FC2ブログ

阿漕な駅

阿漕 この言葉が判るだろうか

「阿漕」 (あこぎ)とは、
「義理人情に欠けていて悪どいこと・金銭に強欲なこと」 や
「しつこくて図々しいこと」 などを示す言葉です。
そんな名の駅が 松坂の3駅北に有りました

と言うか

調べてみると



三重県津市の海岸の辺りの地名。昔、伊勢神宮に供える魚をとるための禁漁域であった。漁師が密漁して捕らえられたという話が謡曲「阿漕」などにあるが、「古今六帖三」の「逢ふ事を阿漕の島にひく網のたび重ならば人も知りなむ」に基づく後世の付会とされる。「阿漕が浦」「阿漕の島」などと和歌に詠まれた。⦅歌枕⦆

別な本によると

あこぎは、三重県津市の『阿漕ヶ浦(あこぎがうら)』にまつわる伝説や歌に由来する。
その伝説とは、阿漕ヶ浦は伊勢神宮に供える⿂を獲るための禁漁域であったが、ある漁夫
(「阿漕の平次」と呼ばれる)が繰り返し密漁を⾏い捕らえられたというもので、平安時代
の類題和歌集『古今和歌六帖』の歌が有名である。
この伝説からさまざまな話が創作され、『阿漕ヶ浦』の名は世間に広まった。
室町時代の『源平盛衰記』では、「あこぎ」を「度重なること」の⽐喩として使い、近世以
降には「しつこいさま」の意味で使われるようになった。
⺠間に広まるにつれ、「あこぎ」は現在使われる意味に変化していった。



つまり この地がその発祥で
ここが悪い奴のすみかで
そんな名の駅が残っているんだ

DSCN5782_202009021825415ad.jpg

松坂駅から 北に3駅
でもその距離は およそ25キロ

どれだけ離れているんや

DSCN5783.jpg

ようやくたどり着いた 阿漕駅

DSCN5785.jpg

AKOGI STATION

DSCN5786_202009021825469d0.jpg

松坂まで 3駅だが 330円です

一応一時間に一本は停まるようだ


DSCN5788.jpg

こんな感じの無人駅

ただ……

さすがは JR東海

阿漕と言う駅を持つ アコギな会社だ


DSCN5787_20200902182547261.jpg

椅子はあるが 冷暖房は無い


トイレもなく 水道もない

DSCN5789.jpg

色々探してみたのだが

DSCN5790.jpg

最近は どこにでもある 自動改札の機械もない

DSCN5791.jpg

利用案内と

DSCN5792_20200902182555f02.jpg

約款を張り付けてあるだけ

あとは 無賃乗車しようとした人からは

3倍料金を徴収しますよ

DSCN5793_202009021825563bb.jpg

そして駅前駐車場

田舎の 砂利敷きの駐車場で よくこれだけの料金を取れるものだと

DSCN5794_20200902182558650.jpg

唯一 自転車と 原付の駐車場は タダの様だが

敷居も ロック版もなく

いつでも乗って行ってください というようにに見えるのだが…



そんな事していたら

阿漕な呪いにかかってしまった



ここまで走って来て
駅前に車を停めていただけ

もちろん キーは持って出るから
エンジン停めて クーラー入れていたわけでもない

エンジンルームが熱を持ちすぎたためか
車のエンジンがかからなくなった


JAFには入ってないので

保険会社の ロードサービスを使って
エンジンを回す為のバッテリーを 持ってきてもらうことに

いままで走って来たのに
5分か10分 停めただけで なんだこの呪いは

炎天下の下で 40分も 待つことになるとは

この無人駅に クーラーの聴いた待合室でも有れば…

阿漕な駅だけにあるわけないか
入場券が要ると言っても そこに入っていただろうに

車屋さんがやって来て

携帯バッテリーつないで キーを回すとすぐにエンジンがかかった


さっきのセルが回らないと言うのは 何だったんだ

確かにバッテリーは古いけど
長距離走って 5分か10分前に止めただけなんだよ



エンジンは回り出したが もう止めるのが怖い


トイレ休憩もなしじゃ
帰り着かないかもしれない

もし行きたくなったら 
ガソリンスタンドしか止められないな

あそこなら エンジンがかからなくても 
すぐにバッテリーに繋いでくれるだろうから

DSCN5795.jpg

明るいうちに

DSCN5797.jpg

高速道路を使って帰宅です

DSCN5799_20200902182602265.jpg

大阪の通天閣が よう御帰りと言って居るように見えたが

帰宅して 翌朝 気持ちよくエンジンが回ったのには どういう事だと

それでも 劣化したバッテリー 取り替えることにしましょう


あそこまでで調子よく走っていたのに

やっぱりアコギの呪いだったのですね


あっけない終わり方になってしまった 三重の旅でした


やっぱり ライオンと 裕治伯爵に 
阿漕駅の入場券
プレゼントしてやろうと思ったのが 悪かったのですかね??



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

そうです 阿漕な事は考えない・・・で使い方あっているのかなっv-8

保険がつかえて良かったですね 

お墓詣りに行った時に、同じ目にあって・・・なんでやと思ってしまったことが



 

No title

あららら まあバッテリーは 交換されたほうが良いですね。
発電量よりたくさん エアコンつかってたんですかね~~~?

しかし 阿漕 読めませんでした。
もちろんアコギという言葉は知っていますが、 こんな漢字だったんですね
しかも 駅の名前って・・・・

駅に着いたら アコギ~アコギ~ っていうんでしょうね www

  駐在おやじ

No title

壁ぎわさん

バッテリーの寿命は2年と考えてください。
国産品でも当たりハズレがあります。
夏と冬は、バッテリーに負担が懸る季節です。
エンジンの始動、すなわちセルモーターの掛かりが悪くなったら交換のサインです。電圧が低くなっているんです。
JAFは入会したほうがイイです。
私も中古車で何度か、お世話になりました。

JR倒壊
東海道新幹線で食っている会社ですから、ローカル線はお荷物なんですよ。
利用客少ない、クルマ社会ですからね。

がにちゃん

阿漕なことをするのではなく 阿漕な奴に レッテル代わりに入場券をプレゼントしようとしただけなんですが…

明るいうちからまっすぐ帰ることになってしまいました…

駐在おやじさん

駐在おやじさん バッテリー 交換しましたよ
ほんについてませんでした。

ただ この駅と言うか あまり昔みたいに 駅のホームの放送ないですよ
まして ココは無人駅 誰もいない所で あこぎ~ あこぎ~ なんて
近くに住む人の迷惑にしかなりませんからね…笑

湘南のJOTA さん

今回は特に えらい目にあいました 

炎天下で 昼間40分も待つのは 大変でした

なんせ距離は 走るので バッテリーは 5年ぐらいは持たせようと頑張っているのですが…

時々電圧計った方がよさそうですね

JAFには 入りませんよ
あんな 非営利法人で 余剰金が数十億あるような会社
非営利と言うだけで 使い道を規制されているので たまりにたまっているんですね
その為に 高速のチケットなど 警察関係にまき散らしているような 会社大嫌いなので…

いまじゃ 保険会社がロードサービス付けてくれて
帰れなかったら 交通の手配までしてくれますからね



でも JR倒壊 お荷物駅は 目をつぶって
儲かっている会社だから 特に許せませんね

あこぎ

いやぁ~
こんな駅があったのですね。
でも
岡山県じゃないなんて。
(笑)
しかし
さすがは倒壊
無人駅には
全く金をかけない。
販売機すらなかったでしょう。

裕治伯爵さん

そうなんです阿漕とは これも三重県だったのです
満金丹も三重県だし…


さすが 倒壊 やっぱりいやらしい会社ですね
切符の自動販売機も無かったですね

トイレが無ければ 水道ぐらいは付けとけよ

車のフロント開けたりしたので 手を洗いたかったですよ

バッテリーの寿命

壁ぎわさん、バッテリーは5年なんて保ちませんよ。
3年保てばラッキーです。
現代のクルマはバッテリーの負担が大きいので、早めに交換しましょう。
国産品じゃないとダメですよ。
タイヤも山があっても、2年が限度です。
ゴムが劣化して、本来の性能を発揮出来なくなるのです。
硬化も始まり、明らかに乗り心地が低下します。

冷暖房の待合室。
トイレ、水道なんて首都圏近郊の駅しか無いですよ。
ローカル線の駅には、金を掛けないのがJRの方針です。

ライオンと 裕治伯爵に 
阿漕駅の入場券
プレゼントしてやろうと思ったのが 。

その仏心が命取り?(笑)

湘南のJOTA さん

貧乏人には きついですよ
ついつい本当にあかんようになるまで 使ってます…

JR西日本では 田舎の無人駅でも 券売機と改札機 それにトイレと水道はありますよ。

バイクで走る時に助かってますから…

此処なんか結構な住宅地なんだけどなあ
プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR