FC2ブログ

鯖街道へ

琵琶湖の湖畔を 走っていたのですが

バイクと 自転車が多すぎる

特に湖北のトンネルでは
自転車のか影を見落としそうで…

高島から 西へ 
若桜街道から 鯖街道を走る事に




鯖街道なら 高低差が強く 
自転車部隊の使いにくい所

エンジンの力が生きる道ですから

DSCN5088.jpg


若桜街道の 番所跡は 熊川宿
鯖街道の陣屋跡は朽木です

DSCN5087.jpg

この神社の裏手なのですが

DSCN5086_20200708075455531.jpg

関ヶ原の戦い以後、徳川幕府の譜代大名格の待遇を受けた朽木氏が領地内に設けた館舎で、当時は9万3000平方メートルの敷地に本丸・二の丸・三の丸をはじめ、御殿・侍所・剣術道場・馬場・倉庫など戦陣拠点としての諸施設が建っていたといわれています。
 残念ながら、明治維新とともにすべての建物が取り壊され、現在は、堀・土居・石垣の一部と2ヵ所の井戸がわずかに残っているだけです。しかし、近年になって、植物・樹木が植えられ、わら葺きの民家が移築されて史跡公園となっています。また、公園内には、郷土資料館もあります。
資料館の見学は、予約が必要です。


ということで 入り口から 公園にも入れませんでした

DSCN5089_20200708075459e0c.jpg

この川をのぼったところ

DSCN5091_2020070807550292c.jpg

道の駅 くつき新本陣

くちきと読まれるので わざわざひらがなにしてあります


DSCN5090_20200708075501687.jpg

こちらは バイキングレストランと 温泉のあるところ


DSCN5092.jpg

この道には 鯖寿司の店は いくつもあるのですが
値段がバラバラです

DSCN5093.jpg

開いているんだけどなぁ

DSCN5094.jpg

ここも開いている
裕治伯爵病は消えたのか…

DSCN5095.jpg

しかし 値段がこういう感じですから…
それなら


DSCN5096.jpg

大津市に入った直ぐ

和美庵

時々訪ねる 手打ちそばの店

寄って行こう

DSCN5097.jpg

そう思うと 裕治伯爵病なんだよなぁ

コロナよりたちが悪いぞ…

DSCN5099.jpg

鯖街道は 大津市の山の裏手を通り抜けて


DSCN5101.jpg

京都大原の郷に抜けます

DSCN5102.jpg


京都大原 三千院や寂光院のあるところですが

寺巡りより 何か食べたくなってきました


そうだあそこに行こう

裕治伯爵病の 完治を目指して
あるところに向かいましょう
明日の記事で




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

自転車で琵琶湖1周 まだ はやっているのかなぁ

息子が早朝から琵琶湖1周に行って なぜか直ぐ(午前中)に帰ってきたのを思い出しましたわぁ  いまだに何があったのか不明ですけど~


裕治伯爵病 本当に重病ですね  入院必要では???v-8

次こそ美味しいお食事に当たりますようにv-421

No title

あはははは 完全にやられてますね ><
確かにあの鯖寿司のねだんなら 僕も・・・・ です

最後に狙ってるお店 たどり着けるといいんですが ^^

  駐在おやじ

がにちゃん

自転車多かったですよ 東海岸には 自転車繊維王ロードもありますが 湖岸道路の左を走る人が多かったですね
湖北のトンネルでは ひきそうになりますよ
短いトンネルは灯りもなく 見えないんですよ

駐在おやじさん

本当に なんて病魔なんだ!

明日は厄落としの記事を

いいえ これも 後遺症かもと言われてますよ

順路

いつも
「壁ぎわツアー」
その完璧な
順路に感謝していますけど。
「一人旅」
ここに
問題があるのではないでしょうか?
裕治伯爵病に
感染したなら
2500円~
こんなの気にならなくなります。
時間外
「臨時休業」
そんな苦しみの後なら
この価格でも
飛びついてしまうでしょう。
そして
後で
あぁ
金を使い過ぎた
そう
後悔するのも
裕治伯爵病です。
(笑)

裕治伯爵さん

ほとんど味も変わらずに 量も変わらずに 1800円のところと
初めてで 鯵もわからずに 2500円の店
これにはどうしても警戒するんですよ

いくら裕治伯爵病にかかっても
これだけは何とか踏みとどまりますよ

私には免疫が残っているので…

これがなくなると怖いですね
プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR