最後は榊原館 三重県温泉旅⑥

今回の旅の最後は榊原温泉

そこを代表するのがこの榊原館です。




DSCN7576.jpg


この地を代表する どっしりとした建物

ただ 宿泊費もそこそこです こんな田舎なのに…



DSCN7577.jpg


こちらの旅館は 清少納言

昼の入浴客の数が違うのか 車の量が違いますね



DSCN7578.jpg


あの上は…

宿泊客で無いと上がれません



DSCN7579.jpg


では 1000円払って入りましょう

日帰り湯 湯の庄です

受付の横のロッカールームで 室内着に着替えて


DSCN7583.jpg



DSCN7580.jpg


長い廊下と階段を下りていきます



DSCN7581.jpg


そして ここが入り口 

温泉自体はわずかにぬめりのある美人の湯

中は大きなあたたかい風呂と

源泉かけ流しの水風呂のような浴槽

露天はまた違う感じでした



DSCN7582.jpg


そしてここが飲泉場

一杯呑んで帰りました


最後は名湯榊原とは さすが温泉マニアきょろさん

案内ありがとうございました

湯の泉質や 味香りなど かなわないので

知りたい方はキョロさんのブログで











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いやぁ~

日帰りでも
充実した温泉周りでしたね。
でも
やはり
あの天守閣
あれが気になって・・・
来年の目標にしました。

No title

最後は、ヌルヌルの湯で締めるのが一番でしょう!
裕治伯爵、天守閣を攻めてみてください!
熱いですよ。。。

No title

榊原温泉、行った事ありませんので行ってみたいです。本当は、その場で飲んで、泊まりたいのですが・・・奈良・三重・和歌山の温泉地は火山帯でない温泉地ですので開拓したいです。

裕治伯爵さん

そうですね
さすが温泉通のキョロさんです
半日楽しまなくては そう思えるのですが湯が暑くて…

キョロさん

やっぱりぬるぬる好きですね、だから美人の湯にちょくちょく通ってます。

裕治伯爵は木曾岬の湯 温泉には5秒入れないほうに1000点かけますよ……笑

はしっこさん

そうですよね

そこでゆったりと泊まりたいですよね
それがなかなかできない 事情がある淋しさですね
来年の四月が楽しみです
プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR