FC2ブログ

たつの薄口醤油資料館 兵庫県西部の旅

年に数度 旅立つ 壁ぎわツアー

小田原の裕治伯爵が 岡山のライオンさんに案内を買って
恐ろしい旅をしたいと……。

その前に 龍野藩の歴史関係施設
知らないですか?

歴史捏造家の裕治伯爵が言い出した

なんでも 彼の言い分では

忠臣蔵の浅野内匠頭は
吉良上野介に刀を抜いて切りかかったのが悪いんだと

その前にも吉良上野介のやり方を見て 
腹を立て殴ったやつが居ると
それが 龍野藩の殿様で……


何処からでっち上げたのか



龍野は壁ぎわツアーで何度も行っているのだが
彼はたまたま外れてばかりだったらしい

それなら龍野から回りますか
そんな旅の始まりです



DSCN1432_20200116080709e12.jpg


龍野と言えば うすくち醤油の資料館から

DSCN1433_20200116080710841.jpg

うすくちたつの醤油記念館

ヒガシマルの薄口しょうゆ記念館です

入館料 10円と言うのが良いですね


DSCN1434_20200116080712f6c.jpg

入ったところに福祉の竹とんぼ 100円だと

DSCN1435_202001160807130c1.jpg

では昔のしょうゆ工場を見て廻りましょう


DSCN1437_202001160807166d2.jpg

私はここに何度も来ているのですが

この巨大フライパンを見ていつも思うんです
これで焼けば お好み焼きでもホットケーキでも パンケーキでも

ギネスに載ることが出来るんじゃないかと…

何をするものかって?

DSCN1436_202001160807152b6.jpg

説明はこちらで


DSCN1438_20200116080718b97.jpg

こんな感じでやってたんですね



DSCN1440.jpg

船まで飾って有るのは?


DSCN1439_2020011608071984f.jpg

こう言う訳ですね


DSCN1441_2020011608072202d.jpg

使用されていた道具や

DSCN1442_20200116080724ae5.jpg

使ったことは無いけれど

懐かしさを感じる醤油壷

DSCN1443_20200116080725b90.jpg

なんと昔のポスターには

宝塚歌劇の入場券と 往復の乗車券が付いた 
招待券を景品に着けたことも

DSCN1444_20200116080727aae.jpg

味が変わらないように

化学の実験室の様な所も

DSCN1445_20200116080728476.jpg

醤油文化は 日本だけではありません

そんな地図です

DSCN1446.jpg

この樽で 一年以上の時間をかけて醤油を仕込みます

日本酒だと 数か月で出来るのに大変ですね

DSCN1447_202001160807315d8.jpg

半纏と

DSCN1448_20200116080733ba2.jpg

昔の店構え

DSCN1449.jpg

手間のかかるのは値段も高い


DSCN1450.jpg


これは最近売れ筋ですと

関西で和歌山の湯浅だけでなく

兵庫県でも醤油造っています


では歴史に目をやりに行きますか




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

醬油ってこんなに手間がかかるのですか 

がにちゃん

しいて言えば 金山寺味噌を作って、その搾り汁ですから。
一年半かける店もありますよ

税金

忠臣蔵
吉良をぶん殴るから始まった
龍野の旅?
しかし
学んだのは
酒より醤油を作る方が月日を要する。
なのに
どうして
酒の方が高いのか?
・・・・・
あぁ
年貢か。
税金の重みを知る
裕治伯爵です。
(笑)

裕治伯爵さん

ほんとそうですよ
アルコール税 それに消費税まで上乗せされて
どれだけこの国は 庶民から 搾り取るんだろう

東南アジアから人買いする やくざよりひどいですよ
プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR