肉~~! 塚口闇市

肉~~!!

肉が喰いたい!!

そう思うことはありませんか

夏バテに肉、それが正解なんです

土用の丑にうなぎと言うのは 獣肉のタンパク質と脂をあまり取らなかった時代の日本人に 食べてもらえばと夏場のうなぎ屋に頼まれて作られた言葉ですからね。

元々うなぎの旬は冬 そっちの方が美味いに決まってます


ただ 達の悪い壁ぎわには 本当に肉が喰いたい時
どんなステーキ肉でも買ってきて家で焼くと気分が半減するんです


食べに行きたいんじゃ~
そしてビールも呑みたいんじゃ~

201407 059

たまたま見つけて何度か入ろうとした店 闇市

阪神尼崎のごみごみとした所にある人気店の焼肉屋が

阪急沿線にも店を出していたんです

ただ…  いつも店の前に10人位並んでいたので

それが一人も待ちが無い

それでも一杯だったのですが 7分ほどで通されました

201407 060

メニューです なかなか安いのが庶民の味方

201407 061

飲み物も安い のんべいの味方

キリンの生中 一杯280円は嬉しいですね

ラガーの瓶だって 420円です

201407 062

暑いから これを頼んでもすぐに蒸発してしまいます

201407 063

満足の5種盛り Aコース 3980円を頼んで

肉の来るのを待ちながら呑んでます

あの塊 焼いて欲しいなぁ…

201407 064

来ました Aコースです

201407 065

この左手のがタンですね 分厚いのが好きです

201407 066

肩ロースステーキ

201407 067

中落ちカルビと ざぶとん

みんな脂の見える色してるのが嬉しくて

201407 068

塩タンから焼きましょう

201407 069

ひっくり返したら食べごろ

201407 070

どんどん焼いて

201407 071

色が変わったら食べごろ

ついついビールもすすみます でも 280円ですから

201407 072

最後にこれも焼いて もう一杯ビール持ってきて

あと何か注文しなかったのかって?

キムチやビビンバはどうしたって?


だって 今から呑みに行く途中ですから

今日はこの位で勘弁しといたろうか

では飲み会に行ってきます……




スポンサーサイト

若狭でうなぎを 

三方五湖を回った後は、やっぱりこの地の名物が欲しいですね

193_20140729092327c60.jpg

そうここ 三方五湖の周りは梅の産地でもあるのです

194_201407290923288d7.jpg

梅の里会館と言うところがありました

197_20140729092331bd3.jpg

それともう一つは 天然鰻

鰻と梅干が名物なんてちょっと皮肉ですね

196_201407290923290a6.jpg

立ち寄ってみようと思った 淡水さんは 車がこの通りで
店の中だけでなく店の外にも10人以上待ってました

あの黒いくるまも駐車場が空くのを待っているんです こりゃ駄目だ

198_201407290923323d0.jpg

この服屋ではありません

後ろの白い建物が徳右エ門 さん

そこにも立ち寄ったのですが もうしまってました

200_20140729092420aa8.jpg

魚三という ここも鰻の食べられる店

ところがこの日は 縄文広場でのお祭りに出店しているので臨時休業だと
さっき立ち寄りかけていた所やん

201_20140729092421450.jpg

最後の頼みの源与門(げんよもん)さん
3時までに来店の方にはお出ししますと書いて有りました

いま12時40分です

202_2014072909242348c.jpg

名前を書いて待ってました
ようやく席にとうされたのが2時過ぎ

もう待っている途中で注文して居るので これを見ることはありませんが
写真でも 撮ってないと 30分待つことになりました

203_20140729092424049.jpg



205_201407290924265d6.jpg



207_20140729092516c75.jpg

来ました

特重 鰻一匹入っていて 3300円

208_201407290925188cf.jpg

炭火で焼かれたサクっとした歯ざわりが特徴です

209_20140729092519992.jpg

つれの うな重 2700円

212_20140729092521b3f.jpg

わかめお吸い物から150円アップで肝吸いに

あれ!?

ちょれちょっと…

213_2014072909252203f.jpg

こんな店に来てまでクレームつけてる?

いいえ これが肝吸です


215_20140729092557763.jpg

うなぎも食べて満足な帰り道

218_20140729092558291.jpg

敦賀まで通じた高速道路、ちょっと走ってみなくては

と この先大渋滞

一車線区間で事故が有ったみたいですね

219_2014072909260088a.jpg

結局一般道で帰ることに
ナビで最短コースを取ると 水害で復旧して無い道を走らされて行きどまりでもどることも


222_20140729092601e94.jpg



223_2014072909260321b.jpg


そしてこの度最後の想い出は…?

もう遅くて入口が開いてませんでしたが

宮津の造り酒屋見つけました
そのうち寄ってみなくては……



三方五湖ドライブ  若狭の旅⑤

今回のドライブ目的地はこの三方五湖でした
去年 ボートで走り回ったのを思い出してきてみました

155_20140727084056fec.jpg


山を越えたら 湖に出た
向こう側に山が見えるとそこが三方五湖です

156_20140727084057be6.jpg

西側から入ったので ここが三方湖
三方五湖野中で唯一の完全淡水湖です

157_20140727084059ab6.jpg

湖畔を走っていると何だこれは?

158_20140727084100914.jpg

福井県 里山里海湖研究所
詳しくはこちら
覗いただけの不信な人になってしまいました

159_20140727084102b66.jpg

菅湖 周囲4.2キロの汽水湖です
あのほ染まったところの向こうは水月湖です

161_201407270847036d5.jpg

水月湖畔に来ると 旅館もあります

163_20140727084704df0.jpg

仕出しと料理のお店

164_20140727084706330.jpg

湖側から見ると こんな感じ 風情が有りますね

165_2014072708470707d.jpg

突き当たりにこんな門が

152_20140727084709b56.jpg

こんな施設がこの先にあるんですね
これは去年6月の ボートからの写真です
虹岳島温泉です

168_2014072708490280d.jpg

こちらは 久々子湖
若狭湾からこの湖を通って水月湖に水路が作られています

169_20140727084903585.jpg

この湖では蜆の繁殖も行われています


174_20140727101539255.jpg


175_20140727101541520.jpg


177_201407270851489e8.jpg

回り込んで 日向湖畔に
海上生簀釣り堀があります

178_2014072708514976b.jpg

ここから レインボーラインに入りましょう

いま 北陸道と若狭道がつながったのを記念して
通行料金が半額でした

179_20140727085151dff.jpg

山に上っていくレインボーライン

眼下には若狭湾が

183_20140727085152413.jpg

海の青さが…  少しもやっているのがうらめしい

185_201407270851549d5.jpg

山の上からは 三方五湖一望でき しかも深さや塩分濃度も違うので 色が五色に見えるらしいのですが、もやっていてはいけませんね…残念

189_20140727085322aa5.jpg

レインボーラインの料金所

193_20140727085326890.jpg

この辺りは梅の山地でもあります
梅の里会館

194_20140727085328df6.jpg

ここ以外にも 梅を売る店は多く見かけました


そういえば 如年の6月にここを訪れたとき

171_2014072708545490c.jpg

ここにボートを停めさせていただいた店

172_20140727085456028.jpg

店から湖を見るとこんな感じ

180_20140727085457b2d.jpg

そして忘れられないものがこれ
ここで取れたうなぎを使ったうな丼です

181_201407270854598c6.jpg
182_201407270855000d3.jpg

今回の旅の最大の目的はこれだったのです

191_20140727085325718.jpg

今回は堂々と正面から

あれ何か貼ってますよ…

190_20140727085323085.jpg

えっ!

そんなぁ~~   つづく


若狭湾ドライブ  若狭の旅④

舞鶴を後に東に走ります

090_20140726082455188.jpg

海を左手に見ながら 京都府舞鶴市を後に隣は福井県です

096_201407260824567f8.jpg

高浜 もう福井県に入りました

097_2014072608245764d.jpg

シーサイド高浜です

103_2014072608245958a.jpg

メニューと

104_20140726082500a9f.jpg

レストランの横目に

108_201407260826289a4.jpg

裏手の海を見たり

109_20140726082630d92.jpg

新たに作られた商品を見ながら

110_201407260826317fd.jpg

売店を見てます

111_201407260826332ba.jpg

そして一番端には スーパー銭湯が
でもいま入ると寝てしまいそうなので今回は見送りです

112_2014072608263409e.jpg

しばらく走ると こんな建物が

117_20140726082739cb7.jpg



120_20140726082741f08.jpg

こちらは道の駅ですね

121_201407260827423a0.jpg

横目でみながらスルーです

124_201407260827444f6.jpg

オバマのマリーナ


125_20140726082745cb5.jpg

そうそう ここがアメリカの大統領と同じ名前と大騒ぎした所ですね

131_201407260829088f0.jpg

フィッシャーマンズワーフに立ち寄ったり

134_20140726082909a7a.jpg

こんなところにも立ち寄ります

135_20140726082911c8d.jpg

若狭の塗りばし 箸のふるさと館です

137_20140726082912cac.jpg

これがギネスに登録された世界一の箸

138_2014072608291435d.jpg

141_20140726083048479.jpg

そこから又海を見なが


143_201407260830495f7.jpg

あちこちに海水浴場がありにぎわっていました


144_20140726083050edd.jpg

ただ 車を停めようとすると 係員が寄ってきて協力金1000円取ろうとするので
ここらのトイレには立ち寄れませんね


146_20140726083052817.jpg

向こう見えるのは 牡蠣いかだですね

150_20140726083053315.jpg
149_201407260839184b2.jpg

福井県海浜自然センター

ここに車を停めて海水浴に向う人も多いですね

153_2014072608392124a.jpg


152_2014072608392066e.jpg

私は 青い海を眺めながら ドライブを楽しむことに
さて 山を越えて 三方五湖に向いましょう




舞鶴の港と松尾寺 若狭の旅③


舞鶴の海鮮市場でしっかり朝食を取った後は 
ようやく舞鶴のドライブです

058_20140724082415a88.jpg

戦争の引き揚げ者と、軍港と赤レンガの町
昭和の世代にはそう映る所です

060_20140724082416677.jpg

ここが赤れんが博物館

れんが”をテーマにした世界に類のない博物館で
明治時代に建てられた赤れんがの倉庫だったところ
国内外のれんがやれんが建造物を紹介しています。

061_201407240824177a2.jpg

続いて舞鶴港に
北海道小樽と繋ぐ 新日本海フェリーが停まっています

063_20140724082419f5a.jpg

大きな船ですが このぐらいの方がほっとしますね

064_20140724082522433.jpg

向うに橋が見えますね

そうそうあのロンドンから来た船 あの橋の下を通ったんでしょうか

065_20140724082523d3c.jpg

舟と言えば、舞鶴らしい船も留っていました

067_201407240825256d1.jpg

私の乗れる船と言えば……

このクラスなんでしょうね
今回はこれにも乗らずですけれどね

この辺りからまだまだ東に

JRのさみしい駅が有ります

068_20140724082526f26.jpg

この駅がJR松尾寺 無人駅です

この駅を利用して 西国霊場の松尾寺に行くのは月に数人~十数人
駅はさみしいものですね

069_20140724082528223.jpg

行きから東に一キロ そこから山手に入った所です

070_20140724082647e04.jpg

西国第二十九番札所『松尾寺』です

071_20140724082649cbc.jpg

仁王さんが 額に入った絵なのが非常に気に入りませんね

073_2014072408265037d.jpg

ここが本堂

075_20140724082652420.jpg

お遍路さんが来てました

私は ここの畳の所に上がって般若心経を唱えるのが好きです

079_201407240826532c2.jpg

鐘楼は ひもが無いぞ~~


そんなこんなで 西国29番霊場 松尾寺お参りでした

松尾寺は真言宗の寺で舞鶴の東の山手
松尾大社は京の嵐山の手前の酒の神様なんか松尾づいてます
松尾大社は、来月行くとりよねさんのとなりです


ここまで来たら 壁ぎわと煙は高い所に登る

松尾寺の有る山の上まで行ってみましょう

082_201407240828022d0.jpg

逆さ海と呼ばれる所が見える場所

081_20140724082801462.jpg

左上の山間にあるのが若狭湾
鉄塔の右の田んぼの方が低く見えると言う所です

084_201407240828047c2.jpg

もう少し上ると 大杉の清水が有ります

公民館の前に組み口が有るのですが
大掃除でマットを看板にかけてました

勝手にのけるわけにいかないよなぁ……

085_201407240828056f9.jpg

汲み口はこんな感じ


088_20140724082807f4b.jpg

水は汲まずに はるか遠くの若狭の海を見ながら車を東に走らせます
まだんだ旅は続きます


舞鶴、海鮮市場で朝ごはん 幻のとり貝食べたぞ 若狭の旅②

何度も来たことのある舞鶴の町
と言っても舞鶴半島に素潜りでサザエを取りに来ていた頃ですが

028_2014072307015552b.jpg

高速道路を使っても 舞鶴に近づくと通るこの道
街中に向うの直線道路 もう舞鶴です

029_20140723070157f41.jpg

突き当りを西に 日本海側にやってきました

なにやらお祭りのよな風景ですねって 海の日ですからね

030_201407230701589b5.jpg

港に なにやら大きなビルが出来てました

マンションかな?

でも なにやらゆがんだ立て方になっているけど??

031_20140723070200821.jpg

テントの向こうに見える文字は?

DIAMOND PRINCESS
LONDON

えぅ!?

と言うことは……






038_201407230702013ac.jpg

これだったんですね

中を見学できないかなぁ


ただ このときの私は 夜中に走って

眠たいのと空腹を満たしたいほうが先になってました


034_201407230704049ab.jpg

と言うことで 目的地はこちら

道の駅 舞鶴港とれとれセンターです

033_20140723070403fae.jpg

おなじ敷地にある 海鮮市場

042_201407230704077ae.jpg

しかし これ あの大阪を中心にした
 『♪と~れとれ ピチピチ カニ料理~』

の看板と一緒ですが怒られないのかなぁ?

040_201407230704068b6.jpg

屋外にこんな見えもあるのですが

043_20140723070409dc4.jpg

暑くなってきたので 屋内がいいですね

041_20140723070732cb4.jpg

海鮮から塩干物、お菓子や酒まで置いてます

045_20140723070734f66.jpg

そのままでも焼いても食べられる岩牡蠣

大きいのですが 一個700円です


044_20140723070733be3.jpg

お目当ては このおばさんお姉さんのところで

磯焼き するめいか一枚200円とか色々バラでも焼いてもらえますが


052_201407230707364d9.jpg

これが1000円のセットです

053_20140723070737d17.jpg

海老の顔が写ってなかった

ちょっと焼きすぎだよ


まぁいいや 生は ここのもう一つの目的の店で

055_20140723070831a5f.jpg

色々とメニューのある

海鮮丼の店はまだ開いてなかったので



046_20140723070825bfc.jpg

すし屋で 上にぎり1500円

ところが 知る人ぞ知る 舞鶴の最近の名産物がある


048_201407230708277e7.jpg

ちょっと高いけれど もらってしまった

こんな 回転寿司の皿に乗ったとり貝


実はこれ一つで 950円でした


049_201407230708289d5.jpg

こうして ウニと比べたらわかるかなぁ?

京丹後とり貝と言って

丹後とり貝の大きさは、大サイズで、一般のトリガイの二まわりほど大きく、その重量比では、10倍ほどあります。

京丹後とり貝

実際のものはこんな感じです

しっかりと弾力をもった身 味もいいものでした


朝ごはんに 贅沢しましたが 憧れの食べ物ゲットでした

ただ…



054_201407230708300e7.jpg

こんないいもの食べてるのに
目の前で売っている 
旨そうな地酒呑めない運転手は辛いですね


さて 腹もふくれたし次ははどこに行こうか
それは明日の記事で





とうとうやってしまった 旅立ち 若狭の旅①

先日から 早く寝ると早く目が覚めてしまう
冷房を入れたまま寝ているのだが どうも寝がおかしい
足りないのか良くないのか

いろいろ作って悦にいってビール飲んで
其れで7時ごろ寝たものだから夜中に目が覚めた
二度寝しようとするのだが どうもうまくいかない

そのうち3時ごろになってしまって

ええい 起きてしまえ それにこの連休どこにも行ってないし

思いつきでドライブしてやれと旅立つことになりました


最近日本海側に行ってない
鳥取にでも行ってみようか

でも 高速道路のETC割引が悪くなったので 下の道を走ろうか

002_20140722073549b3e.jpg

途中『丹波おばあちゃんのさと』と言う道の駅で仮眠して 
朝4時過ぎ
明るくなってきたので そのあたりの街を走っています

暖簾がかかっているけれど もちろん開いてるわkではあきません

003_20140722073333b8b.jpg

この木のいたに書かれた屋号

実はここ うなぎや  まだ前回からのネタを引きずって居ます

うなぎやとはほとほと縁んがないと言う話

004_2014072207333426d.jpg

こちらは 山の田舎の運動公園

さすがにいなか 日の出とともに畑に人が居ても 
都会のようにジョギングしている人は居ませんね

005_20140722073336ce0.jpg

と 何だこののぼり

全国高等学校 女子公式野球大会?

ということは 女性甲子園をここは目指しているの??

006_20140722073337c64.jpg
007_2014072207333954f.jpg

山の間のこの大きな門 どこかの宗教の場所でしょうか

008_20140722073434e60.jpg

山陰に近づくと 山の陰がうっすらと見えます

秋になると この川から上がるk水蒸気が雲海になるのですね

009_20140722073435e98.jpg
 福知山温泉

010_201407220734372da.jpg

ここですね
でも 入れる時間じゃないですね

012_20140722080929788.jpg

町の中で見つけたこんな店

どんな味なんだろうなぁ…

013_201407220809314a1.jpg

駅前の交通標識の読み仮名を見て
気になったので寄ってみることに

石原駅

015_201407220809330cd.jpg

場所はここ 福知山駅の隣
山陰線の駅です

014_20140722080932d83.jpg

無人駅なので駅の中も写してみることに
駅尾の標識にありました

やっぱり本当だ

『 いさ 』て読むんですね

016_20140722080935b42.jpg

前も後ろも車はなく 寂しい道です

020_20140722081052d77.jpg

こんなときに目に付くもの

温泉の看板ですが 大家族の湯 どこkら名前を考えてあるんだろう?

022_2014072208105353b.jpg

山手にちょっと気になる鳥居が 入ってみましょう

023_20140722081054d74.jpg

京都綾部市の文化財
高津八幡宮ですね

026_201407220810562cb.jpg

本殿は改装中

027_20140722081057414.jpg

こちらで手を塗らして

ついでに顔も洗って目を覚まして 又走り出しましょう

まだ 5時ごろ 普段粗布団の中のはずなのに

まもなく 日本海です


餃子でも 壁ぎわインザキッチン

何か食べたい 
なんだろうなと色々考えてたら
結局のところ餃子に落ち着いてしまった

ならば作るか

010_20140720132745ddf.jpg


まず一番面倒なこれさえさうませれば

今回は白菜を半分

さっと茹でたあと

012_201407201327484cb.jpg

さっと水気を取った後、まな板の上に積み上げます。

013_2014072013274990a.jpg

後は切りましょう 頑張れ~


011_20140720132746fbf.jpg

緑も欲しいので、細ねぎとニラも微塵に切ります


014_20140720132751ca8.jpg

しっかり水気をしぼりきった白菜とあわせましょう


015_20140720132851f08.jpg

買ってきた豚ミンチ

今回食感を楽しみたいので ミンチとキーマカレー用をあわせましょう

016_201407201328525f9.jpg

塩を入れて粘りが出るまで練りこみます


018_201407201328541de.jpg

とんこつスープの出汁も練りこんで 
塩コショウも入れて味付け完了

019_20140720132855dd7.jpg

それでは混ぜ込みましょう

まだ隠し味に ごま油と天カス(揚げ玉)入れて


020_20140720132857ebb.jpg

餃子の皮は市販品で

包んで試食して見なければ


021_2014072013314708a.jpg

焦げ目が付いたら 少し水を入れて蒸し焼きにしましょう

022_20140720133148b80.jpg

うんうん これならソース無しで美味しい

よっしゃこれで満足です 揚げ餃子もいけそうだな…



ビールに会う餃子の出来ました 肉たっぷりの餃子の出来上がりです





たまには銭湯に 荒神温泉(閉館しました)

『そう言えば、一週間ほど風呂に入って無い。』

職場でぼそっと言ったら 周囲の人に引かれてしまった

寝る前か朝にシャワーは浴びているのだが、風呂の湯に浸かってないと言う意味だったのだがまいってしまった。

と言うことで、どんなこっちゃ

201406 082

宝塚市内北部、清荒神の南にある銭湯です

201406 083

効能表は 温泉を人工に造っていると書いてありますね

銭湯ですからそんな所はあまり気にしないで

久しぶりの電気風呂、 高温のスチームサウナ、露天風呂と のんびりと浸かってきました。
そう 一週間分位浸かりましたよ。

あまりゆっくりしてたので、お腹が減ってしまいました

ならば ちょっと喉を潤すのに ビールをかけつけ3杯は…

そう行きたい所なんですが、スクーターなんです


だから……

201405 093

丸亀製麺のひやかけ

しかも今回はスペシャルに大を注文

201405 095

トッピングはたっぷりと

201405 098

それだけではありません

一週間ぶりに風呂に浸かったんだからこのぐらいの贅沢はしなくては

半熟卵の天ぷらも

201405 100

すぐにかぶりつかずに、わざわざ割って写真を取っているブロガーのさが……

どこが贅沢や!?

この日家に帰ったのが8時
腹も膨れていたので つまみでビールを三本のんだら眠たくなって

そのまま寝てしまい 目が覚めたのが 夜中の3時半

寝が足りているから二度寝が出来ない

こんな夜中に目が覚めた日って 後の行動に困るんですよね…笑

好きなんです 家呑みのメニューたち

最近と言っても数年前からですが
讃岐うどんツアーに行った最後の〆に 
香川県の名物の骨付き鳥と言う   
スパイスをまぶして焼きあげた鶏の骨付きもも肉を食べてました

最初は柔らかい若鳥だったのですが
しっかりとした噛みごたえのあるおやどりが好きになり、探すようになりました。201406 003

赤くてしっかりとした肉質

赤鳥とか 百日鳥とか売っているのは段違いに硬い鳥です

値段がまた安いのが良いのですが もちろん普通に料理してもいいのですが
スルメの様にいつまでも口に残りそうな難物です

201406 002

それを このように皮に十字に切り目を入れ 身の隅にも切り込みを入れます

これが無いと縮んで直硬くなります

香草のスパイスをこれでもかと言うほどふりかけます  

201406 007


フライパンでじっくりと焼き上げると

皮も硬いのですが、身も硬い 
そんな堅さを噛みしめて楽しんでます


そうそう 肉料理にと言えばこれもお気に入り

トンカツです

201406 238

じつは トンカツは塩胡椒できつめに下味を付けて
何も付けずに食べるのですが

今回はこれを

201406 237

まきもどすと このソース

兵庫県は尼崎のソースなんです

201406 236

友人から頂いた 尼崎のソース

大阪と同じく 串カツの文化のある尼崎ですが
この地には二度付け禁止のソースは無く

たっぷりかけて食べるソースの文化が残っています

そんな町の地のソース これもいい感じですね

最近暑くて 仕方がないからビールを飲んでます
だからこんな料理が嬉しくて…

夏バテで食欲が落ちないかって?

だって 壁ぎわですから…




プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR