串カツいっとく @大阪梅田

串カツといえば最近立ち飲みばかりでした
たまには座って食べれるところに行ってみようと思ったのですが。
それでも二度付け禁止の店がいい

なぜって?
だって安いからに決まっているやん

001_20140530193428be8.jpg

この最近変貌した大阪駅近く

011_20140530193434608.jpg

と言うことで訪れたのは 梅田はカッパ横丁のいっとくさん

006_20140530193432da9.jpg

土手焼き 串カツ屋にきたらこれも頼まなくては
串カツが揚がるまで 変な付き出しだされないように注文するのが当たり前だったのにそんな風情も消えてしまいました

これに七味たっぷりかけるのがいいんよなぁ…

003_201405301934305fc.jpg


生ビール一杯ずつと

005_2014053019374282e.jpg

お任せ串カツ 一人五本
このセットグルナビのクーポンでワンコイン なんと一人前500円と土手焼きでここまで二人分で 1500円以下

008_20140530193743257.jpg


折角だから串カツもう一本ずつもらおうか

串カツといえばもちろん牛です

大きさが違うのは??

そんなこと気にしないで それが関西流ですから

009_20140530193745edb.jpg

あと 話しの種にこれも食べておきましょうか
昔 江戸で 殿様が食べたねぎ間のねぎの熱い所が飛び出した落語ネタがありますが
これも飛び出すからアブネイネタです

010_201405301937466ac.jpg

行儀悪して ちょっと衣をはがしてみると

そうなんです プチトマトなんですね
不意に噛むと 口の中大変になりますから気をつけてね

004_20140530193431c43.jpg

値段的にはこんな店 

立ち寄るのに好きな店の一つ
カッパ横丁の『いっとく』でした



スポンサーサイト

もっと丁寧に S急便さんよ!

日本の運輸業者もう少し丁寧に扱ってくれよ
一昨年、娘の送ってきた母の日の花が水を含ませてあるところから外れてしおれて送られてきたのはY宅急便だったのですが

今日こんなものが届きました

035_20140529230011b2c.jpg

もちろんワレモノ

シャンパングラスですから

グラスといってもガラスじゃないのです

036_20140529230013aaf.jpg

こういうキャンペーンで当った
全国の高級工芸品です

富山県能作社製シャンパングラス

関西では梅田阪急の7階にも店を出している会社です

038_2014052923001503f.jpg

こんな形

037_20140529230013be8.jpg

内側には金沢金箔を貼った工芸品です
それが……

よく見ると
039_201405292300164c4.jpg

上から見るとなんだこれ

こんなので 折角のシャンパンを
口元に持ってくると、どう思うでしょう

へしゃげたグラスで乾杯なんて出来ませんよね

すぐに 発送元と S急便に電話を入れましたが
どんな対応を見せてくれるか楽しみです

しかし いきなり気分悪いですね

ちなみに ネットで探してみると
シャンパングラスは見つかりませんでしたが
こんなものが見つかりました ぐい飲みでも金箔が張ってあるとこのぐらいするんですね ちなみに4個セットでした。




地酒の利き酒 獺祭の会@酒友

江坂の居酒屋で毎月酒の会が開かれています
5月は山口県の獺祭の会でした

019_201405290813379a3.jpg

江坂の酒友です、
今日は山口県の旭酒造
『獺祭』の会です

020_2014052908133866e.jpg

19回目の日本酒学校
今回は桜井社長を迎えての会です

じつは今、マスコミに取り上げられる
日本酒で一番有名といってもいいこの蔵には
杜氏は居ないので社長さんを囲んでなのです

022_20140529081340961.jpg

いろんな獺祭の包みが
一番左が うわさの磨きその先にですね

024_20140529081341eee.jpg

こいつです
安倍首相がオバマ大統領にあげた酒
なんと四合瓶で3万何がしの酒です。

025_20140529081343073.jpg

それより 飾ってあるこの絵葉書
そうですアニメの エヴァンゲリオンです
獺祭呑んでいるんですよ

029_2014052908154558d.jpg

酒友のマスター
酒に対する真摯な姿勢がすごい
いいかえれば……

033_20140529081547a88.jpg

獺祭の桜井社長

最近マスコミでも取り上げられている今の時代の人

地方の小さな蔵だった、朝日酒造を世界的に有名な蔵に仕上げた人です。

杜氏さんがFAしたので、後は俺が造ってやると、
純米大吟醸だけ、米は山田錦だけ、勘に頼らずに温度管理などすべて徹底的にやる

それをモットーにしてきたたまものだとか

杜氏さんも数パーセントの人を覗いては 本当に旨い酒を作り続けるのは大変なこと、それより機械で管理していく方が粒のそろった酒を作れると頑張ってこられたのです。

500石位だった蔵が 今では17000石 
但し、今年は山田錦が入らなくて11000石しか造れなかったと。

今年は獺祭なかなか手に入らない酒になっているのはそうだからです

そしてそれよりすごい工場を建設中ですと 岩国で一番高いビルが出来るかもと

色々と面白い話を聞かせてくれました

035_20140529081548a0f.jpg

仕込み水と

038_20140529081549c3e.jpg

コレはきき酒が終わって外側の新聞紙をはがして出した所

039_20140529081551c99.jpg

040_20140529081659a03.jpg

光量が足りなくて手振れしてます

5番の発泡酒と 10番の磨きその先にをのけた
9種類のだっさいのきき酒会でした。

山田錦の大吟醸  それが 2割3分だったり、3割9分だったり 5割だったり
みんな美味しいわい!!

043_2014052908170157a.jpg

きき酒が終わってようやく宴会タイム

048_201405290817022be.jpg

私のお気に入りは この3割9分でした

052_201405290817036ec.jpg

054_201405290817050ae.jpg

056_20140529081746dbb.jpg

057_20140529081747f29.jpg

058_201405290817496fe.jpg
059_20140529081750811.jpg

最後はおにぎりと

060_20140529081752aab.jpg

川海苔汁だったかな

067_20140529083321a2d.jpg

066_2014052908331993f.jpg

色んなクイズが有って それに答えたらこんな盃を貰いました
コレで呑むと向こうの空気と共に呑めるからもっとうまいはずです


満足な一日でした

荒牧バラ公園の春のバラ

旅行記が長くなりすぎて 最近の話題が書き損ねていました
特に今満開を過ぎようとしているこの花たちの写真も

028_20140528084316d4c.jpg

027_20140528084314247.jpg

026_201405280843130d8.jpg

025_2014052808431137f.jpg

022_20140528084310bcc.jpg

017_20140528084224a53.jpg

016_20140528084222ba8.jpg

015_20140528084221368.jpg

014_2014052808422067d.jpg

013_20140528084219099.jpg

031_20140528084511c1e.jpg

032_201405280845120c4.jpg

荒牧バラ公園でした



帰り道 山口の旅最終話

色々見て回った山口の旅を終え帰り道です

460.jpg

このスーパーで お土産は焼きぬきの萩かまぼこ買い込んで帰りましょう

461.jpg


途中見かけたこいのぼり

463.jpg

高速に乗って 山口最後のSAです

464.jpg

おみくじの町です  私は引きませんけれどね

465.jpg

468.jpg

470.jpg

さすがおみくじの町 
サービスエリアにもいろんなおみくじがありました

さすがにおみくじだから『当るも八卦』とは言わないでしょうが

471.jpg

お土産のところに

484.jpg

ふぐの白子入り ソーセージです

これも当るも八卦??  なんでやねん!

479.jpg

こんなお菓子もありました
いい名ですね

483.jpg


これは朝ドラ??

487.jpg

次はこのSAで

488.jpg


490.jpg

ここでは昔食べたことがあるから今回はパス

492.jpg

それより帽子の産地なんですね
SAでこんなに帽子を売っているのは初めてです

495.jpg

各駅停車にちかい帰り道

496.jpg

いいねぇ ビールが欲しくなりそう

497.jpg

惹かれますね

499.jpg

カープファンには喜ばれそうなお土産も

507.jpg

ようやく岡山まで帰ってきました

510.jpg

岡山のもものお菓子
511.jpg

岡山名物きび団子

512.jpg


むらすずめも有名ですね

513.jpg

境港の 鬼太郎のかまぼこも売ってました

515.jpg


最後の腹ごしらえを

518.jpg

岡山のホルモンうどん

521.jpg

サービスエリアですから上品に

それより驚きはこちら

520.jpg

器も大きいのが驚きだったのですが

523.jpg

これだけでおなか一杯になりそうな野菜でした


これにて 山口の旅修了 再び普通のブロガーに戻れそうです…





萩の城下町2 山口の旅⑱

萩の城下町の続きです

370.jpg

城下町の一角がそのまま保存されているので
こんな文化財の家がいくつかあります
といってもすべて回るには 時間もお金もかかるので

371.jpg

中の様子はこれを見て想像です

374.jpg

菊屋家住宅 ここは見ておきたいところです

375.jpg

入場料を払って

376.jpg

本陣として使われもしたと 書いてないですね

377.jpg

これ駕篭の入るところだと

379.jpg

真っ直ぐに伸びた先には駕篭を下ろす大石があります

381.jpg

歩いてくる偉い手さんはこちらの門から

383.jpg

当時の物が展示されていましたが

385.jpg

当時と変らないだろう この景色がご馳走ですね

あの大石の上に 飾ったかごが置かれるんですね 世が乗ってきたものが…

393.jpg

394.jpg

396.jpg

こんなところもちょっとチェックです

397.jpg

五月ですから

402.jpg

こんな人形もよく出来てますね

403.jpg

406.jpg

内部は資料館のようで 撮影は禁止です

409.jpg

庭に出てみましょう

縁側から見た中庭とは別な庭です

410.jpg

411.jpg

広いですね

414.jpg


416.jpg

離れがありました

418.jpg

ぐるりと回ると 別の蔵もありました

423.jpg

見学 ここも撮影禁止です

424.jpg

町に出ると こんなポスターが

426.jpg

そしてもう一つ ここは訪れておかないと
木戸孝允旧宅です

429.jpg

431.jpg

434.jpg

435.jpg

437.jpg

438.jpg

桂家に養子に行くまでの幼少期を過ごした家です

後に桂小五郎と名乗る前の幼年期の家ですね

440.jpg

441.jpg

447.jpg

のんびりと見学を終わり

そろそろ帰路に

450.jpg

451.jpg

453.jpg

こんな神社もありました

455.jpg

来年は ここが人気になりそうですね

457.jpg


そんな予感の萩の城下町でした





萩のもう一つのスポット 山口の旅⑰

空腹を抱えてもう一つの萩の観光地へ

314_20140524084449428.jpg

白壁の続く道と夏みかんの光景 でも葉っぱはあっても果実が無いやないか

313_2014052408444805c.jpg

そして観光地によく居る 人力車と車夫
不思議に彼らは私と目をあわせようとしないのです 
何故なんでしょうか?

315_20140524084451420.jpg

仕方が無いから この店でモーニングにしましょうか
ところが休日はモーニングサービスはやってないんですと

ならば モーニングらしいセットは無いですかと聞くと
ほっとサンドセットと言うのがありますが

そこでそれを注文することに 850円でした

316_20140524084452f94.jpg

これがそのホットサンドセット

318_20140524084454c92.jpg

チーズ、トマト、それにロースとビーフのサンドイッチです
なんかこれはモーニングと言うより イブニングですね

319_20140524084547df7.jpg

デザートに 手作りの無糖コーヒーゼリーも付いて満足です

321.jpg


この街は 土塀とこんな門ばかりです

覗いてみると 萩焼の窯元と直売場だったり
喫茶店だったり、資料館だったり
人が住んでいる個人の家だったり 
ごめんなさい不法侵入しました

323_20140524084550a75.jpg

こんな地図のタイルも面白いし助かりますね

324_2014052408455217e.jpg

ここを入ると広場があり
326_20140524084553468.jpg

こんな銅像がありました

201405やまぐち3 327

高杉晋作です

201405やまぐち3 328

今がここの位置 右下のPが駐車場だから 
ほとんど歩いてないですね

201405やまぐち3 330

ブロック塀にバラの花でここだけ洋風だと思ったら
和歌の書いた竹筒で和の雰囲気で

201405やまぐち3 331

こちらは、高杉晋作誕生の地

つまりここで高杉晋作物語が書かれたのですね…違うって

201405やまぐち3 332

説明はこちらから334_201405250915110a0.jpg

入ってみましょう

335.jpg

337.jpg

340.jpg

342.jpg

こんな感じでした

350.jpg
353.jpg
356.jpg

散策を続けながらも さっき食べたので そんなに引かれはしません よかった

359.jpg

でもこれは ちょっと惹かれましたね
昨日うに丼食べといてよかった

360.jpg

ようやく夏みかんにであいました

365.jpg

366.jpg


田中大将ですって それダレ??

367.jpg

元総理大臣ですか

368.jpg

こんな紹介の方がわかりやすいですね

しかし山口県と言うのは銅像の好きな県ですね

369.jpg

それより ザボンや文旦漬けと言う 柑橘類の川の砂糖漬けは知っていますが、まるまる夏みかんを砂糖漬けにしたものが出来ていました。
これこそ甘夏ですね…

この城下の様子はまだまだ続くので ツギの記事で



萩指月城址 山口の旅⑯


東萩界隈 松陰神社、伊藤博文旧宅などを見た後は 
萩市街地西部に移動です。

201405やまぐち3 217

港から海沿いに走ります

201405やまぐち3 219

途中漁業で栄えた人たちの家が

潮風につより焼き板の住宅と ナマコ壁が続きます

201405やまぐち3 222

こんな立て札も

201405やまぐち3 224

土蔵もこんな感じです

201405やまぐち3 225

そして海岸を走って

201405やまぐち3 226

萩八景遊覧船乗り場と言うのが有りました

最近できたんですね

201405やまぐち3 230

チケット売り場の横にこんなポスターが…(笑)

201405やまぐち3 231

前に娘と来た事が有る ここで朝食をと思ったのですが

201405やまぐち3 232

あちゃ~ まだまだ開店時間まではありそうです

201405やまぐち3 237

ならばしかたが無いので 散策に向かいましょう

201405やまぐち3 240

藩主の像

201405やまぐち3 245

この堀を越えたら 萩城址指月公園です

201405やまぐち3 246

後ろの小山にも見張り矢倉を置く海城で
この石垣が天守閣の石垣だったのですね

201405やまぐち3 253

周囲より一段高い天守閣跡
敷石に使った石はありました

201405やまぐち3 254

裏側指月山をのぞみます

201405やまぐち3 249

中庭には 満開の藤棚が

201405やまぐち3 259

茶室が有ったり

201405やまぐち3 267

山裾の神社のこまいぬ

201405やまぐち3 273

神社に向かう橋

201405やまぐち3 275

奥には社殿が

201405やまぐち3 283

そう言えば 天守閣のほうに来なければそのまま入口からこの鳥居が有りました

201405やまぐち3 282

志都岐山神社というのですね

この城の平静を願う為に作られていたんでしょうね



ぐるりと回ったので戻りましょう

201405やまぐち3 236

車を停めたすぐそばにはこんな所も

萩城址とチケットが共通なので立ち寄って見ましょう

201405やまぐち3 289

長~~~屋 でした

本当に長いですね

201405やまぐち3 296

なかには色々な展示もありましたが

この萩城が有った頃の模型がすごいですね

201405やまぐち3 239

また 向かいには こんな物もありましたが

それより つまみはしましたが 朝食抜きのままです

ブランチの時間になってしまいましたが 探しに行きましょう

次の記事に続きます

伊藤博文さ~ん 萩2 山口の旅⑮

萩の松蔭神社の裏手に隠れた観光地があります
バス旅行ではここまで回りきれないところです
184_20140522062252605.jpg

こんな看板を知っている人は少ないかも

186_20140522062253f97.jpg

案外近いんです

187_20140522062255c8f.jpg


こんな石碑も

188_20140522062256c85.jpg

実はこんな地図があります
松蔭神社の社務所の横を抜けて、
従業員駐車場を抜けるとすぐなんだけれどなぁ…

189_201405220622582a6.jpg

門にはこんな店が
萩焼の窯元です

191_201405220625196e3.jpg

いいなぁ……

192_20140522062520642.jpg

大きな銅像がありました

193_20140522062521edf.jpg


伊藤博文の銅像です

197_20140522062523225.jpg

そしてここが

199_20140522063337248.jpg


200_20140522063338845.jpg



201_2014052206334058f.jpg



202_2014052206334209a.jpg



203_2014052206362959a.jpg



204_20140522063343380.jpg



207_20140522063630bcc.jpg



208_20140522063631a67.jpg



209_20140522063633870.jpg

伊藤博文別邸でした
ここから裏を通って松蔭神社を抜けましょう

社務所とは違う道を通ると

211_20140522063858395.jpg

松下村塾ではありません

210_20140522063857f6a.jpg

吉田松陰が幽閉されたところです

それとはうらはらに

215_20140522063902a9d.jpg

こんな建物も

214_201405220639017bc.jpg

212.jpg

花月楼をあとに 駐車場へ それでは次の場所に向いましょう
萩の見所まだまだありますからね


松蔭神社と松下村塾 山口の旅⑭

では 萩の散策と行きましょう
まずはこちら

137_201405210721501b2.jpg

吉田松陰を祭る 松蔭神社です

138_20140521072151d36.jpg

左手には吉田松陰歴史館が

まだ8時台閉まってますね

139_201405210721535b5.jpg

そのまえで蝋人形だけパチリ

といっても 山県有朋と 伊藤博文ですか

140_2014052107215484f.jpg

そして日本全国になるこの板
これに入って写真を撮る人を見たことが無いのですが…

141_201405210721567ad.jpg

吉田松陰歴史館とは まぁ ここはこのぐらいで

ここからは松蔭神社です

143_201405210723179a9.jpg

松蔭神社の由来

144_20140521072318dd0.jpg

来年の大河ドラマは松蔭だとのぼりも立ってました

146_20140521072320dad.jpg

そしてこのあばら家が

147_20140521072321af2.jpg

見ただけでは本当に小さな小屋ですね

148_2014052107232338d.jpg

まつしたむらじゅく……

後ろでそう読む人の声が……
萩観光するなら ちょっとぐらい下調べして来いよ

150_201405210724175ff.jpg

このあばら家で 色々と勉強した人が多数いるのです

151_20140521072419090.jpg

この写真を見ても 顔と名が繋がりませんね

152_201405210724207c7.jpg

本当はこういう字だったんですね

153_20140521072422a12.jpg

松陰先生の掛け軸と像がありました


155_201405210724234a3.jpg

宝物館

156_20140521072521760.jpg

こちらは素通りです

158_20140521072523150.jpg

朝一番の参拝?者です

朝の掃除をしている巫女さんが気になって…

164_201405210725269ea.jpg

このかさみくじが気になる振りしてました

162_2014052107252427f.jpg

もともとおみくじは買わない人なので

人の吊るしたのを見てました

165_20140521072527fd4.jpg

最後のこの鳥居をくぐって

166_201405210750282af.jpg

鳥居にはこう名前が



168_20140521075031a9f.jpg
167_201405210750301b1.jpg

ここが松蔭神社でした

169_201405210727224f2.jpg

そしてそのおくにはこんな支社が

170_20140521072723149.jpg



171_20140521072724062.jpg



172_20140521072726b5a.jpg

軽くお参りして

178_20140521072727691.jpg

かさみくじも写真に収めたら 徒歩でこの近くの観光地に

それは明日の記事で




プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR