpg

発車します


DSCN9493.jpg

飛行機好きにはたまらない

夜の空港周遊バス  そんなの無いって


DSCN9500.jpg

出来たらもう少しゆっくり走ってよ

暗いんだから……


DSCN9502.jpg


建物の前で

ここからは歩けと



DSCN9503.jpg


結局 30分ほど遅くなりましたが

空港の前のバス停で 

ちょうど宝塚行きのバスが出る寸前でした


大作になった 裕治伯爵と行く九州の旅(長崎、佐賀編)

これにて終了です


ここで一言

気をつけよう 

田舎の空港 保安検査の待ち時間





スポンサーサイト

長崎の別れ  裕治伯爵と行く九州の旅⑰

九州 長崎と佐賀の旅は終わりに近づいてきました

1泊二日で借りたレンタカーを返しに長崎まで戻ります


DSCN9454.jpg


この軍港の街から 大村湾の東岸を北から南へ約100キロ 



DSCN9456.jpg


高速代が 平日2,730円 休日ETC割引でも 1,950円 の距離です




DSCN9460.jpg


長崎に到着 車を返したら長崎駅まで送ってもらいました


駅前の歩道橋です


少し時間があるので


長崎駅前の観光しましょうか


DSCN9461.jpg


駅前のバスセンターです


DSCN9462.jpg


長崎らしい 張り子に


DSCN9463.jpg


坂の街の教会のポスター


DSCN9464.jpg


土産を買うと荷物になるから


DSCN9465.jpg


食べるものは一昨日食ったなぁ


DSCN9466.jpg


これは見るだけの物

値段なんで聞く気にもならない



何故 長崎新地に宿をとったか

そのあたりも併せて 裕治伯爵に駅前散策を


DSCN9467.jpg


住宅地で何もない所だけれど

観光地としてなら


長崎駅前に近い

もっとも長崎らしいと私が思うところ


蔵屋敷後 土塀の向こうには


DSCN9468.jpg


真っ白な洋館が


DSCN9471.jpg


しかも教会なんですね


では 最後の打ち上げ

でも開いてる店がない


30分ほどだけだけれど


今回の旅有難う 裕治伯爵


DSCN9476.jpg


この店で


DSCN9473.jpg


面白い歯ごたえの 海藻


DSCN9474.jpg


珍味盛り合わせ


DSCN9475.jpg


鯨のカツ

長崎 この洋館と教会の多い街でも

くじらはずっと食べられていたのですよ



そしてここでお別れして

帰路につきます。


裕治伯爵との 珍道中でした



そして ………

次回 ドッキリが空港で待っていました

それは 九州の旅 最終話で








続きを読む

ついに活けイカじゃ~ パレア  裕治伯爵と行く九州の旅⑮

原発を見に行ったため 職務質問されることもなく

目的地に向かいましょう



DSCN9384.jpg

海を見ながら 海岸線を走ります


DSCN9390.jpg

今度は海上保安庁の巡視船が

やっぱり おかしなおっさん二人を チェックしているんでしょうか


DSCN9389.jpg

ジャスト12時

玄海海上温泉パレア到着です


DSCN9391.jpg

予約していた壁ぎわです

まずお食事からですね
お食事処 紀水の方へどうぞ


DSCN9393.jpg

昨日 悪天候のため 活イカが無くなりましたと電話を受けていたんです

生簀のも使い果たしていたんでしょうね

ところが 今日入りましたと


DSCN9395.jpg

メニューを見ると

高くない  手ごろな値段ですね


DSCN9396.jpg

そして目的はこれ

活いかの 生け作りです

DSCN9397.jpg

これも良いなぁ…


DSCN9399.jpg

ご飯だけ これに代えてもらうのも良いなぁ…

イカ丼 500円って安いやん



DSCN9401.jpg

イカ生け作り御膳です と やってきました


DSCN9402.jpg

いかしゅうまい


DSCN9403.jpg

鮭サラダ


DSCN9404.jpg

おから


DSCN9405.jpg

茶碗蒸し


早くメインが来ないと

お腹一杯になっちゃうよ…  この二人に限っては嘘です


DSCN9407.jpg

このみそ汁のシジミが大きくて

昔 琵琶湖の南で採れた 瀬田シジミを思い出します



DSCN9409.jpg

メイン登場

すこし 小さめなので お二人で3杯どうぞと


DSCN9410.jpg

このイカ 目玉が こちらをにらんでいるようです


DSCN9411.jpg


さすが活イカだけあって

透明で 身がパキパキ

噛んでいるうちに甘味が出てくる


DSCN9414.jpg

取り合いしていると

おっ!  今足が動いた


DSCN9419.jpg

げそは天ぷらに

コリャたまらん


DSCN9417.jpg

やっぱり呑まなければなりませんでした


でも

中瓶        500ml  税込み 562円
ノンアルコール  334ml  税込み 432円

1ml 換算にすると キリンフリーの方が高いんですよ

これはなんかの 陰謀が隠れている


DSCN9422.jpg

まあ そんなことは

水に いいや お湯に流しましょう


でもここ安いね


DSCN9421.jpg


間違えたふりして 右に入りたかった


DSCN9420.jpg


そして 海のみえる露天風呂

気持ちの良い温泉でした









佐賀でも牡蠣 裕治伯爵と行く九州の旅⑭

唐津から海沿いに走ります

山越えの近道もあるのですが 

海を見ながら走りましょう


DSCN9345.jpg


海を見ながらのはずなのに

陸を見てしまいます

そのあたりのアンテナだけは すごいですから


DSCN9346.jpg


車から降りて


DSCN9347.jpg


結局こうなってます


DSCN9348.jpg


裕治伯爵からのプレゼント

今日もドライバーやってくれました


DSCN9349.jpg


しかしこの数日 漁に出られないほどの海の荒れ

牡蠣もだいぶ泥をかんでますね


でも牡蠣食べてよかった

旨かっただけでなく

DSCN9350.jpg


食べてなかったら 

このメニューに引き寄せられていたかも


所変わればのメニュー好きなんです


DSCN9351.jpg


こんな店も 豚丼 味噌カツ  

一番右にはいか丼の文字も


ただ この数日の 天候の荒れで 

活イカがなくなりましたと 予約した店から電話が入っていたのです

イカ丼も無理だろうなぁ…

DSCN9352.jpg

なんだこれは

警察署?

いいえ 呼子幹部派出所

なんだそれは…


DSCN9360.jpg


ここも 活イカのおすすめ…

こちらで 生簀から上げたいか食べるの
定食で3000円以下です

大阪や東京では イカだけで3000円超すのですけれどね



DSCN9361.jpg

呼子を越えて なごやへ

なごやと言っても 名護屋です


DSCN9363.jpg


名護屋で有名な店

味噌煮込みうどんはありませんが

DSCN9367.jpg

城跡もあるし

博物館もあるよ

でも金のしゃちほこは無いよ ……しつこいって


でも 予約した昼飯の時間があるのでパス


DSCN9369.jpg


このあたり 陣跡がいろいろと書いてあるが

これが地図に載るほどの物なの

戦国大名が多かったところはそこらは全部陣跡だよ


DSCN9378.jpg


昼飯の時間が迫っているというのに

此処だけは外せないと裕治伯爵に頼み込まれて


DSCN9381.jpg



立ち寄ったのが 玄海原発

ここの写真は撮っておきたいんだと


何処に売りに行くんや

売れる写真が撮れるほど中に入れたら 良いのにと…


それにここはエネルギーパーク

電力会社の 宣伝用施設です




DSCN9380.jpg


原発はこちら

こっちを向いて写真を撮ると

警備員が急に視線を強くしていました


人相の悪い二人組

ひょっとしたらビデオに残されているかも


レンタカーのナンバーから 借主の私の住所まで…… 

公安に登録されてたりして


ひゃ~~







唐津にて 裕治伯爵と行く九州の⑬

佐賀の夜を楽しみ

朝は気持ちの良い温泉に入って 満足

これが佐賀の旅でしたって……


いえいえ これからが 佐賀の旅本編です


DSCN9312.jpg


武雄温泉から大和まで戻り そこから北上です

こちら伊万里焼の里 の看板を見ながら 少し右に


DSCN9313.jpg


こんなところに来るとややこしい

左は伊万里から佐世保 長崎県に

右は 唐津焼の唐津から福岡に

とりあえず唐津に向かいましょう


DSCN9315.jpg

と言うことで 唐津の駅にやってきました

大きな駅の駅前が
観光の穴場を探すのに都合がいいですから

しかし ここ 
電化されていて 電車が走っているのです 

九州の片田舎なのに  すごい



DSCN9316.jpg


でも このマスコットキャラ 唐ワンくん これはすごくない


DSCN9317.jpg

すごいと言うなら こちら

孔子の里だって


調べると


 多久聖廟は、宝永5年(1708)多久茂文が孔子像を安置し、

領民に「敬」の心を培わせるために建てた孔子廟です。

現存する聖廟としては足利学校(栃木県)、閑谷学校(岡山県)に次ぐ古い建物です。


って このおっさん達には似合わないからパス



DSCN9318.jpg

それよりこの運賃表見ているほうが面白い

県庁所在地の昨日泊まった佐賀市の佐賀駅まで 1110円

佐賀の大きな都市 鳥栖、 その南なのに 福岡県の 久留米まで 1770円

しかも博多を経由したほうが早いんだと その博多まで1140円

佐賀と変わらないんだ…





DSCN9319.jpg

では市街地探索

川かなと思ったら 再建された城の堀でした


肥前国唐津城は、慶長七年(1602)から同十三年(1608)にかけて築かれたもので、海に面した平山城として全国的にも著名です。
 城は天守のある本丸、藩主の住居などのある二ノ丸(東城内)、武士たちが住んでいた三ノ丸(北、西、南城内・大名小路)、商人の町、外曲輪(内町一帯)などから成り立っています。
 通称肥後堀と呼ばれている堀は、三ノ丸と外曲輪の間に掘られたもので、市役所南の石垣に沿って長さ約300m、幅20mから25mの規模がありました。
 市では、市民の誇りである唐津城跡を保存整備し、町づくりに生かすため、この堀の一部を復元しました。


と説明はあるけれど  肥前唐津城なのに なんで肥後堀なんや??

肥後は熊本やろ

DSCN9320.jpg


もう一つ いい感じで櫓があるなと感心していたが

後で調べると 復元されたものだが 古地図では 

ここには櫓は無かったと

ええ加減にせえよ!!


DSCN9322.jpg


城のすぐ横にある 唐津神社

例祭は 唐津くんちとしてにぎわう神社です


DSCN9324.jpg


その曳山を入れてあるところ


DSCN9325.jpg


こっちもかな


DSCN9329.jpg


そして唐津城天守閣

ただ…

唐津城は慶長13(1608)年の築城。初代唐津藩藩主・寺沢志摩守広高(てらさわしまのかみひろたか)が、慶長7(1602)年から7年の歳月をかけて築城しました。明治4(1871)年、廃藩置県によって廃城となり、その本丸跡は舞鶴公園となりました

現在の姿は昭和41(1966)年に文化観光施設として現在の地に完成したもので、5層の見事な天守閣が堂々とそびえています。
この天守閣(てんしゅかく)を鶴の頭に見立て、左右に広がる松原が、鶴が翼を広げた形に似ていることから、唐津城は別名舞鶴城(まいづるじょう)ともいわれています。

※唐津城天守閣は展示改修工事のため、休館中です。(舞鶴公園は、散策できます。)
 休館期間 平成28年10月2日(日)~平成29年夏頃まで


DSCN9332.jpg


私より若い 観光用の城に見えてきた


DSCN9333.jpg


港には漁船が


DSCN9334.jpg


反対側には城が


DSCN9335.jpg


こんなボートも係留してありました




DSCN9342.jpg


テレビドラマの撮影にはいいかな


DSCN9343.jpg


これもきっと趣味でこさえたんだろうなぁ


なんか少し興ざめです

DSCN9339.jpg


でも青い海に この船は本物です

どこへ行くんだろう


DSCN9344.jpg


その先のこの船乗り場を見て 納得です

では唐津を後に 玄海灘の玄海町へ進みましょう







続きを読む

プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR