FC2ブログ

佐渡金山へ

佐渡奉行所 金山奉行は休みでも

金山は民間の物

コロナ対策しながら頑張っているでしょうね

P1060803.jpg

折角だから向かいますか

P1060804.jpg

立派な 道しるべ

これは民間ですねぇ

P1060806.jpg

そしてすでに 歴史の中にはいりました

無宿人の墓

1853年に水替人足として働き坑内で亡くなった無宿者28名の出身地、戒名、名前、年齢を刻んだ墓碑が山中に建っています。
江戸をはじめ、幕府直轄地であった大阪、長崎から1800余人の無宿者が送られました。

幕府の治安対策で捕えられた住所不定の人たちです。
過酷な労働で、その寿命はとても短かったといいます。



P1060807.jpg

無宿人の墓があり  その向こうに 供養塔があるよ

でも ずっと上りみたいだから パス

ならば 道遊の割戸ってなんだろう
遊ぶに扉だから 遊郭みたいなものかな?

↑ 嘘です  山をV字型に試し掘りされた 所です
山の形は見えるけど 近くには行けません
岩を拾って帰りたいんだけど…

P1060808.jpg

結局この階段も

熱中症になると怖いから…


P1060810.jpg

金山の駐車場までやってきました

P1060811.jpg

御布令  当館のお客様以外の 駐車を禁ずる

山の中で それ以外の所に行けないだろう

P1060813.jpg

宗太夫坑(そうだゆうこう )
~江戸金山絵巻コース~  所要時間 30分  900円
採掘作業を忠実に再現、佐渡金山を代表するコース。

道遊坑どうゆうこう
~明治官営鉱山コース~  所要時間 40分  900円
休山時まで使用された坑道、トロッコ、機械類をそのままの姿で保存。

共通券   所要時間 70分   1400円


う~ん 坑道は涼しいだろうけれど

このコロナの時期 狭い坑道を マスクを着けたまま
30分も歩くの嫌だよ…


何とかランドの 世界は一つみたいに
乗り物に乗って移動するのなら 

2500円でも払うけど…


佐渡の公共施設 閉めるものだから
ほとんどの観光客がここに来てるんだから

東京や千葉のナンバーの車が多いのも……


今回はパスしようか


P1060812.jpg

金山茶屋⇐クリックするとホームページ

金粉を散らした 普通の料理ですが 値段的には良心的
ただ 手打蕎麦を喰いに行くと 約束してあるのです

金の粉を散らしたソフトクリームもあるけれど

300円じゃ食べられないから… これも断念


P1060814.jpg

それでも ここまで来てみました

P1060815.jpg

ここが 入り口

ここでコースを決めて チケットをかうのだが…

P1060816.jpg

結局

宗太夫抗は 階段が多いので…

この言葉を見たくなかった


尖閣湾揚島遊園で かなり歩いたので疲れてました

次来た時には ゆっくり楽しみますよ



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

あれれ・・・ 結局今回はどこも見れませんでしたか ><
公共施設閉めちゃってる 影響がここにも出てしまってますね T.T

手打ちそば ^^ そちらが気になります www

  駐在おやじ

No title

私もここは入りませんでした 近くの陶芸のお店で湯のみゲット 金属音のする湯飲み 廻りを暫くウロウロ 予約した時間が余っているのでと タクシーの運転手さんに連れられて・・・律儀な運転手さんでした(笑)
軽くて丈夫  いまだの愛用しています

この辺りはやっぱり関東からの人が多いのでしょうね
コロナ終わったら・・・です

全て我慢の壁ぎわさん さぞかしお蕎麦は美味しかったでしょうね
お店愉しみ!

駐在おやじさん

佐渡は時間がのんびり流れる島 どこと言って 訪れなきゃならないところは有りませんから
それにまた行ける所ですから…

ゆっくりと気分でです その割に文句言ってますが…笑

がにちゃん

直江津~小木のフェリーは 関西からの貨物と 知っている人しか使わない道で
ほとんどの人が 新潟から両津港への道から入りますから

関西人には行きにくいですよね

サンダーバードで金沢まで行っても 北陸新幹線で上越妙高へ
そこからバスが直江津港までありますが 45分かかりますから
それにフェリーが日に二便ですから

新潟への寝台列車も無くなりましたし 関西からなら 新潟まで飛行機っそれから港に出てフェリーですからね

実はお蕎麦は ある女性との約束なんです それは明日
プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR