FC2ブログ

室津 奈良時代から江戸時代までの幻

赤穂から東に行くと 相生
この辺り 牡蠣の養殖地が続きます


CIMG8032.jpg

一山超えて
相生ペーロン城を通り

CIMG8033.jpg

海岸沿いに東に走ります
相生を越えると 室津になります

現在は高架道路と 漁港がこんな感じですが
昔は 瀬戸内の奥まった港



神武天皇の東征先導役が室津に港を建設したといわれています。
そして、ここを港として本格的に進めたのは 僧 行基でした。

地形的には 湾の奥の奥
藻振ノ鼻(室津半島先端部)と金ヶ崎(たつの市・相生市境)で囲まれた室津湾の、更に東側奥にあることから、
「室の如く静かな津」 建物の中にいるような静かな港と呼ばれたのが 室津の名の起こりと言われています。


江戸時代になると、参勤交代の西国大名の殆どが海路で室津港に上陸して陸路を進んだため、
港の周辺は日本最大級の宿場となりました。船を止めおくのにも格好の静かな港だったのです。

波静かな瀬戸内の そのまた静かな港の 奥の室津の港
船を止めおくにも安全ですから。

通常、宿場におかれる本陣は、1軒、多くとも2軒ですが、
室津には6軒(肥後屋・肥前屋・紀国屋・筑前屋・薩摩屋・一津屋)もありました。
また外国からの派遣団 朝鮮通信使もこの港を使っていました。

江戸参府で室津に滞在したシーボルトは賀茂神社 参ろう所から見た播磨灘を「日本の美しい景色として」絶賛しました。

そんな風景が、多くの文豪、文人墨客を魅了し竹久夢二、井原西鶴、谷崎潤一郎、司馬遼太郎、つげ義春、平岩弓枝らが来訪し作品にとりあげています



今は小さな漁村ですが このことを覚えていると 見る目が変わります
好きな土地なので ついつい饒舌になってしまいました。

奈良時代から江戸時代まで栄えたところですと紹介していますが、ここまでとはご存知の方は皆無ですね。


CIMG8034.jpg

半島の先の丘の上にあるのが 加茂神社

CIMG8036.jpg

海の安全を願うための神社です
土地のない半島の中で 抜けて敷地も大きい

CIMG8037.jpg

昔は居たんでしょうね

CIMG8038.jpg

シーボルトが 褒めたたえた景色も

CIMG8039.jpg

小さな社も多くあり

CIMG8040.jpg

海辺rの道沿いには 井戸がありました。
浄土宗の始祖で 島流しと 許されて帰りに立ち寄った
法然上人が 貝殻で掘った井戸


CIMG8041.jpg

海に突き出た半島の海沿いなのに
清水がわき出したと

CIMG8042.jpg

そんな資料館は 次回訪ねることにして
今回は海沿いの景色を見ながら 帰路につきましょう






スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR