宍粟牛まつり  奥丹波 蕎麦ツアー①

奥丹波蕎麦ツアー 下見もしたツアーだったのです。

ただ 直前に宍粟市はがで 宍粟牛祭りがあるよと行きたいとLINEに書き込みが

すると 牛、牛  食べたいと ほかの参加者からも書き込みが

壁ぎわツアークラブの会則で 

『参加者の二人以上の希望があれば、できる限り対応する。』

その一文の為に 


奥丹波と 宍粟市のはがは 直線距離だと数十キロだが

山越えの為 片道 80分のロスになりました


DSCN7331.jpg


だから 集合が朝7時半

6時過ぎのバスにとって家を出た人も…


DSCN7333.jpg


朝の山道気持ちがいい


DSCN7334.jpg


朝10時から だから 9時半には着いてないと車も置けないだろう

道の駅はが到着です


DSCN7337.jpg


宍粟牛祭り

ワンコイン500円で 色々楽しめます


DSCN7338.jpg


寒いのでここで温まろうか?

だめですよ ここを出たら蕎麦が待ってますから



DSCN7336.jpg


10時スタートなので お店は用意を始めました


DSCN7339.jpg


こういう看板があると言う事は 並ぶんだね


DSCN7340.jpg


私の狙いもこれです


DSCN7341.jpg


道の駅の中で野菜の販売している



DSCN7335.jpg


なんと白菜 大きなのが 350円や400円

大根 120円 お先に買い込み車に



DSCN7342.jpg


まだ早いけれど

肉を焼きだしました



DSCN7343.jpg


一番前に並んでます


しかし寒い 凍えながら待っていると

店の人の話が聞こえます

うちら一宮生まれの一宮育ちやから、はがの冷え込みは堪えるわ=


私等から見たら どっちもどっちと思うのですけどね

これを私等は 差別用語ですので ●に ( こ )を入れてください


なにを びっ●の蹴り合いしてるんやと




DSCN7345.jpg


この行列の 一番前に並んでいたんです

言いたかった

何本ですか?に

200本と


でも財布に10万円入ってるはずもなく

あきらめて 4本と


DSCN7344.jpg


隙間なく しっかりとさしてあるのが良心的ですね


DSCN7346.jpg


しし汁


DSCN7347.jpg


串焼き


DSCN7349.jpg


ローストビーフ


DSCN7350.jpg


豚バラの角煮


DSCN7352.jpg


宍粟牛巻き これだけ900円

これだけは 宍粟うしまきと書いてありました




ふうこは缶ビール飲んでる!


宴会はしないよ 牛串と 巻きずし しし汁飲んだら行くよ

ここから 一時間以上かかるんだから


それでは 蕎麦ツアーを始めましょう

ここから1時間半の山越えです  つづく








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

俺だけ食べて蕎麦ツアー お腹大丈夫???   1時間で空くのかなぁ
最近 食べられても空かなくなって来たがにちゃんですわぁv-8 

良心的です。

牛串と言いながら
大きなタマネギが多い
そんなのは駄目です。
(笑)
ちょっと
気になったのが
しし汁
こちらとは
かなり色が違う。
このような料理でも
関東と関西では違うのですね。
次回は
このような
汁物を試してみたいです。

がにちゃん

これだけ食べてって 巻きずしは一つずつ

串一本で 後はお持ち帰りにしてもらいましたよ…笑

裕治伯爵さん

田舎のお祭りですから それに、業者じゃなく土地の人が作ってますから、てきやのやっている縁日の物品じゃないですよ。

しし汁は 牡丹鍋のスープ版です

赤みそたっぷりの汁ですよ
プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR