FC2ブログ

野沢温泉

信州ドライブで よく目に着くのがこの風景




CIMG9220_201909261758188ea.jpg


リンゴがたわわに実っています

台風来るなよ そう思いますね

CIMG9222_2019092617581970b.jpg

早起きして 向かったのはこの温泉地

CIMG9223_201909261758203bb.jpg

野沢温泉です
観光協会で 話を聞いてみようか

ただ… 田舎の若いのは 愛想が悪い

日帰り? 
車で来たんですか?

車を停めるところがありませんから
その前の有料駐車場に車を停めて 歩いて回ってください
今日 この地で宿泊じゃ無いんですね…。

奥歯に物が詰まったような物の言い方しやがって
つまり、この地に金を落としそうもない
貧乏人の観光客に見えたのか?

……  確かにそうだけど……

先月 奈良県知事が 渋滞が激しくなるので
大仏だけ見に来る観光客は要らないと言った

ほぼそんな気分でしょうか

でもお前は そんな 大きな人間じゃないやろう
次回泊りに来たいと言う気を そぐんじゃないよ。


CIMG9224_201909261758226ba.jpg

本当にあの若いの
ようこそ には見えんかったけれどなぁ…

CIMG9226_20190926175823f5d.jpg

集印巡り こんなん聞いてないから何するものかわからない


CIMG9227.jpg

ただ 風呂があることだけは 判ったから



CIMG9230_2019092617582805c.jpg

野澤温泉 源泉かけ流しの会が 運営する 外湯




CIMG9232_201909261758296da.jpg

中は更衣篭と温泉だけ

長い時間入ると 服が湿気てしまいそう
浴衣で回るところなんだな

ところが地元の 風呂好きのおじさんが

いろいろと教えてくれた
野沢温泉には30余りの全て自然湧出の理想的な源泉があり、「外湯」と呼ばれる無料の共同浴場が温泉街に13箇所あると

源泉が一つで そこから引いているから 温度と建物の違う外湯群かと思ったら 大違いだった


ならば濁り湯もありますかと聞くと
真湯(しんゆ)に行きなさいと
泉質は、含芒硝-石膏・硫黄泉で 黒い糸のような湯ノ花があると



CIMG9237_201909261758329cd.jpg

さすがに 13もの外湯に入るわけにもいかず

そこを楽しんで帰ることにしよう

坂道を 歩かなければならいのが辛いだけ

でも 風呂でぬくもり 坂道を歩く
汗を流しては 汗をかいている  
これは毒が抜けていくわい


CIMG9240_20190926175834ad4.jpg

ここだ ここだ

真湯です



CIMG9243_20190926175835fc8.jpg

分析表 でも そんなのいらないね


CIMG9245_2019092617583792b.jpg

この濁り湯に


CIMG9247_20190926175838d0b.jpg

わかるかなぁ…
短く黒い糸状の 湯ノ花がありました


CIMG9254_20190926175840ab6.jpg

ここがメインの 大湯 なんだけれど

後は車で走り抜けるだけにしよう

この坂道は すこし辛いから


CIMG9256_2019092617584293a.jpg

源泉があるから そちらも見て行こう


CIMG9257_20190926175843353.jpg


温泉卵を作りたかったけれど

管理組合以外の人は 近くに寄るなと
温度が高いので危険と

もう少し広さがあれば 兵庫の湯村温泉みたいに
野菜をゆでたり 観光客が 温泉卵作ったりできるのに…

CIMG9260_20190926175844010.jpg


標識に 英語で Villagers Only
そう書いてあるのが ほほえましかった

村民と訳すべきかな

日本語では

野沢組 組員 特別組員以外は立ち入り禁止と

どこかの暴力団みたいですね…笑





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

懐かしい野沢温泉 温泉とスキー・・・そして旅先長野で入院した義父の思い出が・・・

最後に行ったのはもう30年くらい前か?

大湯 めちゃ綺麗になってますやん

他の外湯もきれいになってるのでしょうね

外湯13もあったんや  

鳩車 まだ売ってましたか

久しぶりに行きたくなってきましたね


がにちゃん


そうですか 温泉、スキー、、入院まで
若い頃の話ですね

中々風情のある町、いいですね。
また行きたいもんですね。

野沢温泉が大好きです。

野沢温泉が大好きなので弁護します。

最近は分からないですが、昔は野沢温泉の外湯に入れるのは、基本村民か宿泊客だけでした。掃除も村民の方がしてます。

そこで、日帰り客が来て外湯の案内を要求されても気の弱い若者なら不快感を出すのが精一杯でしょう。(私なら「お前kかC国かって」言いますけど)

SIVAさん

聞いたのは 観光案内所の窓口ですよ。
お前何して 給料もらっているんやと 思えるものでした。

地元の住民に言われたら、ちょっと考えますが、 良い所とか 湯の数教えてもらえば 次回は泊りに行くと思いますよ、私らみたいなのは 雪のない時期にね。

SIVA様

「昔は野沢温泉の外湯に入れるのは、基本村民か宿泊客だけでした。掃除も村民の方がしてます。 」

では
どうして

何人にも開放されてるか
ご存知ですか?

不特定多数に開放するには
問題もありますが
利益もあるのです。

開放したからには
基本自由です。

でも
浴槽で
地元の人に
観光客
熱いだろ?
ほら
水入れろ。
そう言われても
とりあえず
頑張る
そんな話から
色々な話を楽しむのが
日本人ですよ。
争う世界じゃないのです。
そして
「宿泊客」金持ち=経済効果
「日帰客」庶民=どうでもいい!
時代が違いますよ。
野沢温泉の魅力
もっと広げましょう。
・・・・・
壁ぎわさんは宿泊できても
裕治伯爵は
経済的に厳しいかも。
だから
外湯
許して!
いつか
泊まるから。


プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR