極 新潟の寿司

とうとうここまで来ました

新潟市です

CIMG4789.jpg

新潟駅前

夜なら 萬代橋辺りでと思うのですが
まだ昼ですから

CIMG4790.jpg

ここで食べたかったのが

新潟県寿司組合加入店メニュー 『極(きわみ)』 3000円です


CIMG4791.jpg

昼間なので

CIMG4792.jpg

いろんなランチが有ったのですが

CIMG4793.jpg

本当にいろいろ迷う所

でも

CIMG4794.jpg

まあ気にこいつを

CIMG4795.jpg

そして茶碗蒸しと

CIMG4796.jpg

じつは 茶碗蒸しとあら汁と付いて
極セット 3500円だったのです

地酒は良いよと

CIMG4797.jpg

10貫と 海老専用のエビ醤油

CIMG4798.jpg

大きなお椀が

CIMG4799.jpg

あら汁

CIMG4800.jpg

ゲンゲが有ったので焼いてもらいました

富山で覚えて嵌りました


CIMG4801.jpg

この辺り 嬉しい限りですね

CIMG4802.jpg

海老は南蛮海老

CIMG4803.jpg

マグロと中トロ

CIMG4804.jpg

あぶりものには ノドグロも

CIMG4806.jpg

追加の鉄火巻き

CIMG4807.jpg

一皿の値も手ごろですね

CIMG4808.jpg


そして興味を持った海老汁

海老の頭を使った味噌汁ですが
これはちょっと残念だったかな…


では満腹になったところで東へ

福島は 会津に向かいましょう






スポンサーサイト

いよぼや会館 新潟に立ち寄り2

新潟県村上市に行ったら
イヨボヤの事は勉強しなくては


CIMG4764.jpg

越後村上三面川で 古くからおこなわれている
鮭の養殖の様子です

といっても 浅瀬を造り 稚魚を流しやすくする工夫ですけれどね

CIMG4765.jpg

一部水族館になっていて

CIMG4766.jpg

魚や

CIMG4767.jpg

うなぎも

CIMG4770.jpg

イワナは

CIMG4771.jpg

こんな大きさのものも

CIMG4772.jpg

こちらはこれでも稚魚ですね

CIMG4773.jpg

だって イトウですから

CIMG4774.jpg

よくある話ですが

すいぞくかんにいっておいしそうって…

でも ここに関しては本当においしそうだと思いましたよ





CIMG4777.jpg

この施設の特筆ものはこれ

この窓は…


CIMG4778.jpg

川に支流を作り

わざと浅瀬を設けて 鮭の産卵場所を設けているのです
それがガラス越しに見られるのです

CIMG4781.jpg

戸rがその説明図
川が直接見渡せるところなのです

CIMG4782.jpg

昔の道具や

CIMG4785.jpg

鮭の種類より

CIMG4787.jpg


大きくなれよと こいつらにかける期待を感じた場所でした






新潟村上に 新潟に立ち寄り

東北は広い

最後は会津を回って 仙台に戻ろうと思ったのだが



CIMG4729.jpg

秋田新幹線か 山形新幹線か知らないが
普通の線路を走る新幹線には負けないですから

CIMG4731.jpg

いいえそう言う話じゃなく
会津までどの道を走るかと
ならば新潟周りで行きますか
新潟は少し詳しいので…

CIMG4733.jpg

まず新潟に入ってすぐ
道の駅笹川流れ

海の景色のきれいな所

CIMG4735.jpg

朝から温泉に二軒入ったので
喉が渇いて ビールは買ったが(運転してくれるといいですね ありがとう)

ソフトクリームは 300円超えると買いません

CIMG4736.jpg

折角府が並んでいるところを見てもらおうと思ったのに
二人そろって 麩は無視なんだと…

CIMG4738.jpg

ではこちら 私の好きな新潟の街の一つ

新潟の最北部 村上市

鮭でにぎわう城下町です

CIMG4739.jpg

城下町の観光通り

車を置いたすぐ前が 酒屋ですね



CIMG4762.jpg

覗いてみると
面白い酒 置いているようですね

CIMG4763.jpg

昔はやった幻が…

いまではって 純米吟醸は飲んだこと無かったなぁ


CIMG4740.jpg

あちこちに 県に巻き付く竜の石像が

CIMG4742.jpg

そして来たかったのがココ

荒巻き鮭ではありません
潮引き鮭の吉川

CIMG4743.jpg

鮭の養殖に力を入れてくれた殿様に感謝して

切腹を思わせる一腹切りではなく

わざわざ二回に分けて腹を開け

CIMG4744.jpg

脂を落としながら旨みだけを閉じ込めます

ここより湿度が有ると腐ってしまう
ここより寒けりゃ 旨みが出ないと

村上の気候に合わせた 鮭の一番うまい喰い方です

CIMG4748.jpg

だから高いのは致し方ないが


CIMG4749.jpg

味見はタダですから…


その後まちを歩くと

CIMG4750.jpg

京風の 中庭を見せるイベントが有りました

CIMG4751.jpg

はんなり

CIMG4753.jpg

ほっこりと

CIMG4755.jpg


夕涼みも 人に見られぬところで…

そんな 風情のある景色が浮かんできそうでした







プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR