ぶっちぎりとベコー 大阪梅田で

先日裕治伯爵を案内して梅田で呑んだ日
シャンソンを聴きに立ち寄ったジルベールべコーさんで

東京在住の友人が来週歌いに来ると聞いていたので
ふたたび大阪に出没している壁ぎわです

まずは 腹が減っては戦が出来ぬ
もっとも戦をする気はありませんが

201409 098

ひさしぶりに 梅田の寿司屋に

ネタとシャリのバランスがなんて江戸前にぎりではいいますが
私は酒のあてになるすしが良い

だからここ 『魚心』の寿司大好きなんです

201409 100

これが魚心盛り
税別で1500円です

201409 101

大きなマグロが重ねにぎり

201409 102

穴子は 巴にぎり

201409 103

他のネタも満足のいく大きさです

201409 104

調子に乗って追加のウニ これが税別一貫450円だから この皿が900円

201409 105

鰯の炙りは一貫180円だったかな

201409 099

ここの豪快な茶碗蒸しも 具がたっぷりで美味しい

この位食べたら満足ですね

では梅田新道のベコーへ行きましょう

201409 106

201409 107


201409 109


201409 110
201409 111

関西のシャンソン界の重鎮 出口美保さんの店

7時、8時、9時、10時と4回30分程度のステージが行われます

そして生活臭いシャンソンしか歌わないと言う 師匠の言葉を守ってうん十年

時に語るように、 歌は一曲のドラマです それがつくづくと判る店

201409 112

今日も長居してしまいました



スポンサーサイト

たまには神戸ビーフでも 三ノ宮 吉祥吉

兵庫県に住んでいてもなかなか食べられないものが有ります
その一つが神戸ビーフ

神戸牛と言うのは通例の呼び方で 松阪牛、三田牛のように登録されているものではありません。
何故かここだけは 神戸牛では無く神戸ビーフなのです

でなんと言っても高いのが玉にきずですが…

201409 502

ランチタイムならどうにかなるかとちょっと時間を外してやってきました 

吉祥吉さん ちょっと派手と言うか なんだこの店の前は??


女性に優しいと言うか、女性にだけひいき目のあるオーナーなんでしょうね

500円アップすると 女性にだけ ビーフシチューとデザートセットがつくのです

というか 高いランチ男性だけで食べに来るやつはいませんよね


201409 503

201409 505

レディースだけのビーフシチュー

201409 506

悔しいから 料理が来る前から呑んでます

そうかこれが狙いかも知んない

201409 507

どうせならワインを呑むのも良かったな

特にワインなみなみと言うのに魅かれてしまう 日本酒じゃないって!

201409 510

サラダ

201409 511

そしてステーキコース

特上赤身からちょっとランクアップして 奇少部位のステーキと言うのにしてみました

フランスパンも美味い

201409 512

脂が甘い

ソースを付けるのがもったいなくて…

ソースはフランスパンに吸わせましょう

余韻を楽しんでいたら


201409 515

レディースセットのデザートです

何でこの店は こんなに男女に差を付けるんだ

おかげで もう一杯ビールを呑んでしまった壁ぎわでした

ちなみに 昼のコースで 
一人前4000円弱でした




最後は大正で 友遠方より来たるあり 最終話

住之江公園で風呂を味た後 地下鉄と市バスを乗り継いで
大正区平尾にやってきました

201409 456

きたかったのはここ 宮城ホルモン店

沖縄流の豚のホルモンを鉄板で焼いて
立ち飲みで食べるだけ ハラミ以外は60円の店

201409 459

自分の好きな所をとってはたべ 最後は串の数で清算です

201409 460

レバー串も60円

201409 461

ハラミだけ串が違いますね

201409 462

立ち飲みには缶ビールが似合いますね

沖縄料理ですから オリオンビールも

二杯飲んでキリンが有るのに気付きました


しかし 鉄板の前だから暑い
そのうえ外が嫌ににぎやかです

ちらっと見てみたいのだけれど
簾の向こうまで行くと喰い逃げと間違われても困るしなぁ…

ということでここらで勘定してもらって

201409 464

表に出たら なんだこの集団は??

201409 468

沖縄県人の祭りが有り
沖縄からこの集団が何組も来ていたみたいです

ゆかりの商店街を景気よく回っていました

201409 472

しばらく見学です

201409 477

うんうん

201409 479

うんうん、うんうん


じゃあとっておきの所に呑みに行こうか

そう言ったは良いものの

実は初めての店

確かここらなんだけれどなぁ???

201409 482

ありました!

暖簾に名前も、看板も無い店 

夕方4時から開いている立ち飲みの居酒屋さんです

201409 483

立ち飲みなのに この冷蔵ケースに入りきらないほどの食材はなんだ!!

201409 484

おススメメニューの金額を見て再び驚く!

201409 487

クラシックラガーを頼んで呑んでいるのですが

このタバスコの瓶に驚く!!


201409 490

サッポロラガーもありました


201409 488

ポテトサラダを頼むとこの量で

201409 491

ホタテの刺身もたっぷり

このころには もう満員です

初めに入って無ければ 常連さんだらけで入れなかったかも

201409 492

キンキの一夜干し 旨い~
それより これ240円なのに 再び驚き!!

201409 497

マグロの造り

201409 499

テーブルに有る煮ものも旨い

201409 498

もうビールじゃやってられない

地酒が呑みたいなと言うと

このぐらいならとでてきました  幸せ

201409 494

もう一杯と言うと
残りが少なかったのでサービスで継ぎ足してもらい
違うのだしましょうかと

201409 495

美味すぎるやん

201409 496

友人は変化球にこんな物を

一見なのにサービスも嬉しくて ファンになってしまいました

感情をすると 驚くほど安かった

又来たいなぁ……



と表に出ると

201409 500

また来てくださいねと おかみさんがあいさつに

良いんですか??

記念に写真を一枚 これは通ってしまいそうな店になりました


土日もやっているので 早い時間から行きたい店です

名前はあえて載せません

行きたい方は壁ぎわまで連絡くださいね


そんなこんなで 小田原から裕治伯爵がやってきた旅お開きです。


住吉公園


住吉大社の見学が終わったら 駅を通り越えて西へ行くことに

住吉公園です

287_201409250822409f2.jpg

住吉大社だけでなく こんな公園もある所なんですね

288_20140925082240ed3.jpg

芝生の公園だけじゃなく、野球場やテニスコートもあるんですね

289_20140925082242b3b.jpg

ただ この噴水から出るミスト(霧)はいただけませんね
周りの微生物を空気中に吹き上げている様な気がします

退散とその公園を突き抜けると

291_2014092508224327f.jpg

大きな常夜灯が
と言うことは ここまで住吉大社の参道だった所なんですね

295_20140925082449927.jpg

住宅街をしばらく行くと また公園が有りました

住之江公園です


201409 423

区が違うからか 近くに同じような公園が有って良いですね

201409 426

こんな碑も

201409 427

きれいな公園でした


201409 429

住之江会館??

201409 431

護国神社の結婚式や会食場でした

201409 434

道を渡ると にぎやかな建物が

201409 436

ここが住の江ボートなんですね

201409 438

話の種にちょっと立ち寄ることに

参拝した後だからきっとついているはず

まして 私の住む伊丹市主催のレースですから

本命からちょっと買ってみました

201409 440

結果は!

なんと6艇中 1番と6番2艇 フライングで失格です

競馬だと落馬しても帰ってこないのですが
競艇はフライングしたら 払い戻しなんですね

かけた金額が丸々帰ってきました

これも御利益かな?

201409 441

それではようやく到着 スーパ-銭湯 スパ スミノエです

201409 443

たっぷり歩いたから 喉が渇きました

まず温泉の前の一杯

201409 446

つまみはどれが良いかな

201409 447

色々と目移りしながらも

201409 449

結局 串カツです

317_20140925082623022.jpg

このソースをかけて

318_20140925082624615.jpg

いただきます

そして温泉をゆっくり楽しんだ二人は

今度は大正に向かうことに

大阪市の休日パスを買っているので なるべく地下鉄と市バス利用です

321_20140925082626876.jpg

住之江公園から 地下鉄四つ橋線で難波に出て

322_2014092508262723a.jpg


難波から鶴町4丁目に行くバスで 平尾に向かいます

大正で沖縄ホルモンとそれ以外にもたっぷりと
 その様子は明日の記事で




日々のつぐないとお払いに? 住吉大社


朝から天ぷら15品に貝汁とビール 
一人は用事が有るからと帰り
残った腹一杯になった二人組です
大阪方向に戻ろうとするのですが 
まだ時間が早すぎます

スーパー銭湯に行くにしても駅から遠いし 
それに10時からの所ばかりだから

そんな時には 有名神社にお参りしてみましょうか


206_20140925081101e5e.jpg

と言うことで降り立ったのが 住吉大社の駅です

住吉大社と言うと関西では 正月の初もうで客ベストテンに上がる神社で
大吉の数が関西で一番少ないと都市伝説の有る神社です

207_201409250811036fe.jpg

駅の構内に案内図が有りました

210_20140925081104ee9.jpg

駅から参道の商店街を歩いて
大きな道路を渡ります

ちょうど阪堺線のチンチン電車に出くわしました

211_20140925081105c58.jpg

境内に入る鳥居

216_20140925081107d8f.jpg

手水場の上にもこの住吉大社の文字が

218_20140925081627034.jpg

すごく急な太鼓橋が 堀にかかっています

これで馬や籠をここから入れないと言うことなんでしょうね

220_20140925081629b7e.jpg

手水場にはウサギの石像が

兎の歳 兎の刻に出来たとか書いてありました

225_20140925081629318.jpg

中には国宝に指定された御社が5棟

226_20140925081631eec.jpg

これは社務所です



233_201409250816334f4.jpg

厳かと言う言葉なに合いますね

240.jpg

裏に回ると 枝葉の神社が有りました

242_20140925081839ad2.jpg

大きな神社には 小さな神社がたくさんついてますね

246_20140925081839ead.jpg

この神社の向こうは 大門のそとですね

何かパワスポットの様な事が書いてあるので そちらに向かいます

259_2014092508184185c.jpg

外にもこんな神社が でもここじゃなさそうですね

263_2014092508184235d.jpg

どうもここのようです おもかる石の占いと書いてました

266_20140925082023408.jpg

この漬物石ぐらいの大きさの石を なぜるのかな

267_20140925082025752.jpg

こちらに説明が書いてました

269_20140925082026f71.jpg

その後こちらの神社にもお参りして
本社に戻りましょう


278.jpg

と 前から 騒がしい一行が

奴装束で 道一杯 右に左にと大きな振りで行列してきます

なんだ 大名行列のまねごとか??

282_201409250820297f2.jpg

と 神官、巫女さんの後に続くのは

結婚式だったのですね

285_20140925082238394.jpg


由緒ある儀式 出来るのは 
由緒ある家に生まれた人なんでしょうね

ちらりと見て次に行くことにいたしましょう





朝から天ぷら 天ぷら大吉 最終日の1

江坂のホテルで目覚めたのが7時過ぎ


どうも昼近くまでなられないのが歳のせいか

まぁいい この時間なら行くことが出来る

隣の部屋に電話して 8時にホテル出るからねと


201409 319

江坂から地下鉄で難波に そこから南海電車です

ちょうどラピートが停まってました

これの赤色が見たかったなぁ…

201409 335

堺市の駅で降りて南に
振り返るとこんな高層ホテルが駅に隣接して建っているのです

201409 337

川を渡る橋には 何を考えるか異国の人の姿が

201409 338

こんなポスターにも 異国の人の姿が使われてました

201409 330

目的地到着 堺魚市場の一角です

夜の12時から 午前9時半までの店

夜には行列が出来ている店です


朝は狙い目 それでも結構客は入ってます

201409 321

そうです安いんです

201409 320

そしておまかせコースにするともっとお得です


201409 322

小食な もう一人の連れの頼んだのが 1000円コース

海老、いか、あなご、えのき、ししとうなど
これでも盛りだくさんです

201409 323

それと忘れてならないのが 貝汁

たっぷりアサリのみそ汁です

この店では貝殻は足元に落とすのが流儀です

細い隙間を歩くと 貝の割れる音がこの店の名物ですから

201409 324

注文した時に ちょっとボリュームありますよと言われた
2000円コース

ちくわは判りますが あとはなにがあるか ワクワクです

201409 325

きすかと思ったら 穴子のしっぽの部分でした


201409 326

赤い玉が不思議だったのですが
明太子の天ぷらでした

201409 327

カニの爪

201409 328

タコ

201409 329

いわし

色いろな物を食べながら のむ キリンビールが美味くて
前回はアサヒスーパードライだけだったけれど 
これは嬉しい誤算でした

てんぷらと ビールと 貝汁の朝食を終えて さて次は何処に行きましょうか

まだ時刻は 朝の9時過ぎでした


大阪の夜

とりよねで呑んだ後
いつもなら京都の夜を楽しむのですが
京都のホテル料金が最近上がってしまって
カプセルホテルでさえ 5000円越えになっています

仕方が無いから 大阪で宿を取りました
なら大阪でのみに行きましょう その様子です

179_20140922082341e7f.jpg

大阪で泊まった 4000円のシングル
これで十分ですよね

チェックインを済ませたら呑みに出ましょう

さかとも

折角の江坂ですから 行くのはここ 酒友です

180_2014092208234366a.jpg

今回初めての酒
ちょっと甘すぎましたね

181_20140922082343f21.jpg

今日は辛いほうがと コクのある辛い酒の呑み比べを

182_201409220823457a5.jpg

岩牡蠣にたらの白子

183_20140922082346f74.jpg

造りの盛り合わせには あわびも足して

184_2014092208283523c.jpg

ころっけに


さかともからしれんこん

からしレンコン

後はビールで 腹いっぱいになって

ホテルに帰って就寝でした



185_2014092208283760f.jpg

翌朝 ホテルのランチもいいのですが

せっかっくの大阪 裕治伯爵も居ることですし

朝天と行きますか

それは続きの記事で





とりよねさんの楽しみはお座敷体験

とりよねさんの楽しみはこれ お座敷体験です

さすがに 芸妓さん、舞妓さんを個人で呼ぶと 一桁上がってしまうので

庶民には とりよねさんの催しが 救いなんですよね


今回は 一番下座の席で
実はこの場所が 舞台にいちばん近いから 今日は撮り放題です

201409 244

まずは 美恵雛ちゃんの 一人舞いです

201409 245

今日も 三人組のお姉さん 弥寿葉さんの三味線です

201409 246

近いところで舞を見るのもいいものです

201409 248

真剣な弥寿葉ちゃん 美人の真剣な姿もいいですね

201409 250

お色気もほんのりと 美恵雛ちゃん 
実はまだ二十歳を超えて数年
舞妓時分を知っていますから…

201409 260

ここからは二人舞
皆さんも知っている 祇園小唄です

201409 254

♪ 月もおぼろの 東山~ ♪
三味の弾き語りは大変ですね


201409 257

201409 258

201409 259

201409 267

201409 268

踊りは二曲で終わりにして

201409 272


よろしゅうお願い申します

挨拶したら皆さんのところに お話とお酌に回ります

こんな子がそばに来たら緊張するって?

201409 281

美恵雛ちゃんが来て


201409 276

弥寿葉チャンが来て

もう緊張した顔の 壁ぎわです…  どこがや!!




舞妓ちゃんが他のテーブルのお客さんの 水割りを作っている

『 小凛ちゃん 』

201409 278

『は~い  
いや~お兄さんや   ちょっと まっとくれやす』


そんなこんなのうちに ゲーム体験が始まりました

201409 283

金比羅舟々の説明中

普段ならお断りする子供さんが写ってますが
それは横に 普段姿の本職さんが付いているから

一般人では こんな本職連れて体験版なんて出来ませんからね

201409 284

さて かかってきなさいと 余裕の姿



201409 287


201409 285

呼び出されて やっております

だんだん真剣さに火が付いてきて

201409 291

他の素人さんとはこんな笑顔なのにね

201409 296


今回は人数が多かったのでコイン回しを

201409 301

これで最後は誰の手の中にあるでしょうか?


201409 299

ちょっと落ち着いた時の 弥寿葉ちゃん

201409 304

負けたものは 罰ゲームの一気飲みを

201409 309

それではここらで 綺麗どころはお開きに

201409 310

挨拶も終わったけれど

201409 306


お兄さんと 写真とって無かったわ
又来年よろしくね


そんなこんなの とりよねの宴でした



とりよねさんへ 今年3度目


今回友人の来る本来の目的はここ
京都は松尾大社のとりよねさんです

093_20140920082118797.jpg

この老舗の料亭で楽しみましょう

094_20140920082119790.jpg

これ実は 鉱泉があるんです

松尾温泉といいます

095_201409200821202de.jpg

そしてこんな岩風呂が一つ有ります

096_201409200821223d3.jpg

知る人ぞ知る とりよねの岩風呂

映画のロケに使われたりして 吉永小百合さんも入ったとか

097_2014092008212381c.jpg

サインが紙じゃなく 板に書いてありました

099_201409200822195da.jpg

さて 宴席のスタートです

100_20140920082220282.jpg

お品書き

101_20140920082222e46.jpg

隅にこう書いてあるのですが

102_20140920082223847.jpg

女将さんの気持ちが嬉しくて

103_20140920082225032.jpg

こちらの御主人です

201409 239

舞の方も

201409 241

料理も続きます

土瓶蒸しが嬉しい季節になってきましたね

201409 242

中は

201409 277

松茸と鱧と海老 満足です

201409 279

ケンケンのカツオを 板長がたたきにしたもの



201409 280

そうめんには 松尾温泉卵が付いてます

201409 293

変わり揚げ

201409 282


焼きもの

201409 307

栗ごはんと とりよね秘伝の鶏スープ

201409 311

デザートも

でも これだけなら 毎年来ませんよね

写真が多いのでそちらのほうは明日の記事で

大人の遠足工場見学 友遠方より来る

先日も行っていますが、
もともとは彼を連れて行かなければならなかったから 
それが工場見学です

015_20140919065428911.jpg

ここは 服を見れば判りますね
サントリービールの京都工場です


017_2014091906542973c.jpg

くどいようですが 工場見学です
決して 彼女の写真を撮りに行ったわけではありませんので

018_2014091906543074d.jpg

これがビール工場です

019_20140919065431c78.jpg

大麦麦芽で麦じゅうをつくり

024_20140919065433fd4.jpg

それがビールとして出来上がっていく工程を

036_20140919065537d17.jpg

それよりおっさんに刺激的だったのは

このモニュメント

1970年の 大阪万博の サントリー館のモニュメントだと

037_20140919065538545.jpg

そして お楽しみの試飲

出来たての ザプレミアムモルツ
これより旨いビールを私は知らない


でも普段は 金鐘が無いので呑めない

でもここは試飲なのでタダで旨いビールが呑める

でも 交通費だけでも半端じゃないんだよなぁ…  遠いから…

038_2014091906554083b.jpg

出来れば 一番多いのをとってやろうとしたのですが

さすがですね 入れ方が均一になっています

039_2014091906554155e.jpg

ついでに 出来たてならモルツも旨いと言うのを実感して

040_20140919065543e97.jpg

サントリータウンで 工場見学の特典で手に入れたグラスが
一個500円もするなんてと 嬉しがってました

無料で3杯飲んだら 次の目的地に向かいましょう

駅までバスで無料で送ってくれるのも嬉しいですね

043_20140919065657852.jpg

長岡京からJRに乗り一駅で山崎です

駅のこのポスターがそそるんですよね



047_20140919065659e3c.jpg

山崎蒸留所の案内棟

実はこの間の道路は一般道路なんです


この守衛室のようなところで ネットの予約確認をして
ここでもサントリータウンの工場見学の粗品を貰います

と今回6人だったのですが 4個しか渡せませんと 切り口上な女性の案内係が
じゃあ 6人予約するなと言うことだね 3人3人で予約して 
各々がサービス券を持ってくれば6人全員に渡るのに
そのあたりが役人と同じ融通がきかないんだね


そんな事言うと 
もう用事は終わったと、素知らんふりをし始めた

歳をとってチーフにでもなると 女性ってこうなるのでしょうか
案内をしている頃の彼女の顔みたことが有るような……
でもこんな感じの悪い女になるとは


他の人に そうそう 電車から見えるあの建物はなんですか?
貯蔵庫 それとも研究棟?  

そう言えばいつも見ているけれど 中知らないなぁ?

そんな話をすると

公表してませんから!

きゅうにそこに 切り口上に入ってくるんじゃないよ


接客態度 最低な女を

このサントリー系列で初めて見ました


こんな女の部下か後輩についてる女性達
さぞたいへんだろうなぁ…


049_201409190656591b5.jpg

気を取り直して

見学棟と 工場棟に

051_201409190657008e2.jpg




058_20140919065702747.jpg

工場棟は 今工事が入っていて

ポットスチルの所は見られませんでした


065_20140919065753305.jpg



067_20140919065755b30.jpg

それでも見学を終えて

072_2014091906575639e.jpg

試飲コーナー こちらは 1000円の料金がかかる勉強の場ですから

073_20140919065757571.jpg


おつまみや

077_201409190657597f6.jpg

ハイボールの研究をした後は

ようやくここの本番です

原価で味わえるバーが ここには有る

ふだん自分の金では
宝くじにでも当たらない限り絶対に呑めないウイスキーが呑めるのです

087_20140919070133e79.jpg

ここでは回転が速いので
瓶の底に残ったウイスキーでも気は抜けて居ません

それよりこのビンテージがすごいのです

山崎25年  白州25年

近くの酒屋で 買える人が有ったら 買ってください

値段を聞いて飛びあがりますよ

088_20140919070134f0a.jpg

味見 いいえ ほんの僅かでも味わうために

089_20140919070135d2a.jpg

この値段に思わず手が震えています


1本10万円のウイスキーを2種類 味見しようとしているのです

15ccで 2400円 

原価でも これだけ4800円です


躓いてこぼしたらどうしよう……

090_201409190701365cb.jpg

味が判らなくなると困るので 呑み慣れた高級酒を


091_20140919070138ef8.jpg

でもこの値段の違いに唖然としながら…

これだと グラスの方が高いよなぁ…

092_20140919070226f00.jpg

白州の25年はさっぱりして ビンテージがもったいないような

だから もう一度味わうならこちらだね

ついでに 響の21年も味わって満足な 壁ぎわでした


けどあの女従業員が居無ければもっと気分良かったのになぁ…

それでは 本日のメインの所に向かいましょう
それは明日の記事で



プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR