白浜、椿、志原海岸   和歌山へ 温泉の旅②

暗いうちから旅立ち

夜明けと共に 温泉に入る

なんて贅沢なんだ…  ただ雨だけれど

でも 腹減った

ここは観光地 

泊まる人には朝食が出る


ま、まさか  

福井の二の舞じゃないだろうな……




DSCN6608.jpg


さすが南の地

喫茶店がありました


DSCN6610.jpg


営業中を示す赤い赤色灯が回っています

赤色灯を乗せた車は嫌いだけれど…


DSCN6609.jpg


モーニングセット

コーヒーでほっとひと時


風呂上がりなので 水がすすむ


水だけで4杯おかわりしてました


DSCN6615.jpg

では次に向かいましょう

椿はなの湯です



DSCN6616.jpg


道の駅の温泉

単純硫黄温泉で PH 9.9のアルカリ温泉です

入浴料 500円 イオンカード持っていたら 400円だって

ただ……

入浴は 12時からですと

道の駅は9時から開いていますけれどね

道の駅椿はなの湯のホームページ


DSCN6617.jpg


仕方なく足湯の方に

誰もいないぞ


DSCN6618.jpg


え~!?  10時から

まだ九時過ぎですよ


DSCN6619.jpg


自動販売機 50リットル 100円です



DSCN6620.jpg


せっかくですからちょっと入って見ましょう


DSCN6621.jpg


この奥が温泉です

家族風呂は少し早い時間からでも 

相談してくださいと書いてあったので


聞いてみるも 3時間以上前は無理ですよと……


DSCN6622.jpg


しかたなく しばらく走ると

面白い看板が

不審船見つけたら 118番なんですね

119と110 それに 117(時報)は知っていたんですが


DSCN6630.jpg


ガソリンを入れて その先の道の駅に


DSCN6629.jpg


誰もいません


DSCN6625.jpg





DSCN6627.jpg


こんなところなんだ


DSCN6633.jpg


でも前の海岸はこんな感じ


DSCN6636.jpg


反対側には面白そうな岩が


DSCN6637.jpg


どうせ時間も早いんだし散歩してみましょうか


DSCN6638.jpg





DSCN6641.jpg


足元に気をつけながら

でも 洞窟まではいけませんでした


30分ほど歩いて疲れました

これは温泉で癒さなければ つづく







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

何年か前に和歌山行ったついでにJRで椿まで足を延ばして椿温泉へ  歩いて行くつもりだったのですがとっても無理とわかり 日帰り温泉だけなのに宿の方に迎えに来てもらったことがありました  バス停からならすぐのお宿だったのです・・・v-12    バスから見た海岸線 降りて歩いてみたくなりました
でも本数が限られているバス 降りられませんでいたが こんな時にはやっぱり車・・・と思ってしまいましたわぁ

がにちゃん

そうですよね旅館のマイクロバスありましたよね 今は道の駅の温泉になってしまっていました

裏手に 宿がまだあるのかなぁ?

海岸に降りる道はありましたが さすがに急な坂で降りる気にはなりませんでした

おとづれるのも早すぎて 残念でした

車だから少々自由は聞くのですが その分欲張ってますから…笑

118

確か
海上保安庁ですよね。
話しは違いますが
104
覚えてますか?
電話番号案内
あれ

携帯で使うと
1件200円らしいですよ。

裕治伯爵さん

そうなんですよ 104 家庭からでも 100円を超しているのは知ってました。
ほとんどが沖縄に交換手が居るらしいのですよ。
プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR