FC2ブログ

十津川 湯泉地温泉 滝の湯

奈良の五條から 国道168号線を南に

五條市 大塔町を過ぎて

奈良県最南端の村 十津川村に入ります


P1080152.jpg

十津川村は 日本の実効支配地域において、
面積が最も大きい村 です:(十津川村(奈良県)672.35km2)

なぜこんな書き方するかと言うと

日本一面積の大きな村 :留別村(北海道) 1,450.24km2 とも書いてあるのですが
択捉島にあるので、日本の自由には出来ない所ですから。


P1080154.jpg

そして 十津川村が 宣言したのです 
十津川の温泉は 全て かけ流しにすると

温泉好きにはたまりませんね

そして十津川の温泉の中でも
私の好きなのが この 湯泉地温泉(とうせんじおんせん)
実はここだけが 単純硫黄泉なのです

ここが公衆浴場の 泉湯
でも 開くのが少し遅くって 10時から

P1080155.jpg

その奥には 湯泉地温泉の 温泉宿があります



P1080156.jpg

こちらの奥には ここに住んでいた武士の墓や
 古民家も有り 改造した 宿泊施設も有ります
こんな所 ⇐ クリックで ホームページ

P1080157.jpg

またこの先には

超高級な隠れ家 も有ります



ちなみに お昼のセット 一人 6500円、9500円~
お泊りは
和プレミアム 一人 42000から
和スイート  一人 62000から  もちろん一人では泊まれません

大阪から片道30分のヘリコプター往復 現地 3時間で
三人までなら ヘリコプター代が 23万

お二人の泊りなら 片道その位
家族の料金は ヘリコプター代が
往復で60万強ぐらいです

と言う事で
無縁の私はここらで引き返して

P1080159.jpg

役所の横のこの橋を渡り

P1080160.jpg

公衆浴場 滝の湯へ

P1080161.jpg

こちらの 階段の通路は
露天風呂への道です

P1080162.jpg

玄関から入りましょう


P1080163.jpg

中の案内板

P1080165.jpg

温泉の分析書

P1080166.jpg

こちらの方が見やすいですよね

かけ流しなので 100パーセントと 書いてますが…

泉温 52.7度  そのままだと熱くて入れません

P1080167.jpg

では 入りましょう

この時間からやってますから

朝、暗いうちから家を出たのが判るでしょう

P1080168.jpg

此処にも分析書が

P1080169.jpg

ところが…
温泉は そのままかけ流しですが
水は水道料が掛かります

熱い時には水を出しても良いのですが
普段水道のバルブは閉まっています
(冷却用に 温泉水を 外気で冷やすタンク作って置けば薄まらないのに…)

ということで 熱い

P1080170.jpg

我慢して 入っていたら

他のお客さんが来た
地元の人では無いようで

熱いと言いつつも
誰も水道の蛇口をひねらない


その後 これも他所から来たんだろうが

背中一面に 彫り物をした二人組が入って来た
その年長の方が 我慢して入っている

さっきの客達が来た所なのに すぐに出て行った


P1080171.jpg

私は勝手知ったる何とかで

奥の通路を通り
階段下の露天風呂に移る

外から見え隠れするところには
さすがに彫り物がある人が来ることは少ないので…

P1080172.jpg

寒くなって来た外気のせいで

少しぬるいぐらいになっていた

温泉の蛇口をひねっれば熱くなるんだろうが…

そして 誰も来ないので 10分ほど ここで遊んでいた

ふたたび内湯まで上がると

そこには誰も居なかった


DSCN6512_20201026083226f84.jpg

湯を満喫した後は

食堂が あるんだよね

メニューがまだ暗い所に置いてある
写真がきれいに撮れない

なんでと聞くと

11時からですと  まだ30分以上あるのか…

DSCN6513_202010260832276a2.jpg

ではあきらめて先に進みますか

これは裕治伯爵病ではありません

食べる所は別に予定していますから

温泉娘に別れを告げて行こうとしたら

DSCN6514_2020102608322900e.jpg

お土産用も有りますよと

いや~

別に欲しい訳でもないから、と 

ココを後にした壁ぎわでした



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

壁ぎわさんへ

朝から、かけながし温泉。
これは、気持ちが良いですね。
朝風呂の後にビール飲めたら、もっと最高になりましたね。
昼食を楽しみにしております。

国道29号線を姫路から北上していけば、道の駅パラダイスと温泉パラダイスになりますよ。
なので、1日5温泉巡りなんかどうでしょうか😅
かけながしでは、ありませんが!

ひびきさん

実は今年 但馬温泉ラリーで 全部制覇して (4月までに)プレゼントももらっているんですよ

関西の温泉 ほぼ廻ってますよ ビールを呑めたことはありませんけれどね


硫酸泉の 七釜と  但東のシルク温泉が 泉質的に好きなんです

硫黄泉が良いのですが 其れは少ないですね

蕎麦やと同じで 5温泉入ると 800円でも 4000円ですよ……笑

壁ぎわさんへ

お見それ致しました。

制覇しているなんて、温泉マニア、通と言うのでしょうか。

私的には、出石の乙女の湯が好きです。
それと、一宮温泉(まほろばの湯)です。

No title

水道代がかかるって・・・・ マジですか
温泉なのに・・・・・ なんか納得いかないですね

暑いのわかってるなら 壁ぎわさんの言われるように 冷ます方法を取り付けておくべきですね。 まあ冷えすぎちゃだめですけど

モンモンの方って居られるんですね~~~
ちっちゃいやつはよく見かけますが がっつりというのは 多分僕見たことないです。

外湯もあるのに誰も来ないなんて なんか得した気分ですね ^^

  駐在おやじ

No title

車は必須ですね  かけ流し 温泉はこれでなくちゃー

いいなぁ  背中のきれいなっ!絵画も鑑賞出来てv-8

露天でぬるいくらい・・・ゆっくり入れて 温泉はぬるめが良いですねぇ

ひびきさん

実は温泉大好き人間なんですよ
旅すると 日に二度入る事が多いんですよ 青森の旅では満喫しました やはり東北は泉質がいいので。
特に最近は おじん臭く 硫黄泉を求めてと言うのが多くなってきました。

湯村で リフレッシュパーク湯村 何度か行ってますが

http://sawae5554.blog.fc2.com/blog-entry-2237.html

前回は すなっくの若いままのような人と 連れてきた 悪そうな親父(旦那?)と 三人で 目のやり場に困ったこともありましたよ。

駐在おやじさん

あくまでも温泉施設の方ですけどね 温泉は 弾くと月々で料金が決まっているようなんです 温泉組合に払う金が
ところが 冷やすのには 普通の水道水ですから 

かけ流しを 水で薄めて水道代がかかる 悲しい事ですね
だから 草津温泉では湯もみと言うのをして 温度を下げているんですね

一般の公衆浴場は 紋々あってもOKですが
スーパー銭湯は 禁止されてはいるのですが たまに見かけますね
だって 誰も注意できないから

背中の紋々は
尼崎の銭湯では よくみかけますよ

でも オリンピックになると 外国の競技選手ほとんどしているから 入ろうとしたら問題になるでしょうね

普通の銭湯はOKだからなおさらです。

かにちゃん

ガニちゃんはダメですよ 背中の絵画鑑賞したいからって 男風呂に入ってくるのは…笑

♪ お酒はぬるめの 燗が良い

お風呂もぬるめの 温泉が良い~ ♬ ですか

最近はやりの炭酸泉 中国道の吉川に炭酸濃度の濃い天然泉があるのですが
ぬるいので じいちゃんたちが独占して上がらないんですよ…

No title

背中に模様の入った人が入ってくるんですか・・・
温泉施設ではそういう方はお断りと書かれていますが、脱がないとわからないんじゃ注意しようがないですね・・

熱い湯を薄められないのは地獄ですね~
奥日光の温泉寺のお湯も熱湯でダンナなどは数秒で出て来ましたが、女湯は誰もいなくて水で薄めても良いという事なので少しだけ水を足しました

最近はどこに行ってもよくわからないアニメキャラがありますね~
そういうのを好む人が多いのかな

ラーダ・ドゥーナ さん

流石に 入ってきた紋々の 兄さんに 注意は出来ませんからね…

熱い湯を埋めるのはどこででもしても良い事なのですが
それでも遠慮がちになっちゃうんですよね

以前 十津川温泉の 南部老人憩の家「憩の湯」で
前に入っていた人が ちょろちょろと 蛇口から水を出してたんです
その人も上がり 私一人になって  

それを出したまま上がり 受付の人に言ったら
水の蛇口を占めといてもらわないと困ります
水道代がかかりますから と 怒ったような顔で言われ

ちょっと腹が立ち 
其れは注意ですか?
そんな事どこに掲示してます
出したのは私ではないし そこまで言われると心外ですなぁ
ここの管理者はどちらにいらっしゃる
ちょっと連絡してもらえますか
 ねちねちといじめ返したことがあるんですよ

最近の 萌えって 言うのですが いろいろとキャラが出来てますね
私の長女も スマホのゲーム コトダマンで キャラ書いてますよ
プロフィール

壁ぎわさん

Author:壁ぎわさん
呑んで 食べて 旅の好きな 関西人です。

その他、芸能、音楽、時にはお座敷遊びまで
色んな事を精一杯楽しんでます。

気軽に声かけてくださいね

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR