FC2ブログ

足助温泉 白鷺館

あきらめて帰り道

榊野温泉(さかきのおんせん)と言う標識を見つけた


CIMG5501.jpg


旅館すずめ

ネットで調べてみると

小渡温泉、笹戸温泉にならぶ、奥矢作温泉郷のひとつ。矢作川の支流・阿摺川沿いの山あいに榊野温泉があります。
ここにある温泉旅館は「すゞめ」のみ。
風情のある佇まいで、静養に利用する人が中心となっています。




CIMG5502.jpg

とあるがよくよく見ると 日帰り入浴は受け付けてないと…

日帰り入浴受け付けてないと仕方がない

食事込みの入浴も 一人旅なのに 5000円以上出せないからね


色々ネットを見ていると
足助温泉
白鷺温泉

白鷺館と言うのを見つけた

日帰り入浴 20時まで 800円

よし行って見ましょう


CIMG5503.jpg

どうやらここのようですね

ナビでやってきました


CIMG5504.jpg

ただ 駐車場はわかっても

入口が判らない まっすぐ行くと裏口が有りました
まるで怪しい人見たいです

ご主人と出会わせて
入口を聞きました


CIMG5505.jpg

ここを降りて行くんだと
これは中庭へ抜ける道じゃ無いんですか?


CIMG5506.jpg

入口が有りました

周囲の木々がうっそうと
少し薄暗い


CIMG5507.jpg

入口で800円払って

フラッシュを焚かないので
薄暗い所では写らない


CIMG5508.jpg

廊下を抜けて階段を下りてください

暗いよ~


CIMG5509.jpg

階段に地酒の空き瓶が
これ好きです

瓶じゃなく 中身がですが

でもドライブ中ですから


CIMG5510.jpg

こんなのやっているんですね
うらやましいたら ありゃしない


CIMG5511.jpg

1500円 一合の値段かい?


CIMG5512.jpg

温泉分析表


CIMG5513.jpg

では昭和風呂に


CIMG5514.jpg

冷鉱泉を沸かしたもの

水の蛇口も冷泉です

木の桶は 温泉の成分で
黒くなっていました

猪のコースで ゆっくりと泊まって呑んでみたいですね


白鷺館のホームページです

CIMG5516.jpg

帰りの道

この橋を渡ると 普段の世界に戻ります


CIMG5517.jpg

魔法の溶ける瞬間


CIMG5518.jpg


湾岸線を走って帰ることに

やっぱり新名神が走りやすいね







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

地酒が~~~ 旦那が喜びそうな温泉ですね
公共機関の乗り物の便が問題ですが

がにちゃん

なんでも 東岡崎駅から 名鉄バスで60分だと
白鷺館のホームページのURL文中にも入れときました
http://sirasagikan.com/
プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR