FC2ブログ

帰り道

湯村温泉にも入ったし
では帰りますか

P1040948.jpg

9号線を走り
村岡ファームガーデンで一休み

万札何枚も払って 但馬牛を買い求めていく人の多いこと

そりゃ 都会で買うよりは安いけど…

P1040949.jpg

私のお目当てはこれ

1000円以下で買える 但馬牛のお土産

アイスボックス積んでますから


P1040950.jpg

和田山から 春日に

最後の休憩は おばあちゃんの里で

P1040951.jpg

お目当てはここ

P1040952.jpg

自家製パンや大福もち

P1040953.jpg

いいえレストランのほうに

P1040954.jpg

私はこのモーニングが好きで立ち寄るのですが
さすがに 11時までですね

P1040955.jpg

ランチも14時半まで

もう16時 夕方だもんなぁ…

P1040956.jpg

でもあのおねぇさんと目が合ってしまい

P1040957.jpg

ケーキセットを
だって疲れてんだもん

P1040958.jpg

ましゃは アイスコーヒーの ケーキセット

P1040959.jpg

事故渋滞の中 無理な割込みしやがって

P1040963.jpg

このために

P1040964.jpg

一時間以上 余分にかかってしまいました

何とか無事に帰ってきました
兵庫県の旅これにて終了です





スポンサーサイト

湯村温泉

では 湯村温泉散策です


P1040932.jpg

先月来た時に見せてもらった杜氏館


P1040934.jpg

その隣のこの店で 卵を買って
あら湯の前の店よりこちらが安いから

P1040935.jpg

橋を渡って

P1040936.jpg

荒湯に ここで温泉卵を作りましょう

P1040937.jpg

最近ここに コインを投げ込むバカな奴らがいるんだと
いくつもの言葉で書いているのですが

馬鹿には通じないんだと

P1040938.jpg

卵、茹でたり
菜っ葉、、茹でたり しているところに…

P1040939.jpg

98度の温泉

掃除するのも大変なんだぞ

P1040940.jpg

湯村温泉を発見した 慈覚大師像
横には飲泉場があるのですが
なんせ98度 そのままでは熱くて
冷めるまで置いておきましょう

P1040941.jpg

その間にこちらに

P1040942.jpg

夢千代像

P1040943.jpg

何度も見に来ているのですが

P1040944.jpg

なんだか顔が変わってしまったみたい…

P1040945.jpg

戻ってきて こちらが株湯

P1040946.jpg

泉源はこんな中に

P1040947.jpg

こちらにも 慈覚大師の像がありました

そして 湯で上がった温泉卵を食べて
薬師温泉に向かいました






湯村温泉夢千代館

湯村温泉を一躍有名にしたのが
某国営放送局のドラマ 『夢千代日記』

美人女優の誉れ高い 吉永小百合さんが主役を務めたドラマです

●夢千代日記:昭和56年2月15日~3月15日放送、全5話
●続 夢千代日記:昭和57年1月17日~2月14日放送、全5話
●新 夢千代日記:昭和59年1月15日~3月18日放送、全10話

P1040911.jpg

そんな 夢千代日記の資料館があります

裏側には オート三輪が飾ってあります

P1040912.jpg

足湯も

P1040913.jpg

表通り これが入り口です

入場料 300円払って では撮影隊です

P1040914.jpg

内部には 昭和の風景が

P1040915.jpg

このビール瓶欲しいなぁ…

P1040916.jpg

ドラマに出てくる 背景の町

P1040917.jpg

こちらが置屋
ここに吉永小百合さんが座っているのです

P1040918.jpg

ビデオが回ってます

P1040919.jpg

こちらは 撮影風景

映画版の打ち上げですか

P1040920.jpg

今のこの地の ポスターはこんな感じですが

P1040921.jpg

懐かしい 蓄音機です

P1040922.jpg

オルガンも

P1040923.jpg

夢千代日記の あらすじ

P1040924.jpg

1話

P1040925.jpg

2話

P1040926.jpg

3話

P1040927.jpg

4話

P1040928.jpg

最終話

懐かしい人のために…でした

P1040929.jpg

悠木千穂 だったんだよね


P1040931.jpg

そして 彼女がきれいで…

思い出に浸りたい方は 是非どうぞ

夢千代館でした







湯村温泉到着 ご褒美のコロッケ


兵庫県の日本海側を 西に走っています


P1040897.jpg

山陰ジオラマパーク

兵庫県でもこの辺りは山陰って言うんだ

P1040898.jpg

そろそろ 兵庫県の西の端に来たから

P1040899.jpg

少し山手に入ると

P1040904.jpg

浜坂の駅

浜坂温泉、七釜温泉と 温泉地がいろいろあるのだけれど

P1040905.jpg

湯村温泉までやってきました

この辺りは 但馬牛の産地でもあります

但馬牛専門店に

P1040906.jpg

ここのコロッケ旨いんです

P1040907.jpg

但馬牛がごろごろと

P1040908.jpg

こんな形で入ると嬉しいよね

P1040909.jpg

食べ終わったら 湯村温泉の町はすぐそこ

P1040910.jpg


薬師温泉前の駐車場に車を止めて

湯村温泉巡りに入りましょう








餘部鉄橋と餘部駅


昭和の鉄ちゃんならほとんどの人が知っている
山陰線餘部鉄橋の 墜落事故

高い鉄橋を走っていた回送列車が
鉄橋から転落 下のかに工場をつぶした死亡事故

その場所が観光名所になっているって
人間って怖いね


昭和61年(1986年)12月28日日曜日午後1時25分頃 鉄橋を通過中の香住発浜坂行き回送列車「みやび」が日本海からの突風にあおられ、機関車と客車の台車の一部を残して7両が転落、真下にあった水産加工場や民家を直撃しました。
V字型の峡谷に吹き上げる風で、客車が脱線して落ち重い機関車は残り、乗務員で死亡は車掌だけでした。



P1040871.jpg

道の駅
大型バスも止まります

ようするに 他に立ち寄るところが無いだけだけど

P1040872.jpg

鉄道グッズの店もあります。

P1040873.jpg


明治時代の 橋だもんなぁ
アメリカから三か月かけて運んだって

P1040875.jpg

かなり高い所にかかって居た橋


P1040876.jpg

しかもその橋が壊れたのではなく
下から吹き上げる風に 空の客車が浮き上がり
脱線転覆して橋の下に落ちたんだと

下のカニ工場の従業員5人と 車掌一人が死亡
6人がけがをしたと

客を降ろして回送中だったことが 何よりだったね


P1040877.jpg

フードコートには いろいろ工夫を凝らしたメニューが

しかし値段的に見ると ちょっとエクスペンシブ
家賃高いのかな?

P1040879.jpg


土産物は 但馬牛オンパレード

P1040880.jpg

ちょっと小腹が空いたので
カニクリームコロッケ

熱々なのが嬉しいね
私が食べ終わっても 

伯爵は手を付けられない そのぐらい猫舌だ
おやつ持って歩く子供かよと…

P1040881.jpg

早く食ってしまわないと エレベーターに乗るよ

P1040883.jpg

クリスタルタワーと言う名で 餘部駅へのエレベーターが出来ていた
無料です

前回 10年ほど前 階段を上がるのを暑くて 途中挫折したことが有ります
土地の人の便宜を図るのは良い事ですね

このエレベーターの入り口に 募金箱置けば けっこう入ると思うけれどなぁ


P1040884.jpg


禁止事項守ってください

突風が吹いたら閉鎖します
間に合わないことも そんな時は歩いて降りてくださいと


しかし観光バスの団体が乗るので
エレベーターの中が暑くて 息苦しい

P1040885.jpg

さすが新時代

こんな物も有りました

P1040886.jpg

左の柵の外が 現在の線路

ホームのように見えるのが 展望所

右側の線路は 旧餘部鉄橋からの線路のあとです

P1040887.jpg

だからここは歩いても良い線路あと

P1040889.jpg

奥には 余部駅があります

本当はここまで来ると 入場券が居るんだよね

あのエレベーターJRを使わないい人は
入場券が無ければ乗れなくすればいいのに

P1040890.jpg

余部駅のままでいいのに
空の駅 なんて名をつけて 

観光名所にしようとするからいかんのだよ

何がいけないかって?


P1040892.jpg

線路に石を並べるのが夢だった

小さいころ しようとしてこっぴどく叱られたとか

ぞんな前歴の人を喜ばせるところになってるんだから

↑  嘘です

P1040893.jpg


さすがに高い

景色も良い

P1040894.jpg

ただ雨を想定して 横からの降り込みを防止するためか
密封性が高い上に 換気扇が無い


キムチが主食の人の団体に出会うと

酸欠と匂いと暑さで 立ち眩みしそうになるところです

団体を見たら子供は 少し待たせた方がよさそうな所でした。








山陰を走る

城崎温泉から西に

南の国道に出ずに 海岸線を走りましょう


P1040852.jpg


日和山海岸

城崎マリンワールド 

この辺りまでは 観光バスが来ますが

子供の遊び場所として スルーします
だって入園料がバカ高いから…

P1040853.jpg

海岸線の美しさと

P1040855.jpg

海水浴場の天使の姿を求めて

でも 車を停めると
日焼け止めの帽子とタオルの下から
駐車料金 1000円とか2000円とか言われるので…

天使がいなければ 大損じゃないかと 走り続けました
(たとえ居ても盗撮は犯罪です)

P1040856.jpg

静かな海岸線にでたら

P1040857.jpg

無意識に天使を探していました

居ても盗撮は犯罪です


P1040858.jpg

漁村を抜け

P1040859.jpg

高台で 景色の美しさに惹かれ

天使はこんな高いところにはいないので


P1040861.jpg

そして見つけた

穴場の写真スポットです

やっぱり旅の写真には変化が必要ですから


田舎の駅と民宿
その前に海水浴場が有る

まるでベストマッチのポイントじゃないですか


P1040862.jpg

誰も居ない駅と

P1040863.jpg

勝手にホームの写真を撮り

その運航には温泉館の看板はあるが
露天風呂どころか
温泉の場所もわからなかった


あきらめてなお西に

逃亡者は西に向かうと 伯爵はよく言ってるが
逃亡者気分だ

P1040865.jpg

そして見つけた天使の銅像

なんかちょっと違うんだよなあ…

P1040866.jpg


香住の港で イカ釣り船を見て

P1040867.jpg

ここで 一夜干しのゲンゲ
この地方では ドギと言うらしい
の冷凍を買い込んで

次に向かいましょう

P1040868.jpg

暑くても
誰も手を出さない

誰か感想をくれよ

P1040869.jpg

ジェラートが駄目なら
でれかソフトクリームはいかがかな

私は 300円を超すソフトクリームは 
買わないようにしているので
これも一種の願掛けですから

誰か感想くれよ~

結局かにジェラートやソフトの味
判りませんでした

噂では…

醤油の味しかしないんだと

誰か確かめてくださいね


では先を急ぎましょう



城崎温泉 あこがれと 満足

城崎温泉に泊まるのなら
西村屋かゆとうやが良いね

そんな身分になってみたい

貧乏旅行ばかりしている 壁ぎわにとって
本当に貧乏だったんだと思わせる瞬間です

P1040831.jpg

この門構えに 悪霊退散の念がかかっているのか
なかなか足が踏み入れられないのです
二人で 土曜日なら 80000円も有れば泊まれるのですが

それだけあれば 何軒梯子できるか…
これが貧乏人の発想ですから

P1040832.jpg

新たにできた こんな横丁は得意

P1040833.jpg

矢でも鉄砲でも

いいや ビールでも酒でも 
ジンでもウイスキーでも持ってこいや

なのですが

P1040834.jpg

ゆとうや という名前の旅館なのですが



P1040835.jpg

最近こんな表示までされて
迷い込む輩が多いのでしょうね…

でもこちらも 手軽な料金で……
ええ 西村屋さんに比べたら…

もうどうでもいいや


それより空腹に対処しなくては

でも喫茶店のモーニングは嫌だぞ
折角だから食堂開いて無いのか

P1040836.jpg

気になる食堂はあり

P1040837.jpg

こんなにメニューを 下品に張っているのだが

どうせ温泉地

朝から呑めるようにして置けばいいのに

11時からだと

P1040838.jpg

前に食べた 300円のコロッケ

旨かったが まだやってなかった

P1040842.jpg

最後の頼みは駅前の山よし



P1040841.jpg

駅弁ではないが
弁当を右側で早くから売っている店

なんだったら ここで弁当買って
海を見ながら
(海水浴場で若い子の水着姿見ながら)
食おうか

そうまで思っていたのだが…

P1040840.jpg

間もなく開きますので

二階にどうぞと



P1040845.jpg

ましゃの 海鮮丼ぶり

P1040847.jpg

伯爵の朝採れ烏賊定食

P1040849.jpg

壁ぎわは 海鮮チラシ
すし飯が好きなんです

みんな 1650円でした

少し値が張りますが
旅先でうれしい朝食でした




城崎温泉散策

城崎駅前 里の湯から北に

商店街が続きます


P1040801.jpg

突き当りからは川沿いを 左にL字に
それが城崎の温泉街のすべてです

P1040802.jpg

三国屋の前に人力車がありました

二人乗りの人力車です

ご自由に腰かけて 記念撮影をしてくださいと書いてありましたが

一人で乗るのは寂しいし
おっさん二人では、なお寂しい…

この近くにいると 旅館の浴衣で 外湯めぐりしているカップルに
写真お願いしますと言われるので 早めに退散です

P1040805.jpg

この川まで来たら 温泉寺のある山のほうに曲がります
反対側に踏み切りがあり さっきから警報機の音が鳴っているのですが

P1040806.jpg

おおい 鷺くん  列車はいつ来るんだ?

P1040807.jpg

やってきました 人気のない電車です



P1040808.jpg

では 外湯に
曲がり角の 地蔵湯です

この地の外湯は 改装されてどこも 近代的できれいです

P1040811.jpg

チケット買って、

下足箱に 靴入れて

城崎温泉に泊まると 
温泉手形くれて 外湯タダなんだけれどなぁ…

P1040812.jpg

宿の下駄は居てきた人はここに入れます
これが 下駄箱

そう 本当の下駄箱なんですね

ここの入場料 600円
城崎外湯一日入浴券 1200円と言うのもありました

P1040814.jpg

ひと風呂浴びたら あとはそぞろ歩き
前に浴衣がけのカップルが

赤い帯のほうが 外またで歩いていましたね
日本女子でないことを祈ってました



P1040816.jpg

ここは柳湯
ここも外湯の一つです 15時からです

P1040817.jpg

トップに並んでいるともらえる一番札
二時半ごろに誰もいなければ狙えますね

P1040818.jpg

外湯の近くには足湯もあります


P1040819.jpg

ここが一の湯

P1040821.jpg

温泉神社

湯山三大神を祀っています

P1040823.jpg

こちらが御所の湯
内部の装飾 天井の絵がきれいなところ

でも ちょっと辛い湯 一つでいいよねと

P1040827.jpg

足湯なら…

P1040828.jpg

ようやく 突き当り ロープウェイの乗り口まで来ました

これが 薬師源泉

P1040829.jpg

噴出量と温度が書いてありました
温泉卵を…

でも 20分かかるんだよね…


今日は寺まで上がらないから
玉子はあきらめて
あとできっと食べさせるから

P1040830.jpg

出石にもありましたが
ここでも 桂小五郎は 身を隠していたんだと

こんな所が関西にはよく見かけられますね

では 散歩も終わって
朝飯処探しますか





続きを読む

城崎温泉駅

豊岡の朝です

呑んだわりにすっきりとした目覚め 快調です


P1040783.jpg

ホテルからの眺め

では出発しましょう


P1040788.jpg

6時に起きて 
7時からの城崎温泉の外湯の
一番札を狙いに行こうかと思っていたのですが
同行者が 6時は許してくれとのことで 次回に据え置きです

一番札はここをクリックして

7時過ぎに出ると 空腹で困りました

円山川に沿って走り河口近くが 城崎温泉
それまでに土産物屋は開くのだが フードコーナーは開いてない

喫茶部付けるならモーニング出してくれよ
でも
朝この道を走るのは 城崎に仕事に行く人だけだもんなぁ…


P1040792.jpg

JR城崎温泉駅 特急の終着駅になっている駅

それより 西宮市の県会議員が 
月に半分もこの駅まで来ていたと架空請求して 
公費をだまし取っていた
大泣き記者会見で有名になったところです


P1040795.jpg

改札口

さすがに有人で、ホームに入るには 入場券がいりますね

時間に一本ぐらいなのに
快速は 鎧 久谷には停車しませんと 
掲示が出てました
可哀そう

各停には ワンマンの表示が
二両しかない車両だから
前の車両からしか降りられないのかな?

P1040796.jpg

切符は自動販売機
でも買えるのは
南は 綾部、福知山辺りまで
西は鳥取辺りまで

P1040789.jpg

ホームはこんな感じでした



P1040797.jpg

駅前には チェックインバス

旅館組合が出している送迎バスです
一キロもないぐらいの温泉街ですが
荷物があると大変だろうという心遣い

ただ まだ九時前
エンジンがかかっていて、運転手は居ても

客も来ないしチェックインもできない時間
きっと送りに来て 
その後時間つぶしでもしているんでしょうね

P1040798.jpg

その横にはこんな景色が

P1040799.jpg

飲泉場です


P1040800.jpg

コウノトリがこの地で 羽を休めた所と言われてます

P1040794.jpg

駅を出てすぐ右手には

P1040793.jpg

各旅館の名の入った
奉納の下駄が並んでいます

P1040791.jpg


その横に足湯があり


P1040790.jpg


突き当りが 駅舎温泉 さとの湯です

一部SNSでは 朝7時からと書いているところもありますが
午後 1時から9時までです (受け付けは8時40分)

一人でぶらりと来て
12時過ぎていて 
この前に人がいなけりゃ 一番札狙いに待ってもいいなと言う所です。

この横の路地を入ったところの 
公営駐車場にマッハGOを停めて
徒歩で街歩きの開始です

続きは次の記事で









豊岡の夜

城崎温泉は宿泊費が高い

豊岡からだと 夜JRでも 城崎に行くのがすぐ

そしてなにより ビジネスホテルが多く そのうえ安い

泊まるだけなら十分だ

P1040786.jpg

フロントはこんな感じ

駐車料金無料

P1040784.jpg

シングルのベッド
狭いけれどこれでいい

素泊まり現金特価 3500円はありがたかった

CIMG6399.jpg

一階にある 居酒屋夢まる

CIMG6400.jpg

海鮮カルパッチョ 

CIMG6401.jpg

680円か 微妙な値段だな

普通の値段と ここだけの値段と
これはとりわけが難しいな

CIMG6402.jpg

裕治が サザエ好きだから

独占してもいいからね

CIMG6403.jpg

私は刺身をもらおうと

CIMG6404.jpg

ましゃは岩ガキを

火を通すと 縮んでしまうからかわいそう

CIMG6405.jpg

豚しゃぶサラダ

ほとんど豚 これはちょっとうれしいかも

CIMG6406.jpg

塩鮭カマ焼き これが安価でおすすめ

焼きたてはうまい



CIMG6407.jpg

伯爵と旅に出ると 場末のスナックを探す

地元民しか行かないところを

CIMG6409.jpg

お通し

スナックで 冷ややっこが出てくる地元の店

CIMG6411.jpg

旅先の店なのに…


この後 貧乏な土地の 場末の飲み屋で
人間模様を見たりして…

CIMG6412.jpg

最後にもう一軒行こうか
今度は 
この土地に合わない感じの店

CIMG6413.jpg

広いカウンターと ボックス席の店

もし 日本語が片言の女性が横に座ったら
ぼったくられそうな店

でも 中は 若いママと もっと若い女の子の二人

CIMG6414.jpg


値段を確かめながら飲むことに
一杯700円だとか

ジンは何が冷えてると聞くと
冷やしてないと

冷蔵庫に入れる酒なの?
と聞かれて 冷凍庫だと答える

これは安いか高いかどちらかだな

ウイスキーはと聞くと
名前を知らないからと
ローヤルとメーカーズマークを見せてくれた
スコッチもバーボンもわからないんだ

これは安いな
ローヤル入れて
水割りじゃなくオンザロックで
氷は少なめでいいからたっぷり注いでね

と 奥の紳士を気取ったおっさんが
カラオケを歌いだした

佐賀でシャンソンを歌うおっさんがいたが
点数で言うと半分ぐらいだな

今度は ドアが開き
自治会の青年部? 
そんな感じの集団が入ってきた

ただのスナックと変わらない客層なんだ
きっと安いんだろうな






ちょうどいい今帰ろう

驚くほど安い値段
ビールとローヤルのロックダブル一杯ずつ飲んだのだが…


二軒目三軒目あわせて 一万円強

一人が?
いいえ、一軒目でボトルキープもしたのに
二人での値段でした

プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR