温泉とランチ 花ゆうみ スクーターで丹後半島の旅 ⑥



久美浜の稲葉家から少し東に行くと兜山と言う山があります

そのふもとに 甲山(かぶとやま)と言う地名があり

熊野山 甲山寺(こうさんじ)と言う寺があります

なんとややこしい

DSCN2998.jpg

でも真言の寺なので 覗いてみようと思ったわけで


DSCN2999.jpg

立派な新しそうな本堂


DSCN3000.jpg

鐘楼も まだ新しい


DSCN3001.jpg

弘法大師の石像と


DSCN3002.jpg

大師堂かと思えば

不動明王のお堂でした


こういう新しい建物は入りにくい


万人がきらくに入ってお参りできるのが寺や神社で

そうでなければ 税金を免除する必要ないのになぁ…




DSCN2942.jpg


その点 有料だが入りやすくなってきたのがココ

久美浜温泉から 夕日が浦温泉まで戻ってました

とりあえず立寄りましょう 外湯 花ゆうみ です


DSCN3003.jpg


車が枠にかかわらず

門の前やら好きな所に止めてある


そんな 年寄りの集まるところなら……と思ったが

こちらで遊んでいるらしい いまのうちに


DSCN3004.jpg


門をくぐって 入浴料金 700円だな



DSCN3011.jpg

年寄りが ゴルフしているうちに

ランチも済まそう

DSCN3012.jpg

ミックスフライ定食  1080円

DSCN3013.jpg

ニンニクの香りの利いた唐揚げ二個と

とんかつ

それに 頭のところの殻も剥いてある有頭エビフライ


あ~ ビールが呑みたい

DSCN3015.jpg

サービスの ふりかけかけて ご飯も完食

そうしているうちに 年寄り連中がゲームが終わり

食堂に引き上げてきた


皆そろって ビールで乾杯だと

男も女もみなうらやましい


でもあの人らが食べているうちに 入浴じゃ~

やっぱり温泉は良いなぁ……





DSCN3016.jpg

夕日が浦温泉と言えば 立ち寄るのが 

みやげもののかにはん

DSCN3017.jpg

でも 皆は知っていないが

向かいのこの店 良い日本酒がそろっているんです

今回はスクーターなので 味見もできないので…

DSCN3018.jpg

その代わりどこでも入れるのが強み

これは立岩

DSCN3020.jpg

木造の歩道橋

DSCN3021.jpg

この標識を見て 入ってみたんです



DSCN3022.jpg

この辺り いろいろな 名所があるんですね

青の洞窟だって  そのうち行って見たいものです


DSCN3023.jpg

道の駅 てんきてんき丹後で 試食して


DSCN3024.jpg

疲れた時には甘いものがうれしい

土産も買って ←ここ重要  

あくまでも試食だけじゃないと



DSCN3025.jpg

小高い所から見下ろすと

海の青さも良いのですが

DSCN3026.jpg

これが屏風岩 こんな奇岩がたくさんです


DSCN3028.jpg

海の景色を満喫したら




DSCN3029.jpg

山道を



DSCN3030.jpg

分岐も間違えないように


DSCN3033.jpg

ひたすら山道を


DSCN3034.jpg

金成高い所まで山道を…


DSCN3185.jpg


崖崩れの為 こんな山道がう回路になていました

再び伊根に戻るんだ


そう思い立ったのは 余分でしたか…


夕日が浦から南に抜ければよかったかなぁ…










続きを読む

スポンサーサイト

道の駅でモーニングと稲葉本家 スクーターで丹後の旅 ⑤


腹が減ったぞ~

私だけでなくスクーターの方も

スクーターの方は 間人で日曜日もやっているスタンドがあったからいいが

私は 空腹のまま走ってます

もう九時半近く 6時間も コーヒー一杯で走っています


DSCN2943.jpg

ようやくたどり着いたのが 

道の駅 くみはまSANKAIKAN

朝八時からやっている道の駅です

DSCN2944.jpg

バイキングだけでなく 単品ランチもやってるんだ

でも よく見ると 11時から

まだ10時前だよ



DSCN2945.jpg

道の駅は8時からやっていると言うのに……


仕方がないから おにぎりでも買おうかと思っていると

レストラン 飲み物とモーニングは営業してますよと


ありがたい



DSCN2947.jpg


なつかしい トーストのモーニング

その代わり 値段は550円

昔のモーニングサービスだ……

と思ったら コーヒー単品だと 350円だった アイスコーヒーは400円


DSCN2948.jpg


それでもこれだけ田舎盛りにしてあればいいか


DSCN2949.jpg


お腹も補充したし

せっかくの久美浜 何処か見ておくか


DSCN2950.jpg

と言うことで


稲葉本家名物ぼたもちを…  違うって!


DSCN2951.jpg


豪商稲葉本家の邸宅見学です

ここにも 北前船で大もうけした人が居たんですね



DSCN2953.jpg

たいそうな門をくぐると

DSCN2954.jpg

龍が居た

しかも動くんです



DSCN2955.jpg

入場無料です



DSCN2956.jpg

庭を見ながら落ち着いたり


DSCN2957.jpg

跡継ぎのために改装された二階が有ったり


DSCN2958.jpg

つまりここが新婚夫婦の部屋で


DSCN2959.jpg


ベランダからは母屋の屋根が


DSCN2962.jpg

北前船で儲けたとか


DSCN2964.jpg

土蔵に財を貯めたとか

そんなのには興味が無いが



DSCN2970.jpg

輿入れの籠だって

こんなんまであったんだ



DSCN2973.jpg

再び外に

これが久美浜湾

DSCN2974.jpg

櫓がと思ったら


DSCN2975.jpg

櫓公園です

この地の消防組合が発足したところだと


DSCN2976.jpg

ちょっとぼけてしまいましたが


DSCN2978.jpg

これが久美浜駅

観光客は ほとんど車

自家用車でなくても 観光バスで

汽車に乗る人はほとんどいませんから



DSCN2979.jpg

大きな寺もありました

DSCN2981.jpg

何か法事をやっていたようで



DSCN2982.jpg

この先 小天橋だって

DSCN2983.jpg

 
湾の入り口にかかる歩道橋

DSCN2984.jpg

そしてこの砂浜が 海水浴場です

DSCN2986.jpg


8キロに及ぶロングビーチだって

それは夏場には 迷子の数が一案多いかも


DSCN2987.jpg

同じマップの看板が




DSCN2992.jpg

それよりここが気になって

木下酒造(有)です

DSCN2994.jpg

うんうん

DSCN2995.jpg

でもね 試飲できないんです

アルコール分ゼロのの酒かすソフトで我慢の壁ぎわでした
















丹後半島うろうろ スクーターで丹後の旅④

伊根から 178号に戻り 丹後半島一周コースで走りましょうか

朝早いため車も少なく快調です

ところが 30分も走らないうちに 通行止めがしてありました

右には行けそうで曲がったところが 浦島神社でした

DSCN2910.jpg

最初は何かわからず

オリンピック競技場と わっかくぐり

そんな伝説があるのかと



DSCN2911.jpg

石橋と 菖蒲の花が


DSCN2912.jpg


その奥に神社がありました


DSCN2913.jpg

浦嶋神社です

よく見ると 嶋は山へんの鳥の方


祭神は 浦嶋子 浦嶋太郎なんですね

DSCN2914.jpg

説明を見ていると

478年 美婦に誘われて どこかに行き 478年に帰ってきたんだと

高速で飛ぶと 時の流れがゆっくりになることから 

きっと UFOに乗ってどこかへ行ったのだろうか?


DSCN2915.jpg



DSCN2916.jpg



DSCN2918.jpg

と言う神社でした



DSCN2920.jpg


広場がありました


DSCN2919.jpg


表示を見ていると 余計にわからなくなる


境内を出て



DSCN2924.jpg

さっきのわっかく繰りの像

DSCN2925.jpg

その向こうの建物は

浦嶋館と言うのですね



DSCN2928.jpg

イタリアンバールで 地元食材使用
特に ソバと 大納言と言うのは小豆なんでしょうね


DSCN2926.jpg

なんでもいいから モーニングはないですか?




DSCN2927.jpg

そうそう さっきのわっかくぐりは

浦嶋公園と言う名なんですね


それよりこの先どこへ向けて走ればいいんだ

さっきの通行止めの所まで戻ると

麦わら帽子をかぶったおじさんがいて

1分半ほど戻ったところを右に曲がって山越えしてと




DSCN2929.jpg

途中 何か公園のようなところが

なんだろう?

DSCN2930.jpg

何か石仏がありますね



DSCN2931.jpg

丹後大仏でした

そこを越すと 開けたところが

DSCN2932.jpg

なんだここは

ゴルフ場? なんでやねん

アルプスみたいな牧場ですね

DSCN2933.jpg

牛は居るが ハイジはどこだ??


DSCN2934.jpg

ここが入り口

でも人影はない


DSCN2935.jpg

馬うさぎ舎

馬は見えるがうさぎは??


DSCN2936.jpg


碇高原牧場と言うんですね





DSCN2937.jpg


道の駅がありました


DSCN2938.jpg

てんきてんき丹後というんですね

でも ここ間人と言う方が人気が出るだろうに

ただ 10時から まだ9時半



DSCN2939.jpg

海岸をみながら

DSCN2940.jpg


朝ごはんの場所を探して走っています













伊根の朝 スクーターで丹後の旅 ③


天橋立をのんびりと走った壁ぎわは

そのまま丹後半島の東岸を北に向かいます


DSCN2878.jpg



舟屋の里 伊根の港を回る観光船乗り場です
 
さすがに7時台だと

従業員も来てませんねぇ


DSCN2879.jpg

観光船だけが止まっていました

DSCN2880.jpg


入江の朝

波も静です


DSCN2881.jpg

このあたり水がきれいなので

底が見えてますね

DSCN2882.jpg

峠を越えると 伊根湾沿いの集落に

DSCN2883.jpg

ピンクの地酒 伊根満開を作るここは 向井酒造さん

DSCN2884.jpg

伝統的建造物群  舟屋の説明

DSCN2885.jpg

家に舟のガレージがついてます

DSCN2886.jpg

海に面した家はほとんどこんな感じです

DSCN2887.jpg

これが舟屋

DSCN2888.jpg

読めますか?

DSCN2889.jpg


先まで行けるかな


DSCN2891.jpg

この地図だと先まで行けそうだけれど

DSCN2892.jpg

こういうことになっていたんですね

DSCN2894.jpg

お寺は階段の上

さすがにバイクじゃ無理か

狭い生活専用道なので バイクも止めにくいんだよね

DSCN2897.jpg

伊根浦 資料館 及び観光案内所

喫茶店にもなると

DSCN2898.jpg

見ていくのは良いですが

食べるものは 10時からねと言われてショック

どこへ行けば朝ごはんが食べられるの?

DSCN2900.jpg

ということで 大きな公園なら  舟屋の里公園です


DSCN2901.jpg

山手からだと景色がい



DSCN2903.jpg


そうここは 道の駅


DSCN2905.jpg


だからやっぱり 10時から……  まだ8時半だよ

DSCN2906.jpg

誰もいないところをうろつく


DSCN2907.jpg

景色は良いのだが

駐車場で車で夜明かしした人は居るが

ここの建物周囲には人が居ない……

DSCN2908.jpg


居た!


鏡状になったところに写る

疲れたおっさんが…… 

こっちを見ている


 ………゜

 私だった


DSCN2909.jpg


土産物が9時から  レストランは 10時から

お食事処は 11時から


今の時間は 9時前

丹後半島を 一回りしてから帰ってこようか

そんな訳で 先に進む壁ぎわでした
















天橋立走ったぞ  スクーターで丹後の旅 ①


ようやく温かくなってきた

時々30度と言うのも見かけるが

走りやすくなってきました


土曜日早く寝てしまったので

日曜早朝に目が覚めた 暇だし天気もよさそうだし 出かけてみようか




DSCN2838.jpg

そう思って旅に出ました

5月22日 日曜日の早朝です

ちなみにうちの山の神は 深夜だと言ってましたが…

とりあえず家の近くで給油です


DSCN2839.jpg

道の駅でトイレ休憩

道端の気温計が12℃ まだまだ寒いやと

防寒にかっぱを着こんで走ってます


DSCN2840.jpg

自動販売機の暖かいコーヒーが旨い



DSCN2842.jpg

日本海が見えるころには 夜が明けて来ました

(夜中 真っ暗な中をを走るおっさんでした)


DSCN2843.jpg

宮津に向かって海沿いの道を


DSCN2844.jpg

途中いくつか港もありました


DSCN2846.jpg

向うにぼんやり半島が見えてきたら


DSCN2847.jpg

天橋立到着です

智恩寺 切戸の文殊様 三大文殊の一つです




DSCN2848.jpg

煙を浴びて賢くなぁれ


DSCN2849.jpg

まだ朝早いので 店も開いて無いし 通行人も少ない

それではのんびり走りましょうか


DSCN2852.jpg

回旋橋も バイクで


DSCN2853.jpg

人が居ないので 走りやすい

これが観光船の出る時間なら 

バイクにまたがって待つのは ちょっと変かなぁ?


DSCN2854.jpg

125cc以下のバイクと 自転車は良いのです

交通標識があると言うことは ノーヘルは駄目なんだよね


DSCN2855.jpg

走り抜けるのがこの松並木


DSCN2856.jpg

わが愛車も記念撮影を


DSCN2857.jpg


天橋立海水浴場は 投げ釣りの人でにぎわっていました


DSCN2859.jpg


そしてこれが 与謝野夫婦の歌碑


DSCN2860.jpg

くわしくはこちらで


DSCN2864.jpg

そしてこれが 不思議な井戸のせつめい

幅5mほどの海の中道なのに

そこの井戸からは塩味のしない水が湧くと


DSCN2865.jpg

霊験あらたかな 神社があり


DSCN2866.jpg

ここがその磯清水  名水百選にも選ばれています


DSCN2867.jpg


確かに 真水だ

DSCN2868.jpg


不思議なものを見ると 日本人はお金を投げ込みたくなる

錆びると後の掃除が大変だもんなぁ…



DSCN2869.jpg


これは 大砲

鉄の塊 どこかの国の人に盗まれなければいいが

DSCN2871.jpg


軍艦春日に搭載されていたもの

明治35年に 1万6千円だったと

DSCN2872.jpg


その後も 蕪村の歌碑や

DSCN2874.jpg


色々な石碑がありました


DSCN2875.jpg

真ん中より北はほとんど人影もなく

のんびりと おとなしく走ってました


DSCN2876.jpg

しかし 地図を見ても なんて近道なんだろう

国道を走ると 混むし信号は多いし スクーターにはうれしい道でした


DSCN2877.jpg



最後に傘松公園側で 記念撮影

人けがないので 撮影も頼めませんでした


さてせっかく丹後半島まで来たので もう少し北に走ってみます


それは次の記事で

























逆瀬川で立ち飲み 鳥友商店  宝塚で一杯

立ち飲み

宝塚の逆瀬川にありました

DSCN2814.jpg

鳥友商店

酒屋さんがやっている立ち飲みどころです


DSCN2815.jpg

ビールは いつもの

カウンターで おねいさん(年配の女性)の作るあてで一杯


カウンターだけ 10人も入れば一杯

そう思ったら 奥の広場に テーブルがたくさんありました



DSCN2816.jpg

色々有りますね
でもよく見ると缶詰が一番高いんだね


DSCN2817.jpg


手作りの最高級メニュー

スタミナ焼き

DSCN2818.jpg

地酒が気になっていたら


DSCN2819.jpg


一杯 180ml この値段なら安いね さすが立ち飲み

そう思っていたら

DSCN2820.jpg

飲み比べがもっと安くてこの酒を飲めるよと

三種入れてもらって 500円だったかなぁ…


DSCN2821.jpg

ならば 清水から飛び降りた気分で

尾頭付きを焼いてもらおうか

しかも三匹も


DSCN2823.jpg


気分がよくなったので こんな店にはしご酒

そんな 逆瀬川も良い所ですね















丹波路 元立杭で 最終話  スクーターで篠山へ③

旅をするといろんなことがあります

知らないところで当たりやはずれ

気持ちのいいやさしさが 日本人の美徳のはずなのですが

時に 悪い思いもするものですね


旅の続きです



DSCN2766.jpg


篠山の市街地から 西に行くと 丹波市

そこに薬草公園があり 丹波の湯と言って 

そこで作っている薬草湯が良いと聞いたので向かうことに



と 手打ちそばの看板を見つけました

好きなんです 寄ってみましょう


DSCN2764_20160526060511f9e.jpg


ありゃ!?

閉まっている



DSCN2765.jpg


信州のそば粉だって 閉まっていると悔しいね
また次の機会と調べてみると

杜の蕎麦屋をしょうかいしたURL

これを見るとなお悔しい

DSCN2735.jpg

あれ!?

道間違えた??


DSCN2736.jpg


ここ、今田やん 立杭や焼きの里やん

DSCN2737.jpg


登り窯がありました



DSCN2739.jpg


中が見えます

取り出した後の残りなんでしょうね

こんな風景を見ると なんかのドラマのように

『ええい この具作め!』と叩き割りたい


DSCN2743.jpg

でも ツボを焼いたりするときの 台だったりすると困るので

触らずにいようっと



DSCN2744.jpg

体験も出来そうな施設も


DSCN2745.jpg


マップ

あれ!?  丹波焼になっている

立杭焼と言う名は消えたの??


DSCN2746.jpg


そうだ 陶の郷があった

空腹だし ここの獅子銀 巨大なエビフライがあったよなぁ

道の駅 東条の獅子銀を思い出すなぁ よし食べに入ろう


DSCN2747.jpg


この建物は 安めの陶器を各ブースで売っているだけだから

おっさん一人で入っても …

DSCN2748.jpg


ここから 気分悪いことが起きる

ここの受付のBBAである

獅子銀に来たんや

『展示施設は見ないんですね。』

陶器買う金もないしね 空腹なんだ

ならばこのカードを 店の受付に出してください



そこまでなら つっけんどんだがまだ許せた


通路をまっすぐに追記当たりの階段を上がったところだからまっすぐ行こうとすると


DSCN2749.jpg


こちらの道が近いですから こちらからどうぞ

車の上がる道を ぐるりと回って登らされた

あの通路をまっすぐ行ったところなんだ


なんだあのBBA 嫌がらせを平気でするんだ


200円ぐらい投げつけてやればよかった

何のための無料入場券なんだ ほんと最低のBBAだね



DSCN2750.jpg

気を悪くしながら 入った獅子銀


DSCN2752.jpg

落ち着いた店構え


DSCN2753.jpg

エビフライ エビフライ 巨大なエビフライ…


が………  無い??


聞くと この店ではやってないと

残念


DSCN2754.jpg

これもいいけれど


DSCN2756.jpg


じゃ~ん

丹波の牛とろ飯に

国産牛だよねって聞くと

丹波牛と地の山芋ですと

DSCN2758.jpg


国産牛の牛丼に とろろがかかった感じ

旨いね でも 陶の郷の受付のBBAがいなけりゃもっとうまかっただろうに



食べ終わって まっすぐ受付の前を通り

喰ってきたよ

こっちの道の方が近いじゃないか
と言っているうちに 後ろの方に逃げていきやがった

名札の名前が見たかったのに

このBBA 写真撮っとけばよかったなぁ



DSCN2761.jpg


隣にあるのは 陶芸美術館

ここも スクーターのおっさん一人では似合わない




DSCN2762.jpg


ガードマンが 駐輪所は 奥になりますと

彼らはなんて ジェントルマンなんだ あのBBAに比べて気持ちがいい



さて これからは どこに行こうか

温泉 そうだ 今田薬師温泉があったな

源泉かけ流しの だだっ広い風呂があった


DSCN2768.jpg


到着

DSCN2769.jpg


こんだ薬師温泉です

DSCN2771.jpg

広い施設です

突き当りが受付です


DSCN2772.jpg

入場券 700円です


DSCN2773.jpg


平日だと 食券500円付きで 1000円 200円の割引になるんですね

覚えておこうっと


こうして 湯に流して帰路に就いた壁ぎわでした



























篠山の町 スクーターで篠山から丹波へ②


つづいて 篠山の街並みも見て行きましょう。

ちょっと立ち寄れるのが スクーターの強みですから



DSCN2713.jpg

市街地にはいってきました

城下町の散歩道です


DSCN2714.jpg

格子戸のここは 能楽資料館

前に大蔵流の小鼓の師匠の誘いで中に入って、

演奏会聞いたこともことあったなぁ


DSCN2715.jpg

こちらの 藏二つに挟まれた門のようなところは


DSCN2716.jpg

丹波古陶館

古丹波の名品がありそうです


DSCN2717.jpg

鳳凰会館


DSCN2718.jpg


いろんな歴史を見てきた建物


いまでは地域の公民館です。


DSCN2719.jpg


こんなところに都々逸の文句が

こうしてよりをかけて名品になるんですよね
新茶の話ですよ

DSCN2720.jpg

葡萄や

つまりワインハウスですね


DSCN2721.jpg

下河原町 鳳凰苑

何をするところか不明


DSCN2722.jpg

家老屋敷の前を通り


DSCN2723.jpg

朱塗りの橋を渡ります


DSCN2724.jpg

篠山の地酒 鳳鳴の蔵元

ほろ酔い城下藏 といって 試飲もできます

いつもならそうなのですが 今日はスクーターですから


DSCN2725.jpg

篠山市立歴史美術館

昔は裁判所でした




DSCN2726.jpg

こちらは大正ロマン亭

土産物売り場とレストランです


DSCN2727.jpg

観光協会の前を通ると


DSCN2728.jpg

篠山城跡が

ここの城は 天守閣を持たず 書院造だったのです

再建されたもの


DSCN2729.jpg

篠山市立青山歴史村


DSCN2730.jpg


お城の周りがこんな感じで観光地として残っているんです


DSCN2733.jpg

こちらが武家屋敷跡




DSCN2734.jpg


入場料 200円で入れます


また お城と共通券もあります



DSCN2777.jpg


今回もこのスクーター まだまだ走らせますよ  つづく















旅立ちは三田から篠山まで  スクーターで篠山から丹波へ①

最近 スクーターでうろうろすることが増えてきました

車でナビを使うと 頭の回転が悪くなる

道は覚えないし、東西南北もわからなくなる

普通のバイクで旅をして居た頃は タンクの上のバッグに

地図を入れるケースがついていた

最近はハンドルにつけるスマホの固定台もあり、ナビに使っている人もいるが

スクーターでは 地図は頭の中だけです

地図を見るときも 止めて 座席の下から出さなければなりませんから


DSCN2680.jpg


裏道を新三田に向かって

途中 千刈湖畔の 石清水波豆八幡神社


DSCN2682.jpg

裏手に回ると この石鳥居が


DSCN2683.jpg


重要文化財です


DSCN2684.jpg


その説明版

この石を青竹を敷いて 引っ張ってきたんだと


DSCN2686.jpg

石段を上がって本殿

国宝と書いてあるのは この建物かな

調べると 本殿は、応永十年(1403)に再建された、
三間社流造(さんげんしゃながれつくり)の杮葺(こけらぶき)で、
国指定重要文化財(戦前は国宝)とされています。


DSCN2688.jpg

途中から北に

有馬富士を眺めながら走っています

DSCN2689.jpg

羽束川に沿って上がってみましょう


三田・もち処 つくしの里羽束川の上流・高平地区にある

『三田・もち処 つくしの里』は、地元のもち米で作った各種のお餅を加工・販売しています。

予約をすれば餅つき体験もできます



DSCN2690.jpg


もっと上がると

発電所もありました


ようこそと書いてあります

小さく事前にと書いてありましたが

近づくと


DSCN2691.jpg


すごい厳重ですね

カメラに写っているかも


DSCN2693.jpg


もっと上っていくと 篠山市に入りました

山の中に入っていく道 スクーターだから 戻るのも楽です

どんどん行きますよ




DSCN2694.jpg

少し開けたところに 集落が

丹波猪村だって



DSCN2695.jpg

欄干の無いのは流れ橋

ここまで水かさが上がるの?



DSCN2696.jpg


へびさんも お迎えしてくれました


DSCN2697.jpg


この標識だより

せっかくだから 篠山にも立ち寄りましょう


DSCN2698.jpg


王地山荘

ここでも日帰り温泉楽しめるよね

と観光バスがついて お年寄りが大勢降りてきた

今日はパス


DSCN2699.jpg


向かいにあった公園が


DSCN2700.jpg

大きな石碑が


DSCN2701.jpg


この公園の散策道

まけきらいの道


DSCN2702.jpg

段があると ここらで引き返そうと思いますが

まけきらいと書いてあると 上ったるわい



DSCN2705.jpg


お稲荷さんの狐が


DSCN2706.jpg

まけきらいの道だけでよかった

下からだとこの石段上らなきゃいけないんだ


DSCN2707.jpg


赤い鳥居の行列は楽しいけれどね


DSCN2708.jpg


あの石段を考えると


DSCN2710.jpg


お詣りも 気が入りますね


DSCN2712.jpg


近くには 本経寺と言う寺も

ちょっと篠山の市街地にも寄ってみましょうか


それは明日の記事で













焼き鳥 火の鳥 多田駅前

なんとなく 久しぶりに焼き鳥が食べたくなった

たまたま 川西能勢口から 能勢電車で数駅入ったところ

多田駅前の焼き鳥屋が 

焼き鳥半額セールのクーポンを出しているのを見つけた

行ったろうやないかい


DSCN2789.jpg

なんと  阪急電車の払い下げの電車で 色も同じなのだが

この路線乗ったことが無かった

ほとんど車かバイクか友人の車に乗せってもらうかで

なんだか新鮮

通勤や通学の人の中でうきうきしていました



DSCN2790.jpg

地図を見て悩んでいたら

ほぼ駅前やん

しかもビールがアサヒじゃない!  すばらしい!



DSCN2791.jpg

店に入るとさらに

ザプレミアムモルツの中ジョッキが430円 中瓶が450円
キリンのクラシックラガーも450円

福井や富山に行くと なぜ600円もするんだろう
本当にうれしい

DSCN2792.jpg

お飲み物は? と聞かれて 

セットで!


でも伝わらなかった



中生貰うけれど、すぐ蒸発するから瓶ビールも持ってきて

そう言うと 判りましたと笑っていた

なかなか気の良い子やん



DSCN2793.jpg


半額セールは焼き鳥だけだが

この値段なら火が付いた


DSCN2794.jpg

その上この値段なら また来れる

もう 堪りませんね




DSCN2795.jpg

生ぎも刺身 自信持ってるねぇ…

白ぎもと言う奴やん



DSCN2796.jpg

ベーコンのサラダ

野菜も置いとけば つまみになる


DSCN2797.jpg


やっぱり 半分でジョッキが一杯になるやろ

だから瓶ばかりなんや

同じ料金で いっぱい飲みたいからなぁ…

でも食べもの頼みすぎでしょう




DSCN2798.jpg



つくねがジューシーで

これで卵黄付けたら 昔福山で喰ったよなぁ…



DSCN2811.jpg

ほぼポニーテールの女性ばかりで

皆はきはきしている その上 責任卓と決まってないようだ


ビールが無くなったなと手を上げると 後ろからお伺いしますと声がかかる

皆よく お客さんの方を見てるね研修でもあるのと聞くと

いいえそれぞれの気配りでしょうって  

偉いね君 私はそんなコ大好きですよ


よそ見しているところ狙って手をあげても

目くばせの連携か ハイとこちらを向く まいったね




DSCN2799.jpg

きも たれやき

DSCN2800.jpg

ずり 塩焼き

DSCN2801.jpg

ネック(せせり)塩


DSCN2802.jpg


ネック タレ


DSCN2803.jpg

軟骨唐揚げ

ちょっと少ないかな?


DSCN2804.jpg


皮 もう少し油を落とした方が良いかも

などと 言えません

だって女の子たちが可愛いから…


DSCN2805.jpg

肝旨し 

自信持っているから ややレア加減で

ぱさぱさの肝なんか喰えないからね

それと刺してから冷凍の奴は


DSCN2806.jpg

背肝もあるんや

それは一本で良いや



DSCN2807.jpg


もう一度ネック 塩

やっぱりこれが一番焼き鳥らしくていいなぁ


DSCN2808.jpg

たれをつけたのも 追加ね


DSCN2809.jpg

鳥ホルモン (おうかくまく)もあるんや

それ二本ね

DSCN2810.jpg


相方が 漬物の盛り合わせを注文

焼肉屋なら キムチやナムルの盛り合わせもあてになるけれど

DSCN2812.jpg

後何を食べる気?

もうこれだけ串を貯めて私は満足だが



DSCN2813.jpg


じゃじゃ~ん  焼きおにぎり

でも大きすぎない?

ぐい飲みにみそ汁もついて なかなか粋じゃない


ただ頼んだくせに ちょっとだけ飯が食いたかったんだと
半分取ってくれと


しゃ~ない そんな責任ならとってやろう

この店では残したくないもんなぁ…


また来ますね よろしくね そんな店でした
















プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR