伊勢神宮 外宮

最近三重県には行っても とんとご無沙汰だった伊勢神宮
夏には大江山の元伊勢神宮にも行ったのだから ここにも顔を出しておかなくては

でもこの神社 格式と言うか 日本一番の宮なんですよね

だから個人の個々頼みは聞いてくれないのです


だから賽銭箱もなく 賽銭を取らないって言っていても
物を知らない人が 投げて石の間やらに入り錆びて困るので

布を敷いて 金を捨てるのなら 後が困らないようにこの上に捨ててくれと用意されてました



だから どこどこの学校に受かるとか 恋愛がうまくいきますようにとかいう願いは
逆効果になります  だから絵馬が無いのです

管轄もここは宮内庁なんです

そのあたりが常識だったのですが


だから 私が何を願ったかって

日本の天災からの保護と復興ですよ
それと景気回復かな
そんなことは置いといて まずは外宮から

083_2015103108233621c.jpg

外宮と内宮 結構離れてます

伊勢参拝は まずは外宮それから内宮へです


084_20151031082338240.jpg

参拝時間  朝5時より

ここらが金儲け神社との違いですね

でも宮内庁の警備員もこの時間から出ているんですね

さぞ高給取りなんでしょうね

085_201510310823385aa.jpg

外宮の案内図

こちら側の無料駐車場が開いて居たので

086_2015103108234012b.jpg

では散策いいえ 参拝です

こちらの建物が 御厩

さすがに中は空でしたが こっこに手を合わせる人も…

087_2015103108234166b.jpg

中の鳥居

そのたびに二礼される方もいらっしゃいました

訳のわからない人は ど真ん中を堂々と通っています
神様の通り道の邪魔を知らないのですね

というか こういう 神とか宗教の聖地 聖域に立ち入るときは
最低限の知識を持ってほしいですね

墓地でキャッチボールや花火をするのと同じようなもの
モスクでテレビゲーム大会をしたらどうなるでしょう
もっとも 長崎ではお祭りにロケット花火を打つところもありますけれどね


088_20151031082432696.jpg

ここが社務所

090_20151031082434fce.jpg

長い砂利道の参道 を通ってやってきました


091_20151031082435589.jpg

外宮 正宮です

092_20151031082437f63.jpg

この鳥居から内での撮影はご遠慮くださいと

お参りを終えて

脇宮へと

095_20151031082517afb.jpg

土宮

096_20151031082519ca1.jpg


098_2015103108252039c.jpg

ようやく社の写真が

100_20151031082522c5c.jpg

ここからこの階段を上がって

101_20151031082523c62.jpg

こちらは別宮 多賀宮

102_201510310826054be.jpg

お参りをすませ

103_20151031082606aba.jpg

社の写真を

石段を下りて

長い砂利道を歩いて

104_2015103108260887c.jpg

再び社務所へ

お札売ってますねえ

授けると言うのだそうですが

105_20151031082609576.jpg

こちらは祈祷殿

106_201510310826112b9.jpg

説明書き

107_20151031082654c17.jpg

祈祷とは 家内安全や 受験などを祈るのではなく

祀られている神慮を慰めることですと


ご奉仕(金を出す)するのはあなたでも
あなたの家のために祈祷するのではありませんよと


109_2015103108265615d.jpg

こちらは

せんぐ館と 休憩所


休憩所には 自動販売機と 無料の冷水器があります


110_20151031082657164.jpg
113_201510310826594c0.jpg

式年遷宮の記念館

その時の詳細な記録が残っています

114_2015103108270019f.jpg

無料休憩所で一休みしたら

内宮に向かいましょう
スポンサーサイト

新大仏寺 三重の旅

伊賀上野を後に三重の道を走っています

大山田方面に でももくもくふぁーむは 何度か寄ったことあるけれど
食事をしにだけで別見るものは… 
さるびのも風呂に入るならいいけどまだ早いから


066_20151030082938803.jpg

何かないかと思っていたら こんなお寺が

寄ってみましょう

067_20151030082939393.jpg

観光案内図って

寺ばかりやん

068_20151030082940818.jpg

新大仏寺と書いた大石と大門

069_20151030082942134.jpg

よく見ると門に 布がかかってますね

これはお祭りか何かかな?

071_20151030082943f4f.jpg

この建物は  鐘楼でした

072_20151030083016986.jpg

お堂にも 幕がかかってますね

073_201510300830188a5.jpg

こちらが大仏殿

大きな大仏がありました

074_201510300830201e1.jpg

岩屋不動明王 そう身の丈 6mと

でも 行の場 一般の人は遠慮してくれと

075_20151030083021d93.jpg

ここにも 猿害?

さるがはいるからきっちりと閉めてと

076_2015103008302377a.jpg

この上に行場があるんですね

077_201510300830531bb.jpg

この前をうろうろしていると
普段は300円だが、今日はお祭りだから ただでお参りして行ってくれと

中に入れてもらいました

でも写真撮影は禁止だと

大きな大仏の前で 般若心経を

078_20151030083054abd.jpg

さっき大師堂を見たので 真言の寺だとわかりました

南無大師遍照金剛ですね

079_2015103008305627b.jpg

三重県生まれの松尾芭蕉

あちこちに句碑が残っています

080_201510300830577b9.jpg


こちらの観音様にも手を合わせて

081_20151030083059118.jpg


近頃の異常気象

桜も咲く時を間違えているようでした


先日の清水の舞台と言い これはなにかありそう

ならば私が 祈願しに行きましょうか それは続きの記事で

伊賀上野のフレックスホテルとうさぎ家

伊賀上野に着いたのは夕方 今夜の泊まりは 上野フレックスホテルです

033_20151029081311da3.jpg

チャペルもあるこんなホテルです

034_20151029081312646.jpg

チェックインを済ませて
ではうろうろと出てみましょう


最初は胃が牛を食べてみようかとも思っていたのですが

ホテル代よりそっちが高いと困るので

051_20151029081315ebe.jpg

ホテルの中でもレストランはあります

052_2015102908131665c.jpg

ここで伊賀牛食べられるのですが…

ちょっと辛い値段ですから

036_20151029081314501.jpg

壁ぎわお似合いのこんな店に

039_2015102908143648a.jpg

付き出しと

040_20151029081439a2d.jpg

これはうれしい

上のうろうろしても スーパードライがほとんどだったから

041_20151029081439b87.jpg

海鮮サラダだったか、カルパッチョだったか

044_20151029081441117.jpg

つくり盛り合わせ

伊賀上野は山の中のようで すぐ東、山を越えれば伊勢湾ですから

045_20151029081442a3a.jpg

ここの盛り付けすごいですね

大盛りというか 魚型の皿

ここにまで盛り付けなくても良いやろうに…


美恵の地酒も頼んでいい具合に呑んでいたのですが

043_2015102908164701d.jpg

串焼き10串盛り

肉なんか硬くて焦げてる

048_20151029081649be8.jpg

バイト君か知らないが

板場は女主人で  焼き場は素人君

焼けすぎてるのに持ち場を離れて何やってるんだ


今日は疲れたし帰りましょう


050_20151029081650067.jpg

大浴場 うれしいが 11時半までなんだよなぁ


054_20151029081651f84.jpg

この日の宿泊 ミャーミャー語の外国人の団体が多かったけれど

大丈夫かなぁと来てみたら


056_201510290816525a8.jpg

誰もいなくて貸し切りでした

このサイズ マナーの悪い外国人3人入ってたら、
嫌ではいらないだろうなぁ…

057_201510290817459f4.jpg

目覚めすっきり翌朝です



059_20151029081747fe6.jpg

ここではビュッフェ方式 有料です

1000円のモーニング

大声でしゃべる ハングルの団体の声で 雰囲気最悪!

061_20151029081748547.jpg

それでも最近無料朝食のところばかりなので

ほぼ変わらない朝食に なんとか元を取ってやろうと

062_201510290817508a9.jpg

パンの後はカレーライスも 15センチほどの皿ですが

063_20151029081751140.jpg

コーヒーとオレンジジュースも

でも 無理ですね

グラスがガラスで、コーヒーカップが陶器なのが良しとしましょうか

064_20151029081918127.jpg

花嫁さんの衣装に送られて出発です

続きを読む

旅立ち 

旅立ち
最近西にばかりに走っているので

たまには東に向けて走ることに

と言ってもお上りさんではなく 近畿を西に抜けてみようと

PA040004.jpg

新幹線 トリガイ基地から門真へ

そこから西に向かいます

土曜日昼過ぎスタートなので 空腹には勝てません

019_201510280835179d9.jpg

大阪府四条畷市で立ち寄ったこんな店 かつ喜

三時ごろでも まだサービスランチ良いですよと

店の好意か しまい忘れてうっとおしそうなおっさんが来たからか?

それは気にせずに ランチメニューにしましょうか

020_20151028083518cd6.jpg

そそられるんだけれど 値が張るから

021_20151028083519678.jpg

天然ジャンボエビフライ

なんて誘惑的な言葉なんでしょう


しかしチェーン店で  
天然ものの ジャンボ海老が常に入るなんてすごいですね

023_20151028083520c0e.jpg

ドレッシングと漬物

028_201510280835229e7.jpg

そして蓋付きの


025_20151028083621da7.jpg

開ける楽しみ

いいですねぇ


関西はかつ丼のレベルが高い

チェーン店でもこのぐらいが当たり前ですからね

これで780円 うれしい値段です


026_20151028083622d75.jpg

野菜(キャベツ)がお代りのできる エビロースカツランチ 1030円

027_2015102808362497a.jpg

ロースカツ

いいですねぇ…

黒豚のの厚切りかつ食べたかった……


でもまだ旅に出たばかり こんなところで散在するわけにはいきませんから

029_201510280836257c7.jpg


食後のアイスコーヒー 100円

でもね キリンビールのグラスとは

うれしくもあり悔しくもあり……

では旅立ちでした

京都の朝

京都の朝です
最近無料朝食のホテルが多いのですが
私の泊まったスーパーホテルは 焼き立てパンとサイドメニューが豊富でした


222_201510270739534fa.jpg

ちょっとしたもの ご飯もありましたから

223_20151027073955a09.jpg

焼きサバや 卵焼きも

225_20151027073956d3b.jpg

フルーツにヨーグルトを入れて

みそ汁も


226_20151027073957303.jpg

朝から食欲もりもりです

228_20151027073959c7c.jpg

もう一皿作って  飲んだ翌日でも食欲全開です

ジュースに二杯と コーヒー二杯で ごちそうさま

それでは朝の散歩に出ましょうか


231_201510270753584be.jpg

まずここでお参りを

錦の天神さんです

232_20151027075400a17.jpg

錦天満宮

234_201510270754012b1.jpg

この牛もなぜられて 頭だけ色が変わってます

236_201510270754025c1.jpg

お参りを済ませて


238_201510270754031bc.jpg

鳥居を出てますっぐ

239_20151027075643a81.jpg

鳥居をくぐって出るとそこは 錦市場です

246_2015102707564591b.jpg

最近はどこでも防犯カメラ稼働中です

249_20151027075645e2b.jpg

京都といえば 漬物屋の多いところ

255_201510270756487ca.jpg

漬物屋だけではありません

漬物の数も天下一品です

257_20151027075648896.jpg

魚屋では 祝いダイや 鱧を焼くにおいが



267_20151027075811416.jpg

名前の通った 定食屋も

ただまだ空いてませんね


272_20151027075813986.jpg

生麩の店 麩嘉

ここの麩饅頭好きなんだけどなぁ

275_201510270758130a2.jpg

世界一辛いって よく見るよね



277_201510270758158e7.jpg

西のはずれにある 私の好きな居酒屋?

貝焼きで一杯飲める店

278_2015102707581675d.jpg

こちらは漬物屋

二階では漬物のランチがいただけるところ

定食でなくランチなのが 京都の漬物屋です

280_201510270759157eb.jpg

錦市場の西の端

錦市場を 突き抜けました

これで散歩も終わりましょう

四条通に出たら


282_201510270759171ba.jpg

大丸がそろそろあく時間

なんでデパートの開店時間に開店待ちの客が並んでいるんでしょうね

そんなに並んでどこに行くんだろう??


私は この後帰宅についた日でした

みずゑ會へ  みずゑ會の日

しっかり歩いたご褒美にビールも飲んだし

それでは舞台を見に行きましょう

少し時間があるので 安井神社を覗いてから

177_20151026083345f93.jpg

何かお祭りしてたみたいだったから

178_201510260833473b2.jpg

ちょっと違うような?
アルバイトかな?

181_201510260833474b5.jpg

しかし大勢の賑わいで

182_20151026083349508.jpg

この右手の人から 40人ぐらいの長蛇の列がありました

何をする列かって?

184_201510260835106f1.jpg

ここをくぐって 悪縁を断ち切り

良縁を求めるんだそうですが

私にはくぐれそうもない…

183_20151026083350224.jpg

それよりこちらでは

獅子舞が……

186_20151026083513267.jpg

かみつく

188_201510260835130da.jpg

かみつく  獅子頭を持った人の趣味か

若い茶髪の女の子ばかり…

191_20151026083515d8a.jpg

こちらでは 休憩中か知らないけれど

この馬鹿な親子なんとかしろよ

灯篭や石碑に 子供が乗っても知らぬふりの親

そんな奴が日本人ならお参りになんか来るな

 罰当たりなだけですから

そのうち鳥居に上ったり お地蔵さんに腰かけても
知らん顔するんじゃないかな


192_20151026083516b09.jpg

奥で神さん怒っているぞ

どうも 外国人だけでなく

日本人にも お参りするなら
最低のモラルは植え付けるべきだよなぁ…

さぁ そろそろ時間ですね

宮川町にむかいましょう


194_2015102608360413d.jpg

数年前から 舞台は撮影禁止になりました
残念ですね

始まる前の雰囲気だけでも

楽日の 二回目公演

つまり今年のみずゑ會の最終公演です
大旦那方と

195_201510260836055d2.jpg

他所の花街の芸妓さんの姿がありますね

197_20151026083607f4f.jpg

案内板の画像で 少しでもわかってもらえれば

198_2015102608360880b.jpg

こんな舞台が始まるのです

199_20151026083610d87.jpg

最後は宮川小唄  総踊りですが

春の京踊りはあでやかに舞妓さん中心で
秋のみずゑ會は踊りを見せる芸子さん中心です

トリのおねぇさん方まで踊りの中に

終わって外に出ると

舞妓チャン型はお見送りの役でした

もうあたりは暗くなっていて フラッシュたかないと手ぶれしてしまいました


201_201510260837025fa.jpg

では一杯飲みに行きましょう

先斗町のひめごぜんに とろゆば煮

202_201510260837041c6.jpg

おばんざいをいくつかもらい


203_20151026083706a67.jpg

言い具合に一杯飲んだら

再び宮川町で ちょっと一杯

205_201510260837072ed.jpg

送り出してもらったねぇさんと ツーショット

その後も はしごして

帰る電車もなくなりました


208_20151026083708e5a.jpg


最近やめていたのに

今日は〆の一品がほしくて



213_20151026083800445.jpg

軽く一杯

214_20151026083801a1c.jpg

いいえ 塩ゆで卵というのが気になって

ついでに替え玉も

215_20151026083803f41.jpg

まぁ今日はこのぐらいで勘弁しといたろうか

206_20151026083758d70.jpg

たどり着いたのがここ
たまたま 10時ぐらいに連絡したら 一部屋だけ空いてたから


216_20151026083804bf3.jpg


無圧式テンピュールのベッドと、大浴場に満足で眠りました  … 朝の記事は明日

清水寺と縁結びの神社 京都 みずゑ會の日②

4時間余ったので東山をうろついてます


044_201510230631401d1.jpg

 八坂の塔まで来ました


045_20151023063142aa8.jpg

ここから坂を上っていきましょう

だんだん人がふえてきました

046_20151023063142956.jpg

立ち寄る用事が無いので素通りです

047_2015102306314532f.jpg

よーじや ここにも用はありません


051_20151023063145254.jpg

それでも人がだんだん増えているのはわかります





053_201510230633181b8.jpg

こんなこともしてたんですね


054_20151023063319291.jpg

この仏像がそうなんですね


056_20151023063320f4c.jpg

もう大変な人です

しかも 日本語がほとんど聞こえて来ない

そのうえ時々止まって真ん中で記念撮影をする


057_20151023063322cac.jpg

それでも何とか到着しました

清水寺です

062_2015102306352804b.jpg

鐘楼と

063_20151023063530af6.jpg

三重塔を写真に収めて 一休みです

065_201510230635318d2.jpg

三重塔の説明はこちらに任せて

067_20151023063532872.jpg

使われていない大門に

071_2015102306353411c.jpg

では再び人ごみに向かいましょう

070_20151023063721cdc.jpg

修理中のところがあるのでと

072_201510230637237ec.jpg

ここからは入場券が必要です

最近カメラの調子が悪くて ピントが違うやろう…

074_2015102306372363d.jpg

修理中のところを横目で見ながら

076_20151023063725131.jpg

この思い錫杖を持ち揚げると幸せが来るらしい

本当は腰痛が悪化しそうなのに…

078_2015102306372611e.jpg

国宝の本堂より

082_20151023063843ca3.jpg

清水の舞台から見る景色のほうが興味があって

そうあくまでも景色のほうですからね

085_20151023063844405.jpg

舞台の下に見えるのは
茶店と 音羽の滝ですね

知ってるものでなければ 滝が見えないでしょう 

きれいに写っているのに


087_201510230638460b8.jpg

本堂にはお参りの行列が出来ているのでここもスルーして


088_20151023063847999.jpg

景色と

090_201510230638501ea.jpg

清水の舞台の足元取っています

なんかこれ見て この日の大人数を見ると

いつ崩れてもおかしくないと思うのですが

そんなニュースを見る日が来るかもね?

093_201510230640275cd.jpg

私が来ても無駄ですが

ここに連れて行ってやりたい奴がいるんです

その人のために取材を

095_20151023064029bdb.jpg

清水寺の中にある 地主神社です

縁結びの神ですよ


102_20151023064030290.jpg

こちらでも


103_20151023064031e38.jpg


こちらでも お賽銭入れ放題ですよ

106_20151023064032e3e.jpg

そのうえこれを見たら おみくじもひかなければ

PA110096.jpg

おみくじはここですよ

PA110098.jpg

おみくじだけでいいですか

こちらにはお札もありますよ

PA110105.jpg

こちらでも

PA110101.jpg

こちらも

これだけ紹介しましたから

今度関西に来たら一人で行ってください

ゆっくり楽しめますよ


そう これで 友人への伝言は済んだので 清水寺再開です


108_201510230642216d5.jpg
111_20151023064223e2b.jpg

修理中なんですね

113_2015102306422369a.jpg

修理中のところを覗きたくなるんですよね

そしてなんだ修理中かって つぶやくんです

最初から分かっているのに…

114_20151023064225804.jpg

そして清水の舞台をぐるりと回って
戻る壁ぎわでした

118_201510230642267e8.jpg


あまりの人の多さに 部隊が崩れないかとはらはらしながら

本当に何人までが安全なんでしょうね

そばで修理なんかするから 余計に気になった壁ぎわでした

京都へ みずゑ會の日①

京都宮川町で 秋の踊りの会『みずえ会』の楽日です

楽日の日曜日 取れるわけないと思っていたけれど
そこは冨美祐ねぇさんの顔ですね

では京都にお出かけしましょう


001_20151022082640fc2.jpg

中山寺の駅で 特急の通過待ち

なんか鉄ちゃんみたいですね

002_20151022082642be3.jpg

梅田から阪急で四条河原町から東へ 

鴨川の手前を南に歩きます

004_201510220826430be.jpg

鴨川べりには 夏の川床の跡が

006_20151022082645da3.jpg

最近 京都は外国人観光客が増えて この手のホテルも増えてます

二段ベットの相部屋で 一人5000円近くとるのだから…


今京都市内のシングルの部屋 7000円まででとるの大変なのですよ

007_20151022082646971.jpg

宮川町の路地を

008_20151022082734eac.jpg

お店には みずゑ會の文字が

今日は楽日ですがそれでも はがしてないのが良いですね

009_20151022082736a69.jpg

この右手の提灯のつってある店が
おなじみさんの

010_2015102208273892d.jpg

富美祐さんのお店です

012_201510220827399c3.jpg

昔ながらの蕎麦屋さん

でもまだ入ったことのない店です

今度寄ってみないとなぁ

013_20151022082741239.jpg

ここが宮川町歌舞練場

みずゑ會と出てますね

今日は楽日 12時からと 16時から二回講演です

今年のみずゑ會の最終日 踊りの総見せ ちょっと玄人っぽい方も大勢いました

横の取次所で 富美祐さんとこで頼んみました…

へぇお待ちやす  あの~  16時からの券になってますえ

楽日の最後の席やったんや よう取れたなあ

旦那方が 最終日の最終席見て そのあと 打ち上げ方々花代だして連れて歩くから…


4時間、時間が空きました


久しぶりに京都散歩でもしてみましょうか


015_2015102208295261a.jpg

喜久屋さん

016_201510220829546ed.jpg

こんなのたまにはいいのですが

なんせ予約して その前に一人では……

017_20151022082954ed3.jpg

お茶屋『駒屋』さん

ここで文楽の住太夫さんに先達してもらい 
遊んだのがこの道のなれそめですから…懐かしい


018_20151022082956ea2.jpg

気が変わり 東に向けて歩き出しました

路地に入ると

何か懐かしい看板が

好きだなぁこういう店

019_20151022082957583.jpg

閉店しましたと ちょっと悲しいですね

024_20151022083103497.jpg

せっかくの京都です 

こんなところにも立ち寄ってみましょう

026_20151022083105a86.jpg

一人で回るのはちょっと寂しい

027_20151022083105462.jpg

竜でも二匹いるのに…

031_20151022083107c07.jpg

リンドウの庭初公開だと

おっさん一人では入りにくいですね

032_2015102208310863c.jpg

この前をスルーしてしまいました

035_201510220833487a1.jpg

ここなら入れないこともないのですが…

036_201510220833496a6.jpg

人気の多い所に向かうことに

八坂の塔が見えてきました

037_20151022083350448.jpg

この塔を見たら

038_20151022083351482.jpg

こんなところもちょっと訪ねて

041_20151022083352be1.jpg

時間はまだまだあります

二年坂から、三年坂(本当は産寧坂)を通って 清水でも訪ねてみましょうか

それは明日の記事で

荒牧バラ公園 秋のバラが咲きました

私の住む 伊丹市の北の端 荒牧バラ公園の秋のバラが咲いています

写真でお楽しみください



015_20151020085433da0.jpg




012_20151020085430f89.jpg


010_201510200854271d9.jpg



011_201510200854304ba.jpg



014_20151020085431536.jpg



001_2015102008545333e.jpg



002_20151020085455107.jpg



004_2015102008545664d.jpg



005_20151020085458ee8.jpg



006_20151020085459c9c.jpg





008_201510200855219da.jpg




009_2015102008552297d.jpg



017_2015102008552450f.jpg



018_20151020085525fdb.jpg
プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR