平等院と…… 宇治の旅③


宇治神社と宇治上神社を参拝した後は
ようやく宇治川を渡ることに

P1180234.jpg

中ノ島を抜けてとこの橋を渡るのですが

P1180230.jpg

渡る手前にこんな石像が

P1180229.jpg

源氏物語の宇治十帖
でも…… 壁ぎわはもてる奴は嫌いです
ええ、嫉妬だけしか残りませんが

P1180232.jpg

バラにいろいろ名がついているのは
バラ園がそばにあるので知っていましたが

ツバキにもこんな名前を付けているんですね

P1180254.jpg

さて橋を渡りましょう
天ケ瀬ダムの放水で水かさが多くなっています

P1180262.jpg

中ノ島の十三重の石塔

P1180264.jpg

こちらは増水で避難中の観光屋形船

P1180265.jpg

休業ではないんですか?

P1180269.jpg

町を歩くと こんな灯篭があり 
夜には灯が入れられるのは趣がありますが

P1180266.jpg

お店には ミャーミャーと大声で話す人の群れが…

P1180273.jpg

そんな連中はさておいて 平等院に入りましょう

P1180272.jpg

お得情報です
京阪のワンデイチケット買っていると
平等院の入り口で、絵葉書二枚貰えます

P1180304.jpg

ご注意情報です
平等院内部拝観は三百円別途料金なのですが
土日は待ち時間が出ています。

この日は一時間半でした、大事な方と行かれる時には
予約がベストです

P1180305.jpg

内部拝観はこちらの入り口から

P1180310.jpg

それでは十円玉にも描かれている
平等院鳳凰堂です


P1180311.jpg

予約した人がぞろぞろと

P1180312.jpg

入ったと思たら もう出ていく人が……

P1180314.jpg

私は何とか全景が入りきらないかと

P1180313.jpg

一段高い所にはこんな建物が 鐘楼かな

P1180316.jpg

こっちの建物は

P1180317.jpg

観音様が居るんだ
目にかかりたいものですね  
でも 入口は閉じられたままでした

P1180318.jpg

有名な藤棚 季節外れでは何も感じませんね

P1180300.jpg

こちらの建物は

P1180301.jpg

石燈籠の古くて重要なのがあると

P1180295.jpg

何とか院の墓所

P1180298.jpg

災難除け(厄よけ)不動尊も

ぐるりと回ると結構広いかと思っていたけれど
そうでもありませんでした

でもそろそろお腹がすいてきたので次に向かいましょう
それは次の記事で


スポンサーサイト

 宇治神社と宇治上神社 宇治の旅②

京阪宇治線の宇治駅で降りた壁ぎわは、宇治橋を渡らずに宇治川に沿って散歩することにしました。


082_20150122175337315.jpg

すぐにあったのが 橋寺方生院

何度も流されるという宇治橋の守りだったそうです

083_201501221753382db.jpg

詳しくはこちらで

084_201501221753391c0.jpg

大門には垣がしてあったのですが
横の入り口が開いていたので入ってみることに

085_20150122175341207.jpg

きれいな本堂と 砂利も掃き清められていました

086_201501221753424b4.jpg

これは般若心経を書き込んだローラー一度回すとお経を一回唱えたことになると

東南アジアの舞狂の寺には、文字を読めない人の多い所にありますよね

せっかくの真言の寺ですから
観自在菩薩行深般若~………

昔、四国の霊場を回ってましたから

087_20150122175436e04.jpg

ふとみると 庭の草むらに 鬼瓦が
しかも笑っているように見えるのは私だけ?

089_20150122175437769.jpg

こちらには像がならび 真言が書いてありました

ついつい居心地のよさそうな寺では長居をしてしまいそうですが

そんなにゆっくりしてる暇はなかった

092_201501221754396db.jpg

再び歩き始めると こちらにも

093_201501221754408ad.jpg

この階段の上ですね

094_2015012217544248c.jpg

少し様子を見たら戻りましょう

095_20150122175724421.jpg

今歩いているこの道が

さわらびの道と言うんですね

100_2015012217572586f.jpg

こちらには小さな神社が

101_20150122175727694.jpg

可愛いお社がありました

107_201501221757280c8.jpg


その先には 神社が
宇治神社です
109_20150122175729a54.jpg

鳥居の下からズームで

116_20150122175953d1d.jpg

神社の横の道を上がると 今度は宇治上神社の鳥居が

122_2015012217595402e.jpg

宇治上神社到着です

123_20150122175956ba7.jpg

境内

127_20150122175957680.jpg

右手には 祠があり手水場になってました

129_20150122175959c4a.jpg

桐原水と言う宇治の名水の一つなのですね

126_20150122180612548.jpg

今年の干支の羊もありましたが
この神社はうさぎがメインに取り上げら得ていると

ウサギがここの運を運ぶ動物なんでしょうか?

131_20150122180613214.jpg

133_20150122180614da4.jpg

国宝の本殿でした

147_20150122180616d90.jpg

源氏物語ミュージアムなど 色々あるのですが
宇治川方面に下りることに

お茶の街宇治のお茶の店 福寿園さん

155_20150122180617896.jpg

窯元もありました

それでは宇治川を渡りましょう
写真が多くなるので次の記事で



宇治の旅①  宇治へ

旅のはじまりです
今回は電車で旅気分を味わおうと思いました

P1180149.jpg

大阪の京阪淀屋橋駅 ここから旅は始ります

P1180150.jpg

京阪特急 昔はテレビカーなんて言うものがあったのですが

P1180148.jpg

いまは 二階建て車両が登場しています

実は下の座席に座ると 駅のホームの端を歩く女性の足元が見えるんですよね。

P1180146.jpg

だから この階段を上がって上の車両に
だって カメラを出していると疑われてしまいそうで…


P1180153.jpg

二階建て車両の二階からの景色はいい

P1180155.jpg

ただ このあたり ちょっと高圧線が多すぎませんか

周りに 変な電磁波の渦ができていそうで 私には住めなそうなところです

P1180157.jpg

外を見てると 塀があっても上から覗きこめるようです

P1180156.jpg

そして京阪車庫

なんか鉄ちゃんみたいですね

久々に運転しないので気分はノリノリです

ええ 朝から缶ビールは飲んでますけれどね…

066_2015012208235860d.jpg

中書島で乗り換えて 宇治線です

電車の概観や、シート、つり革までが宇治茶の色になっています

068_2015012208235917f.jpg

京阪宇治駅到着です

P1180161.jpg

ちょっとあたりの地図を確認して

070_201501220824004bb.jpg

駅を出ると 宇治川です
琵琶湖から桂川、宇治川、淀川と名を変えて大阪湾にそそぐ川です

072_201501220824019cc.jpg

無効にはJRが走っています

074_20150122082403591.jpg

そして宇治橋

073_201501220825028ac.jpg

すぐ上手の天ケ瀬ダムが放流しているので
水位が上がっています

意をつけてくださいって言われても……

076_20150122082504626.jpg

宇治橋の解説

077_20150122082505ac0.jpg

宇治川の様子

079_20150122082507fb7.jpg

そして 道路を渡ったところには こんなお店が

080_20150122082508663.jpg

お茶の町、宇治

いきなり茶団子が迎えてくれました

まさか来てすぐ食べるわけにもいきませんが ではこの街の散策を始めましょう

旅は続きます





大阪でいっぱい

大阪で御タヌキ大明神からお呼びがかかり行ってきました

何にって
桂吉弥の落語会です

それが終わっての呑み会もですが

P1170115.jpg

この二階が御タヌキ大明神お勧めのこのお店「ひまわり」
ミナミの鉄板焼きの店です

P1170106.jpg

飲み物のメニューを見て驚いた

お好み焼き鉄板秋の店でこの値段は!?

そうか 芸能人やスポーツ選手の御用達の店なんですね
もっとも払うのはたにまちの人でしょうけれどね

P1170105.jpg

最後のほうに私の飲むワインの名も…

でも今日はビールでいいですと

P1170107.jpg


付き出し  小エビのから揚げと、タンドリーチキン

P1170108.jpg


すじ肉

P1170111.jpg

すじ焼のほうがよかったかなと

P1170109.jpg

豚キムチ

P1170113.jpg

〆は焼きそばと

P1170114.jpg

お好み焼き

P1170112.jpg

さすが関西 何気にテコが各テーブルにこんなにおいてありました
これで食べなきゃ大阪人じゃないですね

P1170116.jpg

そのまま御タヌキ大明神の案内で
この花屋の角を曲がり

P1170117.jpg

暗いほうへと歩いていきます

P1170118.jpg


どこに行くの?

P1170119.jpg

この店の酒飲ませたいんやと

P1170120.jpg

なかなか落ち着いた お母さん二人でやっている居酒屋さん

こうして大阪の夜は更けていくのでした

串カツを探して JR尼崎北側

串カツが食べたい
上品な串揚げじゃなく、大阪の二度づけ禁止にのような
あんな串カツが食べたい

JR尼崎の 北側にできたビル群
ホテルの横に少しだけスペースをもらったから
そんな感じの店にいってきました

P1140088.jpg

ホテルポップインの西側
人通りの少ない二階に こんなお店が並んでいます
肴菜や
得トクセット 880円 つい寄りたくなりますね

P1140089.jpg

生ビールとおつまみ

P1140090.jpg

そして 串カツ5本で 880円です

可もなく不可もなく

ついでにもう一軒行っててみようか

P1140081.jpg

ブラスト2F 並びの はせがわ

ここは半額のクーポン 1枚だけ買っていたから
1000円(本当は2000円)のコースです

P1140082.jpg

カルパッチョ トマトの下に サーモンが入ってました

P1140083.jpg

生ビール

P1140084.jpg

とんぺい焼き

P1140085.jpg

豚肉のステーキを卵で包んだと思っていたら

薄切りの豚肉のオムレツでした



P1140086.jpg

そして串カツ  ウインナー、なす、ちくわ、豚、牛

P1140087.jpg

どんぶり鉢に入れた二度漬け禁止のソースをつけて

でも ひとりでカウンターじゃ落ち着かなくて

せっかく尼崎まで来たから そのままタクシーで東長洲の交差点まで

P1120070.jpg

やっぱり落ち着く きらくです

鮎の干物

P1120071.jpg

さばの きずし

P1120072.jpg

きらく鍋

P1120073.jpg


気分でいろいろ入れてくれるのがうれしいですね

結局はしご酒の 壁ぎわでした




回転ずし三昧??  くら寿司

年の初めは忙しくてなかなか更新できないのが申し訳なくて

ようやく落ち着いてきたら もう一月が半分過ぎてました

昼に友人とランチしたお話です

しかも男二人で回転ずしです

P1120050.jpg

やってきたのは 宝塚のくら寿司

気楽に一皿100円から200円です

まずはマグロ二種

P1120051.jpg

山かけ風

P1120053.jpg

タラの白子

P1120055.jpg

極上ふぐフェアだと

トラフグと書いてないところがいいじゃない

P1120054.jpg

3貫で200円なら注文できちゃう


でも ちりも積もれば山となると言うように食べ過ぎて驚くほど払うことも

だから……

P1120057.jpg

回転ずしのラーメンです

P1120058.jpg

天ぷらうどんも

P1120060.jpg

再び寿司に戻って 中トロ

でもちょっと色が悪いなぁ…

P1120061.jpg

ならば くら寿司でのお気に入りを

コーンのかき揚げ

アツアツが出てきて 3ケで100円ならいいもんです

P1120064.jpg

続いて回転ずしらしく……   とんかつ

P1120065.jpg

でもスライスしてありました

そのうえ 冷たいのがちょっと…

P1120066.jpg

包丁の切れが悪かったのか それともスプーンですくったのかアンキモ

P1120068.jpg

口直しに ブリのハラミ

いいえ 口直しならと

P1120069.jpg

P1120067.jpg

一つずつ頼んだ デザート 一皿100円を食べて 満足でした

芦屋で一風呂 水春 芦屋浜店


今年に入って、スーパー銭湯三昧の壁ぎわです

そういえば阪神間で一番新しいスーパー銭湯に行ってなかったなぁ

ふと思い立ち 行ってみることにしました

002_201501140830519c6.jpg

なんと一番新しいスーパー銭湯は 芦屋にあるのです

芦屋といても 本当に上流階級のいるのは山の奥
奥池などというところで、

芦屋にも庶民もいればラーメン屋もありますから

003_20150114083052417.jpg

でも 海に作られた造成地では
なんか 雰囲気が違うような

007_201501140830547ee.jpg

係留施設付住宅

係留施設と聞くと何かと思ってしまいますが ボートやヨットがとめられるということなんですね

つまりこの家からはそのままボートに乗れますなんて言う家なんです

008_201501140830551e8.jpg

住宅地になりつつあります

009_20150114083057ff9.jpg

でも 一つ一つが大きそう

013_2015011408320641b.jpg

凹みのある私の車が似合わない街です

016_201501140832077b4.jpg

海を見ながらの散歩もできます

017_20150114083209b7a.jpg

公園には 簡易トイレも設置?
いいえこれは配電盤だって

022_20150114083210738.jpg

この門を入るだけでも勇気がいりそうなのは
それは私が庶民だから?

とても住んでみようと思えない
だって掃除が大変そうで……

って こんなところに住む人は
自分では掃除なんてしないんですよね

023_201501140832123cb.jpg

そんな街の探索も適度に済ませて

いやこれ以上うろうろすると
防犯カメラに何度も写る不審車両とマークされるといけないので
目的地に

ここでは送迎バスもあります

024_20150114083400475.jpg

ビルの二階に上ると

025_201501140834017fd.jpg

水春の文字が

千里中央の北 箕面繊維団地に1号店ができてから
八尾、寝屋川とどんどん支店を出している スーパー銭湯ですね

026_201501140834038dc.jpg

あちこちにあった カメの形のソファー

ちょっと芦屋だけ特別でしょうか

027_201501140834040a1.jpg

入館料 タオル、バスタオル、館内着がついて 平日1200円 日祝1400円

028_20150114083406aee.jpg

029_2015011408342588e.jpg

案内図です

そしてパンフレットを

芦屋水春2

芦屋 水春1

内部の温泉は 調合人工温泉
それでもゆっくりと楽しむことができました

030_2015011408342773f.jpg

ゆっくり温泉気分を味わったら

032_20150114083428b34.jpg

見慣れた芦屋川に沿って帰りましょう

芦屋までちょっと温泉に入りに

新しい関西のステイタスなコースになるかもしれませんね、もちろん庶民のですが




新年会 三田『田助』

新年会でした
福知山線の三田駅前の田助でした

001_20150111085618796.jpg

新年会ですから 飲み会ですから

JRで三田まで 中山寺から320円でした

002_20150111085619b93.jpg

田助で集合
呑み放題込みで5000円 4500円のコースで時間延長で5000円です

若者の多い居酒屋 店員さんも若い美女が多かった…

白菜と塩昆布のサラダ

003_20150111085620690.jpg

パルマ生ハム

004_20150111085622c24.jpg

とり天アマ酢餡

005_20150111085623093.jpg

鶏塩焼き フライドポテト

007_201501110857346ac.jpg

天ぷら

008_20150111085735a74.jpg

ピザ

009_20150111085737bce.jpg

ライスコロッケ

腹にたまりそうなもんばかりで、もうおなか一杯です

010_201501110857389d7.jpg

デザート
これが一番きついかも

013_20150111085740334.jpg

参加の女性がとりわけてくれました

011_20150111085937529.jpg

でも 私は……

呑み放題でなくてもいいから

和田山の竹泉、田冶米さんところとタイアップして作った酒だと

012_20150111085939627.jpg

う~ん フルーティで良い酒になってますね

満腹な新年会でした


雪道ドライブ 草山温泉観音湯

正月1日と3日に恒例のつかしん湯の華廊へ行ったのですが
人気になってか、芋の子を洗うような混雑で
特に3日など12時50分で楽しみにしていた干支みくじもない状態

温泉をゆっくり楽しみたい壁ぎわにはうっぷんがたまっていました

ならば何処か落ち着いては入れる温泉は無いかと探すと
面白そうなところを見つけました

車のナビにセットすると 58キロ これなら出かけてみるかと行くことにしました

P1040103.jpg

大阪の池田から北に向かう 国道173号線を北に

P1040104.jpg

一庫ダムでできた人造湖を右に見ながら北上です

P1040105.jpg

能勢町に入りました
原付が走っているぐらだから 雪の心配はないよね

P1040109.jpg

ところが能勢町を走っていると
だんだん正月の雪が残っているところが

P1040113.jpg

京都府をかすめて 亀岡に向かう前に左折
篠山市に入ったところぐらいから

P1040115.jpg

なんだこの景色は

P1040116.jpg

何とか道路だけは除雪されているから、いけるところまで行ってみようか軽い気分で来たものの、
前に進むのはいいけれど、ターンしようとしても路側帯には雪が積もってターンができそうもない

P1040127.jpg

それでも何とか到着

P1040124.jpg

あの観音さんのお導きだよなぁ…

P1040126.jpg

むづかしいことが書いた碑文が
ようは寛政年間にこの温泉はあったのだと

草山温泉観音湯
〒669-2704  兵庫県篠山市遠方石ン堂41-1
Tel 079-592-0211 Fax 079-592-0464

そうありましたが 要は 西紀なんや
篠山道の西紀SAと言えばかなり北やもんなぁ…

P1040119.jpg

立派な入口を入ると ホテルばりのフロントがありました

P1040120.jpg

かわいいイノシシが迎えてくれました

P1040121.jpg

でもチケットは券売機で

P1040123.jpg

中庭の雪

温泉自体は黄土色した強塩泉で
室内風呂と露天風呂があり 結構広い
また室内の普通の浴槽も幼稚園のプールぐらいの広さ

そこに蛇口が 20個程という 贅沢な作りです

1月4日の日曜日でも 客数は男風呂に10人ほど
まことに贅沢に温泉を楽しみました

ただ 日が傾くまでに帰らなくては
帰りの道が心配だと…

なんでも 今年いっぱいで閉館して
リニューアルオープンが来年の4月だとか

今年あと数回は来たい温泉です

P1040136.jpg
P1040137.jpg

帰り道に 雪がほとんど消えていた能勢の 能勢温泉

ここでもいいかと思っていたのですが

今回はちょっと無理したけれど
それでも良いところが見つかりました

まだまだ温泉探しの旅も良いものですね

詳しくはこちらから
草山温泉 観音湯


初詣は中山観音

今年の初詣は 西国観音霊場のひとつ中山寺でした
明治天皇の安産祈願から 安産の寺として有名なお寺です

004_20150104092312074.jpg

阪急電鉄宝塚線、中山観音駅の北すぐ

山門を抜け、まずこの大門をくぐります

005_20150104092313d63.jpg

怖い顔の仁王さん

013_20150104092314b5e.jpg

警備員さんご苦労さん

014_20150104092316ee7.jpg

エスカレーターや エレベーターの有る寺です
車椅子でのお参りも出来ます

016_20150104092317ace.jpg

もうすこしだ

012_20150104092420189.jpg

これは手水場と後ろは鐘楼です

019_20150104092425065.jpg

本堂でおまいりを済ませ

020_20150104092426cda.jpg

本堂の後ろ 五重塔は再建中

018_2015010409242376c.jpg

左手にはパゴタも

023_20150104092535d36.jpg

うっすらと雪化粧されていました

024_2015010409253660a.jpg

こちらの混み合っているのは おみくじ売り場

026_2015010409253805d.jpg

じゃ~ん 息子のおみくじです 大吉


031_20150104092539c7c.jpg

二人の姉ちゃんもあやかりたいと

033_20150104092541c3e.jpg

こちらは納骨堂

036_201501040927122a3.jpg

その前に、参拝記念の撮影場所が

下の二人がなんかやってます…… 正月そうそう調子に乗りおって

ただ………

037_201501040927136d2.jpg

中山寺のホームページを見ると この画面が全世界に配信されているのですと

誰かに連絡して見てもらえ

049_20150104092715c71.jpg

帰り道 大門までにいくつかの社が

その一つに厄除け社が

050_20150104092717980.jpg

こちらにも お参りの列が

それより娘たちが興味を示したのが

おみくじの販売機

052_201501040927188d9.jpg

実は英語版だったのです

055_20150104093356b7b.jpg

マダマダうちの二人は 団子のほうが良いようでした




プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR