FC2ブログ

城崎から竹野浜北前館まで 但馬温泉の旅

但馬楽座で 温泉に入ったら
あともう一軒ぐらい但馬の温泉に行くか

一番行きにくい所は

CIMG8974_20191018045339b77.jpg

城崎の西側 の 温泉にしようか

かなり東 豊岡に来て 円山川沿いを北に走ります

この時より前に、ナビの地図を更新していたらてn
遠回りをせずに 行けたのに…

無料道で 氷ノ山へ  浜坂経由でふたたび
豊岡方面に向かう無料道が有ったのですが…

わざわざ有料トンネルを通るコースでした

CIMG8975_2019101804533956d.jpg

最近来ることが多い 城崎温泉駅

この5年で 15回以上来てますが

この駅でJRを使ったことはありません

CIMG8976_20191018045341704.jpg

駅前の繁華?街

CIMG8977_2019101804534267f.jpg

温泉街

川沿いの 並木が名物ですね

CIMG8979_20191018045344f0d.jpg

外湯めぐりの一の湯

今度一番札狙いに来ようかな

CIMG8981_201910180453453dc.jpg

この向うは 温泉寺とロープウェイ乗り場

その先に 

そう 城崎のその先に…

CIMG8984.jpg

山を越えたら 日本海

竹野浜です

CIMG8986_20191018045348024.jpg

海水浴シーズンの過ぎた竹野浜海水浴場

ぼったくりの 有料駐車場もありません

CIMG8987_20191018045350cde.jpg

海には入らないけれど
こんな感じの人は おりました

……… 

いいなぁ

CIMG8989_201910180453510c0.jpg

今回立ち寄りたかったのがここ かぜまちミュージアム

北前館
竹野浜海水浴場が目の前の日帰り温泉施設です。天然温泉を利用した展望大浴場からは、美しい竹野海岸・日本海が一望できます

日本海を眺めながら新鮮な海の幸を楽しむことができる海辺のレストラン、北前船千石船の5分の1スケールの「天神丸」や当時の北前船に関する資料を多数展示している北前船資料室なども館内にあります。

CIMG8990_201910180453531b2.jpg

温泉ですから温泉分析も

ナトリウム・カルシウム・塩化物低温泉(等張性・中性・低温泉)

季節外れの 昼間なので
人も少なくのんびりできました

シュノーケリングの一行が帰って来たので
そろそろ出ましょうか

CIMG8991_2019101804535426a.jpg

帰りはそのまま、南に抜けましょう

自然薯蕎麦の店 山里
この路線では なかなか食べるものが無いので
お勧めの所です


CIMG8992_20191018045356ea0.jpg

そしてこの建物は

CIMG8993_20191018045357f33.jpg

但馬空港でした

CIMG8994_201910180453597c6.jpg

もうすぐ浜坂からの道もつながりそう

だんだん便利になる 但馬でした




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

竹野浜海水浴場 良いところですね  最近竹野の休暇村をチェックしていたところです  この辺りの蟹はいかがでしょうか  壁ぎわさんの御意見を是非

夏 子供連れでもいいところですね

城崎 昔 日和山の海で姉が怪我して以来縁のない城崎  何度か計画しながら・・・行けてない   

がにちゃん

がにちゃん 私にカニの味を聞くのはダメですよ。

カニだけは ほとんどが宿の仕入れもありますが 
高いと旨い

ブランドとかもありますが

前の海は同じですから 品物を吟味しているところが タグをつけるのですが
宿にはそれぞれ料理人がいますからね

カニだけは経営者のつける値段次第ですよ

ただ…… この辺りの冬は……  足が問題ですね

ドライブ

やはり
海岸線のドライブは
海水浴シーズンが終わってからですね。
空いてるし
海が綺麗になります。
温泉表示
源泉が31.8度だと加温供給でしょうが
この温度
是非
源泉で楽しんでみたいです。
(笑)

裕治伯爵さん

何より 海水浴シーズンに海水浴地は 駐車料金がぼったくりですからね

関西の温泉は 温度の低い所が多いですよ

有馬や 湯村のように 江戸期以前の 大型ボイラーのない時期に 流行った温泉は熱いのですけれど
それ以外は 熱くないですよ
 
プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR