江崎記念館  壁ぎわツアー①

年数回 友人に声をかけての壁ぎわツアー

この連休に行ってきました

その様子を少しづつ書いていきます


P1030035.jpg

まず今回 連れて行きたかったところ

塚本にある グリコの記念館

第二,四土曜日と 日曜日が休館
平日が要予約 ところが一と三の土曜日は予約なしで入れます

P1030036.jpg

おっさん年代なら うれしいですね

グリコのおまけが見られますから

P1030037.jpg

産業遺産だって

P1030039.jpg

グリコを一つプレゼントされました


P1030340.jpg


ちなみに今のグリコのおまけは 木のおもちゃでした


P1030040.jpg

マークの歴史

ゴールインマークと言うのですね

P1030041.jpg


P1030042.jpg


パッケージの歴史


P1030043.jpg

昭和10年そんな頃からおまけがあったんですね

P1030044.jpg

ビスコも

P1030045.jpg

ポッキーも


P1030046.jpg

人気商品だった者たち

P1030047.jpg

自動販売機も



P1030048.jpg

道頓堀の このネオンも

P1030050.jpg

色々と変わってきているんです

P1030053.jpg

なつかしいポスター

P1030054.jpg

写真館も

P1030055.jpg

販促キャンペーン

P1030056.jpg

こんなに大きな人形が


P1030057.jpg

懐かしきおもちゃたち

でもこのあたり知らないなぁ

P1030060.jpg



P1030062.jpg



P1030063.jpg



P1030067.jpg


このおまけを見ていて

思い出してみました
何故あまり知らないの?

そうか あまり買えないほど 貧乏だったんだ……

P1030068.jpg



P1030069.jpg

それでも見ているだけでも楽しい所

P1030072.jpg



P1030073.jpg



P1030074.jpg



P1030075.jpg



P1030076.jpg


個人でも 見学できるのが良いですね

しかも 1と3の土曜日は 予約不要です


P1030077.jpg



壁ぎわツアー つかみもOK
では楽しみましょう

ただ…
ツアーと言っても ここで3人

さてのども乾いたし 呑みに行きますか









スポンサーサイト

中山寺後編  ある日曜日の壁ぎわ②

中山寺の散策の続きです

最近 中山寺を訪れてない方に見て欲しいものがあります

CIMG1031.jpg

本堂があって

右に目をうつすと

CIMG1032.jpg

千体奉納をしている 護摩堂の上に見えるのが 五重塔

しかもほとんどの塔が赤をベースなのに 青っぽい

CIMG1033.jpg

本堂の左の階段を 大願塔を見ながら上ります

CIMG1034.jpg

高野山なら 根本大塔とか言う建物の造りですね

CIMG1035.jpg

本堂の裏側の 装飾


CIMG1036.jpg

藍段を上がった所には 地蔵堂


CIMG1037.jpg

右を見ると 五重塔の全景が

CIMG1038.jpg

その手前 左には これもリニューアルされた大師堂

弘法大師を祀るお堂です

CIMG1040.jpg

大師堂の説明


CIMG1041.jpg

では 五重塔の近接


CIMG1043.jpg

青いですね



CIMG1045.jpg

そして ここまで来るために

バリアフリーです すごいですね

CIMG1047.jpg

五重塔から前を見ると 大願塔が

CIMG1049.jpg

麓をみるとこんな感じ

CIMG1050.jpg

本堂で 再度手を合わせて

CIMG1051.jpg

寺務所の前のエスカレーターを下りたところ

カフェレストランがあります


CIMG1052.jpg


まだ9時では、従業員もいません 

CIMG1053.jpg

メニューです

CIMG1054.jpg

一度食べてみたい 蓮ごはん

蓮の実を入れた入れたおこわですね

CIMG1055.jpg

ランチは観光地値段ですね

CIMG1056.jpg

蓮ご飯ってこんな感じ

ではあきらめて

CIMG1057.jpg

帰りの参道には こんな植木が

これから取れるのがトンブリなんですね

CIMG1058.jpg

山門の 二王さんの裏手に居るのが狛犬と獅子

CIMG1059.jpg

狛犬

CIMG1060.jpg

獅子

元々は角(つの)がなく口を開いている獅子は「阿形(あぎょう)」、
角があり口を閉じている狛犬は「吽形(んぎょう・うんぎょう)」。

両者で 阿吽の呼吸です

CIMG1061.jpg


中山寺全景


CIMG1062.jpg


中山観音からの参道

まだ 9時には開いている店も少なかったですね








続きを読む

中山寺前編  ある日曜日の壁ぎわ①

9月3日 月初めの日曜日

この日は別に予定が無かったので

出かけてみようかと 8時ごろ家を出る

本当に 家には居場所のない壁ぎわである


CIMG1007.jpg

阪急宝塚線 中山観音駅

中山から中山観音に名が変わって ようやく慣れてきました

CIMG1012.jpg

たまには 中山寺でお参りしてから出かけようか

そんな感じで立ち寄りました

いつもだと 祭りの日に来るから 写真が撮りにくいもんなぁ

まだ九時前だし お参りの人もまばらでいいやと

CIMG1013.jpg

中山寺山門

CIMG1014.jpg

大本山中山寺ですから

西国観音霊場にも名をあげている寺

CIMG1061.jpg

これが鳥観図 

宝塚で 駅から近く これだけの土地があります

まともに税金払えば すごいでしょうね

だからここは お参りは無料です

ただし 祈祷はそこそこしますけれどね


CIMG1015.jpg

大門では

CIMG1017.jpg

二人の二王さんが睨んでいます

CIMG1016.jpg

徳川三代将軍 家光公によって建てられた山門だと

二王さんもその時の作だと

CIMG1018.jpg

わらじも ここの奉納物です

CIMG1019.jpg

そして 参道に並ぶ 脇寺

昔はもっと多くの坊院があったのでしょうね

いまでも この参道脇には いくつも残ってます

CIMG1020.jpg



CIMG1021.jpg



CIMG1022.jpg



CIMG1023.jpg



CIMG1024.jpg

そこを過ぎると 一段高い所になります

階段が……

CIMG1025.jpg

ところがこのお城の石垣 その中には


エレベーター エスカレーター

そうなんですここバリアフリーな寺なんです

CIMG1026.jpg

稼働は九時から

階段を上りましょう


CIMG1027.jpg

上がったところには 涅槃堂が

いま 千体の奉納仏を募集しています

家族の無事息災を願う仏様の奉納 一体30000円です

CIMG1028.jpg

こちらには鐘楼が

大晦日以外にいつ撞いているんだろう



CIMG1029.jpg

そして 焔魔堂

CIMG1030.jpg

そこから又一段高い所に 本堂があります

本堂にはエスカレーターがここにもあります

CIMG1031.jpg

本堂までやってきました

今日の旅の無事を祈って 次にと言う所ですが

実はまだまだ 大きなお寺

写真も多くなりますので続きます





またまた小林 さんさん堂へ

最近 宝塚に時々通うようになりました

今津線の小林(おばやし)近辺です


CIMG0933.jpg

特に多いのがこの店
立ち飲みのバー 

なのに 料理のある店

しかも安い

CIMG0934.jpg

L字型のカウンターだけの店

ザプレミアムモルツが 旨い店


CIMG0935.jpg


安いですよね

2種盛り 280円

CIMG0937.jpg

今日は ポテトサラダと 胡麻豆腐にしようか


CIMG0936.jpg

小鯵のから揚げ

ゼイゴがついているのが困ったと思ったが
揚げ立ては摘まめば 楽に取れる

南蛮漬け作るときに 揚げてからぜいご取ろうかなぁ


CIMG0938.jpg


なつかしいものを 箸置き入れの中で発見

シュウマイのソース入れですね


CIMG0940.jpg

この店のメニュー

先日わらじトンカツ喰ったから


CIMG0939.jpg

今日はさんさんステーキを

CIMG0941.jpg

あとは ハイボールにしようかな


CIMG0942.jpg


と言う事で 白州のハイボールを

軽く飲むのにうれしい店ですね




大黒茶屋とバクの店  丹波、但馬の旅最終話

せっかく兵庫県西部に来たから
ネクスコ西日本のお国じまんカード貰って帰ろうと

神河の大黒茶屋を探します

簡易ナビを買ったので わかるはずなのですが

行きすぎた!?



CIMG0914.jpg

農道を通って引き返しました

これだな

でも何で行き過ぎてしまったのだろう?


CIMG0915.jpg

車を停めようと思ったら

工事中?

それとも横に何か建てているの?


CIMG0916.jpg

遠くに車を停めて

工事のフェンスの横を歩いていかなければ

こんな時期に工事するのなら 
ポイント延期してもらえばいいのに


CIMG0917.jpg

弁当とうどん蕎麦の店

この暑い時に…


CIMG0918.jpg

でも中に入らねば カードがもらえない


CIMG0919.jpg


なら これでも買いますか

アイスクリームもなか購入 カードゲットです

CIMG0920.jpg

折角冷えた マッハゴーの室内が
もう暑くなっている

これで 渋滞している街なかは嫌だし

山越えで帰ろうか


CIMG0923.jpg

と 一軒の蕎麦屋を見つけた

丹波蕎麦ツアーのときに 一応チェックして置いた店だ

こんな店だったんだ


さすがに少し山に入ると

暑さもやさしい  

クーラー付いて無いので どうしようかと思ったが

入って見ました


CIMG0924.jpg

メニューも少ない


CIMG0925.jpg

趣味が高じて  そんな感じの店


CIMG0926.jpg

テーブルが二つと

小上がりに テーブル二つの店


CIMG0927.jpg

もり蕎麦

茄子の揚げびたしがついていた 

店主が まずここの水で水蕎麦で食べてくださいと
その気持ちはわかるが

そのあとに 
ゆずの皮を絞ると旨いと

それはあまり乗り気がしない

スダチ蕎麦と言って 輪切りのスダチを敷き詰めてる店もあるが

蕎麦を喰わせたいなら シンプルイズベストだよ

CIMG0928.jpg

挽きぐるみの10割蕎麦

そばは旨いが 厚みにむらがあるのは

手作りの証拠だが 茹で加減にむらが出来るのがマイナスだよ


CIMG0929.jpg

蕎麦湯も貰って 及第点は何とかクリアですね


CIMG0930.jpg

兵庫県の 西から東まで

高速以外の国道で山の中を走りました


途中懐かしき景色


山のドライブで 横の女性に

 ちょっと『白い絵本』に 寄って行こうか

ほぼ100パーセント 怪訝な顔をされていたところ


CIMG0931.jpg

この ウッドデッキの 喫茶とレストランを兼ねる店です

どうしてこんな名をつけるかなぁ

だれでも 山の中で 白い絵本 なんて言うと

大概 あっちのホテルと思いますよね


久しぶりにこの道を通り 帰路についた壁ぎわでした




道の駅朝来と 丹波、但馬の旅

和田山から 久しぶりに 南に下ることにしました

とはいっても 高価な播但道ではありません

一般道です それに 一部通行止めになっているしね


CIMG0889.jpg

のどかな景色だけれど

冷房がついて無ければ 恐ろしい所です

ツーリングの人に頭が下がりますね

CIMG0890.jpg

道の駅朝来です

播但道にはフレッシュあさごと言う道の駅が出来て繁盛してますが

こちらには訪れる人もまばらです

CIMG0892.jpg

だいたい 建物自体が 村おこしセンターですから

CIMG0893.jpg

そしてこちらが

むらおこしイベント広場


CIMG0903.jpg

私には トイレの前の休憩所にしか見えないのですが


CIMG0902.jpg

こんな物を 売っているのは昭和の後期ですよ

奈良のシカのフンを パクったけど…  そんなお菓子ですね



CIMG0894.jpg

これみて 空爆してやると言う人もいるでしょうが


手作りの麩  1メートルあります

CIMG0896.jpg

レストラン

田舎のレストランです

なんか名物があるかと 覗いたら 別段……

CIMG0901.jpg


しいていうなら ホルモンうどんぐらい

もう少し西の地区の名物じゃなかったかな

750円で食券買って


CIMG0897.jpg

これが出て来た時に 暴れそうになった

まるで海の家の焼きそば価格じゃないか

しかも ほぼ麺

焼肉のタレか ホルモンうどんのたれか知らないが

色がついてるだけじゃないか

CIMG0898.jpg

食べ勧めると

少しホルモンが出て来た


CIMG0900.jpg

確かにねぎの輪切りを 二つひっ付けたような肉がいくつか

これでホルモンうどんの 下卑た脂の味が出るもんか…

同じ兵庫県民として

地図から消してやろうかとも思いました




CIMG0904.jpg

森林組合があり

森林大学もあるんだと

CIMG0905.jpg

自然が残された

CIMG0906.jpg

そんなところでした

CIMG0909.jpg



CIMG0911.jpg

反対側にレストハウスがあり

ココに寄ってみようかと思いましたが

ほぼ変わらない内容なら

本当に空爆したくなるから……

CIMG0910.jpg

暑い中 はしを渡ったりして見たが

ほたるが居ると言う案内ぐらいで…

CIMG0912.jpg

この地図を描いた人に免じて

今回は忘れます…


できれば もう少しだけ 平成になってほしい所でした



但馬 海鮮せんべいの里  丹波、但馬の旅

道の駅 ようか但馬蔵を出たのが 10時

普通の観光客と時差が二時間の壁ぎわです


CIMG0878.jpg

無料の 自動車道を走って 和田山に戻ります


CIMG0879.jpg

10時半 海鮮せんべい但馬に到着です

さすがにこの時間は 観光バスの姿もありません


山の中なのに 海鮮せんべいって そのあたりは置いといて

CIMG0880.jpg

日々研究しながら 新しいせんべいを造っている工場で

色々と味見もしなければ

もちろんお土産用に購入もしましたが

10品ぐらいはいつも味見をさせていただいてます

そろそろ 空腹ですから



CIMG0881.jpg

烏賊の姿焼き これが旨いんですが

最近 するめいかの高騰から 味見が無いのですね

それが残念です

CIMG0882.jpg

試食場

売り場は こんな感じです


CIMG0887.jpg

反対側では休憩コーナーがあり

ガラス越しに工場が見学できます



CIMG0884.jpg

休憩コーナーでは

薄い炊き出しですが 無料でコーヒーが楽しめます


CIMG0885.jpg

飲みながら歩いてこぼされると困るから

休憩用に テーブルと椅子が用意されてます

CIMG0886.jpg

試食品の持ち込みは禁止ですが

もう一つの 目玉品がこれ


海鮮せんべいのかけらを突き刺したソフトクリーム

わたしはここでは 毎回食べているかも

冬場でも、海鮮せんべいを買わない時もです


どこがおすすめかと言うと



CIMG0883.jpg


彼女が

実は160円この値段に惹かれてなのです

観光地でここより安いソフトクリーム 見たことが無いから


しかも北海道のクリームを使い より濃くなってました


海鮮せんべい但馬に行って ソフトクリームを食べよう

これ壁ぎわのおすすめです







道の駅 ようか但馬蔵 丹波、但馬の旅

もう少し足を延ばして

道の駅 ようか但馬蔵まで行って見ることにしました


CIMG0863.jpg

目的は特にないのですが

しいて言えば…

湯村温泉まで行ってやろうとして、くじけただけです

CIMG0864.jpg

無料の自動車専用道路 北近畿豊岡道もここまでですから

CIMG0865.jpg

と言う訳で ここ 道の駅ようか但馬蔵へ

ひさしぶりです

CIMG0867.jpg

かぼちゃは 巨大なのよく見ますが

巨大スイカ  一個 50キロ近くあります

CIMG0869.jpg

食用じゃないと書いてあったのですが 売ってました

何に使うんだろう

CIMG0871.jpg

変わったカボチャも

まだ未体験ゾーンです

CIMG0872.jpg

これは昔ながらの優しいお菓子

ただ アユだけれど 
暑い時より 寒い時にうれしいお菓子だと思うんです

CIMG0873.jpg

レストランで物色中

何を食べようか…


でも 開店時間まで まだ 30分以上ある

どれだけ早く出て来たんや

CIMG0874.jpg

スナックコーナーは開いて居るけれど

牛めし弁当をここで食べるのも…

CIMG0875.jpg


ここの名産 山椒を使った

山椒チョコソフトクリーム

おっさんが一人で食べても面白くないもんなぁ…


CIMG0876.jpg

ということで ビールを我慢してこいつだけ

竹の舟が嬉しくて



シッカリした肉なんだけれど

もっと背油やら入れればいいのに

肉ばかりで硬めの 歯ざわり
きっと昔の ソーセージのレシピを そのまま使っているんだろう
損しているなぁ…


CIMG0877.jpg


結局食事はあきらめて 和田山方向に戻ることに

無料の自動車専用道路を走ってます

なっちゃんじゃ 走れない道
マッハゴーは クーラもつけて快適です

あと求めるのは満腹なのですが… つづく








出石へ  丹波,但馬の旅

但馬の小京都 出石です


CIMG0849.jpg

出石はこの出石城址の城下町

城主が変わった時に 連れてきた蕎麦職人によって
出石蕎麦の文化もさかえました

CIMG0851.jpg

城址公園の前

駐車場と 時計台(辰鼓楼)があるのですが

くわしくは以前の記事で

CIMG0852.jpg

全体の修理は、1928~29年にかけた「昭和の大修理」以来という。
老朽化が進む時計台を後世に残すため、3500万をかけて大規模な修理を始めています。

CIMG0853.jpg

一昨年 姫路城がこんな感じになってましたが
出石の辰鼓楼も ですか

修理の見学会は、6月9日、7月15日、9月9日、10月7日の計4回開催です。

CIMG0857.jpg

この蕎麦屋も 魅力半減ですね

CIMG0854.jpg

そう言えば 観光客の数も 少ない?

いいえ 朝が早いだけです

蕎麦屋もまだ開いてませんでした

CIMG0855.jpg

お屋敷も 見るだけで

CIMG0858.jpg

こんな時には 出石乙女の湯に

出石温泉館乙女の湯ホームページ

10時からですから まだ開いてません

CIMG0859.jpg

開いてないけれど

この麓の グラウンドまで下りると

CIMG0860.jpg

これが見ることができるのです

CIMG0861.jpg


出石トンネルを但東町向きに超える手前にある蕎麦屋さんが、
看板的に建ててらっしゃる「西辰鼓楼」です。


何や看板やったか!!








パピヨンでモーニング  丹波、但馬の旅②

いい温泉に入って目が覚めた

絶好調じゃ~

とは言え 朝から何も食ってない

でも現在 8時を過ぎたところ 開いてる店もない


CIMG0837_201708201137147f3.jpg

出合いの交差点 右に行けばそばの郷
でも開いてるわけがない

左に 出石方面に向かいます


CIMG0838.jpg

出石川沿いに 何もない道を…

喫茶店でもあって

モーニングサービスやってるところがあればいいのになぁ

田舎だし無理か……


そう思っていたら


CIMG0839.jpg

あった!

名前はちょっと危ないが…笑



モーニングセットありますか?

ええ ありますよ

じゃあそれ一つと言って席に着くと

水を持ってきて  どれになさいますかと



モーニングセットを

どれになさいます? 色々有るんですよと


CIMG0840.jpg

にやりと微笑んだ おねぇさん

やられました
A,B,C,S と 4種類セットがあったんですね




CIMG0843.jpg

テーブルの上のこの写真を見て

スペシャルだから Sセットか

じゃあSセットを

卵は ゆで卵なら早いですが

別に急がないから スクランブルを


いきなり朝から嫌な客みたいだ…


CIMG0841.jpg

待っている間に 他のメニューもチェックして


CIMG0842.jpg

かつ丼もある 玉子丼より安いぞ 

きっと ソースカツ丼だろうな

CIMG0844.jpg

そんなこと思っていると

出来ました

これで500円は嬉しい


CIMG0845.jpg

パンにバターがなじみやすいように

入り込が入れてある

これは愛ですね


CIMG0846.jpg

サラダとヨーグルト


CIMG0847.jpg

そしてこの スクランブルエッグ


うれしいですね

夜はカラオケやっていると

ただ…

気持ちよく店を出た瞬間

演歌のBGMが かかり始めた……











プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR