粟津温泉 北陸の旅③

昔より 白山のふもと加賀の国
今でいう石川県南部に 4つの有名な温泉があります

それを加賀四湯と言い栄えてきました





DSCN8435.jpg


次に向かうのは 粟津温泉 ここだけは 加賀市ではなく

小松市に入っています


DSCN8436.jpg

まずは那谷寺にお参りを

くわしくは那谷寺のホームページから




DSCN8437.jpg


芦原温泉を お告げから発見した 泰澄が

那谷寺を創建したと伝えられています


DSCN8438.jpg


以前立ち寄った事があるのですが

入山料600円払っても 元が取れるような広くて荘厳な造りで

白山の自然に対する信仰が伝わりますが

1時間は見ておく方が良いでしょう

今回は 温泉がメイン 盆の外から手を合わせました


では 粟津温泉に向かいましょう


DSCN8439.jpg


元学校でしょうか

懐かしくも洋風な建築がありました


DSCN8443.jpg


粟津温泉です

温泉街ですが 静かです


DSCN8445.jpg


旅立ちを待つ観光バスの姿があるぐらい



DSCN8446.jpg


これが 約1300年続く宿 法師

今の当主が 46代目だとか



粟津温泉は奈良時代が幕を開けて間もない養老2年(718年)、
泰澄大師によって開湯されました。

泰澄大師は文武天皇の勅使として鎮護国家の法師となった高僧。

霊峰白山で修行を重ねるなか「粟津なる村に霊泉湧出す。
汝、ここにゆきて之を掘り、末代衆生の病患を救うべし」
という白山大権現の霊夢に逢い、お告げどおりに掘ったところ温泉が湧出しました。
以来、千三百年、絶ゆることなく湧きつづけているのです。




DSCN8447.jpg


散策図

湯治に一週間でも居るなら良いのですが


DSCN8448.jpg


私は 総湯に 15分ぐらいの湯治です

そんなの湯治になるかって


DSCN8451.jpg



飲泉場もあるこちらが 総湯

平成20年8月12日新粟津温泉総湯がオープンしました。

こじんまりした平屋建ての和風造りで、浴室も大浴槽が一つのシンプルな施設です。




粟津温泉 総湯



DSCN8452.jpg


懐かしい下駄箱

400円で入浴です


朝8時からの施設

背やももに 色付けした人が入って来たので 早めに退散です

こじんまりしているのでなおさらでした




DSCN8454.jpg

足湯は 朝6時半から





DSCN8456.jpg


温泉だけでなく 料理屋さんもこじんまりと

こういうのは好きなんですが


DSCN8457.jpg



烏の行水で 次の土地

山中温泉に向かいましょう







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR