久美浜から丹後半島の海岸線を走る 



今回の記事は 久美浜から 
丹後半島の海岸線を走った様子

そう言っても ピンと来ない人がほとんどだと思うので

CIMG0203_LI.jpg

今回の記事はここからここまでです

右のへこんだ付け根が 天橋立です


DSCN2060_201707060807351e7.jpg

久美浜と言えば 久美浜湾

小天橋と呼ばれる 半島で 内海になっています

そしてこれが 小天橋駅


DSCN2061_20170706080737b25.jpg

駅前から見た久美浜湾

まるで湖のように対岸が見えます

あれが小天橋


DSCN2062.jpg

この角度の方が見やすいか


DSCN2063_20170706080740070.jpg

湾の南側は

山陰からの 陸路、海路の拠点として栄えたところ
また北前船の恩恵も受けていました


DSCN2064.jpg

一路丹後半島に入ると

海岸線は断崖絶壁で

道も山の上になっていきます

DSCN2067_20170706080914586.jpg

ほとんど車の通らない道にも

DSCN2066_20170706080913d90.jpg

こんな公園が

DSCN2068_20170706080916bd5.jpg

七竜峠越えです


DSCN2069.jpg

白蛇出て来~い!

丹後半島は山また山の半島です


DSCN2070.jpg

膨らみのあるカーブに車を停めると

DSCN2072.jpg

そこからの景色はこんな感じ

やっぱり、おっさん一人で来るところじゃない


DSCN2073.jpg

静御前を祀る 静神社

この地の生まれだったのですね


DSCN2074_20170706081019363.jpg

少し離れたところに 駐車場はあったのですが

そこから歩いて戻り この階段を上るなど

おっさん一人旅には入ってない


DSCN2075.jpg

静御前生誕の地って

DSCN2076.jpg

車が入っていいような道か?
まるで民家の軒先に入りそうで

なっちゃんなら入れたかな?

DSCN2077_20170706081141084.jpg

海を見ながら 山越えの道


DSCN2079_201707060811432a1.jpg

途中いくつかの 漁港の村落はあるものの
観光者を受け入れるところではなさそう


DSCN2083.jpg

ようやく 村に入った


DSCN2087_20170706081146e99.jpg

ここはあの憧れカニの上がる街
間人(たいざ)ではありませんか


DSCN2088_20170706081147cf7.jpg

実はここに来てまだ九時半

道の駅も開いてません


DSCN2090_201707060813155fa.jpg

その先には 屏風岩の文字が


DSCN2091_20170706081316910.jpg

これが屏風岩

荒海に硬い岩だけが残ったんでしょうね


DSCN2103_20170706081320e36.jpg

決してこの重機で 立てたのではありませんから…笑


DSCN2105.jpg

幾つか通る港町 

海水浴にはいいかもしれませんが

漁港にするには時々掘るのかな


DSCN2108.jpg

ちょっと寄り道して

丹後半島と言えば 経ヶ岬


DSCN2109_20170706081434a62.jpg

この展望台まで行くと


DSCN2110.jpg

荒海の景色だけでなく



DSCN2111.jpg

おまけのように これだけ

経ヶ岬灯台が見えます

15分歩く?  
そんなのおっさん一人の行程にはありません


DSCN2114_20170706081438352.jpg

再び車を走らせ


DSCN2115_20170706081522461.jpg

蒲入展望台


DSCN2116.jpg

最後だし このぐらいの階段なら


DSCN2117_20170706081525e71.jpg

上まで行くと 東側の蒲入の漁港と


DSCN2118_201707060815270af.jpg

西側の海岸線が見られます

ここを過ぎたら 浦島神社と 舟屋の里伊根
それは次の記事で




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

風に吹かれて一人旅もいいですね

丹後といえば 小学生の夏の臨海学校で 丹後由良に行きました

懐かしいな~

断崖絶壁ですね  でも 一人だと ちと怖い?

でも 気ままに行けるし 事故なく楽しいドライブで良かったです

No title

経ヶ岬  二昔くらい前になるのかなぁ ご近所の友達とここで写真を1枚
 バックしてもう少しと言っていたら ガクッ もう少しで友は崖下へ落ちる所でした  怖かったぁ   間人蟹 思い出しますねぇ 美味しかったぁ  とうらやましがらせておきましょう  二度とは無理と息子に言われましたけれども(笑)

No title

こんばんは。
京丹後は1年ほど前にうちも行きました♪
屏風岩、見ましたよ~。経ヶ岬灯台は時間が足りずに行けませんでしたが。
間人と書いて「たいざ」。不思議な読み方をするものですね。私が行った時は蟹の季節ではありませんでしたので、蟹のシーズンに再訪してみたいものです。

メミコさん

一人で回ると そこでいくらきれいなものを見ても こうだねって 話す相手が無いのは寂しいですね
だから ついつい階段が面倒になってしまいます

その時でなくてもこうしてコメント貰えてうれしいものです

がにちゃん

経ヶ岬  ひょっとしたら立ち入り禁止になっていたかも…笑

おととしこの辺り通行禁止になっていたんですよね。雨で道路が崩れて
今回の雨大丈夫だったんでしょうかね

間人は憧れですよ 民宿でも4人部屋で一人3万はかかりますからね

ヘロンさん

ヘロンさん コメントありがとうございます
伊根だけなら行きやすいのですが そこから先が大変ですね
経ヶ岬灯台はその気になればいいのですが、カニの時期 間人の宿は高いですよ

私は偽物でもいいからと 久美浜辺りでカニ食ってます

プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR