FC2ブログ

ラストは 帰路に

水戸で宿泊したのは 駅の南側

昔の 裏側の地で 安いビジネスホテルと キャバクラなどもある方

クルマを借りたのは 北側
昔のみとの玄関で 水戸の東照宮のある方です

レンタカーを返して 駅に向かいます


P1100225.jpg

きっと 初日二日目は 8時ごろまでなら開いてたんだろうなぁ

訪れ損ねた店を見ていたら

ここなんて読むの  まさか 音と言う字を (ね)と読まないよね…


P1100226.jpg

水戸駅 ここで日本酒バーに立ち寄ろうと思ったのだが

知事が非常宣言出したから 開いてませんでした

しかたなしに 缶ビールだけ買ってホームに


P1100227.jpg

駅のホームにもかわいい電車型

キオスクでした

P1100228.jpg

ガールズパンツァー 頑張ってますね
大洗の町で見たのは 数年前の残骸のように思ったのですが

P1100229.jpg

きっと毎年 張り替えてるんだよね

勿論費用も出さないといけないから

P1100230.jpg

こちらは何だろう

P1100231.jpg

AQUA WQRLD

何かと思えば 大洗水族館の事なんですね

知らなかった ここまでの絵を見れば

ジョーズの様な ちょっとスリルのある映画かと思った

全体に暗いんだよなぁ


P1100232.jpg

わかった後も

P1100233.jpg

こいつも

P1100234.jpg

これでふかひれ 売ってたら
子供は嫌いになるかもね

P1100235.jpg

フレッシュひたち  常磐線の特急頑張っているんですね
常磐道が 崖崩れ 今はJRは どうなんだろう


P1100236.jpg

我々の 乗る汽車が来ました

P1100237.jpg

きれいですね 田舎の特急は

P1100238.jpg

そのうえすごいね

関西の私鉄では 知っていたが

チケットの売れている 席は 色が変わるんだよね

だから検札はされません

P1100240.jpg

では 乾杯しながら帰りましょう

マスクしないでしゃべらないでください

佐渡へ行く船で言われたことがあるけど
ビール呑んでる時に マスクしてられるか

P1100244.jpg

そうです 周囲に迷惑は掛かりませんから

P1100245.jpg

街の建物が変わりました

P1100248.jpg

到着です  コロナでなければ 

途中下車して 一杯呑みに出るのになぁ…

茨城から 神戸に飛行機で飛ぶはずだったのに

予約している便 休航にするとは ふざけやがって
割高になった分 保障しろよなぁ…

そう思ったのですが 出来たんだ

無知はここが困るんですね 元プロなのに… 
我々の頃そんなこと聞かなかったから
知らなかった
まして格安航空会社を 下に見ていたこともあるのですね

もっと堀り詰めて確認すればよかった
客が少ないからと 欠航にしたんですからね
しかも ひと月近く前から

コロナで 余計に気分がそがれていたので 
確認を怠りました


スカイマークを調べていたら
規定に 欠航便から 10日以内に 領収書(コピーは不可) 請求書を送っていただくか 空港カウンターまで お持ちください 2週間程度で お返事が出来ますと 最高額の明記もありませんでした

キャンセルも 一度分はネットでできますが
往復なので 行きは前日の夕方の便にして それで一度は終了
帰りも便の変更なら一度で済んだのですが
帰りは 朝一の便しかないのでキャンセル

キャンセルするのは別扱いだから 後は電話が必要です

向こうの都合で変更なのに

そんなキャンセルの電話も 話中ばかり
10回ほどかけてようやくつながり丁寧に 予定を話して

行きは前の日の便に変えたことを話して
帰りは翌日仕事だから 朝一の便には乗れないので 新幹線で帰ると言うと
クレジットの口座に払い戻ししますと

会社から言われているのか 保障に関しては何も言いませんでした
なんだ これと思いました 次回こんなことがあれば試してみたいと思います
朝夕 1便ずつしか無いので 片方欠航にされたら 予定ガタガタになりますからね

行きは ほぼ一万円

帰りは二万円でした

P1100251.jpg

ひとつ前の車両

ちょっと 自由席の込み具合を見たかったから

三分の一乗ってたかなぁ  席じゃないですよ シートの数のです

P1100253.jpg

私の乗る のぞみが入ってきました
では これで3時間弱 休みましょう

飛行機だと 茨城から神戸まで 一時間ちょっとなのに
 
5時間以上かけて帰る帰り道でした

裕治伯爵 今回の旅 ありがとうございました
 

スポンサーサイト



ひたちなか市の海の駅で 回転ずし??

山はあきちゃったから 海に行こう

冬場の海は 旨い物があるはずだから


P1100195.jpg

なんか面白いものないかな
ここは 地元の人の行く
スーパー いいや 直売所かな

P1100196.jpg

うきうき だって


P1100197.jpg

そうですね 地元民への直売所でした
ただ 私ら観光客が買うには 農産物は量が多すぎました

酒は 持って帰るのが大変だからね
もちろん 試飲はありません
蔵元だと 試飲できるのに…

P1100199.jpg

鵜の字の付いたここ

確か温泉あったはずだよね
ちょっと寄って見ようよ

P1100202.jpg


日帰り入浴と 値段が手ごろなら ランチもいいんじゃない

そう思ったのですが

P1100201.jpg

これを 裕治伯爵病って言うんですよね

泊りの人は入れるけど
日帰り入浴は 今日はしていないと

わざわざ 臨時休館と書いてある

茨城の知事が 言ったからだね


P1100203.jpg

では 場所を変えて 港へ

那珂湊です

P1100204.jpg

賑わいのある港好きなんです

P1100205.jpg

お魚市場

なんと 一軒も休んでないのが良いね

P1100206.jpg

大きなアサリが 1000円 佃煮作りたいね

でも 重たそう…

P1100207.jpg

一つ一つのパックが大きいよ

特急で 東京へそれから新幹線乗って帰るのに
荷物は辛いね

飛行機で帰るはずが 2か月前にとって飛行機 休みにされて
払い戻しされても 交通費が倍かかってしまったんだ

貧乏な私らにどうしろというんだ

こんなの賠償責任無いのかなぁ

特別に宿や食堂 別に取ってもらったから キャンセルも出来ないんだよ

P1100208.jpg

でも 不思議に クール便で送るの嫌いなんだよね

お土産は持って帰るものと決めているから

P1100209.jpg

こんな店が有り

P1100210.jpg

丼や うに丼がここにもあるんだ
チリ産のウニじゃないよね…


でも 覗くと 密で そのうえ 賑やかだった

P1100213.jpg

ここは?

P1100218.jpg

小さな 丼4つで 一杯分

いろいろ味わえるんだね…

でも 小さな丼ひとつ500円なら 回転ずしの方が良いかも

P1100220.jpg

と言うことで 回転ずしへ

まずはあら汁を

すごい大盛りです

P1100221.jpg

これは裕治伯爵の注文

彼は周りを見ないんだよね

P1100219.jpg

メニューを見ながら

中トロ一つ頼んで周囲を見てると


P1100223.jpg

向こうの方でこんなの頼んでいる人を見た
あれいくら?と聞くと 300円だと

ならばそれ貰います

私はまずここでしか食べられないようなもんを 選んで



P1100224.jpg

中を見せるためにもう一つ

結構満足の 那珂湊でした





元湯と道の駅??

あさ 宿の温泉に 未明に入り
飯食ってからももうひと風呂したんだけど

どこかこの周りに観光地無いですかと
裕治伯爵が 宿で聞いてきた
竜神橋は昨日行ったし

近くに300年続く 湯治場があると

それでは朝風呂に行きますか


P1100170.jpg

地元では有名
300年前から 湯治場として栄えた 大菅温泉


P1100171.jpg

ここがその元湯です


P1100172.jpg


この川原に湯が沸いたんでしょうか?
そう思っていたら

P1100181.jpg

これはなに

番小屋 小屋じゃないけど

P1100180.jpg

こんな説明板が

あとで 宿に人に聞いてみた
湯治に来たのは お侍 それとも 御代官や殿様ですか

いいえ 地の人らしいです
そうなの?

土地の人って

このあたり 山しか無くて貧乏だったんでしょう

P1100174.jpg

とにかく入ってみましょう


P1100175.jpg


温泉分析書

P1100177.jpg

それよりこちらが見やすいか

そう思ったら 宿の料金書でした

300年前から続く美人の湯

P1100178.jpg

ハイカラな湯舟
大人三人で一杯です

ぬめり度は 昨日の宿の方が良かったけど


P1100179.jpg

再度温泉分析書を見ると

冷鉱泉 メタケイ酸と メタホウ酸が 基準より高いから温泉
硫黄濃度などは 規定以下です

それでも 茨城県の観光情報では 分析書の読み方を知らない人が見ているから

単純硫黄泉と書いている

温泉法 第二条別表と言うものがあり 温泉の定義で湧き出している所で 25度以上
もしくは
温泉法第二条別表 フッ化物イオン 総硫黄 メタケイ酸の規定値以上なので温泉に適合する

ぎりぎり温泉と認められるところには よく そう書いてあるのを見ますが
知らない人が見ると
全部が基準を越えているととらえそうになるのが悪い

ここで越えているのはメタケイ酸だけである


ただ 300年前から 栄えたって…
貧乏な土地で 米も作れず 薄く溶いたそばだけを 鍋に入れて食べていたところで
冷鉱泉を 沸かす湯治場 が なぜ栄えるほど 人が来れたのか

昔はボイラーもないので 焚火に 石を入れ温めて
それを 水に放り込んで 温めたという話は聞くけど

来た客が貧乏なら マキ代も食費も人夫の費も 払えないだろうに……

湯が沸いているところなら サルでも入れるけど
冷鉱泉って冷たいんだけどなぁ…

それが江戸時代に流行ったって?

宗教だろうか??


P1100182.jpg

近くの道の駅

本当の話は 聞いてみようと立ち寄ったが


P1100184.jpg

案山子の進化系だろうか

P1100187.jpg

もうこれはいいから…

P1100186.jpg

こんな 山奥でも


P1100189.jpg

日持ちする土産物と

P1100190.jpg

お菓子の端に 日本一の栗処と

調べてみたら

茨城県でランキング上位の果物は「メロン」「クリ」「日本ナシ」などです。

メロンの順位は1位。収穫量は約4万200トンで全体の約26.3%です。
クリの順位は1位。収穫量は約4,400トンで全体の約26.7%です。
日本ナシの順位は2位。収穫量は約2万3,800トンで全体の約10.3%です。

参考までに、茨城県の人口は約288万人。全国の人口に占める割合は約2.3%です。


知らなかった

栗とメロンの生産量は
茨城県が 国内で群を抜いて ナンバー1です

メロンの収穫量も 日本一! なのが驚きでした



P1100192.jpg


ならば 栗とメロンのメニューは無いの?

山の中過ぎて 立ち寄るのは地元の人がほとんどだから?


P1100193.jpg


大盛りは 100円プラスですよって

貧乏な地では 子づれの人が 大盛りたのんで 一杯のかけそばするんだってね


P1100188.jpg

それより ソフトクリームが良心的な値段です

これにメロンの入った奴があっても良いのに…


P1100194.jpg

メロンどころか

春まで ソフトクリームはお休みでした


いろいろと勉強になった 茨城の道の駅でした


お泊りは 温泉旅館宝来館

いよいよ お泊りの宿です

裕治伯爵が昔ネットでしらベて 来てよかったと

場末のスナックも無い山の中

もっとも この時期 飯を食う店も開いてませんけどね


P1100140.jpg

温泉旅館 宝来館です

少し暗くなってきました

近くに店屋は…


店屋どころか家もありません


P1100141.jpg

階段を上がった二階の 奥の部屋

手前の部屋が 裕治伯爵で

この日の客は二人きりでした

それで良かったんだけど

私の部屋 鍵が壊れてかかりませんでした


P1100142.jpg

風呂は 少しぬめりのある冷鉱泉を温めた温泉

そのうえ 24時間入浴可能ですと 嬉しい事を

つまり一晩中 ガスで沸かしているんだよね 気の毒です


P1100144.jpg

食事は 一階のこの部屋で

P1100145.jpg

フロント前の冷蔵庫で



P1100146.jpg

こんな酒見つけたんだけど
結局今回は頼みませんでした

その代わりアサヒビールだけと言うことなので
予約時に キリンビールを入れといてと 頼んでくれたようで
ナイスジョブです 裕治伯爵


P1100148.jpg

では 食事です

田舎の先付け


P1100149.jpg

造り盛り合わせ

客が来ないからかな

トロとブリは 脂落としの為か なぜか湯通しで

P1100150.jpg

裕治伯爵お勧めの

奥久慈シャモすき焼き鍋 別途 二人分 4000円

前来た時も頼んだの?
そう聞くと

初めてなので食べた見たかったんだと





P1100153.jpg

女将さんが作ってくれます

P1100154.jpg

はっきり言って 辛い

次回頼むときには 自分で味付けする方が良いですねと言うので
次回も 食べたい?と 聞きなおしました

やっぱり  こっちの軍鶏喰うなら 親子丼か 焼き鳥が良いよ


P1100155.jpg

屋台で見た 鮎
ここでも焼かれて出てきました

宿なら 山椒煮の方が嬉しかったかな
だって 冷凍ものだから

皮が硬いし…

P1100157.jpg

海腹川背ならこうなんだけど…


P1100156.jpg

そしてあぶらかれいの煮物

一口で参りました 塩辛い

茨城県 元東北の 塩辛さそのままですね

P1100159.jpg

天プラは

P1100161.jpg

ちゃんと切り込み入れて 尻尾の水分抜いてあるから
尻尾まで食べられました

P1100163.jpg

そして 締めは ご主人の手打ちそば

ちゃんとこんな細切り出しているところも あるんやん

そばつゆも辛いから そばを三分の一だけ浸けて

関東人の食べ方ですね


P1100164.jpg


朝はこんな感じでした。
料金は グレードアップで 一泊二食が 9830円(税別)。

すき焼きが 4000円 一人2000円換算でした

後は ビール代と酒代


GOTOトラベル
 生きていれば なんて幸せと言う所でしたが
でも 今年上乗せで 1兆円 予算増やしてましたね

さすが二階さんの 力ですね  いつ使えるんだろう??

P1100166.jpg

最後にもう一風呂
風呂には満足しました


ところが 裕治伯爵が この近くで 観光地はないかと聞いてました

そして温泉なら 山を越したところに 300年続く 湯治の宿が有ると
そこ朝からでも 日帰り入浴できるからと聞いてきました

では 行ってみますか


温泉旅館 宝来館
常陸太田市棚谷町1590
TEL 0294-85-0114




龍神橋

今度はつり橋見に行きますか

実はつり橋には かなりの思い入れがあるのです

日本一のンつり橋だった 奈良県十津川村 谷瀬のつり橋
生活道路でもあり デートにも…

それが

長いつり橋作る それは 金をかければ出きるのだけれど

現在では 無料で渡れるのは ベスト5のうちに 

4位 水の郷大吊り橋(全長335m)/無料
(神奈川県愛甲郡清川村)宮ヶ瀬湖畔園地内 だけ

第1位 箱根西麓・三島大吊橋(全長640m)
第2位 九重“夢”大吊橋 (全長435m)
第3位 竜神大吊橋(全長446m)
第5位 もみじ谷大吊橋

6位に落ちた 谷瀬のつり橋が やっぱり一番と思うけどなぁ
だって もともと生活道路やから

ちなみに 観光地に なんぼ長い橋掛けても無理やで
1位は 明石海峡大橋 全長:3911m

やから

こんなん 金出すところもないし
気軽に散歩も出来んからなぁ…

P1100120.jpg

でも 山の中に向かいます

P1100121.jpg

竜神峡 ハイキングコース

これには安心です だって 歩くことが大嫌いな二人ですから

P1100122.jpg

橋の概要

P1100123.jpg

このつり橋

P1100124.jpg

空を入れなければ この位にすると

橋がしっかり写るねぇ

P1100125.jpg

なんだこれは…
エッ!?

りゅうじん ばんじい…

えっ バンジージャンプなの

高いところは好きだけど
飛び降りるのは嫌だよ


知らなかったので焦っていたけど

竜神バンジー

ハハハ
 17,000円だって

P1100126.jpg

これで 安心して 100m下を眺めることもできるよ

P1100127.jpg

この橋
田舎に行ったら 車の通る橋
そんな感じに見えるんだけど
歩行者専用なんだよね

そのくせバンジージャンプで負担かけても良い強さなんだ

P1100129.jpg

ここまでくる路線バスもあるんだ
人が少ないのはもう17時だから
コロナだけど 橋の中央で 密になるほど人は居ないから

P1100130.jpg

渡るだけで 320円か…
あれっ!?

真中に何か書いてあるぞ
渡橋中止だと?

P1100132.jpg

揺れたりするようには見えないんだけど…

P1100136.jpg

土産物屋で 酒検索

P1100137.jpg

こんな温泉もあるんだ でも キャンプ場でかな

P1100139.jpg

今日はやってなかったけど
いずれにしても 500円では買えませんけどね…


竜神橋 クリアしました

袋田の滝

裕治伯爵ありがとう
今回の旅で 一番感動したのがここ 袋田の滝でした

壁ぎわにも感動はありますよ
あまりしないだけで…

だって 昔から全国飛び回ってますから…


P1100081.jpg

で 滝見るのに金が要るの?

こんな無粋なこと考えるから
裕治伯爵病になるんだよ

P1100082.jpg

解説です 袋田の滝と 生瀬滝
説明は在っても 四段の袋田の滝しか見て無いんだけど


P1100083.jpg

エレベーターにはペットは乗せられません

書かなきゃいけないんだね…


P1100084.jpg

ここら 奥久慈の太子町って言うんだ

全国のあちこちにある太子

聖徳太子の 太子で あちこちに 聖徳太子が作ったと言われる寺もかなりあるんだけど

最近 色々と言われているから その存在が否定されたらどうするんだろう…


P1100085.jpg

こちらは……
私は 要らないと言うんだけど…


P1100087.jpg

ここから見る奥の景色はすごいね

下側の滝と同じ高さだから

凍り付いている滝を見たのは時初めてで

流れているところを 探してます

流れているところが無ければ 上であふれちゃうもんね


P1100088.jpg

この氷の裏側を水が流れているんだ


P1100092.jpg

そんな人の感動を

前でイチャイチャと…

300円の料金はこのエレベーターだったんだ

これは納得の料金ですよ


P1100098.jpg

上から見ると 三本の滝が氷の裏を落ちてます



P1100095.jpg

そして滝壺が一部割れてますね



P1100104.jpg

合わせるとこんな感じです


P1100106.jpg

下の水の流れもここならわかるかな

動画はこちらで



P1100109.jpg

帰りはトンネルを通っても良いけれど

つり橋を渡って帰りますか


P1100111.jpg

川も凍ってますね

P1100116.jpg

そしてお不動さんが

のうみゃくさんまんだばーざらだー………

P1100117.jpg

………うんたらたかんまん!



P1100119.jpg

ずっと下まで降りると 旅館街に

車置いたところで お土産買いました

うまい棒の腐れ豆味です


道の駅 ひたちおおた

道の駅があれば 立ち寄りたくなる壁ぎわです
だって

その土地の名産や その土地の流行がわかるから


P1100063.jpg

道の駅 ひたちおおた
まずはいきなり驚きです
何に驚くかと言うと

P1100064.jpg

何て広いんだ
土地が余っているのか

おかげで かなり歩かなきゃならなくなるだろうが…

たとえ 入り口近くに車を停めても
建物自体が 広いから
一番向こうまで行くと帰って来るの大変なんだぞ


P1100065.jpg

しかし…
黄門の郷 と言っても

助さん格さん連れて諸国漫遊は ただの架空の話ですから…

でも それしかないもんなぁ…


P1100066.jpg

しかし広いね


P1100067.jpg

まず目についたのがこれ 昔懐かしあげパン 150円 地元の ジーセブン と言う所製

ただ… 同じような物 セブンイレブンで 税込み 108円で売っているんだよね
勿論食べたこと無いけど…


P1100068.jpg


落花生 常陸太田市産
はねだし炒りと書いてあったが

千葉産は関西でもよく見るけど 茨城産もあったんだね

P1100069.jpg

蕎麦屋です


P1100070.jpg

その隣がラーメン屋
餃子が売りかな?


P1100071.jpg

温室いちごも出てました
良い値段してるね
手に取ってみようと白い方のいちごの値段を見て 驚いた

そう言えばこれの大きい奴 
一個 2500円で 阪急で見たことあるよ
バレンタインのお返しに買ったことがあるから…


P1100072.jpg

そして 山国 ここにもありましたね

色々見た後


P1100074.jpg

クルマに乗ってすぐにこれに気付いた

甘納豆 こちらにもあるんだ…

いいやちょっと待てよ


P1100075.jpg

舟納豆かい!

どうせ腐れ豆なんやろう…

なんと 完全予約制ですが
工場見学もあるんだって

私は要りませんが

P1100076.jpg


こんな城も横目に見て  目的地に向かいましょう

梅津会館

常陸太田の駅の近くに
常陸太田市郷土資料館梅津会館と言うのがありました


P1100044.jpg

無料駐車場も有りますから


P1100045.jpg

建物は,モダンな鉄筋コンクリート造2階建ての建物で
正面には車寄せを設け,南東の角には塔屋が付き,
外壁にはスクラッチタイルが貼られています。


P1100046.jpg

当市出身の実業家梅津福次郎氏の寄附 3万5000円で,昭和11年(1936)に建てられ,昭和53年(1978)まで太田町役場,常陸太田市役所として利用され,昭和54年(1979)から内部を改装して翌年から常陸太田市郷土資料館として利用され,平成11年(1999)に国の登録有形文化財になりました


P1100047.jpg

そりゃ胸像も 

P1100048.jpg

こんな看板もたてられますね

P1100049.jpg

中はどうですか?

今ここで流行は切り紙細工

それはいいとして 展示品ってあるのかな?


P1100050.jpg

昭和だ!

P1100051.jpg

とか言いながらも ケロリン ふろ場の桶は知ってますが

家が貧乏過ぎたので 置き薬はありませんでした

P1100052.jpg

木製冷蔵庫
氷を入れて冷やす奴

乾燥しないので良いのですが…

P1100053.jpg

洗濯板 これは見たことも使ったこともあります
勿論洗濯機もありますが

ハンカチとか 靴下とか 時々やってました

そう言えば 洗濯機の水を絞るハンドルで 使い終わりのチューブの歯磨き 絞ってました

P1100054.jpg

手押し井戸ポンプ
いなかで 知らなくて 出ない出ないと 動かしていて
怒られたk外があります

渇いてしまっていたら
まず上から少し水を入れるんだって

P1100055.jpg

水戸藩の

P1100056.jpg

読めないから わからない

P1100058.jpg


全国の行脚はしてませんが

その人の木造です


P1100057.jpg

小学校に安置されていたと
偉い人の像だと 安置されるんですね

P1100059.jpg

こんなものもアで 安置されていたんですね


P1100060.jpg

しまもb昭和期に 鋳造工場で 大量生産されたこともあると

水戸の領民なら 一家にワンセット 義公公面

持ってないやつ 非国民とでも言って 売ったんでしょうか

P1100061.jpg

隠居して暮らした 西山荘の模型

P1100062.jpg

それより その昔作られた公館の

階段のしつらえの方が 興味を示す壁ぎわでした


突き当りの駅

撮り鉄でも 乗り鉄でもないけれど

鉄道自体は好きな 壁ぎわです

昔は汽車の旅をしていたけれど

今は車の方が便利だもんなぁ
遠い所は飛行機が早いし

でも 突き当りの駅って好きなんです

P1100033.jpg

切符売り場があって 改札が有って

その向こうに車止めと 汽車が待っている風景

停車駅じゃないから かなり早くから待っている姿が好きなんですが…

雪国じゃ無理か

P1100034.jpg

少なくても雪除けのの屋根と 扉は要るよね

しかし こんな所ではざかけして何をしているんだ


P1100035.jpg

そう思ったら コロナ収束祈願の アマビエだった


P1100036.jpg

それより突き当りの駅が見たい

風除けの ガラス窓越しに

なんか違うんだよなぁ

P1100038.jpg

切符売り場の路線図を見た後は


P1100037.jpg

改札越しに 中の電車を写そうと思い ぎりぎりまで行くと

あわてて駅員が出て来た

自動改札だけど 発車しそうな電車に乗るのなら止めようとしてくれたのか??

いくら田舎でも それは無いだろうけど

P1100039.jpg

こうして電車は出て行った

P1100040.jpg

壁ぎわに見送られて

何か悪いことが起こらねばいいけど…

P1100041.jpg

駅に こんなパンフレットが有った

鉄道発見電 

ローカル線 スタンプラリーの旅

このコロナの時期 動く人も少ないから
車で回れば楽勝じゃないか

そう思ったら これやっているのは

千葉県でした…


何もない茨城で 次 何処に連れていてくれるの??


そば 佐竹

常陸の国には 旨い蕎麦がある

ブログ仲間から言われて昔来た時に
騙されたことがある

東京からも ここの蕎麦を食べに訪れる人が多くて
なかなか店に入れないことも有ると…

soba1.jpg

その時の蕎麦

soba2.jpg

その時私の食べた ざるそばは なおさらだった

職人の打ったそばじゃないよ…  それが感想だった

でも……
この店 常陸太田駅から800mの場所にあり
今でも 食べログで3.46  と言う高評価を受けている

だから SNSの情報は当てにならないのだが…




P1100024.jpg

街から少し離れたところで
こんな店を見つけました


蕎麦街道として 街おこししているところ
蕎麦の名産地を前にして 

昔みたいなことは無いだろうから
蕎麦好きとしては やっぱり寄ってみたいのです

P1100025.jpg

おもてのつくばいもいいなぁ

では入りますか…

名前を書いてお待ちください  三組お待ちですと

P1100028.jpg

10分ほどで入れました

オープンキッチンのこんな店

茹でるのと 天ぷらと 洗い場を 
お手伝いのおばちゃん集めてやっています

P1100026.jpg

メニューです

あまりしげしげと見もせずに

この値段なら一番高いの貰おうか


あとで見て気付いた 旬の山菜ばかり?

上天ざるなら 白身魚も入っていた

ベジタリアンでも無いのに…


P1100027.jpg

田舎の漬物が 出されます

蕎麦が出来るまでの楽しみ 呑めたら良いのだけど

運転手に悪いから…


P1100029.jpg

来ました ベジタリアン天ぷら軍

P1100030.jpg

しかも 大盛にしたのが大間違いだった

常陸国と言うのは そば屋はあっても蕎麦職人はいないんだ

田舎蕎麦が 昔から食べられているから

疑問も持たずに そのまま客にも出すんですね

太さまちまち 長さもまちまち
当然ゆであがりの麺の硬さもまちまちでした


P1100031.jpg

いろいろと旬の山菜と言っても
ヤーコンまで天ぷらですか…

P1100032.jpg


最後に蕎麦湯は追い粉……
してあるわけありませんね

10年前と変わらない味
そう言えばいいけれど

進化しないのが田舎ですか?



そう考えると 讃岐うどんはすごい

こんな所でこんなこと考えてました



プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR