FC2ブログ

有馬名所?亀乃尾の滝 有馬温泉②

日本でも 三古泉の一つとして名高い 有馬温泉です

温泉好きの 壁ぎわですから ここでも解説をしておきましょう

小さい字は それが好きだと言う人の為の壁ぎわ流の解説です
興味の無い人は読み飛ばしてください



温泉として「日本三古泉(湯)」になっているのは、日本書紀・風土記などでは、「有馬温泉・道後温泉・白浜温泉」。

延喜式神名帳だと、「有馬温泉・道後温泉・いわき湯本温泉」です。

まずここで 延喜式神名帳(えんぎしき じんみょうちょう)は、延長5年(927年)にまとめられた『延喜式』の巻九・十のことで、当時「官社」に指定されていた全国の神社一覧である。 言わば 最初にできた 神社の格付表です。

養老4年(720年)に完成したと伝わる日本書紀に比べて かなり新しいもので、神社の神の由来で 三本足のカラスに導かれた熊野本宮のように いろいろと脚色されてもいますし 
道後温泉(愛媛県松山市)
有馬温泉(兵庫県神戸市北区有馬町)
磐城湯本温泉(福島県いわき市)
川渡温泉(宮城県大崎市)
鳴子温泉(宮城県大崎市)
湯元温泉(栃木県日光市)
岩井温泉(鳥取県岩美郡岩美町)
玉造温泉(島根県松江市玉湯町)
と 8か所の書かれていう中の上位3か所
まして 磐城湯本と言うのは 福島県
鎌倉幕府が開かれる以前の『とうほぐ』ですから 省くことにしましょう


そしてこの有馬温泉は
湯泉神社の縁起によれば、泉源を最初に発見したのは、神代の昔、大已貴命(おおなむちのみこと)と少彦名命(すくなひこなのみこと)の二柱の神であったと記されています。この二神が有馬を訪れた時、三羽の傷ついたカラスが水たまりで水浴していました、ところが数日でその傷が治っており、その水たまりが温泉であったと伝えられています。

これもカット 神の由来とか 由緒と言うのは 変化した言い伝えですから

日本書紀の「舒明記」には、舒明3(631)年9月19日から12月13日までの86日間
舒明天皇が摂津の国有馬(原文は有間)温湯宮に立ち寄り入浴を楽しんだという記述があります。

その後衰退したここを 僧 行基が 復興しました
神の導きでここまでたどり着き、如法経を書写して泉底に埋め、等身大の薬師如来像を刻み、一宇の堂を建て、そこへ尊像を納めたといわれています。
行基の徳に感じた薬師如来が温泉を復興させ、有馬温泉発展の基礎を行基に築かしめることとなったと言われています。

(1097)年、天災が有馬を襲いました。
「温泉寺縁起」によると、「堀川天皇の承徳元年、有馬に洪水があって、人家を押し流し、温泉も壊滅した」とあります。

その時復興させたのが、仁西(にんさい)という僧です
吉野にあった高原寺の住僧でありましたが、ある時紀伊の国・熊野権現に詣でた折、夢のお告げをうけました、それは「摂州有馬の山間に温泉がある。近頃、はなはだしく荒廃しているにつき、行って再興せよ」というものでありました。

その後繁栄するのですが…

享禄元(1528)年大火に見舞われ、有馬は焦土と化した
天文14(1545)年には、善福寺後方の落葉山に城を構える三好宗三政長に対し、三木城主別所豊後守が大軍をひきいて攻めた折、有馬はその余波を受け大打撃をこうむりました。
天正4(1576)年にも大火があり、有馬は立ち直る間もなく壊滅的なダメージをうけてしまいました。


それを立て直したのが  太閤秀吉だったのです
慶長2(1597)年に始まった大規模な改修工事です。

江戸時代からは 幕府の直轄地になり 現在にと続いています



こんなことを知っておくと 又見方も変わるんものですが
では壁ぎわの案内です


P1100407.jpg

有馬温泉の玄関です

何かわからないモニュメントと

P1100408.jpg

何故かわからないカッパが

P1100409.jpg

それを見守る 太閤秀吉

この人は貢献しましたから


P1100410.jpg

その前に こんな看板が

有馬名所 亀乃尾の滝

P1100412.jpg

亀の尾 というぐらいですから
細い一本の水が流れているのでしょうか?

P1100413.jpg

由来がありました

昔からの 水量の少ない滝で
加茂の不動尊と 眷属の白蛇 白長大明神の社が有ると

P1100414.jpg

すぐ上に見えるんだけど

P1100415.jpg

平坦な土地が無いせいか

この階段はきついんだよねぇ

P1100422.jpg

お不動様と 滝の全景

P1100417.jpg

お不動船が先か 滝が先か
亀の尾と言うぐらいだから…

P1100418.jpg

でも全景といて上を見たら

上の小さな池に 湧水を 土管を通して入ってました


P1100420.jpg


下だけ見てたほうが良かったのか…




スポンサーサイト



そうだ 有馬温泉に行こう

一月の末の日曜日

明るいうちから 温泉に行こうと思いつきました

非常事態宣言されて なかなか出にくいのですが

どうも世間を見ていると

バスや電車で 声高にしゃべるのは 20台の男性
女連れかグループで 85パーセント聞こえてくるのが そんな兄ちゃんの声です

やっぱりコロナにかかるのが真っ先で
うつして回っているのも こいつらなんだろうなと思うこの頃ですが

P1100388.jpg

有馬なら 近いし
車で一人だし

その年代は 早くから温泉には来ないから

よし行って見るかと

P1100390.jpg

宝塚を抜けて

国道176号線から 蓬莱峡方面へ

宝塚駅から この道を走る定期バスは 冬季運休中です

P1100392.jpg

これは 生きている線路ですが

この近くの廃線跡を 歩くハイカーも 多かったのですが

有馬に向かう 六甲山東側からの道です


P1100396.jpg

さくらやまなみバス と 茨城ナンバーのレクサス

茨城ナンバーのレクサスには 
緊急宣言が出ている中 あの茨城からようこそ

そして さくらやまなみバス 初めてみた

冬場は宝塚から 蓬莱峡を抜けて 
有馬温泉に行くバス 運休中なんだけど

そんなこと思っていたら

甲子園球場の有る 西宮市が 阪急バスに依頼して
六甲山の南側と北側を結ぶ 交通機関を確保するために
2009年4月1日から運行を開始しました
阪急の西宮北口 夙川 JRの西宮  さくら夙川 の駅前を通り
有馬温泉まで 50分 700円ほどで連れて行ってくれるのです
祝日の時刻表

P1100402.jpg

バスの後ろをついて 有馬温泉到着です


P1100403.jpg

この橋の手前

P1100404.jpg

この駐車場に停めるのが比較的安くつきます

だいたい 1000円で 入浴して散歩してたりる所

さすがに 10時ごろでは ガラガラです


P1100406.jpg

参考までに バイクで有馬温泉に来て
止めておくとjころが無いと あきらめて帰る人の多い所ですが
ここは停めてくれるのを知らない人が多いようです

P1100405.jpg


それより こんな店が有ったんだ

でも 有馬で泊まらないと 立ち寄れないよなぁ…


では 金の湯 銀の湯と はしごしましょうか





P1100618.jpg

三密防止の  表示を無視して 
注意書きの上に座る奴ら
無料の足湯を独占する中国人の団体 を見ることになるとは

そんな日のお話です

阪急山本の朝 アイアイパーク

阪急山本の駅の南に

ちょっとおちついたところがあります

P1090410.jpg

あの建物  駐車場もあります


P1090409.jpg

一時間までなら 駐車料金も無料です


P1090411.jpg

この建物は あいあいパーク

園芸の町 宝塚の山本地区の顔として2000年に作られました。
池のほとりに建つレンガ造りの建物は山本のシンボル的存在です。

P1090412.jpg

イングリッシュガーデンと言いのでしょうか

P1090413.jpg

温室を模したような洋館と

P1090419.jpg

薔薇の時期は終わりましたが

P1090420.jpg

アールデコ調

こんなに似合わないオッサンが何言っているんだ


P1090421.jpg

それでも落ち着けるのは何故

そして 園芸用品の売り場がメインです

二階には喫茶ルームもあります


P1090414.jpg

いま 行動縮小化 なんて言われているときに良い所

P1090416.jpg

施設案内はこの通りですが



P1090415.jpg

同じ敷地内にこの店が有ります

P1090417.jpg

100円パンで有名な ヤキタテイ

中で食べられるスペースもあるのですが

覗くと お年を召された女性ばかりでした

P1090418.jpg


中に入るのはあきらめて

今回なは案内だけで おしまいでした












清荒神 後編

 写真が多すぎて後編になりました

P1090457.jpg

知る人ぞ知る 清荒神の名物

この柵の中に…

ここの名物があります

動物か それとも霊鳥か

いいえ


清荒神は お賽銭を借り受けて帰っても良いのです

そして より多くしてお返しするのですが

P1090458.jpg

今年は どうした
100円玉や 50円玉がない
というか 数枚しか残ってないぞ

こりゃ
電車代にもなりゃしないぞ

P1090459.jpg

なんだこの洞窟みたいなところは

神変大菩薩(行者洞)


「火箸納所」の隣に岩壁をくりぬいた祠、「行者洞」があり、修験道の開祖、「役行者 えんのぎょうじゃ」(役小角 えんのおづぬ)をお祀りしています

P1090460.jpg


これが役小角です

P1090461.jpg

そして 登り階段…

順路ですから


P1090462.jpg

上にあるのは 宝稲荷社


P1090463.jpg

それだけで下りです



P1090464.jpg

そして本堂


P1090465.jpg

本堂です

正面には本尊大日如来、向かって左に不動明王、右に弘法大師が祀られています。

P1090466.jpg

そう書かれています

P1090467.jpg

なで仏 ここも さわれないようになってました

P1090468.jpg

山の坂にあわせた建物

この造りがすごいですね

P1090469.jpg


この造りも大したものですね

P1090473.jpg

一願地蔵尊



P1090474.jpg

一願地蔵尊は金銅製の巨大な立像で、頭上にまで水を掛けて一つの願いを念ずれば、ご利益があると言われています。


P1090471.jpg

その為 へたくそなオヤジが柄杓を持って居ると
この辺りを歩く人が 被害にあうことも多い所です


P1090475.jpg

こちらは資料館

P1090476.jpg

お休みでした

P1090478.jpg

坂を下り近道して
踏切で引っかかりました

絵を描いた阪急電車でした




清荒神 前編

1月7日 七草の日
昼休みに清荒神を訪ねてきました

バラけた初詣を

今年の初詣は 8日までとか 10日までとか 15日までとか
好きなことを言ってますね

P1090433.jpg

とりあえず覗きたかった

清荒神(きよしこうじん)

真言三宝宗 清荒神清澄寺です

380台の 無料駐車場があります

P1090434.jpg

それだけでなく 阪急宝塚線 清荒神の駅からここまで その参道には
商店街から始まって 年始には 屋台の切れるところも無いのがいつもなのですが

常設の店舗は別にして
屋台はごく僅かでした

P1090436.jpg

山門前の常設店

ここは 雷門の中店みたいなものですから

P1090437.jpg

昔流の いろいろな店が有りますが

P1090438.jpg

たわしや

ほうきとたわしです

P1090439.jpg

店やはここまで

P1090440.jpg

山門を過ぎると 境内です

P1090441.jpg

今年はこの祈念品一杯残るんだろうなぁ

ここの 祈念品は箸です

阪急の初詣キップが
全線版 1000円、阪神間なら 500円台の乗り放題切符を買うと
引換券がもらえます

P1090442.jpg

こちらは売り物の授与品の 祈念品いろいろ

勿論有料 高額ですが

P1090443.jpg

手水場に 柄杓は無し

P1090444.jpg

この奥が三方荒神


P1090445.jpg

入り口には狛犬でも 左大臣右大臣でもなく
なんと 布袋さんが

P1090446.jpg

拝殿(天堂)

天堂には、三宝荒神王、大聖歓喜天(聖天)、十一面観世音菩薩他、福徳を授ける諸神諸仏が祀られています。

P1090447.jpg

拝殿に向かって左の眷属堂(けんぞくどう)には、三宝荒神王の眷属(従者)である「布袋尊」をお祀りしています。

その前では 売店が 授与所です

P1090448.jpg


その裏手のこの建物は

P1090449.jpg

拝殿を左に迂回すると、ちょうど後ろに「ご本社」とよばれている神殿造りの「護法堂」があり、正面には大勝金剛転輪王(如来荒神)、右に歓喜童子、左に弁才天がお祀りされています。


P1090450.jpg

龍王堂


P1090451.jpg


納札所

P1090453.jpg

納札所の隣の「火箸納所」は、厄年にお祀りしていた厄除け火箸を、厄が明けた年の節分以降に納める所です。「かまどの神様」として信仰される三宝荒神王にあやかり、厄年の人が火箸で厄をつまみ出してもらうとされ、男性41~43歳、女性32~34歳の大厄には、各々前厄から3年間、小厄のときは1年間、厄が明けるまで自宅でお祀りします。

なお、納所に火箸がいっぱいになれば、朝日新聞社を通じて引き取っていただいたお金を社会福祉事業に寄付しています。


P1090456.jpg

その説明

P1090454.jpg

こんな大きなものまで

P1090455.jpg

今年で 一杯になる予定だったのかな


P1090452.jpg

ただ 納札所にこんな書き込みが

安くきれいにするために ビニールやプラスチック使うからでしょうが…


長くなるので明日につづきます




薬草公園丹波の湯

おっさんの一人旅 

ちょうど雪の日で

ここから北に行くのは危険です


P1090232.jpg

まだ時間も早いし 丹波市辺りの温泉は

篠山のささやま荘か 国領温泉の助七旅館ぐらいか
後のスーパー銭湯は 仕事が終わってからでも行けるから

そうだ

薬草公園の 薬湯に寄ってみるか

P1090233.jpg

正式名称は 丹波市立薬草薬樹公園

ここ山南町も 丹波市になりましたから。
(平成16年11月1日 - 氷上郡柏原町・氷上町・青垣町・春日町・山南町・市島町が合併して丹波市発足。)


P1090234.jpg

こんな建物と


P1090235.jpg

こんな温室があり

珍しい物でもありませんが 色々と薬草が植えられています

マンドラゴラとか トリカブトは 多分無いでしょうから

そちらを期待する人は……別な所を


P1090236.jpg

ここは これが目標ですから


P1090237.jpg

いろいろ土産物も 薬草関係が 3割ぐらいかな


P1090238.jpg

では 行くり浸かりましょう…


そう思ったら

あれっ!?

ただいま満員です  ( 男性 )

なんなんだ!

P1090239.jpg

フードコーナーの メニューや

P1090241.jpg

お土産用の茶の葉や

P1090242.jpg

自分で呑むなら こちらの茶


P1090243.jpg

そして裏のバラ園をみてたら

名前を呼ばれました

中に入ると ただでさえ少ない ロッカーが
密を避けてと半分閉鎖されてました

おかげで温泉の内部には 10人ほどだけでした


P1090244.jpg

帰り 正月用のリースの向こうに何かあるぞと

立ち寄ってみると

P1090245.jpg

兵庫県にもこんなの有ったんですね

でも 妙薬と言う言葉が 怪しい

P1090246.jpg

こちらになると… 

読めない


P1090247.jpg

セメンエン ?

水と合わさったら 固まらないか?


P1090248.jpg

乳の病気と 腫れものの妙薬

怪しすぎるやろう


P1090249.jpg

乳明膏??  むね虫おろし

もう ネットでも見つからない者たちが…

こう書きましたが
ネットでの 深い検索は危ない所に飛んでいくかもですよ…
気を付けて


P1090250.jpg


山南仁王に送られて 旅を終えた 年末のドライブでした






道の駅あおがき

道の駅 かみから 北に上がるも

そこから北も西も 雪が怖くて入れない

大名草(おなざ)と言う所に

大名草庵と言う  大好きな 蕎麦屋があるのだが

蕎麦二人前喰ったから もうそばはいいや

皆とならそばツアーも良いのだが
一人だとなぜか控えめです

貧乏人のサガですね

P1090213.jpg

丹波市なら いつものあおがきに向かいますか

丹波布の資料館も開いている時間に
最近行ったこと無いですから


P1090214.jpg

観光バスが止まっている
コロナが始まって以来

おきゃくさんを乗せた
観光バス 久し振りだ


P1090215.jpg

でもああのバスはトイレ休憩


P1090216.jpg

観光案内所も 用なしだね


P1090217.jpg


あおがきの看板には 丹波布伝承館から

そんなに大事なところですから


P1090218.jpg

注意書きと 開館時間

当たり前のことだけですが

ペットを連れて入った人が居るのだろうか?

ちなみに 入館料は無料です

P1090219.jpg

機織り場

P1090220.jpg

染色場


P1090221.jpg

糸車

昔話に出てきそうなものばかりだ


そして 田舎の土地の織物ですから

色合いも 華美な物ではなく

P1090222.jpg

自然の物を使った 色合いです


P1090223.jpg


栗の渋皮まで使っていたんですね


P1090224.jpg

染色の材料が触れます


P1090225.jpg

向こうの奥には 織りあげられた反物が

さすがに触れませんけど…

P1090227.jpg

これ何かわかりますが

綿繰り機

綿の実から 綿と種とを仕分けるのです

P1090226.jpg

綿繰り前の種を 器械にかけて

綿と種に分けます

すごい単純なことだけれど ちょっと楽しかったりして


P1090228.jpg

それだけでなく
お土産に綿の種もちかえって 育てませんかって

種蒔きは 5月ですか


P1090229.jpg

今度は道の駅で

見学中…

道の駅の売店ですから

見学するところではないのですが

P1090230.jpg

都会では見かけないものばかり


P1090231.jpg


この地の焼き物から 俎板まで売ってました

ここの道の駅のレストラン 

今日はその写真はありません

実はふわふわの手打ちそばがあるんですよ

その時の記事はこちらから






青玉神社と杉原紙の里

旅に戻りました

道の駅 杉原紙の里多可  昔は道の駅R427かみ と呼ばれていたところです

ここでは昔 紙漉き体験もやりました


P1090174.jpg

道の駅の看板です

反対側には 青玉神社

まずは旅の安全を祈りましょう

P1090176.jpg

杉木立の奥に 大きな神社があります

春は花粉症辛いよね

P1090178.jpg

だんだん読みにくくなっている

昔の 看板もある 神事をやっていた時の記事

P1090181.jpg

お休み石

賽銭箱の文字が読めなくなってますね

P1090180.jpg
 


読めますか

青玉さん
この神社の西北に聳える三国嶽の山頂に播磨踊場という広い平坦な所があり、今も御手洗池(みたらいいけ)という小池が残っている。
そこに青玉さんが鎮座まし斎祠されていたという。
青玉神社がこの地に創建された年代は定かではない。
境内の6本の大杉は樹齢7・8百年以上かといわれ、又御神木(夫婦杉)は千年杉ともいわれている。これらの巨木から見て神社が建てられたのは相当昔のことである。
「休み石」の謂れ
その昔、井ノ岡(猪ノ岡)という狩人が(のちに稲岡大明神として祀られている)三国山に狩りに行った帰り道、背中が急に重くなり、ここ迄やっと辿りつき動けなくなった。
この石に腰掛け、しばらく休んだ後帰ろうと立ち上がれば背中が急に軽くなった。急いで村に帰りこの事を村の人に話した。
村の長老がそれはきっと神さまやと言った。
それから村の人々は口々に青玉さまを背負って来たのだ。
ここに神さまを祀れということだといって、その後この地を拓き清め青玉神社として祀ったそうである。
そう書いてありました。



P1090183.jpg

誰もいない 境内でお参りをして
道の駅に向かいましょう


P1090184.jpg

道の駅です


P1090187.jpg

ここにもありました
臭い付き自動販売機


P1090188.jpg

いつものようにメニューチェック

でも蕎麦二人前食べてきたところですから


P1090190.jpg

山の中なのに
なんで人気ナンバースリーが海老フライなんや


P1090191.jpg

道の駅にも 杉原紙も売ってます


P1090196.jpg

では 杉原紙の里の方に


P1090198.jpg

昔から伝わる 杉原紙を


P1090200.jpg

杉原紙の杉様


P1090201.jpg

手すき和紙 ハガキですがやったもんなぁ


P1090202.jpg

いろいろな質の和紙も売ってました


P1090204.jpg

これ以上の宣伝はこれに任せて

次はどこに向かいましょうか




1月2日 中山寺に行ってみた

1月の2日 初詣に中山寺に行って来ました



阪急電車では 今年も 超お得な初詣切符

阪急全線や

阪神間だけ

乗り放題だけでなく
こんなプレゼントもついてますから


P1090381.jpg

大門です
今年は警備の人も 暇そう

P1090382.jpg

夜には火もつくのでしょうね


P1090384.jpg

お参りに来た人もいますが

P1090386.jpg

こんなに隙間が見えるのは初めて

P1090387.jpg

本堂前が 満員の時に 時々間引きするために
エスカレーターの乗るのを止める 警備員も 今日は用なし

石段を上る人影もなく

和服の人は……  寺の坊さんだけでした

P1090388.jpg

本堂前

P1090390.jpg

人が流れるようにと 両サイドに一方通行はそのままですが

P1090391.jpg


別に必要なかったかも

いつもはこの階段 降りられないのに

P1090392.jpg

五重塔前も

P1090395.jpg

本堂前の人ごみが  ない

P1090396.jpg

去年のお札 お守りの返納箱はあるのですが

中は普段ならあふれているのに
どんと焼きどうする?

P1090400.jpg

令和三年と書いてありますが

P1090401.jpg

この納骨回向堂から先

P1090402.jpg

何と 露天商が一軒もない

P1090403.jpg

こちらにも


P1090406.jpg

こちらにも

ここが確かに一番密になる所だもんなぁ

P1090404.jpg

ただ……

この 焚火の煙が いつもより煙くて

咳が出ると 周囲の人に変な目で見られた

P1090407.jpg

年越しの仕事を終えた
鐘楼の前も ひっそりと

ひっそりとした 初詣でした



ここからは 壁ぎわの余談です

たまに ですが まともな解説をすることがあります
別に 普段から嘘はついては居ませんが

旅のプロとして 私情も入れて 解説するときもあるのです
このブログに移って 中山寺のこと書いたこと無かったですね

宗派 真言宗中山寺派(大本山) 開基 聖徳太子

西国観音霊場 第24番札所です

安産の寺と言われていたのですが

明治天皇の出産祈願で 全国的にも有名になったお寺です


四国88か所は弘法大師の 巡礼の道(寺は後)ですが

西国観音霊場に関しても少し




日本最古の観音巡礼。西国三十三所のはじまり。
養老2年(718)、大和長谷寺の開山徳道上人は、病にかかって仮死状態になった際、冥土で閻魔大王と出会います。閻魔大王は、世の中の悩み苦しむ人々を救うために、三十三の観音霊場を開き、観音菩薩の慈悲の心に触れる巡礼を勧めなさいと、起請文と三十三の宝印を授けました。現世に戻った徳道上人は、閻魔大王より選ばれた三十三の観音霊場の礎を築かれましたが、当時の人々には受け入れられず、三十三の宝印を中山寺の石櫃に納められました。

それから約270年後、途絶えていた観音巡礼が、花山法皇によって再興されます。花山法皇は、先帝円融天皇より帝位を譲られ、第65代花山天皇となられますが、わずか2年で皇位を退き、19歳の若さで法皇となられました。比叡山で修行をした後、書寫山の性空上人、河内石川寺の仏眼上人、中山寺の弁光上人を伴い那智山で修行。観音霊場を巡拝され、西国三十三所観音巡礼を再興されました。



こう説明はあるのですが

この花山天皇 17で即位するのですが 女性癖がもともと悪く
そこで 藤原氏の悪者どもが メロメロにするような女性をあてがい
前後が見えなくようにさせました そしてその女性の死

弔うようにと 断髪し 出家するように持って行ったのです

勿論元天皇で 今は法皇の寺
タダの寺と言う訳には行きません


三人のうるさ方をつけて 修行させ
後世に残すような徳を積ませて
以後に残る功績として 

選ばれたのが この観音巡礼の話ではなかったかと

都の後押しで 巡礼の旅が流行り

西国33か所の別院ともなっている
当時 女人禁制の寺をあてがって

再び 俗世を見せず
政治に口出しせぬように持って行ったと思われます

その暮らした寺(花山院)の麓には

十数人の 追いかけて来て 庵を持った 
女性達の塚が残っています

その費用は……もちろん都の出資

至れり尽くせりですなぁ…







年末の中山寺  後編

写真が多すぎて 前編 後編になってしまいました

ではお参りです


P1090323.jpg

コロナ対策で 柄杓が無くなった 手水場

直接 口をつけて飲む人が居るからなぁ


P1090324.jpg

鐘楼  これはまだ仕事してないんだよね

もうすぐです 頑張れよ

P1090345.jpg

頑張れよって言うなら

正面から見てやらなくては


P1090346.jpg

これで 叩かれる いいえ 撞かれるのですね


P1090325.jpg

本堂に上がる 石段とエスカレーターの前には

焔魔堂が

P1090326.jpg

閻魔様が睨んでますよ


P1090328.jpg

ここも後回し


P1090329.jpg

エスカレーターで 上に


P1090330.jpg

本堂です

P1090331.jpg

奥には 五重塔が

P1090333.jpg

本堂前の 賓頭盧(びんづる)尊者
撫でると除病の功徳があるとされ、なで仏と言われる。

P1090335.jpg

本土でお参りを済ませ
左手の大願塔 

P1090336.jpg

そして阿弥陀堂

P1090337.jpg

亥の子地蔵

P1090338.jpg

坂を下りて 大黒堂へ

P1090339.jpg

今年はついてなかったから

P1090340.jpg

来年はお願いしまっせ

P1090342.jpg

そして こんな所も

P1090343.jpg

初めて近くまで

P1090344.jpg

ここまで来たのは初めてでした

P1090347.jpg

ポスターなら


P1090351.jpg

お参りを終えて帰り道

P1090352.jpg

今年の正月は混んでいるだろうか

P1090353.jpg

今なら買いやすい草団子

P1090354.jpg

お店もガラガラでした

P1090355.jpg

そして駅南側の駐車場に誘導するおっさん

警備員でも何でもありません
でも車道にまで飛び出して
客引きをしています

繁華街の飲み屋の客引きよりも 
質の悪いおっさんでした





プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR