FC2ブログ

狸谷山 前編 MGの会 ③

歩くのが嫌いな連中が
誰かが遅れたせいで バスにも乗れず
割と急な坂道を上がって来ました。

CIMG2676.jpg

ようやく たどりついたここが
本当の出発点です

CIMG2678.jpg

山は少し上るだけで 温度が変わる

お地蔵さんもこの通り

CIMG2679.jpg

麓ではまだこんな感じだったのに

CIMG2680.jpg

ガン封じ笹酒無料接待
この言葉に乗せられて 雪道の階段を上ります

この ガン封じって

癌封じだよな

まさか 願封じじゃないよな

歳はじめ忙しくて 願いなんて聞いてられるか
そんなこと言ってないよね…


CIMG2681.jpg

しかし 沿道で こんなもの見ました

さすが吉田さん
ほしのはこんなことしなかったよなぁ…

CIMG2683.jpg

なぁ~して お稲荷さんの 赤い鳥居の列が続く?

CIMG2684.jpg

これが 山門となるのか

CIMG2685.jpg

ようやく 50段
普段の格好で来ているから 寒さが肉に染みます

骨に染みそうだと言ったら
あなたの体では骨にまでは届かんと言われてしまいました

しかしそれより 足元が滑ります

CIMG2686.jpg

途中御大師様に迎えられて
みな足元注意です

CIMG2687.jpg

途中に納骨堂が有りました

その前で熱心に手を合わせるおっさんが

CIMG2688.jpg

横には こんな注意が気が有るのに…

なぁして ここでそんなに手を合わす

文字の読めない人なのか?

CIMG2689.jpg


字が読めない
中国からの観光者がこんなところまでと思ったら
振り返った顔は
誰かと思えば 中国は岡山の倉敷から…

さすが岡山人
普通の人と同じことはしないよね

CIMG2690.jpg

もう少し
らすとすぱーとじゃ~

さすがにこの階段には 融雪剤が撒いてありました

CIMG2691.jpg


この階段の向こうには
ガン封じが待ってますから…


CIMG2692.jpg

ようやく石段を上がり切り
この社の横の手水場に


CIMG2715.jpg

さすがに山伏の修行場

水も氷点下か?

CIMG2694.jpg

石塔と 前の護摩をたく広場は一面真っ白です

CIMG2695.jpg

最後の男厄坂 これを上ると本堂です

CIMG2696.jpg

崖に沿って建てられたお堂
何処か清水の舞台のようにも

CIMG2697.jpg

今は真言宗の寺となっています

般若心経唱えた後は
不動明王の真言
「ノウマク サンマンダ バサラダン センダンマカロシャダヤ ソハタヤ ウンタラタ カンマン」と何度も唱ます

CIMG2702.jpg


そして 押すな押すなの行列の先
小さな平たいお皿に 正月のお神酒ほど

これで ガン封じじゃ~~


写真が多いので
後編に続きます。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ここ詩仙堂の先の方ですね、今度京都に行った時
行ってみます。

はしっこさん

そうです 詩仙堂の先に 宮本武蔵の八大神社も 
狸谷不動もあります

出町柳から 嵐電で 一乗寺までですよ

No title

この1杯でがんが封じるのなら 雪道なんぞはエンヤコラサッサ

行かねば行かねば 1月28日 覚えておかねばv-8

がにちゃん

年明けに 初不動で検索すると出て来ますよ
行って見ますか滑らない靴でね
プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR