熊の川温泉ちどりの湯   裕治伯爵と行く九州の旅⑩

長崎から佐賀に入りました

たぶん、西日本で 一番知られていない県だと思います

SAGAさが と歌った はなわの歌ぐらいしか知らない人が多いのでは



DSCN9219.jpg


裕治伯爵に 第一歩を刻んでもらおうと 入ったばかりのPAで

マーキングでもしてもらおうか  犬じゃないって!

DSCN9220.jpg


しかし何もなかった


DSCN9221.jpg


地図を見てイメージです

現在地の上にある 熊の川温泉に行くぞ


DSCN9226.jpg

佐賀大和ICで降りて

一路山手に


DSCN9227.jpg


おいおい 又白い物が目だってきたよ

DSCN9229.jpg


でも案外近く目的地に到着


DSCN9230.jpg


駐車場に停めて

DSCN9231.jpg


祠に挨拶

DSCN9232.jpg

それでは かけ流しです低温が売りの温泉に

ドライブの疲れを取ってもらいましょう

裕治伯爵も入れるぬる湯です


DSCN9233.jpg

ゆっくり浸かった後は


DSCN9234.jpg



じゃらんで 遊び体験

入浴料混みダムカレーがついて 

1000円の券買って居たので


入浴料が500円 ダムカレーが 530円 

たった30円と 自動販売機で入れてくれたコーヒーが付いているだけだった


そのうえ 前もって払っているのに

もう少しで 再び料金を取られるところだった…



DSCN9235.jpg


セルフの塩辛い漬物と


DSCN9236.jpg


DSCN9237.jpg


田舎料理の食事処



DSCN9239.jpg


これ前売り券買ってなければ

トンカツ三切れのダムカレーより

650円のカツカレーにしているよなぁ…

DSCN9241.jpg

このセット


DSCN9240.jpg


写真を撮っているときはいいのだけれど

DSCN9242.jpg


野菜も地の物でいいのだけれど……


出汁の味のしないカレー

喫茶店やレトルトでもこんなのは食べたことがない

煮込んだ野菜の味も??

久しぶりに カレーを残してしまった

と言うか食えなかった…


佐賀が嫌いになりそう…


早くホテルでチェックインして

佐賀の街で気分ほぐししましょう



佐賀初めての 裕治伯爵に

忘れられないトラウマを

植え付けそうな壁ぎわでした



元気出して次行くぞ~~~


スポンサーサイト

佐世保へ  裕治伯爵と行く九州の旅⑨

JR大村線に沿って 大村湾の北端を走ってます

道は狭いが そこそこ車の通りは多い道です


DSCN9187.jpg


逆光で見えにくいのですが

田舎に似合わない建物が


DSCN9188.jpg


人のたくさんいる駅も


DSCN9190.jpg


そうかここがハウステンボスなんだ

寄ってみます?

もちろんパス

おっさん二人で行って何するんや
それこそ 無駄遣いやで

あっさり却下してしまいました

夜はイルミネーションがきれいらしいで

カポーばかりの所を カメラをもって写真撮りに来る?

なんでやねん!



DSCN9193.jpg


目的地まで あと10キロ弱

あたりが街らしくなってきました


DSCN9196.jpg


ファミレスあるで

なんか色がチャンポンや? 

ギュウエモンと書いてるわ

トマホークステーキフェアやて どんなんやろ?

でも我々には 佐世保の名物を食べるという使命があるから


DSCN9197.jpg


佐世保の街に入りました

田舎で 県庁所在地でも無い所なのに

高いビルが並んでいる


DSCN9200.jpg


でも JRの駅は 二階建て

なんとなくミスマッチにも見える街


DSCN9204.jpg


我々の行くところも

おっさん二人にはミスマッチ


ミスマッチじゃなく ミサロッソやで


DSCN9206.jpg


佐世保で食べなければと言っていたのは

当然 佐世保バーガーです

下調べして 有名店をチェックしていたんです

ミサモンスター

そして彼には モンスタージャンボを食べさせたかったのですが…


私は違うものを頼み 写真を二種類撮りたい派

奴は同じものを頼んで安心したい派

車が止めるところがなかったので

車の中でしばらく待っている間に注文を頼んだので 同じものを注文してたのです


DSCN9207.jpg


この袋ごと押さえて 一体化させて食べるんだと


DSCN9208.jpg


その前に中身のチェックを

タルタルソースだけじゃなく別なソースもかかってますね

食べると 予想を覆す旨さです


これ旨いね


名物に旨い物なし 覆されました

数年前 九州旅行でSAで食べた不味い佐世保バーガーは何だったんだ!


DSCN9210.jpg


クラムチャウダーも頼んで

ドライブ疲れを潤します

って 雪道から降りてからはずっと 裕治伯爵に運転を頼んでましたが


DSCN9213.jpg


ただ 店の内装は 

やっぱりおっさん二人には似合わない

店内は 若いカポーばかりでした


DSCN9215.jpg


では次の目的地 佐賀に向かいましょう

ここからは高速道で


DSCN9216.jpg


高速道にこんなトンネルにするんだから

やっぱり長崎って雪国なんやね


ちがうって これは騒音対策

上は開いてるやん


そんな馬鹿な事言いながら佐賀に向かう二人でした


DSCN9218.jpg


やっぱり佐世保は軍港

こんな艦船に 別れの挨拶しながら

次の目的地に向かう事にしましょう

九州の旅まだまだ続きます









続きを読む

梅が咲き出しました 中山寺の梅林

九州の旅の話の途中ですが

中山寺梅林の梅が 咲き出しました


DSCN9595.jpg

関西人の愛する 小豆色の阪急電車

宝塚線の 中山観音駅のすぐ北


DSCN9597.jpg


西国観音霊場第24番中山寺の裏手にある



DSCN9598.jpg


中山観音公園の梅が咲き始めました

DSCN9599.jpg

まだ満開は 早咲の枝だけですが

十分な見ごろとなってきました

しだれや一部の種類はつぼみがまだ堅いですが

それでも 春がやって来たのですね


DSCN9601.jpg


DSCN9605.jpg


DSCN9607.jpg


DSCN9608.jpg


DSCN9614.jpg


DSCN9616.jpg


DSCN9617.jpg


DSCN9618.jpg


DSCN9620.jpg


DSCN9621.jpg


DSCN9624.jpg


DSCN9626.jpg


こんな感じで 公園を一周すると 

なかなかの散歩コースです





DSCN9629.jpg

墓地を突き抜けて降りると
静かな神社が

DSCN9630.jpg


DSCN9631.jpg


DSCN9632.jpg


お参りを済ませて


DSCN9633.jpg

路地裏探検隊

DSCN9634.jpg


何処かの町のように 飲み屋はありませんが…


DSCN9637.jpg

何処かの芸能人が 線路に入って写真を撮って

書類送検にされたとか

私のこの写真は 踏切内です

ややこしいなぁ…


DSCN9636.jpg


そんな紛らわしいことして喜ばずに

足洗えよと 言われているような名の踏切でした







続きを読む

戦争の跡  裕治伯爵と行く九州の旅⑧


九州を旅していて 戦争の色の見えているところに立ち寄った

裕治伯爵に教えてもらったのだが

何と言う 馬鹿な事をまともに 訓練していたんだろう


山口を旅していた時にも

関門海峡を通る イギリスの舟に砲撃して

ぼこぼこに射撃されて白旗揚げたのも忘れ

目の前まで敵国艦船がきても まだ反撃をしようとしていた
竹やりで米兵が上陸しても 
反撃しろと教育されていたのも同じですね

DSCN9170_2017022512100323d.jpg


田舎の、こののどかな 湾に


DSCN9171.jpg


特攻殉国の碑と言うのがありました


DSCN9172.jpg


特攻って

爆弾を積んだ 飛行機で体当たりする 桜花

爆弾を抱いて 魚雷艇で体当たりする 回天

お国の為にこの命捧げますと 旅立って

ほとんどが 果たせずに 無駄死にしたと言うが

それ以前 訓練中に亡くなった人の方が多いんだと

DSCN9173.jpg

こんな看板がありました


DSCN9175.jpg

よく見ると信じられない言葉が

「震洋」特攻隊は 日本海軍が大東亜戦争末期、万策尽きながら最後の期待をかけた部隊である

秘密の水上特攻兵器 震洋艇
ベニヤ板製の高速小型モーターボートの艇首に 250キロ爆装


小島に掘ったトンネルに身を隠し

敵艦が来たら体当たりせよと


DSCN9174.jpg


防御網切断機と

ロケット砲二門積んで

利用することは無かったそうだが…


これと共に 海中で呼吸ができるようになるガスを吸い

槍の先に爆弾をつけ 海中を歩いて 
船底から穴をあけ撃沈すると言う訓練をして

何人もの訓練兵を死なせたと言う話もあるとか



日本帝国の上層部は何を考えていたのだか



DSCN9176.jpg



それに命を落とした 当時の若者たちの霊に

深々と頭を下げたくなりました

DSCN9177.jpg


DSCN9179.jpg


こんな感じで飾られ 祀られているのでしょうか

DSCN9180.jpg


DSCN9183.jpg

この 小島の多い土地の この美しい水の中で

いくつの魂が 上の人間を信じて 報われぬままに散って行ったか

また一つ心に刻む 壁ぎわでした。




私は戦争に反対です








長崎をドライブ  裕治伯爵と行く九州の旅⑦

雪山の温泉を頼んしんだ後は

下界に降りてきました



DSCN9142.jpg


ないだ海と田舎の景色

さっきまでの雪はどこへ行ったんだ


DSCN9143.jpg


長崎市から佐世保市まで かなり距離があります

高速道路を走りましょう

融雪剤がまかれていました


DSCN9144.jpg


運転を任せて 助手席で写真撮影

これは大村湾の景色です


DSCN9147.jpg

大村パーキングエリアで トイレ休憩

放水機が開いている

きっとこれで雪を溶かしたな?

DSCN9148.jpg


この三日間の大雪で 

ソフトクリームの売り上げはどれだけだったろう


DSCN9149.jpg


長崎のあの提灯は これだったんだな

ランタンフェステバルだったんだ


DSCN9150.jpg


こんなお土産も

このデザインが 中国らしい


DSCN9151.jpg


東そのぎで 大周りになる高速から降りて

大村湾沿いに佐世保に向かうことに


DSCN9153.jpg


道の駅そのぎの荘

こういうの見たら寄りたくなりますよね


DSCN9154.jpg


ここだ ここだ


DSCN9155.jpg


龍馬ら社中を支援した、豪商の女傑・「大浦慶」。


DSCN9156.jpg



DSCN9158.jpg


色々名物を探しています

そのぎのお茶の看板が多いですね

長崎もお茶の産地だったんですね

これを売って一財産築いたんですね


DSCN9159.jpg



DSCN9160.jpg


レストランもチェックです

だご汁と 鯨炊き込みご飯  いいですねぇ


でもこの日は食べるものが決まっているので ちょっと躊躇です


DSCN9161.jpg


入り口にはミカンの試食


DSCN9162.jpg


凍らせても美味しい

これ銭湯においてほしいね


DSCN9163.jpg


お茶のチェックを忘れずに


DSCN9164.jpg


試飲のお茶を

何故君のと色が違うんだ…


DSCN9170.jpg


大村湾の 北の端

入り江が入り組んだのが 長崎県なんですね


長崎を東から中央へそして北へ走り抜けたドライブでした







温泉に雪の雲仙へ 裕治伯爵と行く九州の旅⑥

もうここは雲仙市だから

温泉は目と鼻の先だよ…  大嘘です



DSCN9112.jpg

ヤマト醤油、みそ
地の醸造屋さんがあるんですね
ちょっと名は悪いけれど どこかの運送屋みたいで

では温泉に向かいましょう

ナビに温泉名を入れたら


DSCN9113.jpg

なんか 恐ろしい道を案内し出しました


ブレーキは踏めない

アクセルは踏み込めない

時々後輪がスリップし出すと パネルに表示されます

少しずつ後輪ドリフトさせてはグリップしながら走ってます


DSCN9128.jpg

それでもどうにかこうにか 街らしいところに


秘湯を求めて来たんだけれど

この天気で 秘湯を探すと雪に埋まってしまい


雪解けになってようやく見つかる そうなりかねないから

小地獄温泉館などに温泉めぐりしたかったが

それどころじゃないようです


DSCN9129.jpg


立派な建物で 雪かきしているところにしましょう

一度停めたら 出られなくなる恐れがある



DSCN9114.jpg


と言うことで こちらへ

国民宿舎 青雲荘です

悪天候のため ランチバイキングは中止ですと


DSCN9115.jpg


日帰り温泉お願いしますと言うと

珍しいものを見たような顔で

今山道を上がって来たんですか?と



国民宿舎 青雲荘


DSCN9116.jpg

温泉は突当り

空いてますね


DSCN9119.jpg

雪見風呂じゃ~


DSCN9122.jpg

室内温泉は貸し切り状態でした

DSCN9125.jpg

露天風呂はこちらの建物ですか


DSCN9123.jpg

いい感じですね

白いにごり湯が 雪見風呂にピッタリ


DSCN9124.jpg


でも連泊で湯治を楽しんでいる人でしょうか

先客が居られて 写真は撮れませんね


DSCN9132.jpg

ゆっくり温泉に入ったら

泉源の横を通って帰りましょう


DSCN9135.jpg

動いているうちは良いけれど


DSCN9136.jpg

車を停止させるのが怖い 雪道


DSCN9137.jpg

山道に入ってきたところから 7.9キロ


DSCN9140.jpg


ゆっくり滑りながら降りましょう

福井から石川の白山で雪道運転の練習してきた 

壁ぎわですから…





/span>

長崎ドライブ  裕治伯爵と行く九州の旅➄

レンタカーの手続きを済ませた二人は走り出します

南国九州の長崎駅から東に 橘湾沿いに雲仙へ向かいましょう

DSCN9092.jpg

南国のレンタカー スタッドレスなんてはいてない

チェーンもありませんと


なのに雪が降ってきました


DSCN9093.jpg

降って来たどころではなく

積もってきました


DSCN9094.jpg

厚い雲で太陽も隠れて


DSCN9095.jpg

少し山手に入ると

もう人の通らないところは真っ白


DSCN9096.jpg

ああ 雪かきも 足跡もない

売り物件やったんや……


いいや そんな話じゃないんだって


DSCN9098.jpg

この先 滑り止めのタイヤが無いと入れませんと

道路規制になってました

雪になれない車が何台も止まっているので

すり抜けていくこともできません



コンビニで 休憩 

雲仙の温泉 あきらめますか


ナンバーも見えなくなってきてますからね


長崎の手前まで戻り

諫早に向かう国道を走ると

雪なんて全然感じない


ならば行けるところまでと

諌早市を抜けて雲仙市に



DSCN9100.jpg

急に 腹のレーダーが鳴りだしました


DSCN9099_LI.jpg

ユリ  昨日の店は由紀ですが


なにか 美味しいものの予感が

一度通り過ぎたのですが

Uターンして戻ってきました


現在私たちは 朝食難民だったのです


DSCN9103.jpg

中に入ると客はゼロ


そりゃまだまだ朝早いうちですから


DSCN9102.jpg

トルコライス この時間でもいける?

出来ますよと

なら一つ

それとスペシャルランチ


DSCN9108.jpg

トルコライスは 長崎が初めての

裕治伯爵に食べていただきました



DSCN9104.jpg

私はスペシャルランチ (朝だけど)

これがトルコライスと同じ値段でした


DSCN9105.jpg

エビフライと ポークステーキと スパゲティ


DSCN9106.jpg

小鉢が二つ

タコの酢のものと  鶏肝の煮つけ


DSCN9107.jpg

もちろんみそ汁も


DSCN9110.jpg


食後300円のコーヒー

一杯ずつサイフォンで入れた珈琲です

DSCN9112.jpg




陽もさして 雪も解けてきました

山も白くないようだし

では雲仙の温泉にリベンジと行きますか



なんでロイホやねん!長崎の朝食 裕治伯爵と行く九州の旅④

長崎の朝です

あれだけ呑んでも 気分が良いのは良い酒だったから

でもその分腹は減ってます

朝食無しの素泊まりなので 朝飯の場所を探さなければ


DSCN9071.jpg

8時に レンタカーの予約をしていたので

7時にホテルを出発

ホテルで朝食は望めませんでした


DSCN9072.jpg

駅までは路面電車で向かいます


DSCN9073.jpg

乗り込んで記念撮影

運転手さんの後ろです

なんと 料金が 120円 嬉しいですね



DSCN9076.jpg

長崎駅 長崎本線の終着駅です



DSCN9077.jpg

突き当りの駅って好きなんです

いかにも終着駅と言う感じがするでしょう


でも 朝だから 始発駅か?


DSCN9078.jpg

お嬢さん お供しましょうか?

おばさんだったら ごめんなさいと…


DSCN9080.jpg

乗る特急が かもめではなく

白いかもめですから


DSCN9081.jpg

駅の周り探したが

開いて居る店が無い

仕方なく駅構内のここに…


DSCN9082.jpg

でも よく見ると 嬉しいやん

ロイホのくせに トルコライスだって



DSCN9083.jpg

ちゃんぽんもあるぞ

よかったねぇ……


DSCN9084.jpg

足を踏み入れると

ただいまの時間 朝食メニューだけになっていますと

……………


涙でメニューの文字が見えないじゃないか


DSCN9085.jpg

仕方なく 朝食メニューで

ソフトドリンクのフリードリンクに




DSCN9086.jpg


セルフのコーヒー

大きいカップにデミタス押すと 三回押さなきゃ一杯にならない


DSCN9088.jpg

スクランブルエッグのセット

ポテトフライと ソーセージが一本

トーストが半分

これ追加するのは?

有料なの???

これは居酒屋の付き出し??

DSCN9089.jpg

裕治伯爵の朝カレー

こんな粗食の似合う二人組じゃない!


三回プッシュのデミタス 3杯と
オレンジジュース2杯と
カルピスソーダ 2杯飲んで
水分で紛らわすことに


DSCN9090.jpg

電車で気を紛らせて


DSCN9091.jpg


なのにこんな看板が喧嘩を売る

そんな朝の長崎駅でした

そろそろレンタカー屋さんが 迎えに来てくれるらしい

ここからが本当の旅と思うことにしましょうか


長崎駅で 朝食難民の二人でした


駅弁もまだ駅には来てなかったもんなぁ…





長崎の路地の店 由紀 裕治伯爵と行く九州の旅

長崎の夜 長崎を感じたかったから

だから 場末をさまよう


裕福な人は 楽しみ方が違う

立派なホテルの部屋で 夜景を楽しみながら高い酒を飲めばいい



我々は 場末の飲み屋で

土地の人と話しながらその地の良さを知る


書くのは簡単ですが

それが難しいのです


DSCN9061.jpg


思案橋横丁

クールファイブの歌う 思案橋ブルースは 思案橋通りです

裏手に回るとこんな横丁が


DSCN9062.jpg


夜中に 道路工事の棒ふりやっている

警備のおじさんに聞くと

わしらは 銅座の裏の路地ばっかりやと


DSCN9063.jpg


裏手に回ると

長崎で一番有名な立ち呑み屋

ただ あまりにもいっぱいなので

我々は落ち着いて 安酒が呑みたいんや


DSCN9064.jpg


なかなか いい雰囲気です

でも歌を歌いに来たんじゃないから

ぼったくられたらどうしようという感じもありますが…


シャチョウサンヨッテイッテ


雪なのにミニスカートの女性が腕をつかんで来る店もありました

これはやめとこうな




DSCN9066.jpg


何のことはないのれんの店だが


DSCN9065.jpg


隅っこにこんな看板が



DSCN9068.jpg


覗いてみると ママさんが一人

そろそろ帰りたそうな常連さんが一人



DSCN9067.jpg


今日はここに決めましょうか

軽く酢で〆た大根と ポテトサラダ


最初は瓶ビールだったが

話し込むうちに

焼酎の濃い水割りに



私 阪神と言うより 真弓のファンやってん

長崎はダイエーが九州に来るまで ジャイアンツファンばかりで…

食べ物の事や 長崎の事だけでなく そんな話まで

ほぼ貸し切り状態で ボトル半分は飲んだかなぁ

でも格安にしてくれました



DSCN9069.jpg



そんなおねぇさんと 最後は記念撮影


かなり飲んで 表でタクシーに乗ってホテルへ

こんなに近かったんや そんな場所での夜更かしでした


長崎でも隠れ家見つけました







続きを読む

長崎の夜の街2⃣五人百姓  裕治伯爵と行く九州の旅②

長崎の夜の街と言えば 

あの歌に歌われた思案橋


でも その横に もっと安い所があるんです

土地の人が行くのは その銅座と言う所


DSCN9051.jpg

炉ばた焼き鳥 五人百姓 銅座店

ここは銅座の高級店です

DSCN9052.jpg





DSCN9054.jpg

微妙な値段

4桁は少ないが ギリギリが多い

高級店ですから



DSCN9053.jpg


ビールはプレモル

付き出し小鉢と


DSCN9055.jpg


つくり盛り合わせ


DSCN9056.jpg


長崎もクジラの国

鯨さしも入ってます


DSCN9057.jpg


この金箔が高級店の証

でもなくて安い方が好きなんだけれどなあ


若者の多い高級店です


DSCN9058.jpg

二杯目は 量の多い瓶ビールを



DSCN9059.jpg


隣の席では ワインと

肉鍋2900円の贅沢を

煮あがるころには 肉が縮んで 中の野菜がしっかり見えてました


DSCN9060.jpg


祭りに付き合いが大変ですね

さっと一杯やったら


貧相なおじさんに似合う

もっと落ち着けるところを探しましょう


ここは裕福な若者の居酒屋でした





プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR