FC2ブログ

国王神社と南帝陵

南北朝の時代
源平の合戦が終わって 
源氏が鎌倉幕府を作ったのも長続きせず

今度は 南北朝の時代を迎える
京都と奈良吉野に 都を構え 争った時代の話です


P1080125.jpg

南朝は押され押されて 南下したと

その時の言い伝えの土地で
歴史を調べても こちらに来とは書かれている物は無いのですが

それでも 言い伝えか

この地に陵があります

P1080126.jpg

そして 南帝陵 御首塚と言うものが

南帝陵前回の記事

P1080127.jpg

はたしてここに眠っているのだろうか

P1080128.jpg

この塚 苔むした石段の上にあります

P1080129.jpg

しかもこんなに高い所

P1080130.jpg

その下にあるのは この石積み

P1080131.jpg

この神社の石積みです

名は国王神社

前回は この前まで車で来れたのですが
今は生コンの会社を通らねば来れない
しかも生コンの会社が閉まっていたので 車では来れ無くなってました

この十津川系の道路工事のためにできたような
利権バリバリの生コン会社です

P1080132.jpg

舞台

P1080133.jpg

本殿

雪深い所なので 本殿脇社が

大きな屋根の下にあります

P1080134.jpg

狛犬に守られた本殿

P1080135.jpg

鳥取を反省して 神社にはしっかり手を合わせましょう
国王神社と言う名も 南陵帝と言う名も
裕治伯爵病には 効き目がありそうですから


P1080137.jpg

鈴を鳴らして

お参りしたのですが

P1080138.jpg

この金色のカギが不似合いだなぁ

お祭りしてあると言うより 閉じ込められてないかな

P1080139.jpg

そして 脇社にも

P1080140.jpg

シッカリとお参りしていくと

P1080141.jpg

一番端っこにあるこれは?

ストーンヘンジでもないだろうが
何か意味があるのかな


P1080142.jpg

そして境内の端にあるこの石碑

文化7年(1810)林に生まれる。幕末文久3年(1863)8月
、天誅組の変起こり、十津川はこの挙兵に参加を求められ、即刻これに応じた。
 
しかしこの時為之進は、
河内の上田主殿と共に、天誅組主将中山忠光に会い半日議論したが、
遂に意見合わず 別れた、穏健派だったのである

と、反逆者の名をもって天ノ川本陣、鶴屋治兵衛邸で
先陣の血祭りとして斬殺された。



P1080143.jpg

 辞世
  “国の為仇なす心なきものを
     仇となりしは恨みなりける”

天誅組の変により、十津川は幾人かのかけがえのない人材を失ったが、為之進もまたその1人である。


こんな天誅組

大政奉還の 少し前に

尊王攘夷と称して
やりだしたものが 歴史に名を残せると
立ちあがった 今で言う詐欺集団

華やかな口車に乗せられ
それに付き従った 昔の民

先走って血走って 散って行ったものたちの歴史 
再び読み返さなくては

そう思いますね

P1080144.jpg

そんな事を思わせてくれた 国王神社に別れを告げて

先に進みましょう


P1080146.jpg


だからこの下の道は通れず

この歩道の坂道を上りました


P1080150.jpg


所処にあるこのダム

治水と発電目的ですが
その下には どれだけ利権が埋まっているのでしょう

此処と十津川はまだ奈良県

ほぼ工事が終わりかけている 
ほんぐうから先は 紀州路 和歌山県です

そこは…
ドン 二階の お膝元ですけど… 

それが何か??



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

壁ぎわさんへ

歴史深い場所ですね。
本当は、凛と佇んで振り返り、歴史とは、なんぞやと考えたい。
でも、結局は、利権が絡んで薄っぺらくなってしまう。
あの、ドンね、ドンファンじゃなくで、親中の人ですね。
もう後期高齢なんで、そろそろ引けばいいのに!

ひびきさん

明治維新になる前 歴史の変動が激しかったころ

戦国時代が終わり 天下統一の頃の話は ドラマにもなりますが 明治維新以前
暗躍するのは 坂本龍馬ぐらいしか ドラマのネタにはならないようですが
いろいろな人間模様が有ったようですね。

企てる人 話に乗る人 乗せる人
有名人になりたいがため 等々

こんな土地をめぐると また新しい話が見えてきましたよ

No title

南朝の末裔の方が居られる辺りなのでしょうかねぇ

維新の時代 天誅組ともかかわっていたのですか

自分の意見が合わない人は排除する

それ程古くない昔に・・・

No title

階段苔むしてて すごくいい感じ出てますね
滑りそうで見るのは良いけど 登るのは怖いですけど ><

という事は この階段上られたんですね ^^
今日の記事は 壁ぎわさんらしい 説明のたくさん入った記事で
勉強させてもらいました。

そして 僕の知識のなさも痛感してます。 ← だったっけ? ばっかりでした ><

  駐在おやじ

がにちゃん

歴史上ではこちらに 来たとは無いのですが
それでも首塚だと
しかも神社の名も 国王神社ですから…

天誅組にも 応援して尊王攘夷の争いに走ったとか

いろいろ有りますねぇ

駐在おやじさん

実は 上の旧道に駐車場が有って 少し草むらから 南帝陵 それからこの石段を下りてきたのです
前は国王神社まで車で行けたのですが 生コン会社の 敷地が広がっていて 道が無く 生コン会社には 休日の為か バリケードがしてあったんですよ
仕方なく歩いて下りました 帰りは 坂道の参道を歩いて登りました

明治維新まで 尊王攘夷の争い 例えば 彦根の殺害された井伊直弼のこと、
長州が幕府の勝手な開国が許せないと 英米艦に 大砲を打って おおきな返り討ちの砲弾を喰らったとか
坂本龍馬も 歴史のはざまをバイヤーとして 物を売り買いして大もうけしたこと
もちろん政治にも口だして 自分のもうけを 企てたりと
いろんな人物のやりたい放題
  混乱の時期があったことを 言った土地土地で勉強するのも面白い物ですから。

天誅組も 土佐藩を脱藩したものが 中心となって 創り上げたんだと
最初の財は何処から出たんでしょうね?

プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR