道の駅まほろばまで 奥丹波蕎麦ツアー②

牛食って満足したら

蕎麦喰いに行くぞ~



DSCN7354.jpg


まずは宍粟の山奥から あさごに向かう山越えの道です


DSCN7355.jpg

変わった建物が

緊急時雄避難所って??


DSCN7356.jpg

センターラインの無い山道を


DSCN7357.jpg


周りの自然に目を奪われたりも

DSCN7358.jpg

途中神子畑と言う所が

800年頃に鉱山として開拓された神子畑は15世紀頃から採鉱が盛んになり、その後、明治政府の管理から一時は皇室財産として宮内省の管轄にもなりました。
明治29(1896)年に三菱へ払い下げられ、大正8(1919)年には大規模な選鉱場が建設されました。

山を隔て6キロメートル離れた明延鉱山(養父市大屋町)から運ばれてきた鉱石をその比重や浮力を利用して亜鉛、銅、錫に選鉱。
東洋一の生産高を誇りました。
山の斜面を活かした巨大な建物がありましたが、現在は一部取り壊されています。


DSCN7359.jpg

生野鉱山開発のため明治政府によってフランス人技師たちが招かれました。そのうちの一人、ムーセの住居は彼らが日本を去った後の明治20年(1886年)、神子畑鉱山の開発に伴って神子畑に移築され、事務舎・診療所として利用されました。

現在は、写真家・織作峰子さんの作品や鉱山に関する資料を公開しています。


DSCN7360.jpg

こんなトロッコ列車が活躍していたんですね




DSCN7361.jpg

 
場所は変わって  道の駅まほろば


あさご館で お勉強をしてもらわなければいけないから

DSCN7365.jpg


しかし こんなお土産が

人面石クッキー

貰ってもうれしくないぞ…

DSCN7367.jpg

それではあさご館でお勉強を


DSCN7368.jpg

銅鐸はこうして使われていたのです

無料で入れる資料館ですから


DSCN7369.jpg

しかも撮影可能


DSCN7370.jpg

ただガラス越しには きれいに写りませんね


DSCN7371.jpg


仏像の書いた壁かけと

DSCN7372.jpg


曼荼羅図は 撮影するのが初めてでした






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR