FC2ブログ

十津川温泉

十津川の湯泉地温泉を満喫して大満足

この後はどこに行こうか

せっかくここまで来ているんだから 十津川温泉にも行っておこうか


DSCN2946.jpg

道の駅と役場の向かいにある

十津川村 歴史郷土資料館 
⇐クリックするとホームページへ
 この時期どこでもコロナのせいで

閉館中だろうなと思って 立ち寄らなかったが

後で調べると面白そうじゃないですか

明治維新の魁となった「天誅組(てんちゅうぐみ)」にも多くの十津川郷士が参加しました。 十津川郷士の勤皇精神は古くは神武天皇御東征の際、山深い吉野の山中を先導した 「やたがらす」が祖先であるといわれています。


ここまで書かれたら そりゃ寄ってみなくては…
次回が楽しみです


DSCN2951_2020032806525573e.jpg

では 十津川温泉に向かって進むと


去年版のナビに替えたのに もう道路の無い所を走っている

DSCN2952.jpg


新しいトンネルが出来ていた

これでまた近くなりましたね

DSCN2957_202003280652580e3.jpg

と言うことで十津川温泉です

バス停や バスセンターもあります

DSCN2955_202003280654496fa.jpg

道は狭いので 迷惑にならないように 駐車場に入れましょう


DSCN2954_20200328065448b22.jpg

バイクを知れるところもありました

これでなっちゃんで来ても 安心です

DSCN2958_20200328065450724.jpg

ここが庵の湯の入り口

看板にまで 下りの階段が現れてます


DSCN2959_20200328065452247.jpg

源泉かけ流し 庵の湯です

飲泉、手湯、足湯、四阿、公衆浴場

四阿(あずまや、しあ)とは庭園などに眺望、休憩などの目的で設置される簡素な建屋です。



DSCN2960.jpg

値段が変わりました

JAF割引も無くなりました

DSCN2961.jpg

階段の上の飲泉の出来る温泉

減ってますから 嬉しいですね


DSCN2963.jpg

入浴者は 駐車場無料です


DSCN2966.jpg

階段を下りていきましょう

DSCN2967.jpg

中二階に足湯があります

堰止湖を見られるようになっている足湯です



DSCN2968.jpg

下まで降りると ココにも飲泉が

その後ろが 風呂です


DSCN2969.jpg


十津川温泉はこの三か所の源泉があります

それぞれに いくつもの温泉がありますが 上湯だけは 宿泊しないと入れません

DSCN2971.jpg

ここから先は 人が居ましたので

貸し切り状態だった時の記事
(お目にかけづらい写真がありましたことお詫びいたします)

DSCN2976_2020032806550515a.jpg

駐車場の横には 奈良交通 十津川営業所の事務所と路線バスの待合室があり


DSCN2977.jpg

そこにも 足湯がありました


DSCN2979_2020032806550862a.jpg

ははは これはパクリですが

面白いですね

DSCN2987_202003291359598af.jpg

そして もう少し南に

十津川村の南の端です

七色休憩所  でも締め切ってありました

DSCN2995_20200329140000629.jpg

この地の地図


DSCN2998_202003291400023a6.jpg


十津川の南の端 十二滝です

ここを越えたら 和歌山県  ドライブは続きます

でも そろそろ腹減ったなぁ…




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

天誅組

天誅組
それを聞いただけで
ワクワクします。
その後の温泉も素晴らしいし
さらに
あの焼肉とつながる。
歴史郷土資料館が再開したら
是非
行きましょう。

裕治伯爵さん

裕治伯爵さん 一般の人の知らない(行こうと言わない) 観光の見どころが隠れてますね
南帝陵 首塚もですね、その後 新宮に抜けたら 湯川温泉も待ってますよ。

なにしろ 天誅組だけでなく 八咫烏の子孫と言う所も…
プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR