今回も高松空港に 讃岐ツアー⑤

毎回の事ですが 対象店を12~15店ほど用意して向かう讃岐うどんツアーなのですが、結局今回もこの辺りでうどんは打ち止めとなり、のんびりと香川県巡りに走っています。

うどんツアーの〆は うどんの出汁の出る蛇口を求めて高松空港です。

201401 381

やっぱり飛行機が好き そんな訳ではないのですが
ここ良いんですよ、いつ来ても空いているし
座る椅子は上等だし
駐車場は安いし

でも いつもほぼ一杯の駐車場、ここに車を停めた人は何処にいるんだろう??

201401 382

とりあえず中に
高松で何かの国際会議でもあれば、必ず身体検査までされそうな面々ですけど
今わガラガラな中に堂々と入って行きます

201401 383

未だこれから顔を出している人を見たことが無いのですが
樋かこの辺りで ほとんど人を見かけないので…

201401 386

二階の売店の裏のこの蛇口をひねると

201401 387

そうここがうどん出汁の出る蛇口です
水筒やペットボトルに詰めるのはやめてくださいね

201401 388
そしてラーメンとうどんの店
でも誰も立ち寄ろうとはしません
うちのメンツは、もううどんが入らないようです

201401 390

送迎デッキに行く途中の道
出発ロビーには人が居ました

201401 392
この飛行機が

201401 394
飛び立つまで 時間を過ごしたら そろそろ次の所に向かいましょうか

と……


エッ!?

201401 398


何をしてるんや??

201401 397

スゴイスゴイ!! 飛んでるやん

じつはこれ フライトシュミレーションのゲームでした


実は コインを入れなければ動きません
デモ画面を見ているだけでした…

201401 399

そんなこんなで高松空港を後に 温泉にでも向かいますか

空港まで来て皆で使った金額 駐車料金の300円だけでした。

スポンサーサイト

釜玉喰って無かったから~ 千ちゃん 讃岐うどんツアー2014④

今回は若手に地獄の讃岐うどんツアーの苦しみを味あわせてやろうと昨年の忘年会の時に企画したのですが、その時に行きますと言った若手が二人ともキャンセルで、のんびりとした讃岐うどんツアーになっています。
でもふと気付いたことが有りました。

そうだ!! 今回まだ釜玉を食べていないじゃないか。

と言うことでもう一軒確定となりました。

201401 368

やってきたのがここ うどん麺処 千ちゃんです

うどん技能グランプリを二度も受賞した大将のうどんも食べてみたかったんです

201401 371

ふだんならひやひやか ひやあつを注文するのですが
今回は釜玉と決めていたのです。

かけなら200円の所を 300円と言う1.5倍のブルジョア的な注文です…(笑)

釜玉なら今から茹でるから10分以上かかるで…と

そのあいだちいさい店ですが 色々と情報集めといきましょう

201401 369
この店のトッピング用の天ぷら、練り天が主です

201401 370

うどんを打つ粉が、香川県で開発されてここだけで栽培されている讃岐の夢2000と言う小麦粉を使うだけでなく、こんどはオリーブ牛と言う地元の牛肉にこだわっているんです。


201401 372
讃岐弁に挑戦してみましょうか

201401 373

うしろて は 後ろ姿です なんとなく 捕まったような気がするのは私だけ

ちなみに まんする は 躊躇することです

201401 374

べっちょは ビリのこと 大阪ではべったですね

201401 375

まいこむは 溺れるまたは転げ落ちること
讃岐では幸せは舞い込んでもらっては困りますね

201401 378

等と遊んでいるうちに 出来上がりました

きれいな麺に卵が乗っています

それに熱々の出汁が付いてました

201401 379

麺が冷えないうちに 玉子と混ぜ込みましょう
これで和風カルボナーラの完成です

わたしてきには ここの出汁少し甘かったので 醤油も少し足したのですが

201401 380

コクが出るので コレが好きなんです
今回はちょっと隠れて…  大将ごめんなさいね

さて お腹も膨れたし あとは讃岐うどんツアーやめて 讃岐の旅やりますか
それは明日の記事で


屋島先端長崎の鼻と、なかにしうどん 讃岐うどんツアー2014③

うどんめぐりで駆けつけ3杯済んだので ちょっと観光しましょう
台形で北峰南峯と二つの頂上が平らな
屋島の先に行って見ました

038_20140129075158573.jpg

屋島の説明です

039_20140129075159613.jpg

今回行くのはココ
普通の人が屋島と言うのはこの中心の山の上です
四国霊場83番屋島寺もここにあります

040_20140129075200657.jpg

長崎鼻の先端に海岸まで降りられるところが有ります

041_20140129075201c28.jpg

解説はこちらにお任せして

042_20140129075203926.jpg

これが砲台後

放題をそのままおくと 今の時勢 盗られますからね

043_201401290755080f8.jpg
045_2014012907551035d.jpg
瀬戸内の島々が綺麗に見えます

047_20140129075512cdd.jpg
小豆島航路のフェリーが走ってました

046_20140129075511cac.jpg

振り返って屋島を望むとこんな感じです057_201401290755133ba.jpg

腹ごなしも終わったので 次の店に行きましょう

なかにしうどんです、ここは朝うどんも出来る店。
平日は朝6時、日曜は朝7時からの店です

054_20140129080843879.jpg

店内の様子

050_20140129080840a8f.jpg

049_20140129080839158.jpg


048_201401290808387db.jpg

セルフで取る 天ぷらやおでん

052_201401290808429e9.jpg

つれは ざるうどんを

051_2014012908092900c.jpg

私はひやかけを〆たうどんに 冷たいだしがかかってます

053_20140129080930962.jpg
この歯ざわりが 嬉しくて

055_20140129080931ed7.jpg
お土産も店内に色々と

056_20140129080932dca.jpg

麺棒まで入って自分で伸ばすものもありましたよ

『よこい』と『うどん馬鹿一代かしむら』 讃岐うどんツアー2014②

しんせいさんで一杯目を終えた壁ぎわ達が次に訪れたのは
25年の伝統のうどん屋よこいです。

025_20140128063724711.jpg

暖簾をくぐると

026_201401280637258f9.jpg

うわ~ 昭和のうどん屋さんや

027_201401280637267ca.jpg

どやどやと入りはしたものの
おっさん4人が皆 かけの小 200円を注文です

表面がつるりとした肌触りの良いうどんです
ココのうどんだけかまぼこがサービス?して有りました
これも昭和のうどん屋ですね

私らの次に入ってきたおばさんが
○○を注文 それを見て 次回はあれを注文しようなと

メニューに無いから裏メニューかな?
じゃあ内緒にしておこうなと約束です

028_20140128063727b2c.jpg

おやじさん、また来るからね

030_20140128063728a1b.jpg

この綺麗な台形の形をしている屋島
この周辺を走っているのですが

029_20140128063834c2e.jpg

よりたいみせのひとつがここ

日曜日と 第2,4水曜日が休みの店なんです 残念!

031_20140128063835f88.jpg

それではこの店に行きましょう
屋島の西側にあるうどん馬鹿一代 かしむらです

前回のかしむらの記事はこちら昨年5月の讃岐うどんツア~

032_20140128063836a68.jpg

うどんブームが過ぎ、排水問題などで経費がかかるからでしょうか
少し値段が上がってました

それでも安いですからね

033_2014012806383792d.jpg

おでんの天ぷらをと連れが
このからし味噌が食べたかったんだと

034_201401280638389f3.jpg

そして彼はここでもかけを

035_20140128064020c8e.jpg

連れのおじさんは、わかめうどんを
どんだけ入っているんや~~

036_20140128064021ac3.jpg

若い奴は肉うどんを
ココは肉ものもお勧めなんです

037_2014012806402301d.jpg


壁ぎわの頼んだのは、肉ぶっかけ小の冷たいの
麺の旨い店では、やっぱり冷たいうどんが食べたくて

皆に一本ずつ味見してもらったら
やっぱり讃岐うどんは冷たい麺やなぁと

またまた皆の目が変わった3軒目でした


しんせいの蛸の天ぷら 2014年讃岐うどんツアー ①


またまた讃岐うどんツアーに行ってきました

012_20140127221039bf9.jpg

雨の明石海峡大橋
そのぐらいではへこたれない壁ぎわです

013_20140127221040a63.jpg


大鳴門橋の横風もなんのその
四国上陸です


016_20140127221042989.jpg

そして 高松の『しんせい』
ここにお目当てのものがあるので、再びです

017_201401272210431c4.jpg

派手な暖簾と

019_20140127221044128.jpg

広い店内
お昼時には一杯になります

018_201401272213208f8.jpg

寒かったので かけうどんの小を

021_20140127221321012.jpg

この手打ちの味がなんともいえませんね
温かいうどんでも ココのは越がしっかりしています
暖かいときに来て今度は冷たいのを食べたいですね

022_2014012722132390c.jpg

そしてこれがっここの名物のたこ天

ここにきたら これか鯨の竜田揚げははずせません

023_201401272213245c2.jpg

串に笹多々古河に弾きで一本のたこてんになっています

024_201401272213266ce.jpg

おでんに目を引かれたのですが
まずはこれで我慢ですでは次の店に向かいましょう

つづく



昨日はアナゴの天ぷら 壁ぎわインザキッチン

久しぶりにイオンに行ったら、
魚売り場に開いたアナゴが並んでいた。

8時ごろだと言うのに結構残っていて、
しかも半額の札が付いていた。

アナゴの天ぷらは買っても、家では料理をする人が少ないんだろうか?もったいないと買い求めました。

ツメを作るときには 頭と骨を焼いて煮込むのですが今回は天ぷらなので頭を落として
ざるに並べて熱湯をかけます

002_201401260511340b6.jpg

こんな感じに丸まるのは気にせずに

001_201401260511331a1.jpg

そして一本ずつ 皮目を上にして

003_20140126051135c25.jpg

包丁の背でこのぬめりを取ります
これをしないと生臭さが残ります 
これを丁寧に、これで下ごしらえはOK

007_20140126051137135.jpg

粉をつけて さっと揚げると天ぷらのでき上がり

あげたてはこんなにあなごがやわらかいとはと感激しますよ。

このまま網焼きにしてもいいですよ。

004_20140126051136c04.jpg

焼き物はきょうは 大貝(うちむらさき)があったのでそれを

006_20140126051439e4f.jpg

あとは、買ってきた切り落としの盛り合わせをつまみながら晩酌

途中からはご飯を持ってきてそれに寿司酢をまわしかけたら
この残りを載せて海鮮丼風に、一人で満足な夕餉でした

ちょっとうどんでも 丸亀製麺

うどんが好き
食べることが好きな壁ぎわは うどんも好きなんです

うどんと言えば日本三大うどんってご存知ですか?
稲庭うどん、水沢うどん、そして讃岐うどんです

私としてはやっぱりうどんと言えば讃岐うどんですね
学生時代香川にいたこともあり友人宅でうどんの打ち方を教わった事もあります。
あのばしばしのエッジの立った麺がスキなんですが


最近関西でも 美味いうどんの食べられる店が増えて喜んでいたのですが…。

201401 068

哀しいのがこの店
関西讃岐うどん巡礼にも札付けしてあった、
伊丹北部の千舟屋さん、とうとう閉めちゃったのです

201401 069

40年ここでやってきていたのですが…、
人気の店だったのですが…

春になって噂が聞こえたら嬉しいですね

ということで うどんが食べたくなったので 

201312 398

丸亀製麺にやってきました。
今日はちょっと贅沢をしようと。

釜玉の大盛りに肉入り

ネギと天かすは自分でトッピングです

201312 400

それにかしわ天と、レンコン天
壁ぎわには珍しい取り合わせですが

じつは……

コレが今揚がった所だったから取っただけでした


やっぱり揚げたてですね

うどんも揚げたて 天ぷらも揚げたてで 満足なランチでした

この週末 讃岐うどん食べに 香川に行く予定です
どんな旅になるか楽しみです。


一人でランチ 回転寿司のカウンターにて

昨日のこと、よそで朝10時からの仕事していて

昼ごはんに有りつけたのが3時ごろ

この時間になるとランチする人も減るのは良いけれど
ランチやっている店もほとんどない事に気が付いた

と言いつつも、牛丼や王将の気分じゃないしなと
飛び込んだのが回転寿司でした

201401 331

普段は大混雑のこの店も、平日の3時ごろはガラガラです

このタッチパネルにも慣れたし、廻っている皿じゃなく全部注文と行きましょう

201401 324

先ずは肉うどん、280円

この寒い時期良いものですね  100円増しで大盛り作ってくれると嬉しいのに…


201401 325

ちゅうとろ

201401 326

ぶりとろ

こんな一貫もの食べてどうすんだよ

105円の回転寿司だぞ

そう自分に言い聞かせて

201401 327

回転寿司らしく カレイの縁側

201401 334
もっと回転寿司らしく 海老とアボガドに玉ねぎとマヨネーズが乗っている奴

そこまでこだわらなくて良いよと普通に食べすすめます


201401 328
鱈の白子

201401 329
ツブガイ…

このままでは 画面の写真がほとんど白になっちゃう

ホタテとイカはあきらめて

201401 333


最後はマグロじゃ~

とこの辺りで我慢しておきましょう

会計は うどんと寿司7皿で 1015円

サラリーマンには贅沢なランチになってしまいました…笑

しかし

一人で、
回転寿司のカウンターで写真を撮っている中年のおじさん
どう見ても 危険に見えそうだと思うのは私だけかなぁ…


ふぐ~ おおさか『ゆめふく』にて

新年会も連なりますが、やっぱりこの時期ふぐですね
誘われて 大阪は北、お初天神そばのゆめふくに行ってきました

007_20140120081041fc1.jpg

空海、6300円のコースです

【箸遊】季節野菜とふくの小鉢
【刺身】てっさ2種盛(薄造りと創作)
【汁物】ふくひれスープ
【箸休】ふく寿司
【揚物】ふく唐揚げ(竜田または香草)
【焼物】焼きふく3種盛(塩、たれ、すだち、にんにく、ホイルチーズ)
【鍋物】ゆめふく(てっちり)
【飯物】ふく雑炊
【甘物】デザート

フグ皮と身の部分の湯引きに菜の花を和えたものが最初に出てました

002_20140120081036d5c.jpg

ふぐのつくり 二種のうちひとつ

003_20140120081037e73.jpg

うす造り

005_201401200810395e1.jpg

フク寿司
一人二つですよ…
山椒がきれいに透けて見えます

006_20140120081040ce1.jpg

フグスープ

008_201401200811456a3.jpg

天ぷらも熱いうちに

010_20140120081148de5.jpg

そして焼きフグ3種

011_2014012008114901b.jpg

先ずは塩から行きますか

012_20140120081150abd.jpg

ニンニクと鷹の爪

013_20140120081410510.jpg

たれ漬けも

014_20140120081411212.jpg

焼くと歯触りが違いますね
ぷりぷりです

020_20140120081412395.jpg

そして鍋の用意が

アラばかりの所もありますが
ここのは身がたっぷりです

021_20140120081413ad2.jpg

野菜で隠しておいて

022_201401200814142e8.jpg

したから 身を取り出してっと

023_20140120081501792.jpg

骨の周りの身もおいしくて

025_20140120081502656.jpg

最後は雑炊で あっという間に無くなりました

027_201401200815041e8.jpg

そしてデザート

冬の味覚フグ ちょっと嬉しい新年会でした

安納芋のてんぷら


最近壁ぎわが凝っているのが『安納芋』
鹿児島県は種子島の蜜と水分の多いサツマイモです

前回はオーブントースターで焼き芋しました


旬の味で書いてます

それがまた売っていたので 買ってきました

201401 286

こんどは、天ぷらにしてみようかと

201401 289

中のこの色が……


でも、思ったほど甘くない

ちょっと残念で 他の天ぷらを揚げることに

所が冷えると甘みが増して来た見たいです  冷えたら旨い! どんな天ぷらや!?

201401 290

そうかそれならこうしてやれ

バターを乗っけると スイートポテトの様な味になりました

201401 287

ならばつまみにはならないので

島ラッキョウでもビールのあてにしましょうか

揚げたてを食べるために

台所で キッチンドリンカーの壁ぎわでした


プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR