FC2ブログ

そばと 嶽温泉 小島旅館

青森県の西海岸で 
青池も見たし
不老不死温泉も入ったし
飯も食ったし

CIMG0545_201905200819172ad.jpg

あとは 岩木山麓に向かいましょう

ここは温泉の宝庫なんです

今走っているところは 西津軽郡鰺ヶ沢町です

CIMG0546_20190520081918c70.jpg

ちょっと気になった店があったので

立ち寄ることに

CIMG0547_20190520081919034.jpg

濱勢さん

CIMG0548_20190520081921177.jpg

千畳敷で飯食ってなかったら
うな重だったろうなぁ

CIMG0549_2019052008192281b.jpg

手打ちそば処と書いてあって 入ったから

もりを…

この細切り好きなんです

女将さんと色々話をしていると
ご主人がもともとは関東で そばとウナギを修行したと

CIMG0550_20190520081924cef.jpg

サービスですと

これも嬉しいですね


満足したところで

青森の温泉で 谷地温泉と共に行きたかったところへ

CIMG0556_20190520081933125.jpg


ここです 小島旅館
これだけでも温泉通ならわかるでしょう

どうだ羨ましいか?

少し濁って 硫黄の香りぷんぷんの
濃い硫黄泉

温泉好きにはこんな贅沢はない所です


CIMG0551_20190520081925a34.jpg


中までは写真に撮れない

詳しい所はこちらで  小島旅館クリックしてください

嶽温泉 『だけおんせん』といくら説明しても
岡山人は ごく温泉  ごく温泉と
呼んでいた
そりゃ君が行く 地獄の ごくだけど だけと読んでくれ
何度言っても甲斐はなかった…


CIMG0552_20190520081927f2a.jpg

マタギ飯

駄目だもう食えないよ

CIMG0553_201905200819284d0.jpg

それより 山のホテル

こっちの方が良かったという奴も

CIMG0554_201905200819305ce.jpg

先代がマタギだったんだと
二代でこんなに大きなホテルにしたとは

なかなかやり手だねぇ…



でもまず嶽温泉に来たからには

小島旅館の 濃い硫黄泉に入らないとね

でも片側には 全員は入れない熱さだった




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

温泉三昧  イケメンぞろいの御一行様ですね
小島旅館も山のホテルもそれぞれいい感じですね
濃い硫黄泉  ああああああああ! 

No title

ライオンさん最高ですわ!

めちゃくちゃファンです(*´∀`*)

がにちゃん

青森は本当に温泉の宝庫でした。
一日 二か所と決めたけど、用事がなければ 5か所でも入っていましたよ
恐山の温泉も入れなかったので、濃い硫黄泉をと思ったのです
岩木山の周り 色々な温泉地が10以上ありますよ

食べ太さん

そうですか
それは何より 

そうそう いつでも お貸ししますよ


でも
大変ですよ……
プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR