くしもと橋杭岩 南紀ふたたび③


潮岬でしかも早い時間だったので 大島から串本

普通の人と逆回りになっています



DSCN5227.jpg


と言うことで 串本  道の駅橋杭岩



DSCN5228.jpg

はしぐいいわ  の説明 

荒波によって 固い部分だけ規則的に残された 40ほどの大小の岩

天然記念物です




DSCN5226.jpg




DSCN5231.jpg



DSCN5229.jpg



DSCN5232.jpg


弘法大師が天邪鬼と かけをして

一晩で向うの島まで橋をかけようと試合をして

負けそうになった天邪鬼が 鶏の真似をして朝が来たと勘違いさせ

橋を作るのを途中でやめさせて 引き分けにした跡だとか


弘法大師の伝説は不思議なものが多いですね




DSCN5235.jpg


干物など 名産品はいろいろありますが


DSCN5234.jpg


これは好きです

おでんに 戻したこれを入れて 最高ですよね



DSCN5236.jpg


こんなものでちょっと一息



DSCN5237.jpg


こんなホテルで 海を見てのんびりしたいなあ…



DSCN5238.jpg


では 串本を後に 西北西に向かいましょう







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

それだけ空海が万能の天才だったのでしょうね、空海の神秘的な
話を利用して信者が布教に利用した事もあるでしょうし、元々山岳
信仰の修験道が何かにつけて弘法大師の名前を出していた事も想像
します。
うどんも空海がという話がありましたよね?

まあくん

空海は確かに旅をしていたそうです。
シンプルな布教の旅ですけれどね

高野山でいろいろ見ていると

高野山に残った高弟が、いろんな話を作って、シナリオ的な小説にして全国に流したようです

それを あちこちの真言の寺で、講話、説法の時に 色々取り上げては話したそうです

巧いですね…


高野山をくまなく回ると 書いてあるところがありましたよ
プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR