関西ではやっぱりこれ ビフカツ


川西能勢口のアステ内の牛兆に夕方7時過ぎに行くと
パックに入った肉が安売りされていた

豪州牛肩ロースステーキ一枚

赤字で 400円とか450円とか書いてあった

フライパンで焼くと少しぱさぱさになるので
こんな時は これにしよう


小麦粉付けて 卵に通して パン粉をつけて


CIMG0194.jpg

少なめの油で ビフカツ完成

衣の割れたのは 小麦粉と卵の付け方がいい加減だったから


CIMG0196.jpg


そのまま齧ってもいいのだが

やっぱり フォークとナイフで

CIMG0197.jpg


う~ん ビールに合う

ワインにも良い

CIMG0198.jpg


中が少々ピンクでも

牛ですから

CIMG0201.jpg


ただ これの悪い所が一つあるんです

あったかいうちにと……


15分で二枚完食

缶ビールも 500ccを 二本開けてしまったので
山の神が帰ってくるまでに 証拠隠滅しなくては…




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

そっか。

特売の牛肉
こうして食べたらいいいのですね。
「牛カツ」文化がない
関東人
思いつきませんでした。
しかし
贅沢品ですよ。

裕治伯爵さん

そうです 特売の外国産牛肉は 焼くとぱさぱさになりやすいので
ビフカツがおすすめです 串かつも良いですけれどね

これだと日を通しすぎなくても食べられます
柔らかくて極上の品になりますよ
プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR